記事一覧

出る杭は叩き続けるしかない

「米下院に提出されている、従軍慰安婦問題で日本政府に謝罪を求める
 決議案に、首相官邸が神経をとがらせている。決議案は、日系の
 マイケル・ホンダ議員(民主党)らが下院外交委員会に超党派で
 提出した。日本政府は1993年に【河野談話】で旧日本軍が慰安所
 設置に関与した事などを認めて謝罪し、その後【アジア女性基金】を
 設立して償い事業を進めてきたが、決議案は(1)従軍慰安婦を公式に
 認める(2)首相の謝罪声明を発表する−−などと要求している。
 15日には元慰安婦3人を招いた初の公聴会も開かれた。米下院には
 1996年以降、慰安婦に関する決議案が計8回出され、すべて廃案と
 なっている。相次ぐ提出の背景にはアジア系団体による議会への
 働きかけがあるとされるが、9回目の決議案提出に、在米日本大使館
 は【日本がすでに行ってきた事を改めて要求するなど不適切な内容を
 含む】との声明を出し、決議が採択されないよう議会対策に乗り出した。
 だが、今回は過去の8回とは異なり【決議が通ってしまう可能性がある】
 (首相周辺)との危機感が政府内に広がっている。昨秋の米中間選挙で
 民主党が多数派となり、議会のリベラル色が強まった為だ。採択されても
 法的拘束力はないが、首相の訪米前であり、官邸は敏感にならざるを
 得ないようだ。」

ここに出てくる河野談話とは【従軍慰安婦の性奴隷を公式に認める】談話である。
従軍慰安婦が性奴隷だったというのは、世紀の詐話師

【吉田清治】の著書【私の戦争犯罪・朝鮮人強制連行】

と言う【嘘だらけ】の本から朝日新聞が先頭に油に火を注いだ。
(ちなみに吉田清治は後にこの話を嘘で固めた作り話である事を認めている)
しかし、結果、日本からご丁寧に【この事について反発しなさいよ!】と韓国、中国に
進言してくれた訳ですから、外交的に待ってましたとばかりに、各国、中国は反発する。
当たり前である。
そして、日本政府はこの問題を【物的証拠もない(ここ重要)】のに数人の老婆の話を
聞いただけで、韓国と【政治的取引】で日本を犯罪国に仕立て上げたというものである。
簡単に言えば、人を殺した証拠がひとつもないのに、それを見たという人の話だけで
殺人犯にされてしまったのと変わらないのだ。と、ここで河野洋平を罵っても仕方ない。(笑)

今回、この【マイケル・ホンダ議員】が、なぜ今や論破されている【従軍慰安婦問題】を蒸し返すのか?
簡単に言えば、【左翼】として、特定アジアの支持を得る事により、一部の圧力団体とその支持が
欲しいからである。ただそれだけのために日本が利用されている。
まあ、アメリカのポチであり、すぐに謝罪する国で、一番扱いやすいから、自分がマイケル・ホンダでも
日本を攻撃するだろうなぁ・・(笑)

さあ、この【マイケル・ホンダ】という人物、こいつがどのような背景を持った人間か?
実は、国際的な圧力組織

【シモンヴィーゼンタールセンター(SWC)】
■シモン・ヴィーゼンタール・センター(SWC)の実態■
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc600.html#ex02

という後ろ盾がある。
【SWC】は、元々、活動していたナチスドイツの戦争犯罪にとどまらず、アイリス・チャンの
嘘だらけの本【レイプオブ南京】 を強烈にプッシュしている事でも有名で、それをきっかけに
【従軍慰安婦問題】や【日本軍の戦争犯罪】にまで口を出すようになっていった。
この団体のためにも【マイケル・ホンダ】が、こうした行動を続けなければいけない背景も、
我々は理解しないといけない。現時点ではこの問題を推進しているのは【アメリカ政府全体】ではなく

【「左翼」として、特定アジアの支持を得る事により、一部の圧力団体とその支持が欲しい政治家】

が仕組んで行っているという事である。

日本がやるべき事は、ただひとつ、

【従軍慰安婦の強制連行の事実などない!あるというのなら証拠を出してみろ!】

という事を胸を張って主張すればよい。
そして、ここで【従軍慰安婦問題】などという論破できる案件に関しては、出る杭は叩き続け、
日本には通用しないという事を見せしめなくてはいけない。
ただ、今の日本政府にそれができるのか?ここだけはいつも頭が痛い・・( >_<) 

マスコミには辟易する

■柳沢厚生労働相の6日の記者会見から■

【ご当人の若い人たちは「結婚をしたい、それから子供を2人以上
 持ちたい」という極めて健全な状況にいるわけだから、本当に
 そういう若者の健全な、なんというか希望というものに我々が
 フィットした政策を出していくことが非常に大事だと思っている。 】

まただ。マスコミが一部分だけを【子供が2人以上「健全」】と見出し
として抜き出して一人歩きさせ【悪質に一方向へ誘導させる】典型的な
手法だ。そこに登場していた民主党の蓮舫議員の

【子供を2人以上持つのが健全で、持ちたいけど持てない人は不健全
 という事になる】

という発言にはビックリである。
こいつ、日本語がわからないのではないだろうか?
そんな事は柳沢大臣は一言も言っていない。

■結婚と出産に関する全国調査(2005年)■
○【いずれ結婚するつもり】結婚の意思を持つ未婚者 約90%
○希望の子供の数【2人以上】の未婚者       約85%

という統計から

【若者は結婚をしたくなくなった訳でもなく、2人以上子供を
 産みたいという希望を持っている】

という事を言いたいのだろうという事は、小学生レベルの国語の力が
あればハッキリとわかる。前回の

■前回の柳沢厚生労働相発言■

【では、人口の状況はどうか。平成17年の国税調査を受けて、18年に
 年金の人口推計をやるわけです。(中略)特に、2030年に例えは
 30歳になる人を考えると、今、7、8歳になってなきゃいけない。
 生まれちゃってるんですよ。もう。あとは「産む機械」って言っちゃ
 なんだけど、装置の数が決まったってことになると、機械って
 言っちゃ申し訳ないんだけど、機械って言ってごめんなさいね、
 あとは産む役目の人が1人頭で頑張ってもらうしかない。2030年は
 もう勝負は決まっているとよく役人に言われる。】

というのも、個人的には擁護するとかしないのレベルでなく、柳沢大臣
の発言は流れから汲み取ると、そんなに失礼だとは感じない。
ただ「機械」に例えなくても良かったが・・。
【もう女性の数は決まっているから】レベルで充分に伝わっていた
だろう・・確かに、この年代は【女はとっと結婚して子供を産め!】
【女は子宮でものを考える】みたいな、セクハラ発言バリバリ時代の
人間ですから、この例え方をみると、心の奥底にはそんな時代レベル
の基礎があるようには感じてしまうね。
でも【産む役目の人が1人頭で頑張ってもらうしかない】というのも、
実際その通りだもんね。ただ

【それを大きくサポートするのが私の役目!】

くらいの事は言って欲しかったね。
それよりも、きちんと

〜 予・算・を・審・議・し・て・く・れ 〜

しかし、マスコミも、コメンテーターも、みんなで

【その原因をきちんと把握して、産みたい人が産めるような
 対策を打ち出す事が必要だ】

と言う。悪いが、昔はもっと劣悪な環境時でありながら、対策など
考えなくても、子供をたくさん産んでいた。生まれなかったら、
姑にどれだけ皮肉を言われ、いじめられたか・・(笑) 
そんな時でもたくさん出産をしたのだ。
だから【環境の問題】ではない!と言いたい所だが、やはり
【環境の問題】なのだ。今と昔では

【環境の価値観】

が変わってしまった。まず、女性が外に出るようになった。
いや、出ないと生きていけない【男性1人では役に立たない環境】に
なった。
さらに、夫婦が他人の手をうざったいので借りなくなったのと同時に、
何かあった時の責任の問い方がアメリカのようなえげつなさが出てきた
ので、責任問題を考えると、他人が簡単に手伝う訳にもいかなくなった。
ますます夫婦が【孤立する環境】になった。
将来、自分たちが生きてゆくだけでも大変なのに、子供1人に生涯、
全て公立で進んでくれても約3000万円かかるという試算を目の前に
すると、やはり1人まで・・という【将来が不安な環境】。
昔は、ボロボロの服を着ていてもよかったが、今はそういう訳には
いかない。さらに昔と違って、自分自身のゆとりが欲しい、物が欲しい、
と色々な事に【贅沢な環境】になってしまった。
裏を返せば、【いくらお金があっても足りないという環境】になって
しまった。

そして、みんな【疑問の投げかけ】はするが、必ずどいつも【出生率
が上がる具体策】は提案できない。だがマスコミを中心に、できあがった
ものへの【言葉尻】や【穴】を探し、そこを徹底的にののしる事は
得意だ・・。裏を返せば、みんな気付いているのだ。
出生率を上げる理想的なアイデアは【この世に存在しない】事を・・。
手当を出すにしても、年間100万円位くるなら別だが、仮に10万円が
年間にきても無理で10万円につられて子供産むとは思えない。
逆に年間100万円位出るようになったら、スウェーデンのように賃金の
半分が税金と社会保険料という働くのがイヤになるような環境になって
しまう。
会社に保育所を義務付けにするのも良さそうだが、大きな会社と小さな
会社の差別、小さな会社へのが大きな負担が生まれ格差ができてしまう・・。
2年くらいの長い子育て休暇を作るのも良さそうだが、経営する側に
してみれば、余裕のある会社はできるにしても、余裕のない会社には
できない。しかも、2年間だけが子育てではないなどという、出来たら
出来たでさらに甘えた事を言い始める事にもなりかねない。
独身者や子供の作らない夫婦は、今後、今の子供達に支えて貰う
のだから社会保険料が子供のいる家庭よりも数十倍高くするというのも
良いと思うのだが、恐らく、子供を産みたくても産めない夫婦の気持ち
も考えろ!不妊治療で家計も痛めつける上にさらに取るのか!
ふざけるな!となる・・。
本当は職場にサラリーマン金太郎じゃないが、子供を背負って働ける
環境ができるのが一番自然な気がするが、1人2人ならともかく、
10人とかになったらうるさいだろうなぁ・・w 
そんな事が許せる社会にならないといけないが、今は、逆にギスギス
してゆくだけ。やはり人々の生活にそれだけのゆとりが無いからなのだろう・・。

そんな事を考えると、自分も、今、この時代に子供に【生】を与えた
事が正しかったのか?時々、考えてしまう事がある。
そんな中でも、ただひとつハッキリしている事は、自分たち親には
たまらない【贈り物】であった事だけは間違いない・・。

【違った格差】が広がる政策は大迷惑 

「政府は2007年度から、【家族の日】を制定する方針を決めた。続きを読む

裁判員制度

2009年春に始まる【裁判員制度】に向け、法務省は10月24日、裁判員に
選ばれた人がどのような場合に辞退できるか定めた政令案を公表した。
続きを読む

口を出す立場にない

「米下院外交委員会は14日、日本と近隣諸国との緊張関係をテーマに
 公聴会を開いた。この中でハイド委員長(共和)は、靖国神社に
 併設されている戦史展示館「遊就館」について、「ここで教えられて
 いる歴史は事実に基づいておらず、訂正されるべきだ」と主張した。
 また、出席議員や参考人からは小泉純一郎首相の靖国参拝への批判
 が相次いだ。[時事通信社]」

とな・・。これは、

<ラントス米民主党下院議員>
「A級戦犯の位牌に参拝することは道徳的堕落であり(訳注:原発言は
  "Paying one's respects to war criminals is morally bankrupt")、
 日本のような大国のすべき行動ではない。中止せねばならない。」

<ハイド米下院国際関係委員長>
「東京の博物館は日本の若い世代に、日本がアジアの人々を解放する
 ため第二次大戦を起こしたと教 えている。」

を抜き取ったものであるが、時事通信社の中韓の反発だけでは世論が
動かないので、じゃ、アメリカ様を使おう!という事がみえみえ!
こうして、一部を抜き出して誇張した歪曲報道の時事通信社の記事に
まともに書くのもバカバカしいのだが、それにあえて書きたいと思う。

アメリカは悪いが、この事に口を出す立場にない。
口を出せるとしたら、原爆投下による民間人の大虐殺を 東京大空襲の
民間人の大虐殺を謝罪し、原爆投下は 間違っていなかったとする
自国の歴史を、まず訂正してからだ。
まったく、まだこの下院議員は自分たちが全て正しいと思っているのか?
そして、時事通信社!たった二人のしかも、下院議員の発言を、

「批判相次ぐ」

とまるで、アメリカ議会全体が言っているかのようなかなり恣意的な報道。
もう!こういう日本を世論を操作しようとする報道はやめなさいって!
こんな報道をする前に、なぜ、原爆投下と東京大空襲を使ってアメリカに
強気に立ち向かえないんだ?だから日本のマスコミはダメなんだって!

民主・小沢代表が基本政策案

「民主党の小沢代表が9月12日告示の代表選で示す基本政策案が24日、
 明らかになった。「日本にふさわしいセーフティーネット(安全網)
 を確立する」として、雇用政策や農政を重点政策に据えた。
 税制では、所得税・住民税を現行の半分に引き下げる大規模減税や、
 消費税の福祉目的税化を提唱した。外交面では、国連の要請に基づき、
 国連の平和活動に積極的に参加すると強調した。」
続きを読む

さあ、韓国が正体を現した!

「韓国の通信社・聯合ニュースは8月16日、同国政府が靖国神社問題と関連して、A級戦犯が分祀(ぶんし)された場合も、日本の指導者の靖国参拝を容認できず、靖国問題の根本的な解決にはならないとする立場を内部で確認したと報じた。青瓦台(大統領官邸)高官の話として伝えた。同高官は【靖国問題はA級戦犯分祀で解決できない】と述べ、その理由として戦史展示館【遊就館】など、過去の軍国主義を美化し、侵略戦争を正当化する靖国神社の歴史観に変わりがないためだと話した。」 

さあ、韓国が正体を現した!以前から、小泉首相や麻生外相
の言う

「A級戦犯を分祀したところで何の解決にもならず、それで
 外交関係が改善するとは思えない」

という言葉を裏付けた。同時に、これまでの韓国側の主張が

「ただの内政干渉である」

ということを国家として認めた事になる。
元々、自国民をまとめるための「反日」ですから、最初から
わかっていた事だが、きちんと韓国が国として認めた事は
大きい。

さあ、今後は日本は靖国に何か言ってきたら、即座に
韓国大使館員を呼びつけ、徹底的に、

「内政干渉だ!」

と、この問題は政治カードにできない事を毅然と抗議すべきである。
そして、他国の追悼に文句を言っているのは 世界中探しても

「中国と韓国だけ」

という事を、我々もハッキリ自覚しておきたい。

加藤紘一氏の実家全焼事件

「8月15日午後5時55分ごろ、山形県鶴岡市大東町、自民党の元幹事長加藤紘一氏(67)の実家から出火、木造2階建ての住宅と隣接する加藤氏の事務所計約340平方メートルが全焼した。現場には、男が腹部を切って倒れていた。鶴岡署はこの男が放火した後、割腹自殺を図ったとみて調べている。男は顔や口の中などにやけども負い、意識がない状態だといい、同署は回復を待って事情を聴く方針」

犯人は、右翼団体の一人との報道ですね。まだ確定は
していませんが・・。
この件に関して社説を展開したのは朝日と産経の2社。

「自分が気に入らないからといって、暴力に訴える。
 そんな卑劣な行為は断じて許すことができない。」(朝日)
「いずれも卑劣な言論封じのテロだ。いかなる理由が
 あるにせよ、民主主義社会でテロは絶対に許されない。」(産経)

確かにその通りだ。確かにその通りだが、これは「大国」と
「大国を憎むテロリスト」の関係と似ていないだろうか?
「大国」は自分中心で思い通りに「正義」の名の下に「戦争」
を仕掛ける・・そして、空爆で巻き添えで民間人を殺す。
「テロリスト」も自分中心で思い通りに「正義」の名の下に
「テロ」を仕掛ける・・もちろん、テロも民間人を殺す。
近代兵器を持つ「大国」に微弱な兵器しかない「テロリスト」
は空爆はできない・・。
となると「テロ」しか「大国」と戦う方法はないという側面を
持つ・・。アメリカの同時多発テロなどその典型的な例だろう。
今回、靖国参拝に関して、マスコミは「靖国参拝反対・
A級戦犯分祀・国立追悼施設推進派」の加藤紘一氏を
前面に出し、

「靖国参拝撲滅、A級戦犯分祀」

の一方向性のみの報道を繰り返した。これはマスコミ
という「大国」の一方的な「靖国参拝賛成」の言論封じの
「言論の暴力」とは考えられないだろうか?
となると、平等にマスコミで取り上げてもらう手段を
持たない立場の人間の言論は抹殺されていないだろうか?
加藤紘一氏は、天皇責任も含めて発言していましたから、
右翼系のターゲットになっていたという事は当然考えられる・・。

でも、この事件の最大なる原因はマスコミの「靖国参拝
賛成」側の報道を一切せず、加藤紘一氏一方向の
「靖国参拝反対」の報道かもしれないと思うのです。
そして、これを防ぐにはマスコミの常套手段の

「世論を操作すべく作為的な一方向報道」

をマスコミがやめ、平等な立場で報道するしか防ぐ方法は
ないのです。

小泉首相・靖国神社参拝

8月15日は小泉首相がきっちり参拝参拝した。
個人的には「よくぞ!やってくれた!」と評価したい。
テレビをつければ、4〜5日前からマスコミが
批判の嵐と加藤紘一氏&山崎拓氏ばかりが
画面に出まくっていて「A級戦犯、戦争責任」と
非常に腹ただしい・・。

日本では、すでに昭和28年に制定された
「遺族援護法」で、

「東京裁判においてのA級戦犯は元よりB級、
 C級戦犯と有罪とされた人を罪人とみなさない」

という事が全会一致で国会で議決され、明確に
示され、名誉回復がなされている。
マスコミに陽動され間違えてはいけないのが、
どこをどうみても日本には

「A級戦犯もB級、C級戦犯も存在しない」

のだ。さらに言うならば、その不当な東京裁判に
おいて、責任を取らなかったならともかく、
A級戦犯を始め、B級、C級戦犯・計1068人の
命を差し出し処刑をされた。
第二次世界大戦後、朝鮮戦争、ベトナム戦争、
湾岸戦争など数々の戦争において、敗戦国が
戦勝国に命を差し出し処刑をされた事など無い。
日本だけがそこまでの戦争責任を負わされた。
それでもマスコミは、加藤紘一氏&山崎拓氏は

「日本は戦争責任を果たしていない」
「A級戦犯が個人の罪を償っても日本の
 戦争責任は消えない」

とほざく・・。
自分がやったとする事で天皇を守ったのは
彼等なのに・・。

「自分が関係のない戦争だしぃ、死んじゃって
 いる奴らの事だしぃ、何でも言えちゃうよ!
 今は自民党で隅っこの方へ押しやられちゃった
 僕が表舞台に立てる唯一の機会なんだから!」
 
とでも言いたげに今のマスコミが「喜んで
流したくなる姿」を繰り返す・・。
日本には

「死を持って人を憎まず」
「死ねば仏」
「水に流す」

など、美しい寛容な考え方がある。
中国などは1000年も昔の売国奴、秦檜(しんかい)
の妻と共に頭を垂れている像に、未だにツバを
吐きかけ、子々孫々にまで妬み尽くし責任を
問い続ける文化がある。
その中国文化を中国は日本に押し付けてくるが、
内政干渉甚だしく、日本が合わせる必要など
一切無い・・。
靖国参拝はもう日本へは通用しないカードと
しなければ、いつまで謝り続け、お金を奪われる
国に成り下がるだけですから・・。
そして、今の価値観で裁いてはいけない・・。

もったいない・・

「任期満了に伴う長野県知事選は6日投開票され、無所属新人で前自民党衆院議員の村井仁氏(69)が、無所属の現職で3選を目指した田中康夫氏(50)を約7万8000票差で破り、初当選した。」

難しいね・・。
バリバリ保守の改革というのは・・。
村井氏 61万2725票 田中氏 53万4229票 と
約7万8000票差なのだから文句は言えない結果
だが、個人的には長野県民の判断は、

「もったいない・・」

有力支持者の講演会脱退、県議会の村井氏支持
という組織選挙に、県民からの結果がでないという事
&無党派層の支持離れ、そこへ岡谷の災害が起こった
事、さらにその災害の対策に追われ、公示日から
10日後にやっと選挙活動ができた、村井氏が
2001年第一次小泉内閣で国家公安員会・防災担当
大臣をやっていたので災害に希望を見込まれたなど
色々な要因が一気に重なった事による敗北という事
らしいが、

「常に県民からチェックされている知事でありたい、
 未来の子供達に、借金の山やダムのコンクリートの
 残骸を残さない県、緑を残し福祉や教育という人が
 人らしく生きる事を推進していこう」

と40年にわたり赤字を出し続けた長野県政を6年連続
で黒字を計上、昨年は42億円の黒字とな・・。
メインの「脱ダム」の方向性も、新潟などは、その
「ダム路線」をやめ、「遊水池」の方向性を打ち出し、
それでも危険とされる区域の住民にはお金を出し、
別な所へ転居する事を進めている。

こうして先に新潟をはじめ動き出している「脱ダム」路線
は決して間違っていない。村井氏はダムを作るらしい。
あんな岡谷の洪水のような雨が降ったらダムなんて
決壊を防ぐために、結局は放流するしかない。

許容量を超えた場合は、洪水が起こるのは一緒なので
ある。さらに田中氏は、

「政治家への見返りの社会から、志の社会へ。
 そうしないと借金は消えない」

本当にその通りだ。しかし、

「理念は良いが、手法(県議会と対立など話し合いが
 できていない)が悪い」

と有力支持者が去ってゆく。
41年間は条例や予算は1回も否決されずに、すんなり
通っている。赤字になってもお構いなしの各方向に
見返りが期待できる予算と条例だった訳ですから
当たり前だ。
自分がやめた後の赤字など、自分が死んだ後の
子供達の苦しみなど、知ったこっちゃないですからね(笑)
それが、田中氏が知事になり、県議会議員の
自分たちへの見返りが消えてしまう予算と条例に
なった途端、この6年は否決ばかり・・。
未来の子供達の事を考えているのではなく、
まだまだ今の自分の事ばかりを考えている
県議会議員が多い証拠であろう。

田中氏のやってきた事が理解されるのは10年後、
20年後の今の子供達が大きくなった時だ。
いずれにしても、選出はされてしまった。

さあ、長野県民の村井氏の選択は
「吉」と出るか?「凶」と出るか?
「もったいない」を覆して欲しいものだ。

週刊新潮!キタ━(゜∀゜)━!

ファイル 730-2.jpg

ここ「きょうのひとこと」の7月31日「メモの一番下にカギがある」
と7月21日「富田メモ」で書いた通り、今週の8月3日発売の
「週刊新潮」が

「昭和天皇・富田メモは世紀の大誤報か?〜徳川侍従長の
 発言とそっくりだった!」

とトップの扱い!そりゃそうだ。メモの一番下に「関連質問」と
ある事だけでも徳川氏の会見のメモである事は濃厚だ。

それプラス、徳川氏の当時の会見時の内容とソックリ
なんですから、日本経済新聞はきっちり証拠を出して、
どこをどう精査して

「昭和天皇が不快感」

だったのか?反論しないと、いけないでしょう!(゚-゚)b
悪いがしっかりとした資料を出し、反論しないと

「意図的大誤報」

という国民を意図的に陥れた極悪新聞社として、
日本経済新聞つぶれますよん!
個人的には、本当に資料があるのならば、この記事に
合わせて紙面で反論を展開する事ができたはず。
だって、こうなる事は予想できたはずですからね。
でも、やれていないという事は、そんな資料はなく、
あの富田メモひとつで、その見出しをつけた線が
濃厚とみている。さあ、どうする日本経済新聞!

せめて遺族くらいは正しい判断を・・

「日本遺族会(会長、古賀誠・自民党元幹事長)は7月2日、靖国神社に
 祭られているA級戦犯の分祀(ぶんし)の是非について、検討会を
 設置する方針を固めた。同日午後の正副会長会議で古賀氏が提案し、
 副会長らも応じる見通しだ。靖国神社は「分祀はできない」として
 いるが、最大の支援組織である遺族会で分祀の検討が始まれば、対応
 を迫られることは必至だ。古賀氏は5月末、遺族会の役員会でも分祀
 検討の必要性を提起したが、その時は突然だったこともあり、幹部
 たちから戸惑いと反発の声が多かったという。しかし、その後、
 昭和天皇がA級戦犯合祀に「不快感」を示していた元側近のメモが
 発見されたことで、会内にも動揺が広がり、幹部の間で「BC級戦犯
 の分祀にまで及ばないのであれば、A級戦犯の分祀については話し合う
 ことも必要ではないか」との意見が増えているという。」

遺族会会長の古賀氏は、靖国神社の総代を7/4に辞任し、
中国へ渡り、中国共産党幹部との会談、さらに中国共産党
の反日感情を自国民に植え付けるため嘘の情報を流し、
日本を陥れるために作られたプロパガンダ施設
「南京大虐殺記念館」を訪れ、献花をしているだけでなく、

「(過去を忘れず未来を大事にするという) 中国側の
 姿勢に心の豊かさを感じた」

と発言、この古賀氏の変貌ぶり、強気な発言の裏側
には、きっと中国共産党から

「A級戦犯の分祀すれば、BC級戦犯の分祀にまで
 文句はいわない」

という約束を交わしているのだと思われる。
そして、まるで徳川氏の会見のメモ(最後に 関連質問
とある)っぽいモノを「天皇メモ」として 日経に流し、
今の所、 古賀氏の思惑通りといった所だろう・・。

帰国後、そのメモに対し、

「大御心 (おおみこころ)に胸を打たれた。私だけでなく
 遺族の気持ち だと思う。(メモが偽物という)とんでもない
 議論があるのは 許せない」

と述べるという中国にシナリオを渡されたかのような
完全に「中国の犬」と化してしまいました。

なぜこんな人物が 遺族会の会長なのか?

疑問を通り超え、遺族会を不憫にさえ 思うのです・・。
しかし、ABCは罪の重さの違いではない事は今や
あたりまえなのに、 未だにAを一番悪者にする
世論操作は一体なんなんだ?
自分たちで首を絞め合うのでなく、遺族くらいは
冷静に正しい判断をして欲しい・・。

メモの一番下にカギがある

ファイル 725-1.jpg

「自民党の古賀誠元幹事長(日本遺族会会長)は
 30日午前、テレビ朝日の番組に出演し、昭和天皇が
 A級戦犯合祀(ごうし)に不快感を示したとされるメモ
 の信ぴょう性を疑う意見があることについて、
 <とんでもない議論があるのは残念。昭和天皇や
 英霊に対してもそういう議論は許せない>と厳しく
 批判した。」

あのメモは徳川義寛氏が過去に発言した内容と
同じだからね・・。
だから信ぴょう性が疑われている訳で・・。
さらに、あのメモの一番下には「関連質問」と
書かれている。(赤丸部分)となると、徳川義寛氏の
記者会見のメモである事が濃厚なのだ。
昭和天皇の言葉を書き留めただけなら「関連質問」
などある訳がない。
メモの信ぴょう性を疑う意見が出て当然なのだ。
もし、徳川義寛氏の記者会見のメモであったのなら、

「日本経済新聞の世紀の大誤報」

ですからね。そもそも古賀氏から日本経済新聞
への発信という疑いもある訳ですから、古賀氏が
それを「とんでもない論議」と斬り捨てるならば、
それを「とんでもない論議」だと証明するべく、
日本経済新聞に、あの手帳や日記を隠すのではなく、
誰もが検証できるようにように堂々と発表する圧力を
かけて下さいよ。

また、そんな圧力がなくても、これだけの世論影響
があった訳ですから、日本経済新聞は

「A級戦犯に不快感」

とまでハッキリと書いたからには、あのメモの他に
「不快感があった」という資料があり裏付け取れて
いるはず・・。
まさか、あのメモだけでその見出しにしたのだと
したならば、とんでもない事ですからね・・。

となれば、その見出しをハッキリ書けるだけの資料
を出す義務がある。という事は、あの手帳や日記、
メモ類を誰もが検証できるようにようにするしか、
納得できる事はない。日本経済新聞はただちに
資料を開示せよ!!

富田メモ

ファイル 718-2.jpg

*********************
「 ■富田朝彦氏メモ靖国部分の全文■
 <私は 或る時に、A級が合祀されその上 松岡、白取までもが、筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが松平の子の今の宮司がどう考えたのか 易々と松平は 平和に強い考があったと思うのに 親の心子知らずと思っているだから 私あれ以来参拝していない それが私の心だ(原文のまま)>
と、富田朝彦・元宮内庁長官が残していた靖国神社A級戦犯合祀(ごうし)への昭和天皇の不快感。さらに、合祀した靖国神社宮司へ「親の心子知らず」と批判を投げかけた。昭和天皇が亡くなる1年前に記されたメモには強い意思が示され、遺族らは戸惑い、昭和史研究者は驚きを隠さない。A級戦犯分祀論や、小泉純一郎首相の参拝問題にどのような影響を与えるのか。 」
*********************
と、日本経済新聞によりスクープの様相で日本中に流れた。
反小泉、反靖国参拝で偏向報道するとこうなる典型的な
報道だ・・。
ツッコミどころはたくさんあるが、まず始めに、勘違いしては
いけないのが、メモは

「宮内庁長官であった富田朝彦氏が書いた」

とされているものであって

「昭和天皇自らが記したもの」

ではない。
決して直筆ではないのだ。これを間違えている人が多い。
さらに、文中の「私」が誰であるかわからないんですが?
そしてそれが、昭和天皇を指すという証拠がない。
また百歩譲って、仮に昭和天皇の残した本当の言葉
だとしよう・・昭和天皇は今までに「公」ではそのような
発言は一切していないにもかかわらず、故人の意思で
これを公表せよ!とされていたものなのか?
さらに、仮に公表せよ!と望んでいたとして、内々の話を
このような形で、

「外交・政治・世論操作」

に使われることを望んでいたのか?
しかも、なぜこの時期に?日本経済新聞から?
どう考えても、首相の靖国参拝を辞めさせたい力の所
から意図的である事がみえみえである・・。
そして昨日、中国外務省は、

「われわれの中日関係発展に対する態度は明確かつ
 一貫しており、中日関係発展にとっての障害が
 早期に除去されることを希望する」

とのコメントを出してきた。もう政治的世論操作の
思惑通りだ・・。
まあ、実際にはメモの内容自体は、侍従長(天皇に
側近奉仕する文官)であった徳川義寛氏が過去に
発言した事のある内容なので、特に目新しいもの
ではない・・。

ただ、その時も、徳川氏はいわゆる「A級戦犯合祀
はおかしい」と自分の言葉として言ったのであって、
昭和天皇の言葉であったと発言した訳ではなかった。
メモ貼りだらけの手帳らしいが、ぜひ他のページも
公表をして頂きたい。

靖国の部分だけ、私が誰かわからない、本当の
発言かもわからないメモを外交・政治・世論操作
のために一人歩きさせるのはやめてほしい。

横浜市・朝鮮総連の税減免を取りやめ

「横浜市の中田宏市長は7月12日の定例記者会見で、北朝鮮の
 弾道ミサイル発射に伴い、市内にある在日本朝鮮人総連合会
 (朝鮮総連)の全10施設に対する今年度の固定資産税などの
 減免措置を取りやめることを明らかにした。ミサイル発射後に
 減免措置の取りやめを決めたのは、全国で同市が初めてという」

すばらしい!中田市長。
そもそも拉致が発覚した時点で、朝鮮総連などの減税措置など
やめるべきだった。 減税すれば浮いた分、貧しい国民に食料を
供給したりするならともかく、北朝鮮はミサイルとか核爆弾を
作る金にされちゃいますからそもそも、減税などする必要もない。
キッチリとるべし!
さらに、在日朝鮮人が本名と通名を使いわけて口座を2つ作り、
堂々とやっている脱税にも徹底的にメスを入れてガンガン
やってくれ!>中田市長!

やはりそうなったか・・

北朝鮮のミサイル発射において、中国・ロシアが日本の
強硬な制裁に難色を示し、反対の立場取っている。
ここで制裁を受けず、中国・ロシアが反対し、議長声明
になる動きが出てきた以上、必ず出てくるであろう、

「ミサイル練習」

という言い訳においての軍備強化。
着々と、核武装、ミサイル武装を強化しているインドで、
7月9日に

「長距離弾道ミサイル<アグニ3>発射実験」

を行った。そりゃ撃つだろう。だって「ミサイル練習」
と言えば、なんと7発もガンガン撃っても国連が制裁
するにも、ひとつにまとまらないという異常な事態な訳で

「やったもん勝ち!」

という事。そして、本気でミサイルを撃てば、逆に、

「こういうミサイルを持って発射する事もできるよ!」

と世界へのアピールにもなり、自国を攻めようとして
いる国があっても

「抑止力」

にもなる。さらに、核兵器を作れば、

「それを撃ちません」

と言っただけで、近隣各国が譲歩して支援を約束してくれる。
これじゃぁ、どこも核兵器もミサイルも 作るよね。
まあ、北朝鮮よりも、アメリカが自分たちは 核兵器も
ミサイルも放棄しないのに、他国へは放棄を要請する
態度が 一番気に入らないけど・・(笑)

北朝鮮への制裁に不服

強気に出られない日本。日本だけで制裁しても効果がない
のかもしれないが、そこには、当たり前だが戦争を開始
されちゃ困るという意図が見え隠れしている。
しかし、世界はそこをきっちり攻めてくる。
今回の北朝鮮のミサイル発射で日本の防衛がいかに手薄
か露呈した。
まず、ビックリは日本には迎撃ミサイルすら無いという事。
北朝鮮のミサイルは発射から4〜5分で日本へ着弾する程
のミサイルなのに、日本政府は、3時間たっても結論は
おろか、どういう状況か?すら把握できないという事・・。
有事の際には何も準備されていない全てアメリカ頼りで
あるという事・・恐ろしい・・。
こんなバカな国が隣接している事に、今回の事件で目覚め、
自衛のための軍隊が必要である事、憲法の第九条を相手
から攻撃、または威嚇されたら攻撃ができるように
書き換える事に今回目覚めなかったら、日本はいつ「危機」
に目覚めるんだよ!ヽ(`Д´)ノ

今回の北朝鮮への制裁9項目も、

1.ミサイルの開発中止などを要求。(前からそう言って
 いたって、現にたくさん作っているじゃないか!
 こんなの制裁じゃないだろう・・)
2.万景峰(マンギョンボン)号の半年間の入港を禁止。
 (全ての日本の港への着岸をやめさせなきゃ全然
  意味無し。悪い事は小さな北朝鮮の船の方が
  やっているんだから)
3.原則として、北朝鮮当局署億陰の入国を求めない。
 (こんなのは当間だけど、原則って何よ?原則って?)
4.在日の北朝鮮当局職員による北朝鮮を渡航先とした
 再入国を認めない。(こんな奴ら、もう行ったきり
 永遠に入国させるな!)
5.日本の国家公務員の渡航見合わせ、日本からの一般
 の渡航自粛。(当たり前であり、こんなのは制裁
 ではない)
6.航空チャーター便の乗り入れ禁止。(当たり前であり、
 こんなの北朝鮮は痛くも痒くもないのでは?)
7.ミサイル、核兵器などの輸出管理措置の厳格化
 (はぁ?今までそうじゃなかったの?)
8.不法行為などに対する厳格を法執行。(これも、
 はぁ?である。こんな事は制裁でも何でもなく
 当たり前だろう)
9.今後の動向を見つつ、さらなる措置の検討。

という超生ぬるい制裁。動向なんて待たなくていいから、
送金停止、輸出入禁止、在日北朝鮮関連全ての項目への
日本からの補助打ち切り等、速攻やれっつうの!

それでさえも、事の重大さに気付いていない北朝鮮国連
代表・ハン・ソンリョル次席大使は

「今回のミサイル発射は通常の軍事演習である。
 制裁は戦争行為と同じであり、もし制裁が発動される
 事があれば、全面的な対抗措置をする」

という身勝手なもの。さらに、朝鮮総連は

「万景峰号の半年間の入港禁止を、即、やめるように」

という謝罪の言葉もなく、自分の事だけをこのタイミング
で発言する頭の悪さ。
頭の悪いバカ親と、頭の悪いバカ息子の話を聞いているようだ。

北朝鮮ミサイル発射

無謀にも10発のミサイルを発射した。とんでもない国だ。
アメリカを交渉の場に引きずり出すために、今日の

「アメリカの独立記念日にぶつけてきた!」

などと言われているが、お粗末なのは、日本のミサイル
の把握だ・・全部がアメリカ頼りのようで、何発発射
されたかもわからないというお粗末さ・・。
3時間経ってもミサイルへの解決策ができないつうのも
大変お粗末・・3時間っていったら、じっさいに攻めて
きたら壊滅状態になる。
あんなにテポドンに燃料が入ったみたいだ!という情報
が前からきているのに、何も考えていなかったという
ようにしか見えない。
こんなに時間はあったんだから、もしもの有事の際の
事はとっとと決めておけよ。
ミサイルが発射されたら、対空ミサイルを即座に撃って、
即座に経済措置を取る・・経済措置も、外交を断絶、
朝鮮総連国外退出命令くらいの徹底的な措置を
きっちり行う位の強気で攻めて欲しいなぁ・・。

さらに竹島。まるで北のミサイル発射にぶつけてきた
ような様相になったが、これも調査船が発進した時点で、
日本もイージス艦でも護衛に付けて、日本の調査船を
即座に発進させて、同じ土俵で戦艦を突きつけて、

「いつもニコニコしていると思ったら大きな間違いだぞ!」

と言う状況で話し合わなかったら、相手は何度でも
日本をなめてやってくるのは当たり前だろう。
日本は撃ってこない事を知っているんだから・・。
でも、日本は

「遺憾である」

という呪文を唱え続ける・・。
韓国は竹島の調査を終え、じゃあ、日本が竹島に
調査船を出すと、

「拿捕(だほ)」

するとまた脅かされて「きゃぁ〜〜〜」って帰って
来るだけ・・なんともお粗末な外交である。
平和ボケの日本・・今回の件を見せつけられてもまだ、
軍隊はいらないのか?戦争放棄の皆さん。
自分たちの肉親でも死なないとわからないのか?

「話し合いを・・話し合いを・・」

話し合いでなんとかなるなら世界に戦争など起こらない。
なぜなら戦争は外交の手段であるからだ。
全ての国が自分たちと同じと思ってはいけない。

国立追悼施設&A級戦犯分祀

嫌な流れだ。自民、公明、民主3党の有志議員たち&
朝日新聞を中心に

「だれもがわだかまりなく戦没者を追悼し、平和を祈る
 ための国立の施設を造るべきだ」

と大切な事は隠したまま、ただ「A級戦犯はいけない!」
と声高に世論を導くべく動きになってきた。
先日の朝日新聞の社説「追悼施設 この提言を生かしたい」
でも、

「小泉首相が靖国神社参拝を始めて5年。国内外で
 大きな論争を呼び、中国や韓国との関係は険しさを増す。
 これに危機感を抱き、打開するための方策を探ろうと、
 山崎拓・前自民党副総裁らの呼びかけで発足したのが
 「国立追悼施設を考える会」だった。」

とすぐに論議のすり替えを行う。
おいおい、関係が厳しくなったのは小泉首相が靖国神社
参拝を始めたからではない。
中国と韓国が外交的にも自国的にも一昔前とは違い、
力を付けた一方、日本は中国と韓国からどんな事を
されても、怒らず、外交的に手を打たず、詳しく調べも
せずにすぐに中国と韓国の言うとおりに謝罪をし、軍隊
も持たず、絶対に攻撃してはこない国だとわかっている
からだ。

現に靖国だけでなく、竹島だって、ガス田だって、
日本が何もしてこない事をわかっているから、

「やれるもんならやってみろ!べ〜〜だ!」

と弱い者(日本)をバカにし、自分たちが強い者で
あると認識した上での行動である。

「提言で注目したいのは、首相の靖国参拝について
 <憲法違反の疑義がある>と明記したことだ。」

これは「政教分離」の事を言いたいのだろうが、日本では、
これに関しては

「参拝は宗教的行為ではなく、習俗的行為であるから
 政教分離原則には抵触しない」

とする説と、

「参拝は宗教的行為であるから問題である」

とする説が対立している。

しかし、そもそも「政教分離」というものは、個人の信教の
自由を守る為にある。露骨な国家による特定宗教への
弾圧や財政支援ではない以上、関係ない。
それ以前にどのような文化でも多かれ少なかれ、宗教的
要素は持っている。
その中で、宗教的に「中立」である事を示すのは、個人や
団体にとって困難であるのは事実であろう。
靖国うんぬんよりも、公明党と創価学会の癒着や、宗教系
の学校に国がお金を出す事、宗教に絡んでいる国宝の
保全に国がお金を出す事の方がよっぽど「政教分離」に
大きくかかわる事なはずだ。

なぜ、首相の靖国参拝だけを叩くんだ?

そう・・これがマスコミの怖さなのである。
結論を言わせてもらえば上記の事を避けられない以上、
「政教分離」など絶対にできるはずがないのだ。

さらに朝日は続ける。

「提言にある新たな国立施設では、訪れた人がそれぞれ
 思い描く戦没者を、望む形式で追悼する。対象は戦死
 した兵士に限られないし、どんな宗教・宗派の形式でも
 構わないということだろう。私たちもこの考え方に賛成だ。」

おいおい、これは非常に恐ろしい事だ。
訪れた人が好き勝手にして良いという事か?
戦没者達は、こんなものを望んでいると本当に
思っているのか?┐('〜`;)┌
極端な事を言ったら、今後「ビール教」という宗教が
出てきて、みんなでビールをかけあって騒ぐ事が
追悼だ!というバカな宗教が出てきたとしても
認めるという事か?

バカ言ってんじゃないよ。
もう支離滅裂である。

すると、そうした奴らは

「そんなバカげた事はさせない!手を合わせるなど
 きちんとしたルールを作る」

と言い出すはずだ。そのルールを強制する事になった
時点で

「新興宗教」

だつうの!
この事からしても、どう転んでも「政教分離」など
できるはずがないのだ。
基盤となるルールは必要である以上、神道なら神道、
仏教なら仏教と、日本古来の何か「宗教」に頼った
「神聖なる儀式」とされるものが必ず必要なのである。

「中国などの横やりに屈するのか、といった不満も
 あるかもしれない。だが、これはもとより日本の国が
 自ら考えるべき問題である。同時に、それは近隣国
 やかつての敵国の人々の共感を得られるもので
 なければならない。平和国家として世界に貢献して
 いくという日本の戦略も、それなしには説得力を
 欠くからだ。」

これはおかしい。
原爆を落として大虐殺をしたアメリカは原爆を落とした
人間を祀ったアーリントンを大統領も参拝する。
でも、世界は何も言わないじゃないか?
でも、アメリカはちゃんと世界の中心でいばっている!
以前にも書いたが、それは答えは簡単である。
「勝戦国で世界一の軍隊」を持っているからである。

要は、先にも書いたように、日本には軍隊もなく、
攻撃もしてこない戦争放棄の国であるから、世界では
怖くもなんともない!というレベルの国なのだ。
それ以前に、軍隊を持たない日本を世界は「クレイジー」
だとしか思っていない。
だからいつまでも「いちゃもん」をつけられるのだ。
ただ、一応、世界一の軍隊を持つアメリカが後ろ盾で
いるのと、金だけは持っていて、頼むとホイホイと出して
くれるから、みんな、仕方なく仲間に入れてあげている
という、よくクラスにいた「お金持ちの息子」みたいな
レベルなだけである事を、我々は自覚しないといけない・・。

「やはり靖国神社こそが唯一の追悼の場だ、とこだわる
 人たちもいる。自民党内でこのところ、靖国神社に
 A級戦犯の分祀を促す声が高まっている。
 そうすれば首相の参拝に支障がなくなるというのだが、
 それを神社に強制はできないし、現に神社側は拒んでいる。
 どう実現させるのか、具体的な道筋を示せなければ、
 分祀論といっても現状を放置するに等しい。」

それは、当時は日本も国主導で無茶苦茶だったとしても、
残された遺書や資料や、生き残った人達から、靖国神社
こそが戦死者たちが

「靖国で会おう!」

と望んだ場所なのを神社は知っているからである。

「A級戦犯さん達よ!余計な事してくれたな!今の我々に
 あんたらの魂は邪魔なんで靖国にはいてもらっちゃ
 困るのよ!お前らはとっとと新たな国立施設へ行けつうの!」

と現在の我々の価値観を押し付けるのか?
そうだとしたら酷い民族である。

そそそ、中国においてビジネスをしている方々の話を
色々と聞いてみると、おもしろい事がわかる。

「中国の会社と靖国問題でビジネスが決裂した事は
 一度もない」
「中国では、靖国問題など普段語られてもいない。」
「中国では、靖国問題なんて知らない人がほとんど」
「ただ、暴動の時は困る」
「暴動も普通の中国人からみると共産党員の人達が
 騒いでいるなぁと思うだけ」

などなど、実は、ビジネスをしている人々は、靖国問題など

「どこ吹く風?」

状態なのだ。ここで気付かないだろうか?普通の中国人は
何も感じていなくて、中国役人の共産党員と、両親を
中国役人に持つ共産党員の子供だけが問題にしている
という構図をだ・・。

さらに、靖国問題を運動している中国人や韓国人のうち、
靖国にはA級戦犯の遺骨も遺影も無い、ただ日本人が
信じている「心の中に存在する<魂>のより所」であるだけ
の施設である事を、何人が知っているのだろうか?

日本で言う「魂」を信じない中国人、韓国人が、それを
理解して反対しているとは到底思えないのである。
仮に、それを知って靖国問題を運動している中国人や
韓国人がいたとしたならば、本来は

「靖国には霊などいない!」

と反対すれば良い訳で

「A級戦犯を分祀しろ!」

と言うならば、それは

「靖国にきちんと霊がいる!」

と信じている実は

「熱心な靖国信者」

であるという事になる。だから、どこをどうみても、完全に
靖国は中国&韓国の政治カードでしかないのだ。
日本軍が強制連行をした資料がひとつもないのに、
従軍慰安婦問題として元慰安婦の証言の裏付けもとらずに、
「そこまで言っているなら本当だろう・・」と謝罪をして、
河野外相は先祖を「極悪人」に仕立て上げた。
中国&韓国の外交政策のために、我々の今の価値観で、
ここで再び同じように先祖を「極悪人」にしてはいけないのだ。

卒業式「君が代」反対事件判決

「2004年3月の東京都立板橋高校の卒業式で、日の丸・
 君が代反対のビラを配り、君が代斉唱時の起立に
 反対して式の進行を妨害したとして、威力業務妨害罪
 に問われた元同校教諭、藤田勝久被告(65)に対し、
 東京地裁は5月30日、罰金20万円(求刑・懲役8月)
 を言い渡した。」

この元先生、論理の先生で生徒達にはすこぶる評判が
良いらしい・・。
そのため、この卒業式の時点では既に3年前に退職して
いたが、来賓として招かれ卒業式に出席していた。
実際にはこの卒業式の顛末をTBSの「報道特集」が見事に
撮影していますから、あらかじめこの藤田元教諭により
依頼されて、TBSがつるみ、藤田元教諭の政治主張の
ために仕組まれた卒業式
と考えるのが妥当だろう・・・。

検察側は「威力業務妨害罪」しか、適用されにくい
ために、それで起訴した感はある。
しかし、腹が立つのは、正しい正しくないは別にして、
自分の政治主張をするために「卒業式」という式典を
政治活動の場にする
という考え方だ。

【藤田元教諭はその卒業式で、式の開始前に、日の丸・
 君が代問題を特集した週刊誌<サンデー毎日>の
 記事を保護者に配布し、さらに保護者席に向かって
 <この卒業式は異常です。君が代斉唱の時、教職員
 が立って歌わないと処分されます。できたら着席を
 お願いします。>と呼びかけた。】

というのは藤田元教諭も認めている。
藤田元教諭はそりゃぁ自分の政治主張ができた訳
だから、さそかしご満悦だろう・・。
しかし東京都の指導以前に、式典において

【座って国歌斉唱をする事】

が本当に良い教育なのか?そして、そんなにまでして、
【座って国歌斉唱をする事】を子供達に教えるべき事
なのか?
>藤田元教諭。

さらには、【異常な卒業式】と藤田元教諭は言うが、
学校内の卒業生や父兄の中にはもちろん藤田元教諭
を支持する

【座って国歌斉唱をする】派

と、学校を支持する

【きちんと立って国歌斉唱をする】派

に分かれるはずだ。それを生徒達、父兄達の中で、

「あいつ立っていたよ!」
「あいつ座っていたよ!」
「あの奥さん、立っていたわ!」
「あの奥さん、座っていたわ!」

分裂させ、後味の悪いものにする3年間の集大成
の卒業式の方が、教育の立場としてよっぽど異常
ではないのか?

実際にはこの板橋高校だけ例外でなく、今年も、

【東京都教委は3/24に今春の卒業式で君が代
 斉唱時に起立しなかったとして、都立高校
 教員ら約50人を懲戒処分する方針を決めた】

という報道があった。

・・当たり前である・・。
あらかじめ公務員になる前に東京都の公務員なら
東京都の方針に従わなければならない事はわかって
いたはず
である・・。
それ以前に、そもそもこういう反日活動のような事
を公僕の立場である【公務員】がやる事に腹が立つ!
その「職務命令」がイヤなら公務員やめろよ!
どうしても教鞭を取りたいのなら、自分の思想に
合う私学でも探して頂いて教鞭を取ればよい!
そしてその反発している東京都から金もらうな!
生活させてもらうな!
国旗掲揚と、国歌斉唱の無いところへゆけ!
都合のよい事は恩恵を受け、自分のイヤな事は
守られた所で反発する・・。
心のどこかに、そういう主張をしても、公務員
だから大した罰もなく、きちんとお金がもらえ、
クビにもならず、恩恵を受けられる事をわかって
いる
のだ・・本当に卑怯だ。

親は先生に「ある方向」に洗脳される事は望んで
いない・・さらに言うならば

【公務中(税金で給料を受け取っている時間)】

に政治活動などして欲しくない・・。
子供が自分で色々な方向の知識を知り自分で
大人になって判断するならともかく、教室
という限られたスペースで、一方向のマインド
コントロールを行い、公共の場で卑怯な自分の
主張をする事は教えて欲しくない・・迷惑だ!!

ある学校の卒業式では、生徒が

【教育委員会の人達!先生をいじめないで下さい!】

と壇上で言い放った・・。
典型的な先生のマインドコントロールだ。
相手が反論できない所で主張をする最も卑怯な手だ。

先生を好きな生徒達が一丸となった場合、クラス
全体が<先生に賛同しよう!>となった時に、
一人だけ<私は起立するべき>という生徒がいた
としたら、その生徒は一人だけ立つ事ができる
だろうか?余程の事がない限り、普通は立つ事は
できまい・・。

確かに【君が代】は【天皇が治める世が、永遠に
続くように】という天皇を【奉る】歌ではあるが、
天皇に【忠実を誓う】歌ではない
・・。
今現在、まだ天皇が【象徴】で、なおかつ天皇に
関するものだけは国として徹底的に【敬語】が
駆使されている以上は、極端におかしなもの
ではない
・・。
平成11年までは【君が代】が法律によって国歌
とは厳密には定められてはいなかったし、実は
【日の丸】も法律によって正式に国旗と
定められてはいなかった。

しかし、平成11年8月13日に公布、施行、
【国旗及び国歌に関する法律】ではきちんと、

【君が代】が【国歌】
【日の丸】が【国旗】

となった。
普通はどの国でも【国旗】【国歌】に敬意を払う
思想教育をする事は、世界的に考えても必要常識
である。

という事は、教育の場で国旗、国歌に敬意を払う
思想教育は当然出てくる・・。
そこに自由を求める思想はおかしい・・。
【国旗】【国歌】を知らない!けなしたい!
捨てたい!やぶりたい!なんて国民が思うように
なる国なんていうのは困りますからね・・。
それをすぐに国歌斉唱も国旗掲揚も一斉に起立
する行為も軍国主義&戦争に、即、つなげてくる
短絡的政治手法は右翼だとか左翼だとかは別に
しても【異常】な思想である・・。

ここで勘違いしてはいけないのが、実際には
日本の【国旗】が【日の丸】だから、【国歌】が
【君が代】だから戦争になった訳ではない
・・。
【国旗】【国歌】を恨むのはお門違いだ。
少なくとも、【国旗】【国歌】に敬意を払う方向へ
導いていくのが先生に限らず、上に立つ人間の姿
だろう・・。

それにしても、国歌斉唱と国旗掲揚が問題になって
いる国なんて、世界中探しても日本以外にあるのか?
素人には見つけられない位に異常な事態だ。

先日、オリンピックの陸上・日本代表の為末選手
が語っていた。

【オリンピックで他国の国旗が揚がるときに、
 日本人は平気で座っていて、他国から不敬だと
 言われる事がある。】
【愛国心がない人は、他国に対する敬意も示せ
 ないんじゃないでしょうか?】

世界を見ている人からみると、日本国民はこんなにも
おかしいのである・・・。
しかし、恐ろしいのはそれを日本人がおかしいと
思っていない教育をされているという事なのだ。

櫻井よしこさんが、現行の教育基本法の問題点を
的確に述べている。

【現行の教育基本法の問題点は、全てにおいて
 個人を強調しすぎ、家庭や家族を置き去りに
 したこと、現場を強調しすぎ、教育行政への
 国の関与を〝不当な支配〟として排除しよう
 としたこと、日本国民を抱きとめ、守り育てる
 大きな枠組みとしての国家や、国家を構成する
 歴史や文明、穏やかで謙虚な精神文明の生成に
 大きな役割をはたした宗教心の重要性を無視して、
 まるで人間はみな突然、ひとりでこの世に生れ、
 ひとりで成長したかのように位置づけたことだ。
 その結果、個人はバラバラの存在となり、家庭や
 家族、故郷や国から切り離されていった。】

その通りである。今後発表される【新・教育基本法】
に期待したい・・。
それ以前に、先生達よ、お願いだから世界に
恥ずかしくない教育を行ってくれ!頼むから!