記事一覧

キリン復刻ラガー

ファイル 865-1.jpg

個人的に、ビールは苦い方が好き・・。
だから通常は【キリン・ラガー】とか【ラガー・クラッシック】とか・・。
【黒ビール】なんかもうれしい!で、発泡酒は色々出るけど、最近のビールはさほど各メーカー

【力入れていない感】

が強いので、ワインは気になって徹底的に見るのですが、ビールはあまり見なかったりする。(^-^;
それに【ラガー・クラッシック】をケースで買っちゃっているしぃ・・(笑)
で、近所で久しぶりにビールのコーナーを見たら、なんと

【復刻ラガー・明治】【復刻ラガー・大正】

を━━゚∀゚)━━ハケーン>おお!昔のビール!・・
ってもうずいぶん前から期間限定で出ていたらしい・・>教えてくれよ・・誰か・・_| ̄|○

という事で、未体験のキリン・ラガー【大正&明治ワールド】へ・・(笑)

まず、やはり初めに、大昔に触れるという事で【明治ラガー】を飲んでみます。
大昔のビールと言うことで、保存だとかそういう事を考えると、苦く酸味がある
可能性が高いと予測していたが、確かに苦味がパーンとくるが、その割に意外や
スッキリした苦味との調和のとれた味。一言で言うと苦味が効いた旨いビール。
子供の頃に、父親にちょこっと飲んでみろ!と言われて口にしたら

【大人はこんなものがうまいと感じているのか!】

と思った時のような苦さ。(笑)
でも、個人的には、明治の人はこんな旨いビールを飲んでいたのかという印象・・。

そして次に【大正ラガー】です。
【明治ラガー】より苦味が少ないが、今度は酸味が前面に出てくる感じで、うんうん今度は
まろやかで飲みやすい感じ。【大正ラガー】では【Lagar beer】 ではなく【Pilsener beer】
と表示されている。わざわざピルスナーを表記している所をみると、少なくとも醸造スタッフ
の思いはピルスナーを目標にしていたのではないか?と感じられる。

さらに、せっかくあるので【ラガー・クラッシック】もその後に飲んでみる。
さらに、酸味が強くなって苦みがまろやかになっている事がわかる。
きっと、現在の【通常ラガー】はさらにまろやかなので、人間の嗜好が段々ライトになって
いるというのが解っちゃったりします。

で、個人的な軍配は【復刻ラガー・明治】ですね!
あ、もちろん、苦いのが好きな自分の感覚ですので!(笑)
薄めのビールが好きならやはり発泡酒が一番苦くないです。
さあ【復刻ラガー・明治】も買い占めに行かなきゃだわ!(゚-゜)\バキ(笑)

ボジョレー ヌーヴォー本当に解禁

ファイル 804-1.jpg

昨日、最後に見えたお客様から、思いがけない

「ボジョレー ヌーヴォー」

のプレゼント!思いがけない我が家の「ボジョレー ヌーヴォー」解禁!
またここでも「他力本願」である・・w

「セブンイレブンのものだから、おいしいかはわからないけど・・」と
前置きされていたが、

「ジョルジュ デュブッフ ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2006 キュベスペシャル」

ボジョレの帝王と言われる「ジョルジュ・デュブッフ」が率いる、ボジョレー地区最大の
ネゴシアンであり、ボジョレワイン輸出の75%を占める巨大ワイン会社ジョルジュ・デュブッフ社。
別に、セブンイレブンが造っている訳ではなく、ちゃんとした所のモノ。
でもこれはセブンイレブンでも2680円もする高い方のもの・・。
田崎真也氏監修のペアグラスまで一緒に・・。
さすがにセブンイレブン、「ボジョレー ヌーヴォー」は 思いっきり冷やして飲め!というのが
鉄則通り、キンキンに冷えている。w まあ、冷やさないと飲めないんでしょうな・・
実際の所は・・(^-^; 独身の方なので、一緒に飲む事にした。
普段ワインに飲み慣れていると、さすがに「若い!」。でもこの部分をワインと比較しては
仕方がない。作り方も違うしね。そして、毎年気になる「酸っぱさ!」この辺はやっぱり
ジョルジュ・デュブッフは「酸っぱい」なぁ〜。
で、急遽、妻が別メニューの「カルパッチョ」やら「チーズ」やら「シーザーサラダ」やら
ワイン用つまみ作成。自分はワイングラスを傾ける・・申し訳ない・・m(._.)m 
そして、お客様&妻に感謝のボジョレー ヌーヴォー解禁だった・・。・゚・(ノД`)・゚・。

ボジョレー・ヌーボー解禁!

「ボジョレー ヌーヴォー」の解禁は、毎年11月の第3木曜日と
決められています。という事で、本日の11月16日(木)午前0時に
2006年「ボジョレー ヌーヴォー」がとうとう解禁!
「ボジョレー ヌーヴォー」は「マセラシオン・カルボニック(炭酸ガス
 浸漬法)」という特殊な醸造法でつくられていて、つくりたてのフレッシュ
 でみずみずしい風味を楽しめると言われている。一応、解禁から数カ月間 が一番おいしいと言われているが、それでもワインには叶わない。
 という事で、うちらは友人と

ファイル 803-1.jpg

「Calera Jensen Mt. Harlan Pinot Noir 2001( カレラ・ジェンセン・マウント・ハーラン)」

で近づいてきた自分の誕生日と共に前祝い!(笑)
ってただ飲みたいだけでしたが・・。ピノなので薄口だが芳しい香りが
すごい!カベルネの濃厚さとは違うおいしさ!やはりこういうのを

「飲みやすい・非常に完成度が高くバランスがとれている」

というのでしょう!う〜ん満悦!

ディエゴ・ディ・アルマグロ グラン・リゼルヴァ

〜本日のワイン〜
<ディエゴ・ディ・アルマグロ グラン・リゼルヴァ>
ファイル 719-1.jpg

スペインのワインでテンプラニーリョ種100%。
テレビ番組「人気者でいこう」の芸能人格付け
チェックという、高価なものと安物の差を見分ける
という番組があり、そのプロ野球選手特番でこの

「ディエゴ・ディ・アルマグロ グラン・リゼルヴァ」

と10数万円はするだろうと言われる「シャトー・ペトリュス」
が出題、半数以上がこのワインを高級ワインと間違えて
しまったというもの・・。
と聞くと飲みたくなるじゃんよ・・>ミーハー(笑)
と言うことで、買ってみた。さすが、おいしいよ!酸味が
やわらかいので、非常に飲みやすい!このワインを飲んで
おいしくないと感じる人は少ないんじゃないかな?

でも、実際にはこのワインの格下の「ディエゴ・デ・
アルマグロ・リゼルヴァ」でも充分。
こっちは1140円だが、「ディエゴ・デ・アルマグロ・
リゼルヴァ」なら780円。この差は?というと、大きな差
はない・・個人的には780円で充分だ。
でも、それも飲んでみないとわからんからね。

BALELA(バレラ)

今日も暑かった・・in横浜・・。
店の本を買いに近所のコンビニに200mくらい歩いただけで、死んだ・・_| ̄|○
この季節には痛感する・・涼しい所でやる仕事で良かった。(笑)

〜本日のワイン〜
<バレラ 2003>
ファイル 711-1.jpg

南アフリカワインを語るなら飲め!という近所のある店で書いてあった。
から、飲んでやる!と買ってみた(笑)で、このあきらかに怪しげなラベルは

「パンゴリン(ありくい)」

なのだそうだ。(^-^; シラー50%、カベルネソービニヨン40%、メルロー10%、
とバランスはかなり良く、誰でも親しみやすそうな味。
個人的にはおいしいです。これで945円ですから満足です!はい!

7月開始!&ドミニオ・デ・ラ・ペセタ・ティント

7月開始というのに、今日はすさまじい湿度でしたね・・(^-^;
クーラーの中でできるこの仕事で良かった!つくづく感じます。(笑)

〜本日のワイン〜
<ドミニオ・デ・ラ・ペセタ・ティント>
ファイル 701-2.jpg

スペイン・ブームを語るには、これを飲んでみろ!という触れ込み!(笑)
「コレが・・スペインワインか・・」という程わかっちゃいないんですが、
美味しいと思います。ちょっと苦さと酸っぱさがあるスペインワイン。
これで980円ですから、やはりビックリする!

ボワ・デュ・ロワ・カベルネ・ソーヴィニヨン

ファイル 689-1.jpg

なんか、メールを頂いたり、お客様から言われたり、大した事は
書いていない超素人コメントの「〜本日のワイン〜」を楽しみに
してくれている人が結構いて、ちょっとビックリ・・。
その「超素人コメントがイイ!」と言われるのだが、なんか・・
微妙に複雑・・・(^-^;
しかし、HPもそうだが、いつも力を入れていない所が受けるのは
どういう事?(笑)
で、最近、出てこないね・・・とお叱りを受けたので、

〜本日のワイン〜
<ボワ・デュ・ロワ・カベルネ・ソーヴィニヨン>
セブンイレブンに新しい「田崎真也セレクション」が売っていたので
買ってみた。

「南仏ラングドック地方産のカベルネ・ソーヴィニヨン種100%使用。
 コクのある渋みとまろやかな後味の赤ワイン」

確かにイイんじゃないのぉ〜!!980円としては相変わらずおいしい!
(セブンイレブンHPでは880円表示なのに、どこもなぜか100円高い?)
いずれにしても田崎シリーズは無難においしいから安心。
しかし、個人的にワインのスクイーズキャップって下も一緒に回って
非常に開けにくい・・コルク抜きが無くても飲めるようにという
配慮なんだろうけど・・。

シャトー・ペスキエ・キュヴェ・レ・テラス

ファイル 644-2.jpg

〜本日のワイン〜
<シャトー・ペスキエ・キュヴェ・レ・テラス(2003)>

薄ぅぅぅ〜〜。「あのパーカーさんは今回も1180円にして有り得ない
【89点】の高得点とともに、『クラクラとすぐに酔ってしまうワインだ!!』
『驚くべき代物だ!!』『ケース買いすべきだ!!』と大絶賛コメントを叫ぶ
超怪物ワインとその危険な媚薬ぶりを絶賛コメント!!」というメーカーの弁だが
こんな薄口のワインというものを、みんなおいしいと感じているのかぁぁ?
やはりワインは難しいなぁ・・・。(^-^;

銀河高原ビールが・・

「東京商工リサーチが3月22日明らかにしたところによると、
 地ビール製造会社の<銀河高原ビール>が、東京地裁から
 3月9日付で特別清算の開始決定を受けた。」

負債総額はなんと

「約126億円」

とな・・。ブームの沈静化と発泡酒など低価格品に押されて
業績不振が続いたためというが、発泡酒が人気の昨今、
「銀河高原ビール」確かに高いよね。(^-^;
時代が変わったというか・・・。
私は「銀河高原ビール」大好きなんで、良く買うんですが、
近所でも買えるようになってきただけに、無くなるのは厳しい。
こういう味のビールというのは普通のビールにはないんですよね。
でも、今自分はメインはワインなので、自分も飲む機会が減って
いるのは確かだなぁ・・。
銀河高原ビールは1996年の創業だとか・・。
そして今、10年が経った。
当たり前だが、10年というのは本当に時代が変わっちゃうなぁ・・( ´ー`)フゥー

エルカビオ・ロブレ

ファイル 624-1.jpg

〜本日のワイン〜
<エルカビオ・ロブレ(2003)>

「ロバート・パーカー氏評:91点、優に4〜5倍の価格のワインと肩を並べる!」
 
と言わしめました!!という事と、今まで飲んだことが無い(と思う・・(^-^;)
スペインの

「センシベル100%」

という全然知らなかったぶどう種だったが、調べてみると、ラベルに表記されて
いるとおり「テンプラニ−リョ」と同系でラ・マンチャやバルデペーニャス地区
では「センシベル」と呼ばれているだけとの事。
「テンプラニーリョ」といえば、スペイン原産のぶどう品種の中でもっとも
最上級な品種で多くの高級ワインの原料である。という事をふまえ買ったが、

「これ、結構おいしい!」

カベルネのような濃厚さを持つ。濃厚さは欠かせない私にとってはとてもうれしい。
でもやはりカベルネとはちょっと違う感じで、ソムリエのような何かに例える
表現方法はできないが、これで1300円台なら「結構おいしい」とだけ
言っておこう・・(^-^;(笑)>また買いたい。

グラン・タラパカ

ファイル 608-1.jpg

〜本日のワイン〜
<グラン・タラパカ・カベルネ・ソービニヨン(2003)>

今回もチリ産の「カベルネ・ソービニヨン」だ!
もちろん、1000円以下のワイン!(笑)>で、またまた

「キタ━━(゜∀゜)━━!!」

って感じ!(笑)前回の「フロンテラ」といい、前々回の「田崎真也セレクション」
の「ボワ・デュ・ロワ」も良かったが、「グラン・タラパカ」のこの濃厚さと
飲みやすさのバランスは3000円クラスのワインに充分に匹敵するのではないだろうか?
このワイン、テレビでやっている「格付けチェック」じゃないが、ラベルを隠されたら、
3000円クラスのワインと判別する自信はないな・・(^-^;>素晴らしい!
ちなみに「メルロー」版も出ていて、カベルネ版より200円位安いのだが、
個人的にはメルロー版はちょっとイマイチだった・・(^-^;

ペインターブリッジ・ジンファンデル

ファイル 594-1.jpg

〜本日のワイン〜
<ペインターブリッジ・ジンファンデル>

「ワイン王国No.30」の「究極のお値打ちワインを探せ!」の企画で、
超特選ベストバイワインの満点五つ星を獲得、しかも他の8本を
圧倒的に引き離す980円という超破格なるコストパフォーマンスで
満点五つ星★★★★★に輝いた衝撃のワイン!との文句に惹かれて
買ってみた。安いし・・(笑)
で、これはマジうまい!私の大好きなカベルネをかすかに甘くした
ような絶妙なおいしさ!個人的には「おいしい」と感じるワインだ。
カベルネではちょっときつい・・と思っている人にはまさに
ピッタリのワインだろう。これは次回もまた買いたいと思う。

カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール 

ファイル 590-1.jpg

〜本日のワイン〜
<カレラ セントラル・コースト ピノ・ノワール>

おみやげで頂いたワイン。そそいでみると、色的には薄く、
飲み口も薄いのかな?と思ったが、飲んでみるとしっかりとした
コクと深い味わい広がる。これは、かなりおいしい!!
カベルネの濃厚さとはまた違ったすばらしいおいしさである。
調べてみると「カリフォルニアのロマネ・コンティ!?」とさえ
言われている代物らしい・・・。ごちそうさま!(*^_^*)

フロンテラ・カベルネ・ソーヴィニヨン

ファイル 582-1.jpg

〜本日のワイン〜
<フロンテラ・カベルネ・ソ−ヴィニヨン>

近所のOKストアで買った「メルシャン」が販売しているチリ産
「フロンテラ・カベルネ・ソ−ヴィニヨン」。
ボトルの裏を見ると「チリNo.1ワイナリー<コンチャ・イ・トロ>
の120年に及ぶ伝統が生み出す高品質ワイン」という文句につられた
のと、やはり特筆すべきは値段だろう。これ、値段がすごい!
なんと「598円」だ。(笑)
「チリNo.1ワイナリー」が598円なのだ。(^-^;
で、値段が怪しいので、期待せずに飲んでみると、あたりまえだが、
ちゃんとカベルネなので、立派な濃厚さを放つ。ぶっ飛んだ!
これで598円とは脅威だ!
今回の「フロンテラ」といい、先日の田崎真也セレクションの
「ボワ・デュ・ロワ」といい、1000円以下のワインのレベルの高い
「飲み飽きしないバランス」を体験すると、そんじょそこいらの
2000〜3000円クラスのワインなんて金出すのがもったいなくなる。
だって、この辺のカベルネで充分おいしいもの!
いやいや恐れ入った・・_| ̄|○

ボワ・デュ・ロワ

ファイル 580-2.jpg

〜本日のワイン〜
<ボワ・デュ・ロワ(ヴァン・ド・ペイ)>
〜カベルネ・ソーヴィニヨン2003(田崎真也セレクション)〜

昨日買った「田崎真也セレクション」を早速飲んでみた。
結論から言うと、これはおいしいです!ボトル裏には

「渋みが後半に広がり、スパイシーな風味を残す」

と書いてありますが、渋み・タンニンは適度に感じる程度で、
カベルネ・ソーヴィニヨンの中でも、可もなく不可もなく
という万人向けの味ですね。

「ワインを飲んでみたいけど、買ったことがないから
 おいしいワインはわからな〜い」

という初めてワインに挑戦したい人にはピッタリのワインだと思う。
これで、980円とは安いワインもレベルが高くなってきた!
うんうん満足!

エストラテゴ・レアル

ファイル 578-1.jpg

〜本日のワイン〜
<エストラテゴ・レアル>

これはおいしい!あのパーカー氏が、僅か1000円のワインに

「年に約6000種の高級ワインを試飲するが、こんなには感動しない!」
「ワォ!絶対にケース買いすべきだ!」
「こんなに美味しいワインが、この価格で買えるなんて!」

と言わしめたという「エストラテゴ・レアル」。
口に入れた瞬間は「カベルネのように濃厚なのか?」と思わせる
飲み始めだが、実はサッパリしていて、かなり飲みやすい。
これはちょっと感動かも!お薦め!
格付けは「テーブルワイン」品種は「テンプラニーリョ100%」

「翌日に持ちこちせず、1日で飲みきって欲しいし、そうなるはずのワインです。」

との店の弁だが、次の日でも十分においしいです。

正月の美酒

普通だと、なかなか手に出来ない
黒糖焼酎「長雲40度」・・。

ファイル 557-1.jpg

友人に頂き、とうとう飲める事に・・(笑)
>ありがとうございます。 <(_ _)>
正月は和食が多いので、どうしても
赤ワインでは生臭く鉄臭くなるので、
やはり和食には焼酎や泡盛、日本酒
が最適!
食を選ばない日本の酒は素晴らしい!
普段は、個人的に手に入りやすい
黒糖の「朝日/壱乃醸」なのだが、
この「長雲」の方が、さすが、みんなが
言っているだけあっておいしい。
う〜ん、なかなかイイ正月だ。

2005年の終わり

皆様・・2005年はいかがでしたか?
私は横浜へ来て初めて大きな変化もなく
過ごした年となりました。(笑)
やはり引っ越してから2年続きで親族の
「死」それぞれその次の年は一周忌と
落ち着かない感じでした。

という訳で、名古屋土産「手羽先」を
土産でカットに来た友人と共に、
ワインを飲みながら年末を祝いました。(笑)
という事で、

〜本日のワイン〜
<レ・フォール・ド・ラトゥール[2002]>

ファイル 555-2.jpg

「レ・フォール・ド・ラトゥール」は、5大シャトー
のひとつ「シャトーラトゥール」のセカンドです。
実は「レ・フォール・ド・ラトゥール」は2度目。
というか、2本買ってしまったというだけ
なんですが・・(^-^;

しかし、口に合わないというか、なんというか
個人的にはそれほどおいしくない。
早すぎて「若い」からなのかと思ったんですが、
前に

「カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト[2002]」

を飲んだ時にはすばらしくおいしかったので
「若い」からではないと思う。

「ボルドーでたくさんの種類が生産されて
いるセカンドワインの中では、別格、そう
最上のものと認知されています」

と言われているが、個人的にはやはり
好きな味じゃなかったという事だ・・。

焼酎の2007年問題

焼酎が2007年にある問題に
直面するという。
焼酎は1本を作るのに3本分の
焼酎「酒粕」が発生するのだそうだ。

(ちなみに日本酒の場合は、一升瓶
1本あたり、一升瓶の1/3程度との事)
今まではこの「酒粕」を産廃として
「海洋投棄」が認められており、
「海洋投棄」をしていたのだそうだ。
それが2007年にロンドン条約により
「海洋投棄禁止」になるのと、昨今の
「焼酎ブーム」の為に深刻な問題
なのだそうだ。

とはいうものの、焼酎業界も黙って
指をくわえているだけじゃありません。
酒粕を家畜の飼料や肥料に加工する
工場を建設し、急ピッチで家畜の飼料や
肥料に加工したり、化粧品への利用
などなど、この大量の酒粕の再利用計画
が進められています。

今後、こうした事もふまえ、焼酎を
楽しみましょう!

ボジョレ解禁

今年はいわゆるワインがおいしいので「ボジョレー・ヌーボー」を
飲んでませんが・・・(^-^; でも飲んでいないと、なんか
「祭り」に参加していないような不思議な気分(笑)
「ボジョレー」ってなぁに?実は知っているようで知らないもの。

「ボジョレー・ヌーボー」のボジョレーは「BEAUJOLAIS」=
フランスのボジョレー地区、 ヌーボーは「NOUVEAU」=「新しい」
という意味。よって、もちろんボジョレー以外の地方にも、様々な
「ヌーヴォー」があります。
そのフランスのボジョレー地区で今年採れたフレッシュなブドウで
作った、出来たてのワイン「ボジョレーヌーボー」は全世界一斉に、
11月の第3木曜日の解禁日(今年2005年は11月17日)以降に飲める
という訳です。
実は、1967年に、フランス政府によって、「ボジョレーヌーボー」
の解禁は「11月15日」と決められました。ところが、毎年15日に
決めてしまうと、年によっては、当たり前ですが土曜日や日曜日に
重なってしまう事があります。すると、休みの日に働きたがらない
お国柄のフランスでは、せっかく新酒を出荷しても、運送業者が
動いてくれず、解禁日にワインが届いていないなんてハプニングが
起こってしまったのです。これでは困るということで、1985年に
「第3木曜日」に変更されたとの事です。
なぜ、基本的には薄くて通常のワインよりおいしくないのに高いのか?
それは空輸だからです。後日(2〜3ヶ月後)、船便で届くと来年の
冬のあたりでは半額以下の値段になるのです。
今回はそうなったら飲もうと思います。(笑)