記事一覧

藤井財務大臣・辞任という政治的知恵

鳩山首相は1月6日、藤井財務大臣の辞任を了承し、後任に
菅副総理を充てると発表・・完璧な【小沢ワールド】ですな・・(笑)
産経新聞によると、藤井財務大臣(以後、藤井氏)が辞意を表明した
のは12月22日だったそうで、ここまで長引いたのも、前から自分も
言っているが、民主党に経済の専門家がいないという事・・。
藤井氏は後任に財務省から信頼がある財務副大臣の野田氏を推し、
菅副総理さえも野田氏を推したが、菅副総理自身が兼任という
【小沢ワールド】をさらに強固にした幕引き・・。
ま、野田氏を財務相にしちゃうと、対小沢対策も大変、後任の副大臣
の選択もいわゆる副大臣としての身体検査を今からやる暇もなければ
時間もないから大変・・。
仙谷行政刷新担当大臣は【反小沢の急先鋒】だそうで、やはり
99%ありえなかったみたいですな・・(笑)

実際、今度の1月18日からという通常国会は【小沢氏・土地購入問題】
と【鳩山首相・超多額子供手当問題】で間違いなく紛糾する。
しかし、その後の来年度本予算&補正予算を通さない訳にはいかない・・。
鳩山首相は【巨額脱税】をした事になりましたから、恐らく、首相は
やめる事にしないと収まりはつかないはず・・その自分のクビをかけた
交換条件で予算を通す形なると個人的には予測する・・。
で、その次は小沢氏か?というと【土地購入問題】があるので難しい。
となると【ポスト鳩山】の最有力候補は【菅副総理】という事になる。
ここで菅副総理が手腕を発揮する事が国民へのPRになるのと同時に、
自身の試金石な訳だ・・。

しかし、ここで【小沢氏・土地購入問題】【鳩山首相・超多額子供
手当問題】の他に、実はもうひとつ問題がある・・それが、

【藤井氏・政党助成金返納問題】

である。これは【小沢氏・土地購入問題】に絡んで、随分前から
出てきている問題で、小沢氏が現在問題の土地を購入する際に
使われたお金が、実は【政党助成金】から出ている可能性があると
すでに色々な所で報じられている。
一昔前に【自由党】という党首が小沢氏、幹事長・政策調査会長が
藤井氏(元財務大臣)、国会対策委員長が山岡氏(現・民主党国会
対策委員長)という政党があったのだが、2003年9月に【自由党】
と【民主党】の合併に伴い【自由党】が解党・・同党に残った
15億ものお金は、所属する議員らの35政治団体に各500万円が
分配されており、藤井氏の政治団体にもこのお金が流れていると
言われている・・。
しかし、解党の際には【政党助成金】は国庫に返さなければいけない
のだが、【自由党】は、それを返さずに分配しているそうで、この
問題までもが出てきてしまう恐れと、小沢氏が横槍で予算をひっくり
返された上、国会で追及されるのは自分という理不尽さを考えると、
通常国会の前に、理由をつけて辞任しておいた方が良い・・そして、
国会も、最悪、追い込まれたら体調の不良という事で欠席する事で
取り繕う事ができる・・という藤井氏の政治的知恵だと個人的には
思っていますけどね・・(笑)

ん?勘違いしていないかい?

一昨日も愚痴った鳩山首相の7年間に渡るママからの【12億6千万円】
の子供手当の件・・みんな寛容で驚いた・・(◎_◎;
なんだかわからない人も多いかと思いますので、100%鳩山首相の
言い分に沿った形で考えてみましょう!

単純に、

○鳩山首相は7年前からママから【月々1500万円】を【贈与】
 として渡されていた・・。

→これを公設第一秘書の【勝場氏】がカッコつけるために、死んだ
 人や、献金などした事もない人を架空に挙げ、その方々が献金を
 したと装って【政治資金】にしたり、自分でも飲み食いしたりした・・

という訳だ。ここを、まあ国民は寛大に

【お金持ちが自分のお金を政治資金に回しただけだから大目に見よう】
【どこぞの企業とつるんだような悪質なお金じゃないから大目に見よう】

と言っている訳だ・・。

おいおい・・勘違いしていないかい?(-_-;)
これは紛れもなく【脱税】という犯罪だぞ!!
【12億6千万円】に対する税金を、政治団体を迂回させて
7年間に渡って意図的に払っていないんだよ??

税務上、【政治資金】というのは税金がかからない(相続税やら
贈与税を払わなくて良い)ようになっている。
極端な事を言えば、政治団体に【政治資金】として資産を回し、
代表者を親から子に名義変更するだけで、税金がかからず、
簡単に資産を移す事が出来てしまうのだ・・。

ここをおさえた上で、鳩山首相の今回の手口を今一度みてみよう。
ママから【月々1500万円】を【贈与】として渡されて、その資金
を架空の人間(全体の70%ちょっとの方々が架空なのだから、
その悪質さがわかるであろう)の名の下に、ご自身の資金管理団体
【新声会】と政治団体【新政策科学研究会】【鳩山邦夫後援会】
【鳩友会】の4政治団体を迂回させて【政治資金】に回した訳だ。
これはこの時点で、鳩山首相が何と言おうと【贈与】という前提
なのですから、結果【贈与税】を免れる為の正真正銘の【税金逃れ】
の悪質な手法であるという事になる・・。
で、鳩山首相はさらに、【月々1500万円】の中からご自身で
飲み食いしたりするお金までも入っているとも言っており、
その部分も公設第一秘書の【勝場氏】に全てを任せていたので、
鳩山首相ご自身は「全く知らなかった」の一点張りな訳だ・・。

この時点で、自分のお金と【政治資金】が一緒の会計になって
いる【どんぶり勘定】だった事も同時にハッキリとわかった訳だ。
それが、わかっているだけでも、先にも書いたように、7年間に
渡って【12億6千万円】が【どんぶり勘定】で何に使ったかは、
ご自身では全くわからないというのだから、正直に発言を
信じれば本当にビックリである・・。

逆に、本当はご自身も隅々まで完全にわかっているからこそ、
【12億6千万円】の詳細を述べず、悪意を持って知らぬ存ぜぬ
を押し通している姿にしか見えないのは自分だけであろうか?
まあ、それは自分が盾になりママを守る為なのはわかっている
けどね・・(笑)

それにしても、自分の引き際も

【国民が辞めろと言うなら辞める】

という決断の鈍さ・・きっとこれは性格なんだろうな・・(笑)
それか、ずっとママが進路を決めていたのかもしれない・・。

でも、ここでまたひとつハッキリした事がある。
親族から贈与された資産を【脱税】しても、本人が知らぬ存ぜぬ
を貫き通せば罪にはならない・・いいなぁ・・政治家は・・(笑)
結局、所詮政治家は【同じ穴の狢】だという事・・(爆)●〜*
何も変わっちゃいない・・。

【秘書が有罪になった時には政治家を続ける事はできない】

そのくらいの厳しいものを自分達に課す法案を作り、口先だけ
ではない【志の高い】政治家は現れてくれないんだろうかね?(-_-;)

結局はどの国も環境の事などどうでもいいという結末

12月7日からデンマークのコペンハーゲンで行われた【COP15】。
この【COP15】の【COP】・・うちの妻は【コペンハーゲン】
だから【COP】だと思っていたという・・(-_-;)(笑)
そうした方も、実は多いかもしれませんので、初めにこの
【COP15】の【COP】とは何か?

これ実は正式名称

【国連気候変動枠組条約・第15回締約国会議】

という読むのもイヤになるような長い名称の会議だったりする・・(笑)
で、まあ、15回より前はどうでもよくて、その後の【締約国会議】
の部分で【Conference of Parties】の略で【COP】。
【Conference】の意味は【会議】、【Parties】の意味は、
【締約(ていやく)】の事・・で、【締約】とは、【契約や条約
などを結ぶ事】で、第15回なので【COP15】という事です・・。
にしても、自分も勉強不足で申し訳ないが、そんな会議がすでに
15回も行われていたんだ・・(^-^;・・みたいな・・(爆)●〜*
そんなに開かれている会議なのに、こんなにもボロボロという
素人目には、温暖化対策なんて、とっととやめちゃえばいいのに
とさえ思う・・。

今回もニュースや新聞で色々な事が報道はされているのだが、
そもそも、各国は【地球温暖化をどう考えているのよ?】という
そもそもの原点がわからないんですよね・・。
自分は素人なので、各国における【地球温暖化の考え方】という
のをどこにも整理してわかりやすくまとまって発表されている
のを知らないのだが、会議に参加している国々のお偉いさん達は、
そもそもの各国の【地球温暖化の考え方】というをきちんと
わかって論議しているんでしょうか?
【どこの国が何%の温室効果ガスを削減する】といような【手段】
ではなく、各国が【地球温暖化をこう考えている!】という部分。

もちとん、口では【地球温暖化は深刻・・】と言っているのかも
しれない・・でも、この会議の結末を見る限りでは主要排出国の
中で【深刻・・】と考えている国はないんじゃないの?
ま、自分は【地球温暖化懐疑論者】なので、自分の生活に不条理が
生じなければどうでもいいけどね・・(笑)

でも、日本のように世界で一番省エネが進んでいて削減余地の
少ない国においては不条理だらけになるこうした会議・・。
今回も、京都議定書が単純に延長を求められる要求をされる・・
というように途上国は削減義務を負っていないため、日本みたいな
国から資金や技術を無償で勝ち取れるみたいな、自分の国の利益や
金銭のしか考えていない事の論戦が未だに続く・・。
まあ、それが外交ですから仕方ありませんが、その先の結論は、

【みんな環境なんてどうでもいいんだよ・・】

って事・・そして、色々なメディアで脅かされている程、実は
【地球温暖化】なんて深刻じゃないんですよ・・。
もちろん根拠がある訳じゃなんですけど、少なくともあと100年で
どうにかなっちゃうなら、こんなレベルでもめている場合じゃ
ありませんからね・・。

【石油があと100年で枯渇する・・】

って過去に騒がれたけど、100年なんかで枯渇なんてしない事も
わかっているのと同じ・・100年で無くなっちゃうなら、F1なんて
開催されている訳ないし、もっと石油の発掘量だって制限する事を
世界で話し合われるはずですからね・・。
そう・・ちゃんとシナリオがあるんですよ・・(笑)
ああ・・早く【地球は寒冷化に向かっている】というシナリオに
なってくれないかな?
・・って言うものの、それも困るんですけどね・・だって・・
【寒冷化】の方が、【温暖化】なんかよりも、もっとももっと
深刻な状況になっちゃいますからね・・(笑)

天皇陛下よりも偉いのは俺だ!

中国の習近平国家副主席と天皇陛下との会見が昨日行われたが、
なんとも後味の悪いというか、強引に会わせろ!と言われてやった
会見とばかりに、印象の悪い会見になってしまった。

それは前日12月14日の民主党・小沢幹事長の驚きの記者会見が
あったのと、民主党の政治利用を思わせる動きがあったからだ・・。
まるで、

【天皇陛下よりも偉いのは俺だ!】

とばかり捲し立てた嫌悪感あふれる小沢氏の記者会見・・。
小沢氏は【政治利用の懸念】を表明した羽毛田信吾宮内庁長官に
ついて、

【内閣の一部局の一役人が、内閣の方針をどうこう言うのは、
 日本国憲法の理念を理解していない。どうしても反対なら、
 辞表を提出した後に言うべきだ】

と厳しく批判した。いわゆる憲法第3条の

【天皇の国事に関するすべての行為には内閣の助言と承認を必要とし、
 内閣がその責任を負う】

というところを話していたが、天皇の国事行為の中に

【要人と会見する】

というのは、そもそも入っていない・・これはある程度の事を
知っている人間なら誰でも知っている有名な話である。
そもそも天皇陛下は【政治に関与しない】という事から【象徴天皇制】
とした訳である・・それを党の都合で政治に従属させるという事は
【象徴天皇制】そのものを否定する事になる。

【1ヶ月ルール】・・勉強不足ながら、個人的にはあった事は知って
いたが詳しくまでは知らなかった。
報道によると、1995年に文書化されて、6年前からは、前立腺がん
の手術を受けた天皇陛下の健康を考慮して、国の大小や政治的に
重要かどうかで差を付ける事無しに厳格に守られてきたという・・
なるほど・・!

それを小沢氏は

【1ヶ月ルールというのは誰が作ったんですか?宮内庁の役人が作った
 から金科玉条で絶対だなんてそんなバカな話あるかつうんですよ】

さらに、

【陛下の体調が優れないのなら優位性の低い行事は、お休みに
 なればいい】

とまで言い切った・・これには驚きである。そう・・

【民主党様は国民から選ばれた代表なのだから、天皇陛下は民主党様
 がやれと言った事だけやればいいのであって、その他の民主党様から
 見たら優位性の低いくだらない行事などは体調悪いんだから、
 やらんでいいんだ。政治主導の民主党様の言う事を聞いとけ!】

と、悪意を持って言うならばそういう事・・。
いやいやすごい暴走ぶりである・・(◎_◎;

この会見の前にも、小沢幹事長率いる民主党議員軍団143人が
大挙して中国に上陸したのは唖然を通り越し不気味だったのは
自分だけであろうか?
さらに、その議員達が列をなして、胡錦濤国家主席とツーショット
写真を撮るに及んだのには、同じ日本人としてまるで

【中国様ぁ~大好きです!これから何でも言う事聞きますぅ~】

とでも擦り寄っているかの姿に恥ずかしかったのは自分だけで
あろうか?百歩譲って、そうでないにしても、隣国のトップに
今後、自分達が何らかの形で政治利用するためのツーショット
写真のお相手を連続して付き合わせるというという事が
【非常識で非礼】である事に気付かない143人のバカ者達・・。

さらにアメリカには【対等に!】という事で、普天間問題もこんなに
なっちゃっているのに、中国へ行った143人のバカ者達は何をしに
行ってきたんだよ?中国には【ガス田】や【毒ギョーザ】など多くの
問題があるのに、そうした事を国益として少しは話し合ってでも
来たのかよ?
そうした事は何もせずに、ひとつの党が、今後の【党益】のため
だけに、ただ中国に擦り寄っただけじゃねえか!

でも、こんなバカ者達を選んだ日本国民・・そう、日本国民の資質が
笑われている事を忘れてはいけない・・。

最後に、この記者会見、小沢氏は【永住外国人の参政権】においても
明言し、永住外国人に地方参政権を付与する法案を来年の国会に
提出する予定だそうで、、

【(党内に)賛否があるのは承知しているが、自分たちの政府が
 提案した事には賛成するのが普通】

と述べ、反対の立場の党所属議員にも、採決の際は賛成を求める
考えを示した。党議拘束を掛けるか否かは明言しなかったが、
天皇陛下には憲法や民主主義をひけらかすが、こちらは憲法で
認められている自由も民主主義も認めないという恐ろしい独裁主義・・
もうビックリである・・でもこれが今現実に行われているのである。
政権交代を、それこそ【金科玉条】とばかり好き放題やりまくっている
民主党の愚行・・いいんですか?こんなんで?民主党を選んだ人達?
本当に、日本が大変な事になる前に、やめてくんないかな?

しかし・・今や自民党もグタグタで見るも無惨な頼りない政党に
様変わりしてしまった・・。
それにしても全く・・中間はいねえのかよ?中間は・・_l ̄l●lll ガクリ

もしかしてアメリカへの【嫌がらせ】をしているの?

もっと後にゆっくりと書こうと思っていましたが、あまりにも
普天間問題・・ビックリである・・。鳩山首相は

【連立政権でもあり、沖縄の期待感もあるので、簡単ではない】

と早期決着に慎重論を示している。
それはそれでいい・・しかし、悪いが素人目に見ても、民主党は
選挙で

【県外移設】

を叫んでいたのですから、きちんと民主党の中で【県外移設案】
があるのだと思っていたら、今から決めているのだから驚く・・(-_-;)
ただでさえ、日米合意を固持しているアメリカなのに、民主党の方で
それすら決まっていないで話し合いが出来ない状態じゃ、アメリカが

【日米合意以外は飲まない】

と再度固持する事も、【県外移設】の夢を託して沖縄が民主党を
選んだのだし、誰しも自分の家の傍に米軍基地などいらない訳
ですから、沖縄が、

【県外移設】

を固持する事も、社民党の福島党首が、

【辺野古沿岸部に基地を造らせないのは極めて重要な事。これは
 社民党の根幹にかかわる。辺野古沖に海上基地を造るという決定
 を内閣が行った場合には、社民党としても、私としても重大な
 決意をしなければならない】

なんて事を言い出すのも選挙の前からわかっていた事・・。

鳩山首相は【普天間移設問題】について何を考えていたのだろう?

年内決着について、

【私はやはり、これは日米の合意がなされた問題でもありますし、
 沖縄の県民の皆様方の思いも色々伺っていく中で、できるだけ、
 早い時期に解決をしなきゃならないという立場は変わっており
 ません。その思いのもとで今、2大臣が中心となって、もう
 アメリカからも担当の方が来られている訳ですから、その方々と
 ギリギリの詰めをしていただきたいと。そう思っています。
 ただ一方で社民党さんをはじめとして連立を組んでいる訳ですから、
 連立の方々の思いというものもしっかりと承ってやらなきゃならない
 という事も事実でありますので、その中で、解決を急ぎたいなと、
 その思いを変えている訳ではありません。ただ最初から、皆さん方は
 年内にしなきゃいかんとか色々な話がありますけれども、年内に
 決めなきゃいかんとか、そういう議論を私どもはしている訳では
 ありません。ただ、できるだけ当然の事ながら普天間の事を
 考えれば、事故がまた起きてはいけませんから、結論は急がなきゃ
 成りませんねと、その立場を変えている訳ではありません。
 以前と同じです】

と何が言いたいのか?どうしたいのか?訳わからない・・全ての
人達が納得するものを探しているとでも語りたいのか?
そんなものは初めから存在しない事はわかっているクセに、
八方美人のようにまだ夢物語を語っている・・。
少なくともこの発言からは、結論として、岡田外相、北沢防衛相が
【年内に決着】と想定してアメリカと交渉していたものを【先延ばし】
にするという【アメリカとの合意】よりも【三党連立】の益を取った
という事はハッキリした訳だ・・。

しかし、社民党も社民党だ。
民主党を脅すのでなく【県外移設】とするのならば、どこがあるのだ?

「例えばグアム」

などといきなり言っていたが、どこをどうやったら、現在グアムに
移設する事をアメリカが飲むんだ?具体的にはどうするんだ?
そんな事をするには日米の相当なる話し合い&交渉が必要な事は
わかっているはず・・そうするように、先日のオバマ大統領との
会談で、その事を話し合えるように具体的に指示したのか?
民主党も民主党である・・【県外移設】するためにはその場所を
用意しなければならない・・その場所を確保した上で、交渉する
なら別だが、確保も出来ていない状態で、日米同盟の約束を反故
にし、話し合いをするというというのは無責任きわまりない。
こちらについても、先日のオバマ大統領との会談で【県外移設】
をきちんと話し、それを了承してもらえないと、三党連立に
おける合意が崩れてしまうという事を理解してもらった上で
【トラスト・ミー】だったのか?
さらに、これだけ引き延ばしておいて、結局は最初の約束通り
辺野古だったら、ただのアメリカへの【嫌がらせ】だけでなく、
日本の国益を大きく損ねる可能性もある・・。

そうした努力も計画性もなく、日米合意も理解せず、思いつき
だけで八方美人と共に先延ばししただけならば、ここへ来て、
鳩山首相は実は、本当は何も考えていなかった【ただのバ○】
だったんじゃないか?とすら感じてきました・・(-_-;)

新しい国会運営は強行採決炸裂から!

国会開幕と思ったら初っぱなから【強行採決】とは驚いた!
度肝を抜く暴走的国会でスタートとは、民主党・・ある意味
斬新で新しい開始の仕方である!(爆)●〜*

しかし、与野党の立場が入れ替わって、鳩山首相も所信表明演説で

【国会は議論を戦わせる場にしたい】

と言っていたにもかかわらず、議論しないで数でねじふせる
という国民が一番嫌うであろう国会の風景から始めるのだから
首を傾げる・・。それも、与党は、

【他にも重要な法案があり、30日の会期末をにらむと
 この日がタイムリミットだった】

と、理由がスケジュールが詰まっているから・・とは、
再度、驚いた!(笑)>なら会期を延長すればいい・・。
それ以前に、そもそも短い国会の会期を設定したのは与党側
である・・(笑)
よって、日程が詰まって窮屈なのは当初から予想された事・・。

となると、自民党の言う

【首相の個人献金偽装や小沢氏の疑惑の追及を打ち切るため】

というのもこれだけ民主党が短い会期に設定をして採決を
急ぐなら、自民党の言い分も「正しいだろうなぁ・・」とも
勘ぐってしまう・・。

しかし、今回【強行採決】されたのは、金融機関に借金の
返済猶予を促す【中小企業者等金融円滑化臨時措置法案】
だが、これは与野党が正反対に対立し、歩み寄れないような
案件では無いのに、こんなレベルの法案を【強行採決】じゃ、
この先は【強行採決】だらけで決まってゆくのではないか?
と末恐ろしい感じだ・・。
せっかく【事業仕分け】で国民へのパフォーマンスが成功
したのに、この【強行採決】はもったいないな・・。

しかし、自民党も自民党で、野党になった途端に、野党時代の
民主党と同じ【ボイコット戦術】とは、非常に残念だ・・。

今後こうした事を防ぐには、会期を気にせずに審議ができる
【通年国会】を実現するしかないでしょう・・。

でもなんだかんだ国民は見守るしかない訳で・・(-_-;)

事業仕分け一考察(後編)

■事業仕分け一考察(前編)■
http://www.hearts.jp/user-cgi-bin/diarypro/diary.cgi?no=1397

前編からの続きぃぃぃ〜!(* ̄∇ ̄*)v

でもね、個人的にはできるならば鳩山首相の言う【政治主導】で、
実は、第三者が入らない方が良いとは思っているんですよ・・。
その説明には、前編でも書きましたが、麻生前総理のこの発言・・。

【国会議員ならともかく、そうでない方々は一体何の
 資格で言っているのか?】

そう・・まさしくこれ!第三者的立場である【仕分け人】とは
一体何の資格で言っているのか?
もちろん、民主党に依頼されてやっているんですが、それは
国民が選んだ人達ではない訳ですよ・・。
実際にはこれダメ!あれダメ!と大ナタ振るってやって頂いても、
【仕分け人】は責任を取る必要はない訳で・・もちろん決定権
を与えている訳ではないから、その責任を取れ!というのも
おかしいのですがね・・とはいえ、今までの予算そのものを
官僚がほとんど決めていたのですから、責任を取らないところは
一緒と言えば一緒なんですけど、一緒じゃいけない訳で・・。

でも、完全に民主党が決めるならば、

【選挙で選ばれた人(民主党)が責任を持つ=国民の民意】

という図式が成り立つ・・逆に考えればダメならば、選挙に
よって責任を問われる訳で・・まあ、イヤだと言っても、最悪、
衆議院議員は最長でも4年おきに責任を問われ続ける訳で・・(笑)

でも、事業仕分けも前半戦が終わり、3兆円の削減は、できない
可能性が高まってきた中、子ども手当(2.3兆円)、高速道路無料化
(0.6兆円)、公立高校無償化(0.5兆円)、ガソリン税の暫定税率
廃止(2.5兆円)など約7兆円という民主党のマニフェスト・・これ
を全部やろうとしたら、とてもじゃないがお金が足りない・・という
現状に陥ってきた・・これも、当初の自民党を始め、エコノミスト
の方々も口にしてきた予想通りの結末・・(笑)
中でも民意と逆の【高速道路無料化】、雇用情勢がどん底の中、
所得制限もないまま【子供手当のバラマキ】・・この2点は大きな
見直しが必要だろうし、ガソリン税の暫定税率廃止もこのご時世、
自民党がやれずにいた事をどうしてもやりたいから廃止にする
メンツだけ廃止なんだから必死に廃止する必要性もない・・。
同時に、安くなるよりはガソリンを入れないだろうから、
環境にも良いと・・。

で、ここからは個人的に思う事だが、11月16日に内閣府が7〜9月期
のGDP(国内総生産)を発表・・個人消費と中国を筆頭に好調な
対アジア輸出が伸び、設備投資もプラスに転じ、前期比1.2%増と
2四半期連続でプラス成長となったが、自律回復にはほど遠い・・。
特に、個人消費はエコカー補助や家電のエコポイントなどの景気対策
の部分の自動車や薄型テレビだけの伸びだそうだ。
しかし、国民にはその実感もなければ感触もない・・。
という事は民主党の言う【生活第一主義】で、子供が大切なのも
わかるが、2.3兆円を使う子供手当は消費よりも貯蓄に回ると予測
され、GDPの押し上げには懐疑的・・ならば、内閣府のGDP発表に
沿う形で、一定の効果がみられた【エコカー助成金】【エコカー減税】
【エコポイント】を2.3兆円使って延長する方が、GDPが押し上げられ、
同時にエコ製品の買い替えが進む事により、温室効果ガス削減にも
プラスする形になる・・。
また、もうひとつ民主党の言う【コンクリートから人へ】もわかるが、
実際、都会は多様な仕事があるのでわかりにくいが、地方は公共工事
頼りの側面は否めない・・ここはマニフェスト重視から、年末から
年初に来るだろうと言われている【二番底】対策として景気の息切れ
&デフレの阻止の対策をもっと考えなくてはいけない・・。

と書いていたら、政府は11月18日、2009年度第2次補正予算案に
追加経済対策の一環として【エコカー助成金】制度を2010年の秋の
行楽シーズンが終わる頃を期限に6カ月位延長する方向、さらに、
【エコポイント】制度も2010年末まで9カ月以上延ばす方向・・と
発表!>GDPの結果をみれば当然だろう・・でもまだ財源をどうする
のか?については発表されていない・・。
さらに同日、藤井財務相が【子供手当】について所得制限の導入が
「論点になりうる」と発表したが、これまた当然である・・。
個人的には、来年の【子供手当】はやるにしても、ひとまず1年は
先延ばしする勇気が必要だと思うけどね・・。
それと忘れちゃいけないのが、こうした目先の事ばかりでなく、
この国自体が削減!削減!ばかりで【この先何で成長したいのか?】
を示さないと企業は増資を始めているわ、円高が止まらないわ・・
イコール、外国人投資家は投資から撤退を始めるわ・・で、株価は
下落し続ける・・早く成長ビジョンを示さないと・・>鳩山首相

しかし、今回の【事業仕分け】・・半分終わっただけだが、個人的に
総括しちゃうと(笑)これ、もっと大きな枠でとらえてみると、
ダメ出しされて、廃止、減額になった事業、認めてもらえた事業・・
と色々出てきて、色々な意見が出ている訳ですが、そもそも、今回
なぜ【事業仕分け】をしなくちゃならないのか?という部分を、
【パフォーマンスだ!】と切り捨てるのではなく、性善説に基づいて
大前提を考えると、

【ムダを見つける=金(財政)がない=透明化させたい】

という事・・湯水のごとく、ジャブジャブ使って良い豊富な財政ならば、
別だが、とにかく【金がない】という部分が本筋のベクトルならば、
その【金がない】状況を作ったのは誰なのか?
そう・・細川・羽田政権を途中にかましたが事実上、長期に渡って
政権を担った自民党である・・。

【そうだよな!自民党が諸悪の根源だ!】

とつぶやきたいところだが、本当に諸悪の根源は自民党なのだろうか?
それでは、衆議院選挙で我々国民は、そもそもどんな人を選んでいる
のだろうか?それは、

【税金の使い道を決める人】

を選んでいるのである・・という事は、税金の使い道を長期に渡って
自民党に託したのは

【国民】

であるという事・・イコール、一番の責任者は我々【国民】である
という事を自覚しないといけない・・。
近所の人にお願いされたから・・友人にお願いされたから・・と
選挙に参加していた人は自戒しなければいけない・・。
本当はそんなレベルの話ではなく、そんな安易なチョイスでも、
その数が集まれば、自分たちのこの先の環境までも大きく変わって
しまうのだという事を真面目に考えてもらわないとな・・。

事業仕分け一考察(前編)

先日も書きましたが、11月11日から始まった予算の無駄を
洗い出す【事業仕分け】・・9日経ってから書こうと思ったが、
いやいや、まちきれませんでしたよ・・(笑)

まず【事業仕分け】に参加している人達について・・仲間に
入れなかった外野の反応はなかなかおもしろい・・(笑)

○麻生太郎・前首相
【国会議員ならともかく、そうでない方々は一体何の
 資格で言っているのか?】

民間人が参加している事になんだかご立腹のご様子・・(笑)
でも、自民党が行っていた【経済財政諮問会議】もきちんと
民間人が入っていましたから、その辺については自民党が
ご立腹する立場ではない・・(笑)

次に、議席が1桁のクセに民主党よりも大きな顔をしている

○亀井静香・金融郵政担当相
【3党連立だと言いながらね、国民新党や社民党が入って
 ない。外国人を入れて、市場原理主義者を入れてね、
 これをやるなんていう事はね、私はおかしいと思うよ】

【予算を切る作業は権力そのものなのに、外国人を平気で
 入れている。弱肉強食の経済政策を推進した学者もいる】

と、国民新党が仕分けメンバーに入れなかった事、ワールド
ビジネスサテライトなどでお馴染みのモルガン・スタンレー
証券のロバート・フェルドマン経済調査部長が、仕分け作業
に入っている事などに、こちらもまたご立腹・・(笑)

でも、亀井大臣の発言はよくわからないのだが、仲間に
入れなかったから拗ねているレベルならいいが【事業仕分け】
を理解していなくての発言なら首を傾げるな・・(・。・?(笑)

だって、この時点では外人が入っていようが、極端な話、
幼稚園児が入っていようが、この【事業仕分け】は、法的な
拘束力はない・・という事で彼らは【決定者】ではない・・。
実際は、国民に向けてのパフォーマンスである・・(笑)
蓋を開けてみれば、もちろん、特別会計のような天下り天国の
ようなお金もあっただろうが、関係者が長い間議論し、つめて
実現してきた施策もあるだろうに、各事業、制限時間が1時間
ですから、連日の報道を見ている限りでは、ま、財務省と
あらかじめ話し合って完全に事前から

【つぶす施策】

が決定していて、本当は5分で終わるが、一応、平等性を
パフォーマンスするために、説明させる事にしていた・・(笑)
という事は、国民新党は蓮舫議員のようにテレビに映りたかった
なぁ・・って幼稚なダダコネにしかうつらないよなぁ・・(爆)●〜*

しかし、それ以前に、パフォーマンスでなく国を良くするために
亀井大臣が本気で叩いているのだとするならば、叩く所は
そこじゃない・・となると、そこはどこか?

まず、国の所管事業は約3000の中から、【事業仕分け】の
対象が【447の事業・組織(類似事業はまとめるので、実は
210〜220事業数)】だった訳だが、その数は、政府の全事業
の約15%に過ぎない・・それはまあ単純に【時間がない!】と
いう正当な理論なだけかもしれないが、自分のように、すぐに
疑いたくなる人間にとっては、何かの線引きに基づいて
【447の事業・組織】が俎上に上がってきた訳だから、その
線引きは何?と沸々と疑問が湧いてくる・・(笑)

個人的勘ぐりとしては、各省庁においての横のつながりという
のは、あまりうまくいっていないだろう・・という見解・・
となると、【事業仕分け】の対象に上がったものというのは、
切られてもさして痛くない蛸の足である力の弱い部署が
上がってきたと勘ぐる事は自分だけではないはずだ・・。
ま、何が言いたいかと言うと、本当に官僚が守りたい事業は
間違いなく447の中には絶対に入っていないという事だ・・。
いわゆるそこに上がらなかった出先機関が本当は【聖域】なのだ。
という事は、結局は財務官僚の掌の上で民主党は踊らされている
という訳だ・・ここを本気で叩かなくてはいけない・・。

だが、そこを亀井大臣も叩かないという事は、初めから亀井大臣
や民主党もそんな事はわかっているという事だ・・だから、先に
書いたように【事業仕分け】は国民に対する【パフォーマンス】
であると言い切れる訳だ・・。

とはいえ、例え【パフォーマンス】だとしても【事業仕分け】・・
果たしてやった方が良かったのだろうか?

個人的には、やった方が良い・・今回、本当の【聖域】は官僚に
守られてしまったとしても、【447の事業・組織】については
守る事を諦め、財務省が1時間でつぶすには

【ここをこうすればつぶせますよ】

という事を、恐らく民主党に知恵付けした上でつぶしている
からね・・(笑)でも、それが例え15%であったとしても、
自民党の時には、そこもキッチリ【聖域】になって守られていた
訳ですから、それだけでも価値がある・・。

という事で後編に続くぅぅぅ〜!(* ̄∇ ̄*)v

■事業仕分け一考察(後編)■
http://www.hearts.jp/user-cgi-bin/diarypro/diary.cgi?no=1398

取り返しの付かない事をやろうとしている(後編)

■取り返しの付かない事をやろうとしている(前編)■
http://www.hearts.jp/user-cgi-bin/diarypro/diary.cgi?no=1394

前編からの続きぃぃぃ〜(゚-゚)b

では【日本国民】の条件とは何でしょう?

日本国民とは、国籍法で
○出生の時に父又は母が日本国民
○出生前に死亡した父が死亡の時に日本国民
○日本で生まれ、父又は母が不明の時

では【日本国民】への外国籍であった者が日本国籍を取得できる
【帰化】条件とは何でしょう?、

○引き続き5年以上日本に住所を有する事。
○20歳以上で本国法によって行為能力を有する事。
○素行が善良である事。
○自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能に
 よって生計を営む事ができる事。
○国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によってその国籍を失う
 べき事(多重国籍の制限)。
○ …日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊する事を
 企て、若しくは主張し、又はこれを企て、若しくは主張する
 政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入した事がない事。

が揃った上で、法務大臣の許可がおりて【日本国民】となれる・・
という訳です・・。

この前日からの【参政権】【永住外国人】【日本国民】【帰化】と、
4つの言葉をきちんと理解した上で話を進めます・・。

そもそも【永住外国人】の方々が、日本人への【帰化】をしない
(できない)という事は、【日本国民】の権利はお持ちでなくとも、
少なくとも母国籍はきちんとお持ちな訳です・・という事は各人とも
自分の母国にきちんと【参政権】があるのですから、どうぞ、母国へ
参政して頂けば良い話で、日本の【参政権】は必要はない訳です。
だって日本人になれば簡単に【参政権】を頂けるのに、それを
個人的価値観で拒絶しているか、そもそもあなたは上記に帰化条件
に適合しないという事で、日本から【帰化】を拒絶されている
のですから・・(笑)
で、もし他国へ永住しているために、母国への【参政権】が無い
のだとしたら、それは母国へ【参政権】を認めるように主張する
べきであり、日本で【参政権】をよこせ!という話ではない訳です。
もう、これで話が終わるほど簡単な話なのです・・実は・・(笑)

すると、とんちんかんな人間や作為的に騙そうとしている人間は、
まことしやかなようにみせかける事を言い出すので、これらを
理解していない国民は悩んでしまう訳だ・・(笑)
そのひとつが、日本は【永住外国人】から国民の義務である
【納税】をさせているのだから【参政権】を与えないのはおかしい!
という理論・・(笑)
そもそも、税金を払っている人間には何人にも【参政権】を
与えなければいけないなんて事は憲法にも書いていない訳で・・
逆に【参政権】は日本国民でないといけないと記されている訳
ですから論じるレベルではない訳です。
百歩譲って、仮に、それが認められれば、赤ちゃんモデルで稼いで
赤ちゃん自体が納税していれば【参政権】を与えなきゃいけない
訳で【参政権】と納税は全く関係ないのである・・(笑)
ま、そこに対してさらに言うならば、裏を返せば【税金を払って
いない人間には参政権を与えない】などとしたら、税金を払って
いない日本国民から【参政権】を奪わなければいけない訳で、
その論点がどれだけおかしな理論か?わかるでしょう・・(笑)
それ以前に、税金とは日本で生活する上での公共サービスの対価
であり、【参政権】とは何も関係なく、日本に住んで公共サービス
を享受している以上はどの国でも取られるのである・・(笑)
そこと【参政権】をリンクさせる事自体、頭がおかしいのである。
それ以前に、2つの国の【参政権】を持つ事が許されたら恐ろしい
事である・・【内政干渉】を簡単にする事ができるようになって
しまうからね・・。

では【内政干渉】とは何でしょう?

【内政干渉】とは【一国の政治に別の国が干渉する】事である。

つまり【外国人への参政権】を認めるという事は、この【内政干渉】
を合法的に行える権利を与えてしまうという事になってしまう訳です。
民主党の言っている事は国政でなく、あくまでも【地方参政権】
であり、そんな大げさな・・と思っているあなた・・(笑)
どこぞの町長レベルなら5000票もあれば当選しますし、県長レベル
でも20万票あれば当選する・・その事をふまえ、法務省の統計を
みてみると、平成19年末現在、日本永住者の在留資格を持つのは
約87万人・・このうち【特別永住者(在日韓国人&在日朝鮮人が
多数を占める)】が約43万人。このほかの【永住者】が約44万人、
この【永住者】の中で最も多いのは、中国人で、約13万人である。
このうちの数万人がある地方都市に意図的に転居し【参政】し、
地方自治を乗っ取り【内政干渉】する事も簡単にできてしまう訳だ。

さらに、【参政権】を外国人に与えるという重さを、諸外国は
理解している・・理解しているからこそ、国籍を与えないで
日本が【参政権】を与えるという事は、諸外国などからは

【日本は外国人を差別しているから国籍を与えない】

という【なんて差別的でひどい国だ!】というレッテルを国際的に
貼られかねないのである・・。

では、そんなに取り返しの付かないだけでなく、弊害ばかりで
全く【国益】にもならない事なのに、なぜ民主党や社会党は
【外国人への参政権】を推進したがるのでしょうか?
それは簡単である・・それらの外国人の票田が欲しいからである。
日本永住者の在留資格の多数を占める在日韓国人&在日朝鮮人は
弱者が多い・・イコール、自ずと共産党、社会党、民主党へ票が
集まるというそろばん勘定がはじき出される訳だ・・。
そんな事だけのために、日本の国益を損なわせようとしている
訳で・・その他、民主党の政策集にありながら、マニフェストに
入っていないものには、選択的夫婦別姓の早期実現や国会図書館
に恒久平和局を設置する法改正、慰安婦問題への取り組み、靖国
神社に代わる国立追悼施設建設など日本を貶める政策もある・・。

最後に、2012年より、在日韓国人には日本国内からでも【韓国
国政選挙(大統領選挙)】の選挙権を与えられる事になっている。
もし今後、日本で【地方参政権】を得た場合、在日韓国人は
日本と韓国の2カ国における選挙権を同時に持つ事になる・・。

もう、早く民主党・・予算を透明化したらやめてくんないかな?

取り返しの付かない事をやろうとしている(前編)

11月11日から始まった【事業仕分け】・・初日10事業で
504億円を削減!と、がんばっているね!民主党!
各事業、制限時間が1時間ですから、ま、財務省とあらかじめ
話し合ってどの事業からどれだけ削るか?については、決まって
いたと考える方が正しいでしょうね・・よって、今回は国民の前
で官僚達と話し合うというより、削減は決まっているからそれを
説得するための1時間という事・・(笑)
でも一般公開というのはやはり素晴らしい・・自民党も60年間も
あって、若手議員は声高に叫んでいたんだから、邪魔せずに、
年寄りも耳を傾けて、この辺をもっと頑張っておけば、こんなの
目新しい事ではなかったのにな・・(笑)
ま、この辺の事は9日間が終わってから書くとして、今回は、
こうした目立つニュースに隠れて、ほとんど報道されないけど、
ひっそりととんでもない事をやろうとしている影の部分を・・。

11月6日、民主党の山岡賢次国対委員長が永住外国人への

【永住外国人への地方参政権付与法案】

を、今国会に提出すると言いだした・・。
この気が狂ったような法案・・この背景には、またまた小沢氏の
影が大きく見えてくる・・。
2008年2月に、就任を控えた韓国の李明博大統領との会談で、
在日韓国人への【地方参政権付与】に向けて努力する意向を示し
ている・・そう、民主党の中でも小沢氏が【推進派】なのである。
今や、民主党は小沢氏が左を向け!と言ったら左を向く・・という
政党である事がこの2ヶ月弱でわかってしまった。
で、【永住外国人への地方参政権付与法案】を今国会に提出する
考えを表明したところ、事務所に抗議の電話が殺到・・って、
当たり前である・・┐('〜`;)┌
感情とかそんなもの以前に、日本国憲法においては、憲法15条の

【公務員を選定し、及びこれを罷免することは国民固有の権利である】

という事からも【外国人の参政権】は憲法違反である。
従って、【参政権】は【国民固有の権利】であり、外国人に与える事
はできないという大原則があるのだ・・。
しかし、先の民主党の【宇宙的天下り理論】のように、そんな事も
お構いなしに、【永住外国人への地方参政権付与法案】などという
日本にとって取り返しの付かない事も、国民が理解する前に、政権が
取れているうちに、話し合う事もなく数が揃っているうちに・・
どんどんと決めてしまえ!という事になるから、リベラルな民主党に
あんなに議席を与えちゃいけないんだよ・・(-_-;)
さらに社会党もこの事には【推進派】であるから、今回も、またまた
【宇宙理論】で、憲法解釈を変え、簡単に決まってしまう事がありえる
のである・・。

それについて、またまた鳩山首相は【宇宙理論】を展開した・・(笑)

鳩山首相は、先の衆院予算委員会で、

【宇宙ができて137億年。そして地球ができて46億年が経っている
 訳です。その中で私は地球がまさに生きとし生けるもの、人間のみ
 ならず全ての生命体、ある意味では生命がないものに対しても存在
 しているものだと、その様に思っております。
 その中で地球が出来、そしてその中で日本列島が出来ている訳です。
 言うまでもありません。主権は日本国民にあります。それを譲れ
 などいう事を申し上げてるつもりも毛頭ありません。主権者として
 の国民の権利というものはしっかり守らなければなりません。
 しかし、日本列島、あるいはどの国でもそうですけれども、その
 国にいる人のみならず、外からも来られる人もいる。外から外国人
 が来られて生活をされている。その人達の権利というものも当然
 守らなければならない。
 それは日本列島の中で主権を持っている日本の国民としてのある
 意味での義務であり権利だと、その様に思います。私はそんな
 思いの元で、この外国人の地方参政権の問題も前向きに考えて
 いきたいと、その様には考えてはおります。】

と発言・・また【宇宙】である・・(笑)
外国人に【友愛】で権利を認め、自分個人でウットリするのは
構わないが、首相という立場である以上は、それが日本の【国益】
にならなくてはいけない・・そもそも【外国人への参政権】が
どう国益になるのか?良くわからない・・。
この様に【外国人への参政権】を【友愛】などというレベルで考えて
もらっていては困るので、【外国人の参政権】がなぜダメなのか?
ここについて今回書いてみたいと思う・・。

それではまず【参政権】って何でしょう?

【参政権】とは【政治に参加する権利の総称】をいう・・。
いわゆる【選挙権】などが代表的なものである。
今回【地方参政権】という事ですから、地方自治体への【参政権】
という事ですね。

では【永住外国人】とは何でしょう?
ま、言葉通り、永く日本に住んでいる外国人である。
では、なぜ永住していながら【帰化】をしないのでしょうか?
そこには、自分がその民族である事への誇り、日本人へ帰化する
事への嫌悪感、先代の人間達からの批判を避けるため・・などなど
色々な理由が個々にあるでしょう・・それは強制も出来ないし、
人間として生まれた以上は自由な権利です・・。
ですから、そこを彼らが守り続ける事は全然構わないし、こちらも
文句をつけるところではありません。

が、後編へ続くぅぅぅ〜(゚-゚)b

■取り返しの付かない事をやろうとしている(後編)■
http://www.hearts.jp/user-cgi-bin/diarypro/diary.cgi?no=1395

国民約束反故の手口が次々と公開されたよ(後編)

■国民約束反故の手口が次々と公開されたよ(前編)■
http://www.hearts.jp/user-cgi-bin/diarypro/diary.cgi?no=1392

前編からの続きぃぃぃ〜〜

で、普天間問題・・実際にこの件においては、沖縄の民主党や
社会党への期待は結構大きかったはずだ。
沖縄は4つの小選挙区全てに民主党なり社会党なりの息がかかった
人間が選ばれた程だからね・・。
でも、普天間移設は1996年に日米合意を見て以来、14年越しの
懸案である・・やっと決着が付いた最終合意を反故にする事が
できる訳がない事は、初めからわかっていたのに沖縄に希望を
持たせて、今、検証中です・・ってそんな細やかなレベルで
検証する次元の問題じゃないでしょうに・・(笑)
どう考えたって【沖縄県外移設】は無理、【沖縄県内移設】も
どの地域も来て欲しくない訳で、前政権での最終合意が基地が
沖縄の街中じゃなくなるし、普天間返還も現実になるし、アメリカ
も怒らないしで、先延ばしして沖縄に期待を持たせても、国益を
考えたら一番の得策なのはわかっているはず・・。
結局、政権についてみたら空想論でした・・やっぱりできません
って・・詐欺同然ですな・・(爆)●〜*
ま、でも公約は守る義務はないからね・・(笑)

しかし、もうすぐオバマ大統領が来日するのに、普天間問題も
外務大臣と防衛大臣と首相の意見が今のこの時点でも統一されて
いない・・と、統一されていないだけでなく、首相は先送りに
するつもりだというのだから驚く・・政権を取る前からこの事を
党として統一する事を何も考えていなかったという事を自ら証明
してしまっただけでなく、これまた選挙前から多くのエコノミスト
や自民党が危惧していた通りになった・・。
それを受けて、米連邦議会でも、海兵隊8000人のグアム移転の
予算計上を7割削減への動き・・普天間返還も数年の遅れが出る
可能性・・って・・本当にこの国を・・沖縄を・・どうする
つもりなんでしょうか?>民主党 (・。・?

とは言うものの、実際のところ、本音は【沖縄県外移設】・・
と言ったって、日本全土人が住んでいるところでは、どこの地域
も100%基地など来て欲しくない訳で、岡田外相もテレビで
【硫黄島とか・・】など言っていたが、そんな感じで、所詮、
どこかの無人島に押しつける案しかない訳だ・・。
だから個人的には、いくら費用がかかってもいいから、竹島と
尖閣諸島にアメリカの基地を移せば良いと思うんだがな・・(爆)●〜*
どうせなら、北方領土にも大サービス&思いやりで基地を作って
あげて、韓国、中国、ロシアと、きっとアメリカは監視して
おきたい国だろうし、そもそも日本も領土問題で揺れている地域
だから、アメリカと力を合わせて話し合い&監視をお願いする
形で、一石二鳥!なら国民は文句を言わないと思うがな・・(笑)
でも、そうした事が出来ない以上は、ハッキリ書いて申し訳ないが、
日本国民は沖縄が犠牲になる事で、万事がうまくいくなら、沖縄に
押しつけておくのが一番楽なのがわかっている・・。
だから沖縄県以外では、どっか遠くの出来事・・って事で、
みんなどうでもよかったりするんだよ・・(笑)

でも、これまた、野党時代は空想論で気楽に攻めていたが、
いざ政権を取って蓋を開けてみたら「うお!大変!」と

【自民党の言っていた通りだった・・(-_-;)】

とわかってしまった・・が、これまでもが自民党の言う通りでは
イヤだからとみんなであがいているといるが、野党時代に何で
こんな事言っちゃったんだろう・・って頭を抱えてため息ついて
いるのが本当のところ・・(笑)

官房機密費もそうだ・・当初、平野官房長官は、前任者から
引き継ぎを受けていたにもかかわらず、機密費の存在を否定した。
今回やっと存在を認めたが、領収書のいらない年間約14億円、
1日あたりにすれば400万円にのぼる官房機密費・・領収書が
いらないだけでなく、使途を明らかにする必要がない金である
ために、海外に出張する政治家への小遣いとして使われ、過去
には与野党の議員に対する背広代やパーティー券購入に使われ、
さらには、外務省の官僚が5億円以上の機密費を横領し、競走馬
やマンションを買っていた事もあった為に、野党時代にその
不明朗さを批判し、情報公開を求め、2001年に機密性の高い
ものは25年、それ以外は10年後に情報公開を義務づける
【官房機密費流用防止法案】を国会に出し

【機密費に関しては徹底的に情報の公開を求めたい】

と公言していたはずなのに、なんと政権を取ったら、情報公開を
拒絶し、

【使途は私が責任をもって判断する。私を信頼していただきたい】

といきなり透明化する事を平野官房長官は否定した。(笑)
という事は、今まで闇雲に罵っていたが、明らかにできない事には
ちゃんと理由があった・・って事だ。

でも、こうした事をきちんと理解する事も【政権交代の意義】でも
あるんだろうな・・これで、また政権が自民党と交代した時には、
今度は今までのように、幼稚に闇雲に反対するだけの党にはなれない
だろうし、さらにはこうして野党時代に【あれもこれも100%ダメ!】
と現実的でない空想的な事を言うと、こうしてその時代の発言が
足かせになり、自分たちが政権を取った時には政治が思うように
機能しなくなる事も今回政権を取ってみて覚えた訳だ・・(笑)
空想が国民をダマしている形になってしまっている事に気付く・・
いや・・すでに気付いてもらって自覚してもらっていないと
困るんだけどな・・天下り&渡りの根絶はやめちゃったし、機密費
の透明化もやめちゃったし、説明責任をする政党になる事も
やめちゃったし・・予算を刷新してくれる事くらいはやってくれそう
だから、その辺だけ改革してもらって、取り返しがつかない事を
やる前に、本当に早くやめてくれないかな・・民主党_l ̄l●lll ガクリ

国民約束反故の手口が次々と公開されたよ(前編)

衆院予算委員会・・予想以上に民主党の国民約束の反故暴走ぶり
はすごい!いやぁ〜面白すぎるよ・・(笑)
まあ、政権交代による政治の新しい風を期待していた度合いが
強かったからかもしれないが、今回の衆院予算委員会で、
やはり政権を取ると、答弁は同じ、手口や手法も同じになって
しまう所が、実に見事に表現されていた・・(笑)

鳩山首相自らの偽装献金問題も、

【捜査で全容が解明される】

と繰り返すだけで、説明をしないばかりか逃げまくる・・(笑)
いやいや、これって自民党が良く使う手口だったよね!(爆)●〜*

亡くなった人名義や献金した事も無い人名義のものが個人献金者
とされていたという【虚偽記載】は、すでに明らかになっている。
この部分だけでも説明をできるはずなのに【捜査中】理由に説明
をしようとしない・・こうした姿を、野党の時にはボロクソに
罵っていたのにな・・自分も自民党と同じ醜い姿をさらけ出して
いるとは感じないのでしょうかね?(笑)

この献金問題、公表分だけで総額2177万円が架空で悪質なだけ
でなく、小口献金1億7717万円の大半が鳩山家の資産管理会社
【六幸商会】の管理資金と政治家本人が1000万円、一般個人が
150万円と法律で定められている量的制限をはるかに超えている
だけでなく、鳩山首相は

【1000万円までは寄付、超えた分は貸し出しと理解していた】

と弁明、貸付金ならば報告書にそう記載されていなければならない
のに記載は無し・・と、早速、会計担当を解任したそうだが、
どこをどうみても完全に進退問題になる事は間違いはない・・。
もしかしたらこれまた、自民党と同じく、

【会計担当者が独断でやった事で自分には監督責任がない】

と国民仰天の開き直り自民党戦法が出るかもしれませんな・・(笑)
さあ、鳩山首相・・政治責任をきちんと取れるだろうかね?(^^*)

日本郵政問題も代表権のある社長、副社長5人中3人を官僚OBが
占めた訳だが、先の自民党がピックアップした日銀総裁候補を
片っ端から天下りと断絶して否定し続け、選挙公約でも
【天下り&渡り全面禁止】を掲げていた鳩山首相は

【官僚が省庁のあっせんで再就職する事が「天下り」である】

と、宇宙人を自負する通り、まるで【宇宙の定義】のような
言い訳・・自分たちは野党時代に「それが天下りだ!渡りだ!」
と罵っておいて、今度はこれが天下りでも渡りでもありません!
ってこんなの宇宙では通じる理論なのかもしれないが、日本で
その理論は全く通じないでしょう・・(笑)

その【宇宙の定義】をきちんと政府は6日の閣議で、公務員の
【天下りの定義】として、

【府省庁が退職後の職員を企業、団体などに再就職させること。
 府省庁によるあっせんを受けずに適材適所の再就職を
 することは天下りに該当しない】

とする答弁書、・・いや【宇宙の定義】を決定した・・(笑)
いやぁ〜官僚の高笑いが聞こえてくるようだよ・・(爆)●〜*

さらにこの【宇宙の定義】を駆使し、人事官に

【江利川毅・前厚生労働次官】

と、官僚天下りオンパレードの様相・・(爆)●〜*
いやいや、すごいよ!この【天下りの定義】はさ、

【民主党を支持した国民なんてバカだから、屁理屈でちょっと
 言い換えれば納得するさ!】

と軽くみているという事だよね?自分だったら腹立つけど、
ねえ?いいの?民主党を選んだ人達?これで?(笑)

とはいえ、脱官僚なんてできる訳がない!と最初から自分は
ここでも書いているが、実際の所、当の民主党も過去は野党だし
という事で気楽に攻めていたが、いざ政権を取って、その通りに
出来ると思っていたが、蓋を開けてみたら「うお!大変!」と
いうのが1ヶ月半、いや1ヶ月で官僚も能力のある人間は認めて、
適材適所には使わないといけないと、

【自民党の言っていた通りだった・・(-_-;)】

とわかってしまったというのが本当の所・・(笑)
でも、そうならそうとごまかしたり、言い訳せずに、
過去の発言を謝罪できる潔さがあるとカッコイイと
思うんだけどねぇ・・(笑)

ふぅ・・後編に続くよ!(゚-゚)b

■国民約束反故の手口が次々と公開されたよ(後編)■
http://www.hearts.jp/user-cgi-bin/diarypro/diary.cgi?no=1393

脱官僚を掲げる政党が選ぶのは天下り&渡りのベテラン

西川社長が辞任して、政治的抗争の渦中にある普通なら
やらないだろうこんなポストを、どんな人が引き受ける
のだろう?と思ったが、探してくるものですな・・(-_-;)
結果、官僚達の高笑いが聞こえてくるようだが・・(笑)

と、10月20日に辞任を表明した西川善文日本郵政社長の
後任に、大蔵事務次官OBで現在、東京金融取引所社長の
斎藤次郎氏を起用するという人事を政府は発表した。

日本郵政には社外取締役がおり、トヨタ自動車相談役・
奥田氏、三菱重工業相談役・西岡氏など、大物財界人が
名を連ねている・・その民間の社外取締役が連れてきた
西川氏を政権の意に沿わないからと任期途中で追い出し、
民主党が連れてくるはずがないだろうと国民の誰もが
思っていたであろう元官僚の大蔵事務次官OBで東京金融
取引所社長の斎藤次郎氏を日本郵政の新社長として迎え
入れるのだからビックリを通り越して唖然とした・・(笑)
この斎藤氏が民主党が西川氏をやめさせてまで社長に
据えたかった人なの?(^-^;>もうビックリである。
しかもビックリしたのは自分だけでなく、鳩山首相も
ビックリしたというのだから、そもそも、新社長の選出は
結構行き当たりばったりであった事がわかる・・(笑)

この斎藤氏、各マスコミでも報じているが、【ノーパン
しゃぶしゃぶ接待事件】で脚光を浴びた有名な方で、初めて
自民党が野党になった細川内閣の時の大蔵事務次官である。
1993年に大蔵事務次官に就任した斎藤氏は、当時の新生党
代表幹事だった小沢一郎民主党幹事長とコンビを組み、

【一郎・次郎コンビ】

という名称が付くほど蜜月で有名、そのコンビで、消費税率
を3%を廃止し、名称を【国民福祉税】とし7%に引き上げる
という構想を打ち上げ、頓挫・・その際も、当時、自民党の
野中氏とそれに加担していた亀井金融大臣などと斎藤氏は
ケンカしている・・となると、どのように説明されても、
それらを知っている人間なら誰でも、

【決めたのは亀井金融大臣、裏で動いたのは小沢氏】

というシナリオがハッキリわかる・・(笑)

それにしても、鳩山首相・・民主党としては、この斎藤氏
のような方は、民主党が野党の時代に、一番嫌っていた
人種だと思うんだがなぁ・・(笑)

斎藤氏は大蔵省で【10年に1人の大物次官】と評されていた
からか、天下り経歴も有名で、一世を風靡した

【ノーパンしゃぶしゃぶ接待事件】

で、厳重注意という事で1995年大蔵省事務次官を
退任(クビ)後、そのまま、その年に旧大蔵省の

【財政金融研究所・顧問】

へ【天下り】、さらに同年、旧大蔵省の

【社団法人研究情報基金・理事長】

に【渡り】をし、さらに同年、旧大蔵省

【財団法人国際金融情報センター・顧問】

に【渡り】をするという、1995年の1年弱の間に
【天下り&渡り】を3回繰り返すという典型的な官僚の
退職金稼ぎのコースを闊歩する。
で、2000年5月に

【東京金融先物取引所・理事長】

へ【渡り】、2004年4月に【東京金融先物取引所】民営化
(会員制法人から株式会社に組織変更)に伴い社長に就任、
今回、2009年10月に民主党により

【日本郵政・社長】

に【渡り】、内定と・・退職金トータル【3億円以上】とも
言われ、【天下り&渡りの超ベテラン】と誰もが認める
という輝かしい経歴の持ち主である・・(笑)
とはいえ、このように【小沢氏と太い繋がりだ!】【天下りだ!】
【元官僚をつかうのか?】などと罵る事は簡単だが、先にも
述べたように、こんな、

【政治的抗争の渦中にある普通ならやらないだろうポスト】

ですから、よほどボランティア感覚に近い気概を持っているか、
よほどの大物、よほどの背景&裏の力を持っていないとできない。
良く考えてみれば、こうしたレベルの人しか引き受けないよな・・(笑)

で、ここでひとまずハッキリした事がある。

今回の斎藤氏の人事で、民主党は、【天下り】をしても、
色々なところへ14年間【渡り】をし続ければ、民主党の言う
【根絶しなければならない天下り官僚】の部類には入らない&
関係なくなるという事が明言され確定した事だ・・。
この意味は大きい・・官僚だからといってひどい事ばかりして
いる訳ではない・・才能のある官僚すらも一緒くたにして攻撃
していた従来の民主党の姿こそが異様でしたから、前向きに
受け取るならば、民主党が闇雲に反対していた人材活用の手法を
転換し、元官僚をも適材適所として認める考え方にしたのならば、
大いに歓迎すべき出来事である。

まあ、郵政民営化の本質はアメリカに言われたからスタートした
事ではあるが、郵政公社時代に郵便貯金や簡易保険によって
得られた膨大な資金を官僚が好き勝手に湯水のごとく使って
いたので、郵政公社本体から実際の本業以外のものをできだけ
切り離し、巨大になりすぎた力を弱める為に4分社化したり、
かんぽの宿の売却したりしている訳で、本来の目標は

【資金の流れを官から民に】

であり、郵貯と簡易保険事業の縮小であり、それは民主党も
支持していた。
さらに、窓口業務と郵政業務を分離したのも、ひとつの会社で
これらが行われると、内部で何が起きているか外部から分からない
から分割した訳だ・・。
しかし、民主党は方向を一気に転換し、臨時国会に日本郵政と
ゆうちょ銀行、かんぽ生命3社の株式売却凍結法案を提出する・・
要は、民営化で郵便局が消えた訳ではなく、地方の出張所の
引き取り手がなく消えて困っている地方の影響、また50円や
80円で郵便を送っている事自体が赤字という事で、間違いなく
郵便事業会社は大赤字になる・・。
そこをゆうちょ銀行、かんぽ生命で稼いだ儲けで埋めるという
手法を復活させるための3社の株式売却凍結、一体化計画という
訳で、民営化を反対している巨大組織の郵政官僚OBたちの思惑
通りだろうな・・(笑)

とはいえ、この先、民主党が3社の株式売却凍結&一体化くらい
までしか発表されていないので、どんな日本郵政にするのか?
経営の効率性は成り立つのか?民間との対等な競争をどのように
考えるか?などなど全くの不透明である・・。
もう予算の透明化と、官僚問題関連だけきちんとやって、その他
余計な事はしなくていいから日本が沈没する前に、早くやめて
くれないかな・・民主党・・_| ̄|○

リラクゼーションと西川社長辞任会見(笑)

第3週は月曜日&火曜日と連休を頂いている。
日曜日の夜にかなり深酒をしたのもあるが(笑)のんびりと
SPAなどでボディケアも含めて過ごしておりやした・・。
やはり、こうした過ごし方は疲れがリセットされるというか、
自覚症状ではそんなに疲れている感はないのですが、
疲れている事を知るというか・・。

そんな中、サウナのテレビで日本郵政社長の西川氏の
辞任会見をのんびり見ていた・・。
民主党は、強制的に辞任させて、郵政事業はまた一体化を
目指すそうですが、国営化に逆戻りですか?(笑)

西川氏はかんぽの宿問題では日本トラスティサービス信託銀行、
オリックス絡みで批判はされたが、一応は、完全黒字経営に
転換させたのにねぇ・・さらには郵政公社と総務省から
約2000人が天下っていた郵政公社のファミリー企業を
219社も暴き出したのにねぇ・・。
小泉氏が郵政民営化を掲げた時に、あれほどまでに反対
されていたのはそこだった訳で・・。
もともと民主党の岡田外務大臣は郵政民営化賛成の立場を
表明していたし、前原国交大臣や古川内閣府副大臣など、
民主議員までもが郵政民営化を終始応援していたので、
自民党だけでない力で大きなうねりになったのにねぇ・・。
そこはニュースで深くやってくれないねぇ・・(笑)

いずれにしても、ダブルスタンダードだよなぁ・・。
やっぱりわからんなぁ・・民主党は・・。

結局は国民を騙すためのウソかよ・・

解散前に麻生内閣時に8月に発表されていた来年度の
一般会計の概算要求予算が

【88兆5480億円】

今回、民主党が発表した来年度の一般会計の概算要求予算は

【95兆円380億円】

しかし、95兆円というのも、各省庁が金額を明示しない
【事項要求】に無理矢理格下げをして額を抑制しただけで、
その【事項要求】が概算予算以外に約30項目もあるという。
この【事項要求】というのは、常に減る事はなく、年末に
なると急に予算額が膨張する事で有名な部分である・・。
その各省庁が金額を明示しない【事項要求】を加えると
実質的には

【97兆円】

に膨らむとみられる・・(-_-;)
結局、野党時代に「無駄だ!」と言ってた予算に無駄なんか
無かったって事を、民主党が大臣レベルにおいては、自ら
証明しちゃた訳だ・・(笑)

民主党のマニフェスト実現として

●子供手当(厚生)→2超3345億円
●年金記録問題(厚生)→1495億円
●雇用保険見直し(厚生)→2685億円
●高速道路無料化(国交)→6000億円
●農業戸別所得補償関連(農水)→5618億円
●高校実質無料化(文部)→4624億円
●医師不足解消関連→【事項要求】
--------------------------------------------------
  合計→3兆3767億円【事項要求額を含まず】

●暫定税率廃止→2兆5000億円
--------------------------------------------------
  合計→6兆8767億円【事項要求額を含まず】

この上記の約4兆円ですら、自民党は「こんなの絶対に出ない!
やれるものならやってみろ!」と選挙前に言っていた。
で、民主党が結局減らせたのは、

●公共事業費削減(国交)→約8000億円
●学力テスト(文部)→約20億円
--------------------------------------------------
  合計→約8020億円

位なもので、まるで自民党が言っていた通りの展開そのままで、

【無駄を削ったら歳出(予算)が過去最高になっちゃった!】

って・・ギャグか?(怒)で、鳩山首相の

【本来なら発行すべきではないと思うが、やむを得ない
 という事も出てくるかどうか、税収の落ち込み具合を
 勘案しながら考える必要がある】

と赤字国債容認発言をしてきたとなると

【ちょっとヤバイぞ・・】

という裏事情をも勘ぐってしまうよな・・(笑)

そもそも、自民党は【100年に1度の経済危機】という
【錦の御旗】のもと、借金を増やして経済対策をやった・・。
民主党はそれを

【無駄を省けば借金など必要無い】
【消費税増税も必要無い】
【埋蔵金と予算のムダを省けば財源は確保できる】

と言い切り、さらに鳩山首相は4月に街頭演説などで、麻生内閣
が当時、提出予定だった【2009年度補正予算案】について

【麻生太郎首相は「財源の裏付けがある」と豪語するが、
 7〜8兆円は赤字国債だ。こんなばかばかしい垂れ流しを
 安易に打ち出すべきではない】
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20090412091.html

と批判している・・それだけでなく、選挙では、

【消費税を4年間封印しても財源は国債増発に頼らない】

とした政権公約を掲げ、つい最近でも鳩山首相は、

【新規国債は増やさない。増やしたら国家が持たない】

とまで、テレビ朝日の8月23日の番組の中で言い切っている。
(日本経済新聞 8/24付)

しかし、今回、鳩山首相が赤字国債やむなし!と発言した
という事は、裏を返せば【増やしても国家は持つ】という事・・。
イコール、今までの野党時代の発言は全部、

【国民を騙すためのウソ】

だった事がわかる・・って、まあ、公約なんて今までだって
半分は守られていなかったから責めるつもりはないし、経済が
わかっている人間は国の国債の考え方はみんな気付いている
けどね・・(笑)そう、この国には1400兆円を超える【個人
金融資産】があるから、実は国債を、あと600兆円まで
ガンガン出しても、いざとなったら個人の資産を踏み倒せば
大丈夫と鳩山首相もわかっているのだ。
そこまで乱暴ではないと思うが、それでも諸外国へ国債を
売らず、日本国内だけでという今の状態だったら、あと
100兆円くらいまでは間違いなく大丈夫・・。
しかし、これじゃきちんと常識的に経済を考える力のある
家庭は子供手当以前に、子供産まなくなるよな・・(爆)●〜*

さらにマスコミは指摘をしないが、麻生内閣で出そうとしていた
国債の【44兆円】という額は、景気対策という緊急避難措置
として、補正予算まで含めた上での額であり、概算要求予算の
段階では【33兆円】なのである・・。
それが鳩山内閣では50兆円を突破するかもしれない訳だ・・(-_-;)
ただ、そこまで赤字国債を発行し上乗せする割に、鳩山内閣は
内向きの政策ばかりで、累積債務を圧縮する気がないだけでなく、
GDP拡大など経済的な部分を押し上げる政策が少ない事は、
今までと大きく違う・・。
さらに、今後、景気によっては【二次補正予算】を組まなくては
いけない可能性があるが、1〜3月に二番底が来ると言われて
いるので、その可能性は間違いなく高い・・。

この先、菅氏&仙石氏を中心に刷新会議やらで、国民にきちんと
わかるように大きく削り込んでくれるらしい・・それとまあ、
その後に控えている【特別会計】が隠し球という事で、そこで
勝負という流れだろうな・・まあ、亀井金融大臣曰く【特別会計】
は宝の山で、思い切って切れば20兆円位は簡単に出てくるらしい
から期待したい・・(笑)というより、それだけの額が出て
くれば今回は大丈夫だが、それが出てこなかった時には、結構
問題で、歳出額を麻生内閣の時よりも減らしたが、今回の税収
が激減したので、仕方なく赤字国債発行するというのなら
まだしも、緊急経済対策のような緊急性もない、恒久的な歳出
が10兆円近くも増えての赤字国債発行だからね・・毎年の財源
に膨大な国債を組み込む事になるとしたら正気の沙汰じゃない。
よって、菅氏&仙石氏には絶対に最低でも10兆円程度は削って
もらわないといけない・・仮にマニフェスト以外で10兆円
削れないならば、マニフェストの中でも、子供手当は所得制限で
限定化し、全く緊急性のない高速道路無料化と、暫定税率廃止
くらいは、やめないとな・・。

でも、自分も含め、国民がこれだけ予算をきちんと目を向ける
ようになったというのも政権交代のお陰・・やはり今までの事
を考えると、すごい事である・・そして良い事である。
でも、日本がさ、大変な事になる前には、早めに見切り付けて
政権を交代してよね・・(笑)
いずれにしても【刷新会議】も、いわゆる【埋蔵金】からの
捻出、所得税の控除見直しによる【増税】などもこれからだ・・。
しかし、どう転んでも自分の家庭は【増税】しか待ち受けて
いないのが悲しいよ・・_l ̄l●lll ガクリ

中川昭一氏死去

ファイル 1374-1.jpg

いやいや、ビックリした・・(-_-;)
中川昭一氏が10月4日午前8時20分に自宅2階のベットで死亡して
いるのが発見された。
一応、遺族は弔問客に死因は【急性心筋梗塞】と説明しているという
報道だが、G7後の【もうろう会見】から、崩れ落ちるような人生に
変わってしまった8ヶ月だったので、自殺している父・中川一郎氏の
息子だけに、その辺も気がかりにならないと言えばウソになる・・。
世界にモノを言える好きな政治家の一人だったので、かなり残念だ。

しかし、ネットでも騒がれているTBSの【サンデージャポン】の
青木裕子アナ・・爆笑問題の田中氏の離婚問題報道中に流れた
中川氏死亡の速報テロップに出演者がビックリして黙り込んじゃうと

【ハイ、速報には注目しないでください】

と言っちゃった件・・(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=H3FLv3fqeQ0
恐らく、テロップ自体そんなに大した事じゃないとの憶測から
そういう発言になったんだろうけど、ひとまず速報でのテロップは、
事件か災害みたいな【不幸】である事がほとんどなんだから、
青木裕子アナに感づかない無能さの落ち度はあるにしても、
それ以前に、本人が気付いていないんだから、番組スタッフ側が、
きちんと進行を止め、

【ただいま速報が入りました。詳しい事がわかり次第お伝えします】

と言わさんといかんよな・・(笑)

モラトリアム法案騒動

ファイル 1373-1.jpg

このところ、前原国交大臣と替わって、毎日テレビ画面に出現
する国民新党の【亀井静香金融・郵政問題担当大臣】・・(笑)
当選回数や政治経歴では、民主党の誰よりも圧倒しているせいか、
今回の閣僚の中でも顔や態度だけでなく存在感は大きい・・(笑)
実際、中小・零細企業を積極的に支援するのは大変大切である。
しかし、ただの国民新党の議員という立場でなく、一大臣という
立場での発言と考えると、現在の亀井大臣は言った言わぬの話の
中で自分の主張を正当化しようとするが、そうした話は当事者限り
にしておくべきで、きちんと話し合いそれ相応の内容になった
ところで、その経緯と共に国民にわかりやすく説明をするのが
大臣としての発言であり、客観性のない独りよがりの発言では、
国民はそっぽ向くだけである・・ちょっともったいない・・。

亀井大臣の掲げる

【モラトリアム法案】

について、色々な記事やらニュースやらから読み取る限りでは、
ノンバンクのような高金利系は対象外で、銀行や信用金庫などの
優良な中小・零細企業向け融資と個人向け住宅ローンの元本部分に
ついて希望者のみが返済の条件変更(リ・スケジュール、以後リスケ)
をしやすくするという法案っぽい・・。

実際のところ、我々のように商売をしていると、

【ローンの遅延や延長は実績に傷が付く】

という事で、中小・零細企業は銀行や信用金庫にリスケを申し出る
のは相当勇気がいる・・リスケを申し出た瞬間に、普通に考えて

【この会社は危ない・・】

と100人が100人感じる・・という事は銀行側はもっと勘ぐる
というより格下げする・・。
そこを考えると、その後、どこの銀行も貸したくて貸したくて
仕方なくなる業績になる会社に発展できるならば良いが、リスケを
申し出る会社で、そうなる可能性は低い・・となると、会社は
そうそうはリスケの申し出はできない・・。

そう考えると、法整備されたところで、返済後、運転資金などで
再度、借りる事を考えている会社は、やはりリスケを申し出られない
でしょうな・・その中でリスケを申し出る事が出来るのは?となると、
一生の買い物として借り、次に借りる事がなさそうな一般庶民の
住宅ローン、または、その後借り入れする予定の無い危ない会社が
借りているローン=不良債権になりやすいという図式は安易に
考えられる・・。

さらに、金融機関の融資全体のうち住宅ローンや中小零細企業向け
の融資は7割弱と言われ、貸し出し基準が緩い金融機関などは、
一気に不良債権が膨らむ可能性が出てくる。

となると、この法案がきちん機能できるのか?というところは、
リスケをした債務者に対し、借り手保護の視点に立つ事が肝になる。

○将来の借入が難しくならない事。
○信用保証協会が格下げするなどして保証を妨げない事
○貸し渋りや貸し剥がしが行われない事
 (それをモニタリングできる透明性が確保できる事)
○悪意で利用する者への対策
○国は口を出すだけでなく金を出す覚悟がある事

と言葉では簡単だが、相当難しいはず・・(^-^;(笑)
法成立ができなくとも、金融庁の【貸し剥がし】の原因となっている
検査マニュアルの改正と運用のさらなる改善あたりはできる。
最悪はそこだけでもずいぶんと効果はあると思うけどね・・。

このところ円高の気配を感じながらも、株価は上昇してきたが、
藤井財務大臣は【為替介入を行わない】事を断言しちゃったのと、
中国の景気回復が怪しくなっているのが手伝って、為替も80円代に
一時突入・・あたり前だ・・【為替介入を行わない】という事は、
円が投機の対象になる事決定だからね・・。
それ以外にも予算の組み替え、ダム、日航、その他もろもろと、
やる事が多すぎで、恐らく中小・零細企業のみならず日本経済全般に
関しては年末年始は色々な事が間に合わないのではないだろうか?
その辺を亀井大臣がもし見抜いていて動いていると思いたいが、
仮に3年をしのいでも、その先の景気が変わらなくては、これまた
不良債権の山になる・・その最悪路線だけは避けて欲しいな・・。

いずれにしても、この法律ができたら、【貸し剥がし】はバレやすい
ので少なくなったとしても貸し出し基準が上がり【貸し渋り】は
確実でしょう。
自分が来た道ではないが、一代での【新規】の会社や店舗などは、
想像以上に借りられなくなるでしょうな・・。
自分の時ですら相当大変でしたから・・(^-^;(笑)
という事は、金融機関が、5年後、10年後と景気が良くなった時に
成長する企業を見抜く力、決算書や担保に頼らない本当の【質】を
見る審査の仕方に変わってくるような斬新さにチェンジしないと、
この国はいつまで経っても、今後の成長はなさそうです・・。

国の手の平の上で踊らされているだけ

ファイル 1369-1.jpg

いやいや、重いね・・重すぎるよ・・。
群馬県の八ッ場(やんば)ダムと、熊本県の川辺川ダム・・。
勉強不足で申し訳ありませんが、八ッ場ダムも川辺川ダムも、
マスコミでクローズアップされるまで知りませんでした・・(^-^;
そう考えると、民主党へ投票した人の中でも、八ッ場ダムと
川辺川ダムのこの状況をきちんと知っていて、民主党に投票した
人って、1%もいないのではないだろうか?
こうしたダムの現状、温室効果ガス25%削減の本当の国民の
負担が、投票前にきちんとわかっていたら、民主党に
投票しなかった人達は結構いたのではないだろうか?

正直、マスコミで報道している方向性でしか事情はわかりませんが、
八ッ場ダムは57年間、しかも、下流の人達のために・・川辺川ダム
は43年間、こちらも下流の人達のために・・どちらも自分達の
為でなく、全ては

【下流の人達を守る為の共存共栄】

という今の時代には薄れてきてしまっている自分を犠牲にするという
人間としての心・・これを裏切られようとしている・・。
この人達に住んでいない人間がああだこうだ
決めていいのか?とすら思う程に重い・・。

普通に考えて、そこの住民だったら民主党が簡単に

【ダムは中止します】

と淡々と話す前原国土交通大臣は殺したくなるでしょうな・・。
悪いが、保証なんかいらないから、ダムの形跡を一切無くして、
昔の街並みに戻し、昔の仲間を戻し元通りにしてくれ!と、
自分だったら言うだろう・・。

どちらも、マスコミで詳しくやっているので、今更多くは
書き込みませんが、その中でも気になったのが、群馬県の
大沢正明知事のお話・・。

        ファイル 1369-3.jpg

【平成7年以降に工事が着手され、その平成7年の時の政府は
 「自・社・さ」政権で「さきがけ」の代表幹事をされて
 おったのが鳩山・現総理であります。】

さらに、その「さきがけ」には菅直人・現国家戦略担当大臣、
前原誠司・現国交大臣もいたと語っていた・・いやいや、となると
当時は推進していた側にいて、今回は時代が変わったと中止・・。
完全なるダブルスタンダード・・これは本当にひどい話ですな・・。

にしても、今回の民主党の決断・・。
マニフェストとして振り上げた拳は下ろせないのと、民主党
としての試金石の戦いだから負ける訳にはいかない・・。
だが、今後の公共事業の展開としては【諸刃の剣】だよな・・。
民主党の存続という事でなく、こうして政権交代が起こったら、
なんと

【超大型公共事業の国家計画】

が180度変わってしまう事を今回国民は知った訳だ。
これじゃ、今後の超大型公共事業がふりかかった地域住民は
絶対に賛成をしなくなるんじゃないか?
やっとの思いで賛成しても、いつ政権交代が起こって、簡単に
手のひらを返されて、自分たちの生活がメチャクチャになるのか
わからない・・今回の八ッ場ダムのように、57年後じゃ、
保証されても、人生のやり直しも出来ない・・。
怖くて国の事業なんて信じられないだろう・・。

【俺たちは自民党と契約したんじゃない!国と契約したんだ!】

八ッ場ダムの現地の人の1人が息を荒げて話したひとつのフレーズ・・

           ファイル 1369-2.jpg

【私達は国と契約した。「マニフェストに書かれていますから」
 と言われてもマニフェストで話をした訳ではない。】

と高山長野原町長・・うおぉ・・重い・・そして、その通りである・・。

しかし、個人的には結末はもうすでに決まっていると断言する。

【住民は負ける】

のだ・・。なぜ、そう言い切れるのか?
民主党としてはというか、国としては、住民が対話を拒絶したまま
どんどんと時間が過ぎ去っていっても、一向に困らない。
マスコミの報道の仕方にもよるが、住民でもないから、今現在でも、
住民側というよりも、前原国交大臣の決断の方への評価が高い・・。
もちろんその通りで、そもそも、草津温泉上流の強酸性の水質は、
飲用には適さないだけでなく、最終的に工事費は1兆円を超える
だろうと言われ、その上、治水、利水共に民主党の言うように
効果が無いのだったら、できあがってからの今後のメンテナンスは
毎年何億もかかるそうなので、あれだけできあがっていても、
長い目で見たら、今、中止して住民を手厚く保証したとしても
はるかに安い・・住民感情を考えなければ、八ッ場ダム中止は、
国という大きさで今後の事を考えるならば、前原国交大臣の
決断の方が正解である・・。
となると、マスコミはこの問題が長引けば長引く程、そちらへ
間違いなく舵を切り始める・・そして

【そろそろ和解した方が良いのでは?】

とね・・それと同時に、ダムとは関係のない国民は半年もあれば、
この問題を忘れる・・ダム問題はそうやって日々風化してゆく
だけでなく、住民はさらに年をとってゆく・・その上、住民は
金銭的に生活が疲弊、町は土地が国保有のため、恐らくさらに
住民がいなくなり税収がどんどん低下して立ちゆかなくなって
ゆく・・となると、ダムができないのが決定的ならば、早く
保証をもらった方が良い・・住民はこの方向へ舵を切るしか
道が残されていない・・。

また、住民にこの先に過酷な未来が見えようとも、国は淡々と

【もう作らない】

の一点張りで良いし、謝罪の言葉を繰り返すだけで、それに大した
お金がかかる訳でない・・。
やはりこの結末が見えるという事自体、国民はいつにおいても、
国の手の平の上で、振り回され踊らされているだけなんだと
脱力する・・_l ̄l●lll ガクリ

温室効果ガス25%削減を全世界へ宣言(後編)

■温室効果ガス25%削減を全世界へ宣言(中編)■
http://www.hearts.jp/user-cgi-bin/diarypro/diary.cgi?no=1367

中編からの続きぃぃぃ〜(゚-゚)b

これまた国土交通省のデータによると、高速道路の無料化で、

【電車などの利用者が11%減少、CO2の排出量は33%増】

と算出・・これだけでも結構な数字だが、恐らく都会に住んで
いる人間には感じる程までの悪影響は、きっと無いと思う・・。
しかし、地方は違う・・。
都会で電車に乗らなくなる人間が増え、JRの体力が危うくなって
きたとしよう・・すると、都会の電車が整理されるのではない・・
地方の赤字路線が整理されのだ・・。
バス会社もそうだ・・乗らなくなる人間が増えれば、赤字の路線
は整理される・・そんな所にこそ、高齢者が多々住んでいたり
する・・離島においては、橋がある所など、船に乗らなくなる
人間が増えれば、船会社はつぶれてしまうかもしれない・・
その後、大地震などで橋が倒壊・・その時に船会社はいない・・
どうするのだろう?

日本とは逆に、ドイツなどは、すでに2005年からトラック限定
で有料化、ガソリン税などを年金など社会福祉に充てていると
いうし、イギリスは財政が悪化し、公共事業の持続が困難と
いう事で、道路の有料化計画の原案が公表されている・・と
いうように、無料にしている国も高齢化が進み、だんだんと道路の
ために一般会計から支出するという事が出来なくなってきている。

理想論や夢の数値による未来の悪夢は悪夢で仕方ないとして、
さて、25%削減に失敗したとしたら、どうなるのか?
恐らく足りない分は、手っ取り早く、計画していたよりもたくさん
の排出権を買う事になるだろうな・・それも

【税金】

な訳だ・・。どっちに転んでも【温暖化】という悪質な宗教から
早く脱退しないと、色々な国から悪質な【壺(排出枠)】を
買わされる・・批准してしまった【京都議定書】で課せられた
【1990年比6%】の削減ですら実は現在時点で難しい状況にある。
早速、日本はどうしようとしているのか?削減の不足分を補う
ため、海外から約2000億円をかけて【壺(排出枠)】を購入して
帳尻を合わせる方針だ。
自分の今後の予想としては、このように宗教に身ぐるみ剥がされた
後で、恐らくこの宗教は姿を消す・・(笑)

とはいえ、国内事情(GDPを上げなければならない、失業率を
減らさなければならない)を考えると、間違いなく達成は不可能
だが、【国際公約】とかでなく、単純に【高い目標】という事
だけであるならば、省エネや再生可能エネルギーの産業レベルを
上げるチャンスと考えている企業がたくさんいるでしょうから、
そこは前向きになるので良いでしょう!(゚-゚)b
その技術を途上国へ支援し、そこで浮いたものを日本へカウント
できるからね・・。

と思っていたら、すかざず、日本経団連・御手洗会長は9月14日、
【25%削減】を表明する前提として、【国際的に公平である】事、
【国民の負担額が高額にならない】事、【企業に負担が偏らない】
事、【どのようにして25%削減をするのか削減方法の具体策を
国民にしっかり説明するべき】などを民主党が示すべきで、

【公平かつ実効ある国際枠組みができるということが、我が国が
 国際約束をする前提である】

と強調しクギを刺してくれた。ありがとう!御手洗会長・・(T_T)

そんな国内パニックの中、先日、EUがこの民主党案に高い評価
をした。こうした流れから、民主党もはりきっちゃって、

【国際公約をする】

なんて息巻き、国連で9月22日【国際公約】してしまった・・(-_-;)
民主党が【国際公約】として約束したら、実現不可能になった・・
なんて事になっても、日本の世論が変わっても、民主党が政権を
失っても、国としての信用を低下させる事を考えると、この先、
取り下げる事はできない・・。

ま、一応は、鳩山総理も

【全ての主要国の参加による意欲的な目標の合意が前提】

としているので、心配はしていないが、民主党がどれだけプライド
を大切にしてくるか?によっては、かなりの怖さがある。
今回は何のしがらみもない民主党政権だから、大胆に【強いカード】
を切って攻めようとしている・・。
恐らく、先に提言する事により、他国を追い込み、仕方なくでも
他国の目標を高いものにしようという狙いがあるはずだ。
ただ、こうした【強い攻め】というのは、拳を上げたものの、
誰もついてこない・・あれ??って状況になる最悪の可能性も
ある・・その時に、民主党はその拳を下げ、

【みんなやらないなら日本もやめた!】

とマニフェストの書いたのに、【国際公約】をしたのに、やめる
事を即座に決断できるのか?
党のプライドのためだけにマニフェストを守る!という事のため
だけに、突き進んで、日本だけが高い目標を掲げたまま拳を
下ろせずに、過酷な削減になるなどという愚策になるのが一番怖い。
個人的には、何度も言うようだが、国民に苦痛だけが残る形での
【国際公約】だけはしないで欲しい・・できれば目標のまま
余計な事はしないで、息を止めててくれないかな・・(爆)●〜*
早く世界の研究者さんや学者さん達も、温暖化という【宗教】が
ニセモノである事を、日本が【壺(排出枠)】を多大に買わされる
前にがんばって暴いてくれないかな・・(-_-;)
とはいえ、温暖化じゃなく寒冷化というデータが出る事の方が
実はシナリオとしては人々の暮らしは大変になるんだけどね・・。
温暖化は直接的に人が死ぬ、草木が死ぬような事はそんなに無いが
寒冷化はそれが大量に起こるから・・。
そう考えると温暖化の方が良いのだが・・(笑)

温室効果ガス25%削減を全世界へ宣言(中編)

■温室効果ガス25%削減を全世界へ宣言(前編)■
http://www.hearts.jp/user-cgi-bin/diarypro/diary.cgi?no=1366

前編からの続きぃぃぃ〜(゚-゚)b

1年間1世帯あたり、のデータだと、

●可処分所得 22万円減
●光熱費 14万円増

という事で、年間36万円前後の家計負担になるという。
各家庭においては、新築住宅だけでなく、既存住宅への断熱材
の強制、太陽光発電を現状の55倍、エコカーを現状の90%
などなど、年間36万円前後の家計負担の他に、追加負担は
500万円前後(新聞などによっては650万円前後という試算も・・)
という試算だ・・ますます、家や車を買う人が減りそうだな・・(笑)
で・・いいのこんな事になって?>民主党選んだ人達・・(爆)●〜*

ここから余談だが、エコの象徴になりつつある【太陽光発電パネル】。
廃棄処分される際、結構な毒物である事は知られていない。
また、人工衛星に搭載するようなレベルの高いパネルは別として
量産されているソーラーパネルは耐久性が現在約20〜30年と
各メーカーから発表されているが、最高耐久年数の30年と考えた
時に疑問が出てきます。

【30年一定で表示通り発電出来るんですか?】

この辺は今後の技術革新でパワーアップしてゆくのでしょうけど、
今の所、買ったばかりから10年位までで晴れの日で1日に発電
できる電力は表示電力の約80%くらいだそうで、これがその後、
10年〜20年で約70%、20年〜30年で、約60%・・と減産して
ゆくのだそうだ・・でもそれはパネルだけのお話・・パワー
コンディショナー(変電装置)の耐久年数となると10年~15年
と言われている・・また、エコカーだってそうだよ・・。
製造過程でのCO2排出量も含めれば、日曜日にしか走らない
ハイブリッド車は、全く環境には優しくないんだよ・・。
しかもCO2排出の陰に隠れている、この先に爆発的に出てくる
であろうリチウム電池の処分はどうするんだい?
メーカーのこの辺をどのようにエコに処理するのか?は何も
語られていないんだよな・・。
電力も原子力にもっとシフトしてゆくべき・・なんて奴もいる
けど、原子力発電なんて、CO2排出以前に、未だ安全に捨てる
方法が確立もしていない放射能汚染された【放射性廃棄物】を
そもそもどうするんだよ?(笑)
CO2排出という一方だけの目線にとらわれず、隠された裏を
よく考えないといけないんだよ・・。

更に、高速道路無料化とガソリン暫定税率廃止が行われると、
CO2排出量が、一般家庭180万世帯分の年間950トン
(近距離交通含まず)増え、その影響で鉄道などの
低CO2排出公共交通機関の稼働率も落ち、上記の数値よりも
増加するそうだ・・。
そこは民主党は、CO2が多いのは実は都市部の渋滞で、
それが高速道路無料化で解消されるようになるそうだ。
さらに経済波及も、9月7日に高速道路料金無料化に関して、
読売新聞にこんな記事が出た。

【高速無料化経済効果 2.7兆円】

民主党が実施を検討している高速道路の無料化について、
国土交通省が2007年度に行っていた経済効果の試算内容が
9月6日に明らかになり、一般道については、交通量の減少
で渋滞が減るなどとして、年にプラス4.8兆円の経済効果が
あるとし、一方の高速道路は、利用者増で渋滞が増加する事
などからマイナス2.1兆円となり、差し引きでプラス2.7兆円
の効果を見込んでいるとな・・。
おお!なかなかいい経済波及なんじゃないの?(笑)
ま、国土交通省が「ない!ない!」と言っていた資料がきちんと
出てきた訳だが、これも違う側面からみると、やはり高速無料化
は怖いのである・・例えば、CO2排出で隠れちゃっているのだが、
一番の怖さは今の車社会が、必要のない所まで車社会にシフト
してゆく事だ・・。

後編に続くぅぅぅ!(゚-゚)b

■温室効果ガス25%削減を全世界へ宣言(後編)■
http://www.hearts.jp/user-cgi-bin/diarypro/diary.cgi?no=1368