記事一覧

【裁判員制度】所詮、判決は裁判官の手の中

*******************************************
 去年8月に耳かき店従業員・江尻美保さん(当時21)
と祖母・鈴木芳江さん(当時78)が殺害された事件で
殺人罪などに問われた元会社員・林貢二被告(42)の
裁判員裁判で、東京地裁は1日、無期懲役の判決を
言い渡した。裁判員裁判として初めての死刑が求刑
されていたが、死刑判決は回避された。
 判決では、死刑を選択しなかったポイントとして
「犯行の動機は、極刑に値するほど悪質なものとまでは
いえない」「鈴木さんの殺害には計画性が認められず、
被告にとって想定外のできごとであった」「事件後に、
被告なりに反省の態度を示していることは、考慮すべき
である」という2点を指摘した。
 判決を受け、林被告の弁護人は「裁判員の真摯な判断
に敬意を表します」とコメントした。
 一方、江尻さんの父親は「前科がなければいいのか、
『自分なりに』反省を示せばよいのか、人間を2人殺して
こんな判決でいいのかと思います」「検事の言い分を
否定した部分もありましたが、その理由も明らかでなく
納得できません」と、弁護士を通じてコメントを出した。
 1日夕方、裁判員4人と補充裁判員2人の会見が
行われた。裁判員は「2週間という長い間、ものすごく
考えた」「求刑も重いものだったので、ずっと頭を
悩ませた」と感想を述べた。
 検察側は、控訴するかどうか検討している。
*******************************************
これが【国民の意見】を取り入れた死刑求刑裁判の
ひとつの事例ですか・・_| ̄|○
裁判員制度前の裁判官のみでの国民感情が組み
込まれない判決のようになっちゃったな・・。
個人的には絶対に【死刑】判決が出ると思って
いたから、結構ショック・・。
単純に、耳かき店従業員は頸部などをあらかじめ
用意していたナイフで数回突き刺し、21歳の若さ
で殺され、祖母は頭部をあらかじめ用意したハンマー
で数回殴られ、さらに頸部等をあらかじめ用意して
いたナイフで多数突き刺され、何も理由がわからない
まま殺された・・理由はどうであれ、これだけ
一方的な殺人、しかも2人も殺している・・。
この点から、個人的に

【何で死刑じゃないの?】

と感じたのが素直なところ・・。
上記によると、判決では、死刑を選択しなかった
理由として

○犯行の動機は、極刑に値するほど悪質なものと
 まではいえない
○鈴木さんの殺害には計画性が認められず、被告
 にとって想定外のできごとであった
○事件後に、被告なりに反省の態度を示している
 ことは、考慮すべきである

という3点を指摘している・・。
これを悪意を持ってまとめるならば、

【1人は殺意を持ってナイフで数回突き刺し殺しても、
 もう1人を計画性がなくハンマーで数回殴り、ナイフ
 で多数突き刺して殺す分には<想定外の出来事>
 として大きく酌量され、事件後に涙を流したしり、
 反省の気持ちや態度を示せば、大いに刑を軽くする
 方向性で考慮し、判決に大きく好影響を与えてくれる】

という既成事実ができあがってしまった。

ある新聞記事では【「誰が見ても死刑という事件では
ない」。検察幹部は公判後、難しい求刑だったと振り
返った。】とあった・・。
へぇ~求刑した検察側からみても、こんなに残忍で
一方的な事件でも、難しいという位置づけなんだぁ・・
という事に首を傾げるのと、裁判って生きている人間
にはこんなにも優しいのかと、この裁判の色々な部分で、
かなりビックリした。
この判決を「ふふふ・・」と笑っている予備軍が出て
来そうで、今後が大いに心配である。

また、裁判員の方が「唇を噛んだ」と、あるニュースで
ちょっと耳にした・・。
それが気になって調べてみると、今回、裁判官3人のと
裁判員6人で評決された訳だが、この際、仮に裁判員6人
全員が死刑と判決を出しても、裁判官3人全員が無期懲役
を主張した場合は、無期懲役となるそうで、裁判員制度と
言っても、ある方向へ偏ろうと裁判官全員で結託すれば、
裁判官の意図する方向へは完全に持って行ける・・。
所詮は、

【判決は裁判官の手の中】

であり、仮に今回、上記のような極端な事例だったとする
ならば、今回自分が裁判員だったら、同じく唇を噛み
しめたであろう・・。
今後、嫌でも出てくる多くの遺族が

【司法への絶望】

と共に、自分たちの手で犯人を殺さなければならない・・
という事にならなければいいのだが・・。
個人的には今後に【不安】しか見えてこない判決が残念である。

【中国反日デモ】子が悪くなるのは必ず親が悪いのである

バカな国である・・もう二度と天安門事件のような
事を引き起こす事は避けたいから・・と行い始めた

【崇洋媚外(西洋を崇める事なく外国に媚びない
 ようにする教育)】

という1991年からの愛国主義教育の結果、

【愛国無罪(お前ら共産党が教えた愛国なんだから
 罪は無いだろ!)】

と、今回も中国の各地で【反日デモ】が起こっている
訳だが、香港のメディアによれば、
**********************
インターネット上での呼び掛けで集まった若者らが
「日本製品ボイコット」などと叫びながらデモ行進、
日本料理店やパナソニックの販売店などに投石し、
店舗のガラスを割ったほか、路上に止まっていた
日系メーカーの乗用車のガラスを割るなどした。
**********************
との事だが、中国では先日も書いた通り、中国憲法
・第35条に【国民は、言論・出版・集会・結社・
デモ行進の自由を享受する】が、一方で同じ憲法の
中に【中国は中国共産党の指導を受ける】という事
も書かれており、自由よりも共産党の指導の方が
上なのである。
そう・・共産党独裁政治ゆえ、憲法に決められていて
権利があっても言論の自由が無いのと同様、デモの
自由もない・・。
さらにインターネットだが、先日のノーベル平和賞
授与が決まった劉氏の件では【劉暁波】の文字が
入るだけで、メールも送れなければ、インターネット
&テレビも見られない・・そう・・インターネット
の規制も、こんなにまで徹底的に管理する事が
国として簡単にできる・・という事をふまえた上で、
今回に限らず、中国で起こる【反日デモ】だけは、
大規模で開催ができ、破壊までもやる事が許される・・。
これができたという事は、完璧に【政府主導】で
あると断言できる。
そう言い切るのにもうひとつの確証がある。
そう・・今回のデモの地域は洗脳されやすい田舎だけ
・・きちんと、日本企業に配慮して、上海や北京は
このような動きがまったくない。
さらに今回のデモには、ガス抜きと同時に劉暁波氏
のノーベル平和賞受賞の件を国民から目を逸らしたい
・・というもうひとつの側面があるという事・・。

日本のマスコミの報道では、今回は大学生が主導で、
その大学生は愛国主義教育を受けているが、実際には
この大学生たち・・一人っ子政策で世代でわがままに
育っただけでなく、赤点で勉強はあきらめていたり、
そのお陰で就職もできず・・といういわゆる【バカ者】
たちで、その上、日本でもそうだが、中国でも例外なく
【就職氷河期】であり、2010年の大卒就職率も
【72.2%(中国政府発表)】と、景気は良く写って
いるが、その中でも、肉体労働的な【ブルーカラー】
の仕事は多いが、実は上に立ち、汗をかかない
【ホワイトカラー】の仕事が圧倒的に少ないのが
現状とな・・大学出たのにこんな仕事できるか!と
いう状況は日本と一緒なのである・・。
さらに、その就職できない人間たちが累積で1000万人
以上いると言われている。

まあ、愛国教育はレベルに差があるにせよ、どの国にも
必要だと自分は思っているので、それはそれでいい。
そこと同時に【道徳教育】をしてきていないのが、
バカな国であるという所以である。他国の国旗を焼く
だとか、他国の企業名のある店を壊すだとか、他国車
だからと壊すだとか、そうした事を【悪い事】であり、
【恥ずかしい事】であり【バカな事】であるという事
を教育しないできたという悲しい国・・。
本気で教育するのなら、他国には容赦なく厳しい態度
を示すのだから、軍を出動させてでも

【ダメなものはダメ!】

と態度を示さなきゃいけない・・。

しかし、17日の談話で、中国外務省の馬朝旭報道局長
は中国各地で相次いでいる反日デモについて、

【一部の群衆が日本側の誤った言動に憤慨するのは
 理解できる】

と、子も子なら親も親・・を地で行くような談話・・。
でも、子供は子供だけでは、絶対に悪くならない。
悪くなるのは必ず親が悪いのである・・。
この中国において、尖閣問題もそうだが、親(国)が
【嘘】を言い続け、さらには自分たちの悪事を棚に上げ
【逆ギレ】をする姿をみれば、子(国民)が良くなる
はずがない・・。
さらに今回のデモにしたって【ダメなものはダメ!】と
きちんと叱る事ができない親(国)の子(国民)が
良くなるはずがない・・。

そんな事も未だにわかっていない・・。
重ね重ねバカな国である。

美談に埋もれさせる事なく猛省を!

チリの鉱山落盤事故で約70日間の地下生活となって
いた作業員33人を地下約700mからの救出劇・・
年を取ったせいか、救出ごとに涙が出てくる・・ (;_;)
脱出できるかもわからない先の見えない現場の統制・・。
マスコミでの報道が詳しくなるにつれ、リーダーの
存在というのは本当にすごい・・。
想像通り、最初からこの結束があった訳ではなかった。
独自で脱出を試みる人間、精神的にパニックに陥る
人間、心が折れそうになっている人間などがやはり
最初はいたそうだ・・それをきちんと部屋をきちん
と区切り、食事の配分、作業員それぞれに役割を
与え、結束させたのだから、リーダーがきちんと
一目置かれていた証拠であろう・・。

その他、詳しい事はテレビでガンガンやっているので
割愛するが、33人の未来は180度変わってしまう
だろうから、どうか自分を見失わないで欲しいね・・。

それよりも、今回の根本的なそもそもの原因は

【安全管理の落ち度】

があった訳で、そこはきちんと検証して、美談に
埋もれさせる事なく、こんな事は今後はあっては
ならないという事を全ての国で猛省しなくては
ならない・・。

言論の自由を封させるな!

【やっている事に自信の無い不様な国】というのは
こういう姿の事を言うのだろう・・。
今年の【ノーベル平和賞】は、大方の予想通り、
作家であり、中国での非暴力の民主活動家でもある

【劉暁波(りゅう・ぎょうは)】氏

が受賞した。
この劉氏が有名なのは大まかにはこの2つの件・・。
1989年・天安門事件(民主化運動)
2008年・08憲章(人権民主化のための憲章作製)

この【08憲章】・・

詳しくは【08憲章=中華連邦共和国憲法要綱】
http://blog.goo.ne.jp/sinpenzakki/e/597ba5ce0aa3d216cfc15f464f68cfd2
【Wiki】はこちら
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B6%E5%85%AB%E6%86%B2%E7%AB%A0

基本理念
○自由 - 言論、出版、信仰、集会、結社、移動、ストライキやデモ示威等の権利
○人権 - 人は国家の主体であり、国家は人民に服務し、政府は人民のために存在する
○平等 - 公民は、社会的地位、職業、性別、経済的状況、種族、皮膚の色、宗教や政治思想にかかわらず、その人格、尊厳、自由はみな平等である
○共和 - 「皆による自治と平和な共生」、分権制と利益バランスを求める
○民主 - 主権は国民と国民が選んだ政府にある
○憲政 - 法治によって政府権力を制限し行為の境界を主張する

基本理念に基づいて19の主張。
1. 憲法改正
2. 三権分立
3. 立法と民主化 - 直接選挙による
4. 司法の独立
5. 公器公用 - 人民解放軍を共産党の軍隊から国軍にする、公務員の体制改革
6. 人権保障
7. 公職選挙
8. 都市と地方の平等
9. 結社の自由
10. 集会の自由
11. 言論の自由
12. 宗教の自由
13. 公民教育
14. 財産保護
15. 税制改革
16. 社会保障
17. 環境保護
18. 連邦共和制度 - 香港、マカオの自由保護
19. 正義 - 名誉回復など

と、大抵の事は、我々日本人では当たり前の事が
書かれている・・。
この事により、中国政府は【国家政権転覆扇動罪】
という罪で、懲役11年に処する・・。
そんな中での【ノーベル平和賞】の授与・・。
まあ、その裏には、GDP世界2位という大国として
の責任、今や経済大国として世界の一翼を担う立場
なのだから成熟した国家になって欲しい・・という
【ノーベル平和賞】のメッセージ・・。

今までも【ノーベル平和賞】は、

○1989年には中国委の占領に抵抗し、チベットの
 解放運動を指導しているダライ・ラマ14世が受賞。
 (チベットに関しての個人的見解はこちら)
http://www.hearts.jp/user-cgi-bin/diarypro/diary.cgi?no=1104

○1991年にはミャンマーでの民主化運動の中心的
 存在のアウン・サン・スー・チー女史が受賞。
 (ミャンマーに関しての個人的見解はこちら)
http://www.hearts.jp/user-cgi-bin/diarypro/diary.cgi?no=993

と全体的に、民主化をアピール、民主化運動家の
保護的な要素が見え隠れし、

○2009年の核兵器のない世界の実現を呼びかけた
 だけで、その時点でまだ何もしていないのに
 オバマ大統領が受賞

みたいな「言ったからにはちゃんとやれよ!」的な
【政治的なメッセージ】をも含まれている・・と
考えるのが妥当であろう・・。

とはいえ、中国側に立てば、擁護する訳ではないが、
先進国の価値観の押しつけといえば押しつけでは
あるので、余計なお世話といえば余計なお世話では
ありますけどね・・(笑)

そんな中、この受賞において、受刑者である事など
を理由に、なんと中国は、劉氏に【ノーベル平和賞】
を授与させるような事があれば

【中国とノルウェーの関係に悪影響を及ぼす】

という圧力をかけてきた。

この、中国政府の圧力に屈して、劉氏に授与すべき
ものだったのを与えなかったとなると【ノーベル賞】
の独立性は失墜する・・という事で理念を貫き通した。
まあ、そもそもノーベル賞委員会は独立しており、
ノルウェー政府は元々、ノーベル賞とは関係ない。
圧力のかけるところが違うだろ・・>中国(笑)

ただ、どうなんだろ・・こうした【やっている事に
自信の無い不様な国】というのは、逆にもっと悪い
方向へベクトルが向いてしまう気がするのだが・・
と思っていたら、やはり奥さんの劉霞氏(49)が
中国で軟禁状態とな・・┐('〜`;)┌
今後12月10日にオフロ市庁舎で授与式&スピーチが
あるが、出席のために中国は劉氏を開放する事はない
だろう・・さらに奥さんの劉霞氏も軟禁状態のまま、
出国できないであろうと言われている・・。
【やっている事に自信の無い不様な国】としては、
とにかく臭い物には蓋をしまくるしか手が無いからな・・。
しかも、それも徹底していて、中国では【劉暁波】の
文字が入っていればメールは送信できない、テレビ
ではNHKやCNNなどをリアルタイムで見る事が
できるが、劉暁波氏が【ノーベル平和賞】を受賞した
内容の放送は、即座に映像が途切れ、画面を真っ黒に
する・・こうして新聞、テレビ、その他全ての報道
機関を共産党がコントロールし、重要な問題について
は、その都度ガイドラインを設定し、逸脱を許さない
そうだ・・。
そんな中国について、多くの報道は

【言論の自由がない】

と報道しているが、劉暁波氏の報道において、今回
ひとつだけぶっ飛んだのが、奥さんの劉霞氏の言葉
だった・・。

「中国の憲法には【言論の自由】が明確に書かれている」

ええ!??(◎_◎;>もうビックリである!!
ちょっと調べてみると、中国憲法・第35条に

【国民は、言論・出版・集会・結社・デモ行進の
 自由を享受する】

とある・・が、一方で同じ憲法の中に

【中国は中国共産党の指導を受ける】

という事も書かれており、自由よりも共産党の【指導】、
すなわち言うとおりにしろ!という権利の方が上である
という国の憲法には明確に書かれているのに、狂った
共産党独裁政治のために【言論の自由がない】という
悲しい憲法・・。
やはり、中国の民主化運動は間違っていない!!
余計なお世話でもなく、世界は徹底的に中国の民主化
運動を支援しなければならない・・。

最後に、今朝の産経での櫻井よしこ氏・・
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101014/plc1010140316003-n1.htm
******************************************
 劉氏は、中国共産党の一党独裁体制の廃止や三権分立、
集会や言論の自由などを求める08憲章を起草し、ネット
に載せただけで逮捕され、「国家政権転覆扇動罪」で懲役
11年に処せられ、いま獄中にある。ノーベル賞委員会の
委員長で元首相のヤーグラン氏が述べたように、中国政府
は一貫して委員会に圧力をかけ続け、受賞者発表のニュース
も中断した。

 人間の幸福に欠かせない精神の自由、その発露としての
表現や言論の自由を、中国は全(すべ)て踏みにじる。
その中国政府に対して、劉氏釈放を呼びかけたのは欧米諸国
だけではない。中国に経済的、軍事的に圧倒されかかって
いる台湾でさえも、9日、馬英九総統が劉氏の釈放を中国に
呼びかけた。

 一方、わが国の首相は8日、こう語った。「普遍的な価値
である人権について、ノルウェーのノーベル賞委員会が評価
をされたと。そんなふうに受け止めてます」

 自身の判断や評価は全くないのだ。人権状況への影響を問われ、

「ノルウェーのノーベル賞委員会が、そういう評価をされて、
 そういうメッセージも込めて賞を出された、そのことを
 しっかりと受け止めたい」

 受賞報道の中断については、「コメントは控えます」だった。

 一体、何をしっかり受け止めたというのか。菅首相は、弾圧
されている人々に一片の共感さえ示せないのか。人間の自由を
無視した隣国の野蛮な振舞いに一言の批判も表明出来(でき)
ないのか。国際社会がこぞって望む自由な社会の実現のために
劉氏の釈放を望むと、たった一言、言えないほど中国には卑屈
になるのか。それほど、良識も人道愛も捨て去っているのか。
愚かなる宰相は、最小不幸社会の実現を叫びつつ、不幸を拡大
し、最大不幸社会を作る側に立つのである。国家観なき宰相は、
国家の最高指導者でありながら、国益を損じ続けるのである。
******************************************
自分もそれなりに書き込む方だと思うのだが、櫻井氏は
有名紙においても痛烈だ・・本当に賞賛する。m(._.)m

日本人2人が【ノーベル化学賞】受賞!

今年の【ノーベル化学賞】が、10月7日に発表となった。
今回の【ノーベル化学賞】は

○デラウェア大学・リチャード・ヘック教授(79歳)
○パデュー大学・根岸英一特別教授(75歳)
○北海道大学・鈴木章名誉教授(80歳)

に決まった。
【ノーベル化学賞】は2000年、2001年、2002年と
3年連続受賞し、一昨年も日本人が受賞している・・。
どんどんと身近になってきますね!(^^*)

今回のノーベル化学賞は【有機合成化学】という分野に
対する評価・・。
【有機】というのは簡単に言うと【炭素を含む燃える物】、
人間も着ている服なども全てこの【有機】・・こうした
ものを【合成】=くっつける、【化学】=人工的という
事で、【人工的に有機物をくっつける】という事・・。
で、この【有機合成化学】・・理系の人間ならば、今回
の理論を詳しく知っている知っていないは別にして、
恐らくほとんどの人が知っている化学・・。
この化学がなければ我々の日常は、全く次元が違うもの
になっていたという当たり前すぎる化学だったりする・・。

その大きな世界の中でも、このご三方の理論は、薬の
開発、液晶テレビ・・と今回の三者の理論はその分野
での功績が大きく、この理論がなければ抗がん剤や
エイズ治療薬、血圧降下剤、農薬、液晶などが相当
遅れていただろうと言われているそうですから、
それが日本人の頭脳で大幅に躍進したというのは、
大変うれしいし、ありがたいですね・・。

ま、いつもながら備忘録も含めて、あとあと自分でも
理解できるように書き留めておきたいと思います。

まず、ベースとなる理論は【有機合成化学(有機化合物A
と有機化合物Bという別の性質の有機化合物をくっつける
事により、新しい有機化合物Xを作り出す)】という事。

で、今回の

【パラジウム触媒によるクロスカップリング】

これがどういう事なのか?

○有機化合物A=【A・ア(Aとアによってできている)】
○有機化合物B=【B・イ(Bとイによってできている)】

とすると、【パラジウム】という金属の力を借りて、
有機化合物X=【A・B】というものを作り上げる。
が、副産物として【ア・イ】というものができる。
これを【クロスカップリング】。

・・と簡単な感じだが、実はさらに条件があり、上記の
例でいう【A・B】が【強固な結合】をし、副産物の
【ア・イ】も良質な結合が行われる事、【ア・イ】の
結合の質が悪いと、周りに悪影響(副産物)=害(毒)
を出してしまうそうだ。

それをふまえて、リチャード・ヘック教授(79歳)の
功績ですが、

1972年【ヘック反応(正確には<溝呂木-ヘック反応>)】

というパラジウム触媒の【先駆け】で、有機化合物の
合成反応を仲介する触媒にパラジウムを使いいち早く
確立した。毒素を出さない結合だが使われる部分が
限られていた。

次に、根岸英一特別教授(75歳)の功績は、

1976~1977年【根岸カップリング】

というもので、この反応によって、亜鉛、アルミニウム、
ジルコニウムなど多様な金属の反応に使え、原料を
作りやすい事や、亜鉛が安い事から、コストが抑え
られる効果もあり、さらに【応用性や効率がUP】した。

しかし、この時点までは、数多くあるカップリングの
ほとんどが、激しい反応をコントロールするために、
【水が入らない】ように、溶液中で反応させるなどの
注意が必要だった・・。
例えば反応容器を洗浄した後、ほんのわずかでも水分
が残っていると使えなかったのだそうだ。

で、最後に、鈴木章名誉教授(80歳)の功績は、

1979年【鈴木カップリング(正確には<鈴木・宮浦反応>)】

という水中でも空気中でもうまく反応を起こさせる
事ができるだけでなく、副産物の毒素をほとんど
出さない、反応容器を洗浄した後、乾燥させなくても
使えるなど工業など、色々な環境下で安易に使える
ように【実用的】にした。

とはいえ、この【クロスカップリング】は、数多くの
ものがあり、優越つけがたいものなのだそうだ。
その中でも、ニッケル化合物を触媒にして、望み通り
に炭素同士を結合させるカップリング反応を玉尾皓平
・理研基幹研究所所長らが、

【熊田・玉尾・コリュー・カップリング】

として、1972年に実は世界で最初に発見したと
されている・・。

最初の発見だったのになぜ?という部分は色々な
見方があるそうだが、今回は候補が多すぎるため
【実用性】で選んだ・・とも言われているし、
鈴木氏と根岸氏は、共に米パデュー大のブラウン
教授(1979年ノーベル化学賞受賞、故人)の
門下生で、ブラウン氏が生前

「アキラとネギシをノーベル賞に推薦したい」

と語っており【推薦者】の影響力が関与したとも
言われている・・。

そうした事を聞くと、その世界でも、純粋に
喜ばれる部分と、やっかみが入る部分、価値観の
違いで納得できない・などが付きものなんだなぁ〜
と感じる・・(笑)まあ、人間が人間を選ぶの
だから仕方ないのだが・・(^-^;

今後は、触媒の【パラジウム】というのは、実は

【レアメタル】

で結構コストも高く、先行き先日のヤクザ中国の
報復措置ではないが、今後何かの問題で日本に
入ってこない事になるかもしれない金属なのだ
そうだ・・ここでも【レアメタル】とういうのは
本当にすごいんだという事がよくわかる・・。

よって今の研究はこの【パラジウム】をもっと
一般に手に入る身の回りにある金属(鉄だとか
銅だとか)、さらにその上で安い金属に置き替え
られないか?というのを模索しているそうだ・・。

また、現在の最先端技術は全てこの有機合成化学が
使われている・・それの始まりは企業が見つけ出して
いるのではなく、大学の研究所、しかも大学院生の
ボランティアのような補助によって作り出されている
そうだ・・。

教授ばかりクローズアップされてしまっているが、
やはりボランティアのような大学院生への金銭的な
補助を早急に考えてあげなくてはいけないよ!>政府。

911から9年かぁ・・

9月11日というと、伝えたい事は毎年変わらない
ので、過去から流用だが、911の疑念を改めて・・(゚-゚)b

2001年9月11日・・【アメリカ同時多発テロ】発生・・。
あれから9年とは時間とは経つのが早い・・。
この付近になると、再燃するのが

【同時多発テロ・アメリカの自作自演説】

個人的には大まかな部分では【アメリカ自作自演説】派
である・・なぜならば、アメリカ政府が資料を公開
すれば一気にこの問題は片づくのに、未だに、

【アメリカ政府が資料を公開しない】

からである。
例えば、ペンタゴンに【ボーイング757】という大型
旅客機が突っ込むお馴染みの監視カメラの映像・・。
しかし、我々が見せられた映像には【ボーイング757】
が突っ込む瞬間は映っておらず急に炎上する爆発の
シーンだけである・・。
そのカメラだけは映っていなかったという可能性も
あるので仕方ない所だが、それならば、違う角度から
の監視カメラの映像をとっとと発表すれば良い・・。
なんと言ってもアメリカの中枢【ペンタゴン】である。
監視カメラが1つしかなかった!なんて訳はない・・。
そこいら辺に監視カメラがあるはず・・。
という事で、現在ではYou Tubeで飛行機が映っている
監視カメラの映像が出ている。
しかし、それが本物だとするならば、なぜアメリカ
政府は【公認】で公開しないのか?
なぜ内緒でYou Tubeにだけ映像が出てくるのか?

さらに、あの突っ込んだとされる現場の前にガソリン
スタンドがあるらしいのだが、そこの防犯カメラは
即座にFBIがやってきて回収されたまま返して
もらえていないという点も不自然だ・・。

ファイル 1570-1.jpg

さらに誰でも知っている有名な【ペンタゴン】の写真。
右上が【ペンタゴン】の消火後、右下がその現場の
画像に【ボーイング757】が突っ込むなら、この大きさ
であるという【ボーイング757】のCGを重ねたものである。
個人的には

【爆破されただけでボーイング757は突っ込んでいない】

という説を支持するが、別に【ボーイング757】が
突っ込んだというのなら突っ込んだでいい・・。
では、この幅広い

【ボーイング757の羽がどこへいっちゃったのか?】

をきちんと証明するべく、消火を始めたばかりに撮影を
している、飛行機の痕跡が残っている写真が必ずある
はずで、アメリカ政府はそれをきちんと何枚も公開
すればいい・・。
でも、公開されている画像は上記のものばかりでとても
飛行機の羽が小さくが折りたたまれでもしない限り、
時速500km/h以上で突っ込んだ事も加味すれば、あの
崩壊範囲で済む訳がない事や、真ん中の写真の左側が
きれいに切断されたかのように各階の中が少し見える。
【ボーイング757】が溶け落ちて、人も荷物も跡形も
なく燃え尽きたほど高温に燃えたぎったのに、小さくて
この写真では見えないが、実はこの断面の各階のパソコン
や、書物などは燃えてもいない事もわかっているし、
荷物や乗客の骨など、1本も残らずに燃え尽きたのに、
ハイジャック犯のパスポートだけはきれいに燃えずに
出てきて犯人が特定できた事もきちんとわかっている。
なぜそれだけは焼け残っていたんでしょうね?(笑)

上記の突っ込んだ事について、色々な反論サイトがあるが、

【ボーイング757の羽によるペンタゴンの損傷部分が
 どこへいっちゃったのか?】
【ボーイング757の羽がどこへいっちゃったのか?】

をきちんと納得するように説明しているサイトは
自分が探した限りでは見つかっていない・・。

さらに、左上の画像が、日本人は知らない人が多い
ワールドトレードセンター(以後WTC)の【第7ビル】
の崩壊の画像である。
飛行機がそれぞれ突っ込んだWTCのツインタワーでなく、
ツインタワーから離れた場所でありながら、致命的な
火災も飛行機も突っ込んだ訳でもないだけでなく、
さらには、その【第7ビル】のまわりのビルはどこも
ビクともしていないのに、なぜか、WTCの【第7ビル】
だけは、なんと10秒もかからずにきれいに完全崩壊
しているのだそうだ・・(笑)
怪しいのはそこだけでなく、この【第7ビル】は、
実はCIAやFBIなどが入っているビルで、なんと、この
ビルだけは3日前に【警備上の都合】という事で、
全ての人がビルから退避させているのだ。

さらに、飛行機がそれぞれ突っ込んだWTCのツインタワー
はすでに【築30年】を超えており、ランニングコストが
めちゃくちゃかかり、全面にアスベストが使われており、
近隣の【アスベスト補償】を考えると壊すに壊せない
お荷物ビルとされていた。
しかし、そんなビルにテロにあう約6週間前に

【約35億ドル】

で【テロ保険】に加入しているのだ。
普通に考えて、テロ以外に対する保険ならともかく、
そんな起こる確率が相当低いテロだけの対策のために
多額の保険に、あなたなら築30年を超えているビル
をわざわざ入れるだろうか?
しかし、なんとすごい偶然で、その6週間後の9月11日に
【同時多発テロ】が起こる・・。
そのテロで、なんと

【約46億ドル】

の保険金が手に入って11億ドルを儲けただけでなく、
近隣の【アスベスト補償】をする事もなく、これまた
偶然にもお荷物ビルをきれいに掃除する事ができて
しまったのである・・。
こんな素晴らしいシナリオ・・偶然にしてはおかしい
と感じるのは自分だけ?(笑)

さらに、WTCの【ツインタワー】と【第7ビル】の
これらの偶然・・。
あまりにもできすぎていないだろうか?

そして、左下の画像が、第2ビルに2回目に突っ込んだ
【ボーイング767】と言われているが、腹の所に
10m程の物体があるように見える。
これが【爆弾】ではないのか?という疑惑・・。
それならば、飛行機1機でビルがあんなにも見事に
崩壊する事もわからんでもないし、さらに、ビルに
接触する時には飛行機の先頭から閃光が出ている事も
ハッキリしているのだが、それがミサイルだったり
するならば、飛行機が鉄骨の強靱なビルにまるで
【豆腐の中に入って行くかのように綺麗に突入して
いった】事も納得できる・・。

そうでないとすると、飛行機1機で117階の巨大な
鉄骨のビルがあんなにきれいに崩壊するだろうか?
建築で鉄骨の構造がわかる人ならば、無理である事は
わかるはずだ・・。

さらに、ペンタゴンの1機もツインタワーの2機も、
なぜか都合良く、

【全て燃え尽きていて何も残っていない】

という所も非常に不可解である。
さらに、森林に落下したユナイテッド93便のボイス
レコーダーも存在するのに未だに公開されない。
さらに、【1万フィート以上の空】を【500km/hの高速】
で飛んでいる時に、なぜか10数人もの携帯電話が
ハイジャック中に9年前の携帯電話の技術で、その距離
と速度の中家族と通じていた・・という、なかなか
信じがたい話・・(笑)

また、今現在は、911の映像が、なんと【機密】扱いで
普通に分析するために入手できないのだそうだ・・。
あれ?テロリストがやったんですよね?
ならば、マスコミに徹底的に公開して、どんどんと分析
させて真実をひとつでも追跡するべきだと思うのですが、
それはさせないというこれまた理解に苦しむアメリカ
政府の姿・・本当に911はおかしい事だらけなのである・・。

ただ、最初にも述べたが、大まかな部分では【アメリカ
の自作自演説】派である。ではなぜ【大まか】なのか?
そう、【アメリカの自作自演説】となると、ひとつだけ
納得がいかない部分があるのだ。
これだけの事をやるには、相当な人たちを口封じして
巻き込んでアクトしなくてはいけない。
果たして、そんな事ができるだろうか?という点である。

そこだけは、未だ納得できないのだ・・。
そして、こんな事で犠牲になられた全ての方々に
哀悼の意を表します。

見えないノルマがある日本では厳しいなぁ・・(^-^;

**********************************
 総務省統計局は8月17日、2010年4〜6月期の労働力調査
を発表した。調査結果によると、完全失業者(349万人)の
うち「(失業期間が)3カ月未満」という人は114万人と、
前年同期と比べ26万人減少した。しかし「3カ月以上」という
人は221万人と、同17万人の増加。このうち「1年以上」は
118万人(同21万人増)と、ITバブル崩壊後の2003年4〜
6月期(127万人)に次ぐ過去2番目の高水準であることが
分かった。
 完全失業者に、仕事につけない理由を聞いたところ「希望
する種類・内容の仕事がない」は102万人で、同2万人減少
した。また「条件にこだわらないが、仕事がない」(44万人、
同4万人減)と「自分の技術や技能が求人用件に満たない」
(21万人、同5万人減)もそれぞれ減少した。
その一方「求人の年齢と自分の年齢が合わない」(61万人、
同4万人増)と「勤務時間・休日などが希望と合わない」
(36万人、同7万人増)が増加した。

●求職活動をしていない理由

 就業は希望しているものの、求職活動をしていない人は
どのくらいいるのだろうか。同調査によると、就業希望者は
474万人と、前年同期と比べ13万人の増加。また就業非希望者
(就業を希望していない人)は3852万人と、同19万人増えた。
 求職活動をしていない人に、その理由を聞いたところ「適当な
仕事がありそうにない」という人は173万人と、同10万人の増加。
このうち「今の景気や季節では仕事がありそうにない」とする人
は25万人で、同1万人減少した。
**********************************
実際には「甘えてんじゃん!」と思うんだが、その背景には
ホームレスに成人病の人がいるという日本・・(笑)
なんだかんだ言っても、

【食べていけている】

というのがあると思うんだな・・(^-^;
とはいえ、じゃ、「食べていくためなら何でもできるだろ!」
と切り捨てるというのもなかなか厳しく、やはり自分も含め
多くの人が【何でも】はできないのも本音で現実・・(^-^;

また世の中、大きく【使う側】と【使われる側】に分かれる
訳だが、【使う側】で能力を発揮する人間もいれば、
【使われる側】で能力を発揮する人間もいる・・さらに、
発想してゆける人間もいれば、言われたままにしか動けない
人間もいる・・また、1言って10できる人間もいれば、
10言っても1しかできない人間もいる・・。

日本の技術基準や品質基準、サービス基準が向上すれば
向上する程、逆をいえば、消費者やそこに携わる人間達の
求めるものが高くなれば高くなるほど、そこからあぶれて
いく人間はどんどん昔より増えるのは当たり前である・・。
今や、我々の仕事も、普通の技術を持っていたって、
それ以上の技術やサービスができなければ食べていけなく
なる時代ですからね・・。

自分も含め、今現在仕事ができているという人間は【運】
もあったと思うし、自分の【レベル】を引き上げてくれる
人間が身近にいたり(ま、それも【運】に含まれるか(^-^;)、
もちろん自分の【努力】もあっただろうけど、自分などは
そもそもスタートは【適当】だったけれども、その【適当】
に始めた仕事を【大好きになれた】事が一番でかい・・。
そして、臆病だから【先に手を打つ】し、精神的にも弱い
から目標などは人に言う事で【自分を追い込む】・・。
そうしないと、すぐに自分に甘えてしまう・・(^-^;

そうして分析できる事や、実践できる事、考えられる事など、
自分の努力なのか?生まれついていたものなのか?未だに
わからない・・。
でも、結果、今の【大好きな仕事】が毎日できる事には、
素直に感謝しなくちゃと思ってる・・。

本当はみんなが【自分の仕事を好きになれる】事が理想の
社会なのかもしれませんが、それは資本主義であろうと
社会主義であろうと共産主義であろうと絶対に【みんな】
というのは無理な話・・。
【所詮は上から目線じゃん!】と言われるのは百も承知で
言うならば、そこをどうにかしよう努力したり考えたり
工夫したり・・とできるのが動物と人間の違いなんだとも
思うのだが、天から素晴らしい仕事が舞い降りてくる事を
願っているうちは、誰が手を差し伸べても【暖簾に腕押し】
な気はします・・。
が、そうした人達も、仕事を好きにはなれなくとも、
それなりに働ける社会というのが、本当は幸せな社会
なのかもしれません・・とはいえ、世界でグローバル
に・・最高の品質を・・素晴らしいサービスを・・って
見えないノルマがある日本では厳しいなぁ・・(^-^;

国家としての恥

いやいや・・消えた100歳以上の高齢者・・
最初は数人だったのが、どんどんと増え続け、8月11日
現在で全国で200人を突破したという・・(^-^;
いったいどこまで人数が増えていくのか?
しかし、その事件も、どちらかというと不謹慎ながら

「なぜこうした事が起こるのか?」

というところに実は興味深々だった・・。
すると、100歳以上の超高齢者の所在が不明となる
経緯には、主に2通りが考えられるそうだ・・。

1)東京都足立区で起こった111歳のミイラ化男性
 の事件じゃないが、家族が年金受給の搾取という
 詐欺行為目的として、死亡や行方不明の高齢者を
 【生存】とするケース。
2)家族や近所といつの間にか連絡がなくなり、本当
 に所在不明になって、捜索願いを出してはいるが、
 それでも生死が誰にも全く分からなくなっている、
 全く家族として興味が無く放置していて生死が
 誰にも全く分からなくなっているケース。

(1)のような言語道断なケースは重い罰を今後与える
事により防ぐとして、(2)のケースは人ごとではない。
自分も例外なく【核家族化】している人間の一人だが、
毎日、70歳を超えた両親と連絡をとっている訳ではない。
仮に今日忽然と姿が消えたら、確かに気付くのは相当
遅くなる・・。
で、捜索願いを出すが見つからなかったら、こちらも
生きてゆかなくてはなりませんから、毎日、自分の足
で探しまくる事も不可能だ・・。
そのまま警察からの連絡を待ちながら、毎日を暮らす
事になるであろう・・本当に人ごとではない・・。

次に住民票がある自治体では【生存】、本籍地では
【死亡】という、同じ人間でも【生】と【死】が
自治体によって異なるケースも発覚・・と、不思議
だったのが、根幹である【住民基本台帳】が色々な
所で多々間違っているという子供のおつかいのような
事がこんなにも沢山の人達に起こるのか?なぜ役所の
情報がこんなにもおかしいのか?という事だ。
すると、ある番組で死亡届を出してからの流れを
やっていた。まず、

 親族や同居者、後見人などが【死亡届】を出す。

→この出す所は【死亡地】【本籍地】【住所地】と
 3つどこでよい。そのいずれかに提出。

→で、届出を受けた自治体が死亡情報を関係先に
 通知する(つまり連携している)

→それにより【戸籍を削除】【住民票を削除】

という道を辿るそうだ。
つまり【死亡届】を出したが、その後関連地にその
情報を届ける仕事をしていない、情報がきてもその
情報を【住民基本台帳】などに反映させる仕事をして
いない・・という公務員が仕事をしなかったという
事による相当お粗末な【人災】・・。

しかし、笑ってしまうのが、今回、それがやられて
いなかった理由として総務省は

【2002年までは死亡情報が電子化されていなかった
 (2002年8月よりオンライン化され共有)】

という、デジタルになっておらずアナログだった事が
原因というとんでもない言い訳を恥ずかしげもなく
発表したが、そんなのは理由にならないよな・・。
それにしても・・全国の公務員というのは、どんだけ
最近までいい加減だったんだよ・・(-_-;)

ま、でも、この状況の本丸は、実は65歳〜100歳未満
である・・。
先に書いた(1)の理由を考えると、後期高齢者(75歳
以上〜)あたりから、娘&息子達が45歳以上あたりと
ちょうどお金のかかる年代に入る・・。
また、90歳あたりになると、娘&息子達は65歳以上
となり、無年金の人間や、自営業だったりすると国民
年金だけの細々とした年金額の現実を知る事になる
年代である・・。
年金の搾取を考えるならば、75歳〜100歳未満で
行われている可能性が非常に高い・・。

ちなみに、後期高齢者(75歳以上)は全国で1300万人
いるのだが、100歳以上が4万人で、80歳〜100歳と
いうのは100歳の300倍いるそうだ・・という事は
1200万人・・。
100歳以上が4万人中約80人0.2%という事は、80歳
〜100歳では単純に1200万人の0.2%は24000人・・。
という事は2万人くらいは不明者&年金搾取者がいる
のではないか?という疑いというよりも確信が出てくる・・。

まずは、今まで手を抜いてきた役所ですから、猛省して
65歳以上の年金をもらっている人達を全て確認するしか
道はない・・人海戦術あるのみだろうな・・。
その際に「【個人情報保護法】の壁で調査ができない・・」
とテレビで言い訳している勘違い自治体があったが、
【個人情報保護法】はそうした事には全く関係ない。
役所が集めた情報の扱いに関して関係するのであって、
【住民基本台帳】の内容の確認を個々に伺って行うのは
全く問題はない・・。
まずは誰の責任うんぬんは、こちらに置いておいて、早急
に国民の根幹の【住民基本台帳】をきちんと調べ直し、
きっちり確かなものに作り上げ直さなくてはいけない。
それと同時に、地域で見守る体制を築くために、これまた
早急にやらなければならない事は、この【個人情報保護法】
を、こうした高齢者に対しては、もっと柔軟に運用できる
ようにする法の改正、もしくは特例を作り、その上で
ここまで希薄な社会のシステムになってしまった現状を
きちんと受け止め、国民総背番号制ではないが、戸籍、
年金、医療保険、税金などを行政が把握できるシステムを
作らないとダメでしょうな・・だってどんどんとこの先は
核家族化、家族の希薄化に拍車がかかるのと同時に、
すごいスピードで高齢化してゆくし、高齢者が多すぎて
見守る事も、ままならなくなるのだから・・。

しかし国の根幹となる【住民基本台帳】が全国で数百人規模、
いやこのペースでいくと数千人規模で間違っている可能性が
あるだなんて・・国家の恥でしょう・・恥ずかしすぎる・・(-_-;)
とはいえ、今後どんな凄いシステムにしたとしても、全て人で
決まる・・取り扱っている公務員が、こんな共産国の人間達
みたいな無責任なままでは形を変えて、またこのような事が
絶対に起こる・・。
もう、公務員はすべて1年間の自衛隊入隊を義務付けては
どうだ?そして働き初めてもお粗末な人材は再び自衛隊で
1年・・みたいな精神改革から始める!(゚-゚)b(笑)
そのくらいのレベルで取り組まないと、公務員の驕りというか
甘えはどどこまでいっても、いつの時代でも変わらない気が
するのは自分だけでしょうか?
全てが人で決まる事を改めて感じるお粗末な事件です・・はい。

本当に無駄にしてしまうかは・・

***********************************
厚生労働省は6月28日、ノバルティス社(スイス)
と輸入契約を結んだ新型インフルエンザ用ワクチン
2500万回分のうち、未納入の約838万回分
(約107億円)を解約することで同社と合意した。
ただし既に製品化されているため、違約金約95億円
を同社に支払う。使われる見込みがなく、余剰と
なった輸入ワクチンへの支出額は、英グラクソ・
スミスクライン社(GSK)製と合わせ約853億円と
なる。ノバルティス社製ワクチンは、約1660万回分
(約214億円)が納入済みだが、実際に使われたのは
2465回分。すべて30日までに使用期限を迎えるため、
同省は廃棄を決める一方、未納入の分について解約
交渉を進めていた。輸入ワクチンをめぐっては、
GSKとも交渉したが、5032万回分(約547億円)
は解約できなかった。同社製ワクチンもほとんど
使用されておらず、今後需要が増す見込みも少ない
とみられることから、両社に支払った計約853億円
は結果的に「無駄」になる。 
***********************************
 う~ん・・これは無駄ではないでしょう・・(-_-;)
確かに結果だけを考えれば【無用になった(使い
道が無い)=無駄】という表現は間違ってはいない。
今回のような、いきなりやってきた【パンデミック】
のような状況下で、正確にこの先に出現する患者の
数を把握し、且つ、無駄にならないほどの備蓄を
計算し、さらに諸外国の製薬メーカーが日本に
届けてくれるまでの事を吟味しながら無駄が出ない
数を計算するなんて、不可能である・・。
現実、その製薬会社に次にまた何かあった時に
無理言う事を考えたら、一部でも回収できただけ
でも御の字としないといけないでしょう・・。
 当時ワクチンが少なかったにせよ、あった事に
より、何人もの人がインフルエンザから防がれた
場面もきっとかなりあったのでしょうから、
下らない飛行場やダムを作る事を考えれば、
国民を守る為の保険料だったと考えれば個人的には
無駄だったとは思わない。
 あれだけマスコミに騒ぎ立てられ、国民に
「まだか!まだか!早くしろ!」と言われていた
一年前を考えれば仕方の無い事である。

 それよりも、自分も忘れていましたが、厚労省・・
中でも検疫作業の方々、医療関係の方々、それ
以外の新型インフルエンザ拡大防止に努めて
下さった方々・・本当にありがとうございました
&お疲れ様でした。

 そして、こうした事を【本当の無駄】にして
しまうか?は今後の日本政府の対応にかかってくる。
例えば、どうしてワクチンをこんなにも海外に頼ら
なければならなかったのか?
それは行政が国内のワクチン製造能力を低下させて
いた事に起因する・・。
また、新型インフルエンザとは関係ないが、国民が
裁判などで文句ばっか言った事で、厚労省が悲しい
までに及び腰になってしまった為にワクチン政策が
世界に比べ異常に遅れている為、すでに世界で
ワクチンで防げる病気が、日本ではワクチンが認可
されていない為に防げない【ワクチン後進国】という
現状もある・・。
 そうした事もきちんと考えてもらわなくては
いけないのに、政府は選挙に忙しい・・ (-_-;)
今回の教訓が【本当の無駄】にならない為の前向き
の方向性を期待したい・・が無理っぽいなぁ・・
菅政権じゃ・・_| ̄|○

逆の立場になったらわかるだろうに・・

********************************
餌付けで集まった野良猫のふん尿などで被害を
受けたとして、東京都三鷹市の住民17人と管理
組合が同じ集合住宅に住む将棋の元名人、加藤
一二三(ひふみ)九段(70)に餌付けの中止と
慰謝料など645万円の賠償を求めた訴訟の判決が
5月13日、東京地裁立川支部(市川正巳裁判長)
であった。市川裁判長は、餌付けの差し止めと
計204万円の支払いを命じる判決を言い渡した。
判決によると、加藤氏は2階建ての棟割り形式
のタウンハウス前の通路や庭で集合住宅の管理
規約に反して餌付けを始め、2002年ごろには
集まる野良猫が18匹に達した。他の住民は猫の
ふん尿による悪臭や自動車に傷がつくなどの被害
を受けた。再三の抗議にもかかわらず、加藤氏は
餌付けを継続した。市川裁判長は「餌付けは原告
の人格権を侵害し違法」と指摘した。訴訟では、
「他の居住者に迷惑を及ぼすおそれのある動物
を飼育しない」と定めた管理規約に違反するか
どうかなどが争点となった。判決は「餌付けは
飼育の域に達し、さまざまな被害を及ぼして
おり違反」と認定。さらに加藤氏が費用を一部
負担し不妊・去勢手術を施し4匹まで減らした
ことを認めたものの、「被害はまだ続いている」
とした。加藤氏は、「(野良猫に)一日でも
長く生きてほしいとやってきたことが裏目に出た。
理解に苦しむ判決だ。(訴訟の対象外の)敷地外
での餌付けは続ける」と話し、控訴する意向を
示した。加藤九段は1954年に四段に昇格し、
史上初の中学生棋士となった。1981年に最優
秀棋士賞に輝き、1982年に名人位となった。
これまでに棋王、十段など計8期のタイトルを
獲得。2001年に史上3人目の通算1200勝を
達成している。
********************************
【人間は誰もが自分が中心である(エゴイスト)】

これは間違いない・・が、困っちゃうのはそれが
今回のこの事件のように【動物愛護】だなどと
特化した人達である・・。
一番の良い例が【シーシェパード(反捕鯨団体)】
などがそうだ。

個人的には人間が生存している以上は【動物愛護】
なんて事自体が、絶対に無理だし成り立たないと
思っている・・いや、絶対というのはちょっと
違う・・ひとつだけ方法がある。

自らの命を消す事だ・・。

過去にバンドをやっていた時に【動物愛護】を掲げて
メッセージにして歌っているバンドがあった。
話す機会があったので、メンバーと話してみると、
結局はなんて事ない【犬猫愛護】なだけ。
そう・・自分たちが特化してかわいいと感じている
生き物を大切にしよう!という人間特有の

【エゴ】

だった・・そう・・誤解を恐れずに言うならば、
悪いが【動物愛護】などそんなもの・・。

まず、完全に【動物愛護】をするならば、肉類は何も
食べられなくなる・・牛や豚や鶏、羊、猪・・なども
食べずに守らないとおかしいからね。
じゃ魚を食べる?魚は動物じゃないから粗末に扱って
いいの?野菜は心臓が動いている訳じゃないから、
がんばって成長している大切な生命を途絶えさせて
いいの?さらに、自動車が禁止は当たり前で、その辺
を歩く事も禁止だよね?
自動車は色々な生き物を踏みつぶし、空中の虫に
体当たりしている・・それらが死んじゃうかも
しれないもんね?
歩くのも同じくアリや虫を踏みつぶしてしまうかも
しれないし、草木を踏んでしまうかもしれない。
家を造るのなんて禁止だ・・土の中や草木で生活して
いる色々な生き物に多大な被害を与える・・。
という事は地面に建っている家に住むなんて事は
ひどい事過ぎてできないよな?
排水も禁止だ。洗剤や米のとぎ汁、みそ汁は赤潮
の原因で、色々な生物を殺しちゃうし、その排水
によって色々なものの生命を脅かすからね・・。
個人的に【愛護】とは、やるならばこのように
世の中の生ある物全てを愛護しなければならない
と思っている・・そして、それができない、上記の
ような事は平気な顔ででき、気に入った【動物】と
いう特化したものだけを守るというのならば、
完全な【エゴ】でしかないよね?

そうやって、本気で【動物愛護】を考えるならば、
究極は自分自身がこの世からいなくなる事しか
【愛護】できない事に気付くはずだ。
となると、繰り返しになるが【自らの命を消す事】しか
方法はない・・。

その選択肢しかない中【生きる】事をチョイスする
ならば、やはり人間というのは自分たち【エゴ】を
きちんと認めた上で【命】を途絶えさせて
【自ずの命をつなぐ】のだから、自分たちが生きるため
に犠牲になって途絶えさせた【命】に対して感謝して
生きてゆくしかない・・。

・・と、本題に戻すが、自分は将棋という【ルール】
のある中で【ルール】に従わなければ仕事ができない
のに、今回、管理規約で、

【他の居住者に迷惑を及ぼすおそれのある動物を
 飼育しない】

と定めているにもかかわらず、仕事以外ではルール
には【動物愛護の精神に基づいている】という理屈
で従わないというのだから驚く・・。

〜将棋を通してこの人は一体何を学んだのだろうか?〜

しかも、他の人の迷惑など関係ないという行動を10年
以上続けている人間が名人なのだから、将棋だけやって
いたために、人間教育がされぬまま大きくなったという
将棋界ではすごくとも、人間としてはクズ・・と揶揄
されても仕方ないだろうな・・(笑)

それにしても、規約や近隣うんぬん以前に、自分だって
自分の庭に、通る人通る人に便所代わりに毎日【ウンコ】
や【オシッコ】されて、朝起きたらいつも庭が【ウンコ】
と【オシッコ】まみれで臭くて洗濯物にも臭いが移る程
だったらイヤだろうに・・。
さらにテレビにおいての近隣の方の話だと、猫が車の
上に乗って、滑って落ちないように爪を立てたり
引っ掻いたりしてもいるらしい・・それだって、自分
の愛車が毎日のように【10円パンチ】されたりしたら
イヤだろうに・・。

そのようにかわいかわいいだけの【動物愛護】の前に、
自分に置き換えて考えればすぐにわかる事なのに、
そこはわからないフリをして逃げているんだよな・・。
自宅で責任を持って首輪をして飼わないところなどが、
それを証明している・・恐らく頭が良いだけにズルさも
天下一品というところだろう・・。

こうした事件は裁判しかないのだとしたら、自分の
近隣にそうした人間がいない事・・それはとても
幸せな事なんだと痛感する・・。

実は紙一重なんだと思う・・

愛知県豊川市での一家5人が殺傷された事件・・。
逮捕された長男・高之容疑者(30)が5人を刺す
などした傷跡が計44カ所、刺した後はライターで
自室の布団に火をつけて逃げた・・と・・いやいや
壮絶だな・・(-_-;)
人は血の繋がった家族に、こんなにも残酷に
なれるものなのだろうか?

捜査幹部や親族によると、高之容疑者は引きこもり
状態にあり、事件前、ネットに一日中没頭したうえ、
ゲームなどをオークションなどで購入しては、父親
を脅かして父親の銀行口座&給料を管理、父親の給料
(20万〜30万円)の中から、父親に5万円、母親に
4万円を毎月渡し、残りを自分で使っていただけで
なく、父親名義のカードで支払っていた・・って・・
好きなだけ遊んで、湯水のごとくお金を使って
いられるんじゃ、この生活から抜け出すのは無理
だよな・・(笑)
さらに、両親が子供に歯向かう事ができない事が
確認された時点で、親と子供の関係が逆転している
訳で家族としては【破綻】している・・。
もう子供が怖くて親は何もできなくなるからね・・。

いずれにしても、全面的に親が悪い・・。
子供は一人では絶対に悪くはならない・・。
なぜもっと早く追い出さなかったのか?などと問い
つめ、退路を断たないと甘えるだけだ!と結果論で
論じるのは簡単だ・・。

きっと、それまでの間に、引きこもり始めた長男を、
何とかしようと言う事は、親なら当然やっただろう・・。
長男は地元の公立中学を卒業後、一時期働いていたが、
人付き合いが苦手ですぐに辞め、引きこもるように
なったというが、残念だが今の日本に中卒で人付き合い
が苦手・・などという人材を喜んで引き受ける企業は
ひとつとしてないだろう・・。
そうである以上は、自分たちで無理ならば専門家に
お願いする事もひとつの手だが、そのタイミングも相当
難しいだろう・・このように世間にはそうした人間の
受け皿がほとんどないという事もひとつの問題なのだが、
これを【世間のせい】とするのは無責任だ・・。

どんなきれい事を言っても、所詮は良くも悪くも、
家族内の親子関係というのは、支配する力で決まる。
人間というのは弱いもので、自分より強いと思う
人間には相当な事がない限りはむやみに立ち向かう
事はない・・そう・・世の中は強い者になびくしか
道がないから、人は権力を欲しがる・・。

ふと、学生時代にクラスを見渡した時にいつも
隅っこにいた感じの同級生を思い出すと

「あんな弱っちい奴がお父さんになったら
 どうなっちゃうんだろう・・」

なんて、こうした事件が出ると、想像をしたり
する時がある・・だって、そんな人間でも、SEXを
して子供が生まれれば【親】なのである・・。
そう・・当たり前だけど【親】になるために
試験も資格もいらないからね・・。
自分も、もちろん試験も資格も持たずに【親】に
なった訳だが、ありがたい事に自分などは体に
恵まれ、そこそこの脳みそを与えて頂けたもの
ですから【理攻め】、【力攻め】と今のところ
両方で子供に負ける事はない・・これだけでも
ずいぶんと子育ては楽をさせてもらっている・・。

今回、うちの子供は高校受験だったのだが、子供を
やる気にさせる・・という事の難しさを痛感した・・。
そもそも受験は親が頑張る事じゃないのだから、
オロオロしても仕方がないと言い聞かせるのだが、
当の本人はお気楽な状態だったりする訳だ・・(笑)
そこで声を張り上げて「勉強しなくていいのかよ!」
と言うのは簡単なのであるが、本当は子供自身で
自らそれに気付いてがんばって欲しいと思うのが親だ。
そしてそれをジッと信じて薫陶のように見守る・・。
これが非常に難しい・・ついつい口を出したくなるし、
怒りたくもなる・・(^-^;(笑)
だから、この自分の環境下で一番怖いのは逆に
「何も話さない」「自分はどうせダメだから」という
ネガティブなやる気のない方向性に行かれる事である・・。
ネガティブだけは力や理論ではどうにもならないから
一番困る・・。
そう考えると、自分と子供の関係だって、実は紙一重
なんだと思う・・そう考えるとこうした事件は自分の
事に置き換えてしまい心が痛むのだ・・。

救急病院で受診の軽症患者、加算料金

***************************************
厚生労働相の諮問機関「中央社会保険医療協議会」
(中医協)は1月15日の総会で、病院勤務医の負担
軽減策の一環として、軽症でありながら救急病院を
受診した患者からの特別料金徴収を検討すること
などを盛り込んだ、2010年度の診療報酬改定の
骨子案をまとめた。救急医療については、軽症患者
の夜間や休日の安易な受診が、勤務医の疲弊や重症
患者の治療への支障につながっているという指摘が
ある。厚労省はこの日の総会で、救急外来で薬の
長期処方を要求したり、虫さされや指のトゲの治療
を求めたケースを軽症者の例として示した。
そのうえで、特別料金徴収を、全国221か所の救命
救急センターの救急外来を訪れた患者のうち、診断
前に医師から軽症だと判断された人を対象に行う
方針を示した。保険診療の自己負担とは別に費用が
かかることを説明し、それを受け入れて受診した
場合に徴収する考えだ。
総会では、患者の受診抑制につながることなどを
理由に慎重意見も出たが、最終的に了承された。
中医協は22日まで骨子案への国民の意見を受け付け、
2月中旬にも改定の詳細を決定する。特別料金徴収
も10年度中に実施したい考えだ。
骨子案にはこのほか、<1>多数の救急患者を受け
入れるための体制を整えている医療機関を評価する
<2>医師事務の作業補助者をより多く配置した機関
を評価する――ことなどを盛り込んだ。
***************************************
モラルの無い人間達が増えている以上、仕方のない
骨子案だろう・・。
すでに、軽度の症状は大学病院など【大病院】とか
ではなくて、町の医者を使いなさい!という事で
紹介状の無い場合には保険料の自己負担の他に、
別な費用がかかる。
それでも、未だに予約の時間にすら診療して貰えない
程の混雑である・・。その他の、

<1>多数の救急患者を受け入れるための体制を
   整えている医療機関を評価する
<2>医師事務の作業補助者をより多く配置した
   機関を評価する

という点は医療関係でないのでわからないが、
単純に考えて<1>は医者の数を増やす、<2>も
多くの雇用をせよという事が必要な事項であるよう
に思われる・・。
患者側にとってはありがたい事だと思うが、病院、
それも産婦人科や小児科など、希望者の少ない科
があったり、その医者の数が少なくても病院の方針
でたった数人の医師で少数にしか患者を診られない
としても、公共性という立場からがんばっている
病院を減らす事にならないのだろうか?
そこまでの動きにはならなくとも、その事により、
病院の評価が下がるため、それに見合わない科は
切り捨てられ、医者が集まる科だけ存続しよう・・
みたいな動きにはならないのだろうか?
ただ、記事になっている前半の部分に関しては
個人的には賛成である。

それと、もしかしたら部署が違い、一緒に論じる
事ができないのかもしれませんが、この骨子案と
同時に救急車もタクシー代わりに使うモラルの
低い輩も出てきている以上は、状況によっては、
【罰金】的な【有料化】を、そろそろ考えるべき
ではないだろうか?
この【有料の状況】という部分は100の状況が
あれば、それこそ100通りの状況があるのでしょう
から、定義するというのは難しいのかもしれませんが。

そそそ、救急車といえば、先日、ある店で飲んで
いた時に、別なテーブルで飲んでいた女性が、
飲みすぎでグッタリしてしまい、店の方が救急車
を呼ぶのだが、ここからがビックリした・・。
急性アルコール中毒においては、救急車は基本的に
行かないのだそうだ。
手順としては、まず警察に連絡→警察が救急車が
必要か判断→警察が救急車を要請・・という形
だそうで、これは確かに本人の自覚で、酒をきちんと
わきまえ、適量をたしなむという大人の姿勢から
逸脱しているのだから病気という位置づけでなく、
本人の自己責任においての無責任な状況である事、
救急車を呼ぶ程でない酔っ払いが病院に行く事を
未然に防ぎ、医師の負担を防ぐ対策としては有効か
と思うが、グッタリしてしまった時にはそのまま
死ぬ可能性もある訳で、難しいなぁ・・と感じた
夜だった。
これは個人的な憶測だが、大学での飲み会でよく
1人死んだとかいう事件があるが、これなどは
もしかしたら警察が行くというワンクッションが
なかったら救えた命なのかもしれない。

難しいね・・。

もちろん、すべての人間が満足する医療というのは
できる訳はないのだが、知恵を出してがんばって
それに近づけては欲しいね・・。

改革という張りぼての談合政治

こんな事ばかりは徹底的にやる・・おかしな世界・・。
また、こんな事をしたらマスコミにボコボコにされる事が
普通ならわかるはずなのに、それさえも気付かないという
あわれな世界・・。

2月2日、大相撲の立浪一門で元幕内光法の安治川親方が

【選挙で、貴乃花親方を支持して1票入れました。大変
 迷惑をかけ、相撲協会を退こうと思いました。】

と【日本相撲協会理事選挙】で貴乃花親方に投票した事
を明かすとともに、日本相撲協会を退職する意向を示した。
安治川親方は3日に日本相撲協会に退職届を提出する
見込みだそうだが、これを受理したら日本相撲協会は

【元々、投票の自由など無く、談合選挙だった】

と認める事になる・・。
これならば、最初から選挙などしなければ良い話で、
それ以前に、選挙後に緊急一門会などを開いて、犯人捜し
をやるだとか、「この人なら何かをしてくれると思った」と
自分の意志に従って投票したら、

【職を失う】

などという事は絶対にあってはいけない・・なんて普通の
人が普通に感じる事が、わからない・・できていない・・と
いう事自体が、やはり【相撲界】というのが異常な世界で
あるという事なんでしょうね・・。
だから、こうして【変わって欲しい・・】と願うから、
初めから談合ありきの世界なのに【造反】が出てくる・・。
ここを日本相撲協会が見誤ると、今後、日本人が【相撲界】
に進まなくなるかもしれない・・。

子供を育てている親が、少なくともこうした閉塞的な世界
へのスポーツをさせるのはやめよう・・という事になる。
貴乃花一人の力では恐らく、何も変わらない世界だと思うが、
変わらなければ、気付いたら日本人が誰もいないスポーツと
いう結果になるかもしれない・・。
ここでどういう判断の舵をきるのか?
日本相撲協会の責任は大変重い・・。
同時に、文部科学省もこんな【談合政治】を傍観している
ようではダメだし、変えようという動きを封鎖させる事を
許しているようでもダメだ・・。
とはいえ、文部科学省内部も考えてみれば似たような構図
だから無理か・・_| ̄|○

もう15年

ファイル 1429-1.jpg

阪神大震災から、昨日で、もう15年かぁ・・。
当時、次の月の2月に神戸での会合が予定されていた
のだが、即座に中止になった・・(^-^;
初めての神戸だったので、楽しみにしていたのだが・・。

それと同時に、当時、忘れもしない・・村山政権で、
政府の出動要請を待ちわびていた自衛隊に要請をした
のが、なんと地震発生から4時間後・・さらに日本に
駐在する米軍から空母を拠点とした救援活動要請が
あったにもかかわらず、それを拒絶・・と報道で後から
わかって、国民を見殺しにした!と腹立だしかったのを
覚えている・・。
こうした【自衛隊が合憲ではない】、【日米安保は
認めない】などというリベラルな政党には絶対に
投票してはいけない・・と心に決めたのもこの地震が
キッカケだったりする・・。
とまたまた政治的な話になってしまいました・・(^-^;(笑)

閑話休題。

その阪神大震災にあわれた方の興味深い教訓と共に
個人的に大変勉強になったページ・・。

【地震が起こったら、まずこれをしろ!】
http://www.satonao.com/column/variety/jishin.html
【地震が起こる前に、これだけはしておけ!】
http://www.satonao.com/column/variety/jishin2.html

興味ある方は一読を・・。

痴漢冤罪事件10年の結末

このブログでも、2006年4月12日に【痴漢賠償請求訴訟】
という題名で詳細を書いている
が、今回はほぼ決定が
出ているので、あえて【痴漢冤罪事件】と位置付ける。
訴えていたのは、東京都国立市の元会社員沖田光男氏(67)。
この沖田氏に関しては、当初、電車内で携帯電話で通話中
の女子大生(当時)に痴漢をしたとして、1999年に逮捕
され、警察や検察の取り調べで【嫌疑不十分】として
刑事事件では不起訴だった・・そこで、沖田氏は、

【電車内で携帯電話で話さないよう注意したことを
 逆恨みされた】

ため嘘の被害申告をしたとして、その女子大生や国などに
対して損害賠償を求めた民事訴訟を2002年に起こす・・。
当然である・・が、ここで大問題が起こる・・。

通常、裁判においては【疑わしきは罰せず】の大原則がある。
それだけでなく、この民事訴訟以前に警察が現場で沖田氏
を逮捕、拘置し、検察が取り調べ、その結果【嫌疑不十分】
として罪に問えるだけの証拠がないという結論になった
事件である・・。
しかし1審の東京地裁八王子支部・松丸伸一郎裁判長は、
女子大生の証言については携帯を注意されたくらいで
女子大生が痴漢をでっち上げる事は考えがたいという事
で信憑性があるとして棄却されただけでなく、上記で
刑事事件として事件捜査に当たった検察が、なんと
沖田氏の不起訴となった記録を【破棄した】という理由
で提出をせず、刑事事件の件はなかった事として論じ、

【股間を女性の腰や太もも辺りにこすりつける
 痴漢行為をした】

と痴漢行為を決めつけるというあってはならない事を
しでかす・・結果、沖田氏は敗訴という驚くべき内容・・。

余談だが、この東京地裁八王子支部・松丸伸一郎裁判長
という人物・・1994年6月27日に長野県で起きた有名な
冤罪事件の【松本サリン事件】において、河野義行氏に
対し殺人容疑とし家宅捜索を認める

【捜索差押令状】

を出した裁判官であり、同じ人様の人生を180度変える
死んでも償いきれない冤罪事件をまたもや起こしたのだ。

さらに2審の東京高裁では、女子大生が携帯電話で音楽
教室男性講師と通話中に痴漢されたと訴えていたが、
通話相手とされる男性講師の陳述書に女性の証言と
一致しない点があるとして、この男性講師を沖田氏側は
証人申請したが、東京高裁は却下するという、まるで

【刑事で不起訴になった時点でおとなしくしてりゃ
 いいのに、国に向かって民事訴訟を起こしやがって!
 こうなったら沖田氏を何が何でも痴漢にしてやる!】

とでも陰謀するべく、東京高裁は信じられない驚き
の愚策を取り、1審と同様に棄却し冤罪を認定した・・。
こんな不条理な冤罪裁判を真面目にやらなければ
ならなかった沖田氏にはもう・・なんと言って
良いやら・・(-_-;)

その後、2008年11月にの最高裁では女子大生が
携帯電話で話していた音楽教室男性講師の

【証人調べをしていない】

と審理が不十分だとして、痴漢行為を認めて請求を
棄却した2審判決を破棄、東京高裁に審理のやり直し
を命じるというひどさ・・。
最高裁の判断は当たり前である・・。
というより、最高裁が差し戻さなければ、電話相手
の男性講師の証言を、考慮にも入れられてもらえない
という恐ろしさ・・。
結果論で論じれば、1審の東京地裁が刑事事件の検察
の不起訴記録を提出させれば終わっていた裁判だった。
もしくは2審の東京高裁が音楽教室男性講師の証人調べ
を行っていれば終わっていた裁判だったという事であり、
最高裁まで行かなくてはならない様な、愚判決を繰り
返した東京地裁、東京高裁の責任はとんでもなく重い。
それ以前に人様の人生をこんなにした無責任な裁判所
って一体何なんだよ?悲しくなるよ・・。

で、11月26日に東京高裁で、その差し戻し後の
控訴審判決があった。

今回は、痴漢行為があったかどうかを判断する為に、
女子大生の携帯電話の話し相手だった男性講師の
証言内容を検討・・すると、女子大生が通話中に
痴漢をされ【離れてください】と言ったと主張して
いたが、相手の男性講師は【離れてください】という
発言を聞いていないと証言していた点から、男性の
証言は沖田さんの主張と一致していたという事から、
1、2審の判断を覆し、大橋寛明裁判長は

【痴漢行為があったと認める事は困難だ】

という事で、沖田氏が痴漢をしたとは認められない
とした。
もちろん、【2審判決を破棄して審議やり直し】
という事は、当然、女子大生の【でっち上げ】が
認められ、沖田さんが【無罪】になる可能性が高い
と個人的には思っていた。

しかし、一方で【女性は身長が高くて痴漢行為は
できない】とする沖田氏の主張については、

【物理的に不可能とまではいえない】

とした事をふまえ、

【女性が故意に虚偽の申告をしたとも認められない】
【女性が痴漢の被害に遭った事を証明できないから
 といって不法行為責任を負うのでは、犯罪の申告
 が著しく抑制されてしまう。不法行為の認定は、
 あえて嘘の申告をした事が立証された場合に
 限られる】

として犯罪被害者が被害を訴えにくい環境になる
事への懸念を指摘し沖田氏の控訴をなんと棄却
した・・(◎_◎;
今回、明らかに【物理的に不可能といえる痴漢行為】
でなかったら女性側がどんな嘘の証言をしても、
男性側が女性が嘘の申告をした事が立証できな
ければ、不法行為責任を負わず一切お咎め無し!

さらに

【痴漢の被害に遭った事を証明できなくとも良い!】

と認定された事になる訳だ。

今回の事件を例にするならば、最初、女子大生は
お尻に沖田氏が局部を押しつけて痴漢をしたと証言、
で、身長の低い沖田氏は長身である女子大生のお尻
に局部は届かないと裁判で証明すると、女子大生は
その証明が出された途端、お尻でなく太ももだった
と証言を変える・・さらに通話中に痴漢をされ
【離れてください】と言ったが沖田氏はしつこく
局部を押しつけて離れなかったと証言、しかし、
電話の話し相手だった男性は【離れてください】とは
聞いていないと証言、しかも、ガラガラの中央線の
車内、痴漢行為の目撃者もいない(誰も見ていない)
・・と、これだけ女性の虚偽と思われる事が揃って
いるにもかかわらず女性の虚偽に対し、不法行為責任
を認められないのである・・。
女性の証言に出てくる事で何ひとつ正しくないのに、
女性に対しては、最後まで裁判所は【疑わしきは
罰せず】の大原則を貫くという不条理・・。

もちろん、沖田氏の弁護団は

【今回は明らかなでっち上げ。勘違いや人違いとは
 区別して責任を問うべきだ】

と非難した・・当然だよな・・沖田氏の人生の中で
10年の歳月が、その場で思いついた

【逆恨みのでっち上げ】

のせいで消えたとしたら、この女性にはそれなり
責任をとってもらわないとな・・という事で、
沖田氏は再び上告する方針だそうだが、今回最高裁
から高裁に差し戻されている事を考えると【棄却】
される可能性は高いだろう・・。
よって個人勝手な予測で【痴漢冤罪事件10年の結末】
とした・・。

しかし同時にこの事が男性にとってどれだけ恐ろしい
事か・・そして・・【痴漢冤罪】の証明というのは、
なんと大変なのだろう・・_l ̄l●lll ガクリ
また、自分の身にいつ降りかかるかもしれない災難に、
【理論武装】もお忘れなく!

新型インフルエンザ・ワクチン騒動

9月6日に厚生労働省が新型インフルエンザ・ワクチン接種に
おける【優先順位案】を公表した。
決定という事でなく、この1週間で国民から意見を求めるという
もの・・(ん?昨日でもしかしたら終わり?(笑))

■最優先接種対象者■
*医療従事者(救急隊員を含む)→約100万人
*妊婦・起訴疾患を有する者(持病のある人)
           →合わせて約1000万人
*小児(1歳〜就学前)→約600万人
*1歳未満の小児の両親→約200万人

■優先接種対象者■
*小中高校生→約1400万人
*高齢者→約2100万人

という事らしい・・いいんじゃないの?(笑)
自分はいずれにしろここには入っていないし、毎年、
インフルエンザ・ワクチンは打った事は無いし・・(笑)
そもそも、政府が発表しているピークが9月末から
10月中旬・・ワクチン接種は10月下旬予定・・って
もうすでに手遅れですから・・(笑)
それにインフルエンザは死ぬ訳でもないし、治らない病でもない・・
普通の人は長くても1週間も寝ていれば治る病気・・毎年、必ずある
病気だし、今更、何をそんなにみんな恐れているのか?
全くわからない・・。

そもそも、インフルエンザのワクチンはどのようにして作られるのか?
鶏の有精卵の中で増やし、ホルマリンを使って殺し、死んだウィルスの
一部を取り出して加工をするという・・まあ、それはそれで仕方ない
から良しとして、インフルエンザ・ワクチンは、殺したウイルスの、
さらにその一部だけを使って作るので、製法上、弱い抗体しか作れず、
体内で増えず、ウイルスの一部に対する抗体しかできないという。
さらに、血液中にしか抗体を作れず、のどや鼻には抗体ができない・・
結果、ウイルスはのどや鼻、目から入るから感染は全く防げない・・。
という事は、自分を介して家族や職場相手にうつす事は防ぐ事は
出来ないのである・・。

以前、専門家達がワクチン接種地域と非接種地域に、インフルエンザ
の流行の大きさにおいて、

【なんら差が無い】

という事がわかっただけでなく、自然感染をした人の方が、その後、
インフルエンザに罹りにくくなったり、罹っても軽い症状ですんだり
と、明らかに強い抗体を得ているというデータもある・・。
さらに、死ぬと騒がれる【インフルエンザ脳症】・・。
高齢者の肺炎や乳幼児の脳症は、そもそもインフルエンザ・ウイルス
とは無関係である事も発表しない。
ワクチンを打つと【かかっても重症化を防ぐ】も嘘で、そのような
データは全く無い・・あるなら見せてくれ!(笑)

現在、マスコミで【新型インフルエンザ】と騒がれているものは、
本当に【新型】なのは数%、もしくは何人もいないかもしれない
のだ・・なぜならば、簡易検査で【A型】であれば全て【新型】の
扱いになっているからだ。
その事はマスコミは全くといっていいほど説明をしない。
とはいえ、厚生労働省にいる友人の話では、毎年、普通に発生して
いるインフルエンザも厳密に言えば、必ず

【新型】

だそうだ・・(笑)
その位に、インフルエンザウィルスは、遺伝子構成が変異し続ける
という特性を持っている・・という事は、今回のワクチンも、新しい
インフルエンザウィルスには効果があるかはわからないのだ。
毎年のワクチン騒動には辟易しているが、少なくとも今回、
どうあがいてもピーク時にはワクチンは無いのだから、慌てても
仕方ない・・しかも自分に関しては、仮に打ちたい心境に変化したと
しても、打てる順番は当分こなそう・・という事で、今年も
インフルエンザワクチンには、個人的には用は無いのです・・(笑)

911から8年・・

アメリカ同時多発テロの【911】から、早8年・・。
この日、いつもは【911】はアメリカの自作自演!!
話(笑)ばっかなので、今回は

【テロは悪か?】

というところを問うてみたい。

近代兵器をたくさん持ち、大義名分が揃えばどこでも戦争を
やれるアメリカ側からみれば、もちろん【テロ】は【悪】・・
しかし、イスラム原理主義など、近代兵器の戦争ができず、
少数で戦わなければならない側からすれば【善】・・。
そこいら辺で戦争を仕掛けたアメリカが【911】で、
どれだけの罪のない人間が殺されたのか・・と【テロ】を
憎んでも、パレスチナなど、アメリカに空爆され、どれだけ
の罪のない人間が殺されたのか・・という側面からみれば、
近代兵器をたくさん持つ大きな国家と戦うには【テロ】しか
ないのである・・。

【911】直後、アメリカは、証拠もないのに、この【テロ】
の首謀者は【オサマ・ビンラディン】と発表・・。
それを利用して【文明社会 vs テロ】という構図を的確に
作り上げる・・しかし、2008年10月9日ホワイトハウスにて、
ペリーノ報道官が、

【911の首謀者はビンラディンでは無く、カリド・
 シィク・ムハンマドが911の首謀者でした。】

と公式に発表する・・構図はアメリカが本意を隠し、
意図的にいつももっともらしい理由付けを行う、

【イラク&フセインの脅威から戦争するのが世界のため】
【戦争をやめない日本への原爆投下するのが世界のため】

と一緒の手口である・・。
普通の方は御存知の通り、米上院情報特別委員会が発表した
イラク戦争に関する報告書では、イラクの大量破壊兵器は
なかっただけではなく、開発計画すら無かったという
驚くべきもの・・。
何も悪くないイラクをあれだけメチャクチャにしておいて、
アメリカが「ゴメン・・」と謝るだけでは済まない。
「ゴメン」では済まないけれども、その「ゴメン」すら
言っていない・・。
もちろん、日本への原爆投下に関しても謝罪はない・・。
でも、日本では成功してしまった・・。
東京大空襲で民間人を焼き払い、原爆を落とし民間人を
大虐殺しても、日本人はアメリカ様に感謝し、アメリカ様に
ひれ伏せ、守ってもらい、ポチのようにしっぽを振って
どこまでもついてくる・・(笑)
この成功は、もしかしたらアメリカを

【自分たちの価値観が一番正しいのだ!】

という間違った方向へ導いた最初の第一歩なのだろう・・。
しかし、他の国は違った・・。
彼らには【守りたい者】【守りたい文明】など色々なものを
背負って【テロ】という手段を用いて、アメリカに戦いを挑む・・。
アメリカは自分たちの行為を我が物顔で正当化し続けて
いる昨今、【テロ】をする側を【間違いだ!】【悪だ!】と
言える人間はいないのではないだろうか?
こんな現在をみている限りでは、やはり地球は愚かな
人間の手によって滅ぼされるとしか思えないのである・・。

そして、こんな事で犠牲になられた全ての方々に
哀悼の意を表します。

ワクチン後進国かぁ・・(後編)

前編からの続きぃぃぃ〜(゚-゚)b

そこから約20年間・・厚労省の足取りはとてつもなく重くなった。
1994年には、予防接種法は改正、定期予防接種が

【義務】→【努力義務】

になると、学校などでの集団接種が打ち切られた。
そりゃ、ワクチンを使って何かが起こると、

【みんな厚労省が悪い!】

となれば、ワクチンの認可を厳しくせざるを得ないよな・・
さらに、打たないければ何も起こらないのだから、打たないに
越した事はない・・当たり前である・・(笑)
自分でもそうするだろう・・というより、そもそも認可しない方が、
予防接種もやらない方が何の責任も負わなくていいからね・・。

そんな中、やっと認められた【Hibワクチン】・・。
しかし、日本ではこのワクチンが足りないそうだ・・(-_-;)
このワクチン、国産ではなくフランスの【サノフィパスツール】
というメーカーで作っている日本特別仕様のためで、成分は同じ
なのだが、日本語ラベルを貼る日本用の生産ラインに限界があって、
それを急に増やす事が難しいらしい・・さらに、日本側の検定作業
などのために、製造から出荷まで10ヶ月かかるという顛末・・。
国産ワクチンメーカーを育てるどころか、どんどんと縮小して
いった市場が20年間じゃ、どのメーカーもやらないよな・・。
日本が新しいワクチンを認可しない間に、世界は新しいワクチンで
病気を大幅に減らしている・・なんて状態じゃ、世界と戦える訳
はないから他国のワクチンメーカーに頼るしかない・・。

日本では特に20〜30代の発症率の増加が顕著な【子宮頸がん】・・。
毎年約7000人が子宮頸がんと診断され、約2500人が死亡という
【子宮頸がん】を予防する【HPVワクチン】も、まだアメリカ
では2006年にすでに認可されており、セックス経験前の女性
ならなんと99%防げる、経験者でも約7割の【子宮頸がん】感染
を予防するという報告だそうだ。
このワクチンも現在、100カ国以上の国や地域で普及しているが、
日本での導入においては、承認申請中ではあるが、まだメドは
立っていないそうだ・・。
ワクチン売り上げ世界首位の【小児用肺炎球菌ワクチン】も
承認申請中ではあるが、欧米諸国では発売されている
【ロタウイルスワクチン】や【帯状疱疹ワクチン】は、
日本ではまだ承認申請も行われていない・・。

ちなみにWHO(世界保健機関)は、日本が任意接種に位置づけている
【Hibワクチン】、【小児用肺炎球菌ワクチン】、【B型肝炎ワクチン】
の定期接種化を積極奨励しているそうだ。
でも【ワクチン後進国】日本では定期接種化が見送られている・・。

もうすでに、世界からは【感染症の輸出国】とありがたくない
揶揄をされているそうで・・(-_-;)
さらには【ワクチン後進国】である事は一応は自覚しているのだろう
から、他国での導入実績を鑑みて、柔軟に迅速に導入できる機関を
アメリカのように作り、世界の基準に日本の基準を合わせる時が
来ているのではないだろうか?
しかし、柔軟に迅速に導入できる機関ができたとしても、副作用を
怖がるのか?病気を怖がるのか?それもそれらの機関ががんばった
末に決まるのではなく、裏で行われる金銭の有無や、マスコミの
さじ加減ひとつなのだとしたらとても悲しい国である・・(-_-;)

ワクチン後進国かぁ・・(前編)

臓器移植法改正の前に、驚いた事・・今まで、全く
知らなかったのだが、日本という国はワクチンに
関しては相当なる【後進国】なのだそうだ・・。
その時には

【Hib(インフルエンザ菌b型)ワクチン】

を特集していたが、このワクチンは【細菌性髄膜炎】
という国内で年間約800人が発症する病気にかからない
ためのもの・・かかった人の3分の1は耳が聞こえなく
なったりなど重い後遺症を残すか、5%くらいの確率で
亡くなるそうだ・・。
アメリカでは1987年に承認されており、世界でも
100カ国以上で定期接種化されているのだが、世界でも
承認が厳しいとされる日本では2003年に承認申請、
2007年に承認・・とアメリカの20年も遅れての承認・・。
アジアで【Hibワクチン】が承認されていないため接種
できなかったのは日本と北朝鮮だけだという・・。

う〜〜ん。

ここだけをみると、アホか?厚労省!となるのだが、
その背景を知ると、確かに足取りは重くなる・・。

日本のワクチン行政に大きな転機を迎えるのが、
1988年に認可した

【MMRワクチン(麻疹・おたふく・風疹の新三種混合ワクチン)】

だそうで、この【MMRワクチン】を接種した幼児が、

【無菌性髄膜炎】

という副作用が相次ぎ、社会問題に発展、その中でも、
日本製のおたふくかぜワクチンがかなり劣悪だったそうで、
1993年に接種が中止された。
しかし、それも当初10万から20万人に1人と考えられていた
副作用が、数千人に1人、1200人に1人と、調査を重ねるごと
に発生率が高くなっている事実を、旧厚生省は知っていたが
やめなかった(らしい)

【MMR訴訟】

1970年〜1980年代にかけて

【予防接種を巡る集団訴訟】

も頻発し、全面的に国は敗訴した・・というように1980年代
後半からワクチン接種による副作用が社会問題になり、
多くの裁判で国が敗れ、賠償金が支払われた。
このあたりから、日本のワクチン行政が狂いはじめた・・。

しかし、ここでも、やはり世論はマスコミが作り上げる
というのを地でいくように、当時のマスコミの論調も、
ワクチンの接種により、守られている国民の方が圧倒的に
多い事よりも、数少ない副作用側からの方向性からの報道、
それに伴い増え続ける集団訴訟の件数、衛生的になってきた
事により、感染症が減少傾向にあるという方向性から、

【定期予防接種見直し】

の論調になり世論が形成されていった・・。
報道というのは、伝える方向性で正義にも悪にもなる。

後編に続くぅぅぅ〜(゚-゚)b

痴漢冤罪から身を守る理論武装(後編)

前編の続きぃぃぃ〜〜(* ̄∇ ̄*)v

で、駅員は早く警察官を呼んで引き渡す事をしたい訳で、
もし半ば無理やり連れていかれたり、引き留められたりしたら、

【暴行罪で訴える】

と言ってもいいし、

【私が会社に行かないと損害が発生する。損害賠償請求もするぞ!】

と反論するのも良いのだそうだ・・。
いやいや・・しかし勇気がいりますね・・この行為は・・(笑)

で、被害女性や駅員の手を振りほどき立ち去ろうとすると、
その次には、恐らく周囲の正義感溢れる人間達が多数出てくる
可能性が高くなるだけでなく、そこを無理して立ち去ろうと
すると、殴り合いの騒動に発展する可能性も出てくる・・
そのようにちょっと立ち去れない状況になったら、

【逃げるのではないと説明する】

のだそうだ。この場合、きちんと住所氏名を明かし、持って
いれば名刺、最悪、運転免許証などを渡して、逃げるのでは
ないという姿を見せて、その場から立ち去る事・・。
駅員がうるさい時にも、同様の形で対応する事・・。
どういう形であれ、とにかく現行犯逮捕は避け、その場から
立ち去れば、現行犯ではないので証拠がなければ逮捕は
難しいのだそうで、結果、それ以上は話が進まない・・と
いう事になるのだそうだ。
ただ、後日、警察から呼び出しがあるかもしれないので、
その時にはきちんと応じたほうが良いらしい・・。
呼び出されても、痴漢は現行犯でない以上、証拠がなければ
逮捕される事はまずないそうだ・・。

で、最後、ああだこうだやっているうちに、警察が来てしまった
という場合、警察官が任意同行を求めても、応じてはいけないのだ
そうで、応じて警察に行って説明をすれば、疑いが晴れ大丈夫
だろう・・などと思うのは大きな間違いで、ろくに弁解も聞かれ
ないうちにいつの間にか起訴されてしまうそうだ。
なので、警察官にパトカーに乗るよう促されても【行かない】、
【帰る】の一点張りで通す事が大切で、それでも身柄を
拘束しようとすれば

【公務員職権濫用罪だ!】

と言えば良いそうだ・・とはいえ、ここまできちんとやるには
性格もそれなりに強く、それなりの冷静さを保てる人でないと
難しいんじゃないかなぁ?(^-^;(笑)
で、この際に一番気をつけなくてはいけないのが、無理に帰ろう
として、立ち上がった拍子に警察官の体にぶつかったりすると、

【公務執行妨害罪】

で逮捕される恐れがあるので、冷静に対応する事が必要なのだそうだ。
警察も恐らく、全然認めないこちら側の態度に頭にきているような
状態になっているだろうから、何人もの警官で取り囲み、逃げられ
ないようにし、こちら側がどうにかこうにか警官の体に触れさせる
ような状況を作り上げ、なんとか【公務執行妨害罪】で引っ張ろう
とにらみ合いが続き、我慢比べのような状態になりそうだな・・(笑)
という事は、警察が来る前に対処できる形が一番理想だという事だね。

しかし、記事の最後に、

【何より、誠意を込めて話せばわかってもらえるという
 甘い考えは捨てましょう】

という井上薫弁護士の言葉・・。
自分が電車通勤の仕事でなくて、本当に良かったと思う
次第であります・・はい・・(^-^;