記事一覧

キリン【一番搾り】と【新・一番搾り】

ファイル 2799-2.jpg

個人的にすでに完成されたビールと
思っていた【一番搾り】・・。
新しいのが出た!というので遅ればせ
ながら飲み比べてみました!

冷やすと香りや味わいが消えてしまうので、
常温での飲み比べ・・。
まずベースとなる従来品を飲んでから、
新しい方を飲んでみました。

なるほど!(゚-゚)b

全体が丸くなった感じで、より豊かな味わい
に変わったんですね!w(゜o゜)w
これは美味しくなりましたね!
後味も新しい方が柔らかい感じがします。

友人の中には新しい方を酷評している人も
いましたが、個人的には新しい方が美味しい
と思いました!(*^^*)
とはいえ、飲み比べてみないとなかなか
わからない差ではありますが・・(^-^;

「達人監修 プレミアムサーバー」が素晴らしい!

サントリーのザ・プレミアム・モルツを
イベントがあった時に結構買い込んだので
なんか応募するやつないかなぁ・・と
探していたら、

「香り、コク、香り実感キャンペーン」

というのを発見!
コースは48点で応募して、必ずもらえる
という2コースのみ。

○Aコース
「達人監修 プレミアムサーバー(缶専用)」
○Bコース
「達人監修 プレミアムグラスセット」

という事で、ビールグラスは腐るほど
あるので、キメのい細かい泡を超音波で
作れるという「プレミアムサーバー」を
応募して、先日、届きました!(^^*)

ファイル 2763-2.jpg
カチっと装着してみるとこんな感じ!
で、実は、あまり期待していなかったけど、
何もせずに感を傾けると普通にビールが
注げ、ヘッドの金色の部分を押すと、LED
が点灯し、泡モードになり、クリーミーな
泡に切り替わる!w(゜o゜)w

ファイル 2763-3.jpg
この泡の超クリーミーさは当たり!(^^*)
これは缶ビールが数段美味しくなり、
予想以上だった!(^-^;
で、この超クリーミーな泡を簡単に持ち歩け
友人の家とかにも持ってゆき、簡易ビール
サーバーとしてすぐに使えるのは、非常に
ポイントが高い!(゚-゚)b

さらに素晴らしい事づくめなのが、こうした
ビールサーバーって、今までのは非常に掃除
が面倒くさかった!(>_<)
今までも応募したりしたものも、もう掃除が
面倒で使わなくなった簡易ビアサーバーが
うちにもい幾つあるの?って感じ(笑)
しかし、今回のはさすが「達人監修」!
キメ細かい所まで色々な配慮が行き届いて
いました!

ファイル 2763-4.jpg
まず、上と下にワンタッチで外れる。
で、上の泡を作るマシン部分にはビールが
触れないように作られており、下の部分は

ファイル 2763-5.jpg
赤丸のビールが通るところだけお湯なり
水なりを通すだけで洗えば良い仕組みに
なっていて、洗うのに10秒もかからない
という優れもの!w(゜o゜)w
これなら毎日使う事が苦にならない!(笑)
梅雨明けを前に、早々と夏日が続いて早速
ビールの季節が今年もやってきましたが、
嬉しいプレゼントでございました!(^^*)

沖縄シリーズ飲み比べ!

ファイル 2722-2.jpg
友人にお土産で「沖縄シリーズ」のビール
を頂き、せっかくなので飲み比べてみた!

ファイル 2722-3.jpg
【キリン一番搾り・沖縄づくり】
まろやかでスーっとした引っかかりの
無いのどごしと表現すると、わかり
やすいでしょうか?(^-^;
どちらかというと平らで苦みも優しく
爽やかなビール・・。
ハワイのビールもこんな感じだった
気がするので、南国というのは苦みを
抑えた方が好まれるんでしょうかね?
個人的にはちょっと爽やかすぎて
物足りないかな・・(^-^;(笑)

ファイル 2722-4.jpg
【オリオンRyukyu Session(琉球セッション)】

「沖縄づくり」の次にこちらを飲んで
みると、さすがは「IPA」スタイルの
ビールで、それなりに苦いが、以前
飲んだキリンのIPAビールよりは
優しい感じ!(^^*)
やはり苦さはそれなりに押さえ込んで
あるように感じますね・・。
でも普段オリオンビールって水っぽい
というか薄いビール・・ってイメージ
なので「IPA」での展開はちょっと
ビックリしました・・(^-^;

余計なお世話だが、オリオンビールを
好む層にこの味が受けるのか?心配
だったが、この「IPA」ビールは人気が
高くこれが第三弾だそうで、そちらも
ちょっとビックリした!(笑)(^^*)

今回も珍しいモノをありがとう
ございました! <(_ _)>

泡盛古酒飲み比べ!(^^*)

ファイル 2715-2.jpg
昨年、友人に頂いた沖縄泡盛の古酒
3種類!(^^*)>せっかくなので、
飲み比べてみました! (゚ー゚☆キラッ

ファイル 2715-3.jpg
【海乃邦 命ぐすい 10年古酒】

沢山飲んだ事はないので、多くは語れ
ませんが、それでも個人的に泡盛の中で、
一番好きな「海乃邦」の古酒。
甘い後味の為にとてもまろやかに感じる。
アルコール度数を隠されたら、きっと
誰もが43度とは思えないんじゃないかな?
美味しいです!(^^*)

ファイル 2715-4.jpg
【瑞泉 おもろ 21年古酒】

これまたアルコール度数35度なのに、
21年の長期熟成の為なのか?
ワインでいう「酸味」が抜けてまろやかに
なった感じ・・なので、泡盛でありがちな
最初に口に入れた瞬間のつんざくような
アタックが無い!w(゜o゜)w
もちろん「命ぐすい」よりも、もっと
まろやかで美味しい!(^^*)

ファイル 2715-5.jpg
【春雨8年古酒】

アルコール度数30度で、この中では一番
アルコール度数が少ないからか、この中
では一番「平ら」に感じる味わい・・。
きっと、「春雨」がいけないのではなく、
「命ぐすい」と「おもろ」に美味しさの
幅がありぎるんだと思う・・(笑)
でも、泡盛を老若男女全般に飲んでもらう
には、きっとこうした形の味が正解なの
かもしれませんね!(^^*)

1本1本だとなかなかわかりにくい味の
違いを飲み比べてみると、わかり易い・・。
贅沢な時間を堪能させて頂きました! <(_ _)>
そして、ありがとうございました!(^^*)

ハレの日仙人 2014

友人夫妻から頂いたとても珍しいビール

ファイル 2697-2.jpg
【ハレの日仙人 2014】

ヤッホーブルーイングがごく僅かに生産を
している長期熟成ビールだそうだ・・。

しかも「常温」で飲むビールで、やっと
「常温」で飲む文化と聞くドイツにビール
が近づいてきたのかな・・。
とはいえ、こちらはその方向性とはちょっと
違い、簡単な表現で現すならば、ビールに
ウイスキーを混ぜた感じと言うと想像
しやすいでしょうか?

しかも、普通のビールよりも粘度があり、
数ヵ月におよぶ長期熟成中に酵母から生成
されるというリキュールにも似た甘く、
芳醇なビールの濃厚さからリキュールと
いうかブランデーっぽい後味がくる・・。

これはとても美味しいですね!(^^*)

ただし、日本人が好むアサヒスーパードライ
みたいなさっぱりしたビールが好きな方は
手を出さない方がいい・・。
その代わり、その逆の濃厚なビールを探し
求めている方はぜひこのビールを体験して
頂きたい!(^^*)

RODNEY STRONG(ロドニーストロング) 2009

先日、友人に日本に入ってきていない
珍しい「ポートワイン」をご馳走に
なった・・(^^*)

ファイル 2694-2.jpg
【RODNEY STRONG 2009】

不勉強で申し訳ないが、「ポートワイン」
というものを、今の今まで知りません
でした・・(^-^;

調べてみると、糖分の残っている発酵途中
のワインに、アルコール度数77度程の
ブランデーを加える事により、酵母の働き
を止めて発酵を停止させるそうだ。
そうする事により、糖分がアルコールに
変化する前に発酵を停止される為に、
甘い保存性に優れたワインが出来上がる
のだそうだ・・。

ああ・・そういえば「赤玉ポートワイン」
とかいうのが、昔、日本にもあった・・。
ここから「ポートワイン」という名称は
きていたのか・・(笑)
ま「赤玉ポートワイン」は「ポートワイン」
の製法できちんと作られているのではなく、
あくまで「ポートワイン風」の甘い味付け
なだけの飲料だったそうだが・・(笑)

食中の口直しや、食後のデザートワイン
として・・また、アルコール度数も高い
ので、邪道ではあるが寝酒にもなかなか
いいんじゃないですかね!(^^*)

いつも珍しく美味しい物をありがとう
ございます! <(_ _)>

「サッポロ ラガー」と「サッポロ クラッシック」

先日、【「キリン クラッシックラガー」
と「サッポロ ラガー」】
で2社の古来の
基本的な味の違いがわかった気がして
楽しかったので、これまた先日、そごう
の北海道展で「サッポロ クラッシック」
が手に入ったので、今度は同じメーカー
同士の古い作りの違いを比べてみました。

ファイル 2689-2.jpg

「クラッシック」 は1985年に北海道
への感謝のビールとして生まれたそうで、
サッポロでは一番好きなビール!(^^*)
一方、「サッポロ ラガービール」は
140年前の明治10年(1877年)の
作り方で作られているビールだそうです。
で、注いでみるとこんな感じ!

ファイル 2689-3.jpg

ほぼ一緒の色!(^^*)
で、飲んでみると、ラガーの方が苦い!
キリンラガーとの飲み比べではあんなに
苦さを感じなかったのに「クラッシック」
と、飲み比べるとしっかりと苦さを
感じる・・。

これって、最近、飲み比べると気付く
不思議な感じです・・。

そして「クラッシク」の方が芳醇な
まろやかな旨味で覆われるような感じ
である事をきちんと感じ取る事が
できるんだよなぁ・・(゚.゚)

これも飲み比べてハッキリとわかった
事かもしれません・・。
やはり個人的には、絶対にお薦めの
飲み方であります・・はい!(^^*)

キリン「秋味・堪能」と「十六夜の月」

先日、サッポロの限定ビール同士の飲み比べ
はあまり差が感じられない結末だったが、
今回はキリンのプレミアム版の「秋味・堪能」
と「十六夜の月」の2本を飲み比べてみた。

ファイル 2679-2.jpg

まず触れ込み・・「秋味・堪能」は「麦芽」
の量がキリンラガーの1.5本分とな・・。
一方、「十六夜の月」は「IPA(インディア・
ペールエール)」の「カリプソホップ」を
使っているとな・・。

ま、この触れ込みだけで、「IPA」仕様の
「十六夜の月」は味が濃くて苦い事が想像
できますね!(^^*)
そもそも「IPA」はのどごしというよりは、
苦味や香りを感じるためのものですからね!

ですから、この2本を飲み比べてみると
明らかに味が違います!

「秋味」は全体にまろやかで、柔らかみの
ある感じですが「十六夜の月」は独特の
キリっとつんざくような感じと苦みが
気持ちがいい!
ここは好き嫌いが分かれるところですが、
「秋味」の方はまろやかなので長く飲んで
いられ、もう1口もう1口と進んでいくし、
もう1本いただいてもいいかなって気がする。
一方、「十六夜の月」の方はガツンとした
インパクトを楽しめますが、何杯も飲み
続ける感じではないかな・・。
個人的にはもうこれ1本でいいかなって
感じです・・(^-^;(笑)

でもビールにこんなに幅があるのか!と
いう部分を体験できる2本ですので、
1本ずつ別々に飲むのではなく、どちらも
是非、何か別な種類と飲み比べで飲んで
みて欲しいです! (゚ー゚☆キラッ

サッポロビール「静岡限定」「新潟限定」

この度、友人から頂いた「静岡限定」、
長岡から花火大会の時に買って来た
「新潟限定」・・。

せっかくなら飲み比べようと!(^^*)

ファイル 2671-2.jpg
ファイル 2671-3.jpg

キリンの一番搾りの地域限定の時が結構
楽しかったので、ワクワクして飲んでみると
一番搾りとは違って、これが大きな差が
無いため以外と苦戦した・・(^-^;(笑)

同じ工場で作っているのではないか?

と思うくらいに、後味の爽やかさゆえに
何も残らない点や、かろうじて意識的に
感じようとすれば「新潟限定」の方が
ちょっと酸味が強いくらいだ・・。
普通に飲んだら自分も含めて普通の人は
まず差が分からないんじゃないかな?
ちょっとワクワクしていただけに残念な
結果だった・・(^-^;

エレタット・エル・パドルエル・ブリュット

最近気に入っているセンター南のロピアで
698円だかで売られているスパークリング!

ファイル 2659-2.jpg
【エレタット・エル・パドルエル・ブリュット】

よくある辛口の中にほのかな柑橘系の主張
があるという暑い夏にはピッタリ!(^^*)
それよりも、このレベルでこの値段という
事にビックリしてしまうんだな・・(^-^;
もう、個人的にはスパークリングを冒険
する必要は無くなった感すらある・・。
これがあれば日常飲みのスパークリング
はコレでいいかな・・と!(^^*)
是非お試しあれ!(゚-゚)b

「キリン クラッシックラガー」と「サッポロ ラガー」

ふと見かけた「サッポロ ラガービール」。
140年前の明治10年(1877年)の
作り方で作っているそうで、ならばという
事で、昭和40年頃の作り方だと言われて
いる「キリン クラシックラガー」を飲み
比べてみようじゃないか!という個人的
遅ればせながらの企画・・(^^*)(笑)

サッポロの方は缶にも力が入っていますな。

ファイル 2656-3.jpg

で、注いでみるとこんな感じ!

ファイル 2656-2.jpg

ほぼほぼ同じ感じだが、若干、サッポロが
薄色かな?
アルコール度数は、サッポロが「5%」で
キリンが「4.5%」・・とはいえ、飲んでも
もちろんアルコール差は感じない・・(笑)

さて味の方だが、ひと言で言えば、サッポロ
は全体的に「まろやか」な中に軽く苦さが
感じられるけど、後味は甘さすら感じる・・。
熱処理される形の昔のビール製法なのに、
こんなに苦さが押さえ込まれたまろやかさ
だったとはちょっとビックリした・・。
そしてグラスの中には香りが程よく香る。

逆にキリンの方は「トゲトゲしい」感じの中
に、後味までもきちんと苦さを感じる・・。
この熱処理された昔風の苦さビリビリ感は
個人的には好きかな・・。
香りは・・というと、サッポロよりは弱く、
意識しないと感じないくらいの香り・・。

こうして比較してみると、明らかに違う形の
ビールである事がしっかりとわかる!(゚-゚)b
350mlを2本飲むので、当たり前ですが、
700mlを飲まなくてはいけなくはなりますが、
おすすめですよん!(^^*)

ジャン マルク ラファージュ・キュベニコラ

出先の店で3000円台のワインで、
残念ながら美味いワインと出会う
事は無い・・。

そんな中、いつも行く店で3800円で
出会ったグルナッシュ100%の

ファイル 2653-2.jpg
【ジャン マルク ラファージュ・キュベニコラ】

これ、とんでもなく美味い!(◎_◎;
しかもこのネーミング・・ラファージュさん
の愛する息子さん「ニコラ」くんの名前だ
そうで、その自信が分かるだろう・・。

ちなみに、もうひとつこれに匹敵する娘さん
「レア」ちゃんの名前のワインもある。

その「レア」も、調べてみれば、パーカー
ポイント

○2009年 90点
○2010年 92点
○2011年 94点

だという・・。
店ではそれは置いていないそうなので、
「レア」は、是非自力自でゲットしたいと
思う!(^^*)

獺祭スパークリング にごり酒

最近、横浜・高島屋によってみると常に
並んでいるので買ってみた! (゚ー゚☆キラッ

ファイル 2649-2.jpg
ファイル 2649-3.jpg
【獺祭スパークリング にごり酒】

確かにコレはコレでありだな・・と思うし、
日本酒も頑張って工夫しているんだなぁと
思うんですが、やはり総合的にみちゃうと
シャンパンやCAVAの勝ちを認めざるを
得ないかなぁ・・(^-^;(笑)

まぁ当たり前なんだけど、コレは日本酒色
がガッツリ出ているので、

「日本酒が好きでないと飲めない」

というハードル・・(^-^;
シャンパンやCAVAは、やはりそんなに
飲めない人や、お酒の初心者の人達でも
結構、抵抗無く飲めるのだが、コレはやはり
違う・・バリバリの日本酒なのだ・・。

でも、日本酒としてのアプローチは
間違っていないと思う・・。
ただ、ある程度限られた人しか飲めない
スパークリングであるという事である・・。

獺祭 等外23

一部の特約店だけの商品だった

ファイル 2640-2.jpg
【獺祭 等外23】

先日、ふと横浜・高島屋によってみると
並んでいたので、買ってみた! (゚ー゚☆キラッ

獺祭は相当量の「等外米」を仕入れて
しまっていると聞いてはいた・・。
恐らく今回、一部の特約店以下にも商品が
降りて来たのは、そんな実情があるんでは
ないかな・・。

さて、そんな「等外米」って何よ?って
話ですが、毎年、山田錦を栽培する農家
では、酒米(酒造好適米)として使える
「特等米」ではない規格外の「等外米」と
いうのが、どうしても全体の15~20%位
は出来てしまうそうだ・・。

獺祭は、通常「二割三分」、「三割九分」
と造る為に、当然、山田錦の「特等米」だけ
を購入していた訳ですが、もちろん他の蔵も
同じで、やはり山田錦の「特等米」だけを
購入する為に、結果として農家は等級検査に
通らなかった「等外米」は「くず米」として
処分するしかなかったそうで、それでは農家
に全部しわ寄せがいく・・という事で、獺祭
が買い取り、23%まで磨いて造られたものが
この【等外23】・・。

そりゃ、飲んでみたいじゃないですか!と
いう事で巡り会えたので購入・・(^^*)

ラベルに書いてある通り、「山田錦の等外米」
のために、劣化が早い!という事で、早速、
飲んでみる!(^^*)

さすがに「二割三分」まで磨いてあるので、
澄んだ味わいはさすがだし、日本酒に
よっては、後からくる鼻につく嫌な香りも
無く、美味しいと思います!(^^*)

確かに「二割三分」とも「三割九分」とも
違う、その間の酒・・いや、ひと味足りない
感はあるので、そのポジションも正確に
言えば、違うかもしれない・・(^-^;

ただ、「三割九分」とほぼ同じ値段である事
を考えると、「三割九分」の奥行きの方が
価値は高い・・と個人的には感じているので、
【等外23】の2回目はないかな・・(^-^;

白濁(しろにごり)

先日、ふと見つけたベルギービール!

ファイル 2631-2.jpg
【白濁(しろにごり)】

特筆すべきは、なんと通常のビールの印刷
が逆さまで、更にその逆さまのまま陳列
されているのである・・(笑)

ファイル 2631-3.jpg
ファイル 2631-4.jpg

理由は、ビール酵母が沈殿している銀河高原
ビールじゃないが、【白濁】も缶内二次醗酵
させて、フィルターをかけないために、缶の
底に酵母が沈殿しているそうで、それらを
きちんと一緒に注いで欲しいし、飲んで
欲しいという事らしい・・。

でも、ビールってさ、缶が逆さだったものを
元に戻すだけで、どう考えても開封時に泡が
吹くよね?(^-^;(笑)

例外無く、自分もそうなった・・(爆)●~*

なら、逆さになっていない方が個人的には
ありがたいかな・・と、この【白濁】の缶を
体験して感じた・・(^-^;(笑)
要は、普通は最初にガーっとグラスに注いで
泡がある程度静まり返ってビールを蓋する
状態にさせる。
その際に、普通のビールは、あとグラスを
傾けてスルっとビールを注ぎ込んで完成だが
酵母入りは、缶をグルグル回して酵母を混ぜ
グラスを傾けてスルっと入れれば良いだけの
話だと思うんだがな・・(笑)

・・と、ところでビールの感想は?というと
ホワイトビールの一種で、自分が好む濃厚で
苦みが強いビールとは真逆!
華やかな香りと共にフルーティーな甘みが
広がる爽やかで軽めのビールですね・・(^^*)
とはいえ、これはこれで美味しいとは思うし、
日本のビールには無い香りの華やかさも
ポイントは高いです!
ただ、男性というよりも、ビールが苦手な
女性の初心者向けに喜ばれそうなビールな
気がします・・(^^*)

獺祭×大手町 ハシゴ酒バル

先日、ふと見つけたイベント

ファイル 2628-2.jpg
【獺祭×大手町 ハシゴ酒バル】

何たって”大手町が獺祭に染まる”んです
から、酒好きとしては、是非、行かない
とな・・(爆)●~*

という事で参加して来ました! (゚ー゚☆キラッ

いわゆる「食べ飲ま」と同じ形で、3枚綴り
の券を3600円(WEB申し込みで3300円)
を購入、
ファイル 2628-3.jpg
その1枚で

「獺祭1杯(90ml)&酒粕を使った料理1品」

を頂けるというもの・・。
獺祭も、普通、居酒屋などでお目にかかれる
のは「獺祭50」が多いが、今回のイベント
ではその上の「獺祭 磨き三割九分」の提供。
また、店舗のよっては「獺祭 磨き三割九分
スパークリング」「獺祭 発泡にごり酒
スパークリング50」のところもある。

最近の「食べ飲ま」はわからないが、以前の
「食べ飲ま」と違って、うまい方法だな・・
と思ったのが、29店舗中19店舗で酒だけ
味わいたい人には、ペアの「料理1品」を
「獺祭1杯(90ml)」を変更する事ができる
という事・・。
すなわち、1店舗で「獺祭1杯(90ml)」を
2杯飲めるという嬉しいルール。
2店舗回ってお腹がいっぱいだったりしたら、
3店舗目では「獺祭1合(180ml)」にして
酒だけ味わってもいいという事である。

ただし、「獺祭 スパークリング」に関しては、
1本の提供になる為、2人で入るにはチケット
が各自2枚必要になるという事でパス・・(笑)
しかし、1人で飲み回っている人は4枚必要に
なるので、スパークリングを提供している店
は行かないだろうから、この方法は評価が
分かれるところ・・。

ルールの前置きが長くなったが、いざ出陣!
ファイル 2628-4.jpg
ファイル 2628-5.jpg
と、料理は「酒粕」を使った料理が出て来る。
しかし、もう2店舗目位から、この「酒粕」の
甘い料理に飽きて来る・・(^-^;(笑)
無性に刺身とかサッパリしたものが食べたく
なる・・でも、酒粕料理と獺祭のコラボ
なのでばかりなので、そうしたものが無い
という落とし穴・・_| ̄|○

刺身が無いなら、甘さが残る獺祭で無く、
どんどんとワインみたいなのが飲みたく
なって来る・・(笑)
この酒粕と獺祭は「甘い×甘い」という形に
なり、悪いが、努力はわかるんだけど、
ちょっとしつこい・・そして、飽きる・・
かな・・(^-^;
そこが改善させるなら、また行こうかな!と
思うが、酒粕料理とのコラボなら、もう
いいかな・・(^-^;

プレミアムモルツ横浜フェスティバル

酒ネタ続き・・(^-^;(笑)

横浜会場の機会を狙っていた
ファイル 2611-2.jpg
「プレミアムモルツフェスティバル」

で、樽出しプレモル飲み比べ!(^^*)
高価格帯の「マスターズドリーム」だけ
300ml・350円だったが、その他全ての
プレモルは300ml・200円!(◎_◎;
ファイル 2611-3.jpg
という破格!なんとスタバのコーヒー
より安い!(爆)●~*

しかし、法事の後に駆けつけたため、
会場限定の「サマースペシャル2016」は
残念ながら売り切れだった!(>_<)
13時に開始して、駆けつけたのが16時。
でも22時までやる企画なのにさ、3時間で
売り切れ・・って一応、会場限定だから
みんな飲むだろう・・という想定は簡単に
出来るんだから、3時間位で無くなる量に
するなよ!とは思いながらも、無いモノは
仕方ないですね・・(^-^;(笑)

という事で「サマースペシャル」を除き、
迷わず全てのプレモルを注文!
飲み比べてみる!(^^*)
カップにはきちんと各プレモルのイラストが
プリントされていた!(^^*)
ファイル 2611-4.jpg
確かに、コレなら酔っぱらってもわからなく
ならないな!(爆)●~*
で、今回飲み比べて、意外と普通のプレモル
が美味しく無い事も発見した!(゚-゚)b
しかし、酔っぱらった後に、一番端っこの
横浜ベイクォーターから地下鉄の駅までは、
ホント遠いな!(^-^;(笑)

ニヘデビール【ブラックエール】

ギネスやスタウトなど、その辺の黒ビールを
想像すると、全然黒ビールっぽくない・・。

ファイル 2610-2.jpg
ニヘデビール【ブラックエール】

むしろ、黒ビールなのにすごく飲みやすい
・・という、もしかしたら黒ビールファン
向けでなく、万人向けの方向性を模索した
結果なのかもしれませんね!(^^*)

これで、他力本願で贅沢にもニヘデビールを
全種類、飲んでみた訳ですが、ソフトタイプ
の鋭角な苦みがアクセントで個人的には一番
美味しいかな!とはいえ、ソフトとハードは
甲乙付けがたく、貴重な体験をさせて頂き
ました!ありがとうございました! <(_ _)>

MUREDA TINTO BIO(ムレダ オーガニック・ティント)

ファイル 2582-2.jpg

OKストアで499円で手に入れた
BIO(オーガニック)ワイン・・。
スペインの「CAAEオーガニック」
ってやつを認証取得しており、
400円台のワインとしては、美味しくて
ちょっとビックリする・・。
葡萄はテンプラニーリョ100%。
創業は2006年だそうでがんばって
欲しいワイナリーです!(^^*)

シャトー・ベルヴュー・クラリブ&シャトー・ガバレー

OKストアで買った!(^^*)

ファイル 2580-2.jpg
【シャトー・ベルヴュー・クラリブ 2012】
(リヨンコンクール金メダル受賞)
ファイル 2580-3.jpg
【シャトー・ガバレー 2011】
(マコンコンクール金メダル受賞)

という事で、リヨンコンクールとマコン
コーンクールを調べてみたが、よく
わからなかった・・(笑)

もちろん2本を飲む機会が、それぞれ
2週間くらい空いたのと、その間に
別なのを飲んだのと、飲み比べをした訳
じゃないので、微妙な差は覚えちゃ
いないのだが(笑)この2本同じワイン、
もしくは蔵なんじゃなの?と思った程
似ている味わい・・。

カベルネの安ワインで出会うガツンと
くる感じではなく、本当になめらかな
味わいで、栓を再びして次の日も
いけました!どっちもこれで880円は
お得感あると思うなぁ・・!(^^*)

ページ移動