■第21回〜第25回■
LUNA-SEA「LUNA-SEA」
第21回目のお気に入りのMUSIC DISKはLUNA-SEAですX-JAPANのYoshikiのインディーズレーベル「エクスタシーレコード」より出したインディーズでのファーストアルバムなのです。この頃を知っている私としては、デビューしてからのLUNA-SEAの進化はうれしいですこのままじゃちょっとつまらなかったです。この頃のLUNA-SEAを知らなかった人にしてみると、最大の謎は河村隆一はどれか?という事だと思うのですが正解は右の小さな画像の人です(笑)(1999.10.01〜11.08掲載

頭脳警察「頭脳警察7」
第22回目のお気に入りのMUSIC DISKは頭脳警察です。1975(昭和50年)渋谷・屋根裏でのライブを最後に活動停止。それから15年の歳月が流れ、再び頭脳警察が再始動。その時の復帰第一弾がこの「頭脳警察7」です。今までの頭脳警察より音は広がりましたが、イメージは壊されてないと評価しています。ただ、荒削りがなくなり、ややきれいにまとまりすぎた感はありますが、メッセージも奥深く、PANTAワールド健在!しかし、現在は活動してるのかな?(爆)●〜*(1999.11.08〜2000.01.10掲載

COLOR「激突」
第23回目のお気に入りのMUSIC DISKはCOLOR(カラー)です。東のX、西のCOLORと言われた大御所。のちメジャーデビューを果たしますが、Vo.のダイナマイト・トミーの声色も変えられてしまい(想像するに、バンドの方向性でなくメジャーデビューの条件だったのではないでしょうか?)、この時代のCOLORの姿は消えてしまいました。さらに、ライブでの圧死事件と共に事実上、メジャーの中においては抹殺されてしまったバンドです。そんなCOLORの一番よかった時の一枚です!(2000.01.20〜02.13掲載)

ECHOES「GOLD WATER」
第24回目のお気に入りのMUSIC DISKは今や文学作家としての方が有名な感じの辻仁成率いるECHOES(エコーズ)のベストアルバムです。辻仁成というと、今では作家のイメージが強いですが、このベスト版を聴いてみるとわかる通り、メッセージの強い歌が特徴になっています。歌はヘタなんですが(笑)、エコーズの歌詞のファンというのは結構いらっしゃると思います。歌詞にもある通り、競うのは愛にしたいものです!!(2000.02.13〜03.11掲載)

MASTURBATION「MASTURBATION」
第25回目のお気に入りのMUSIC DISKは卑龍(ひりゅう)率いるMASTURBATION(マスターベーション)の今や幻の音源である1stEP「MASTURBATION」2ndソノシート「死顔」、3rdミニLP「被害妄想」の全曲、プラス1983年のオムニバスアルバム「OUT SIDER」のLive Takeの3曲入りというインディーズ時代の全音源をまとめてくれたとてつもなくうれしいCDです。曲は独特で似ている人かバンドを言えと言われても「ない」と答えるしかない個性的な曲&詩の世界。当時、ハードコアバンドと共に活動していながら独自の世界を貫き通したバンドです。いやぁ、嫌いな人と好きな人と半分に別れるバンドだと思いますが、個人的には今聞いてもたまらないですわ!(2000.03.11〜04.13掲載)

<<<BACK          TOP          NEXT>>>