記事一覧

本当に無駄にしてしまうかは・・

***********************************
厚生労働省は6月28日、ノバルティス社(スイス)
と輸入契約を結んだ新型インフルエンザ用ワクチン
2500万回分のうち、未納入の約838万回分
(約107億円)を解約することで同社と合意した。
ただし既に製品化されているため、違約金約95億円
を同社に支払う。使われる見込みがなく、余剰と
なった輸入ワクチンへの支出額は、英グラクソ・
スミスクライン社(GSK)製と合わせ約853億円と
なる。ノバルティス社製ワクチンは、約1660万回分
(約214億円)が納入済みだが、実際に使われたのは
2465回分。すべて30日までに使用期限を迎えるため、
同省は廃棄を決める一方、未納入の分について解約
交渉を進めていた。輸入ワクチンをめぐっては、
GSKとも交渉したが、5032万回分(約547億円)
は解約できなかった。同社製ワクチンもほとんど
使用されておらず、今後需要が増す見込みも少ない
とみられることから、両社に支払った計約853億円
は結果的に「無駄」になる。 
***********************************
 う~ん・・これは無駄ではないでしょう・・(-_-;)
確かに結果だけを考えれば【無用になった(使い
道が無い)=無駄】という表現は間違ってはいない。
今回のような、いきなりやってきた【パンデミック】
のような状況下で、正確にこの先に出現する患者の
数を把握し、且つ、無駄にならないほどの備蓄を
計算し、さらに諸外国の製薬メーカーが日本に
届けてくれるまでの事を吟味しながら無駄が出ない
数を計算するなんて、不可能である・・。
現実、その製薬会社に次にまた何かあった時に
無理言う事を考えたら、一部でも回収できただけ
でも御の字としないといけないでしょう・・。
 当時ワクチンが少なかったにせよ、あった事に
より、何人もの人がインフルエンザから防がれた
場面もきっとかなりあったのでしょうから、
下らない飛行場やダムを作る事を考えれば、
国民を守る為の保険料だったと考えれば個人的には
無駄だったとは思わない。
 あれだけマスコミに騒ぎ立てられ、国民に
「まだか!まだか!早くしろ!」と言われていた
一年前を考えれば仕方の無い事である。

 それよりも、自分も忘れていましたが、厚労省・・
中でも検疫作業の方々、医療関係の方々、それ
以外の新型インフルエンザ拡大防止に努めて
下さった方々・・本当にありがとうございました
&お疲れ様でした。

 そして、こうした事を【本当の無駄】にして
しまうか?は今後の日本政府の対応にかかってくる。
例えば、どうしてワクチンをこんなにも海外に頼ら
なければならなかったのか?
それは行政が国内のワクチン製造能力を低下させて
いた事に起因する・・。
また、新型インフルエンザとは関係ないが、国民が
裁判などで文句ばっか言った事で、厚労省が悲しい
までに及び腰になってしまった為にワクチン政策が
世界に比べ異常に遅れている為、すでに世界で
ワクチンで防げる病気が、日本ではワクチンが認可
されていない為に防げない【ワクチン後進国】という
現状もある・・。
 そうした事もきちんと考えてもらわなくては
いけないのに、政府は選挙に忙しい・・ (-_-;)
今回の教訓が【本当の無駄】にならない為の前向き
の方向性を期待したい・・が無理っぽいなぁ・・
菅政権じゃ・・_| ̄|○

逆の立場になったらわかるだろうに・・

********************************
餌付けで集まった野良猫のふん尿などで被害を
受けたとして、東京都三鷹市の住民17人と管理
組合が同じ集合住宅に住む将棋の元名人、加藤
一二三(ひふみ)九段(70)に餌付けの中止と
慰謝料など645万円の賠償を求めた訴訟の判決が
5月13日、東京地裁立川支部(市川正巳裁判長)
であった。市川裁判長は、餌付けの差し止めと
計204万円の支払いを命じる判決を言い渡した。
判決によると、加藤氏は2階建ての棟割り形式
のタウンハウス前の通路や庭で集合住宅の管理
規約に反して餌付けを始め、2002年ごろには
集まる野良猫が18匹に達した。他の住民は猫の
ふん尿による悪臭や自動車に傷がつくなどの被害
を受けた。再三の抗議にもかかわらず、加藤氏は
餌付けを継続した。市川裁判長は「餌付けは原告
の人格権を侵害し違法」と指摘した。訴訟では、
「他の居住者に迷惑を及ぼすおそれのある動物
を飼育しない」と定めた管理規約に違反するか
どうかなどが争点となった。判決は「餌付けは
飼育の域に達し、さまざまな被害を及ぼして
おり違反」と認定。さらに加藤氏が費用を一部
負担し不妊・去勢手術を施し4匹まで減らした
ことを認めたものの、「被害はまだ続いている」
とした。加藤氏は、「(野良猫に)一日でも
長く生きてほしいとやってきたことが裏目に出た。
理解に苦しむ判決だ。(訴訟の対象外の)敷地外
での餌付けは続ける」と話し、控訴する意向を
示した。加藤九段は1954年に四段に昇格し、
史上初の中学生棋士となった。1981年に最優
秀棋士賞に輝き、1982年に名人位となった。
これまでに棋王、十段など計8期のタイトルを
獲得。2001年に史上3人目の通算1200勝を
達成している。
********************************
【人間は誰もが自分が中心である(エゴイスト)】

これは間違いない・・が、困っちゃうのはそれが
今回のこの事件のように【動物愛護】だなどと
特化した人達である・・。
一番の良い例が【シーシェパード(反捕鯨団体)】
などがそうだ。

個人的には人間が生存している以上は【動物愛護】
なんて事自体が、絶対に無理だし成り立たないと
思っている・・いや、絶対というのはちょっと
違う・・ひとつだけ方法がある。

自らの命を消す事だ・・。

過去にバンドをやっていた時に【動物愛護】を掲げて
メッセージにして歌っているバンドがあった。
話す機会があったので、メンバーと話してみると、
結局はなんて事ない【犬猫愛護】なだけ。
そう・・自分たちが特化してかわいいと感じている
生き物を大切にしよう!という人間特有の

【エゴ】

だった・・そう・・誤解を恐れずに言うならば、
悪いが【動物愛護】などそんなもの・・。

まず、完全に【動物愛護】をするならば、肉類は何も
食べられなくなる・・牛や豚や鶏、羊、猪・・なども
食べずに守らないとおかしいからね。
じゃ魚を食べる?魚は動物じゃないから粗末に扱って
いいの?野菜は心臓が動いている訳じゃないから、
がんばって成長している大切な生命を途絶えさせて
いいの?さらに、自動車が禁止は当たり前で、その辺
を歩く事も禁止だよね?
自動車は色々な生き物を踏みつぶし、空中の虫に
体当たりしている・・それらが死んじゃうかも
しれないもんね?
歩くのも同じくアリや虫を踏みつぶしてしまうかも
しれないし、草木を踏んでしまうかもしれない。
家を造るのなんて禁止だ・・土の中や草木で生活して
いる色々な生き物に多大な被害を与える・・。
という事は地面に建っている家に住むなんて事は
ひどい事過ぎてできないよな?
排水も禁止だ。洗剤や米のとぎ汁、みそ汁は赤潮
の原因で、色々な生物を殺しちゃうし、その排水
によって色々なものの生命を脅かすからね・・。
個人的に【愛護】とは、やるならばこのように
世の中の生ある物全てを愛護しなければならない
と思っている・・そして、それができない、上記の
ような事は平気な顔ででき、気に入った【動物】と
いう特化したものだけを守るというのならば、
完全な【エゴ】でしかないよね?

そうやって、本気で【動物愛護】を考えるならば、
究極は自分自身がこの世からいなくなる事しか
【愛護】できない事に気付くはずだ。
となると、繰り返しになるが【自らの命を消す事】しか
方法はない・・。

その選択肢しかない中【生きる】事をチョイスする
ならば、やはり人間というのは自分たち【エゴ】を
きちんと認めた上で【命】を途絶えさせて
【自ずの命をつなぐ】のだから、自分たちが生きるため
に犠牲になって途絶えさせた【命】に対して感謝して
生きてゆくしかない・・。

・・と、本題に戻すが、自分は将棋という【ルール】
のある中で【ルール】に従わなければ仕事ができない
のに、今回、管理規約で、

【他の居住者に迷惑を及ぼすおそれのある動物を
 飼育しない】

と定めているにもかかわらず、仕事以外ではルール
には【動物愛護の精神に基づいている】という理屈
で従わないというのだから驚く・・。

〜将棋を通してこの人は一体何を学んだのだろうか?〜

しかも、他の人の迷惑など関係ないという行動を10年
以上続けている人間が名人なのだから、将棋だけやって
いたために、人間教育がされぬまま大きくなったという
将棋界ではすごくとも、人間としてはクズ・・と揶揄
されても仕方ないだろうな・・(笑)

それにしても、規約や近隣うんぬん以前に、自分だって
自分の庭に、通る人通る人に便所代わりに毎日【ウンコ】
や【オシッコ】されて、朝起きたらいつも庭が【ウンコ】
と【オシッコ】まみれで臭くて洗濯物にも臭いが移る程
だったらイヤだろうに・・。
さらにテレビにおいての近隣の方の話だと、猫が車の
上に乗って、滑って落ちないように爪を立てたり
引っ掻いたりしてもいるらしい・・それだって、自分
の愛車が毎日のように【10円パンチ】されたりしたら
イヤだろうに・・。

そのようにかわいかわいいだけの【動物愛護】の前に、
自分に置き換えて考えればすぐにわかる事なのに、
そこはわからないフリをして逃げているんだよな・・。
自宅で責任を持って首輪をして飼わないところなどが、
それを証明している・・恐らく頭が良いだけにズルさも
天下一品というところだろう・・。

こうした事件は裁判しかないのだとしたら、自分の
近隣にそうした人間がいない事・・それはとても
幸せな事なんだと痛感する・・。

実は紙一重なんだと思う・・

愛知県豊川市での一家5人が殺傷された事件・・。
逮捕された長男・高之容疑者(30)が5人を刺す
などした傷跡が計44カ所、刺した後はライターで
自室の布団に火をつけて逃げた・・と・・いやいや
壮絶だな・・(-_-;)
人は血の繋がった家族に、こんなにも残酷に
なれるものなのだろうか?

捜査幹部や親族によると、高之容疑者は引きこもり
状態にあり、事件前、ネットに一日中没頭したうえ、
ゲームなどをオークションなどで購入しては、父親
を脅かして父親の銀行口座&給料を管理、父親の給料
(20万〜30万円)の中から、父親に5万円、母親に
4万円を毎月渡し、残りを自分で使っていただけで
なく、父親名義のカードで支払っていた・・って・・
好きなだけ遊んで、湯水のごとくお金を使って
いられるんじゃ、この生活から抜け出すのは無理
だよな・・(笑)
さらに、両親が子供に歯向かう事ができない事が
確認された時点で、親と子供の関係が逆転している
訳で家族としては【破綻】している・・。
もう子供が怖くて親は何もできなくなるからね・・。

いずれにしても、全面的に親が悪い・・。
子供は一人では絶対に悪くはならない・・。
なぜもっと早く追い出さなかったのか?などと問い
つめ、退路を断たないと甘えるだけだ!と結果論で
論じるのは簡単だ・・。

きっと、それまでの間に、引きこもり始めた長男を、
何とかしようと言う事は、親なら当然やっただろう・・。
長男は地元の公立中学を卒業後、一時期働いていたが、
人付き合いが苦手ですぐに辞め、引きこもるように
なったというが、残念だが今の日本に中卒で人付き合い
が苦手・・などという人材を喜んで引き受ける企業は
ひとつとしてないだろう・・。
そうである以上は、自分たちで無理ならば専門家に
お願いする事もひとつの手だが、そのタイミングも相当
難しいだろう・・このように世間にはそうした人間の
受け皿がほとんどないという事もひとつの問題なのだが、
これを【世間のせい】とするのは無責任だ・・。

どんなきれい事を言っても、所詮は良くも悪くも、
家族内の親子関係というのは、支配する力で決まる。
人間というのは弱いもので、自分より強いと思う
人間には相当な事がない限りはむやみに立ち向かう
事はない・・そう・・世の中は強い者になびくしか
道がないから、人は権力を欲しがる・・。

ふと、学生時代にクラスを見渡した時にいつも
隅っこにいた感じの同級生を思い出すと

「あんな弱っちい奴がお父さんになったら
 どうなっちゃうんだろう・・」

なんて、こうした事件が出ると、想像をしたり
する時がある・・だって、そんな人間でも、SEXを
して子供が生まれれば【親】なのである・・。
そう・・当たり前だけど【親】になるために
試験も資格もいらないからね・・。
自分も、もちろん試験も資格も持たずに【親】に
なった訳だが、ありがたい事に自分などは体に
恵まれ、そこそこの脳みそを与えて頂けたもの
ですから【理攻め】、【力攻め】と今のところ
両方で子供に負ける事はない・・これだけでも
ずいぶんと子育ては楽をさせてもらっている・・。

今回、うちの子供は高校受験だったのだが、子供を
やる気にさせる・・という事の難しさを痛感した・・。
そもそも受験は親が頑張る事じゃないのだから、
オロオロしても仕方がないと言い聞かせるのだが、
当の本人はお気楽な状態だったりする訳だ・・(笑)
そこで声を張り上げて「勉強しなくていいのかよ!」
と言うのは簡単なのであるが、本当は子供自身で
自らそれに気付いてがんばって欲しいと思うのが親だ。
そしてそれをジッと信じて薫陶のように見守る・・。
これが非常に難しい・・ついつい口を出したくなるし、
怒りたくもなる・・(^-^;(笑)
だから、この自分の環境下で一番怖いのは逆に
「何も話さない」「自分はどうせダメだから」という
ネガティブなやる気のない方向性に行かれる事である・・。
ネガティブだけは力や理論ではどうにもならないから
一番困る・・。
そう考えると、自分と子供の関係だって、実は紙一重
なんだと思う・・そう考えるとこうした事件は自分の
事に置き換えてしまい心が痛むのだ・・。

救急病院で受診の軽症患者、加算料金

***************************************
厚生労働相の諮問機関「中央社会保険医療協議会」
(中医協)は1月15日の総会で、病院勤務医の負担
軽減策の一環として、軽症でありながら救急病院を
受診した患者からの特別料金徴収を検討すること
などを盛り込んだ、2010年度の診療報酬改定の
骨子案をまとめた。救急医療については、軽症患者
の夜間や休日の安易な受診が、勤務医の疲弊や重症
患者の治療への支障につながっているという指摘が
ある。厚労省はこの日の総会で、救急外来で薬の
長期処方を要求したり、虫さされや指のトゲの治療
を求めたケースを軽症者の例として示した。
そのうえで、特別料金徴収を、全国221か所の救命
救急センターの救急外来を訪れた患者のうち、診断
前に医師から軽症だと判断された人を対象に行う
方針を示した。保険診療の自己負担とは別に費用が
かかることを説明し、それを受け入れて受診した
場合に徴収する考えだ。
総会では、患者の受診抑制につながることなどを
理由に慎重意見も出たが、最終的に了承された。
中医協は22日まで骨子案への国民の意見を受け付け、
2月中旬にも改定の詳細を決定する。特別料金徴収
も10年度中に実施したい考えだ。
骨子案にはこのほか、<1>多数の救急患者を受け
入れるための体制を整えている医療機関を評価する
<2>医師事務の作業補助者をより多く配置した機関
を評価する――ことなどを盛り込んだ。
***************************************
モラルの無い人間達が増えている以上、仕方のない
骨子案だろう・・。
すでに、軽度の症状は大学病院など【大病院】とか
ではなくて、町の医者を使いなさい!という事で
紹介状の無い場合には保険料の自己負担の他に、
別な費用がかかる。
それでも、未だに予約の時間にすら診療して貰えない
程の混雑である・・。その他の、

<1>多数の救急患者を受け入れるための体制を
   整えている医療機関を評価する
<2>医師事務の作業補助者をより多く配置した
   機関を評価する

という点は医療関係でないのでわからないが、
単純に考えて<1>は医者の数を増やす、<2>も
多くの雇用をせよという事が必要な事項であるよう
に思われる・・。
患者側にとってはありがたい事だと思うが、病院、
それも産婦人科や小児科など、希望者の少ない科
があったり、その医者の数が少なくても病院の方針
でたった数人の医師で少数にしか患者を診られない
としても、公共性という立場からがんばっている
病院を減らす事にならないのだろうか?
そこまでの動きにはならなくとも、その事により、
病院の評価が下がるため、それに見合わない科は
切り捨てられ、医者が集まる科だけ存続しよう・・
みたいな動きにはならないのだろうか?
ただ、記事になっている前半の部分に関しては
個人的には賛成である。

それと、もしかしたら部署が違い、一緒に論じる
事ができないのかもしれませんが、この骨子案と
同時に救急車もタクシー代わりに使うモラルの
低い輩も出てきている以上は、状況によっては、
【罰金】的な【有料化】を、そろそろ考えるべき
ではないだろうか?
この【有料の状況】という部分は100の状況が
あれば、それこそ100通りの状況があるのでしょう
から、定義するというのは難しいのかもしれませんが。

そそそ、救急車といえば、先日、ある店で飲んで
いた時に、別なテーブルで飲んでいた女性が、
飲みすぎでグッタリしてしまい、店の方が救急車
を呼ぶのだが、ここからがビックリした・・。
急性アルコール中毒においては、救急車は基本的に
行かないのだそうだ。
手順としては、まず警察に連絡→警察が救急車が
必要か判断→警察が救急車を要請・・という形
だそうで、これは確かに本人の自覚で、酒をきちんと
わきまえ、適量をたしなむという大人の姿勢から
逸脱しているのだから病気という位置づけでなく、
本人の自己責任においての無責任な状況である事、
救急車を呼ぶ程でない酔っ払いが病院に行く事を
未然に防ぎ、医師の負担を防ぐ対策としては有効か
と思うが、グッタリしてしまった時にはそのまま
死ぬ可能性もある訳で、難しいなぁ・・と感じた
夜だった。
これは個人的な憶測だが、大学での飲み会でよく
1人死んだとかいう事件があるが、これなどは
もしかしたら警察が行くというワンクッションが
なかったら救えた命なのかもしれない。

難しいね・・。

もちろん、すべての人間が満足する医療というのは
できる訳はないのだが、知恵を出してがんばって
それに近づけては欲しいね・・。

改革という張りぼての談合政治

こんな事ばかりは徹底的にやる・・おかしな世界・・。
また、こんな事をしたらマスコミにボコボコにされる事が
普通ならわかるはずなのに、それさえも気付かないという
あわれな世界・・。

2月2日、大相撲の立浪一門で元幕内光法の安治川親方が

【選挙で、貴乃花親方を支持して1票入れました。大変
 迷惑をかけ、相撲協会を退こうと思いました。】

と【日本相撲協会理事選挙】で貴乃花親方に投票した事
を明かすとともに、日本相撲協会を退職する意向を示した。
安治川親方は3日に日本相撲協会に退職届を提出する
見込みだそうだが、これを受理したら日本相撲協会は

【元々、投票の自由など無く、談合選挙だった】

と認める事になる・・。
これならば、最初から選挙などしなければ良い話で、
それ以前に、選挙後に緊急一門会などを開いて、犯人捜し
をやるだとか、「この人なら何かをしてくれると思った」と
自分の意志に従って投票したら、

【職を失う】

などという事は絶対にあってはいけない・・なんて普通の
人が普通に感じる事が、わからない・・できていない・・と
いう事自体が、やはり【相撲界】というのが異常な世界で
あるという事なんでしょうね・・。
だから、こうして【変わって欲しい・・】と願うから、
初めから談合ありきの世界なのに【造反】が出てくる・・。
ここを日本相撲協会が見誤ると、今後、日本人が【相撲界】
に進まなくなるかもしれない・・。

子供を育てている親が、少なくともこうした閉塞的な世界
へのスポーツをさせるのはやめよう・・という事になる。
貴乃花一人の力では恐らく、何も変わらない世界だと思うが、
変わらなければ、気付いたら日本人が誰もいないスポーツと
いう結果になるかもしれない・・。
ここでどういう判断の舵をきるのか?
日本相撲協会の責任は大変重い・・。
同時に、文部科学省もこんな【談合政治】を傍観している
ようではダメだし、変えようという動きを封鎖させる事を
許しているようでもダメだ・・。
とはいえ、文部科学省内部も考えてみれば似たような構図
だから無理か・・_| ̄|○

もう15年

ファイル 1429-1.jpg

阪神大震災から、昨日で、もう15年かぁ・・。
当時、次の月の2月に神戸での会合が予定されていた
のだが、即座に中止になった・・(^-^;
初めての神戸だったので、楽しみにしていたのだが・・。

それと同時に、当時、忘れもしない・・村山政権で、
政府の出動要請を待ちわびていた自衛隊に要請をした
のが、なんと地震発生から4時間後・・さらに日本に
駐在する米軍から空母を拠点とした救援活動要請が
あったにもかかわらず、それを拒絶・・と報道で後から
わかって、国民を見殺しにした!と腹立だしかったのを
覚えている・・。
こうした【自衛隊が合憲ではない】、【日米安保は
認めない】などというリベラルな政党には絶対に
投票してはいけない・・と心に決めたのもこの地震が
キッカケだったりする・・。
とまたまた政治的な話になってしまいました・・(^-^;(笑)

閑話休題。

その阪神大震災にあわれた方の興味深い教訓と共に
個人的に大変勉強になったページ・・。

【地震が起こったら、まずこれをしろ!】
http://www.satonao.com/column/variety/jishin.html
【地震が起こる前に、これだけはしておけ!】
http://www.satonao.com/column/variety/jishin2.html

興味ある方は一読を・・。

痴漢冤罪事件10年の結末

このブログでも、2006年4月12日に【痴漢賠償請求訴訟】
という題名で詳細を書いている
が、今回はほぼ決定が
出ているので、あえて【痴漢冤罪事件】と位置付ける。
訴えていたのは、東京都国立市の元会社員沖田光男氏(67)。
この沖田氏に関しては、当初、電車内で携帯電話で通話中
の女子大生(当時)に痴漢をしたとして、1999年に逮捕
され、警察や検察の取り調べで【嫌疑不十分】として
刑事事件では不起訴だった・・そこで、沖田氏は、

【電車内で携帯電話で話さないよう注意したことを
 逆恨みされた】

ため嘘の被害申告をしたとして、その女子大生や国などに
対して損害賠償を求めた民事訴訟を2002年に起こす・・。
当然である・・が、ここで大問題が起こる・・。

通常、裁判においては【疑わしきは罰せず】の大原則がある。
それだけでなく、この民事訴訟以前に警察が現場で沖田氏
を逮捕、拘置し、検察が取り調べ、その結果【嫌疑不十分】
として罪に問えるだけの証拠がないという結論になった
事件である・・。
しかし1審の東京地裁八王子支部・松丸伸一郎裁判長は、
女子大生の証言については携帯を注意されたくらいで
女子大生が痴漢をでっち上げる事は考えがたいという事
で信憑性があるとして棄却されただけでなく、上記で
刑事事件として事件捜査に当たった検察が、なんと
沖田氏の不起訴となった記録を【破棄した】という理由
で提出をせず、刑事事件の件はなかった事として論じ、

【股間を女性の腰や太もも辺りにこすりつける
 痴漢行為をした】

と痴漢行為を決めつけるというあってはならない事を
しでかす・・結果、沖田氏は敗訴という驚くべき内容・・。

余談だが、この東京地裁八王子支部・松丸伸一郎裁判長
という人物・・1994年6月27日に長野県で起きた有名な
冤罪事件の【松本サリン事件】において、河野義行氏に
対し殺人容疑とし家宅捜索を認める

【捜索差押令状】

を出した裁判官であり、同じ人様の人生を180度変える
死んでも償いきれない冤罪事件をまたもや起こしたのだ。

さらに2審の東京高裁では、女子大生が携帯電話で音楽
教室男性講師と通話中に痴漢されたと訴えていたが、
通話相手とされる男性講師の陳述書に女性の証言と
一致しない点があるとして、この男性講師を沖田氏側は
証人申請したが、東京高裁は却下するという、まるで

【刑事で不起訴になった時点でおとなしくしてりゃ
 いいのに、国に向かって民事訴訟を起こしやがって!
 こうなったら沖田氏を何が何でも痴漢にしてやる!】

とでも陰謀するべく、東京高裁は信じられない驚き
の愚策を取り、1審と同様に棄却し冤罪を認定した・・。
こんな不条理な冤罪裁判を真面目にやらなければ
ならなかった沖田氏にはもう・・なんと言って
良いやら・・(-_-;)

その後、2008年11月にの最高裁では女子大生が
携帯電話で話していた音楽教室男性講師の

【証人調べをしていない】

と審理が不十分だとして、痴漢行為を認めて請求を
棄却した2審判決を破棄、東京高裁に審理のやり直し
を命じるというひどさ・・。
最高裁の判断は当たり前である・・。
というより、最高裁が差し戻さなければ、電話相手
の男性講師の証言を、考慮にも入れられてもらえない
という恐ろしさ・・。
結果論で論じれば、1審の東京地裁が刑事事件の検察
の不起訴記録を提出させれば終わっていた裁判だった。
もしくは2審の東京高裁が音楽教室男性講師の証人調べ
を行っていれば終わっていた裁判だったという事であり、
最高裁まで行かなくてはならない様な、愚判決を繰り
返した東京地裁、東京高裁の責任はとんでもなく重い。
それ以前に人様の人生をこんなにした無責任な裁判所
って一体何なんだよ?悲しくなるよ・・。

で、11月26日に東京高裁で、その差し戻し後の
控訴審判決があった。

今回は、痴漢行為があったかどうかを判断する為に、
女子大生の携帯電話の話し相手だった男性講師の
証言内容を検討・・すると、女子大生が通話中に
痴漢をされ【離れてください】と言ったと主張して
いたが、相手の男性講師は【離れてください】という
発言を聞いていないと証言していた点から、男性の
証言は沖田さんの主張と一致していたという事から、
1、2審の判断を覆し、大橋寛明裁判長は

【痴漢行為があったと認める事は困難だ】

という事で、沖田氏が痴漢をしたとは認められない
とした。
もちろん、【2審判決を破棄して審議やり直し】
という事は、当然、女子大生の【でっち上げ】が
認められ、沖田さんが【無罪】になる可能性が高い
と個人的には思っていた。

しかし、一方で【女性は身長が高くて痴漢行為は
できない】とする沖田氏の主張については、

【物理的に不可能とまではいえない】

とした事をふまえ、

【女性が故意に虚偽の申告をしたとも認められない】
【女性が痴漢の被害に遭った事を証明できないから
 といって不法行為責任を負うのでは、犯罪の申告
 が著しく抑制されてしまう。不法行為の認定は、
 あえて嘘の申告をした事が立証された場合に
 限られる】

として犯罪被害者が被害を訴えにくい環境になる
事への懸念を指摘し沖田氏の控訴をなんと棄却
した・・(◎_◎;
今回、明らかに【物理的に不可能といえる痴漢行為】
でなかったら女性側がどんな嘘の証言をしても、
男性側が女性が嘘の申告をした事が立証できな
ければ、不法行為責任を負わず一切お咎め無し!

さらに

【痴漢の被害に遭った事を証明できなくとも良い!】

と認定された事になる訳だ。

今回の事件を例にするならば、最初、女子大生は
お尻に沖田氏が局部を押しつけて痴漢をしたと証言、
で、身長の低い沖田氏は長身である女子大生のお尻
に局部は届かないと裁判で証明すると、女子大生は
その証明が出された途端、お尻でなく太ももだった
と証言を変える・・さらに通話中に痴漢をされ
【離れてください】と言ったが沖田氏はしつこく
局部を押しつけて離れなかったと証言、しかし、
電話の話し相手だった男性は【離れてください】とは
聞いていないと証言、しかも、ガラガラの中央線の
車内、痴漢行為の目撃者もいない(誰も見ていない)
・・と、これだけ女性の虚偽と思われる事が揃って
いるにもかかわらず女性の虚偽に対し、不法行為責任
を認められないのである・・。
女性の証言に出てくる事で何ひとつ正しくないのに、
女性に対しては、最後まで裁判所は【疑わしきは
罰せず】の大原則を貫くという不条理・・。

もちろん、沖田氏の弁護団は

【今回は明らかなでっち上げ。勘違いや人違いとは
 区別して責任を問うべきだ】

と非難した・・当然だよな・・沖田氏の人生の中で
10年の歳月が、その場で思いついた

【逆恨みのでっち上げ】

のせいで消えたとしたら、この女性にはそれなり
責任をとってもらわないとな・・という事で、
沖田氏は再び上告する方針だそうだが、今回最高裁
から高裁に差し戻されている事を考えると【棄却】
される可能性は高いだろう・・。
よって個人勝手な予測で【痴漢冤罪事件10年の結末】
とした・・。

しかし同時にこの事が男性にとってどれだけ恐ろしい
事か・・そして・・【痴漢冤罪】の証明というのは、
なんと大変なのだろう・・_l ̄l●lll ガクリ
また、自分の身にいつ降りかかるかもしれない災難に、
【理論武装】もお忘れなく!

新型インフルエンザ・ワクチン騒動

9月6日に厚生労働省が新型インフルエンザ・ワクチン接種に
おける【優先順位案】を公表した。
決定という事でなく、この1週間で国民から意見を求めるという
もの・・(ん?昨日でもしかしたら終わり?(笑))

■最優先接種対象者■
*医療従事者(救急隊員を含む)→約100万人
*妊婦・起訴疾患を有する者(持病のある人)
           →合わせて約1000万人
*小児(1歳〜就学前)→約600万人
*1歳未満の小児の両親→約200万人

■優先接種対象者■
*小中高校生→約1400万人
*高齢者→約2100万人

という事らしい・・いいんじゃないの?(笑)
自分はいずれにしろここには入っていないし、毎年、
インフルエンザ・ワクチンは打った事は無いし・・(笑)
そもそも、政府が発表しているピークが9月末から
10月中旬・・ワクチン接種は10月下旬予定・・って
もうすでに手遅れですから・・(笑)
それにインフルエンザは死ぬ訳でもないし、治らない病でもない・・
普通の人は長くても1週間も寝ていれば治る病気・・毎年、必ずある
病気だし、今更、何をそんなにみんな恐れているのか?
全くわからない・・。

そもそも、インフルエンザのワクチンはどのようにして作られるのか?
鶏の有精卵の中で増やし、ホルマリンを使って殺し、死んだウィルスの
一部を取り出して加工をするという・・まあ、それはそれで仕方ない
から良しとして、インフルエンザ・ワクチンは、殺したウイルスの、
さらにその一部だけを使って作るので、製法上、弱い抗体しか作れず、
体内で増えず、ウイルスの一部に対する抗体しかできないという。
さらに、血液中にしか抗体を作れず、のどや鼻には抗体ができない・・
結果、ウイルスはのどや鼻、目から入るから感染は全く防げない・・。
という事は、自分を介して家族や職場相手にうつす事は防ぐ事は
出来ないのである・・。

以前、専門家達がワクチン接種地域と非接種地域に、インフルエンザ
の流行の大きさにおいて、

【なんら差が無い】

という事がわかっただけでなく、自然感染をした人の方が、その後、
インフルエンザに罹りにくくなったり、罹っても軽い症状ですんだり
と、明らかに強い抗体を得ているというデータもある・・。
さらに、死ぬと騒がれる【インフルエンザ脳症】・・。
高齢者の肺炎や乳幼児の脳症は、そもそもインフルエンザ・ウイルス
とは無関係である事も発表しない。
ワクチンを打つと【かかっても重症化を防ぐ】も嘘で、そのような
データは全く無い・・あるなら見せてくれ!(笑)

現在、マスコミで【新型インフルエンザ】と騒がれているものは、
本当に【新型】なのは数%、もしくは何人もいないかもしれない
のだ・・なぜならば、簡易検査で【A型】であれば全て【新型】の
扱いになっているからだ。
その事はマスコミは全くといっていいほど説明をしない。
とはいえ、厚生労働省にいる友人の話では、毎年、普通に発生して
いるインフルエンザも厳密に言えば、必ず

【新型】

だそうだ・・(笑)
その位に、インフルエンザウィルスは、遺伝子構成が変異し続ける
という特性を持っている・・という事は、今回のワクチンも、新しい
インフルエンザウィルスには効果があるかはわからないのだ。
毎年のワクチン騒動には辟易しているが、少なくとも今回、
どうあがいてもピーク時にはワクチンは無いのだから、慌てても
仕方ない・・しかも自分に関しては、仮に打ちたい心境に変化したと
しても、打てる順番は当分こなそう・・という事で、今年も
インフルエンザワクチンには、個人的には用は無いのです・・(笑)

911から8年・・

アメリカ同時多発テロの【911】から、早8年・・。
この日、いつもは【911】はアメリカの自作自演!!
話(笑)ばっかなので、今回は

【テロは悪か?】

というところを問うてみたい。

近代兵器をたくさん持ち、大義名分が揃えばどこでも戦争を
やれるアメリカ側からみれば、もちろん【テロ】は【悪】・・
しかし、イスラム原理主義など、近代兵器の戦争ができず、
少数で戦わなければならない側からすれば【善】・・。
そこいら辺で戦争を仕掛けたアメリカが【911】で、
どれだけの罪のない人間が殺されたのか・・と【テロ】を
憎んでも、パレスチナなど、アメリカに空爆され、どれだけ
の罪のない人間が殺されたのか・・という側面からみれば、
近代兵器をたくさん持つ大きな国家と戦うには【テロ】しか
ないのである・・。

【911】直後、アメリカは、証拠もないのに、この【テロ】
の首謀者は【オサマ・ビンラディン】と発表・・。
それを利用して【文明社会 vs テロ】という構図を的確に
作り上げる・・しかし、2008年10月9日ホワイトハウスにて、
ペリーノ報道官が、

【911の首謀者はビンラディンでは無く、カリド・
 シィク・ムハンマドが911の首謀者でした。】

と公式に発表する・・構図はアメリカが本意を隠し、
意図的にいつももっともらしい理由付けを行う、

【イラク&フセインの脅威から戦争するのが世界のため】
【戦争をやめない日本への原爆投下するのが世界のため】

と一緒の手口である・・。
普通の方は御存知の通り、米上院情報特別委員会が発表した
イラク戦争に関する報告書では、イラクの大量破壊兵器は
なかっただけではなく、開発計画すら無かったという
驚くべきもの・・。
何も悪くないイラクをあれだけメチャクチャにしておいて、
アメリカが「ゴメン・・」と謝るだけでは済まない。
「ゴメン」では済まないけれども、その「ゴメン」すら
言っていない・・。
もちろん、日本への原爆投下に関しても謝罪はない・・。
でも、日本では成功してしまった・・。
東京大空襲で民間人を焼き払い、原爆を落とし民間人を
大虐殺しても、日本人はアメリカ様に感謝し、アメリカ様に
ひれ伏せ、守ってもらい、ポチのようにしっぽを振って
どこまでもついてくる・・(笑)
この成功は、もしかしたらアメリカを

【自分たちの価値観が一番正しいのだ!】

という間違った方向へ導いた最初の第一歩なのだろう・・。
しかし、他の国は違った・・。
彼らには【守りたい者】【守りたい文明】など色々なものを
背負って【テロ】という手段を用いて、アメリカに戦いを挑む・・。
アメリカは自分たちの行為を我が物顔で正当化し続けて
いる昨今、【テロ】をする側を【間違いだ!】【悪だ!】と
言える人間はいないのではないだろうか?
こんな現在をみている限りでは、やはり地球は愚かな
人間の手によって滅ぼされるとしか思えないのである・・。

そして、こんな事で犠牲になられた全ての方々に
哀悼の意を表します。

ワクチン後進国かぁ・・(後編)

前編からの続きぃぃぃ〜(゚-゚)b

そこから約20年間・・厚労省の足取りはとてつもなく重くなった。
1994年には、予防接種法は改正、定期予防接種が

【義務】→【努力義務】

になると、学校などでの集団接種が打ち切られた。
そりゃ、ワクチンを使って何かが起こると、

【みんな厚労省が悪い!】

となれば、ワクチンの認可を厳しくせざるを得ないよな・・
さらに、打たないければ何も起こらないのだから、打たないに
越した事はない・・当たり前である・・(笑)
自分でもそうするだろう・・というより、そもそも認可しない方が、
予防接種もやらない方が何の責任も負わなくていいからね・・。

そんな中、やっと認められた【Hibワクチン】・・。
しかし、日本ではこのワクチンが足りないそうだ・・(-_-;)
このワクチン、国産ではなくフランスの【サノフィパスツール】
というメーカーで作っている日本特別仕様のためで、成分は同じ
なのだが、日本語ラベルを貼る日本用の生産ラインに限界があって、
それを急に増やす事が難しいらしい・・さらに、日本側の検定作業
などのために、製造から出荷まで10ヶ月かかるという顛末・・。
国産ワクチンメーカーを育てるどころか、どんどんと縮小して
いった市場が20年間じゃ、どのメーカーもやらないよな・・。
日本が新しいワクチンを認可しない間に、世界は新しいワクチンで
病気を大幅に減らしている・・なんて状態じゃ、世界と戦える訳
はないから他国のワクチンメーカーに頼るしかない・・。

日本では特に20〜30代の発症率の増加が顕著な【子宮頸がん】・・。
毎年約7000人が子宮頸がんと診断され、約2500人が死亡という
【子宮頸がん】を予防する【HPVワクチン】も、まだアメリカ
では2006年にすでに認可されており、セックス経験前の女性
ならなんと99%防げる、経験者でも約7割の【子宮頸がん】感染
を予防するという報告だそうだ。
このワクチンも現在、100カ国以上の国や地域で普及しているが、
日本での導入においては、承認申請中ではあるが、まだメドは
立っていないそうだ・・。
ワクチン売り上げ世界首位の【小児用肺炎球菌ワクチン】も
承認申請中ではあるが、欧米諸国では発売されている
【ロタウイルスワクチン】や【帯状疱疹ワクチン】は、
日本ではまだ承認申請も行われていない・・。

ちなみにWHO(世界保健機関)は、日本が任意接種に位置づけている
【Hibワクチン】、【小児用肺炎球菌ワクチン】、【B型肝炎ワクチン】
の定期接種化を積極奨励しているそうだ。
でも【ワクチン後進国】日本では定期接種化が見送られている・・。

もうすでに、世界からは【感染症の輸出国】とありがたくない
揶揄をされているそうで・・(-_-;)
さらには【ワクチン後進国】である事は一応は自覚しているのだろう
から、他国での導入実績を鑑みて、柔軟に迅速に導入できる機関を
アメリカのように作り、世界の基準に日本の基準を合わせる時が
来ているのではないだろうか?
しかし、柔軟に迅速に導入できる機関ができたとしても、副作用を
怖がるのか?病気を怖がるのか?それもそれらの機関ががんばった
末に決まるのではなく、裏で行われる金銭の有無や、マスコミの
さじ加減ひとつなのだとしたらとても悲しい国である・・(-_-;)

ワクチン後進国かぁ・・(前編)

臓器移植法改正の前に、驚いた事・・今まで、全く
知らなかったのだが、日本という国はワクチンに
関しては相当なる【後進国】なのだそうだ・・。
その時には

【Hib(インフルエンザ菌b型)ワクチン】

を特集していたが、このワクチンは【細菌性髄膜炎】
という国内で年間約800人が発症する病気にかからない
ためのもの・・かかった人の3分の1は耳が聞こえなく
なったりなど重い後遺症を残すか、5%くらいの確率で
亡くなるそうだ・・。
アメリカでは1987年に承認されており、世界でも
100カ国以上で定期接種化されているのだが、世界でも
承認が厳しいとされる日本では2003年に承認申請、
2007年に承認・・とアメリカの20年も遅れての承認・・。
アジアで【Hibワクチン】が承認されていないため接種
できなかったのは日本と北朝鮮だけだという・・。

う〜〜ん。

ここだけをみると、アホか?厚労省!となるのだが、
その背景を知ると、確かに足取りは重くなる・・。

日本のワクチン行政に大きな転機を迎えるのが、
1988年に認可した

【MMRワクチン(麻疹・おたふく・風疹の新三種混合ワクチン)】

だそうで、この【MMRワクチン】を接種した幼児が、

【無菌性髄膜炎】

という副作用が相次ぎ、社会問題に発展、その中でも、
日本製のおたふくかぜワクチンがかなり劣悪だったそうで、
1993年に接種が中止された。
しかし、それも当初10万から20万人に1人と考えられていた
副作用が、数千人に1人、1200人に1人と、調査を重ねるごと
に発生率が高くなっている事実を、旧厚生省は知っていたが
やめなかった(らしい)

【MMR訴訟】

1970年〜1980年代にかけて

【予防接種を巡る集団訴訟】

も頻発し、全面的に国は敗訴した・・というように1980年代
後半からワクチン接種による副作用が社会問題になり、
多くの裁判で国が敗れ、賠償金が支払われた。
このあたりから、日本のワクチン行政が狂いはじめた・・。

しかし、ここでも、やはり世論はマスコミが作り上げる
というのを地でいくように、当時のマスコミの論調も、
ワクチンの接種により、守られている国民の方が圧倒的に
多い事よりも、数少ない副作用側からの方向性からの報道、
それに伴い増え続ける集団訴訟の件数、衛生的になってきた
事により、感染症が減少傾向にあるという方向性から、

【定期予防接種見直し】

の論調になり世論が形成されていった・・。
報道というのは、伝える方向性で正義にも悪にもなる。

後編に続くぅぅぅ〜(゚-゚)b

痴漢冤罪から身を守る理論武装(後編)

前編の続きぃぃぃ〜〜(* ̄∇ ̄*)v

で、駅員は早く警察官を呼んで引き渡す事をしたい訳で、
もし半ば無理やり連れていかれたり、引き留められたりしたら、

【暴行罪で訴える】

と言ってもいいし、

【私が会社に行かないと損害が発生する。損害賠償請求もするぞ!】

と反論するのも良いのだそうだ・・。
いやいや・・しかし勇気がいりますね・・この行為は・・(笑)

で、被害女性や駅員の手を振りほどき立ち去ろうとすると、
その次には、恐らく周囲の正義感溢れる人間達が多数出てくる
可能性が高くなるだけでなく、そこを無理して立ち去ろうと
すると、殴り合いの騒動に発展する可能性も出てくる・・
そのようにちょっと立ち去れない状況になったら、

【逃げるのではないと説明する】

のだそうだ。この場合、きちんと住所氏名を明かし、持って
いれば名刺、最悪、運転免許証などを渡して、逃げるのでは
ないという姿を見せて、その場から立ち去る事・・。
駅員がうるさい時にも、同様の形で対応する事・・。
どういう形であれ、とにかく現行犯逮捕は避け、その場から
立ち去れば、現行犯ではないので証拠がなければ逮捕は
難しいのだそうで、結果、それ以上は話が進まない・・と
いう事になるのだそうだ。
ただ、後日、警察から呼び出しがあるかもしれないので、
その時にはきちんと応じたほうが良いらしい・・。
呼び出されても、痴漢は現行犯でない以上、証拠がなければ
逮捕される事はまずないそうだ・・。

で、最後、ああだこうだやっているうちに、警察が来てしまった
という場合、警察官が任意同行を求めても、応じてはいけないのだ
そうで、応じて警察に行って説明をすれば、疑いが晴れ大丈夫
だろう・・などと思うのは大きな間違いで、ろくに弁解も聞かれ
ないうちにいつの間にか起訴されてしまうそうだ。
なので、警察官にパトカーに乗るよう促されても【行かない】、
【帰る】の一点張りで通す事が大切で、それでも身柄を
拘束しようとすれば

【公務員職権濫用罪だ!】

と言えば良いそうだ・・とはいえ、ここまできちんとやるには
性格もそれなりに強く、それなりの冷静さを保てる人でないと
難しいんじゃないかなぁ?(^-^;(笑)
で、この際に一番気をつけなくてはいけないのが、無理に帰ろう
として、立ち上がった拍子に警察官の体にぶつかったりすると、

【公務執行妨害罪】

で逮捕される恐れがあるので、冷静に対応する事が必要なのだそうだ。
警察も恐らく、全然認めないこちら側の態度に頭にきているような
状態になっているだろうから、何人もの警官で取り囲み、逃げられ
ないようにし、こちら側がどうにかこうにか警官の体に触れさせる
ような状況を作り上げ、なんとか【公務執行妨害罪】で引っ張ろう
とにらみ合いが続き、我慢比べのような状態になりそうだな・・(笑)
という事は、警察が来る前に対処できる形が一番理想だという事だね。

しかし、記事の最後に、

【何より、誠意を込めて話せばわかってもらえるという
 甘い考えは捨てましょう】

という井上薫弁護士の言葉・・。
自分が電車通勤の仕事でなくて、本当に良かったと思う
次第であります・・はい・・(^-^;

痴漢冤罪から身を守る理論武装(前編)

週刊朝日の(2009年6月12日号)に興味深い記事があった。

【有罪率99.9% 司法の闇 法律家が指南!
 痴漢冤罪から身を守る「理論武装」】

とな・・本当にやっていないのに、痴漢に間違えられたら、
どう振舞えばいいのか?元判事の井上薫弁護士という方が
指南してくれていた。

これは人ごとではないので、自分も絶対に【理論武装】を
したいと思っていた・・という事で、どれどれと読んでいくと、
まず、ホームに降りた直後、女性に腕やネクタイなどを
つかまれ「この人痴漢です!」と叫ばれても、その場で

【落ち着いて堂々と「やっていない!」と否認する】

事が大切で、ここでよくありがちな【話せば分かってもらえる】
じゃないが性善説に基づいて、のこのこ被害女性と駅事務所に
行ったりすると、そのまま痴漢にされる可能性が高いそうだ。

で、その次がビックリなのだが、なんと、

【否認した後は、その場を立ち去ってかまわない】

のだそうだ・・(^-^;(笑)
素人考えだと、そんな事をしたら、さらに疑われて犯罪を
上乗せされちゃうような感じがしそうで怖いと感じるが、
名指しされたからといって、立ち去ってはいけないという
法律はないのだそうだ。
よく考えてみりゃ、そりゃ、そうだよな・・そもそも犯罪を
していない誤解されているだけの話ですから・・(笑)

で、先に書いた被害女性に腕やネクタイなどをつかまれて
しまう感じになるよくある光景・・実はその状態というのは、
刑事訴訟法213条【現行犯人は、何人でも逮捕状なくして
これを逮捕する事ができる】という事で、

【私人による現行犯逮捕(逮捕=身柄が拘束された状態)】

という事になるそうで、痴漢冤罪で一番怖いのが、この
【私人(この例だと女性)による現行犯逮捕】なのだそうだ。
でも、けいさつとは違い、なんとかその手を振りほどき、
その場を立ち去って構わないそうで、それでも、あまりに
女性がしつこく言う時には、【刑法230条の名誉毀損】に
なるという事で、

【名誉毀損で訴えますよ!】

と反論し発言する事・・もちろん、駅員が駆けつけてきて、
駅事務所に連れて行こうとしても、駅員には強制力はない
ので従わなくてもよく、

【関係ないから】
【これ以上長引いたら会社に遅刻する】

などという事で立ち去って構わないのだそうだ・・(^-^;

後編に続く・・(* ̄∇ ̄*)v

地球温暖化対策という名の暴力(後編)

中編からの続きぃぃぃぃぃぃ〜〜〜!(笑)

ひとつと言ったが、もうひとつ・・最近開始されクローズアップ
されている【エコポイント】も似たようなもの・・こちらも
100歩譲って、政府の言う通りに、環境の事を考えている
という立場で考えてみましょう!(゚-゚)b
今ある、たくさん電気を使う冷蔵庫とかこの際捨てて、新しく
電気を食わない冷蔵庫に切り替える動きになるのですから、
素晴らしいですよね!ここには何も疑問は持たないのですが、

【なぜ大きな冷蔵庫の方がエコポイントが高いのでしょうか?】

いくら省エネ仕様だとしても、やはり小さな冷蔵庫よりも、
大きな冷蔵庫の方がCO2多く出す訳で環境に悪い事は
歴然ですよね・・(笑)
環境を考えるならば、小さな冷蔵庫をこの機会に大きな冷蔵庫
に買い換えさせる方法にしちゃいけないですよね?
大きな冷蔵庫ほど、大きな家電ほど、環境に悪いのですから、
【エコポイント】を下げなければいけない。
さらに、【エコポイント】対象商品にはシールを貼るのですが、
このシールを作るのと貼るのとをやっているのが、

【財団法人 省エネルギーセンター】

という【エコポイント】と共に出来た経済産業省の新しい
【天下り先】なんですね・・薄気味悪いを通り越して、
結局、最終的にはみんなこういう事なんですよ・・(-_-;)
ここでも、本当に考えているのは、環境が第一ではなく、
あくまでも環境を冠にした商法であり、環境を隠れ蓑にした
天下り先を作る事・・経済発展と共に、できたら環境を
少し考えバカな国民にわからないように天下り先をどうやって
増やそうか?という事であり、決して環境を守ろうという事が
前面なのではないという事がきちんとわかる・・(笑)

いや、天下り先の事はこっちにおいておいて、文句をつけて
いるのではない・・いいんですよそれで・・間違っていない
んですよ・・繰り返しになりますが、発展をしたければ便利で
いたければ環境を守る事など無理でありエゴなのですから・・。
だから、ごまかさずに、できないという事をハッキリと
自覚しようと言っている訳です。
極端な話をすれば、武田先生の理論じゃないが、

台風が来たらみんな何をするのか?

植木が飛ばないように家の中に入れたり、雨漏りしている所を
修繕したり、雨戸を閉めたりする訳です。
決して、台風の原因は水だ!海を無くせ!水を無くせ!みんなで
力を合わせろ!とは無理な事がわかっているから、誰も
叫ばないし、言わないのである・・。
しかし、地球温暖化になると、途端に上記で例えるならば
【水を無くせ!】みたいなおかしな考え方になる・・(笑)
人が生きている限り、環境が良くなる事などありえない。
その上で、環境のため!と信じてやりたい人はレジ袋を使わなく
してがんばればいいし、環境に良いかどうかよくわからないけど、
なんか少し環境に良い事をしたような気がするとナルシストに
浸ればいい・・でも、

【エコが本当かどうかわからないのに押しつけるな!】
【やれない事がわかっているのに偉そうにエコを語るな!】
【儲けるためにやっているのにエコですりかえるな!】
【エコはエゴだ!】

という事を、自分は大きな声で叫び続ける次第であります・・(゚-゚)b
さらによく耳にする【排出権取引】で世界でエコがビジネスに
なってしまっている事も、環境問題とは、なんとウサンくさい
のだろう・・と思う訳です・・(笑)

ま、大人ですから、ゴミの分別なんて、今や焼却炉で灰が分別されて
出てくるので必要ないのに・・だとか、ペットボトルがリサイクル
されていない、発泡スチロールのトレイもほとんどが燃やされている、
という裏側はわかっていて労力の無駄だなぁ・・などと思いますが、
それはイヤとかイヤじゃないとかのレベルでなく、すでに人として
決められたルールですから、きちんと守りますよ!もちろんね!(笑)
暴力に屈するのではなく、世間との調和という意味でね・・(゚-゚)b
でも、自分は夏が嫌いで、クーラーはキンキンに冷やして電気を
ガンガン使うのですが、車を持っておらず、乗らないので、
【排出量】の取引で考えれば、

【俺はエコォォォ!】

と胸を張って良さそうだな!(゚-゚)b
だから、ガンガンとクーラーをかけるぞぉぉぉ!(爆)●〜*

ま、その位のレベルですよ!>環境問題って!!(゚-゚)b(笑)

地球温暖化対策という名の暴力(中編)

前編からの続きぃぃぃぃぃぃ〜〜〜!(笑)

ではレジ袋は何で作られているのか?
レジ袋は【ナフサ】という石油から作られており、その【ナフサ】
の中の【オレフィン系製品(軽質ナフサ)】というもので作られて
いる・・そもそもこの【ナフサ】とは何か?
石油を精製すると、多い順に、【重油】、【ガソリン】、【軽油】、
【灯油】、【石油ガス(プロパンガス)】、【ナフサ】となります。
で、この【ナフサ】は全体の約7%と言われており、石油精製の
課程においてできてしまう余り物で、最初は何にも使えなかった
ものを、今や技術革新で【ナフサ】の60%位はプラスチック、
20%位は合成ゴムや合成繊維、残りの20%がレジ袋になっている。
こんな全体の石油消費量から見たら7%の中のさらに20%の部分の
極微量の部分を躍起になっているという薄気味悪さ・・(笑)
まあ、100歩譲って、この極微量な部分の石油をレジ袋に使う
のをやめたとしよう。
すると代わりに使うものは?>そう【マイバッグ】。
この【マイバッグ】何で出来ているのか?
伸び縮みのしない【綿100%】のものをちゃんと使っていますか?
でも、【綿100%】のものは伸び縮みしないので、買った物が
つぶれてしまったりするので、使い物にならないんですよね。
で、【綿100%】のものでなければ、柔軟性のある伸び縮みする
合成繊維で出来ている【マイバッグ】のはずです。(゚-゚)b
しかし、この伸び縮みする【マイバッグ】は、なんと【ナフサ】
から作られ、しかも【ナフサ】の中の【芳香族系のBTX製品
(重質ナフサ)】と言って、【マイバッグ】などに使わなくとも、
洋服を中心に使われたくさんの需要のある【ナフサ】からわざわざ
作られる訳です・・。
で、レジ袋は【ナフサ】の中の【オレフィン系製品(軽質ナフサ)】
を使うのですが、ほぼレジ袋にしか使わなかった【軽質ナフサ】を
使うのをやめ、洋服を中心に使われ、たくさんの需要のある
【重質ナフサ】を余計に使う・・。

これのどこが【エコ】なんですか?(・。・?

さらに、ほぼレジ袋にしか使わなかった【軽質ナフサ】・・
レジ袋製作する事をやめて余らせても、石油の精製時に必ず
出来てしまう【軽質ナフサ】・・では、レジ袋製作に使わなく
なったらどうなるのでしょう?
海に流しますか?>海が汚れちゃいますね!
じゃ、地中に埋めますか?>土壌汚染になっちゃいますね!
・・と、どちらも環境が汚染されてしまいます。
じゃ、昔みたいに燃やそうか!>ダメダメ!CO2出しまくりです!
じゃあ、どうしましょ?>そ・・また別な用途に使われるしか道が
ないのです・・という事は【マイバッグ】を作る分、石油も余計に
使われ、CO2も余計に出している事に気付きませんか?(笑)

さらに、買い物で荷物を運ぶという役目を終えたレジ袋は、家に
帰れば、今度は小さなゴミ袋として使用する事ができます。
しかし、ここで国、市町村を挙げてさらに天下り先を潤わせる為に、

【そのままでは回収しない!指定の大きなゴミ袋に入れろ!】

という策に出る・・これはきちんとこの先に待ちかまえる【ゴミ有料化】
をスムーズに導入するために行われている訳で、今のうちに

【指定ゴミ袋を買う】

という事を平民に躾けないといけません。
と、躾ができるのと同時に指定ゴミ袋関連の天下り先が潤い、
一石二鳥だという事がきちんと背景にある。

すると、なんという事でしょう!(ビフォーアフター調で(笑))
指定ゴミ袋を買うのだから、次第にレジ袋は、

【ゴミ袋の二重梱包になっている、石油という資源の無駄遣いだ】

という方向へ意図的に舵をきり始め【レジ袋追放運動】が広がって
ゆくじゃありませんか・・(笑)
で、企業側は、今までお金を払って仕入れていたレジ袋を廃止でき、
欲しかったら、有料で1枚5円とかで売ってやるよ!という上からの
態度で儲ける事ができて、さらにマイバックや家庭用の指定ゴミ袋
を売って儲けられるというどう転んでもウホウホ状態になり笑いが
止まらないのですから、【レジ袋追放運動】に躍起になるのは当然で、

【レジ袋を追放し、マイバックを持ち歩いて買い物をしよう】

とマスコミや環境団体、その他、世論に簡単に流される人間を
巻き込み、まるで宗教?のように大合唱を始める・・(-_-;)
企業側は、経費節減になり売上が上がるという一石二鳥なのと
同時に【エコ】を冠にする事で、企業のイメージアップになり、
それにより、【エコ】とは関係ない部分でも売上が上がったり、
世間の評判も上がるから、どっちに転んでも喜んでPRする。

でも消費者というか国民は、先にも書きましたが、そもそもの原点、

【レジ袋を全廃するとなぜ環境に良いのですか?】

が誰もわかっていない・・という本末転倒のエコ運動・・(笑)

ますます薄気味悪いですね〜と、後編に続く・・!(爆)●〜*

地球温暖化対策という名の暴力(前編)

【地球温暖化を防ぐ】という錦の御旗の下【エコ】を叫ぶ・・。
その割に、この国も、人間達も【地球温暖化を防ぐ】という事に
本気ではないのに、薄気味悪い空気が流れている。
先日の「今シーズン・ラストスキー」の時にもちょこっと
最後に触れたが、その証拠に、この春に実施されている

【高速道路1000円】

の政策・・。
あれ?【地球温暖化を防ぐ】んじゃなかったの?(笑)
国民全員を車に乗せCO2を出しまくりなさい!といわんとばかりの
政策・・そう、完全にダブルスタンダードである。(あくまでも
CO2の増加により地球温暖化になるという理論に基づいた場合。
実は、本当にCO2が減少したら温暖化しないのか?については、
誰にもわかっておらず、あくまでも予測なのだ。今や、寒冷期に
移行し始めているという学者もいるので、自然に地球自身の力で
温暖化は無くなる可能性も秘めていて、もしかしたらがんばって
やっている温暖化対策というのは、この先に起こりうる寒冷化を
急がせてしまっているとんでもない行為かもしれない・・という
話もきちんとある事をお忘れ無く!)本気で【地球温暖化を防ぐ】
事を考えているのならば、【高速道路1000円】になどしている
場合ではない。真っ先にやるべきは、石油を使いまくる自動車を
作らない事・・乗らない事である・・。
自動車は作る課程でもたくさんのCO2を出すのだし、乗っている
限り、永遠にCO2を吐きまくる元凶の最悪のものなのですから、
真っ先に規制しなければいけない。
自動車を乗っている人間が【地球温暖化を防ぐ】と語るならば、
完全な偽善である。すると、自動車を乗って【地球温暖化を防ぐ】
と唱える側はこう話をすりかえるのだ。

【話が極端すぎる。自動車を作らないとか、乗らないとか、今の
 日本や世の中においては、そんな事は無理だから仕方ないのだ】

ああ・・なんだ!ちゃんと気付いているんじゃないですか!(笑)

【そんな事は無理なんだ】

とね・・。そう・・経済を活気づけたり、今の国民の生活レベルを
持続したり、それに伴い今の便利を享受したい限り【地球温暖化】
を防ぐ事など絶対に無理なのである。
ましてや、すでに先進国でも日本は有数のエネルギー節約国であり、
CO2排出も工業生産量の割には圧倒的に少ない。
実現不可能と揶揄されている【京都議定書の二酸化炭素6%削減】
という日本のノルマも、仮に達成できたとしても、そもそも、
CO2を世界全体の50%以上排出するアメリカ、ヨーロッパが
CO2削減に乗り気じゃなく、これから発展しようとする中国と
インドなどは、完全に知らんぷりしている以上は、日本の
【CO2削減6%】など焼け石に水なのである・・。

企業やマスコミに洗脳され操られる前に、この本質の部分に
早く気付かないといけない。そうしないと、うまく利用され、
無駄な苦労や労力を強いられるだけになるからだ。
企業にとっては、エコは自社のイメージアップ&経費節減、
さらにはエコで売上が上がり利益にすり替わったりするから
やっているのであって、地球を守ろうとしている訳ではない。
(ま、政府に強要されているという可哀想な一面もあるが・・(笑))

各種語れば長くなるので、ひとつだけピックアップすると、例えば、

【レジ袋をもらわずにマイバッグで買い物を!】

という国&マスコミ&スーパー挙げての【エコの愚策】・・。

そもそもレジ袋を全廃するとなぜ環境に良いのですか?(笑)
誰かどこかでそんな具体的なきちんとしたデータや、少なくとも、
レジ袋を削減した事によって生じる、マイバックやレジ袋をゴミ袋
として使えないための他のゴミ袋などの代替消費におけるCO2や、
それらに使われる石油の消費量が計算され、これだけCO2を削減し、
エコなんですよ!という報告を見た事がありますか?(笑)
ある訳がないんです・・そういう計算を行った報告なんてどこにも
ないんですから・・(笑)
それなのに、なんでみんなレジ袋削減がエコである!だとか、
CO2を削減する!と言い切るのでしょうか?
さっぱりわからない訳です。
で、みんなさっぱりわかっていないはずなのに、すでに、レジ袋
削減運動が熱狂的な宗教のように行われているという恐ろしさ・・。
この薄気味悪さ・・みんな何も感じていないのですかね?

という事で、中編に続く!(* ̄∇ ̄*)v

痴漢事件の恐ろしさ

平成18年4月、朝の小田急線で防衛医大・名倉正博教授
が女子高生(当時17歳)の下半身を触ったとして逮捕、
起訴された・・。
名倉教授は一貫して無罪を主張したものの、1、2審判決
とも女子高生の供述の信用性を認めて懲役1年10月の
実刑判決を下されたため、上告していた名倉教授を
4月14日、最高裁は逆転無罪とした。

今まで、痴漢事件の裁判は女性側の供述だけが証拠である
場合が多く、男性側が【やってない】と言っても取り合って
もらえない・・。そして、女性側がやられたという証拠を
出す必要はなく、男性側がやっていない事を証明しなくては
いけないという難しさ・・。

今回の裁判も、名倉教授は一貫して無罪を主張、否認していた。
で、名倉教授がやっていない事を証明できない上で、被害者の
女子高生の供述内容が信用できるか?が争点だった。
そして、最高裁の結論は、

【痴漢被害を受けていた女子高生が、途中駅でいったん
 車外に出たが、その車両を替えず、再び男性教授のいる
 車両に乗っただけでなく、その男性教授のそばに乗った
 とする内容が不自然である】

要は、女子高生が

【有効な防御をしなかった事が不自然、すなわち→女子高生
 の供述内容に疑いがある=犯罪の証明が十分でない】

という事だ。
よって、【犯行を行ったと断定するには疑いが残る】ので、

【疑わしきは被告人の利益に】

という刑事裁判の原則に基づいた裁判となった。

ただ、この裁判・・男性陣のこれから起こりえる冤罪が減る!
と安堵してはいけない。こんな内容でも、5人の裁判官のうち
3人が教授の無罪を認めたが、残りの2人は女子高生の供述は
信用できるとして、反対意見を述べるというきわどい判断で
あったという事・・。

仮に、女子高生が

【車外に出たら、混雑した小田急線にもう一度乗り込めない
 かもしれなかったし、そうなると学校に遅れるかも
 しれなかったので、車外に出ず、じっと耐え続けた】

という内容だったりしたら、どうだったのか?
通勤時間帯の小田急線に乗った事がある人間ならわかると
思うが、混雑のすごい町田駅なんかだったら、一度車外に
出たら、男の自分でももう一度その車両に乗り込めるか?
わからない・・。さらに、もうひと車両前後した車両に
改めて乗り込むなど、至難の業だ。
となると、例え、本当に教授がやっておらず、女子高生の
【〜じっと耐え続けた】話が全面的に作り話だったとしても、
供述の信憑性という事を考えると、女子高生の供述が
指示される可能性は高いのだ。
ここに、証拠に乏しい痴漢事件の審理の難しさというか、
まだまだ冤罪の恐怖が残されているのだ。

このブログでも、2006年4月12日に【痴漢賠償請求訴訟】
http://www.hearts.jp/user-cgi-bin/diarypro/diary.cgi?no=638
という題名で詳細を書いているが、この女子高生の裁判など
足下にも及ばないような裁判が、依然まかり通っているが現状だ。
この沖田さんに関しては、刑事事件では不起訴なのに、民事では
1、2審で逆に痴漢行為を認定という驚くべき内容。
さらに、2008年11月にの最高裁では、審理が不十分だとして、
痴漢行為を認めて請求を棄却した2審判決を破棄、東京高裁に
審理のやり直しを命じるというひどさ・・さすがは最高裁・・
当たり前である。2審判決を破棄で、審議やり直しという事は
女子大生の【でっち上げ】が認められ、沖田さんが【無罪】に
なる可能性も高い。

男性側は、示談金目当てに、または、沖田さんののように逆恨み
などによって、女性が痴漢の被害をでっち上げるというような
冤罪が減るうれしさがあるが、女性側にしてみると、今現在も、
きっと被害を訴え出る勇気がなく【泣き寝入り】している女性が
多い中、さらに拍車をかけて【泣き寝入り】が増え、起訴が
萎縮してしまう可能性も出てくる・・。

警察庁は平成17年年11月、電車内での痴漢犯罪について、全国の
警察本部に、

○目撃者の確保
○被害者らの供述の裏付け
○容疑者の指先など身体に付着した被害者の衣服の繊維鑑定

など、科学捜査の推進などを文書で要請しているそうだ。
それでも、今回の教授の事件は平成18年だったのに、それが
きちんと行われていないのだ。
男性側にとっては、裁判後、例え【無罪】でも人生を棒に振る
可能性が高い・・だが、女性側の【泣き寝入り】も防がなくては
いけない・・。
となると、やはり供述も大事だが、双方納得できる科学捜査に
よる【繊維鑑定】【DNA鑑定】などできちんと被害者のものと
一致した決定的な【物的証拠】と共に起訴されるレベルにして
欲しいと願う・・。
それだけを徹底してくれただけでも、少なくとも沖田さんや
名倉教授のような事にはならなかったはずだから・・。

先生を流産させる会

どこかのネタかと思ったら・・おいおいおい・・である・・。
愛知県半田市立成岩中学校で、1年の生徒16人(あるマスコミ
によると11人という報道もある)が【流産させる会】を
発足させ、妊娠していた30代の女性担任教諭が被害にあった。
こいつら、発端は席替えを決める方法や、部活動について
注意されたことなどから、この女性担任教諭に不満を持ち、
【流産させる会】を作ったというのだから驚きだ・・。
一連の大まかにやった事と言えば、1月下旬には教室にある
教諭の座る椅子の背もたれ部分のネジを緩めたり、2月4日の
給食では、献立のミートソースに理科の実験で使った
ミョウバンと食塩を振りかけ混入したりしたという・・。

久々に凄い中学生達の出現だ・・。
しかし、いつの時代も暴走族と一緒で、16人だったから、
やれたけど、きっと1人だったらこんな大胆な事は
やらないんだよな・・もう情けなさ全開ですな・・(笑)
それにしても、どこをどう心が病んだら

【流産させる会】

という発想が出てくるんだろう?
ネーミングにも非常にビックリというかゾッとした・・。
そして、面白半分に、簡単にこんな事やれちゃう感覚自体が
恐ろしい・・とはいえ、過ぎ去った事なので、まずはじめに
お腹の中の子供が大事に至らなく無事で良かった・・ (*´∀`*)

そもそも、

【席替えの決め方に対する不満】
【部活動で注意された事への不満】

という、たったこれだけの事で、お腹の中の子供の殺人計画を
実施したというのだから驚きである。

普通、女性は妊娠してお腹に子供ができたら、風邪薬ひとつ
までも気をつけるようになる・・それは血液からしか
お腹の中の子供は栄養を摂れないから・・。
そんな時に、何を食べさせられていたかわからないのだから、
恐ろしい・・。

でもまあ、理科室と言えば、塩酸や硫酸などもある訳で、
ミョウバンと食塩というレベルを考えると、

【これ以上はマズイ・・】

という事は一応は感じていたようだがな・・。

同校の校長先生は

【ゲーム的な感覚や友人との付き合いでした事で、
 流産させようと本気に画策した訳ではないと思う。
 命の教育を浸透させ、今後二度と起こさないようにしたい】

と話しているが、こんな【楽しいのが目的】な殺人未遂の
出来事を、大人がよくわからないからと何でもぼやかして

【ゲーム感覚】

という事で許すからこんなのまで出てくるんだよ・・。
始まりは【ゲーム的な感覚や友人との付き合いでした事】
だとしても【流産させようと本気に画策した訳ではないと思う】
という校長先生の弁明・・ちょっと違うだろう・・。

【椅子の背もたれ部分のネジを緩めた】

って・・こいつら、半ば本気で流産させようとしてた事は、
どうみても確かだ・・。
そして、中学生にもなって、これらの事がどんなに大変な
事なのか?という想像力が無さ過ぎる事も非常に怖い・・。
また、本物の命というものがゲームの中の命のように
簡単なものとしてしか思わない人間として育ってきた
のだとしたら、こいつらの親の責任は本当に重い・・。
きっと、こいつらの親は、自分たちがどれだけお前を
愛しているか?大切なのか?を伝えてこなかったのだろう・・。
そして抱きしめてやらなかったのだろうな・・。
子供は、子供だけでは絶対に悪くならない・・。
全て親が・・大人が悪いのだ。
改めて自分も子育てにおいて自戒させて頂きました・・m(._.)m

あなたが社長なら?

************************************************
「派遣切り」や「雇い止め」に遭った人たちの再就職先
が、なかなか決まらない。年齢や資格が壁となっている
だけでなく、慣れ親しんだ職種への「こだわり」や、
新しい職種への「とまどい」もあるようだ。
3月までに職を失うと見込まれる派遣社員や期間従業員ら
は約8万5000人。求職と求人のミスマッチ克服が課題と
なっている。「募集中の仕事はいっぱいあるんですが、
今までやったことのない業種ばかりで……」。
昨年11月末、滋賀県の自動車工場の派遣契約を打ち切られ、
東京・日比谷の「年越し派遣村」から都内の施設に移った
男性は、仕事が決まらずにいる理由をそう語る。
12月に上京。ネットカフェに寝泊まりしながらハロー
ワークに週3〜4回通ったが、運転免許を持たない身には、
求人情報の多くが無縁に感じた。
求人情報誌に載っていた「年齢、経験不問」の職場に
電話したこともあるが、まず聞かれたのは年齢だった。
「43歳」と告げたとたんに断られた。
最近になって、ようやく長期間働けそうな警備会社を
見つけた。「もう甘いことは言ってられない」と、覚悟を
決めるつもりだ。
昨年8月末に大手自動車工場で「派遣切り」に遭い、
派遣村で過ごしてきた男性(30)も、新たな仕事が
見つかっていない。9年間、愛知県や静岡県の自動車
工場で働いてきたから、自動車関連の仕事ばかり約30社
に応募してきたが、雇ってくれるところはなかった。
昨年末、ホテルの住み込み清掃員に採用が決まりかけたが、
「給料が安く、将来につながらない」と断った。
「自分は人見知り。営業や居酒屋の店員などは難しい」と
今も自動車関連の仕事を探し続けている。
厚生労働省によると、派遣村から移った都内4施設で実施
しているハローワークの就職相談では、建設、警備、旅館
など、住み込みで働ける仕事を中心に約4000件に上る仕事
が紹介されており、9日までに125人が求職の登録をした。
しかし、生活保護の手続きや住居探しに時間を取られている
という事情もあり、再就職が決まったのは数人だけという。
厚労省東京労働局によると、求職者1人あたりの求人数を
表す有効求人倍率(パート除く)は職種ごとに大きな
ばらつきがある。都内の昨年11月の数値を見ると、
「一般事務職」は0.27倍、「製造・土木」も0.55倍と
極めて低い。これに対し、資格や経験が重視される
IT技術関連、介護関連などは3倍以上となっている。
資格を持たない人には、再就職は難しいように見えるが、
特段の資格が必要ない「接客・給仕職」で5.93倍、
「警備職」も5.74倍の求人があるのだ。現実には年齢や
経験などの制約も受けるだろうが、同労働局の担当者は
「給与や勤務時間帯など、人によってそれぞれ譲れない
一線があるようです。その一線を越える仕事を無理に
紹介できませんから」と話す。
年明け以降、連日5〜10人の元派遣社員が相談に訪れて
いる東京・豊島区のハローワーク池袋の青木和夫・職業
相談部長によると、「相談にくる元派遣社員たちは素直
でまじめな印象。就労意欲も高い」という。それだけに、
「今まで働いてきた仕事以外の職種に気持ちを切り替えて、
就職活動をすることができない人もいるのでは」と見る。
トヨタ自動車の減産に揺れる愛知県では、昨年11月の
製造業の新規求人数(パート除く)が前年同月の9646人
から4120人へ半数以下に減った。しかし、同県でも
介護・福祉などの職種は人手不足となっており、資格不要
の仕事もある。同県内のハローワーク担当者は、「長年、
モノを作ってきた人は、ヒト相手の仕事にとまどいがある」
と分析。別のハローワークの担当者は「派遣会社からの
求人に対し『派遣はもうこりごり』と敬遠する人もいる
のでは」と、ミスマッチの一因を推察した。
(2009年1月12日 読売新聞)
************************************************
まあ、読んでみた結論としては、マスコミが極端な例を
報道しすぎるという、いつもの一部分だけの側面からの
意図的な報道から、【派遣切り】の人達が、すごく困って
いる様に伝わってくるが、【派遣切り】にあっていても、
実際は、ほとんどの人が

【嫌な仕事をするほど困っていない】

という事だ・・(笑)
さらに【派遣切り】に関して、契約途中での解雇が、多発
しているにもかかわらず、訴訟にならないという側面から
みても、きっと契約事項の中に、不測の事態や、急激な
経済の悪化、戦争、災害時には契約を解除する事ができる
みたいな旨の条項があるんだろうな・・。

まあ、バブル期からその後に派遣に移った40代〜50代に
関しては、当時、正社員と比べて、転勤も無く、収入が
良い&自由に仕事が選べるなどというかなりの恩恵を
受けていた訳で、その目先のおいしい条件に賭けに出て
派遣をチョイスしたのだから、自業自得であり、

【甘えるのもいい加減にしなさい!】

と言いたいところだが、今それを言っても始まらない・・。
腐っても【正社員】という部分の強さの差は大きいのだ。
でも、20代〜30代の派遣に関しては、不景気の中、正社員
になりたくとも、その道が閉ざされていた・・という背景
があるので、20代〜30代の派遣には何か手だてを立てて
あげないといけないね・・。

でもね、この根底には【蟹工船】の時代のような

【プロレタリア(労働者)】と【ブルジョア(資本家)】

の大きな隔たりとは違う、時代と共に進化した

【プロレタリア(労働者)の個人主義】

という部分が、大きく影響していると思うんだよね。
自分の父達の時代は、やはり会社にも一体感があり、
会社も社員も双方に【大切なんだ!】という部分を暗黙
の了解で互いに感じていたからこそ【終身雇用】という
日本独自の雇用の形があった。
その子供達の時代からは、次第に社員旅行を嫌がる・・
社内運動会やらイベントは嫌がる・・自分一人でいる方
がいいし、どうして会社にそこまで自分を捧げないと
いけないんだ?みたいな社員側に【個人主義】の傾向が
現れて来た所に、日本はバブルを迎え、会社側も正社員
だけでは足りず、人手が欲しくて【派遣】という安易に
遣ったり、やめさせたりする事ができる労働力を
欲しがった、そして、労働者側も好きに働け、好きに
休めて、正社員のように縛られない自由な労働環境を
手に入れた。そんなところへバブルがはじけ、うまい
具合にアメリカの【市場主義】が外資として日本へ参入、
背中を押すなど全てが合致した時に、徐々に【終身雇用】
や【年功序列】が日本のグローバル化に一番の弊害という
アメリカの洗脳により、【終身雇用】や【年功序列】が
どんどんと消え、気付いた時には【派遣】という愛社精神
がある訳でもない人間達が増え、【個人主義】がより強い
ものに変化していき、【蟹工船】の時代とは違う形だが、

【プロレタリア】と【ブルジョア】

の関係が再び形を変えて大きな隔たりとなってしまった。
そう考えていくと、今回の事もなるべくしてなった
【個人主義】の末路故の結果ではないのかな?

とはいえ、個人レベルで、そんな責任の所在を突き詰めても
仕方なく(笑)、記事のように個々の人間に得手不得手が
あるのも至極当然・・だけど、それをふまえても、やはり
仕事をなめているよな・・見かけで仕事の本質など
わからないのによ・・と、こんな人間達に腹を立てても、
この先、どうあがいても日本は少子化で人口は尻つぼみ
であるこの時代・・大切な労働力ではある。
しかし、この深刻な状況下で企業に

【お前の所の仕事がしたいから雇え!金を出せ!】

といっても厳しい・・かといって、国に

【失業者に金をバンバン出せ!】

というのも財政難ゆえ難しい・・。
アメリカのように、失業保険を受け取る人間は

【職業訓練の義務付け】

というように、今の日本のような、ただお金を渡すだけの
救いはやめ、

【労働力のレベルアップ】

という観点で一人一人の能力を高めるベクトルを考えて
いかなければならない・・。
やりもせずにできない事を理由にしている甘ちゃんが多い
のなら、極端な考え方だが、韓国の2年間の徴兵制度では
ないが、弱い人間にはやはり弱い事には変わりはない
のだから、その人間の本質を力強くチェンジさせるべく、
人間そのものを鍛える強烈且つ特殊な環境を用意する
必要もあるのではないだろうか?(笑)

いずれにしても、こんな甘い人間達が記事のように

【私たち弱い人間です!!】

と胸を張って威張れちゃう環境はどう考えても
平和ボケのひとつだよな・・。
まあ、普通に考えて、バブルのような好景気の時なら
ともかく、資格も無い上、年齢がオヤジで、好きな
仕事じゃないしぃ・・給料が安いのイヤだしぃ・・
キツイのイヤだしぃ・・人見知りだしぃ・・じゃ、
誰が探したって仕事は無いっつうの・・(爆)●〜*

【日本国憲法・第25条 すべて国民は、健康で
 文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。】

という権利ばかりを持ち出して、主張するのは良いが、
やりたい仕事がないからやらないという人が主張する
権利ではないと思うんだがな・・。

最後に、単なる【希望通りの職がない】という
言い訳やできない理由を用意している、【派遣切り】
で職を探している人間達に問いたい・・。
逆に考えてみようぜ!

【あなたが社長だったら、自分のような人間が面接に
 来た時に果たして雇うのか?】

そこを真剣に自問自答して考えたならば、自ずと

【何をやらなくてはいけないのか?】
【どういう風に自分を改心しなければならないのか?】

答えが出るはずなんだけどな・・(笑)
それができないとするのならば、いつまでも【人のせい】
にする人生から抜け出せないだろうな・・。

お涙頂戴で終わらせては困る問題

*******************************************************
強制退去処分を受けた日本生まれのフィリピン人、
カルデロン・のり子さん(13)=埼玉県蕨市立第一
中学校1年=の家族が在留特別許可を求めている問題で、
3人の滞在を一時的に認めた仮放免期限の1月14日、
父・アランさん(36)と母サラさん(38)が東京入国
管理局に出頭した。東京入管は3人の滞在期限を2月13日
まで延長することを伝えた。
*******************************************************
マスコミは、こぞってこの問題は穏和な報道ですな・・。
実際【東京入国管理局(以後、入管とする)】も、

【家族3人一緒に暮らしたいのなら、フィリピンに帰れ】
【のり子さん本人に在留特別許可が認められたとしても、
 両親については難しい】

という姿勢を示したというのも、間違いなく世論や
マスコミを意識しての表向きの姿勢であり、かなり
温情的な妥協案を提示してきたよな・・(笑)
どちらも厳しい内容だとの非難もあるが、それはおかしい。
先の家族3人でフィリピンに帰れ!というのも、のり子さん
が日本語しか話せないのにかわいそうだなんて言っている
奴もいたが、親の都合で海外に引っ越しする子供も一緒。
両親が強制送還の場合も、世の中、両親を失って施設で
生活する子供達はたくさんいる。
他国とはいえ、離ればなれでも、親がどこかにいる
というだけでも十分幸せだ。
もしかしたら、もっと暖かく支援者のところで暮らせる
道もあるかもしれない可能性もある・・。
先に個人的な結論を出しておくならば、まあ両親も、
10年以上不法滞在していた事を考えると、しばらくは
日本に入国はできないだろうから、家族でフィリピンで
暮らすのが一番だと思いますがね・・。

入管としては、すでに、不法滞在発覚後2006年9月に、
母・サラさん逮捕、2006年11月に強制退去処分を受け、
処分取り消しを求めた訴訟も2008年9月に最高裁敗訴が
確定している事もふまえれば、とっとと強制送還したい
ところ・・。そもそも入管がのり子さんに在留特別許可
を出すという事自体、特例中の特例・・。
しかし、マスコミの力もあって、お涙頂戴で1万4000人
余りの署名が集まっちゃったりしている・・。
この1万4000人余りの署名・・きちんとこの問題を理解
して署名しているとは思えないな・・。
というより、1万4000人余りの署名をした人間達は、
これで、仮に万が一にも家族3人に在留特別許可が
認められちゃったりしたら、今後起こるであろう
問題に責任を持てるのだろうか?
悪いが、お涙頂戴で終わらせては困る問題である。

まず、この夫婦、父・アランさんは1993年、
母・サラさんは1992年に、それぞれ

【他人名義のパスポート】

で入国している。これ・・大変な極悪犯罪である。
この今回のケースは、偽造パスポートを使用しての
悪質な不法入国だし、病気でもないし、国に帰って
殺される訳でもないし、裁判だとか人権だとかという
レベルの話でもなく、どこの国でも完全に【強制送還】
の事例である。

しかし、この問題を複雑にしているのは、実は日本の
辻褄があわないシステムの問題がある・・。
2008年1月時点で、日本においての外国人の不法滞在
は約14万人と発表されている。
だが、そもそもその数字はどうしてわかるのか?
今回のフィリピンを始め、大抵の国でそうらしいのだが、
カルデロン夫妻がフィリピンなので、フィリピンを
例に挙げると、今回のカルデロン夫妻のように、例え
【偽装】で入国しても、日本にいるフィリピン人を守る
という観点から、フィリピンはフィリピンの日本大使館
で、なんと【正式なパスポート】を発行してくれるのだ
そうだ・・(^-^;
しかも、この後付けで発行したパスポートで、日本の
市町村の役所へ行けば、なんと【外国人登録証明書】
を発行してもらえるのだそうだ。
それにより、結婚、出産、義務教育、銀行口座開設、
納税をする事ができるようになってしまうという
おかしな日本のシステム・・。
ただし、その後付けパスポートでは【外国人登録証明書】
は出すが【在留資格は与えない】という事で

【在留資格なし】

という文言が証明書に書かれてしまうそうだ。
さらに、その資格が無いために、仕事をしてはいけない
のだそうだ・・。
だから、のり子さんもきちんと日本の義務教育を受ける
事ができた訳だ。

さあ、ここで疑問なのが、日本はどうして後付けで
発行したパスポートで【外国人登録証明書】を出して
しまうのか?
そこには日本としても、外国人の不法滞在者をできるだけ
把握しておきたいという部分が見え隠れしている・・。
でも、そのおかげで、こうして不法滞在の人数が
把握できるという皮肉・・(笑)
だが、役所もそうした在留資格のない外国人が来た場合、
きちんと入管に連絡を入れるのだが、その時点で入管が
動く事はないのだそうだ。そこには、入管の人数不足で
対処しきれないという事情がある・・。
現在の約14万人の不法滞在者に対して、入管は約2500人
しかいないそうで、誰がどう考えても対処は難しいという
図式になるよな・・(笑)
さらに【外国人登録証明書】に書かれている住所が嘘で
ある事が多く、どこ行っちゃったかわからないという事情。
摘発しても、収容可能な施設は3000人分しか無いので
摘発できないというお寒い事情・・(笑)
そんな事が重なってしまったために、カルデロン夫妻の
ように、子供作っちゃって、長年暮らしちゃって、
ああどうしよう・・という外国人がまだまだわんさか
いるらしい・・。
この辺のシステムを変えるべく、今年の国会に提出予定の
【外国人台帳制度】で、在留資格のない外国人には
【外国人登録証明書】を出さないという事になるそうだ。
安易に発行し、問題を先延ばししたたあげく、こういう
問題になる訳だから当然の措置だろう・・。

先にも書いたように、今回のカルデロン一家においては、
偽造パスポートを使用しての悪質な不法入国だし、病気
でもないし、国に帰って殺される訳でもない。
その上で、不法滞在していた外国人が子供を日本の学校に
通わせていたという、そもそも法務大臣が【在留特別許可】
を出す理由がない事例・・。

ここで【在留特別許可】とは、どういう時に出るのか?

○日本人との子供
○難病にかかっている
○日本に相当期間滞在している
○日本への定着性

という事をふまえての話だそうだ。

○日本に相当期間滞在している
○日本への定着性

という所へ、年数などの定めはないそうで、わざと曖昧に
しておき、あくまでもそれは日本が決める事であり、
当人が権利を自己主張できないようにするためだそうだ。

そのどれにも当てはまらないのに、今回、子供だけが
残れるという特例が選択された場合、不法滞在者同士
でも子供作り、感情論でごり押しすれば、日本で子供は
暮らす事ができるという犯罪者が法に勝つ例を生み出して
しまう事になるのは良くない。
もっと悪く言えば、完全に強制送還の事例なのに、子供と
マスコミを使う事で、在留の許可をもらい、日本人の税金で
日本のインフラ(生活保護、年金、健康保険など)の権利を
満喫できる事になり、後に5万人もの同類の子供達が控えて
いるという予測の他に、今後、また新たに楽園日本に
不正外国人が押し寄せ子供を作る懸念も出てくる・・。

とはいえ、日本では外国人の長期労働が基本的に許されて
いない・・入管の人手も足りない・・という事は、結果
この先も不法滞在は減らない・・。
さらにこの先、日本は人口がどんどんと少なくなってしまう
現状をふまえれば、例えば、会社の推薦や、きちんと一定額
以上を納税しているだとかを鑑みたりして【良質な外国人】
と判断された不法滞在者については、門戸を広げる対策も
徐々に必要なのではないだろうか?
そして、それ以前に、外国人の正規の長期労働をもっと
積極的に許可し、不法移民となる要素を抑える事も必要だ。
でも、日本で我が物顔で闊歩する在日の質を見ている限り
では、個人的には厳しいままでいいけどね・・(^-^;(笑)