記事一覧

詳しいルールはわからんが個人的には替えてほしいな!【前編】

2020年の東京オリンピック・・
新国立競技場、その他の会場費用の
暴騰、そして、今回のエンブレムの
デザイン盗作・・。
個人的にどんどんとテンションが
下がっていく。。_| ̄|○

デザイナーのオリビエ・ドビ氏が、
自身が手がけたベルギーの

「リエージュ劇場」

のロゴマークと、今回発表された
東京オリンピックのエンブレムを
並べた画像をFacebookおよび
Twitterに投稿し、酷似していると
指摘した・・。

ファイル 2482-2.jpg

確かにこれは酷い・・(-_-;)

【盗作疑惑】

なんてものではなく、完全に
「丸パクリ」の明らかな【盗作】でしょ。
自分がベルギーのデザイナーでも
激怒するわ・・凸(-""-)
しかし、佐野氏は会見で、

「ベルギーのデザインを知らなかった」

と会見しているが

「知らなかった。これは明らかに似て
 いるので、指摘があった以上、取り
 下げる」

と弁明し、謝罪するならともかく
「知らなかった」でデザイナーと
しての弁明が済むなら、中国など
の悪質なパクリを始め、この世界の
パクリを全て認めなければならなく
なるだろうよ・・。
先にあって、後から確認されたモノ
はみんな却下にしないとダメでしょ。

「私はアートディレクター・デザイナーとして、ものをパクるという事をした事は一切ありません!」

と断言、未だに認めないのだから、
オリビエ・ドビ氏の訴訟は当然
だろう・・。

ただ、裁判ではオリビエ・ドビ氏が
佐野氏が前もってデザインを
知っていた事を証明しないと
いけないらしいので、裁判は
知らぬ存ぜぬを突き通せば良い
佐野氏が勝ちそうだ・・。

しかも、

ファイル 2482-3.jpg

・・と、形だけじゃなく色まで
スペインにあるデザイン事務所が
東日本大震災の復興支援のために
作った壁紙のデザインの配色と
黒、赤、白、金色、長方形や円形
も共通して似ているって・・(-_-;)

スペインのデザイナー事務所は

「たまたま一致したのではないかと
 思うが、仮に私たちのデザインが
 何らかの影響を与えていたとする
 なら光栄なことだ」

と、こちらは訴訟など騒ぎ立てる事
もせず、大人の温情的な立場を表明
してくれている・・。

そんな中、東京オリンピック・パラ
リンピック組織委員会の高谷戦略
広報課長は、

「今回の件については報道で知った。エンブレムの制作と発表は、IOCと国内外での 商標調査を行い、正式な手続きを経ているので、森会長を含め、組織委員会としては問題ないと考えている。IOCも同じ見解で一致している」

・・と話しているが、そんな法律論
ではなく、素人目に見ても、これだけ
デザインが似ていちゃ、ご本人や
JOCはお金の事もあるだろうし、
もう一度決め直すには、すでに協賛
スポンサーが使い始めているので、
撤回できない部分はあるだろうが、
もう、日本のオリンピックとして、
多くの日本国民がメチャクチャ
恥ずかしいし、替えてくれと思って
いると思うんだな・・(-_-;)

なんて書いているうちに、探して来る
人というのは凄いもので、どんどんと
毎日のように、目まぐるしく状況が
変わってゆくため、こっちも追い
つかない佐野氏問題・・(笑)

【後編】に続く・・!

センターラインはみ出し車の遺族に4000万円支払うの刑

*****************************
無過失の証明なければ賠償義務 はみ出し衝突された事故で判決
(2015年4月17日・福井新聞)
 車同士が衝突し、センターラインをはみ出した側の助手席の男性が死亡した事故について、直進してきた対向車側にも責任があるとして、遺族が対向車側を相手に損害賠償を求めた訴訟の判決言い渡しが13日、福井地裁であった。原島麻由裁判官は「対向車側に過失がないともあるとも認められない」とした上で、無過失が証明されなければ賠償責任があると定める自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づき「賠償する義務を負う」と認定。対向車側に4000万円余りの損害賠償を命じた。
*****************************
コレは本当に驚いた・・。
意見どうこうの前に、この状況を
ひとまず想像してみて欲しい・・。

ある時、自分が正常に運転している
所へ、センターラインをはみ出して
きた車が突っ込んできた・・。

そこで正面衝突となる・・。

その際に、センターラインをはみ
出してきた車の助手席に乗って
いた【車の所有者】である男性が
死亡した・・。
しかもその車を運転していたのは、
車の任意保険名義に入っていない
大学生の居眠り運転だったという・・。

もう、そんなクズの極まりのような
車が自分に突っ込んできた訳だ・・。

ま、ここまではいい・・。

問題はこの後である・・。
なんと、直進してきた対向車側にも
責任があるとして、遺族が対向車側
を相手に損害賠償を求めた訴訟が
起る・・。

「はぁ?( ゚Д゚) 」

もちろん、対向車側(ぶつけられた側)
は、一方的に衝突された事故で、
責任はないと主張していた・・。

当然である!(゚-゚)b
後ろから突っ込まれるのと同等で、
センターラインオーバーしたら、
オーバーした側の100%過失で
ないと困るわな・・。

しかし、判決では、

「対向車の運転手が、どの時点でセンター
 ラインを越えた車を発見できたか認定
 できず、過失があったと認められない」

とした一方、

「仮に早い段階で相手の車の動向を発見
 していれば、クラクションを鳴らすなど
 でき、前方不注視の過失がなかったとは
 いえない」

と、過失が全くないとの証明ができない
とした・・って・・ええ?Σ( ̄ロ ̄lll)

一番ダメのは任意保険の効かない大学生
に運転させた死亡した男性であり、
しかも、いんですか?裁判は

「疑わしきは罰せず」

が大原則ぢゃないんですかぁぁ?
こっちの過失が完璧にゼロでないと
負けるんですかぁぁ!(◎_◎;

ちょっと許せないんで、色々調べて
みると、当たり前だが、車の任意保険
名義に入っていない大学生の運転での
事故という事で、遺族への損害賠償が
されない状態となる・・。
よって舵は意外な方向に切られていた。

通常は人に損害賠償求める時には、
被害者のほうは加害者に過失がある
ということが証明できないと損害賠償
が取れない・・というのが普通の常識
なのだが、これが「自動車」となると
特別な法律が関係してくる・・。
それが、

【自動車損害賠償保障法】

で、自動車の責任を重くする事で、
事故の被害者を保護する法律、いわゆる
被害者を救済するための法律なのである。

実は自動車の所有者が損害賠償を逃れる
ために、証明しなければならない

【3つの条件】

というのがあり、

1)運転者が注意を怠らなかった事
2)第三者の行為、または過失があった
3)自動車に欠陥、機能の障害がなかった事

で、今回の事故には下の2つに関しては
証明ができるということなんですが、
1番上の(1)の証明ができなかった。

どういうことかというとぶつけられた
側の運転手が自分自身に全く過失が
ありませんと言う事を証明できなければ
損害賠償を払わなくてはいけないのだ
そうだ・・。

運転手は歩道の歩行者を見ていたと
いう事、これが我々が運転している車の
責任なんだと言う事らしい・・。
被害者側が加害者側の過失があったと
証明するのはかなりハードルが高いので
このようになっているそうだ・・。

仮にこれが飲酒運転だったとしても
充分に避けられる場合などは、なんと
これが適用されて損害賠償を払わなくては
いけないかもしれないそうだ・・(-_-;)

要は、民法上での責任では、突っ込んで
来た車が悪いし、保険になく、任意保険
名義に入っていない大学生のいねむり
運転が悪い・・でも、自動車の運行に
よって人の生命又は身体が害された場合
における損害賠償を保障する制度である
自動車損害賠償保障法上の責任で、

【遺族の救済をする】

という点を重視した裁判となった訳だ・・。
先に、結末としては、どうも自賠責で
補償される話なので加害者とされた側に
負担が無いなら別にいいでしょ?という
遺族への偏った裁判になっていった訳だ。

しかし、司法とはそれでいいのか?

被害者の救済という事で、さりげなく
流された割に、驚くべき狂った判決が
出たのではないのか?
しかし自分だったら、例え、自腹での
支払いがなくとも、こっちが悪い所も
あったと言われたら、ちょっと許せない
内容だわ!凸(-""-)

とはいえ、この裁判は控訴されている
ので、もちろん今後判決が変わる
可能性もあるそうだ・・。

自分だけは事故を起こさないという驕り

*****************************
自転車と衝突、2時間後に女性死亡 大学生「イヤホンして運転」と説明 千葉県警
(2015.6.11・産経新聞)
 千葉市稲毛区の県道で10日夜、同区の男子大学生(19)の自転車が横断歩道を渡っていた東京都内の女性(77)にぶつかる事故があった。女性は約2時間後に死亡しており、県警千葉西署が死因を調べている。
 同署の調べに、大学生は「イヤホンで音楽を聴きながら下を向いて運転していた」と話しているという。
 同署によると、事故は10日午後7時10分ごろ、稲毛区小仲台で発生。自転車側が赤信号だったとの目撃情報がある。大学生も顔面打撲の軽いけがをした。女性は千葉市内に住む娘を訪ねた後、都内の自宅に帰る途中だった。
*****************************
あんなにテレビや新聞、ネットでも
話題になっていた6月1日からの
自転車の取り締まりの強化・・。
少なくとも今月ぐらいは馬鹿げた
奴は出て来ないだろう・・なんて
思っていたら早速の事件だ・・(-_-;)

イヤホンして、下を向いて、信号を
無視して、人をひき殺す・・という
もう、二度と自転車に乗らないで
頂きたい頭のおかしな大学生・・。
原付に乗りながらスマホして
いるバカも時々見かけるのだが、
他人を巻き込む前に、死んでくれれば
いいのに・・といつも思う・・。

以前にも、
*****************************
命奪う一瞬の不注意
(2015年03月05日・読売新聞)
 「加害者」は40歳代の男性だった。趣味のサイクリング中で、乗っていたのは座席よりハンドルの位置が低いロードバイク。手で握る部分が下向きに曲がったドロップハンドルと呼ばれる形状で、やや前傾姿勢で運転するタイプだった。
 重過失致死罪で起訴された男性側は公判で、脇見運転を指摘され、こう反論した。「自転車の構造上、下向きになり、ヘルメットもかぶっていたので、信号が見えにくかった」
 東さんは憤りを抑えられなかった。どんな自転車であれ、よく前を見て乗るのが当然ではないか――。
 被害者参加制度を使って法廷に立ち、「永遠に親孝行ができなくなってしまった。(事故を)一瞬一秒でも忘れることは許さない」と実刑を求めた。だが、判決は禁錮2年、執行猶予3年で確定した。
*****************************
「それに気付いているなら乗るなよ!」
と突っ込みたくなるような、他人事な
言い訳・・(-_-;)
原付で赤信号で停まっていると、自転車
の信号無視は本当に多く見かける。
すごいと、原付に乗りながらスマホして
いるバカも時々見かけるのだが、他人を
巻き込んで迷惑かける前に、死んで
くれればいいのに・・といつも思う・・。

でも、こうして自転車で人を殺しても、
禁錮2年、執行猶予3年・・遺族的には
実刑にできなかった訳ですから、

【無罪放免】

と同等の判決が出たに等しい・・。

とはいえ、無法な自転車に対して
どうしたら良いのか?
自分にも妙案がある訳ではない・・。
法的な制裁が執行猶予になるなら、自ら
制裁を・・と、仮に、そのまま追い
かけて引きずり降ろしても、その際に
ケガをさせたりしたら今度はこっちが
傷害罪だからな・・(-_-;)
割り合わない・・。

いずれにしても飲酒運転じゃないが、
罰則が厳しくなるなり、免許制になる
なりになるまでは、今のままの甘えた
構造が続くだろう・・。
こちらが気をつけて自衛するほか命を
守る手段は無い・・。

先日も書いたが、それまでは
殺されたら負けだ・・遺族になったら
負けなのである・・。
残念ながら・・_| ̄|○

自分だけは事故を起こさないという
驕り・・自分も含め、自戒しなくては
いけないな・・。

本当に殺されたら負けだ・・遺族になったら負けだ・・_| ̄|○

**************************
神戸連続児童殺傷事件、元少年が手記出版
(2015年6月10日・朝日新聞)
 1997年に神戸市須磨区で起きた連続児童殺傷事件の加害男性(32)が、「元少年A」の名で手記「絶歌」(太田出版)を出す。犯行に至った経緯や事件後の生活、現在の心境などをつづっている。早ければ10日から書店に並ぶ。
**************************
神戸連続児童殺傷事件、元少年が
自画自賛手記出版した・・。

つくづく感じる・・。

【殺されたら負けだ・・】
【遺族になったら負けだ・・】

この国は加害者に優しい・・。
本当に優しい・・。
こうやってお金になるならば、
周りの大人達が悪知恵を
出し合って助けてくれる・・。

その証拠に出版社など、この原稿は
金になるから、直接会ったと話す
岡聡社長も、関係編集者も、印刷も、
全てに箝口令を敷いて、プライバシー
の侵害も防ぐように、まだ匿名の
「元少年A」だってよ・・。
本当にクズだな・・この太田出版の
岡聡社長って奴は・・。

もちろん、確かに自分の書いた作品
に対して対価を得る・・という事は、
この資本主義国家においては当たり前
の事であり、そこへ文句を言う筋は
無いかもしれない・・。

しかし自分が犯した犯罪の事を
ネタにして書いてお金をもらう・・
自分が遺族だったら、やっと気持ちが
落ち着いてきたのに、再び、こいつを
殺したくなりますよね・・。

遺族の気持ちの汲み取れない裁判の
結末、法の結末でいいんでしょうか?
遺族に再び殺意を芽生えさせる現状
でいいんでしょうか?

あの有名な山口県光市母子殺害事件
の遺族である本村氏が語った

「遺族だって回復しないといけないんです
 被害から。人を恨む、憎む、そういう
 気持ちを乗り越えて、また、優しさを
 取り戻すためには死ぬほどの努力を
 しないといけないんです。」

という言魂・・。
神戸連続児童殺傷事件の遺族も同じ
気持ちだろう・・今回はこの気持ちを
完全に踏みにじった形になる訳だ・・。
いや、山口県光市母子殺害事件の犯人
だって出所したらば、こんな行為に
出るかもしれない・・。

こんな行為が当たり前に行われるように
なるのだとするならば、やはり死刑とか
にしてもらわない限り、遺族は立ち直れず
精神的には何回も心をナイフで刺され
続けるのと同時に、腸煮え繰りかえる事
が繰り返されるだけではないだろうか?
いや、警察にも、法律にも任せられなく
なった結末は、

「信用できるのは自分の手しかない・・」

となっちゃうでしょ・・(-_-;)
それは防がないといけない訳で・・。

遺族のお父さんが語っていた通り、なんで
もう一回ここで遺族が傷つけられなければ
ならないのか?

「元少年A」はこの本を書く事が唯一の
自己救済であり、たったひとつの「生きる道」
だったような事を書いているらしいが、
それならば、別に出版する必要は無い訳
である・・どうぞ自分で書いて自分で
読んで自分で喜んでマスターベーション
でもしていればいいだけの話である・・。
ましてや人に見せる必要は無いし、
金をもらう必要は無い訳である・・。

で、マスコミよ・・
この期に及んで、まだ【匿名配慮】
なんですか?こんなクズを【匿名】で
守り続けるんですか?
なんで今回はそんなに優しいんですか?

重ねて遺族が辛いのは、少年法とは
大人になって好き放題やる加害者を
再び匿名で守り、好き勝手して生きて
ゆけるようにする為の

「特権」

である事もわかってしまった事・・。

せめて日本にも、アメリカの約40の州
と連邦政府で制定されている犯罪者が
手記を書くなどしてその犯罪をネタに
収入を得る場合、遺族など被害者が
申し立てをし、売上げ金を取り上げる
事ができる

【「サムの息子」法】

というのがあれば・・_| ̄|○

それでも、遺族の憎しみは消えませんが・・。
ああ・・どこかにいる頭のイイ人・・。
「元少年A」が自分で死にたくなる程に
戒める、何か良い方法はないですか?

子供が子供らしく遊ぶ事が出来なくなる時代がそこまで迫って来た

************************************************
ボールよけ転倒死、男性の遺族が逆転敗訴 親の子供への責任「被害の予見可能性で線引き」 最高裁初判断
(2015年4月9日・産経新聞)
 小学校の校庭から蹴り出されたサッカーボールをよけようとして転倒した後に死亡した男性の遺族が、ボールを蹴った当時小学生の元少年(23)の両親に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決が9日、最高裁第1小法廷(山浦善樹裁判長)であった。同小法廷は、「子供の行為が及ぼした被害に対する予見可能性の有無 で、親らが監督義務を尽くしたかどうかを線引きできる」とする初めての判断を示した。
************************************************
今回は、さすがは最高裁!
もちろん、亡くなったおじいさんは
不運だとは思うが、道路で子供達が
サッカーをやっていた訳でもなければ、
蹴ったボールが直接おじいさんに
当たったのでもない・・。
ましてや、骨折で死んだのでもない・・。

逆に、運転していたおじいさん側は、
そもそも学校の周りなら特に、常に
急な児童の飛び出しやボールが飛んで
来る事は想定して、有事の際には
きちんと停止できる徐行速度で走る
注意義務がある・・。

全てにおいて、地裁と高裁で両親側が
敗訴している事そのものが異常な世界
である・・。
二審の大阪高裁判決として

「校庭ならどう遊んでもいいわけでなく、
 この点を男児に理解させなかった
 両親は義務を尽くしていない」

って線路に石を置く・・じゃないが、
例えば、道路に向かってわざと事故を
起こさせるように狙い打ちしていた
のならともかく、普通にサッカーを
していて

「ゴールの枠から外れたシュートは
 いけない!」

なんて事を言いたいんだろうけど、
得点を狙って、100発100中ゴール
を外さないシュートなんて、プロに
だってできないだろうよ!凸(-""-)

全く、こんな裁判が日常茶飯事に
なったら、裁判の結果にかかわらず、
臭い物には蓋の理論で、学校での
野球やサッカーを子供だけでやっては
いけなくなる・・もしくは校庭を
使ってはいけなくなる・・。
それは防がないといけない・・。

これまでの子供が絡んだ色々な事例が
両親が監督義務を認め、両親側が敗訴
しているとはいえ、学校ではなく
両親を訴えている事がちょっと不可解
だった・・。

あくまでも個人的な妄想(想像)だが、
事故になって、おじいさんの損害保険で
骨折に対する補償は支払われていた。
恐らく、両親&子供も謝罪とそれなりの
金銭的な誠意は見せていたんじゃないか?
と思う・・。
しかし、その後、おじいさんが認知症に
なる訳だが、そこは恐らく保険が一切
下りなかった・・。
ならば、両親に、その責任はどうして
くれるんだ!と交渉しているうちに、
おじいさんが肺炎で亡くなった。

「そもそもは、お前らの子供が原因で、
 死んだんだから、死亡保障しなさいよ!」

という形の結果、タカりが始まった。

なぜ、そう感じるのか?

骨折の段階で、両親と子供がお見舞いに
行った際、おじいさんは子供に

「男の子は元気なくらいがちょうどいい。
 こんなんでくじけちゃいかん」

と逆に元気づけたと報道されている。
間違いなく、訴訟はおじいさんの意志では
無いという事だ・・。

両親は事故から1年半も経っているので、
直接的な死亡原因ではない・・と断った
ために、裁判になった・・みたいな展開。
そこに何らかの形で、弁護士が入り込んで、
複雑な形になった・・。

しかも、地裁、高裁と事故後1年半も
経っているのに、結果、肺炎で亡くなった
とはいえ、子供のサッカー行為と死亡との
因果関係を認めてしまうなど、狂った判決
が大きく味方した・・。

2004年から10年・・。

両親側が勝訴しても、子供の一番傷つき
易い「思春期」はこの事ばかりで過ぎ
去ったであろう・・。

先にも書いたように、これまでの事例も、
ほぼ無条件に親の責任が認められていた。
2005年キャッチボールの球が別の小学生
の胸に当たり死亡という事件、これは
両親に約6000万円の賠償命令(二審で和解)
2013年自転車で坂を下ってきた小学生が
女性と衝突これは母親に約9500万円の
賠償命令(二審で確定)、と、どちらも
二審、いわゆる高裁で結審(和解)して
いる・・。
そのため子供の事件は親が責任を取ると
いう手法の常識がある程度まかり通って
いたとも言える・・。

そこに歯止めをした今回の最高裁判決は、
大きい・・。

2つの事件の遺族には申し訳ないが、
子供側からしたらば、もしかしたら
この2件も最高裁まで持っていったらば、
もうちょっと判決が変わっていたかも
しれない・・。

とはいえ、今回の判決は親の監督責任を
「緩めた」と言うことでは無い・・。
たまたま偶然に損害を生じさせたという
出来事には、子供にそもそも責任が無い
と言う事と共に、親にも責任が無いと
いう事だった・・と受け取るのが正しい
と思う・・。

しかし、子供が子供らしく遊ぶ事が
出来なくなる時代がそこまで迫って
来た・・そんな事を危惧してしまうのは
自分だけだろうか?

権力を使ってまで66歳の男性器を50歳の女性器にぶちこみたい!と必死な村長のおぞましさ

*************************************
<セクハラ訴訟>幼稚な漫画、村政私物化…
(河北新報・2015年3月18日)
 セクハラを受けたとして村の女性職員から訴えられた訴訟をめぐり、村議会から不信任を突き付けられた宮城県大衡村の跡部昌洋村長(66)は17日、議会解散に踏み切った。自らの失職ではなく、解散で事態を打開しようとする判断。村長が説明責任を果たしているとも言えない中での急展開に、議会には怒りと失望、困惑が広がった。
*************************************
気持ち悪いなぁ・・本当に気持ち悪い・・。

報道されている50歳代女性職員の訴え
として、セクハラ、パワハラ行為を
8ヶ月以上受け、うつ病になったと主張。
1000万円の損害賠償請求を仙台地裁に
提訴した・・。

その内容は本当に気持ち悪い・・。

2014年4月から9月の間、北海道、宮崎
など出張先でのホテルで7回、村長室で
1回、合鍵をもたされていた村長所有の
アパートで4回、家族が留守中の自宅で
1回、検査入院の病院で1回と計14回の
性行為の強要・・すなわち、表題に
あるように、

66歳の男性器を50歳の女性器にぶちこみ
たい!と必死な村長のおぞましい姿が、
安易に想像でき、本当に気持ち悪い・・。

それを断ると、今度は、

「こういう事に応じなければ不利益が生じるぞ」

などとパワハラ、7月から11月の間には
1300通以上のメール・・。内容も、

「無視するなら仕事をフォローしない」
「そのような態度では異動をさせる」
「(これ以上性行為を拒むならば)休みをやれない」

など、その他、人事や家族への報復を示唆
するメールの送りつけ、それも、休日に
大量のメールを送りつけるのだという・・。

もう異常な世界である・・。

それ以上の異常さは、11月に女性に
強制的に書かせたとする、跡部村長が
サインをしている

ファイル 2412-2.jpg

【誓約書】

「私と跡部昌洋氏は何事があっても別れる事は
 しないし長いお付き合いをすることを誓います
 その中にいろいろな約束事を守ることを誓います
 もしこの誓いを破った時はいかがあることを
 されても異議はありません」

とは、凄い!(◎_◎;
この文面から、女性自身が自分で
考えて書いた文面でない事は安易に
わかる・・。
なぜなら、女性が、跡部村長が好きで、
今後もつき合っていたいなら、女性側から
こんな内容のものを書く必要がないし、
裏を返せば、この「誓約書」が必要な
ケースはただひとつ、跡部村長が
女性と別れたくないケースのみで
あるからだ・・(笑)
だから、本当に気持ち悪い・・。

本来、狭い村でしょうから、女性はこの人だ!
と言う事は、恐らくは村の中ではわかって
いるはずである・・。

こうした裁判の場合、性行為を強要された
回数などは自分のプライバシーを守るために
裁判まで隠しておく場合が多いらしいのだが、
それを発表してまでドンドンと情報戦を
やっているという事を見ると、この女性の
覚悟は凄まじいものである事が垣間見える・・。

過去にも、副村長にこのことを相談している
らしいが、何も対策をとってもらえなかった
そうだ・・。
という事はこの村自体にもうこうした女性職員
がたくさんいて、過去にも泣き寝入りしている
実態を見る限り、周囲も

「村長には誰も何も言えねえよ・・」

ぐらいの感じで、これを黙認する環境が何らか
の形であったと思うのは当然である・・。
報道でも、自動車会社の誘致など村の発展に
尽力している姿は村民にも評価は高い・・。
その一方で、その権力が凄いらしく、中でも、
「予算」や「人事」に対してはものすごい
権力を振りかざしていたそうだ・・。
その部分からも、村民の多く、すなわち
村役場、村議会の多くが、わかっていても
誰も口を出せなかった背景が安易に想像
できる・・。

いわゆる【The 村社会】というやつだ。

とはいえ、今回の事件でやっとその重い扉が
開かれる事となる・・村議会120年の歴史で
初の解散らしいからな・・(-_-;)
こいつだけで「5期・20年」続けて村長の
座が続いていると言うのだから、もう
村長一族である立場を利用したおごり
としか言いようがない・・。

村議会で不信任決議が再可決(過半数)
されると跡部村長が失職する・・ならば
ということで2015年度一般会計当初予算
など知った事か!と跡部村長個人の問題で、
議会を解散、解散したままだと新たに
選ばれた村議会がもう一度「不信任案」を
出した場合、跡部村長は失職をする・・。

しかし、祖父の代から三代に渡り、跡部
一族でやってきた村長の座・・。
そう簡単に手放さないぞと、自ら辞職した
事で、もう一度、選挙に立ってもしも当選
する事があれば

「みぞぎは済んだ」

という事で、もう一度、村長に返り咲き
できるという【みそぎ選挙】を狙っている
とみられる・・。

村民に、この跡部一族を葬り去れる
自信がついたら、この村は変われるかも
しれませんね・・。

とはいえ【The 村社会】はなかなか変えられ
ないのが【The 村社会】なんだが・・(^-^;(笑)

第一発見者は真っ先に疑われる残念さ・・

******************************
大分・コンビニ:「万引き」届けた小学生6人を犯人扱い
(2015年2月14日・毎日新聞)
 大分県日田市のコンビニエンスストアで、商品の遊技用カードの袋が破れているのを店に届けた小学生6人を経営者が容疑者扱いしていた。
警察の捜査で別人物が破っていたと判明し、店側が謝罪したが、父母によるとうち1人は一時学校を休んだといい、善意を逆にとられたショックは癒えていないという。
 児童の父母によると、3~5年生の6人が7日朝、この店で買い物をした際、2袋が破られて床に落ち、一部のカードが抜き取られているのを見つけ、店員に届けた。
翌8日、コンビニの経営者が児童と保護者を呼び出し「破って中のカードを盗んだだろう」とただした。
児童は「何もしていない」と否定したが、店側は警察に通報。児童6人は県警日田署で個別に事情を聴かれた。
 その後、防犯ビデオの分析で6人は無関係と判明。事情を知った経営者夫婦や店長ら5人が謝罪したが、泣きじゃくる児童もいたという。
 毎日新聞の取材に対し、コンビニチェーン本部(東京)広報センターは「経営者から『口頭で謝罪した』との報告があったが、更に事実関係を確認し、きちんと対応する」とコメントしている。
******************************
このコンビニは地元の方々の話によると、
セブンイレブンらしいが、報道だけで
判断するならば、このセブンイレブンの
経営者は、かなりクズな経営者だな・・。
テレビでも「万引きGメン」なるものが、
ニュースのコーナーでやっている時が
あるが、どんなに怪しくても「現認
(ポケットなどに商品を入れる)」をして、
店を出るまでに商品を隠し持っている事を
確認してから店外でやっと声をかける・・。

想像ではあるが、もしかしたらこのクズさ
加減や強行な姿勢が考慮されても、店が
ダメになる事は影響しなそうな気配から
察するに、かなり忙しく、常時、万引きも
多く、万引きにはある意味慣れてしまった
セブンイレブンなのかもな・・。

コンビニを経営している友人から色々と
話を聞くと、コンビニのバックヤードは、
実は万引きしている人のカメラ映像を
チャプターした写真がかなり貼られていて、
要注意人物としてある程度は監視している
と言う・・という事は、この子供達も、
何らかの形で、以前から店としては監視
する対象の子供達だったのかもしれない・・。

それでも、店側が子供達の保護者に

「子どもが商品を盗んだようだ」

と連絡をし、その中の子供2人と保護者が
コンビニを訪れ、店側は防犯ビデオを
見せて

「座り込んでカードを拾っている姿が映っている」

と主張、児童は「やっていない」と反論
するが、店側は同署に通報し、警察が
子供達を事情聴取する・・という展開。
しかし、警察が防犯ビデオの映像を調べた
ところ、別人が袋を破っていた事が判明
している・・しかし、ココは大人なんだから、
せめて、セブンイレブンのオーナーや警察が、
事情を聞く前に、カメラの映像を確認して
から、念には念を・・という形をとって
くれれば・・と思うのは残念だ・・。

話は万引きからズレるが、自分が1人暮らし
の時に共有の下駄箱が放火される事件が
起こった事がある・・。
下駄箱から廊下が伸びる下宿宿のような
アパートだったのだが、定休日でのんびり
過ごしていると、あまりにも部屋に煙が
入ってくるので、扉を開けると、下駄箱が
天井まで火が上がって燃えていた・・。
もちろん、第一発見者なので、大家さんと
消防に通報後、自力消火の甲斐もあって
下駄箱半焼くらいなレベルで事なきを得た。

その後、警察が到着し、自分は第一発見者
として事情を聞かれるのだが、なんと
警察の第一声は、

「お前が火を付けたんじゃないのか?」

だった・・凸(-""-)
これには当時、非常にビックリした。
自分はすぐさま、

「俺が下駄箱燃やしてメリットがあるなら
 教えて下さいよ!それ以前にそんな事は
 考えればすぐに分かるでしょ!」

と、激怒して警察官も「スマン!スマン!」
って感じだったが、担当の警察官曰く、

「放火犯は第一発見者が多い」

のだそうだ・・。
ま、それはそれで、警察は「疑う事」が
仕事なので仕方はないのだが、ハッキリと
言える事は、この経験から、もう自分は
絶対に第一発見者は避ける=火事の通報を
する事は間違いなくない・・。

何が言いたいのか?というと、この頃の
子供達は、そのまま見て見ぬ振りで、
放置しておいてもいいのに、どちらかと
いうと「褒めてもらえると思って」行動を
した形であろう・・。

でも現実は逆で、褒めてもらえると思った
のに、逆に犯人扱いされて、 怒られるだけ
でなく、親を呼ばれて、警察呼ばれて、
警察でる事情聴取される・・ってトラウマ
どころの話じゃない・・。
これが自分だったら、二度と同じ目には
あいたくありませんから、間違いなく
悪い事を見て見ぬ振りをする・・。

こうした事が、マスコミに漏れ伝わる
という側面からも、この子供達の親も
かなり怒っているのだろう・・という事で、
色々調べてみると、上記の記事には「事情を
知った経営者夫婦や店長ら5人が謝罪した」
とあるが、別ソースでは、防犯ビデオには
カードを盗む瞬間の映像は映っていなかった
事、6人の児童とは別の人物が袋を破って
いる映像があり、その写っている別の人物
本人が映像を認め、6人は無関係だった事が
分かって疑いが晴れたにも関わらず、店側
から連絡はなく保護者が抗議すると、初めて
コンビニの店長が謝罪した・・と言う・・。

こりゃ、俺も激怒するわ・・。

それでも、せめてコンビニオーナーが
警察の立ち会いの元ででも誠心誠意謝って、
その上で、警察が、

「大人でも間違うことがあるんだ・・」

という事を説明、 許してあげてくれないか?
くらいのレベルまで、子供達をフォローして
あげられたら、もっと違った形になっていた
かもしれない・・。

正直、安心した【「日本国民」にノーベル平和賞】

**************************************
勘違いだった?「日本国民」にノーベル平和賞
(2014年12月16日・読売新聞)
 今年10月のノーベル平和賞受賞者発表の直前、独自の受賞者予想で知られるオスロ国際平和研究所のクリスチャン・ハルプバイキン所長が、「憲法9条を保持する日本国民」を最有力候補に挙げて話題を呼んだ。
「日本国民」という名の団体が推薦されていると所長が勘違いしていたことが、本紙のインタビューで分かった。(ロンドン支局 柳沢亨之)
**************************************
前に書いていたのをUPするのを
忘れていた・・(^-^;
以前、この問題を【大迷惑】と
書いた
・・。
勝手に日本国民全員が憲法9条の保持
を求めていると言われたくないし、
日本国憲法は第9条を保持する一握り
の人たちだけのものじゃないからだ・・。

でも、正直、安心した・・(´▽`) ホッ
と同時に非常に恥ずかしくなった・・凸(-""-)

所長が、有力候補としたのは

「日本国民ではない。『9条を保持する
日本国民』という名の団体が推薦された
と理解してきた」

と述べており、前から至極真っ当な話
と同時に、ノーベル賞の原則である
「物」や「法則」「法律」などが受賞に
なる場合は「発案者&発明者」が受賞、
また、「人の活動内容」が認められた
場合はその「活動者」が受賞する訳で、
今回の件は遠回しに、

「こっちも忙しいんだ!紛らわしい
アホな事をしてんじゃねぇよ!日本人!」

って示唆されているようで、本当に
恥ずかしいわ・・。

しかしこの問題は、どんな方向から
考えてみても、「9条」が平和を保って
いる訳ではありませんから、心から
平和を愛しているのではなくて、
昨今の【9条改正】を妨害するため
と言うのは明らかである・・。
しかも、便乗するように韓国、中国
が加担した。
韓国や中国が「9条」が素晴しい!
というのならこれだけ何でもパクる国
ですから、とっくにパクっているはず
・・それをパクらないで、軍事費を
増長させている事からも、韓国と中国
の加担は日本だけは軍事的に、押さえ
込みたいという事へ韓国と中国が利用
するためである事も明白である・・。

ま、非常に残念なのが、慰安婦を始め、
いつも韓国と中国へ日本攻撃への
口実を与えるのは、残念ながら我々、
日本人発の情報・・_| ̄|○
しかも、日本人のフリをしている
本当の日本人じゃない奴らが貶める・・。

バカ主婦がこんな事をしている間にも、
世界ではこうして常に情報で戦争中
なのである・・。
残念ながら形を変えただけで、未だ
世界の戦争は終わっていないので
ある・・(-_-;)

「自分ルールを通す為に世の中のルールを無視する」の巻

いきなりTwitterでたくさん湧いて出て
来た「芦田宏直」という人間が、
注意してきた新幹線車掌を

「名指し批判」

したという話・・。
ところで、そもそも

「芦田宏直って・・誰? ┐('~`;)┌ 」

という事で調べてみると【東京工科
専門学校(現・東京工科自動車大学校)】
で【校長】をなさって、【東海大学】
での【教授】を経て、現在【人間環境大学】
という大学の【副学長】という大層な
お立場の方らしい・・(笑)

その大層なお方「芦田宏直氏」が、真顔で
*************************
【新幹線】空いている指定席は誰のもの?
*************************
をやらかしたという・・要約すると、

【ビックカメラで買い物をして疲れた
ので、新幹線で空いている指定席に
座っていたら新幹線の車掌さん
「桑原さん」に指定席の料金を払わない
のなら、自由席へ・・という注意をされた。
「桑原さん」に「人が来てから移動では
駄目なのか?」を受け入れてもらえず、
仕方ないから指定席の料金を払ったが、
空いているんだから、無料で座らせて
くれたっていいじゃないか!ちくしょう!
「だから新幹線は嫌いだ」むかつくので
車掌の名前を晒してやる!ざまぁみろ!】

って話・・(笑)

「自分ルールを通す為に世の中のルールを
 無視する」

いわゆる、自分は世間のルールを超えた

「大人物」

だと勘違いして、新幹線の車掌さん
に当たり散らして「リベンジTwitter」
やってやったぜ!の図・・凸(-""-)

いやいや、若造とかじゃなくて、きちんと
立場がある人間なのに、真顔でこんな事が
できる凄い人って、世の中にまだまだ
いるんですね・・(笑)
なんて思って調べてみたら、本当にすごい
人たちって昨今では多いらしい・・(^-^;
中でも、頻繁に起る事例として、正規の
指定席を買ったお客様が新幹線に乗り
込むと、あら?人が座っている・・と
なった場合、

「そこ自分の席なんですけど」

となる・・当然だ・・。
そこからの頻繁に起る事例の色々な
パターンが想像以上にすごい!(◎_◎;
*************************
○「あんた若いんだから立ってろ」
○「自分は足が悪いから譲ってくれ」
○「もう自分が座ってる 指定席代払うからそれでいいだろ」
○席は渡すけど隣に立って睨み続ける

「元車掌が語る指定席問題」より引用
*************************
いやいや、真実か?真実でないか?は
こっち置いておいて、今の老人やおっさん
のひどさをふまえると、個人的には
全部のそのシーンが頭に浮かび、

「ありえる・・」

と感じた・・。
しかし、そもそも反撃して来ないと
わかっていてやっている事は明白であり、
こうしたバカ達の相手を丁寧にしなくては
ならない車掌さん・・。
ホント大変だわ・・_| ̄|○

東京駅開業100周年記念Suicaの皮算用

********************************
東京駅記念スイカ、申し込み499万枚に
(2015年02月18日・読売新聞)
 JR東日本東京支社は18日、先月に販売を再開した東京駅開業100周年記念のICカード乗車券「Suica(スイカ)」(1枚2000円)の申し込みが約499万1000枚に上ったと発表した。このスイカは昨年12月、東京駅で1万5000枚限定で先着順に発売したが、希望者が同駅に殺到し、販売を中止。先月30日から希望者全員が購入できる条件で郵送とインターネットで販売を再開し、今月9日の締め切りまでに約499万枚の申し込みがあった。
 約10万枚は3月中に発送し、残りは6月中旬から来年3月頃までの間に順次発送する予定。発送時期は抽選で決め、4月頃までにメールや郵送で伝える。問い合わせは発売事務局(0120・771・568)へ。
********************************
いやいや、自分も妻が欲しい!と言うので
1枚だけ申し込んだので、そのうちの迷惑な
一人でございますが(笑)、もちろん日に
制作できる枚数にも限定があるでしょうから
仕方がないと思いますが、来年の3月になって
しまうのでは「100周年記念Suica」でなく、
「102周年記念Suica」・・(^-^;(笑)
で、熱も冷めて、なんだかいらなくなって
きた・・みたいなわがままなキャンセルも
出そうだな・・(笑)

まぁこれだけテレビでやれば、そもそも、

「Suicaに限定があった」

ということを初めて知った人もたくさん
いるんじゃないでしょうかね?(^-^;(笑)
それと自分たちじゃないけれども平日休みの
人間は大抵の限定Suicaがは土日発売で、
買いたくても買いに行けない・・。
自分などは友人にお願いしたりして手に入れる
訳だけれども、今回は申し込めば必ず手に入る
のですから、自分たちのようなプレミアがついて
売りさばこうとしていない使う為に欲しい人間
には、本当にありがたい販売方法ですからね!(^^*)

でも、販売方法を聞いてビックリしたのが、

「送料無料」

いやいや、これは太っ腹である。。。
しかも「簡易書留」での送料無料・・(^-^;

なぜなら、販売価格が2000円といっても
実際には通常の普通Suicaにもある【500円】
がデポジット(預り金)である。
これはJRにSuicaを返せば、戻って来るお金。
そして、差額分の1500円分はこのSuicaには
チャージされてる・・と発表されている。
いわゆる差額分の1500円分は電子マネーでの
商品券みたいな位置づけになる訳だ・・。
という事は、この「100周年記念Suica」は、
先に2000円は支払うが、2000円はいずれ
返ってくるのと消費できるのとで、結果、
我々消費者側は、無料で頂くみたいなもの
なのだ・・(笑)
そこに、先に話した「簡易書留での送料」の
他に、

○Suica本体の原材料費
○記念台紙代
○封筒代&宛名印刷代
○Suica入金経費(電気代や事務員代)
○コンビニからの払込手数料
○事務局運営費用

と簡単に思いついたものだけでも、これだけの
経費としてのJRの持ち出し・・(^-^;
で、JRの正式発表は

【499万1千枚】

下種の勘繰りになりますが、複数枚申し込んで
いる人も多いでしょうから、送料や振込手数料、
封筒代、宛名印刷代は枚数分はかからないし、
それをも平均して、JR持ち出し分を計算し易く
単純に1枚あたり500円とすると、

500円×499万1千枚=24億9550万円

なんと、おいおいおい・・の25億円の赤字
ですわな・・(◎_◎;
どひゃー!と思ったが、実はそのまま記念で
使わず保管し続ける人が必ずいる。。。
仮にその枚数が1/3の割合、すなわち、160万枚
あるとすると、その枚数の2000円は市場で
使われない事になりますから、

160万枚×2000円=32億円

あら!JR・・黒字になる!(笑)
という事で、あくまでも上記で計算した25億円
の赤字だという仮定の上で分岐点を計算して
みると、

25億円÷2000円=12万5000枚

となり、12万5000枚以上が保管・・すなわち
使わないでもらえれば、JRは黒字になる・・。
普通に考えて、499万枚ものとんでもない枚数を
発売する訳ですから、間違いなく12万5000枚
以上の保管は起るでしょう・・(^-^;(笑)
ま、それを見越して赤字にはならない・・と
いう皮算用はできている・・という事なのかも
しれませんね・・(゚-゚)b(笑)

でも、今回はありがとう!>JR!(^^*)

また馬鹿が【自由】の意味履き違えるの巻

*****************************************
旅券返納のカメラマン「報道の自由奪われる」
(2015.2.12・日本経済新聞)
 シリアへの渡航を計画し、外務省から旅券の返納命令を受けたフリーカメラマンの杉本祐一さん(58)が12日、日本外国特派員協会(東京・千代田)で記者会見し、「報道の自由、取材の自由を奪われることにつながらないか危惧している」などと話した。同省への異議申し立てなどを検討しているという。
*****************************************
個人的には、この期に及んで、学習も
せずに

「また馬鹿が【自由】の意味を履き違えてるわ!」

と思う・・憲法で保障されている【自由】は、
杉本氏の主張する【自由】とは別物である。
憲法で保障されている【自由】というのは、
政府が恣意的な理由(例えば明らかに
政府が隠したい出来事があるので
とにかく渡航をするな!みたいな・・)で、
制限されない事であり、無謀な人間の
わがままを認める事ではない・・そして、
これは【自由】ではなく、

【勝手】

である・・と同時に、後藤氏、湯川氏が
殺害された事に対し、政府批判していた
人間達は、こういう人に対し、どんな言葉
を発するのか?ぜひ聞いてみたいもの
だな・・(笑)

でも、そもそもこの人はジャーナリスト
なのか?
本当にジャーナリストなら、今すべき事は、

「大使館すら閉鎖中のシリアに、今の
 時期、渡航する事がどれだけ危険な事
 なのか?を世間に発信する事」

でしょうよ!凸(-""-)
とはいえ、個人的には、この人物自体が
とてもウサんくさく、そもそも本気で取材
をしようなんて思っていなかったのでは
ないか?と思っている・・。
なぜなら、仮に、自分が杉本氏のような
立場で本気で取材に行こうとするならば、
トルコへ遊んできま〜す!にしおけば
良い話・・。それを、

「イスラム国の兵士を撮影する」

と申請して、この時期に、

「気をつけていってらっしゃい!」

とでも言ってもらえると思っていたのか?
と考えると、小学生や中学生でも
あるまいし、それはないだろう・・。
という事は、杉本氏の今回の行動は
完全な

【売名行為】

で、あらかじめ3つ道を計画していたと
予測できる・・。
その上でどれに転んでも話題になれる
事を想定しての陳腐な行動だと思って
いる。

まず、ひとつの側面は

「止められる事が分かっていての行動」

であり、いわゆる「報道の自由」だとか
「渡航の自由」だとか憲法がどうのだとか
という側面を利用しての政権批判する
事ができるという点・・。

そして、ふたつ目は自分の名前が有名に
なるのと、それを利用してマスコミの
取材や登場で金が取れるのと、
あわよくば自分の仕事がそれを
きっかっけに増えればいいな
という
商業的な側面・・。

もうひとつは、これまた仮にあわよくば
渡航をさせてもらえて、今や金になる事
確定であるイスラム国の映像や写真が
ゲットできれば、

「ひと山当てるチャンス」

であるという同じく商業的な側面の
3つ道である。
今回は最後の3つ目の側面だけ実行
できなかったが、上ふたつは成功
したんじゃないかな・・。
取材はされたが、報道番組にゲストとか
には呼ばれていないので、その点が
お金になったか?はわからないが
、少なくとも【売名行為】は成功
したと言えるだろう・・。

でも、この人・・自覚はないだろうけど、
国にお金には換える事の出来ない

【大切な命】

を助けてもらえたんだよ・・(笑)
家族と共に記者会見でもして、お礼を述べる
べきじゃないのか?

「イスラム国に人質にされる前に大切な命を
 助けてくれてありがとうございます」

と・・(爆)●~*

でも、それがわからないから、お馬鹿さんな
訳ですが。。。

今後、助かる可能性の命が助からなくなった・・

**************************
AEDを「女性に使ったら痴漢で事情聴取」 正しい使い方は?消防庁に確認してみた
女性にAED(自動体外式除細動器)を使う際にハサミで服を切ったら、痴漢として警察に通報されたというツイートが話題になっている。
たまたま交通事故の現場に居合わせた際にAEDを使ったが、そのときにハサミを使って服を切ったら、側にいる人に警察に通報されたという。その後、警察が実 情を把握すると痴漢としての聴取はなくなったということだが、実際にAEDを使うような状況になったら、どのように対処すべきなのだろうか。
**************************
こんな事は考えずに、まず命が最優先だと
考えていた自分にとっては非常にショックな
出来事・・。
横浜にいる自分として参考にすべく、文中に
横浜市が出て来るが、横浜市としてはパッド
を貼る時には、公衆の面前であっても胸を
はだけることも救命のためにはやむをえない
としながらも、

「できるだけ人目にさらさないような
 配慮が望まれます」

という事・・。

横浜市においてはひとまず情状酌量な
感じのようだ・・。

とはいえ、人の目を気にしない場所を
確保する能力を兼ね備えなければ
使えない代物になった以上は、正直、
【AED】は素人にはもう無理ですね・・。

少なくとも自分には無理・・┐('~`;)┌

仮に、今後、男性だって中国じゃないが
助かった事をいい事に

「大衆の面前でコンプレックスだった濃い
 胸毛を公開され恥ずかしい思いをした!」

とか訴えられるかもしれない訳で・・(^-^;
臓器提供と同じで、大衆の面前でも命を
最優先で【AED】を使ってもいいという
「意思表示カード」でも作ってもらわないと
無理でしょう!
本人に訴えないか?どうか?の意思表示は
できない状況ですからね・・。

でもそのカードができた所で、探している
うちに死んでしまうでしょうから、どっちに
転んでもこの事件の側にいた奴の通報
ひとつで、この日本から

「【AED】は使えるけど、使わない(使えない)!」

という人が自分も含め大量に発生した
予測される・・すなわち、

「助かる可能性の命が助からなくなった」

という事・・こいつの罪は本当に重い・・。

【Made in PRC】と【Made in ROK】

*********************************************
【日本の議論】「中国産」嫌う消費者の目を“欺く”「Made in PRC」
(2014.12.15・産経新聞)
 「Made in PRC」という表示を見て、どこの国で作られたものかわかるだろうか。「PRC」は、中華人民共和国の英文表記「People‘s Republic of China」の頭文字を取ったもので、この表示は中国産を意味している。日本では、「Made in China」と表示するのが一般的だが、あえて浸透していない「PRC」を用いる真意はどこにあるのか。中国産を敬遠する消費者の目をごまかし、売り上げを伸ばそうとする確信犯的行為との専門家の指摘もある。
*********************************************
不勉強ながら、全く知りませんでした・・(^-^;
やはり詳しくはもちろん知らなかった訳ですが、
ある程度のルールがあるかと思いきや、

外国製品についての表示に関しては、一般の
消費者が、その商品がその原産国で生産された
物である事を、

「判別する事が困難である」

ような場合は「不当表示である」という事だけ
なのだそうだ・・(^-^;

まぁ考えてみれば、有名な【Made in USA】は、
【United States of America】の頭文字ですから、
中国の表記が【Made in China】が【Made in PRC】
という表記・・すなわち、 「中華人民共和国」の略
という【People's Republic of China】の主張は
正しい・・。
ちなみに、これまた全く知らなかったのですが、
韓国も同じ理由で【Republic of Korea】だそうで、
随分と前から、韓国製は【Made in Korea】と
その省略形の【Made in ROK】が混在している
そうです・・(^-^;

でも、昔は【Made in Japan】は粗悪品の代名詞
だった・・しかし、今は世界でも品質の高い証拠
である「ブランド」にすら躍進している・・。

両国とも、

【China=中国】
【Korea=韓国】

というのは知れ渡っているのですから、記事に
あるように、姑息に目先の売上を一時的に伸ばす
事よりも、今後、品質を格段に向上させ、日本の
ように信頼を積み重ねていく方向性の考え方に
すれば、結果、日本のように品質を通じて、国名も
合わせて認知される事になるのにね・・(笑)

色々な意味でこの隣国達は残念が多すぎる・・(笑)

【東京駅開業100周年記念Suica】にみるJR東日本の一人勝ち

****************************************
記念スイカ販売で客殺到し大混乱 9000人が行列、販売前倒しも 東京駅100周年
(2014.12.20・産経新聞)
 JR東日本が20日午前、東京駅開業100周年を記念したIC乗車券「Suica(スイカ)」(2千円)を限定販売したところ、希望者が東京駅に殺到し、買えなかった人が駅員に詰め寄るなど大混乱した。
 JR東日本東京支社によると、スイカは赤れんがの駅舎をデザインした1万5千枚。希望者が多く、午前8時だった販売開始時間を前倒しし、午前7時14分から売り出した。その時点で約9千人が列をつくり、徹夜の人もいたとみられる。
 駅の販売窓口周辺では買えなかった人が「説明しろ」と駅員を取り囲む場面もあった。
****************************************
いやいや、ニュースや友人のSNSの書き込みなど
見る限りでは、酷い・・いや、酷すぎるな!

まず、駅構内に張られているポスターには

「前日からお並びいただくことができません」

と書かれていたそうで、そこまで貼り出した
のなら、警備員や駅員などが泊まり込み、
きちんと列をバラし、徹底して並ばせない
ようにしないといけない・・。
しかし、あれだけ、連日のようにニュースなどで
告知されてしまっては、嫌でも販売する事は
多くの人の知る所になっていた・・。
となると、意図的にそんなポスターを無視する
輩を始め、ポスターの存在を知らない輩も出て
来る事は当たり前のように想像できる・・。
よって、当然のように前日からの並びができる
訳で、やはり誰かが人数のチェックだけは、随時、
やっていなければ対処できないのに、放って
おいたJR東日本の罪は重いな・・。

JR東日本の発表によると、下記のデザインの

ファイル 2366-2.jpg
【東京駅開業100周年記念Suica】

を15000枚販売、1枚2000円で1人3枚まで
購入可能だった・・。

しかし、違反だった並びを容認しただけでなく、
午前7時の段階で、すでに9000人ほどの列に
膨れ上がり、午前8時の販売開始時間を前倒しし、
7時14分から売り出、手に負えなくなったという
事で、9時40分に約8000枚で販売を打ち切る・・
というどんどん後手後手にまわる展開をする・・。

問題は、販売を打ち切りになった事により、
そのポスターのアナウンスをきちんと守って、
始発で駆けつけた人たちが買えなくなった事
である・・。

そりゃ、もめるに決まっている・・。
自分だってその場にいたら激怒するわ!
一応、JR東日本のHPでは、

ファイル 2366-3.jpg
「東京駅開業100周年記念Suica発売中止のお知らせ」

という事で、「今後発売します」と発表・・。

でも、これではダメだ!
今や、ヤフオクでは数十万円の値段がついている
という現状が出て来ているのだから、これ以上、
先に買った人間がプレミアム化するのを防ぐ為にも、
数ヶ月遅れでも、例え赤字になろうとも、余る位の
枚数・・例えば100年記念なのだから、この際、
お詫びも含めて100万枚くらいを作製、通常販売
するみたいなレベルのアナウンスを早急にするべき
である・・。

と書いていたら、素晴らしいニュースが!(^^*)
****************************************
<東京駅記念スイカ>希望者全員に販売…「限定」で混乱受け
(毎日新聞・2014年12月22日)
 東京駅開業100周年を記念したIC乗車券「Suica(スイカ)」の販売が、予想以上の人出のため中止された問題で、JR東日本は22日、当初予定していた限定販売を取りやめ、希望者全員に販売すると発表した。販売時期は決まっていない。
****************************************
キタ━━(゚∀゚)━━!!>これで自分も買える!
でも、ある程度の増刷はするだろうと個人的に
予想はしていたが希望者全員分は驚いた!(◎_◎;

という事で、ヤフオクのすでに終わっている
取引を覗いてみると、

ファイル 2366-4.jpg

と、150万円は成立しているかと思いきや、入札
取り消しされていたが、10万円代の落札はガチ!(笑)
こうして慌ててオークションで高値で買った人や、
現在、万円で入札中の人、涙目だな・・(爆)●~*
***************************************
東京駅開業100年限定版Suicaデザインは女性車掌 高校で日本画、異色の経歴 制作3カ月、細部まで描き込み
(2014.12.20・産経新聞)
 20日で開業100周年を迎えたJR東京駅(東京都千代田区)。関連記念行事がめじろ押しだが、とりわけ鉄道愛好家らの間で話題になっているのが丸の内駅舎をあしらった限定版のICカード乗車券「Suica(スイカ)」の発売だ。デザインを担当したのは同社東京支社の車掌、鈴木裕理子さん(27)。都内の芸術系高校で日本画を学んだという経歴の持ち主で、節目の年に自らのデザインが記念スイカを飾り「こんな光栄なことはない」と話している。
****************************************
と、JRの女性車掌さんのデザインだというから、
恐らく、デザインの版権はJRでしょうから、
増刷契約の変更は簡単でしょう!(^^*)

という事で、結局はJR東日本は、制作費用が
1枚いくらかかるのか?知らないが、差額の
1500円で充分に儲かるとするならば、莫大な
広告をこの事件で無料でやってもらえて、売る
枚数分だけ、ガッポリ儲ける事が出来るという
一人勝ち状態になる・・(笑)

その反面、涙目は、当日電車賃をかけて買いに
行って買えなかった人たちと、先に書いた
オークションで慌てて高値で買った方々という
事になる・・(^-^;

このJR東日本の一人勝ち・・新手の広告手法
だとしたらイヤだなぁ・・(-_-;)

もっと罰を厳しくすればいいのに

***********************************************
集団走行のバイクに「がまんならん!」 鉄の棒で走行中の男性殴る
(10月8日・産経新聞)
 オートバイで走行中の男性の左ひざを鉄の棒で殴って骨折させたとして、奈良県警天理署は8日、傷害容疑で奈良県天理市田部町のビジネス旅館経営の男(47)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は今年6月11日午後10時10分ごろ、旅館前をオートバイで走行中の内装業の男性(18)=天理市=の左ひざを長さ約1メートルの鉄製の棒で殴って骨折させ、全治2カ月の重傷を負わせたとしている。
 同署によると、この日は集団走行するバイクの騒音による苦情が市民から複数寄せられており、男性は友人と3人で走行中だった。男は「エンジン音がうるさく、腹が立った」と供述しているという。
***********************************************
いや~これは凄く気持ちがわかる。。(笑)
個人的には、許してあげてよ!って
切に思う。。。
特にこの年代は1人じゃ何にも出来ないクセに
世間なめきってるうえ、こうした奴の親は全く
役に立たないからね・・。
確かに実力行使しかないないかという選択は
非常に良く分かる・・(笑)

とはいえ、今回の47歳のビジネス旅館経営の
男性も凄いな・・普通は、商売やっていると、
その後の報復とか嫌がらせとかが怖くて、
自分も含め普通は泣き寝入りのパターン・・(笑)
さらに「家族」という守るべき者達がいたら
尚更の事・・。

となると、警察に頼るしかない訳だが、
これまたあまり頼りにならなかったはず・・。
いや、警察が悪いのではなく、日本の法律が
彼らを守ってしまうために、がんじがらめの
結果、頼りにならない・・(-_-;)

確か、こうした暴走族の暴走行為、いわゆる
動く相手の取り締まりの場合、警察も追跡を
して、証拠の映像を残して、同時に音の大きさ
を測って、犯人を後日特定して、認めさせて逮捕
・・みたいな実に難しくとても時間のかかる作業
なんですよね・・(-_-;)

しかも、追跡の際に事故を起こされたり、転倒して
死亡したりされると、これまた厄介なので、深追い
もできなければ、力技も使えない・・その労力を
かけて捕まえた割に大した罪に問えない・・。
少年だったら少年法があるので更に罪が軽くなる
・・と、ただ平穏を願う市民に取っては大して
効果のある結末は待っていない・・。

となると、やはりここは、何度にも渡る騒音や
暴走行為の証拠があり、警察もなかなか効果を
出せないでいた場合の【市民成敗】は、極力逮捕も
しなければ、たとえ逮捕し、裁判になっても多めに
見る形で、慰謝料も治療費もバイクの修理費も
払わないようにするだけでなく、逆に近隣住民に
対し、未成年の場合は親が何百万円もの迷惑料&
慰謝料を支払わなければならない様にする、成人を
している人間の行為だったら、本人に払わせ、仮に
払えないなら、国として強制労働施設みたいなのを
作り、こうした奴らを囲って外に出さず、一生その
金額に達するまですごい厳しい環境で働かせる・・
くらいの判決が出ると、世の中変わって来ると
思うんだがな・・(笑)

やはりダメな人間には罰を厳しくするしか効果は
ない・・いずれにしても、今の所は無策に近い事例・・。
いずれ殺してしまうような事件が出る前に、何とか
して欲しいね・・。

今も変わらない・・クズはどこまでいってもクズ

********************************
済美いじめ「悪質」1年間対外試合禁止
(2014年9月10日・日刊スポーツ)
 日本学生野球協会は9日、都内で審査室会議を行い、2年生6人による1年生19人への悪質な部内いじめがあった済美高(愛媛)に、8月9日から来年8月8日まで1年間の対外試合禁止処分を科した。1年間は対外試合禁止処分としては最も長い期間で、来春センバツはもちろん、来夏の甲子園出場も絶望となった。
 済美高は春夏の甲子園に通算6度出場し、春は優勝と準優勝、夏も準優勝の実績がある強豪。4月末以降、2年生が1年生に対して、恒常的に顔や腹部などへの暴力を振るい、被害部員が19人と多かったことも、重い処分につながった。
********************************
主ないじめの内容が載っていたが、
実に低レベルで酷い・・(-_-;)
********************************
 ◆カメムシ事件 4月の練習試合中、2年生2人と1年生1人がボールボーイ役を務めた。2年生1人が1年生に対してもう1人の2年生にちょっかいを出して怒らせるように指示。怒った2年生が、棒で拾った死んだカメムシを食べるか、灯油を飲むかの選択を迫り、1年生はカメムシを3秒間口に含んで、吐いた。
 ◆ケンカ事件 5月31日の練習前、2年生4人が1年生同士でケンカをさせることを発案。順番に7組ケンカさせ、「もっと強く殴れ」などと指示した。主導した4人のほか、2年生5人が傍観していた。
 他にも練習中の態度などを理由に、尻をバットでたたいたり、至近距離から硬式ボールを投げ付けたりと日常的に暴力を振るった。レギュラー組が遠征時などが多く、日本高野連・西岡宏堂審議委員長は「悪質で、根が深い」と言った。
********************************
そして、本当にくだらない!凸(-""-)
何がくだらないか?というと、こうした
構図は、上記の事件でも同じだが、
大抵はレギュラー組が手を出す形
でなく、レギュラーにもなれない
クソみたいな連中が、ただ1年早く
産まれているというだけで、監督や
顧問などの前ではなく、影で卑劣に
威張りくさるからだ・・凸(-""-)
まぁ、社会に出ても多かれ少なかれ
この不条理な構図には誰でも
直面する・・。

自分は中学、高校と野球をやって
いたが、どちらも生意気にも1年生
からレギュラーに抜擢されている。
中学はある事により、一切、先輩から
の嫌がらせはなくなったのだが、高校は
入学して2週間でのレギュラー抜擢
でしたので、さすがに済美高校ほど
酷くはないが、例えば、序章として

「何でお前がレギュラーなんだよ!」

という実に下らない暴言・・。
だって、そんなの抜擢に驚いている
自分にわかる訳ないじゃん!本当に
知りたいなら、監督や顧問に直接
きちんと聞けば良い・・。
でもこうしたクズの先輩というのは
そんな事すらできない・・陰で、
見えない所で威圧するしかできない
からクズなんだけど・・(笑)

さらにバカバカしかったのが、練習後・・。
3年生はすぐに着替えるが2年生は
2時間もかけてノロノロとわざと着替え、
2時間に渡って1年生を立たせ、芸を
やらせ、その後に、グラウンドで反省会
・・って、どれだけクズでバカなのかと?
進学校なんだから、文武両道でみんな
大学などを目指して頑張っているのに、
ダラダラと23時近くまで

【教育】

の名の下に、軍隊みたいな反省会が
続く・・。
もう本当に時間がもったいない・・(笑)

まぁ、もっとひどい事は、何がきっかけ
で問題になるかわからないので(笑)
胸にとめておくが、その後、自分は
肘を壊して退部するのだが、その退部
の相談の際に、監督と顧問に、
この現状を悪いが全部話した・・。
ご両人とも

「うちの部に限って・・Σ( ̄ロ ̄lll)」

というとんでもなく驚いていた事は
印象的だった・・。

当然のように、翌日から、監督と顧問
の監視が入るようになるのだが、
こうしたクズは慌てふためいて
何をするのか?

「チクった犯人探し」

である(笑)
クズはクズなりの行動しか出来ない
事はわかっていたので、自分には
想定の範囲内・・(笑)

矛先が一番酷い仕打ちを向けていた
自分に注がれる事も同時に想定内・・(笑)
挙げ句の果ては、部室とグラウンドが
監視の目に入ったので、今度は通学路
の途中の公園で待っていろ!・・と・・(笑)

そんなにやりたいんですかね?
【教育】(爆)●~*

当たり前だが、クズはそうした考え方
そのものがダメな事にも気付いて
いない・・だからレギュラーなどなれる
訳が無いのだ・・(笑)

とはいえ、自分はその後に先輩の目も
手も届かない「自宅」に帰る事が出来る・・。
しかし、この済美高校は寮生活だと
いうのだから、それはそれは辛かったろう
と思う・・。

その辛い部分を押し殺して、自分が
上級生になった時にそうした

「自分たちがイヤだった事」

を無くす事をできれば良いのだが、
実際にはレギュラーになれなかった
人間達の欲求不満をぶつける安易な
楽しみとして、

「やられたことはやり返す」

というルーティーンからは抜け出せない
クズがほとんどだ・・。

ただ、先にも書いたように、それが
社会の構図と言われれば

【先輩の不条理】

というのは社会に出ても常に
どこかにある・・。

自分は不幸にも野球の時にそうした
ハードな試練を与えて頂いたので、
実はこの業では、どんな嫌がらせ
も野球の時に比べたら比較に
ならない程、ちょろいレベルでしたので、
その後は楽しく気楽に幸せな人生を
歩ませて頂いている・・(^^*)

そう考えると、結果、野球部の先輩
には感謝をしないといけないのかも
しれませんな(爆)●~*

ただ、純粋にスポーツを頑張る・・。
それだけをやりたいのにできない環境・・。
もちろん個人的には精神論も必要
だが、それは一番の力を持つ監督が
練習で厳しくすれば良い事・・。
1年早く生まれたレベルの人間の
やる事ではない。
できたら、上に立つ大人達はここを
努力してもらいたいと思うんだな・・。

しかし、残念ながら強い学校ほど、
形は違えど厳しい・・悲しいかな・・
和気藹々で強くはならないのが現状・・(-_-;)
歯がゆいものである・・。

青色発光ダイオード!ノーベル賞を獲得

この分野は大して詳しくないので、サラっと(笑)
10月7日、青色発光ダイオード(以下、青色LED)
の開発において、

○赤崎 勇氏(名城大終身教授)
○天野 浩氏(名古屋大教授)
○中村修二氏(アメリカ・カリフォルニア大
       サンタバーバラ校教授)

の3氏が【ノーベル物理学賞】を受賞した。
今までの色々なノーベル賞を見て来たが、普通だと、
なかなかわかりにくいのだが、今回は非常に身近で
わかりやすい・・。

前にLEDの勉強会があったので、多少の事は勉強した。
【LED(発光ダイオード)】とは、電圧を加えると
発光する半導体素子の事で、報道されている通り、
赤色と黄色のLEDは早くから見つかっていたが、
光の三原色の「赤、黄、青」が揃えば「白色」が
作れる!という事で、頭の良い人たちがこぞって
【青色LED】開発に挑むが、ことごとく撃沈!
【青色LED】の実現は20世紀中は難しいと
言われるほどだった。
その困難の中で、赤崎勇氏と天野浩氏が【青色LED】
の原理を解明、中村修二氏が量産技術を確立した。

今までの白熱球や蛍光灯と違い、LED照明は大きな
特徴として、

○長寿命
○省電力
○水銀など有害物質を使用する必要がない

という大きな特徴がある。
この事が「環境に優しい」と言われる所以である。
一昔前までは蛍光灯のように、大きな角度での
照らしが苦手だったLED照明だったが、今は
その角度もかなり大きくなっている・・。
メーカーの開発力による技術の革新は本当に
驚く程に早い・・。

上記の点から、電気代が安くなるだとか可視率
が高いので、携帯のバックライトや信号に
使われているだとか、まぁほとんどのことは
何となく分かっているつもりで、何気なく普通
にテレビの報道番組を見ていたのだが、現在に
おける色々な分野でのLEDの利用が紹介される
のを見ると、いやいや改めてLEDはすごいなぁ
とビックリした。

色々な報道の中で個人的に1番ビックリしたのが、
LEDを使った【水耕栽培】である・・。
もちろん、そうした技術があるのは簡単には
知ってはいたが、本来は赤色LEDだけで育てる
と成長が良いらしいのだが、そこにちょっと
青色混ぜると、みずみずしさが増したりする
そうで、さらにその調合を極めればビタミン
などを増やしていくことができたりするかも
しれない可能性があるらしく、今後の発展を
大いに期待をしたいですね・・。

また、紫外線の放出量が少ないので新鮮食品の鮮度
を保つ事などは、最近、冷蔵庫を買い替えようか?
と思って、色々と説明を受けていたので、知っては
いたが、考えてみれば、たかだかライトを当てる
だけで鮮度が保てるって凄い事ですよね・・(^-^;

同時に、新鮮食品の鮮度保つだけでなく、紫外線が
無いので、美術館などで絵画の色褪せを防ぐ事も
でき、単純に、外からの光が入って来なければ、
自分の子供の頃のように、壁に貼ったアイドルの
ポスターが色褪せる事も無くなる訳だ・・(笑)
そうしてやがて年を取り、おっさんになっても
LEDで保管をしておけば色に関しては新品同様!
みたいな世界が来るのだとしたら、今後のコレクター
にとっては、ある意味凄い必須アイテムだな!(笑)

できるのか?できないのか?わからないけど、
LEDを当てていれば、例え窓から紫外線が入って
きていても打ち消してくれるようになったりしたら、
本当にとんでもないアイテムになるよなぁ・・(笑)
だって1日中LEDを当て続けていれば劣化しない・・(笑)

さらに、蛍光灯などと違って小型化が可能なため医療
などでは、すでに「カプセル型内視鏡」などにも使って
いるそうで、本当に一気に色々なものが変貌してゆく
様が、自分が知っている形でも次々と現れてくる事を
見るだけでも、凄い発明なんだな・・と素朴に感じる。

という事で、最後に、赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏・・
【ノーベル物理学賞】を受賞おめでとうございます!

宮古島は観光客に媚びる必要は無い!

*****************************************
神様の泥塗り苦悩 宮古島・パーントゥ
(沖縄タイムス・10月5日)
 宮古島の国の重要無形民俗文化財「パーントゥ」が、クレームに悩まされている。厄払いの意味を込め、仮面を着けた神様が人々に容赦なく泥を塗る伝統的な手法が、その意味合いを知らない観光客に受け入れられず不幸な衝突が生まれている。(矢島大輔、新垣亮)

■「汚された」と苦情・暴行も
 3、4日の夕方、宮古島の平良島尻地区。仮面を着けた青年3人が扮(ふん)するパーントゥが現れた。
 ツル草を巻き付けた体は泥まみれで、鼻を突く異臭が漂う。逃げ惑う人々を追い回し泥を塗るたび、悲鳴が上がる。改装したての住宅や乗用車内にも荒々しく上がり込んだ。
 「怒る人はおらんよ。ちゃんと厄よけして、健康を願ってくれてるんだから」。集落のお年寄りの男性は誇らしげに言う。地元の住民は泥をつけられても笑顔。「ありがとう」と声を掛け、お酒やおすしを振る舞う姿も見られた。
 一方、花柄のワンピースとカメラを泥だらけにされた観光客の若い女性は「ここまでとは思わなかった」とショックを受けた様子。近くにいた中年の男性も泥を塗られ、「本気で怒っている」と不満げだった。
 関係者によると近年、観光客から苦情が寄せられ、対応に苦慮しているという。「服を汚された」「抱きつかれた」といった女性のクレームに加え、数年前には、怒った男性にパーントゥが暴行される事態になった。「中止も検討した」と、地元の男性は語る。
 トラブルを防ぐため、パーントゥの周囲には複数の付添人を配置。不勉強な観光客が大挙して押し掛けないよう開催日を直前まで知らせない工夫もした。
 島の観光資源としてアピールしてきた宮古島観光協会も地元の意向を受け、大々的に宣伝するのを控えている。ホームページ上には日程を載せず、直接問い合 わせがあった場合のみ伝える対応に変えた。担当者は「必ず『汚れてもいい服で来てください』と念を押しています」と話す。

*****************************************
1993年に国の重要無形民俗文化財に指定されて
いる地元の伝統行事に参加しておいて、難クセ
つけるのは、ちょっとおかしくないか?・・と
思ったが、宮古島側も旅行会社も告知はして
いないのかぁ・・(^-^;

確かに、そこで

【祭りをやっているかどうか?】

は、宮古島のHPや旅行会社などから教えて
もらわないと、知らずに行った旅行者側から
すれば、観光していた途中に、たまたま人が
集まっていてワーワー声が上がっていて
楽しそうだったら、

「どれどれ・・何をやっているのかな?」

と覗き込むよな・・(^-^;
そうしたたまたま覗き込んだ時だったり・・
みたいな偶然である可能性は高い・・。
だとしたら、自分も当事者ならやはり怒るかも
しれないなぁ・・(^-^;

そもそも、その祭りの開催を知らなければ、
実際には旅行に行く時に、汚されてもいいような
どうでもよい服を着ている人は、ほぼいない・・
女性であったら100%いないでしょうからね・・(^-^;
どちらかというと、その旅行に合わせたお気に入り
の服を買ってまでだったりする可能性も高い・・。

仮に、島内を回る為にレンタカーを借りていたり
して、汚れる事は最初に登録する保証で補償して
もらえるとしても、そこで車内を汚されると、

【鼻を突く異臭】

だそうですから、その匂いが、ずっと車内に
漂っている訳で、車酔いしない同乗者も、
車酔いをしてしまうかもしれないしな・・。
うちの家族は通常でも即座に車酔いをしますから
ヘタしたらそこから車に乗れず、ホテルに帰れ
ないかもしれない・・(笑)

もちろん、宮古島として、そして「パーントゥ」
扮する方々としても、恐らく地元の人間は顔や
身なりで、ある程度、把握しているでしょうから、
見慣れない服装や顔つきから、観光客であると
わかっている可能性はそれなりに高いと思う・・。
でも、それも地元の人からしたら、他所の地域
から来た人を、地元民と差別をせずに、

「お祭りの仲間に入れてあげる」

という最大限の歓迎の気持ちの表れかもしれない・・。
そこを汲み取るならば、やはり、観光客に気を
つかわず、今まで通りに祭りをやれる着地点を
ぜひ、宮古島は考えて欲しい・・。

そのためにの一歩として、やはり宮古島のHP
での祭りの日時の告知、旅行会社を通じての
祭りの日時の認知はするべきだと思う・・。
というより、個人的にはして欲しい。

ディズニーランドでウォーターイベントの時に、
水掛けられて文句言う奴がいないのも、今、
ディズニーランドではそうした事をやっていると
告知されて、納得して来ているからだろう・・。
仮に、伝統芸能なので、そんなに有名にもしたく
ないし、地元民でひっそりと・・というのが
宮古島の本心なら、やはり規制線を張って、

「汚れます!」

という事で、観光客を入れずに、地元民だけで
盛り上がるしか道はない・・。

いずれにしても、知らせる事だけを周知させる
事をやれば良いだけで、決して観光客に媚びる
必要はない・・。

障害者の敵は障害者という複雑さ・・

7月下旬に、さいたま市の全盲の男性(61)が
飼う盲導犬が、鋭利なもので刺されたとみられる
ケガをしていた・・なんて報道にかぶさるように、
埼玉県川越市の盲学校へ通う全盲の女子生徒が、
通学途中にJR川越駅改札前コンコースで何者かに
脚を蹴られる被害に遭った・・という事件・・と、
立て続けに【弱者】を狙った事件が発生した・・。

盲導犬の事件は、まだ捜索中だが、川越の全盲の
女子生徒の事件は、防犯カメラもきちんと人物を
捉えていたのと、目撃者も多かったために、
すぐに特定され逮捕された・・。
しかし逮捕してみると、44歳の受け答えが
困難なくらいの【重度の知的障害】の男性・・(^-^;

お客様を通して【知的障害】の方々を何人か
見て来ているが、どちらかというと、子供と
同じレベルで、決まった行動(同じ道で会社へ
行くみたいな)ならば、そんなにおかしな事は
しないという個人的な認識・・。

黄色の【点字ブロック】も【白杖】も全盲の方々
にしてみれば、社会に出るために必要な物では
あるが、これを【重度の知的障害者】にまで
認知させるのはかなり困難であろう・・。
逆に、今回の事件も【重度の知的障害】の男は、
別に悪気は全く無く、知的障害者側からしたら、
いきなり棒で足をイタズラされ、転倒した・・
となると、かなりビックリしたのと、その衝動
から沸々と止められない怒りみたいなものが
吹き出して来て、今回の事件になった事も
安易に想像できる・・。

【障害者の敵は障害者】

という新しいステージ・・。
仮に、全盲の側が【白杖】が当たって怒られて、
謝罪をしても、今回のように通用しないケースが
ある事がわかった訳で・・。

となると、もしかしたら新しいステージなのでは
なく、犯人が逮捕されるまでに、色々な形で
マスコミを通して語られていた、障害者への
嫌がらせのような些細な事件も、健常者との
トラブルはそんなに無く、どちらかというと、
知的障害者、精神的疾患者あたりなのかも
しれないな・・。

まあ、通常は【白杖】が当たって怒る健常者は
いないと思うんだな・・いるとしたら、やはり、
健常者の部類の中でも、健常者の枠に入れたくない、
肩がぶつかったくらいで激高する精神的におかしな
人間達位だと思うんだな・・(笑)

でも、言葉は悪いけど、犯人が健常者でなかった
というのは正直ちょっと救われた・・(^-^;

朝日新聞の東スポ並の裏付けに辟易

ファイル 2328-2.jpg

****************************************
慰安婦特集記事の一部を訂正します 
(朝日新聞・2014年9月29日)
 8月5日の特集記事「慰安婦問題を考える(上)」で、朝日新聞社は、韓国・済州島で女性を強制連行したとする吉田清治氏(故人)の証言を虚 偽だと判断し、吉田氏に関する記事を取り消しました。初報は1982年9月2日付大阪本社朝刊の記事として、「執筆した大阪社会部の記者(66)は『講演での話の内容は具体的かつ詳細で全く疑わなかった』と話す」と記しました。しかし、その後、この元記者は当該記事の執筆者ではないことがわかりました。おわびして訂正します。
 元記者は社内の取材班の調査に対し、当該記事を含めて吉田氏に関する記事を数本書いたと認めていました。しかし、元記者がその後、海外への渡航記録を調べたところ、大阪市内で講演のあった82年9月1日時点で国内にいなかったことが判明し、記憶違いであることが確認されました。その後の吉田氏に関する記事は実際に書いていました。
 特集記事の掲載後、当時の大阪社会部にいた別の元記者が「吉田氏の記事を書いたことが1度だけある。初報は自分が書いた記事かもしれない」と名乗り出ています。
 初報が掲載された経緯については近く設置する第三者委員会の調査結果を踏まえて紙面でご説明します。
****************************************
もう、検証なんて嘘だらけなんだろうな・・。

9月29日付け朝日新聞における、先日の8月5日
の慰安婦の訂正&取り消し&検証記事について、
さらなる訂正記事が発表された。

いやいや驚きの内容である・・(-_-;)

今回の訂正記事は、ある程度、経緯に詳しく
ないと、非常にわかりにくいので、これを
わかりやすいようにちょっと説明してみよう。

どういう事かと言うと、当時までさかのぼると、
1982年9月1日に吉田清治の大嘘内容の講演が
行われた・・いわゆる「日本軍が済州島で
強制連行した!」という大嘘講演である・・。
その講演を聞いた当時の大阪社会部の記者
(現在66)が

「講演での話の内容は具体的かつ詳細で
 全く疑わなかった」

ということで執筆をし、1982年9月2日に
最初の記事として報道された・・というのが
検証結果が8月5日の慰安婦検証記事である。

しかし記事にある通り、執筆した大阪社会部の
記者(66)は、その後、海外への渡航記録を
調べたところ、大阪市内で講演のあった
1982年9月1日時点で国内にいなかった事が
判明し、記憶違いであることが確認されたのだ。

まあ、30年前の特定の日に国内にいたか?
いなかったか?普通に考えてその日時を詳細に
覚えている人間はいないだろう・・いたとしたら、
よっぽど印象深い日でもなければ無理だ。

だから、そこはまあいい・・。

個人的に驚きの部分はそこではなく、いくら
32年前の事とはいえ、どちらかひとつが間違って
いたというのならわかるが、自分が見てもいない
講演なら、目の前に【見ていた像】は思い出せる
はずなので、その【見ていた像】が出て来なければ
見ていなかった・・となる訳ですから、実は安易に
わかるはずなのに「見ていた」、しかも「講演での
話の内容は具体的かつ詳細で全く疑わなかった」と
いう湧き出て来る【感情】、書いていない記事
(書き口や文面が違うはず)を「書いた」と
3つの事柄がきちんとリンクしての

【記憶違い】

をする事があるだろうか?という部分が驚き
なのである・・。
しかも、慰安婦強制の一番肝心のところである・・。

もっと穿った見方をすれば【慰安婦記事】だけで
なく、まさに今回のこんな社内レベルの裏付け
さえ取れていない朝日新聞・・。

もう末期状態である・・慰安婦の検証記事ですら、
未だに、

【徹底的に裏付けを取った上で書かれていない】

のではないか?としか思えてしまう、完全に

【東スポレベル】

の内容だったという事になる・・。
しかも、未だに、このこの2人の元記者は、

【匿名】

なのである・・。
もうこんな体たらくな事を続けないで、きちんと、
この2人の元記者を記者会見させれば事の真相は、
ハッキリする訳で、朝日新聞の大好きな

「説明責任」

を、ぜひ果たして頂きたいんだな!