■第56回〜第60回■
ALLERGY「アレルギー作用(プロセス)」
第56回目のお気に入りMUSIC DISKは、1983年に2000枚限定としてリリースされたアレルギーの「アレルギー作用(プロセス)」です。1980年ボーカルの宙也(その後De-LaxのVoとなる)を中心に結成され、当時ではパンクニューウェーヴといった分野分けになるのでしょうか?(^-^;、実際はハードコア勢とよく一緒にライブをしていました。このアルバムは全7曲のミニアルバムなのですが、音づくりなども、別な世界を持っており、他に似たバンドも見あたらないという事は個性的なんですね!また、宙也のボーカルも独特で、その後、ワンマンでもライブをやり始めるのですが、その頃にはやはり、女性のファンが多かった・・・(^-^;よって、男の私は実は観にいくのがとても恥ずかしかった(爆)●〜*個人的にはパンク色の強い「WAKE UP」と「Tokyoフラストレーション」が大好きです!(*´▽`*)(2002.11.02〜12.02掲載

TSUNAMI BOMB「THE ULTIMATE ESCAPE」
第57回目のお気に入りMUSIC DISKは、凄いネーミング!その名も「ツナミ・ボム」だ!訳して「津波爆弾」(爆)●〜* 日本のバンドと思いきや、カリフォルニアのバンドってのがたまらんね!このセンス!(笑)さらに、もっと凄いのがこのバンドのヴォーカルが「AGENT M」というきれいな女性!しかも、バリバリの疾走感抜群でありながらヘヴィーなパンク!これだよこれ!これ求めていたのよ!俺は! (゚▽゚*)ノ彡☆バンバン! パンクはメロコア全盛ででちょっと軽めが多い中、新鮮だよね。個人的には、もっと速くても良いと思いますが、一般受けにはこのぐらいがよろしいと思います。ギターもうるさ過ぎず○!うんうん。(゚-゚)b(2002.12.02〜2003.01.04掲載

system F「out of the blue」
第58回目のお気に入りMUSIC DISKは、今では知らない人がいない位の知名度を持つ、今やトランスの帝王「システムF」だ。このメロディアスなトランス満載のアルバムは、初めてトランスというものを聞いてみたいと思う人には最高のアルバムだ。さらにこの完成度なのに「システムF」にとって、このアルバムがファーストアルバムなのだというのだから、二度びっくり!(◎_◎;表題の「out of blue」などは大ヒット曲だけに、何回聞いても個人的には飽きない。そして、ガンガンにメロディアストランス一辺倒で押しまくるのではなく、随所にコラボレーションで工夫がされているのキメ細かさもたまりません。(2003.01.04〜02.04掲載

Sadie Sads「angora」
第59回目のお気に入りMUSIC DISKは、1980年台において、日本のポジティヴパンクの筆頭バンドのひとつSadie Sadsです!1984年に発表されたいわゆるデビューシングル。というもののインディーズですけど・・。独特の同じリフの繰り返しを融合させ、他のバンドとは頭ひとつ出ていました。VoのSadieの独創性とシンプルな音づくりがきっちりかみ合い、ハードコアオンリーだった時代にポジティヴパンクを認めたうちの一枚!1年後にはこうした曲はSadie Sadsから一切なくなってしまう事を考えると、Sadie Sadsの中においても、唯一認めたディスクという事にもなりますね。名盤です!(2003.02.04〜03.05掲載)

Children Of Bodom「HATE CREW DEATHROLL」
第60回目のお気に入りMUSIC DISKは、うおぉ!と思わず叫んでしまうのチルドレン・オブ・ボドム!前々から噂にはなっていたフィンランドのバンドなのですが、このアルバムはすごい!前回のアルバムから2年の月日が流れているのですが、この後はどうするの?っていう位の完成度で、スピード、アレンジ、リフ、テクニック、楽曲、私の嫌いなハイトーンボーカルでない(笑)などと個人的には超完璧!知名度の問題なのでしょうが、このバンドが日本では未だ渋谷公会堂でLIVE???と首を傾げたくなる内容です。もう1曲目から超ぶっとばしなのでこれぞ完成されたメタル!これが売れなきゃ何が売れるの?ってH●Vで書いてあったけど本当にその通り!って事で、お勧めの1枚です。(2003.03.05〜04.07掲載

<<<BACK          TOP          NEXT>>>