記事一覧

【労働者の権利】と 【教師の責任】

***************************************
わが子の式に出るので 1年生担任、入学式を欠席
(2014年4月15日・東京新聞)
 埼玉県内の県立高校四校で、一年生の担任を務める教諭四人が自身の子どもの入学式に出席するため、それぞれの勤務先で八日に行われた入学式を欠席 していたことが分かった。関根郁夫県教育長は十四日の会見で「いいか悪いかの判断はできないし、各校の事情もある。(県教委としては)具体的に指導はでき ない」と述べるにとどめた。
 県教委によると、四人は三十~五十代の男女の教諭。小中学生や高校生になる子どもの入学式への出席を理由に勤務校に休暇届を出していた。
 五十代の女性教諭が欠席した高校の入学式では、校長が欠席理由を説明した。教諭は「大切な日に担任として会えないことをおわびします」という文書を事前に作成。入学式後に副担任を通じ、担任のクラスの生徒全員に配ったという。
 県教委には十四日までに保護者らから「入学式に担任がいないのはどういうことだ」などと批判する電話が四十一件あった。一方、「子どもの入学式なら仕方ないのではないか」などと擁護する電話も四十五件あったという。
 関根教育長は「学校側は生徒や保護者から不安の声が上がらないようなフォローをするべきだった」と指摘したが、具体的な指導策は「学校での判断が必要」として示さなかった。県教委は四人の欠席について「処分につながるケースではない」としている。
***************************************
良い悪いは別にして、これは保護者と生徒も
とまどいと共に、複雑な心境になるだろうな・・(笑)
いわゆる広い意味での【労働者の権利】と
【教師の責任】という部分において、
どちらを取るか?ということである・・。

五十代の女性教諭の件に関しては、

【労働者の権利】

としては、報道によると、3月14日に1年生の
担任になる事が決定していたが、3月下旬に、
「息子の入学式がある」と学年主任に相談、
そして校長は返事を保留したが、4月の初め、
正式に有給を申請、そして校長も理由を理解
の上受理する・・と、手続きはしっかりされ、
校長先生がきちんと認めているので、段取りは
きちんと踏んでいる・・。
ただ、この理由をしっかりと説明されていない
ので、もしかしたら片親なのかもしれない上、
息子さんの学校によっては入学式に親同伴で
ないといけないおかしな高校もあるらしいので
そういう状況だったりで、止むに止まない事情
があったのかもしれない訳で、大きく誤解が
生まれている可能性もある・・。

【教師の責任】

という部分においては果たせなかった訳で、
校長先生もこのような事情の場合は、担任に
させないなど、配慮のある人事ができないもの
だろうか?
なぜなら、新入生&保護者からは担任の先生が
いきなり【個人的な理由】で【大切な節目の日】
にいない訳ですから、悪意を持って考えるならば、
今後、我が子に問題が起こったとしても、この
担任の先生は自分の大切な予定があれば、自分
の予定の方を優先して、我が子の事は考えて
もらえないかもしれない考え方の先生だとも
捉えられますからね・・。

で、この事に、4月11日に関根郁夫埼玉県教育長が

「生徒が安心して高校生活をスタートできる
 体制作りに努めてほしい」

と言う異例の注意を促した。
しかし、手続きをきちんとした上、校長先生が
認めて許可が下りているものに対して、後から
注意と言われるのも先生方としては困ります
よね・・(^-^;(笑)
本来その届け出が校長先生に提出された時だとか、
打診された時に、教育長のほうに相談するなりして
解決しておくのが本来の姿であるが、この埼玉県
って県は一体どうなっているんだ?(・_・?)

尾木ママこと尾木直樹氏は、

「教師にあるものとしてあるまじき行為絶対にだめ」

と否定している・・。
理屈としては教師は聖職性の強い仕事であり警察官
や消防士と同じであるという理論・・。
たとえば震災時警察官や消防士が家族が心配でも
帰らないと言う考え方・・。
このことをブログに載せたら炎上したという・・。
個人的には尾木氏に賛成の年代ではあるが、ネットや
テレビなどでのアンケート調査などでは、問題だと
思わないという方が問題であるという方を上回って
いた・・(^-^;>何とも年代的には違和感を感じる(笑)

今後、自分の孫の時代とかには、先生が入学式や
卒業式に「自分の子供の式典を優先」という事で、
いないのは当たり前のような時代がやって来そう
だな・・(^-^;(笑)
でも、悪いが自分は【労働者の権利】があるとはいえ、
生徒や保護者にとっての【晴れの舞台】である入学式
や卒業式というのは、一学期や二学期の途中の普通の
日とは大きく違う・・。
そこは大人として考えてくれよ!という考え方は、
やはり変わらない・・。
そうした事も含めて【仕事】だと思うのだが、それを
20歳代の先生というならわからんでもないが、
50歳にもなってわからん先生は、かなり痛すぎる・・と
思うのは自分だけでしょうかね?(笑)

ますますわからなくなった小保方氏の会見

STAP細胞の論文問題で、小保方晴子氏が
大阪市内のホテルで記者会見を行った・・。

知れば知る程、正直、どうしてこのレベルの
方がリーダーだったのか?ますますわからなく
なった・・(^-^;

そして、個人的にはせっかくの反論の場で
あり、できるだけ多くの情報を出し証明を
できる機会だったのに、ほとんどが証明
されなかった事が非常に残念だった・・。

例えば、小保方氏以外が成功できていない云々
の事は、間違いなく聞かれる所ですから、検証
に成功した方がいらっしゃるというのなら、
きちんと発表できる体制にしておく・・と
いうか、普通は論文に第三者の証明として、
その他の成功者として成功例が記載されても
良い位な訳ですから、その成功した方の名前
を出せない・・というのは、こんな有利な情報
を隠す形になり非常にもったいない・・(>_<)

さらにビックリしたのが

【200回の成功】・・(^-^;

巷で笑われている通り、200回成功している
ならば、普通に考えて、STAP細胞を作るのに
最低でも一週間とおっしゃっていましたから、

「毎週作っていたとしても4年かかる」

という事・・(笑)
その上、200回成功しているのに研究データの
ノートは4~5冊しかないというのも単純に
ビックリ・・(^-^;(笑)
この辺の詳しい事はテレビでやっていたが、
本来、ノートが今何冊あるのか?わからない
という科学者はまずいないそうだ・・(^-^;
また実験ノートと実験手順を自分だけでなく、
第三者が明確に分かるようにまとめる・・と
いうのが基本であり、自分のやってきたこと
を正しく伝えるために実験ノートがあるという
ポジション・・。

よって、小保方氏が言っていた

「実験ノートを第三者的な観点から記述して
 いなかったところは反省するところ」

というのも、めちゃくちゃおかしいってこと
らしい・・しかも、理研に確認してもらう事
も、提出もしていないということになる
らしく、そんなガバナンスもありえない
らしい・・(笑)

それにして、普通レベルで、実験ノートの
書き方として日付が入っているそして
作業日当日に記入する、そして各ページ
に年月日証明(記録者&確認者)、また
黒または青のボールペンで記入、余白部分
が生じないように詰めて記入・・最低でも
この要素だけでも実験ノートの基本中の
基本作法だそうだ。

その上で、世界に発表する論文の場合はもっと
厳しいルールがあると言う・・。
例えば余白ができれば、その余白は終了線
みたいなもので打ち消しそこで自分のサイン
そして確認書のサインをもらう・・写真が
あれば写真に割印をして年月日を打つ、
もっと厳しいところは、その画像の上に
透明なフィルムを貼って完全に書き換え
られないようにするのだそうだ・・。
すごい・・(◎_◎;

間違えた箇所があれば、帳簿の訂正のように
二本線の赤で訂正し、その上に赤文字で
修正し、そして修正した年月日と修正した
人間のサインをする・・。
この位の丁寧さで普通は実験ノートを証拠
として残して第三者が検証できるように
しておく・・。

その本物の実験ノートを持参してくれば
まだ信憑性のある証明でもあるのに、
こちらも用意されていない。
その証拠である実験ノートが他人に
見せられない、もしくは第三者の読めない
状態ということがそれは実験ノートでは
無いそうだ・・。

で、ここで沸々と、この実験ノートも無い
ような状態で、よくネイチャー論文を出す
結論になった理研のガバナンス能力も
ますます分からない・・。

また昨今の企業におけるパソコンの厳重
管理さを考えると、こうした世界的な研究を、
理研のパソコンでなく、自分のパソコンを
使わせていたこと自体も、科学者目線で
見ると、本当におかしなことだらけ
らしい・・(^-^;(笑)

また、小保方氏は、

「研究室ではES細胞の培養はしていなかった。混入は起こりえない」

と言っていたが、ではなぜ彼女以外の人に再現
ができないのか?は、やはり「コツがある」
というレベルであり、まともに説明できて
いない・・。
結局は科学者的には何も証明していないのと
同じ・・というのは素人にも感じた・・。
で、最初に書いたように、知れば知る程、
どうしてこんなレベルの方がリーダーだった
のか?どんどんとわからなくなるので
ある・・(笑)

もう、こうなったら、どこででもSTAP細胞の
実験は公開して下さるとおっしゃっていた
ので、201回目を色々な科学者同席の元、
公開でやればいいと思う・・ここまで色々な
情報が邪魔してしまうようになってしまった
からには、それが一番簡単な証明方法で
ある・・。

STAP細胞があるのか無いのか?
そこが一番大事なのだから・・。

袴田事件・・より 画期的な判決を視野に入れて欲しい

****************************************************
50年近く前の殺人事件が「再審」へ・・・ギネス認定もされた「袴田事件」って何?
(3月27日・弁護士ドットコム )
 日本弁護士連合会が支援している再審請求事件の一つである「袴田(はかまだ)事件」について、重大な判断が下されようとしている。静岡地裁が3月27日、再審を開始すべきかどうかについて、決定するのだ。
 
 袴田事件は、強盗殺人罪などで死刑判決が確定した袴田巖死刑囚が50年近くも拘禁状態に置かれている特異な事件で、「世界で最も長く収監されている死刑 囚」としてギネスブックにも掲載されているほどだ。袴田死刑囚は第1回公判から一貫して無罪を主張しているが、1980年に死刑判決が確定。しかし、死刑 確定の翌年から再審を請求し、いまも第2次再審請求の審理が続いている。
 
 逮捕当時は30歳だった袴田死刑囚は、今年3月で78歳になった。日弁連が「冤罪の可能性がある」と指摘する袴田事件とは、いったいどんな事件なのか。再審請求運動にかかわる岡島順治弁護士に聞いた。


●「拷問に等しい取調べを受け、犯行を自白させられた」


「袴田事件とは、1966(昭和41年)6月30日深夜に、静岡県清水市(現静岡市)内の味噌製造会社専務宅で、一家4名が殺害され、放火された強盗殺人・放火事件です。警察は、内部犯行と決めつけ、同年8月、専務宅裏手にある従業員宿舎に寝泊まりしていた袴田巖さんを逮捕しました。巖さんは当初から無実を訴えていましたが、毎日12時間から16時間も取調べが続き、トイレもバケツで行うように強制されました。拷問に等しい取調べを受けた末に、犯行を自白させられました」

岡島弁護士はこのように事件の概要を説明する。死刑判決は、どのような経緯で出されたのだろうか。

「公判では、巖さんは無罪を主張しました。自白調書も1通をのぞく44通が任意性なしとされ、裁判の証拠から排除されました。公判の当初、犯行の着衣はパジャマで、そこに返り血と放火用の混合油が付着しているとされていましたが、パジャマの血痕はきわめて微量で、再鑑定ができませんでした。また、混合油の成分の同一性に関する鑑定には、強い疑問が生じていました」

つまり、裁判が始まったころは、確たる物証は存在しなかったわけだ。

●「証拠とされた衣類」はねつ造?

「ところが、事件から1年2ヶ月後、すでに捜索済みであったはずの味噌工場のみそタンクの中から、犯行に使われたと思われる血染めの衣類が5点、発見されました。また、補充捜査が行われた結果、そのズボンの切断面と一致する端布が、巖さんの実家から発見されました。この血染めの5点の衣類の存在が、巖さんを有罪に導いたのです。巖さんは最高裁まで争いましたが、結局、1980年(昭和55年)12月12日に死刑が確定しました」

ところが、岡島弁護士らは、その証拠が「おかしい」と指摘する。

「我々弁護団は、5点の衣類を『ねつ造』だと考えています。証拠とされた衣類は、袴田さんが着用できないほど小さいサイズであるなど、当初から不自然さが指摘されていました。弁護団は1981年4月に静岡地裁に再審請求(第1次)を行い、1994年8月に静岡地裁が再審請求を棄却すると、直ちに抗告しました。2004年に東京 高裁も棄却すると、最高裁に特別抗告しましたが、2008年3月に最高裁で棄却されました。しかし、直ちに第2次再審請求を、静岡地裁に提起しました。そして、その静岡地裁で、ついに重要な鑑定結果が出ました。血染めの5点の衣類から検出されたDNAのうち、巖さんの血液だと認定されていた白半袖シャツの血液のDNAが、巖さんのものとは異なるという鑑定結果が、検察側からも弁護側からも出たのです」

死刑判決の決め手となった証拠の信頼性が、いま大きく揺らいでいるわけだ。岡島弁護士は「再審開始の決定が出る見込みは、極めて高い状況です」と期待していた。



(追記)3月27日午前、静岡地裁は袴田事件の再審開始を決定した。
****************************************************

この事件は、上記のように、色々な所で語られている
ので、詳しい事はそちらにお任せして・・(笑)

【1966年(昭和41年)6月30日】

ビートルズの初来日コンサートの日の事件・・。
で、自分はまだ7ヶ月の赤ちゃん・・(爆)●~*
という事は、自分が生まれてから昨年までの人生が
収監された場所・・というとんでもない事件・・(-_-;)

時代をタイムスリップしたかのように、一気に過去が
クローズアップされただけでなく、今回の判決は、
地裁だからこそ・・かも知れないが、画期的な判決で、
再審をする事や死刑の執行停止だけでなく、現在の
拘置の執行をただちに停止し、第一審の有罪判決の
決め手となった証拠が

「捜査機関によって捏造された疑いがある」

と、捜査機関による証拠の捏造というところまで言及
しているのですから、裁判所がどれだけ強い意思を
持っているかというのが見えてくる・・。
もう、ほぼ無罪であるということを証明したような
判決である・・。

その決め手が、最新の【DNAの鑑定】の手法・・。

記憶にも新しい【足利事件】や【東電OL事件】も
最新の【DNAの鑑定】によって再審開始が決定して
いる伝家の宝刀のような凄さ!(◎_◎;
中でも、血液の【DNA】は本当にしっかりしていて、
さらに、乾燥するともっとしっかりし、凝固した血液
だったら、もう安定しているのだそうだ・・(^-^;

凄いぞ!血液!(^^*)

しかし、味噌のタンクから発見された血痕のついた衣類。
事件発生が6月30日、警察の捜査員がタンク内を覗いた
のが7月4日・・この時には衣類は発見できていなかった
だけでなく、7月20日に従業員が味噌の仕込みを行うのに、
このタンク内に入るのだが、この時も発見されなかった
衣類が、なんと翌年の8月31日になって「発見」される・・。
しかも、5点も・・しかも袴田さんが履けない・・でも、
当時の血液検査で袴田さんのものという事で死刑判決が
出るのだが、いやいや、こんな証拠で??と思うが、

これと変わらないレベルで、記憶に新しい、

【PC遠隔操作事件】

で、片山氏が逮捕されて起訴もされてしまっている・・。
押収された片山氏のパソコンを味噌タンクに例えれば、
驚く程に似て来る・・もしかしたら証拠となる各データを
捜査当局の手によって押収された片山氏のパソコンに
入れられ、捏造されたかもしれない疑いも考えられる訳
だし、片山氏が取り調べをビデオカメラで撮影させて
欲しいという希望は、警察が頑に拒んでいるところを
見れば、まだまだ袴田事件のように自白の強要をしようと
しているフシがある・・などの状況をみても、まだまだ
50年近く経っても愚かな事は繰り返されているのだ・・(-_-;)

と、袴田事件に戻るが、本来は

「疑わしきは罰せず・・」

という裁判の原則で言えば、一審が有罪で良かったのか?
警察、検察だけでなく裁判所にも大きな責任がある・・。
さらには、こうした法律までは詳しくないので、できるか
どうか?はわかりませんが、再審では袴田氏が有罪か無罪か
だけでなく、当時の捜査の関係者、裁判の関係者たちの

【逆転有罪】

も、視野に入れる・・というような多岐に渡った、より
画期的な判決を視野に入れて欲しい・・。
だって、そうならなかったら、今後も捏造しても関係者は
裁かれない、犯罪でもない事になってしまうからな・・。

その上で、万が一、袴田氏が無罪だとしたならば、どのように
再発防止に務めるのか?

それが出来ない限り、また同じ事が出てくる・・。
第三者委員会等を立ち上げるなど、厳しい目線で襟を正した
内容の再発防止策を国民に発表して頂かなければ困る・・。

同時に、警察や司法権力がタッグを組んだら、逃げられない・・
という恐ろしさがまだまだあるのだという事を改めて自覚
しないといけないよな・・(-_-;)

昔から見つからなかったら全てが正解だったんだろうね

*********************************************
喝采一転「未熟」と断罪 野依理事長「徹底的に教育し直す」
(2014.3.14・産経新聞)
 「未熟な研究者」。午後2時過ぎから始まった理化学研究所の会見には、ノーベル化学賞受賞者でもある野依良治理事長らが出席。苦渋の表情で、STAP細胞の論文の責任者である小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダー(30)を断罪した。
*********************************************
世紀の大発表から、2ヶ月も経たないうちに、
こんなにも180度正反対の方向に舵を切る事を
誰が予想したたろうか?(^-^;

論文の真偽的な部分は専門家にお任せする
として、素人な目線として、個人的に一番
驚いたのは、やはり【DNA画像の切り張り】だ。

理研調査の中間報告で、小保方さんは、

「切り張りダメとは…」 

と謝罪したという・・(^-^;
個人的には、

「えええええ??」

と、かなりビックリしたのだが(笑)普通に
考えて、5人で写っている写真から、真ん中
の人の写真を別な日に撮影して、切り張り
して、「一緒にいました!」とはしない事を
考えても、それが論文でなくとも充分
おかしい事はわかる・・(^-^;

それを天下のネイチャーに提出する論文で、
しかも、何回も書き直した上で、それが
おかしいと思わない30歳というのも困る
よな・・(^-^;(笑)

今、話題になっている

「このマウスで同じようにSTAP細胞が作れるか?をやって欲しい」

と指定のマウスを渡されて実験を頼まれた
のに、違うマウスで出来た細胞を渡す・・
というのも、我々で言うならば、レベルは
違うかもしれないけど、

「普通だとかかりにくいこの髪で、きちんとパーマがかかるか?を調べて欲しい」

と言って、手渡した毛束に対して、

「大丈夫です!しっかりパーマかかりました!ほら!」

と渡されたのが、違う髪質の毛束だった・・
みたいな「小学生レベル」のような
愚かさ・・(笑)
ただ、我々の髪質のレベルと違うのが、
若山教授曰く、

「細胞になってしまうと、どのマウスのものだったか?は、見た目では全くわからない」

と言うところ・・。
たくさんの証明すべきものがあるから
分担している訳で、一人一人を信じない
とやっていられないはずなので、そこを
知っていながら、意図的にやったという事
となると、今まで過去に研究者達が
築き上げてきた、

「研究者として、渡したマウスと違う物で出来た細胞を真顔で渡して来る訳が無い・・」

いわゆる、

「頼んだ事をすり替えて差し出す訳が無い」

という研究者として、いや、人としての
【当たり前】すら、根底からひっくり返した
事となる訳で、相当な罪深さだ・・。

ここからは勝手な自分の仮説だが、これが
今回、天下のネイチャーに提出する論文で、
普通に行われていた事、まだ記憶に新しい
高血圧治療薬の不正論文問題で揺れた、
ノバルティスファーマ社の

【ディオバン】

の論文で臨床研究データ操作を行って
いた事・・、
さらには、同社の慢性骨髄性白血病の
治療薬を用いた臨床研究でも不正を
行っていた事・・。
つい最近では、3月20日には、アルツ
ハイマー病研究の国家プロジェクト
である【J-ADNI(アドニ)】の臨床研究
データの論文について、杉下守弘元東大
教授がデータの14%に改ざんを含む
不適切な例があった事を発表している事・・、
そして、もっと調べてみると、世界で撤回
されている論文(生命科学・医学)中、
約7割が捏造や改ざんなどの不正なんだ
そうだ・・(-_-;)
*******************************
質問なるほドリ:論文撤回、なぜ増える?

米国のグループが1970年代から2012年までに世界で撤回された生命科学・医学分野の論文2047本を調べたところ、約7割が捏造(ねつぞう)や改ざん、盗用、二重投稿などの不正(疑い例含む)が原因でした。(2014.03.15・毎日新聞)
*******************************
となると、この世界では小保方さんが・・と
いう事ではなく、日常、普通に辻褄合わせ
のデータの改ざんが行われているのが
当たり前の環境下であり、

【大なり小なり常用化していた】

と考えるのが普通で、税金の脱税じゃないが、
脱税が当たり前の会社で、毎日、脱税の中で
育った息子が襟を正すのが難しいのと同時に、

「見つからなかったら全てが正解!」

的な風潮があったのではないか?と感じる
んだわな・・。

だから、もしかしたら今回の小保方さんも、

「え?みんな普通にやっているのに、なんで私だけが責められるの?」

的なポカーン状態なのかもしれない・・(-_-;)

そう考えれば、こうした人たちより感覚が
ズレている我々の理美容業界なんて、
パクリの常用なんて当たり前なのも理解
できてしまうのも重ねて残念だわ・・_| ̄|○

311の結末はやはり自己嫌悪・・_| ̄|○

3月11日は、横浜のやる気のある理容師
が集まっている我が【横浜秘密結社】主催の
「え?こんなことやってるの?」の第2回目
のセミナーでした・・。

同時に、東日本大震災が起こって3年と
なりました。
自分はというと、復興の手助けなど
コレっぽちもやらずに、暢気にセミナーを
開催していた訳だが、心を忘れていた訳
ではありません・・。

セミナーでは司会の役でしたので、当初
予定には無かったのですが、震災の地震が
来た

【14時46分】

に、ご来場の皆様とこの震災にて犠牲に
なられた方々に謹んで哀悼の意を表し、
黙祷を捧げる事を、独断で開演前に
急遽決定させて頂き、同時刻に黙祷を
捧げさせて頂きました・・。
もちろん、会場の皆様には反強制的に
なっていた部分はありますが、参加
しながらも、もしかしたら、

「こんな時にセミナーに参加しているなんて・・」

と自己嫌悪を感じている方々がいらっしゃった
ならば、その自己嫌悪の心の償いを少しは
させてあげられたかな・・などと勝手に
思っています。

それはさておき、自分の目で確かめる事が
できない被災地の現状は、やはりマスコミ
を頼るしか無い・・。
その中で、やはり不思議なのが、

【なぜ、復興が進まないのか?】

個人的にまとめると、

1)「内陸移転派」と「現地再建派」での合意が得られない
2)入札不調

の2点に絞られる・・。
1)に関しては大人のエゴと片付ければ
簡単なんでしょうが、内地か?現地か?
・・どちらも、1年目当たりに一気に
国として力強く決めておけば良かった
のでしょうが、不幸にもリーダーシップの
取れない民主党政権でしたから仕方ない。

もう、3年も経てば土地の買い占めなど
で間違いなく【利権】になっているでしょう
から、今更どちらも譲れないて、ココが
決まらなければ住居を建てる場所が
決まらないのだから、マジ、力強いリーダー
でも出て来ないとちょっとココはクリア
できないでしょうな・・(^-^;

2)に関しては、やはりお客様を通しても、

「安すぎてやれない!」

という声を、自分も多く聞く・・。
そして、百歩譲って、その金額で落札した
として、こちらから行くにしても、あちら
での宿泊費や住居費は「こちら持ち」
なのだそうで、とてもじゃないけど無理
なんだそうだ・・(-_-;)
そう考えれば、自分も同じ立場なら仕事は
受けられないよな・・。
こうした所にこそ「復興費」が使われれば
良いのだが、

「被災地??そんなの知るかボケ!
 胸なんて全然痛まねーよ!べーだ!
 だって、うちらが潤う事が被災地なんか
よりも大切なんだよ!」

と思っている奴らが何も考えずに無駄に
使うんだな・・(-_-;)
じゃぁせめて、今回、24年度「復興費」
が3.4兆円使われないで残っているの
ですから、その金をつぎ込めば良いかと
思うのだが、

「なぜ、それができないのか?」

については、マスコミは語らないんだな・・。
秘密保護法でグタグタ言っているのなら、
こうした事を調べてスッパ抜いて来て
みりゃいいのにやらないんだよな・・。

国土交通省によると、この1年で、災害
公営住宅の着手率は35%から67%に、
高台や内陸部に集団で移転する事業は
12%から88%までになってはいるが、
復興進む地域とそうでない地域で
明暗分かれているそうだ・・。

とにかく、今となっては頭のイイ人たちに
考えて頂くしかないのだが、自分が
リーダーだったらどうするだろう?
と考えても、やはりどちらも頭を抱える・・。

結果、自己嫌悪・・_| ̄|○

ま、どうでもいいけど・・(爆)●~*

****************************************************
長髪ばっさり、スーツ姿…佐村河内さん謝罪会見
(2014年3月7日・読売新聞)
守さん(50)が実際には他人に作曲を依頼していた問題で、佐村河内さんが7日、東京都内のホテルで、問題発覚後に初めて記者会見を開き、「本当に私のうそによることで、非常にご迷惑をおかけしたこと、申し訳ありませんでした」と謝罪した。
 さらに聴覚障害の障害者手帳を在住の横浜市に返納したと述べた。
 佐村河内さんは会見前、聴力の再検査の診断書のコピーとされる紙を配り、診断は「感音性難聴」だったが、身体障害者福祉法における聴覚障害には該当していなかった。
 300人以上の報道陣が詰めかけた記者会見の会場に、佐村河内さんはトレードマークだった長髪をばっさり切り、サングラスも外してスーツ姿で現れた。冒頭で「心より深くおわびします」と涙声で話し、関係者の名前を挙げながら何度も頭を下げた。
****************************************************
いやいや、この人は本当に凄い人だな・・(笑)
どこまでも芝居がかっていて本当に気持ち悪い・・。
個人的にはこの会場での質問が全部手話だったら
面白かったのにな・・と思うのだが・・(笑)

ま、色々な言い訳はどうでも良いが、ビックリ
したのが、今まで新垣氏にゴーストとして、

「新垣さんの、できた作品にあとから修正したことは
 18年間一度もありません。まず聞こえているときに、
 彼の、僕の対する注文がとても誠実なもので、皆さん
 からすごいお褒めをいただいていたので、彼の、僕に
 対する忠実に作るすばらしい音楽を信じていました。」

と言わせるまでに信じて長年に渡ってお世話になった
事に対し、何の感謝も無い・・いわゆるスッと感謝の
言葉が出て来ないという事は、普段から感謝などして
いない証拠・・そもそも論がクズ・・(笑)

しかも、そんなにお世話になったのに、

「新垣さんを名誉毀損で訴えます。」

って・・加害者ながら被害者ヅラで、公の前でまだこんな
発言が出来るのですから、反省などしていない・・(-_-;)
それ以前に、そもそも佐村河内氏に何か名誉があるのか?
あったとすれば、それは嘘を付いて詐欺をした所に築き
上げた名誉だろうが・・本当にクズだわ・・凸(-""-)

もっと言うならば、この期に及んで、名誉毀損の裁判を
して、自身の大きな枠の嘘や詐欺行為は帳消しに
ならないのに、訴えるという事は、

【自分ひとりだけ死ねない!新垣も道連れにしてやる!】

という部分が透けて見える・・。
ここからも、本当にクズである・・。

で、さらに奥様は、

「妻は、妻のお母さんの発言に対して嘘八百だと
 いうことで名誉毀損で訴えると言っております。」

と、実の母親を名誉毀損で訴えるという・・(笑)
清々しいぐらいのクズ夫婦だわ(笑)
ま、このくらいでなければ捏造のノートを作って
NHKをも騙すだけでなく、長年多くの人間を
平気で騙し続けられないよな・・(笑)

ま、ここまで書いてなんだけど、こんな夫婦どうでも
いいけど・・(爆)●~*

【佐村河内守】という何ひとつ真実がない男

**************************************************
「現代のベートーベン」佐村河内守氏のゴーストライターが語った!
 広島生まれの被爆二世で「全聾の作曲家」として知られる佐村河内守氏(50)が、実際は自分で作曲をしていなかったことがわかった。
 桐朋学園大学作曲専攻で非常勤講師を務める新垣隆氏(43)が週刊文春の取材に応じ、佐村河内氏のゴーストライターをしていたことを明かした。
 佐村河内氏の代表作とされる『交響曲第一番HIROSHIMA』や、フィギュアスケートの髙橋大輔選手がソチ五輪のショートプログラムで使用する曲『ヴァイオリンのためのソナチネ』も、新垣氏が作った楽曲だった。
 新垣氏はこう語った。
「公表するべきか逡巡しましたが、やはり事実を明らかにして自分もお詫びしなければならないと思い至りました。このまま事実を伏せ続ければ、五輪という大きな舞台までもが佐村河内氏の虚構を強化する材料にされてしまうのではないか、と」
 また、昨年3月に放送されたNHKスペシャル『魂の旋律~音を失った作曲家』では、佐村河内氏が東日本大震災の被災地を訪ね、津波で母親を失った 少女のために『ピアノのためのレクイエム』を作曲する様子を密着取材したが、この曲も佐村河内氏の指示で新垣氏が作曲したものだった。番組では、佐村河内 氏は「全聾」ながらも「絶対音感」を持つ「現代のベートーベン」と紹介された。
 新垣氏は近く会見で謝罪する。
**************************************************
個人的にゴーストライターなど書籍・出版系では
当たり前なので、その部分はそんなに不思議じゃ
ないが、この【佐村河内守】という人間は
ちょっと酷すぎるな・・。
何たって、2月6日の新垣氏の会見において、

○目が見えて全聾(ろう)じゃなかった
○絶対音感も嘘
○譜面を書く事はできないレベル
○床に座り込み頭を壁に打ちつけながら作曲して
 いる映像も作曲などしていない
○台形などを音の圧力を示す指示書で作曲依頼
○著書では「私は交響曲第1番の完成を目前に
 しながら悶絶する日々を送らねばなりません
 でした。」「発汗や嘔吐を伴う硬直の後激しい
 全身痙攣が起こり、発作が長引けば気絶して
 しまうこともありました。そんな時はほとんど
 例外なく失禁しており鼻からもたびたび出血
 していました。」ってそんな状態にはなって
 いない
○被災地で「この2ヶ月自分自身が今までに経験
 したことのないようだ、苦しい思いで書き切り
 ました。本当に神に誓って命がけで書きました
 ので聞いてください。 」と何度も騙した

と、

【何ひとつ真実がない】

人間なのだから・・(-_-;)
それなりに名の通った人間で、ここまで嘘だらけ
の人間は自分の人生において記憶に無い・・。

いきなり、色々な発表をしたのも、週刊文春の
記事が出たからであって、出ていなかったら、
当たり前だが、このまま嘘をついていくつもり
だった訳で・・(-_-;)

ま、この期に及んでも、本人が出てこないの
だから、まず新垣氏の会見内容は間違いない
という事でしょう。

まぁ、この人間の人間性は全ての国民が否定する
でしょうから、その部分は他の方にお任せする事
にして、自分は違う問題点を考えたいと思います。

ゴーストライターであった新垣氏は、

「私は、佐村河内さんから出会った日から18年に
 わたり、彼の代わりに曲を書き続けてきました。
 彼が世間を欺いて曲を発表していることを知り
 ながら、曲を書き続けた私は、佐村河内さんの
 共犯者です。障害をお持ちの方、彼のこと信じて
 曲を聞いてくださった方、演奏家のみなさま、
 本当に申し訳ありませんでした」

と謝罪した・・。
しかし、ここに関しては新垣氏が謝罪する事なの
だろうか?
唯一、グレーだとするならば、

「彼が世間を欺いて曲を発表していることを知りながら」

という部分だけであろう・・。
CDへの名前を記載しなかったのは佐村河内氏。
結果、演奏家の人間達を騙したのは佐村河内氏。
障害の人間、被災地、CDを買った方、演奏を
聞いた方を騙したのも佐村河内氏。
音楽関係の人間からも、著名な評論家からも曲は
大絶賛で高評価だった訳ですから、この部分は
問題ないでしょう・・。

となると【ゴーストライター】という部分だけが
何となく気になる訳だが、書籍にはたくさんの
ゴーストライターがいる。
多い形としては、ゴーストライターが著者と話をし、
著者の表現をしたい事を文章に置き換えていく・・
少なくともアイドルの本など、ほとんどゴースト
ライターが書いている・・。
そして世の中には本当のアイドルが書いていると
思っているファンも多い筈だ・・。

でもゴーストライターの名前は無い・・。

今回のケースと大きさの違いはあっても、本人が
書いていると本気で思っているファンがいたと
するならば、そうしたファンを欺いている・・と
いう部分は、何も変わらない・・。
でも、そのゴーストライターは罵られない・・。

また、マンガにおいてもそうだ・・。
作者名があるだけで、本当はアシスタントの手を
経て作品は出来上がっており、作者1人で描き
上げた訳ではない・・。
でも、そのアシスタントは罵られない・・。

となると、どう考えても新垣氏の責任はほぼ無い。
責められるべきは、佐村河内氏だけでいい・・。

だから今回の問題は何なのか?と考えると、
食品の表示ではないが、

【消費者に向けて共作として名前が正確に明記
 されないシステム】

というところだ・・。
今後、どういう条件であれ、消費者に対し、共作の
場合は、必ず明記しなくてはならない方向性は
必要なのではないだろうか?

今となっては、新垣氏の作品は音楽的にもコピー的
内容であるらしいが、そんなのはご存知の通り、
音楽界では日常茶飯事ですから、どうでもいい事
だろう・・(笑)

作品には罪はない・・。

と、これ書いた後に、2月12日未明に佐村河内守氏
が、自筆の謝罪文を発表した。
全文は、以下の通り(原文は縦書き)である。
********************************************
お詫び

今まで私の起こしたことについて深く謝罪したいと思いペンをとりました。
そして、すぐに説明が出来なくて申し訳ありませんでした。
弁護士さんにも本当のことが言えなくて、決断するのに時間がかかってしまったのです。
また、私のせいで、多くの方々に大変な迷惑をかけてしまったことも心からお詫びしたいと思っています。
私のCDを買った方々、応援して下さった方々、音楽関係の方々、私の噓によって番組を作った方々、本やインタビュー記事を出して下さった方々、大切な本番の直前に騒動に巻き込んでしまった高橋大輔選手、被爆者の人たち、被災者の人たち、障害者の人たち、広島市の関係者、友人、家族等、本当に多くの人たちを裏切り、傷つけてしまったことを、心から深くお詫びいたします。
私がついた噓は、新垣さんのことだけではありません。
もちろん、新垣さんとの関係については、新垣さんが話しておられるとおりです。他にも、私の音楽経歴についても、大体新垣さんが話されたとおりです。
今は、自分を偽って生きて来たことを深く恥じています。
そして、私の要求に18年もの間応じて来たことから、人生が狂ってしまった新垣さんに対しても、お詫びしたいと思います。
ただ、耳のことについては、新垣さんが、出会った初めころから聞こえていたはずだと言われていることは事実とちがいます。
耳が聞こえなくなって手話サークルに参加して、それから聴覚障害2級で手帳をもっていることはまちがいありません。
そして、耳が聞こえなくて、ひどい耳鳴りに悩まされ続けていたことは本当です。
しかし耳のことでは、最初弁護士さんにも正直にお話しできなかったので、そのことについて説明します。
実は最近になって、前よりは、少し耳が聞こえるようになっています。
三年前くらいから、耳元で、はっきり、ゆっくりしゃべってもらうと、こもってゆがむ感じはありますが言葉が聞き取れる時もあるまでに回復していまし た。但し、それはかなり体調に左右されるので、体調が悪い時は耳元ではっきりゆっくり話してもらっても聞き取れないこともあります。しかし2月4日に初め て弁護士さんに会った時は、今も全く聞こえないと言ってしまいました。
私としては、新垣さんに作曲してもらったことがバレることによって起きることで頭がいっぱいで、耳のことも聞かれたのですが、怖くて本当のことを言えませんでした。音楽的経歴のこともそうですが、他の噓のことを話すと、引き受けてもらえないと思ったのです。
もう、週刊文春が出る直前でしたから、すがる思いで相談していました。
新垣さんの会見自体は見ていませんでしたが、知人からも、耳のことが問題になっていると聞き、本当のことを言わなくてはと思い、2月7日に少し聞こえるようになっていると話しました。
ただ、この時は、人の言葉は聞き分けられないと説明したのですが、色々な情報が出ていると聞き、もうこれ以上は噓はつけないと思い、2月9日になっ て、耳のそばではっきり話してもらえば人の言葉も聞き分けられる時があることを告白しました。そうすると、弁護士さんからは、最初から聞こえていたのでは ないかとも質問されましたが、それだけはちがいます。
全然聞こえなくなって聴覚障害の認定を受けていたことと、3年前くらいまでは、聞こえていなかったことは、真実です。
もうこれ以上、噓に噓を重ねるのはやめると決めました。
ですので、今日は、ここに書いていることは、天地神明に誓って真実です。
耳のことについては、専門家によるきちんとした検査を受けてもいいです。その結果二級ではないと判定されたのなら手帳は必ずお返しいたします。
それと、いくつかご説明もさせて下さい。
もちろん、すべて真実をお話すると決めたので、この後に書くことに噓はありません。
まず、私と新垣さんとの関係は二人きりの秘密でした。
この噓がバレてしまうと、身の破滅になると恐れていたので、妻にも誰にも話していません。
妻も新垣さんのことは知っていますが、現代音楽の専門家なので作曲の仕方などを教えてもらっているとしか説明していませんでした。
また新垣さんへの指示書を書いたのは私です。
お義母さんに妻の筆跡だと言われていると聞いて驚きましたが、誤解です。
何かの一部を妻に書いてもらったことはあるかもしれませんが、そのくらいです。
私の実家にピアノがあったのは引っ越す前のことだったので、お義母さんの知らない時期のことです。
もちろん、お義母さんの言われるとおり、私のせいで、妻にも辛い思いをさせています。
妻が望むなら、離婚してもいいと思っています。
そのことは妻の判断に任せます。
それと私が被爆二世であることも真実です。
私の両親は共に広島で被爆しています。
二人とも被爆者手帳を持っておりますし、弁護士さんにも、写真で確認してもらっています。
私がやってきたことは売名行為と見られても仕方のないことです。
私自身、そういう気持ちが一方にあったことはまちがいありません。
しかし、ある時期からは被爆者や震災の被災者の人たち、障害を持った人たちの助けになればという気持ちもまちがいなくありました。
もちろん、今となってはそのような事を言っても信じてもらえないかもしれませんが、心の中には、いくつもの思いがあったことも確かなのです。
しかし、私の気持ちを信じてくださった方々に、もっと大きなショックを与えてしまったことになります。
本当に取り返しのつかないことをしてしまったと思っています。
もう一つ、弁護士さんにはじめにお願いしたことなのですが、私が新垣さんに作ってもらった楽曲は、私のことさえなければ、きっと後世に残るはずのものですし、今はこの楽曲が生かされ、少しでも周りの方々の被害が少なくなるようにしてもらいたいと思います。
最後になりますが、やっと気持ちが整理できましたので、近い内に必ず公の場で謝罪をさせていただきます。
本当に申し訳ありませんでした。

平成二六年 二月十一日
佐村河内 守
********************************************

「マスコミにどこまで伝えさせるか?」を小保方晴子博士に学ぶ

小保方晴子博士が発見した万能細胞は

【STAP(スタップ)細胞】

という体の細胞に酸性の溶液で刺激を与える
だけで、人工多能性幹細胞(iPS細胞)と
同様な、あらゆる組織ややがては臓器に
なれる「万能細胞」・・いわゆる

【幹細胞→人間の体の色々な部分の形成】

をする事が当たり前で、

【人間の現在の細胞→幹細胞】

になる逆の理論はありえない!とされていた。
それを、受精卵に近い状態に逆戻りする性質
(初期化)があることを証明し、

「動物の細胞は外からの刺激だけで万能細胞にならない」

という通説を覆す、まだマウス実験でのデータ
だが、本当に凄い画期的な発見である・・。
そして、さらにガン化しないというのだから、
いやいや希望が高まる・・。

我々の業界においても、毛髪の再生に
つながる・・もしかしたら、毛母を若返
らせる事ができるかもしれない可能性が
出て来た訳ですからね・・。

しかも、

「過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄している」

と言い続けていた「Nature」に、何度も
何度も実験を繰り返してチャレンジして
いたなんて、本当に素敵な話が出て来て
嬉しく思っていた反面、

「え??」

と、もうすでに誰もが感じてるであろう、
タレントでもない小保方博士のプライ
ベートを「これでもか!」という程に、
しかも下劣に報道するマスコミに対し、
とうとう理化学研究所は、異例の発表をした。

ファイル 2210-2.jpg

やっぱりこういう結末になる日本の
マスコミ・・(-_-;)

そりゃ、上には

「面白いネタになるものもってこい!」

と言われているから、マスコミも小難しい理論
を毎日流す訳にもいかず、文集や感想文、
その他モロモロのプライベートへ手を出さ
なくてはいけなくなるのは、仕方の無い事
なのかもしれない・・。

でも、100%マスコミが悪いのか?というと、
そうとも言えないだろう・・。
やはり、研究所での「かっぽう着」の姿を

「普通の女性とは違う!」

という形での絵を撮らせて、記者会見の場
では、休日の過ごし方や、ファッション関連、
デート、かもマイクを握っていた手の指に
はめていた指輪に関しては、小保方博士も
【ビビアンウエストウッド】であったという
事は、みんなに気付いて欲しかった
気持ちが、バックボーンにあった事は
否めないであろう・・。
そして、マスコミも

【ビビアンウエストウッド】

を好んでいたら、必ず

「この人はファッションにすごく興味のある人だ!」

と普通は感じるので、ファッションの話に
いかない訳がなくなる程、特異な
ファッションブランドですからね・・(^-^;

という事は、理化学研究所側も、ちょっと
ネタになるように誘導し、多くのメディア
に取り扱ってもらいたい!と思っていた部分
は無かったとは言えない訳で・・。

個人的には、マスコミを使うなら「なでしこ
リーグ」のように、もうちょっとこうした
研究にはお金がかかり、研究をさせて
もらえない実態があるので、その資金繰り
の大変さや、出資(をできるのか?できない
のか?は知らないが・・)を募っているなら、
募っている事だとか、もっと国に「こうして
欲しい!」みたいな要望とか、こうした機を
使ってもっとガンガンPRすればいいと
思うんだな・・。

でも、今のマスコミに毒された国民の
好奇心は、なかなかそれを許さず、
プライベートに興味津々な残念な現状が
あるのかもしれませんが、業界内でもっと
自制が働くようにはならないもんなんです
かね?

三菱東京UFJ銀行を語るフィッシングに驚いた!

三菱東京UFJ銀行に口座がないのにメールが来た(爆)●~*
行かずともわかる

【フィッシング】(笑)

笑えるのが、内容は同じなのに、アドレスが毎回変わり、
題名も変わって到着する・・。

ファイル 2203-2.jpg

最初のアドレスは「yahooメール」って、バカじゃないか?と(笑)
ただ、その後は三菱東京UFJ銀行らしいメアドの

【@mufg.jp】【@mufg.co.jp】

に変わっている。
こうなると、素人はちょっと戸惑うかもしれませんね・・。
一応、本家から来るメールには、こんな感じ

【電子署名付きメール】

で届くらしく、【Security】の部分に【署名入り】と表示される
そうだから、ここからも【フィッシング】なのはわかる・・。

ただね、【フィッシング】に引っかかるなんて、本当の
素人だろうなぁ・・と高をくくっていたんですが、人柱に
なるべく(笑)色々調べてみると、驚いた!(◎_◎;

まず、届いたメールの文中にあるアドレスと、

https://entry11.bk.mufg.jp/ibg/dfw/APLIN/loginib/login?_TRANID=AA000_001

本家のインターネットバンキングのアドレスが一緒なんですよね。
https://entry11.bk.mufg.jp/ibg/dfw/APLIN/loginib/login?_TRANID=AA000_001

で、クリックしてみたんですが、やはり、本家のインターネット
バンキングのログイン画面と全く遜色無い、自分が見てもわからない
入力画面なんですね・・。

ファイル 2203-3.jpg

で、1月18日深夜までは、【フィッシング】の画面が現れていたので、

ファイル 2203-4.jpg

上記のように適当に入力してみたんですが、適当ではきちんと
はじかれるんですね・・(^-^;(笑)

いやいや、かなり精巧に出来ているんですよ・・(^-^;
今は、このように警告されるようになったので、大丈夫ですが、

ファイル 2203-5.jpg

これは素人は間違いなく騙されますね・・(^-^;(笑)
自分には関係ない銀行からのメールだったので、落ち着いてこんな
検証ができましたが、自分の銀行だったら本当に怖いわ!(笑)
でも、普通は銀行からパスワード入力のメールは届きませんので、
そこさえ抑えていれば騙されないんですけどね・・(^^*)

皆様、お気をつけ下さい!( ̄0 ̄)/

乗り物での赤ちゃんの泣き声論議

**************************************
子どもを電車に乗せてはダメ?大人が寛容にすべき?
年末年始も賛否を呼んだ公共交通機関のマナー

 年始から、一部のツイッター上で議論となっていたのが、電車に子どもを乗せる際のマナーについて。昨年も漫画家のさかもと未明氏が飛行機に子ども を乗せるのは子どもにとっても負担が大きく、周囲の迷惑になるという内容を書いた雑誌記事がネット上に転載され、「炎上」するという出来事があった。新幹 線の乗降客の多い年末年始の時期に再び持ち上がったこの話題。公共交通機関でのマナーについて、世間の人々はどう考えているのか。

■車内で泣く子ども「舌打ち」ぐらいはしてもいい?
 Twitter上のつぶやきをまとめているTogetterの「子供が車内で騒いでいたら 舌打ちぐらいはしてもいい?」というトピックを見てみよう。
 ことの発端は1月5日。NPO法人フローレンス代表理事の駒崎弘樹氏が「今、新幹線で後方の席の子どもが泣いてて、隣の席の女性がうるせーな、っ て言いながら舌打ちしたんだけど、そういう人は新幹線自由席じゃなく、車で移動すべきだ。公共交通というのは、老若男女、色んな人が乗るもの。公共圏は、 我々が当事者意識と寛容によって生み出すものだと思う」とつぶやいた。
 これに「舌打ちくらいいいんじゃないかと思ったりするwww」と反応したのが堀江貴文氏。しばらく2人のやり取りが続き、どちらもフォロワー数が多いこともあって、さまざまな意見が噴出した。
 また、乗車マナーの話題とは少しズレるかもしれないが、混雑に見舞われた新幹線車内で「立っているお年寄りをグリーン車に乗せるべき」とツイート したアカウントが、「金を払っていないのにグリーン車に乗せろという主張はおかしい」といった反論を受けて「炎上」するということもあった。(参考:『超混雑だった東海道新幹線の乗客が「立っているお年寄りをグリーン車に乗せるべきだ」とツイート→炎上』)
 年末年始の時期は家族連れの移動が多く、子どもや高齢者の利用が普段より多いと推測される。公共の場である電車で、社会的弱者である存在と接することが普段より多い時期とも言えるだろう。どちらもこの時期ならではの話題だったという印象だ。
**************************************
なるほど・・。
色々な意見があるものですね・・・(^-^;(笑)
自分にとっては、子育て経験&気持ちがわかる
年代ではあるから、確かに、飛行機と新幹線で
泣かれるとツラい・・(>_<)(笑)

もちろん、ツラいというのは【親側の立場】としてだ。
山手線のような電車なら次の駅でひとまず降りるという
選択肢があるが、飛行機は飛んでしまったら無理だし、
新幹線も駅を出たばかりだと、次の駅までに20〜40分
くらいはかかるし、まさに【針のムシロ】だ・・(^-^;
さらに拍車をかけて、親がひとりぼっちの時は、
さらなる【針のムシロ】だ・・(^-^;

今の個人的価値観としては、

「赤ちゃんはしょうがないよ・・」

今や当たり前のファミレスで走り回る

【躾ける事のできる年代の子供】

の放置とかとは訳が違うからね・・。
赤ちゃんはオムツでもなく母乳でもなくみたいに
理由が分からない時はどうにもならない・・(笑)

とはいえ、個人的結論としては、やはり

【親の態度】

で決まっちゃうな・・(^-^;(笑)
人は何と言っても相手の判断は【第一印象】であり、
これは出会った時もそうだし、面接でもそうだし、
仕方の無い事だ・・。
そして、その判断の後に、内面の判断が来る・・。

だから、ペコペコ申し訳無さそうにしている
親だったら、全然腹も立たない・・。
でも、逆に平然と携帯をいじっていたり、さらに
子供を叩いて怒鳴っている親をみると、逆に親を
ぶん殴りたい衝動も走る位に腹が立つなぁ・・。

正直、100人が100人、まず子供の泣き声が
響き渡ったら、心の中では「イラ」っとする・・。

この部分は間違いない。

でも、その次の表面に出す感情は子供を以前に
育てているという経験値だったり、子供への
許容幅が広い狭いの価値観だったりで、次の
行動が決まる・・。
例えば自分の場合は、心の中では「イラ」っと
した後、次の表面に出す感情の前に、

「子供を育てた→苦労がわかる」

という経験値と

「赤ちゃんの時は躾とか、まだそういうレベルではない」

という子供への許容幅から、腹は立たないから

「しょうがないな・・」

となるが、

「う〜ん、子供の泣き声は素敵!♡」

とは、残念ながらならない・・(^-^;(笑)
では、その中でどんな工夫をすればいいのか?
やはり演技でも「申し訳ない」オーラを出すのが
一番手っ取り早い・・(笑)
今回のようにクローズアップされたので、あたかも
どこでも舌打ちがされているかのようだが、どうだろう?
乗り物で赤ちゃんに泣かれた親の方々で、そうした
部類の仕打ちを受けた人の方が圧倒的に少ないと
思う・・。

多くの乗客が【許容】もしくは【仕方ない】と
思っている・・。

どんな世の中でも、自分の事がわからない匿名な
シチュエーションではとたんに強くなって感情を
出す人間はいる・・。
そんな小さな器の輩をいちいち気にしても仕方の
無い事である・・。
ひとまずうるさくした事は確かなので、申し訳ない
気持ちを全面に醸し出し、あとは馬耳東風・・。

あ、自分がやっていた事ですが、両親2人でいた
場合は、どうせ、ダンナの方は役に立たない場合が
多いので、赤ちゃんの事は奥様に任せ、ひたすら
周りに頭を何回も下げていればいい!(゚-゚)b
これは、実は住まいでも応用できる!
上下左右の住民の顔は覚えておき、挨拶できる時
には先にこちらが切り出し、

「いつも、うるさくしてすみません・・」

と常々、先手で頭を下げておく。
すると人間と言いうのは

「おう!うるせえよ!」

という奴はなかなかいない・・。
そんな夫婦なら大目に見ようかな!と思うからね!
ぜひ、お試しあれ!(^^*)

違う実験をやっちゃったんじゃないかと・・

*************************************
<衝突回避乗用車>試乗会でフェンス衝突 運転手ら2人けが
(毎日新聞 ・2013年11月11日)
 埼玉県警深谷署は11日、同県深谷市山河の自動車販売店「坂田自動車工業」の駐車場であった試乗会で、障害物を感知して自動的にブレーキがかかる「衝突 回避システム」を組み込んだマツダ(広島県)社製の乗用車がフェンスに衝突、運転していた男性会社員(39)=埼玉県本庄市=が首に軽傷、助手席のマツダ 車販売店の男性社員(22)=深谷市=が腕の骨を折る重傷を負ったと発表した。同署は運転ミスの可能性やシステム上の問題を含め慎重に事故原因を調べる。
 同署によると、事故があったのは10日午後0時40分ごろ。試乗会は坂田自動車工業の主催で、約7メートル先につり下げたウレタンマット(縦60セン チ、横98センチ)に向かってマツダ社製のスポーツタイプ多目的車「CX-5」を走らせ、自動ブレーキを体験させていた。事故前に3、4人が試乗した際は 不具合はなかったが、事故時にはマットにぶつかり、さらに前方のフェンスに衝突したという。
 マツダによると、このシステムは「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)」。時速4~30キロで走行している場合、前方の車に接近すると自 動的に減速。衝突の危険を感知した場合に急ブレーキがかかり、30キロを超えると作動しない。広報担当者は「(このシステムの)事故は記憶にない」と話している。【奥山はるな、大平明日香】
*************************************
これ・・メチャメチャ怖いですよね・・(^-^;
まあ、実際には、こんなにリアルに意識がある正常時
ではなく、コクっと寝てしまった時・・だとか、
心臓発作や脳梗塞などで自分の意識が飛んでいる時・・
みたいな場合に補助的に使うのでしょうから、あまり
痛みも感じず、お陀仏か、ケガして激痛で意識を
取り戻す・・みたいな状況下になる事が想定される
けど、本当は車を買ってこのシステムを1回でも
使う人間がいちゃいけない訳だから、凄いニュース
でもないとも言える・・(笑)

で、良く読んでみると、通常の時速60kmくらいで
走っている時の意識が飛んだ時とかは止まらないのね・・

「時速30kmを超えると作動しない」

システムのようですから、事実上はあまり使い物に
ならない気もする・・(^-^;
せいぜい渋滞でのコツンがなくなるくらい?(笑)
あ、あと最近よくある急発進で突っ込むのも防げる
のかな?でもそれが防げるなら意味がありますが、
確か、皆さんアクセルをブレーキと間違えている
訳ですから、猛烈に踏み込んでいる・・(笑)
となると、実際は時速30km以上は出ている気も
するから、何とも言えないけど・・。

個人的には、今回の事故は、それをもしかしたら
実験しちゃったのかな?とも思っている。
なぜなら、別な記事で、実は今回、衝突する面に
「柔らかく衝撃を吸収するフェンス」を使っていた訳
だが、そのフェンスに衝突した際に、エアバッグが
動作していたという・・。

実は、エアバッグは固定された壁的な物に

「時速20~30km以上で正面衝突した場合」

に動作する・・。
さらに、今回の事故では、衝突する面に

「柔らかく衝撃を吸収するフェンス」

を使っていたため、固定壁に比べると衝撃が弱い事を
考えると、動作速度は「時速20~30km以上」なんて
レベルではなく、「時速40~50km以上」みたいに、
速くなっていたと考えるのが普通だ・・。
そう考えると、個人的にはアクセルをブレーキを踏み
間違えた想定で、一気にアクセルを踏んでみるという
実験をやっちゃったんではないか?と・・(^-^;
実際、望めるならば、その部分を抑え込んでくれれば、
老人達の不幸な事故は大幅に減る訳で・・(^^*)

こういう腐った企業はどうにかならないのか?

**********************************************
不二家、首都圏63店舗で偽装表示 成形肉「ステーキ」
(朝日新聞・2013年11月9日)
 洋菓子メーカーの不二家は8日、「成形肉」を説明なく「ステーキ」と表示し、首都圏などの「不二家レストラン」63店舗で売っていたと発表した。同社は2007年、店舗で売っていた一部洋菓子に期限切れの原材料を使っていたことが判明して経営危機に陥った経緯がある。
 提供していたのは、「ビーフステーキ」「牛フィレステーキ&オムライス」などの5メニュー。数個の肉を寄せ集め、結着剤を使って固まりにした肉だったという。
 ただ、同社は払い戻しなどの対応はせず、東日本大震災の被災地の子どもたちの部活動に寄付することを決めたという。「贖罪(しょくざい)寄付することが最良と考えたので、理解をいただきたい」と説明している。
**********************************************
また・・である・・。
「消費期限切れ」の牛乳をシュークリーム製造の際に
使用、チョコレート製品に、蛾の幼虫が混入・・と
一世を風靡した「不二家」・・やはり会社の姿勢は
変わっていないんだろうな・・。

近所のステーキハウス「フォルクス」などは、
何年も前からメニューに「成型肉」ときちんと
書かれていた。
そうやって本当にお客様を騙す気持ちがない
企業は、きちんと正直に発表した上で、

「それでも当店で食べて頂けますか?」

と、勝負しているのだ・・。
ここからみても、「不二家」の会社の姿勢は変わって
いない・・というか、お客様の事は考えていない・・
としか言いようがないよな・・。

ま、それはさておき、問題なのは「不二家」の対応だ・・。

【同社は払い戻しなどの対応はせず、東日本大震災の
 被災地の子どもたちの部活動に寄付することを決めた】

って、寄付を隠れ蓑にする!と断言しやがった!凸(-""-)

偽装のお金を払ったのは消費者であり、
その騙して得たお金を寄付・・って「不二家」は
何も懐は痛んでいない・・凸(-""-)

もっと言うならば、返金をした上で、そのお客様へ
お願いをして返金を受けた客が寄付するという
のならわかる・・お客様からだ騙して得たお金を、
被災地を隠れ蓑に使って、うまく自分達の贖罪
にすり替える

【贖罪偽装】

である・・。

恐らく、食べてもないのに請求に来る奴がいる
ので、そうした無駄な出費がかさむなら、
ある程度の目分量の金額を寄付し

「みそぎは終わりました!」

という事を大々的にPRして、寄付を盾に自分たちを
正当化し、罪を軽くしてもらおうとする考えが
見え見えの姑息さ・・。

つまり詐欺を美談に持ち込もうとしている訳だ・・
ペコちゃんを隠れ蓑に好き勝手しやがる懲りない
奴・・というのはこういうのを言うんだろうな・・凸(-""-)

タクシー業界を守る規制の前に、やるだけの事をやったのか?

********************************************
タクシー減車法案を提出 自公民3党
(産経新聞・2013.10.30)
 自民、公明、民主の3党は30日、タクシーの過当競争是正に向け、都市部で事業者に台数減らしを事実上義務付けるタクシー事業適正化・活性化特別 措置法改正案を衆院に提出。提出者の一人となった自民党の金子一義元国土交通相は「行き過ぎた規制緩和を是正する法案だ。今国会中に成立させたい」と記者団に述べた。
********************************************
今現在、上記のような規制を入れなくては
ならないほど、疲弊しているらしいタクシー
業界が「たいへんだ!」とおっしゃっている
状態の時ですら、「返事もしない運転手」、
「不愛想な運転手」、ターミナルでお気に入り
のタクシー会社があるから、そこへ乗りたい
と言えば「それはできない!その車の順番
まで待て!」と指定したタクシー会社の車を
指定して乗れないというくだらない暗黙の
タクシールールがあったりする・・。

端から見てもまだこんな状態に感じる、こんな
業界を守ったら、バブルを知っている人間は
甦るのではないだろうか?

無愛想、乱暴な口調、運転手の気分によっては
乗車拒否が当たり前、乗せてもらっても

「近いなら降りて!」

自分がその時代は若造だったのもあって、
こんなの当たり前だったもんな・・。

結局は、東京の大手タクシー会社四社(大和
自動車・日本交通・帝都自動車・国際自動車)
は、太平洋戦争中、軍部の用達に便利なように
東京のタクシーは四社に統合させられそれぞれ
の会社の頭文字に【大日本帝国】を分散された
と言わている訳だが、この【大日本帝国】が、
甦る事になる訳だ・・。

先日カンブリア宮殿でやっていた、駅前で
客待ちをしないタクシー会社が大人気だと
いう長野県のタクシー【中央タクシー】・・。

「長野の駅前の客待ちタクシーには、中央
 タクシーはありません。90%が予約の客で
 もう当日は決まってしまうからです」

迎車料金の廃止、全車両禁煙なども実施の他、
中央タクシーのドライバーは経験者を雇わず、
ずぶの素人だけを雇い、さらに接客マニュアル
は存在しない故、自分たちでお客様が喜ぶ事は
何なのか?サービスは運転手自らが自主的に
考え、行なっているのだそうだ・・。

「お客様をただA地点からB地点にお乗せするだけ
 でなく、地域を楽しくするお手伝いなんです。」

だから、親切すぎるほど親切で、ドアサービス
はもちろんの事、高齢者には乗り降りの際に、
サッと手を貸し、さりげなく買い物袋を運び、
雨の日にはお客様が濡れないようにと傘を差す。
そして、300メートルという超近距離でも、
喜んで運行するそうだ・・。

どうだ?都会のタクシーは、お客様目線で、
何かをやろうとしているのか?中央タクシーに
できて都市のタクシーが出来ないのはなぜだ?
新規参入を拒み、【大日本帝国】を甦らせる・・。
それではダメな事は長野の【中央タクシー】が
きちんと証明している・・。

作る側そして提供する側とお客様との常識の乖離の激しさ

***********************************************
「食材偽装」どこまで 三越伊勢丹も14店舗 4大百貨店すべて表面化
(産経新聞・2013.11.7)
 三越伊勢丹ホールディングスは6日、日本橋三越や新宿伊勢丹などグループの百貨店8店と関連会社1施設にあるレストラン計14店舗で、ケーキのモ ンブランに使用した中国産のクリを「欧州産」とするなど、メニュー表示と異なる食材を使用した料理を客に提供していたと発表した。そごう・西武も、そごう 千葉店など7店のレストラン計8店舗で、虚偽表示があったと明らかにした。
 高島屋や大丸松坂屋百貨店でも虚偽表示が発覚しており、大手百貨店4グループすべてで問題が表面化。外部テナント任せで、ずさんな食材管理の実態が浮き彫りになった。
 三越伊勢丹によると、虚偽表示があったのは、百貨店などに入居しているレストランで、すべて外部テナント。計52メニューで、約22万1千食、販売総額は約3億円に上った。
 日本橋三越の「カフェウィーン」では、ケーキのモンブランに使用したクリを「欧州産」と表示していたが、実際はマロンクリームの一部を含めて中国産が使用されていた。
 府中伊勢丹では、平成8年4月の開店当初から17年間にわたり、「桃源酒家」と「カオヤ」で、「芝海老」と表示した20メニューについて実際には バナメイエビを使用。新宿伊勢丹の「維新號(いしんごう)」でも、7年前からバナメイエビを使用しながら、小さいものを「芝えび」、大きいものを「大正え び」と表示していた。
 会見した三越伊勢丹の赤松憲常務執行役員は「レストラン側を信頼し、原材料について踏み込んだ確認を怠ったのが原因」と述べ、虚偽表示の経緯については「調査中だが、レストラン側に偽装の認識はなかったと思っている」と話した。
  そごう・西武も虚偽表示があったのはすべて外部テナント。そごう徳島店(徳島市)のレストランでは、鹿児島産の牛肉を使用しながら、「阿波牛」と表示。そ ごう千葉店など5店舗のレストランでは「芝海老」と表示してバナメイエビを使っていた。そごう・西武は「メニュー表記の確認が十分ではなかった」としてい る。
 小田急百貨店も6日、新宿店の「麦星byグリル満天星」で、結着材を使った加工肉を「ステーキ」と虚偽表示し、約1万8千食を提供したなどと発表した。
 三越伊勢丹、そごう・西武、小田急とも虚偽表示のメニューを注文した客には返金するとしている。
***********************************************
【食材偽装表示】ホテルオークラも 235品目38万食8億円超…返金も
(産経新聞・2013.11.7)
 ホテルオークラは7日、運営する13ホテルと関連会社3社のレストランやルームサービスなどで提供した計235品目の使用食材とメニュー表示が異なっていたと発表した。虚偽の表示で販売した総数は計約38万6千食で、販売額は計約8億7千万円に上る。
 同社は利用が確認できれば返金に応じる方針。
 同社によると、全国の系列ホテルで「芝海老」と表示したメニューでバナメイエビを使用。ブラックタイガーは「車海老」と表示するなどしていた。茨城県つくば市と千葉県木更津市のホテルでは、牛脂を注入した肉を加工肉とせず「牛肉ステーキ」として提供した。
 ホテルオークラJRハウステンボスでは長崎県産地鶏を「雲仙地鶏」と表示していたほか、自家製ソーセージとうたいながら実際は外部に製造を委託していた。
***********************************************
帝国ホテルも加工品を提供 ストレートジュースを「フレッシュジュース」
(産経新聞・2013.10.31)
 阪急阪神ホテルズ系列のレストランでメニューと異なる食材が使われていた問題に関連し、国内外の要人が宿泊する「帝国ホテル」でも7年前まで、「フレッシュジュース」として非加熱加工のストレートジュースを提供していたことが30日、分かった。

JAS法…加工ジュースに「フレッシュ」表示は不可

  ホテルによると、東京都千代田区の「帝国ホテル」と大阪市北区の「帝国ホテル大阪」のコーヒーショップなどで平成18年5月まで、その場で搾ったことを想 起させる「フレッシュジュース」と表記しながら、瞬間冷凍した非加熱加工品のストレートジュースを外部から購入し提供していた。
 この製品は当時、「ヴィンテージ・フレッシュフローズン」などと表記されていたが、JAS法に基づく果実飲料品質表示基準では、メーカーや卸業者を対象に、加工したジュースには「フレッシュ」の文言を使用してはいけないと定めている。
 帝国ホテルは、メーカー側から加熱殺菌加工したジュースへの変更を提案されたことを契機に、フレッシュジュースとして提供するのは不適当と判断。18年5月以降は「生の果実をホテル内で搾ったものを使用している」としている。
■瞬間冷凍の非加熱「生搾り同等…」
 ホテルは産経新聞の取材に対し「偽装の意図は全くなく、当時は生搾りのジュースと品質はほぼ同等と考えていた」としている。
***********************************************
京都ブライトンホテルでも 車エビ、芝エビ…実はバナメイエビ使用!
(産経新聞・2013.10.31)
 東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)を運営しているオリエンタルランドグループの京都ブライトンホテル(京都市上京区)のレストランでも、メニューに「芝エビ」「車エビ」と表記しながら「バナメイエビ」を使用するなどの不適切表示があったことが31日、分かった。
  ホテルによると、中国料理のレストランで少なくとも4月1日から5月18日にかけて、「車海老の黒胡椒(こしょう)風味」や「芝海老のチリソース」とメ ニューに表記しながら、実際には安価に仕入れることが可能なバナメイエビを使用。「チリ鮑(あわび)のオイスターソース煮込み」では、ロコ貝を使用しなが ら、紛らわしい俗称の「チリアワビ」をメニューに表記していた。
 5月17日~6月7日に実施した内部調査で発覚。親会社が所在する千葉県環境衛生部に報告し、6月14日~7月1日に店頭で、誤表示があったことを周知したという。同社は「表現の仕方をしっかりと見直し、再発防止に努めている」としている。
***********************************************

ただ我々消費者がメニューにもしくは袋にもしくは
値札に書いてある通りのものを手に入れる・・。
こんな些細な事が常識じゃいけないのだろうか?

そんな当たり前の事が、こちらに予備知識がないと
手に入らない世界・・。
別に我々、消費者は多くを望んでいない・・。

ただ、メニュー表や値札や袋に書いてある事が
本当であってくれれば良いだけの話・・。
しかも、勝手に売る側や作る側が、ことさら
そうした

【特化した部分を強調して、それをPR】

して売っている訳で、その強調した&PRした部分
が全く違う・・。

これは【景品表示法違反】とか【不当競争防止法違反】
とか、そういう話ではなくて、立派な

【詐欺】

じゃないでしょうか?

どんな規制や法律での逃げ道があるのか?は消費者は
どうでもいいのである・・。

問題は、

【作る側そして提供する側とお客様との常識の部分
 の考え方がまるで180度位違うレベルである】

であることが問題なのだ・・。
本当に腹立だしいというか呆れるというか愕然と
するというか馬鹿にされているというか・・。

作る側そして提供する側の言い分をすごくいいように
受け取れば、実はメニューや値札や、袋に表示されて
いることは、

【目標だった・・】

すなわち、福袋に私たちがステーキ肉だと解釈した
「寄せ集めの成型肉」から「国産の本物の松坂牛」まで、
どのレベルのものが入っているかわかりませんが、
どれかが入っています!「国産の本物の松坂牛」が
出て来たら、お客様はなってラッキー!なんでしょう!
みたいなレベルの事を何の後ろめたさもなくやれていた
という有名高級ホテル・・。
ホテルが一番やっちゃいけない、表向きはお客様の為
のような顔をして後ろではベロ出して笑っていた・・。
しかも、今、大勢の中に混ざれば、うちだけ指摘されたり
罵られたりされないから、大勢に混ざって頭を下げちゃえ!
という態度も見え見え・・やはり最低だわ。

「1に金、2に見栄、3に驕り」だよな・・

最近、本当に楽天で買い物をしなくなった・・。
同じ品物なら、通常はほぼAmazonの方が安い。
ましてや、送料までの金額を入れたら
ほぼ間違いなくAmazonが安いからね・・。
そんな中、セール直後からこんな案件が
ネット上を駆け巡っていた・・。
************************************
楽天優勝セール:実は…通常価格引き上げで割引見せかけ?
(毎日新聞・2013年11月07日)
 プロ野球楽天の日本一を記念し、楽天が運営するインターネット仮想商店街「楽天市場」で開催した優勝記 念セールで、出店している業者の一部が通常価格を引き上げて大幅に割引しているように見せかけていたなどの指摘が出ていることが6日、分かった。楽天は、 不当な表示の恐れもあるとして、事実関係の調査を始めた。
 関係者によると、星野仙一監督の背番号77にちなんだ「77%引き」としながら、自社の通販サイトで同じ商品が割引後の価格に近い値段で売られていたという。楽天は、悪質な業者には厳しい態度で臨むとしている。
************************************
一番悪質と取り上げられていたのが京都「茶游堂」
の「 抹茶シュークリーム(10個入り)」。
「茶游堂」の直営WEBサイトでの同商品の
通常価格は、
ファイル 2166-2.jpg
2625円なのだが、楽天市場の夕張名産センター
が運営する「お取り寄せグルメ産直食卓」では、
この「 抹茶シュークリーム(10個入り)」を
ファイル 2166-3.jpg
「通常販売価格1万2000円」「77%オフで2600円」
と、まるで大幅割引を行っているかのように見せる、
完全な【二重価格】販売していた・・。
で、他にもある可能性が・・という事で、楽天が
調べたところ、
************************************
掲示板に投稿120 不当価格表示の疑い、20店舗=1000商品で―楽天
 (時事通信・2013年11月07日)
 楽天は7日、運営するインターネット仮想商店街「楽天市場」で約20店舗、約1000商品で不適切な価格表示の可能性があったことを明らかにした。プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスの日本シリーズ優勝セールで、一部の出店業者が通常価格を実際より引き上げて表示し、大幅に割り引いたように見せ掛けていた。
************************************
ま、こんな無茶苦茶な価格はバカでもわかります
から、こうしてネタとして事件にはなっても、
引っかかる奴はいないでしょうから、事実上は
実害は無いと思いますけどね・・(^-^;(笑)

たださぁ・・ホテルや百貨店の悪質極まりない
食材&メニュー偽装といい、楽天のこうした
悪質極まりない二重価格といい、こうした方々の
頭の中は、お客様の方を真剣に向き、喜んで
頂くのではなく、やはり

「1に金、2に見栄、3に驕り」

・・って事なんでしょうな・・。
そうでないならごまかす必要性がありません
からね・・(-_-;)

でも、今回の「楽天・日本一!」によってもたらされた
このメリットを一気に楽天は信用無くすものに変えて
しまった訳だが、この楽天の騒動で1番メリットを
得たのはどこか?というと、間違いなく、

【Amazon】

である(笑)
Amazonは楽天のようにプロ野球球団も持たず、
優勝もせず、日本一にもならず、何にもしていない
のに、楽天が勝手にこけて「魚利」を得た事になる!
笑いが止まらないだろう・・(笑)

あの【聖域】が今や消えようとしている

***************************************************
「喫煙者は採用しない」企業広がる 製薬会社に書店、靴店…
(J-CASTニュース5月4日)
 社員を新規採用する際に、「喫煙しないこと」を条件にする会社が増えている。
 2003年5月に施行された健康増進法で公共施設やレストランなどで受動喫煙の防止措置が求められ、分煙が進展。最近では全面禁煙の場所が増えたり、就業時間中の禁煙を進めたりする動きが広がっている。それを「もう一歩進めよう」というのだ。

■「社員の健康増進」「業務効率の低下防止」が目的

 旅館やホテルを運営する星野リゾートが、採用情報サイトのトップページに「あなたはタバコを吸いますか?」と問いかけて、話題になったのが2010年。 「NO」を選ぶと「ようこそ!」と歓迎のメッセージが現れるが、「YES」を選ぶと、たばこを断つことを誓約することができると答えない限り、募集要領のページには進めない。
 富山県を中心に「明文堂書店」を展開する明文堂プランナーは2011年から、同じ手法で新卒・中途採用の募集を行っている。2013年4月6日には採用情報を更新。14年春の新卒採用でも、喫煙者は採用しない方針だ。面接時に、必ず喫煙の有無を確認するという。
 「喫煙しない」ことを採用の条件とする会社はここ数年増えている。製薬会社のファイザーやスポーツクラブのセントラルスポーツ、ソフトウェアの Acroquest Technology、半導体機器製造などのエムテック マツムラ、モバイル広告代理店のライブレボリューション、北陸3県を中心に30か店の靴チェーンを展開するワシントン靴店(富山市)なども喫煙の有無を採用時に確認している。

 会社が「たばこを吸わない人」を求める理由は、大きく3つ。一つは「作業効率」。喫煙者は血液中のニコチン含有量の多少によって集中力が低下する例が少なくない。また、喫煙する社員がより頻繁に休憩をとることから生じる社員の不公平感がある。
 たばこの臭いでお客などを不快にさせることや、「喫煙スペース」を設けることで施設の運用効率が悪くなることもマイナス点だ。もちろん、社員の健康への影響(職場環境)もある。
企業イメージを損なうことにも…
 2011年6月から「喫煙者ZERO宣言」、就業時間中の禁煙を就業規則に追加した製薬会社のファイザーも、採用時に喫煙の有無を確認する企業の一つ。同社は、「基本的に、入社するまでに禁煙することを強く求めています」と話す。
 また、現在勤務している社員については禁煙治療の費用を全額補助し、支援。社内の「喫煙者ゼロ」を目指している。
 同社は禁煙補助薬を取り扱っているうえ、禁煙サイトの「すぐ禁煙.JP」で「職場の禁煙対策」を勧めている。またスポーツクラブなど、健康増進をうたっている会社の社員が、スパスパとたばこを吸っていては説得力に欠けるし、イメージもよくない。
 他社との競争や企業イメージのうえでも、「喫煙しない」人材が求められているわけだ。
 日本たばこ産業(JT)の「全国たばこ喫煙者率調査」によると、2012年の男女をあわせた喫煙者率は前年比で0.6ポイント低下して21.1%とな り、17年連続で過去最低を更新。たばこを吸う人は、もはや「少数派」だ。会社での喫煙者の居場所は、いよいよ狭くなっている。
***************************************************
昔書いたのをUPするの忘れた!(笑)
という事で・・(^-^;

会社内に喫煙対策を取らないだけで、コスト的
にも、仕事的にもメリットだらけなんだから、
今後はドンドンと増えるだろうね・・。

もう、自分の店も9年前(だった気が(^-^;)から
禁煙店である・・禁煙にした時には、友人からは

「禁煙なんてして大丈夫か?」

と揶揄されたが、意外や意外・・やってみると、
その影響は全くと言っていい程なかった・・。
我々の業界の誰かが「お客様が減っちゃうよ!」
的な事をの話が拡散した、誰もやった事がなかった
噂話だっただけ・・(笑)
やってみたら、壁や天井は汚れないし、灰皿の
掃除もいらないし、煙に悩まされて換気扇を
回さなきゃいけない事もなくなった・・と、
もう良い事だらけ!(^^*)

だから、今や、タバコがある店は、よっぽどで
ない限り徐々に遠のいている・・というより、
タバコの中で飲んでいると、次の日が非常に
調子が悪い事もリアルに感じてきているから、
自然とタバコの無い世界があるのならば、
タバコの無い世界を選んでしまう・・(^-^;

話が逸れたが、職場の環境も、そもそも喫煙者を
採用しなければ、喫煙所を作る必要もなければ、
喫煙対策もいらなければ、壁や天井の黄ばむ対策
も必要ない・・。しかも、仕事をタバコで中座する
輩もいなくなる訳で、うちの店の現象と同じで、
どこをどうとっても企業にはプラスしかなくなる
んだから、そうしない手はないよな・・。

だた、あれだけどこでも(重要な会議でも、厳かな
場所でも)大丈夫だったあの【聖域】のタバコが、
まさか、こんなにも追いやられる時代がやって来る
など、夢にも思わなかった・・(笑)
今から20年前くらいまでは【禁煙】を唱えると、

「わがままだ!」

とお叱りを受けていましたからね・・(笑)
本当に嬉しくありがたい時代になった・・ <(_ _)>

伊豆大島土砂災害・トップ判断の恐ろしさ

日が経つにつれ、新聞やテレビを通して、自然の
恐ろしさをまざまざと見せつけられる・・(-_-;)
その中で、申し訳ないが、自然に立ち向かう事が
できない以上は、無力な人間のやる事は残念ながら
ただひとつ・・

【逃げる】

事だけである・・。
今回の伊豆大島の災害は、川が近い自分にとっては、
人ごとでない・・。
やはり災害には偶然がみんな重なるのだが、今回の
伊豆大島も川島理史町長と副町長が公務で島外に
出ていて、現場の判断は

【町幹部と防災担当者】

だったとの事・・。
しかし、やはり人間、沖縄のように毎年必ず台風が
上陸でもしているならともかく、たまにしか上陸
しない台風だったら、自分もそうだが、関東に来る
時にはどちらかというと弱まった形・・。

「こんなにも雨が降るとは思わなかった」

そうした【驕り】はあったんじゃないかな?
総務課によると、10月15日の午前に大島町や
都大島支庁などの関係者が台風への対応を協議した
そうだ・・そこでは、雨風のピークが

【16日午前3時頃】

という予想が出ていた事から、大島町は関係者が
出勤する形になる【非常配備態勢】を

【16日午前2時】

に取る事を決定・・。
15日午後6時5分に気象庁が

【土砂災害警戒情報】

を発表し、気象庁と東京都が大島町に対策を指示
したが、まあ【16日午前2時】に集まるから、
その時にでも協議しよう・・的な捉え方だったん
だろうなぁ・・その証拠に、その対策指示が来た
のに、防災担当者は帰宅、その後は電話を受けるのが
警備員、FAXとメールは放置した・・。

その後の、16日午前0時に気象庁と東京都が
「土砂災害に一層の注意を」ということを
大島町に連絡をし促す・・。
その後再び、午前0時52分に気象庁が東京都が
「土砂災害に一層の注意を」ということを大島町
に連絡をし、再度促す・・。
というが、これは両方共ただFaxをしただけで、
受け取ったかどうか?の確認はしていなかった
そうだから、どちらも気象庁も東京都共にやはり
所詮は人ごとのようなシステムだった・・。
その腐ったシステムのために、その連絡が来て
大島町は住民、警察、消防に避難勧告を出す形
だったが、防災責任者が不在だった結果、Faxは
5時間半放置、結局何も伝わっていない・・結局は
【避難勧告】が出されなかった・・という体たらく
な結果になったという残念さ・・。

でも、深夜に【避難勧告】が出されても、暴風雨の
中、どれだけの人たちが避難できたのか?
となると、大島町の地域防災計画では、土砂災害の
危険性が非常に高まった場合に、警戒を呼びかける
今回の【土砂災害警戒情報】が出された際には、
住民に伝えて自主避難を促すとともに【避難勧告】
などの判断に活用すると定めていたように、多くの
自治体では【土砂災害警戒情報】が出された際には、
住民に【避難勧告】を出す・・と決めているそうだ。
大島町も自分たちで定めた通りに、午後6時5分の
段階で【避難勧告】が出ていれば・・と悔やまれる
トップ判断・・。

そう考えると、たらればの話ではあるが、今回の
伊豆大島の災害も、やはり人災は【驕り】と【偶然】
の積み重ねで起る・・という典型的な事例だろう・・。
これは本当に怖い・・(>_<)
普段から自分たちでも何かの判断で避難する・・。
そんな事を話し合っていなければいけないと感じる
伊豆大島の災害だった・・。

高齢化の波と、若者がお金を使わなくなった構図

************************************
すかいらーく、1000店で深夜営業短縮 若年客減る
(2013年8月23日・日本経済新聞) 
 ファミリーレストラン最大手のすかいらーくは全店の3分の1にあたる約1000店で深夜営業を短縮する。若者の来店の減少で夜間の集客が落ち込んでいる ため、郊外店を中心に閉店時間を見直す。人件費などのコストの余力は昼間の営業体制強化に振り向け、シニア世代の需要を掘り起こす考え。少子高齢化が進む なか、従来の「若者」「家族」向けビジネスモデルを修正して再成長を目指す。
************************************
さ、高齢化の波と、若者がお金を使わなくなった
構図が浮き彫りになった形だな・・(^-^;
商売をやっている自分としても興味津々の記事
である・・。

どれどれ・・という事で、その後を読んでみると、
すかいらーくのデータよれば、24時間営業の店舗
ではかつては深夜営業(午前0~6時)の売り上げ
が1日の【1割強】を占めていたが、少子高齢化や
朝型の生活スタイルへの変化に伴い、最近は
【約3%】に減少しているそうだ・・。

これは、どの業界もこの傾向が出ているんじゃ
ないかな?

自分の店などは、自分が年老いてきたので、
もちろんターゲットは若者でないので、自分の
狙っている年齢層をきっちろと呼び込めている
ので、売上も客数も非常に安定するありがたい
環境・・。
自分が年老いてきた時には、若い人たちに活力
が無く、同世代がお金も活力もあるのだから、
これは自分が努力して作り上げるような流れ
ではありませんから、まさに運が良いとしか
言いようが無い・・感謝・・ <(_ _)>

この先は、自分の店も、これらの年齢層と共に
年齢を重ねてゆきますから、そこへ向けた
アイデアを順序良く的確に丁寧に進めて
ゆきますよ!(^^*)

ただ、すかいらーくの話に戻しますが、色々な
業界が深夜の営業という人間の生活のリズムに
反した方向へ、ニーズがあるからと突き進み、
疲弊していたような気がしますので、ここで、
2~3歩下がって普通の生活に戻してゆくと、
また違った人間の行動が生まれるかもしれません。
コンビニなんかも地域によっては、いずれは
追随してゆくのかな?
働く人も急激に減ってゆくんだろうからね・・。

【死ぬ権利】さえあれば防げた事件

***********************************
踏切事故:女性はねられ死亡 男性を救助? JR横浜線
(2013年10月01日・毎日新聞)
 1日午前11時半ごろ、横浜市緑区中山町のJR横浜線鴨居-中山間の川和踏切で、東神奈川発橋本行きの 下り普通電車(8両編成)に女性がはねられた。横浜市消防局によると、女性は死亡し、踏切内にいた高齢の男性もけがをした。神奈川県警緑署によると、女性 は男性を助けようとしていたとみられる。
***********************************
今さらだが、どうにかならない事
だったのか?
過ぎてからの「たら」「れば」は、
誰にでも言える事だが、最近の報道で
徐々にその時の状況が分かってきた訳
だが、どこをどうみても、まるで
死にたがっていたとしか思えない人間
が生き残り、未来のある女性が命を
落とした結果は本当に悔やまれる・・。

意外にも、同乗していたお父さんが
気丈で、ちょっとビックリした・・。
自分なら今まで隣にいた娘が目の前で
死んで、あんなに冷静にマスコミの
取材は受けられないと思うもの・・(^-^;
逆に、この事件の根本的な原因である
線路に寝た男を「迷惑な奴だ!」と
罵るのは簡単だけれども、生きる事が
【美学】であるこの世界・・美しく
死ねる場はどこにも無い・・。

それがこの事件を巻き起こしたのかも
しれない事についてはマスコミも
述べる事は無い・・。

実は自分が死ぬ時までに、もっと
大きな範囲で【死】を自由にして
欲しいという願いがあります。

いわゆる【尊厳死】・・・。


事前に家族と医師同席の元で話し合い、
公正証書などで、自分の【死】を
求めるレベルや年齢を決め、確認し

【自分の意志で死ぬ事ができる権利】

である・・。

今でも今回の事件のように【自殺】
という形で、自由に死ねるとも言え
ますが、こうして他人を巻き沿いに
する危険性が多々ある訳だ・・。
また、残された者への配慮がない・・
という身勝手さも懸念として残る・・。

こうした問題を解決でき、自分なりに
人生を全うできたと思え、思い残す事
がない、老化と共に残された者達へ
迷惑をかけたくないなど、価値観は
それぞれでも今は【死】を自由には
選べない・・。


だからこそ、家族など残される者とも
話し合い、公的に

【自分の意志で死ぬ事ができる権利】

で死を自由にして欲しいのです・・。


そうは言うものの、自分で決意して
【今日死ぬ】とわかっていても、現実
には相当怖いだろうけど・・。
しかし、やはり自分が老いるまでに
【尊厳死】が実現して欲しいです・・。
きっと、今や、傷みも無く眠る様に
死ねる薬はあるのでしょうから・・。
で、無いなら作って下さい>頭の良い人達(笑)
それを使って安らかに【死】を迎える・・。

自分の【死】を知ることができれば、
その前に、懐かしい友人など、色々な
人達に会いに行く事もできれば、仕事で
忙しくてできなかった旅行三昧をしても
よい・・。

もちろん、財産の事も使い切るも、残す
もどちらも計画的に行える・・。

この先、どれだけ生きるか?どれだけ
医療費がかかるか?どれだけ子供達に
病気など、その他で迷惑をかけるか?
わからない・・と考えるから、
お金も
使えない・・。


少なくとも自分の年金や医療費などは
別な人達へ回す事もできる・・。

結果、自分1人分の圧迫を減らす事も
できる訳だ・・。

当然、起こりえる事は、いざ死ぬ時に、
怖くなってしまって死ねない、

「生きたい!」

という感情が出てくるという事・・
でも、その時には、当然個々にある
権利の【生きる権利】で、その後も
生き続ければいい・・。(゚-゚)b


もちろん、人生を自然にまかせ全う
したいという方も、今まで通り
【生きる権利】で生き続ければ良い
だけの話だ・・。


【そんな先が決まった人生は面白くも何ともない・・】

そういう厚かましい正義の価値観を
押し付ける人間も多々いる・・
もちろん、そうした方々は、どうぞ
長生きして下されば良い!(゚-゚)b
別にその事に関しては何も言っていない・・。
ただ満足した時点で、もう俺はいいかな
・・と思ったら【自由に死ねる権利】が
あるとしたら、もっと思い切り生きる事
が出来ると思うんだがな・・。

その権利があったら、今回の事件で、
老人男性は線路に首をのせて横たわる
事も無かっただろうし、それを助けて
無くなった女性も車から降りる事無く、
お父さんと普通の生活を今も続けて
いられた・・。

そう思うのは自分だけでしょうか?

弁護士すら格差が広がっている

*******************************
弁護士収入:2割が年収100万円以下
(2013年5月8日・毎日新聞)
弁護士の総所得金額等(国税庁の統計より)
 弁護士の大半は個人事業主として活動しているが、その2割は、経費などを引いた所得が年間100万円以下であることが国税庁の統計で分かった。500万円以下だと4割にもなる。弁護士が急増したうえ、不況で訴訟などが減っていることが主原因とみられる。一方、1000万円超の弁護士も3割以上おり、かつては「高給取り」ばかりとみられていた弁護士業界も格差社会に突入したようだ。
 国税庁は自営業者ら個人事業主の「総所得金額等」を業種別にまとめている。総所得金額等は収入から必要経費などを引いた金額で、サラリーマンの「手取り給与」に近い。
 弁護士の中で対象となるのは、2008年、2万3470人▽09年、2万5533人▽10年、2万6485人▽最新の11年、2万7094人で、登録弁護士の8割を超える。
 国税庁の統計によると、このうち08年は、100万円以下が2879人(全体の約12%)、100万円超500万円以下が4684人(同20%)だった。しかし、09年は、100万円以下が5189人(同20%)と急増。11年は、100万円以下6009人(同22%)、100万円超500万円以下5208人(同19%)だった。
 一方、1000万円を超える高収入の弁護士の割合は年々減っているが、11年でも約34%に上る。
 統計の対象となるのは、事務所を自分で開く弁護士や他人の事務所に間借りして個人営業する「ノキ弁」(軒先弁護士)ら。勤務先の法律事務所から給与だけをもらい、所得税を源泉徴収されている弁護士は含まない。
 低所得の弁護士はなぜ増えるのか。弁護士会などは司法制度改革による弁護士の急増を要因に指摘している。同改革は訴訟数増加や役所・企業への弁護士進出で弁護士の仕事が増えると想定していたが、景気低迷などの影響で、実際にはそのようになっていない。最高裁によると、裁判所が新たに受理した訴訟などの事件数は03年の612万件から、11年には406万件に落ち込んだ。
 こうした需給のアンバランスを受け、日本弁護士連合会は司法試験合格者数を現在の年約2000人から1500人程度にすべきだと提言している。司法制度見直しを議論してきた政府の法曹養成制度検討会議は今年3月、年3000人程度としていた合格者数目標を撤廃する案を公表した。【渋江千春】
*******************************
いやぁ・・これは我々の理容業もそうだけど、
今やどの仕事も同じ仕事をしていてもやり方
次第で、収入の差が大きく広がっちゃって
いるんだね・・(-_-;)

それにしても、

【2割が年収100万円以下】

って凄い数字だな・・(^-^;
理容師でもこんな数字にはなっていないと
思うなぁ・・。

まあ、そもそも論として、訴訟は一生のうちに
一度もやらない人が圧倒的に多いだろうから、
どんな人でも1年に1回は切る自分達の仕事と
一緒にしてはいけないのだろうけれども・・。
でも、

【1000万円以上の年収の弁護士が34%】

ですから、ここは間違いなく負けている・・(^-^;(笑)
でも、ビックリしたのが、需給のアンバランスを
受けて、司法試験合格者数を増減する事を公で
言えちゃう世界なんだという事・・(^-^;(笑)

ある意味、凄いよね・・。

だって、我々は、ある基準に到達していれば、
操作される事無く合格者が出て、激安のサロン
が出てきて、市場が安価になっても、それは
弱肉強食の自由市場であるから淘汰されながら
頑張っているのに、弁護士は、頭数で調整する
って事だもんね・・(笑)

もちろん、平成16年3月31日までは弁護士報酬は、
日本弁護士連合会が定めている

【報酬等基準規程(旧日弁連規程)および各単位
 弁護士会が定めた弁護士報酬標準規定】

に従い、全ての弁護士がその範囲内で報酬額を
定めることとされていたそうだが、これらの
規定は平成16年4月1日に廃止され、弁護士報酬
は原則として各弁護士が自由に設定できることに
なっている・・。

我々、理美容師も、弁護士よりも早く、実は、
営業時間や料金、定休日などを国に定められた
【適正化規程】があって、1998年(平成10年)
の3月末をもって全て廃止され、自由競争の時代
に突入し現在に至る・・。

そうした押さえつけがなくなると、人間、下品な
価格競争に転じる・・。
ただ、個人的には住み分けがハッキリしたため、
きちんと力を入れなくては行けない所もわかり、
やる事もハッキリした・・むしろ歓迎である・・。
ただ、どの仕事も忙しい所は本当に忙しく、
暇な所は徹底的に暇になっている・・。

弁護士も安くやる所が今後は増える事だろう・・。
でも、それは余計に格差が広がってしまうことは
頭の良い人たちの集まる業界であるからこそ、
わかっていると思うので、理美容のような顛末
にはならない気はするが・・(^-^;(笑)