■第26回〜第30回■
奇形児「奇形児1982〜1994」
第26回目のお気に入りのMUSIC DISKは奇形児の「奇形児1982〜1994」です。今や幻の音源のインディーズ時代の2ndソノシート「PLASTIC SCANDAL」3rdソノシート「PURESSURE」4thEP「HELLO -GOOD BYE」入りのとてつもなくうれしいCDです。残念ながら1stテープの音源は入っておりません。当時、ハードコアパンクバンドと共に活動していながら独自の自虐的なパンクの世界を貫き通したバンドです。好き嫌いは分かれると思いますが、全身を刃物で切り裂きたくなるような衝動にかられる人も多いのではないでしょうか?(2000.04.13〜05.10掲載

THE BLANKY JET CITY「THE SIX」
第27回目のお気に入りのMUSIC DISKはTHE BLANKY JET CITY の「THE SIX」です。初のベストアルバムなのですが、 「悪いひとたち」の完全バージョン入りというのがとてもうれしい。ただ、このアルバムの中の4曲が録り直しでオリジナル音源でないのがちょっと悔やまれます。しかし、初めてTHE BLANKY JET CITY を聞く方にはおすすめです。騒がしくギターを引いてサビで泣かせるフレーズ勝負のバンドばかりの今日この頃・・・。 きっと、こんなバンドが日本にもいるんだなぁとびっくりするでしょう!というか戸惑うかな?(笑)(2000.05.10〜06.05掲載

JUDY AND MARY「FRESH」
第28回目のお気に入りのMUSIC DISKはJUDY AND MARY の「FRESH」です。初のベストアルバムです。実は密かに、これが出るのを心より待ちわびていました(笑)期待通り、デビューシングルから現在まで発表した順番に収録といううれしい構成。ジャケットを開けると馬の交尾シーンがありCD盤には熊の交尾シーンが印刷されているのですが、意味がかなり不明です(笑)ボーカルのYUKIの声の個性と曲のマッチ具合がたまらないです!!先日、中学生に『「JUDY AND MARY」って知ってる?』って聞いた所、『知ってるよ!ヒステリックブルーを真似しているバンドだよね!』って・・(爆)●〜*そっちの方が後のバンドだよ(;_;)(2000.06.05〜07.08掲載

HOUND DOG「BRASH BOY」
第29回目のお気に入りのMUSIC DISKはHOUND DOG の[BRASH BOY]です。1983年のアルバムですから、すでに、17年前のアルバムです。この頃はVo.大友康平がまだ今みたいな「くどい」クダを巻いた演歌的な歌い方をしていない時で、実にすばらしい歌い上げでした。一番、HOUND DOG の良かった時だと思います。実際、音的には古く感じるのは避けられませんが、楽曲的にはレベルが高いと思います。丁度、この頃、高校生だったんでが、HOUND DOG とTHE MODSのコピーをしていました。懐かしいアルバムです!!(2000.07.08〜08.09掲載

電気GROOVE「VOXXX」
第30回目のお気に入りのMUSIC DISKは電気グルーヴ の「VOXXX」です。電気グルーヴ の前身「人生」を思わせるかのネタが満載で、懐かしい匂いがする感じのアルアムです。しかし、シングルの「Nothing's Gonna Change」と他の曲のギャップが激しすぎるんだよなぁ(笑)マジに曲を作ればかなりレベルの高い曲が集まったアルバムになるんだろうけどなぁ。(2000.08.09〜09.09掲載

<<<BACK          TOP          NEXT>>>