記事一覧

「ラッキービジター」に騙されてみる【後編】

【前編】からの続き・・(^^*)

先日、iPadの標準Webブラウザーである
Safariでのんびりとネットを見ていたら、
質問に答えると「iPhone XR」が当たる!
というフィッシングサイトが出現したので
折角なので怖いもの見たさも手伝って、
騙されてみる事にしました(笑)

大本命のページで架空のメールアドレスを
ぶち込み【持続する】を押してみます!

ファイル 2866-2.jpg

すると100円を支払うためのクレジット
カード情報の入力画面が表示されるので、
これもきちんと適用される適当なカード
番号と名前で申し込んでみる。

すると、

ファイル 2866-3.jpg

【エラー表示】になるのだ。
なるほど!恐らくはこの時点でクレジット
カード情報が抜き取られる仕組み・・。
どんな情報(ちゃんとした情報)を入れても
恐らくは【エラー表示】になるのでしょう。

頭の良い人はココで全てお気づきだろう・・。
このフィッシング詐欺・・「無料」では
ダメなのである・・。

「100円で購入できる」

というのがミソ・・。
そのために、たった100円を支払うための
クレジットカード情報を入力しないと
いけないのである!(゚-゚)b

結果、エラー表示になり「iPhone XS」が
100円で買えないだけではなく、クレジット
カード情報だけが抜き取られる仕組み(笑)

しかし、それも束の間・・。
すぐに今度は「iPhone XS」でなく、さらに
今度は「iPhone X」が100円で入手
できるチャンスのページが現れる!(笑)

ファイル 2866-4.jpg

ここも適当な名前で申し込んでみます。
すると、「ご注文は今すぐ」のボタンが
タップしても反応しません・・(^-^;

そうです!

左にカウントダウンしている時間だけが
刻々と進み、最終的にはタイムアウトに
なるのです(笑)
真面目な人は「押せねえ!」と何度も
記入し直しては何かをミスしているから
ボタンが押せないと頑張る事でしょう(笑)
恐らくは目線を「時間」にそらさせ、必死に
残り時間の間に「ボタンが押せない!」と
こっちが手間取っているうちに、一番最初の
カード情報を送った時点で3ケタのコード番号も
送っちゃっているので、粛々と30分間の間に
海外で色々な買い物をされてしまう仕組み
なんでしょう・・(゚.゚)

マジックでは「観客の注意をそらす」という
テクニックの

「ミスディレクション」

を使ってなかなか良く出来ている・・。
ま、いずれにせよ、美味しい話はそうそう
ありませんよ!って事で・・(笑)