■第61回〜第65回■
オムニバス「HARD CORE UNLAWFUL ASSEMBLY(ハードコア不法集会)」
第61回目のお気に入りMUSIC DISKは、すごいぞ!すごいぞ!メロディアスなハードコアに方向を転換したラフィンノーズ、メタルコアのGISM、OiのCOBRA、高速ハードコアのOUTO、ブラコアのZOUO、正当派のとことんハードコアLIP CREAM、MOBS、BAWSとハードコアのを中心に当時の実力&名声のあるハードコアパンクバンドを集約した感のあるオムニバスアルバムです。録音状況がバンドによって結構違うので、ちょっと音質の差が大きく聞きづらい所もありますが、やはり、これだけのバンドを集める力を持っていたAAレコードならではのメンツですね!といっても、GISM以外はみんなAAレコードおメンツですが・・(笑)ラフィンノーズの流れは完全に今のメロコアを先取り・・いや、それ以上のバランスです。反面、GISMのこもったメタル音が悔やまれる・・。もう一度、CDで再発して欲しい〜!(2003.04.07〜05.08掲載

GARNET CROW「first soundscope〜水のない晴れた海へ〜」
第62回目のお気に入りMUSIC DISKは、かなりハマちゃってます、GARNET CROWです。Voの中村由利の声域の幅の貧弱さ、あまりにも聞き取りにくい歌い方には、ちょっとアマチュアぽさが残りますが、中村由利の作曲の能力は、二重丸!!(゚-゚)b さらに、それをパワーアップしているのが、Azukiの作詞!!古井のアレンジと、アルバムを通して、まるで静かな空気が流れて行くかのような独特な感覚は、一聴の価値があります!個人的には、何度聞いても飽きない毎日です(爆)●〜*ただ、一人の作曲に頼ると、3枚目のアルバムあたりからは今までに聴いた事のあるような平凡なアルバムになる恐れがありますので、次回のサードアルバムは試練になるかもしれません。しかし、カラオケで歌うには難しい曲だなぁ(^-^;(2003.05.08〜06.10掲載

HELLOWEEN「Rabbit Don't Come Easy」
第63回目のお気に入りMUSIC DISKは、すばらしいよぉぉ!アンディ・デリス!いい曲つくるじゃんよぉぉ・・(;_;) 先行シングルの1曲目の「Just A Little Sign」!完璧だよぉぉ・・感動した!(;_;)(;_;)(;_;) この1曲の為だけに買っても損はないよぉぉ!でも、全体を通しての内容は?というと、現在のハロウィンの力なんでしょうけど、みんなが楽曲を作れるというのはかなりの強みですよね。1曲目の「Just A Little Sign」は別格として、その他はバランスがとれた内容です。日本版ボーナス曲のACCEPTのカバーもGood!(2003.06.10〜07.16掲載

Norah Jones「Come away with me」
第64回目のお気に入りMUSIC DISKは、皆さんご存じで有名すぎて今更・・って感じですが・・ノラ・ジョーンズです。(^-^;第45回グラミー賞で、アルバム・オブ・ジ・イヤー、レコード・オブ・ジ・イヤー、ソング・オブ・ジ・イヤー、優秀新人賞、最優秀ポップ女性・ボーカル、最優秀ポップ・ボーカル・アルバム、最優秀プロデューサー賞、最優秀録音賞と総ナメなそうな・・ここまで有名すぎると、聞きたくなくなるのですが、ジャズテイストという事で、ちょっと聞いてみたくなりました(笑)いやぁ〜、素晴らしいですね。やられました・・。余計な音がない中、淡々と聞かせてゆくのに、なぜか心地よい。ぜひ、ライブがみたいアーティストの一人ですね。これは、買って損のない、そして第45回グラミー賞の内容も、納得!とうなずく事ができる事でしょう・・。(2003.07.16〜08.20掲載

LIZARD「GYMNOPEDIA」
第65回目のお気に入りMUSIC DISKは、LIZARD(リザード)の「GYMNOPEDIA」です。『LIZARD』『バビロン・ロッカー』『GYMNOPEDIA』は3部作のラストを飾る作品で3rdアルバム 。殆どの作業をモモヨが担当、実質モモヨのソロ・プロジェクト・アルバム。実際は、ZELDAのプロデュースとして知ったというのが本当のところ。モモヨの痙攣するようなビブラートがかったヴォーカルは好き嫌いがわかれるのと、この3部作は全て音が違うので、これまた好き嫌いがわかれるのですが、個人的にはモモヨの薬物不法所持などにより次第に内省的な方向へと向かっていった退廃的内容のこの『GYMNOPEDIA』がお気に入り!ただ、はじめて聞く方にはちょっとツライかも・・(^-^;(2003.08.20〜09.20掲載

<<<BACK          TOP          NEXT>>>