記事一覧

画期的な展開のチャンスだったかもしれなかったのに・・

ファイル 2303-2.jpg

http://news.mandarake.co.jp/2014/08/05-1.html

「まんだらけ」が万引き犯のモザイクを外す
のをやめた・・。
ネットという場を利用した個人的には画期的な

【犯罪抑止力】

という事で、世論、公開前の警察の動き方、
公開後の警察の動き方・・最悪は裁判の判決・・
この決着には本当に興味があっただけに
かなり残念だ・・。結果、

【犯人の勝ち!(万引きした者勝ち!)】

の結末になってしまった・・_l ̄l●lll ガクリ
でも、下衆いですが、

【まんだらけの凄い宣伝になった】

という、まんだらけも万引き犯も両者
Win Winの道だったから、初めから
このシナリオだったんだろうな・・
と勘ぐれちゃうよな・・(笑)

まぁ、そのシナリオがなかったとして、
考えるならば、世論は文句なしに
「公開を支持」をしていたし、公開前
の警察は?というと、中野署が

「捜査に支障が出る」

として公開を取りやめるよう申し入れたと
報道されていた・・人権の観点からでなく、
ひとまず「捜査の支障」・・という観点だ。

そもそも期限を設けて、犯人の顔にモザイク
をかけて「警告」って事は、被害者側から
言わせてもらえば

「温情たっぷり」

の措置である・・。
もっと言うならば、警察に対する圧力の側面も
あるんだろうな・・。
これは自分の勝手な憶測だが、今までも万引き
を警察に引き渡したが、万引きなど、ほとんど
は単なる「厳重注意」で帰されるだけでなく、
店側も帯同し数時間事情を聴かれる事となり、
仕事ができない・・という不条理に陥る・・。
バカバカしくて警察に突き出すのもイヤになる・・。

万引きした人の写真を公開している関西の
鮮魚屋もテレビの取材で、

「効果は絶大!万引きがいなくなった!」

と話す・・。

「まんだらけ」側によると、決定的瞬間の証拠
はきちんとあり、それを確認した上での今回の
措置と報道されていましたから、個人的には
万引きの瞬間の決定的動画を証拠という事で、
共にモザイク無しで発表でも良かったとさえ
感じる・・(笑)
しかし、これだけの「温情」すら無視したのなら、
公開は仕方がない・・と普通は思う・・。

で、法律的には間違いなく【肖像権侵害】である。
いくら万引き犯でも、恐らく一企業が本人の
許可なく勝手に写真を公開してもいいという事
にはならないであろう・・(個人的にはココも
納得いかないが(笑))。
でも、「まんだらけ」側としては、法的リスクは
百も承知でやっていると言っていた・・。
まぁ【肖像権侵害】は「親告罪」ですから、形と
しては、万引き犯が「まんだらけ」を訴える形に
なるので、犯人は万引きした事を認め裁判に挑む
形になるだけでなく、もしかしたら、このケース
では、

「万引きした事は真実だったので、【肖像権侵害】
 は認められない!」

という、きちんとした証拠があるのならば、無罪!
という画期的な未来志向の判決が出る可能性も
あったかもしれなかった・・(-_-;)

もっと言うならば、裁判を通して、こうした形が
認められれば、先に書いた鮮魚屋の結果のじゃ
ないが、今や、店主、従業員が捕まえようとする
事により、殴られたり、へたすると刺されたりと
リスクがあるだけでなく、先日の踏切で逃げた
中学生の犯人が死ぬ・・というような事故などが、
全く無くなり、命を守る形の万引き抑止力に
なるかもしれない訳だ・・。

個人的に犯罪がなくならないのは、内ひとつの
理由として「悪い人を未公開(人権とすり替え
守る)にするから」という側面を思っているので、
今回の「まんだらけ」の万引き犯の顔晒しは、
警察の要請が入るが、最近、殺された未成年
の顔は容赦なく報道する事は許され、問題視も
されないというのはおかしいと思うのは自分だけ
だろうか?

まぁ、いずれにしても、「まんだらけ」の宣伝に上手く
加担させられた我々の負け!という事で!(笑)