記事一覧

ハンガー詐欺

ホテル関係では有名なある事件があった。21都道府県にも渡り、
42件のホテル詐欺事件。その名も

「ハンガー詐欺」(笑)

住所不定、無職、阿部信悟容疑者(31)は、自分で宿泊した部屋の
ハンガーを、あらかじめ傷付けておき、

「洋服をハンガーに掛けた所、出すときに破れてしまった。
 高級ブランドのこのTシャツは海外で買ったもので6万円もする!」

という事で、宿泊代を無料にしてもらうという手口。
しかし、そんなに簡単にホテル側は「無料」にするのだろうか?という
疑問が出てくる。そこまでのやりとりを聞くとなかなかおもしろい。

ホテル側 「服を一度預かって、同じ服を弁償します。」
阿部容疑者「服はこれしか持っていないし、妻にも怒られるので、
      1日に使えるお金が2000円だから新しい服も買えない」
ホテル側 「ではホテルで別の服をご用意します。」
阿部容疑者「服の趣味もあるので自分の服しか着ないし、妻から
      プレゼントされた大切なものだから渡せない」
ホテル側 「(ホテル側はあきらめて)ではホテルのご宿泊代を
      無料にします。」

という経緯らしい。
ホテルだってバカじゃないから、簡単に無料にはしない。

「あ・や・し・い」

という事でそれなりに色々と交渉するが、サービス業ゆえ「深追い」
はできないという事なのだ。同じサービス業としてホテル側の
心情は察するものがある。

そして、この阿部容疑者、妻はいない独身で、犯罪の動機が

「全国の主な都市に行ってみたかった」

というのだから笑える。(笑)でもお茶目な所もあり、この事件が
発覚後、各ホテルには

「ごめんなさい。ハンガー代は弁償します。」

という手紙が届いているそうだ。でも、弁償は「ハンガー代」だけで、
宿泊代の事には触れておらず、宿泊代は払う気がないらしい・・(笑)

とうとう・・・

堀江社長及び他3人の逮捕・・・
やはり「東京地検特捜部」が動いたというのは、

「本丸(堀江社長)の逮捕」

だった事は想像がついていたので、当然というか、冷静に
 
「思ったより逮捕が早かったな」

と感じた。不正システムを宮内取締役が発案し、堀江社長が
了承・指示したという宮内取締役の自白、不正をわかりながらの
堀江社長の了承・指示のメールがみつかったという事なので、
逮捕は当然だろう。

その前に、衝撃だった、ライブドア関連企業のエイチ・エス証券の
野口英昭副社長(38)が、那覇市のカプセルホテル客室で、

「首の両側」
「両手首」
「両腕」
「腹」

を切り裂いての自殺との報道・・・。壮絶だ。
本当に自殺だとしたら、絶対に生き返らない!という決意が伝わる・・。
しかし、なぜ、非常ベルを鳴らしたのか?なぜ、沖縄なのか?
なぜ、偽名で泊まっているのか?など不明な事も多い・・。
さらに、自分でこれだけの箇所を「切る」事ができるものなのか?
ここまで壮絶に自殺しなければならないほどの事だったのか?
素人目にみても不可解な感じがした・・。

「殺人」

の方向性も含めての捜査が行われなかった所をみると、どこからみても
「自殺」の線が「濃厚」なのだろう・・。
ただ、故人の野口副社長のせいにだけはしてはいけないと感じていた。
いずれにしろ、解明はまだ始まったばかりだ・・・。

フィギュア買ってくれないんだもん

おいおいおい・・・の事件だ・・。(-_-;)

「1月13日の午前1時半ごろ、深谷市稲荷町の市川貴男さん宅の
 木造2階建て住宅約115平方メートルが全焼」
 
その燃えた原因を作ったのが、同居している息子の市川寛幸容疑者
(無職・27歳)。驚くべきなのは、その理由だ。

「母親に『フィギュア(人形)を買ってほしい』と頼んだが断られて
 けんかになり、腹いせにライターで火をつけた」
 
困っちゃうよなぁ・・こんな27歳・・・┐('〜`;)┌
さらに、27歳で無職・・いわゆるニートだ。フィギュアなんて買って
のうのうとしている場合じゃないだろう・・。重ねて、お母さんに
 
「人形買って・・」
 
とおねだりしている27歳の姿・・ゾッとする。
そして、いくら腹が立ったからと言って、
 
「布団に火をつけて燃やしたらどういう事になるのか?」
 
を想像も出来ず、見境無く行動に移す
 
「幼稚さ」
 
は、大人になれずに27歳になってしまった悲しい結果だろう。
きっと、今回は断られたという事は、今まで息子の言うがままに
母親もフィギュアを買ってあげていたのだろう・・・。(-_-;)
この母親の行動は、典型的なひきこもりの子供に対する親の行動だ。
でもこの家庭・・親もこんな息子はとっとと家から放り出し、
1人で自立させる事を、心を鬼にしてやっておけばいいものを、
恐らく親は子離れできず、息子も親離れできず、結局の所、
お互いが甘えた結果、高い代償がついたという事だ。
自業自得としか言うほか無い・・・。

新成人

成人式・・やはりというか・・毎年恒例の問題県・・。

沖縄・・
 
は、今年も相変わらず・・┐('〜`;)┌

「出身中学校ごとにそろいの羽織はかまを着た新成人のグループが
 続々と集結」
「拡声器で中学校名を連呼」
「路上で鏡開き」
「路上でビールかけ」

と1人じゃ何も出来なそうな輩が、仕事や能力や人間らしさでは
目立てないから・・・そして、いつもは社会から隔離され「いる場所」
も「存在」もないから「ここにいるんだ!」「存在しているんだ!」
と人に振り向いて欲しいだけで騒ぐ・・・。
 
さらには盛岡。一番前で騒ぐのだから計画的なんだろう。
そこにグレート・サスケが来るからバカ達の思うつぼだ。

その後のバカのセリフがさらに「バカ度」を増す。
式を妨害しておいて、
 
「見た?サスケとのからみ?いい感じだったでしょ!」
 
と得意げに胸を張る。本当にただ、目立ちたいだけ・・。
かわいそうな新成人だ・・・。
もっと言うならば、自分の育ててきた子供の集大成がこの結果とは・・。
あの輩の親たちも、親になれずにここまできてしまった。
それならそれで、謙虚に、森の中ででもひっそりと暮らして
人里に降りてこないでくれればいいのに・・・。
だって、理性があるから人間なのであって、欲求のままに
生きるのは動物なんですから・・・。
 
朝ズバでは、<新成人に聞いた「20歳の自分は大人?」>の
問いかけに

*大人だと思っていない      75.6%
*大人だと思っている&わからない 24.4%

おいおい・・・(-_-;) 7割の人間が

〜〜大・人・だ・と・思・っ・て・い・な・い〜〜

のかよ!さらに、<新成人はこんなことに不安>

*今後の自分の生き方  60.9%
*自分の老後      57.6%
*今の仕事・今の勉強  51.9%
*自分の健康      40.7%

というのがトップ4だったそうな・・・(^-^;
生き方は自分でどのようにでも変えられると思うが、それが
不安という事なのか?老後までいく過程に不安なのか?
ちょっとわかりづらい内容だが、今の時代を反映している
ように思った。

ところで、娘世代はニュースに出てきた「バカ新成人」を
どう思うのか?
すると「バカ」だと思う価値観は一緒だった。
ホッとした・・(笑)

イモビライザー付き車両盗難、保険金支払い拒否

「イモビライザー」とは、

「電子式エンジンロック装置」

で、キーが電子ロックの鍵で
数字を読み取ってエンジンが
かかり、IDコードが一致しないと
始動しない・・。

先日のTVでやっていた事件は、
大阪・心斎橋付近の駐車場で
ベンツ(430万円相当)が
盗まれたとの事・・。

そのベンツには「イモビライザー」
が搭載されており、それなのに
盗まれたという・・。

で、その方は損害保険会社へ
盗難保険の申請をした所、
 
「貴殿の車両はイモビライザー
 が付いているので盗難は
 考えられない」
 
と保険会社に支払いを拒否
される・・そして、保険会社から
送られてきた通知書には
 
「今後も保険金をご請求される
 のであれば、裁判上でご請求
 頂く他ないと考えております。」
 
というふざけたもの・・。
実際に、うちへいらっしゃる
損害保険会社の方に尋ねると、
現に盗まれている訳なので
 
「イモビライザーが付いている
 ので支払いを拒否するという
 事はありえない。」
 
と言い切る。
それでも、支払いを拒否する
という事は、
 
○その方が何度も盗難に遭っている。
 →盗まれたとしながらも、実は売り
  さばいていて、何度も保険申請を
  繰り返す常習犯である。
○イモビライザーを装備している自動車
  における 「イモビライザー割引」を
  受けている。
 
という事が考えられるとの事。
しかし、そんな保険会社なら、
やめちゃえばイイのに!と
思ったら、どこも結構支払い拒否
なんですね・・(^-^; 

12/13の記事で、
 
<損害保険ジャパン(本社東京)が「イモビライザー(盗難防止装置)付きの自動車が盗まれるはずがない」として車両盗難の損害保険金支払いを拒否したのは不当として、奈良県香芝市の防水加工業兼中古車販売業の男性が同社を相手に保険金支払いを求めた訴訟の判決が13日、大阪地裁であった。島田佳子裁判官は盗難の事実を認め、同社に請求通り500万円の全額支払いを命じた。>
 
とあったように、保険会社側も、
 
「裁判にしてまでも払わない」
 
という我々が正義だ!という「自信」
があるのだろう。
 
「クルマが実際に無くなっている
 ことから盗難の事実を覆すのは
 困難で、原告の主張は信頼できる」
 
と判断して、損保側に請求全額の
支払いを命じている。
何回もやっているなら疑われても
仕方ないが、初めての保険申請の
場合は裁判長の言う通りでなくては
困る・・。

しかし、金融庁が11/25に、損害
保険26社に対し、
 
「業務改善命令」
 
を一斉に出すという異例の処分に
出たにもかかわらず、保険会社が
襟を正すには、まだまだ時間が
かかるようだ・・・。

極悪非道・福島の貯金流用事件

いやいや、悲しいね・・福島の貯金流用事件・(;_;)
*********************************************
2001年6月に病死し母親と死別した少年(14)の貯金口座から現金
約1400万円を流用したとして、福島地検は12月12日、少年と同居
する祖母の福島市大森、ホテル従業員山口たかの(71)と、少年の
伯父の同市郷野目、会社員山口博幸(46)と妻京子(48)の
3容疑者を業務上横領の罪で福島地裁に起訴した。
*********************************************
母親の生命保険金やその他の遺産を含めて少年の貯金口座には最初
5000万円ほどあったのだそうだ。
今回明るみに出たのは約1400万円の疑惑だが、実は少年の口座には
1000万円ほどしか残っていないらしく、すでに4000万円ほど
使ってしまっているらしい。「火垂るの墓」じゃないけれど、
 
「お前を育てるのに金がかかるんだよ!」
 
みたいな扱いだったのでは?と実親を失った立場の弱い少年の事を
考えるとそこを出る事も出来ない立場に悲壮感を感じる・・・。
さらに、貯金を「おばあちゃん」と「おじさん」「おばさん」が寄って
たかって「打ち出の小槌」として浪費しているんだからこんな人間達に
囲まれた少年は本当にかわいそうだ。
恐らく、人を信じられなくなっているのではないだろうか?
その「打ち出の小槌」で、主犯格の祖母の夫の葬儀費用や、車の購入費用、
旅行費用と個人的なものに浪費したという。
主犯格の祖母は少年の後見人に選任され、財産管理を委託されていた。
その後見人が、浪費し続けていたのだからたまらない。
こんな後見人、見せしめになるような罰にしてしまえ!と第三者側からは
思うが、少年の気持ちを考慮すると、それが果たして妥当か?
そもそも両親は離婚そして死別、祖母と伯父&伯母は極悪非道と身近に
頼れる大人が誰もいない。でもこの少年は生きてゆかなければならない。

偽造問題・証人喚問

耐震データ偽造問題をめぐる証人喚問。
正直、質問している議員も、答えている
証人も、どいつもこいつも・・(笑)

というのが正直な感想だが、唯一、
見応えがあったのは民主党・馬淵議員
の場面だけだったようですな・・。

どうみても、内河所長は全くの「狸」で
ある事が証明された・・。
結局はどの世界でもお馴染み「強い者」
と「弱い者」の良くある関係で、ハッキリ
は圧力をかけないが

「言ってる事はわかるよな?」

みたいな自分の立場を守る圧力の
かけ方だったという事だ・・。
あの中では姉歯秀次元1級建築士が
誰の目にも一番正直に話していると
写ったのではないだろうか?

その反面、内河所長はさすが「ドン」
の立場だけに、姉歯元建築士は
呼び捨てで、ここからも建築士の
立場など「木っ端」である事がわかる。

先にも述べたが、痛快だったのは
馬淵議員の出した「四カ所メモ」。
 
「どうせ、こいつらわかっていないだろう」
 
とでも思っていたのか、内河所長は
最初は余裕、そのメモからソワソワ。

わかりやすい人だ。

この狸は一番高い所で物を言って、
ふんぞり返っていたのが丸見えだ。
偽造問題追求関係者はこの「狸」を
必ず打破して頂きたい。!!

その夜の「今日の出来事」では、
 
木村社長「木村建設としては総研に対し今まで1円も払った事はない」
内河所長「木村からは一切(金は)入っておりません」
  
という証人喚問やりとりがあった上で、
おもしろい事を調べていた。
  
「有限会社・内河(「うちかわ」と読まず「ないかわ」と読むらしい)」
  
という都内の「総研小川町ビル」に
入っている会社がある。
そう・・このビルの2階には「平成設計」
が入っている・・。
木村建設の100%子会社で木村社長
の奥さんがやっているこの2階の
「平成設計」から、この同じビル
「有限会社・内河」へ「企画量」として
多額のお金が随時流れている事を
突き止めていた。

さらに「有限会社・内河」の登記簿を
みると、

社 長 「内河節子」
取締役 「内河まゆみ」
監査役 「内河健(総研所長)」

となっている
という完全に内河所長の関連会社である。
そしてきっちりと2月には「有限会社・内河」
は整理してあるという離婚と一緒で
素晴らしい手際の良さ。
 
「木村建設」→「総研」
 
の金の流れは一切無くても、
 
木村建設100%子会社「平成設計」→
総研・内河所長関連会社「内河(ないかわ)」
 
という裏ルートでお金のやりとりが
わかる事を調べ上げていた。
さらに、
 
「有限会社 栄光企画」
 
という福岡の会社にこれまた「平成設計」
から多額のお金が流れているという。
番組でその住所へ行ってみると、
名前も会社名もないただの一軒家・・。
近所の話だと、内河所長は付きに
3〜4回来るという・・恐らく、内河所長
の関連会社であろう。

さらに、1993年〜1994年に配布
されていた総研のPRビデオ。
その名も
 
「ビジネスホテル〜あなたも明日からオーナー〜」
 
そのビデオの中で内河所長は建築費
を安く済ませる方法として、
 
「ホテルに大変適した設計をこちらで
 書いてから、設計事務所にそれを
 清書させる。その辺が安くなる無駄
 のない効率のいい設計ができるんです。」
 
と雄弁に語る。
が、設計は総研が決める!と言っているのだ。
そして、自社のスタイルを
 
「構造計算、設計の段階、施工の段階と
 いうような事を全て企ててやっている
 訳です。」
 
と「構造設計のできる会社」と胸を張る。

構造設計できるんじゃん!(笑)

この辺を追求しても「私は監査役なだけ
で何も知らない」とか「ビデオは13年前の物」
とか狸発言に終始する事が目に見えるが、
こうした事の積み重ねしか、こうした「狸」を
葬り去るには手段がないんだろうなぁ。
う〜〜ん、歯がゆい・・・。

少女の腹を刺す

で、また子供だ。子供の犠牲がどんどんと続く・・_| ̄|○
今度は発覚だが、群馬県高崎市で、今年3月15日午後6時過ぎ、
自動車整備会社アルバイトの18歳の少年が、高崎市の県営住宅
の階段付近で、塾帰りの小学2年の女の子の腹を刃渡り約12cmの
ナイフで刺し、全治1ヶ月の重傷を負わせた。
 
「女の子に興味はあるが、同年代には声を掛けられず、仕事の
 事でイライラし、誰かを刺せばそういう気持ちがすっきり
 するのではないかと思った」
  
と供述しているという。さらに少年は
 
「他にも女児に抱きついたりしたことが数件ある」
 
と供述しているという。
高崎署が殺人未遂と銃刀法違反の疑いで逮捕したというが、
もう子供相手にこんな事件を起こした奴は裁判など待たずに
こんな奴は、誰か抹殺してくれ。お願いだ。
人を自分の意志で殺した人間に人権はいらない。

やりやがった!総研・内河健所長!

やっぱりやりやがった。「総研」こと「総合経営研究所」の
内河健所長(71)が妻(75)と離婚した。

12月2日 国土交通省で「姉歯建築士とは会った事も聞いた
     事もない。こちらもだまされた。」と会見
 
12月7日 「参考人質疑」を体調不良により欠席。
     (でもそれは表向きで裏では、妻と財産の譲渡について
      綿密に打ち合わせていたに違いない)
 
12月8日 離婚
 
キタ━━(゜∀゜)━━! この時期に「離婚」とは、財産を守る
ための「計画離婚」以外なにものでもない。
なぜならば「慰謝料」としての財産譲渡は「無税」だからだ。
もちろん、あまりにもすごいと「贈与」とみなされるが、たとえ
「贈与」とみなされても自分達の利益にもならない「マンション
の住民」にお金がいくくらいなら、税金を課せられたとしても
親族へ渡してしまえ!という魂胆が明白!!
 
なぜ、そんな事が「断言」できるのか?
 
なんと、離婚をしても内河健所長は妻と「同居」はするのだそうだ。
今、所有の自宅はみんな妻に譲渡されたらしい。そこで内河所長は
「同居して妻にお世話」になる形になる。
というように、完全に「書類上の離婚」である事が明白なのだ。
これはあきらかにマンション住民およびホテル関係者に対する
「愚弄」だ。
この後、12月14日に「証人喚問」が控えている。そこである程度
自分の「罪」が明らかになる事がきっとわかっているのだろう。
正式に暴かれる前に財産を法的に守ってしまう事を考えたのだ。
悪いがこんな事を認めてはいけない。
今回は「特例」を用いても妻に流した財産は全て没収しなければ
いけない。で、このままいくと、結局どうなるのか?
 
木村建設→計画的だけど倒産しちゃいました!ウフ!
     それで社長も自己破産もしちゃったしぃ、お金が全然
     なくなっちゃったので払えましぇん!┐('〜`)┌
 
総  研→元・妻への慰謝料が高くてね。所長の私の手元には
     ほとんどなくなっちゃったのよ。でもね、生活は
     元・妻に食べさせてもらっているから、実は結構
     悠々自適なんですよ。アハハ(´∀`)
 
というこんなあざ笑いが聞こえてきそうだ。
「ヒューザー」も何らかの形で「払えない」方法を探しているはずだ。
従って、これに「ヒューザー」も加わる可能性は高いだろう。
さらに、検査機関にも責任が及ぶだろうが、こちらも払える額は
微々たるものだろう。
恐らく、全て解明され、逮捕者が出て損害賠償請求をする頃には
こいつらはスッカラカンになっているはず。
 
〜こ・い・つ・ら・自・分・の・事・し・か・考・え・て・な・い・〜
 
とののしった所で、痛くも痒くもないはずだ。
だって、こいつらはどんな手を使ってでも自分を守れれば、
それでいいのだから・・・。
少なくとも、各会見を見ていれば「申し訳ない」気持ちなど、
これっぽっちもなく自分の事を守る事しか考えていないのは、
充分わかる事だ。よって結局の所、最後は
  
「税金」
  
で、こいつらの尻ぬぐいをさせられるのだ。
そして、表では「懸命に泣いているフリ」をして、裏では
「最後に泣くのは所詮、平民さ!」とあざ笑っているのだ。
悲しい事だが、システムも法律も税金も、知っている者にしか
味方をしないのである。
こんなやつらには容赦なくやって欲しいと思うのだが、
国会議員のほとんどが建築&土建あがりだ。
それを考えると、悪いが期待は薄い・・・_| ̄|○

学習塾で小6女児刺殺

で、また子供だ・・・今度は学習塾・・・_| ̄|○
続きを読む

母親が18歳娘を軟禁

かなりショッキングだ。毎日、子供の嫌な話題が溢れ
かえっていた所に、また新たな子供の事件。

福岡市博多区の母親(40)次女の女性(18)を少なく
とも自宅に18年間「幽閉」されていた。
しかも、自宅から出た事がなく、義務教育も受けて
いないという・・。
博多署の調べなどによると、10月28日午後3時半ごろ、
一人で留守番中の次女が言いつけを守らずにテレビを
見ていたため、母親が女性の顔、背中などを数回殴打。
それを恐れた次女は裸足で家を飛び出し、数日間公園
を転々とし寝泊まり。「公園の水で空腹を満たした」との事・・。
11月1日午前9時5分裸足で歩く少女を不審に思った住民が
110番通報し、ひとまず、警察が来るまで近くのコンビニ
で待機・・そこのコンビニの店員は「男の子か女の子か
区別がつかなかった・・痩せていて背も小さかったので
小学生低学年の子供のようだった。」と話している。
それもそのはずだ。18歳なのに博多署に保護された時の
身長は125cm、体重22kgだったというのだから驚きだ。
11月1日午前9時35分に母親を傷害容疑で逮捕。
母親の供述によると「ものを壊したり排泄がうまくできない
など発達に遅れがあり、外に出すのが恥ずかしかった。」と
報道されている。
その身長もふまえると次女には先天性の障害があると考えられる。
しかし、父親、長男、長女と一緒にいるのに、何も感じて
いなかったとなると、どんな家族なのだろう?
全く想像がつかないが、素直に考えれば、次女が相当な障害を
持っていた、悪く考えれば、人間として扱っていなかったとの
想像もしてしまう。

「娘には1日2回の食事を与え、漢字や計算ドリルで勉強は教えていた」

という事で「児童虐待」にはならず「傷害」の罪だけで罰金
10万円の略式命令という事だ。
小学校や市こども総合相談センターなども頻繁に自宅を訪問して
いたというが母親に「会わせたくない」「親戚の家にいる」
「出掛けている」などでやはり一歩踏み込めずにいたというが、
現状の法律のままでは確かにそれが限度だろう。
マスコミなどは、結構、小学校や市こども総合相談センターを
責めているが、やはり、虐待や監禁の恐れがある親の場合、
教育委員会や警察などが立ち会いの下、強制的に自宅に踏み込む
事ができるなど、法改正が必要だ。
まずは、大人の都合でなく子供の立場に立って考える事から
始めればいい。
しかし、今回のこの事件のケースは「児童虐待」にならなかった。
また「義務教育」を受けさせない事への処罰もない模様だ。
これはちょっと危険だ。
逆の可能性の場合、別な事件が出てくる恐れもある。
逆とはどういう事か?こういう事である。
「義務教育」を受けさせず、自宅で「英才教育」を行う事ができる
という事が可能になったという危惧だ。
18歳まで自宅で「英才教育」を行い、あとは大検に合格させれば
大学進学が可能になる。「危惧」で終わってくれれば良いが・・。

連続女児殺害

ここの所、女児の殺害続く・・。
今や、寂しい所だけでなく都会も田舎もと現場には区別がない。
警察、学校、保護者、地域のボランティア(PTAなど)と地域が
一体となるしか実際には手はない。
栃木県今市市の今市市立大沢小1年、吉田有希ちゃん(7)殺害
事件はどう考えてもあの獣道は子供が通るには寂しすぎる道だ。
いつもはおばあちゃんが迎えに来るのだが今回、たまたま迎えに
いけなかったらしい。そんな不幸な偶然を狙われるのだから
くやしい・・。
本来は、集団での登下校を実践させ、低学年の児童の1人での
下校は禁止などとすれば良いのだろうが、実際には自宅の
半径200m付近での事件が多いのだそうだ。
という事は今や、子供が少ないので、ある場所までは集団で
登下校をしてきても、そこから上級生に各低学年の家まで
送らせるという事は事実上、無理である。
やはり上級生には上級生の「友人と帰りたい」「塾がある」などの
都合もあるだろうし、低学年は毎日、上級生の終わる時間まで
学校に残らないといけなくなる。
仮にそれらがクリアできても、ある一定の場所までは集団で
登下校で安全でも、その解散場所からがいわゆる「自宅の半径
200m付近」である訳で、実はそこから自宅までが一番危ない場所
という事なのだ。
じゃあ、解散場所からは親が迎えに来るのか?PTAがやるのか?
となるが親は共働きが多い昨今、難しい。PTAか?いくらPTA
でも「毎日」の事となると、これも現実的じゃないだろう。
どうやっても、完璧に防ぐ事は難しい。
やはり通学路を親や先生と共に子供と一緒に歩いて、民家や
工場、店などいつも人がいる所をきちんと確認し、通学路に
面している家、工場、店などには全面的に協力を求め
「子供110番」というよりも、さらに子供がわかるような
ハッキリとした色遣いのマークなどで「子供の避難所」を
子供達に認識させるべきである。
やはり、繰り返しになるが、警察、学校、保護者、地域の
ボランティア(PTAなど)と地域が一体となるしか防ぐ方法はない。

東武鉄道・長男を運転室に入れた運転士解雇

以前、

「東武野田線を運転していた運転士の妻と長男(3)を、長女(2)が
春日部駅から乗り込んだ。走行中に長男が運転室の扉を叩き始めた為、
運転士の父親が注意しようと駅に停車中に扉を開けたところ、長男が
中に入り、しゃがみ込んで泣き出した。出発時刻になったため運転士
は出発。隣駅まで長男が同乗し、到着後に妻に引き渡した。」
この事につき、東武鉄道は「同情論も多いが、安全運行が使命の
鉄道会社で、第三者を運転室に入れることは危険を誘発しかねない
規則違反」として懲戒解雇を決定した。
すると同社に「解雇は厳し過ぎる」などの電話やメールが2000件を
突破したという・・。

確かに「かわいそう」という前に、やはり冷静に考えると、この運転手
も含め、この家族はおかしい。長男がホームにいた家族とはぐれて
1人で電車に乗り込んできて、運転室の泣きながら扉をたたき始めた
ので、仕方なく運転室に入れたのなら人情的に理解できる。
しかし、今回は奥様が一緒にいた。次の駅で停車した時に、運転席の
父親が出てきてまでやらなければいけない「ひどい状態」なら、奥様
がいた訳ですから力ずくでもその駅で降りて勤務中の父親に迷惑が
かからぬように対策を考えるのが奥様の正しい行動だ。
父親は仕事がありますから、その段階での保護者の奥様はきっちりと
やらなくてはいけなかったのに、できなかった家族という事になる。
「何も事故がなかった」という結果論で話せば「温情」もわかるが、
その時に子供が運転機器の何かをいじってそれにより事故が起こって
大惨事になる可能性も考えられるとすれば、東武鉄道で「第三者を
運転室に入れることは服務規定で厳しく禁じられている」事もふまえ、
処分は仕方ないと思う。
しかし、何回もやっていた訳でないのですから、運転手は今後できない
が内勤で・・位の処罰で良かったとも思うが、まあ、どこの世界でも
上には甘く、下には厳しいという事でしょうな。(笑)

広島女児殺害は悪魔?

捕まったトルコ人<ピサロ・ヤギ>は
 
「女の子に声をかけた。悪魔が自分の中に入ってきて体を動かした。
 気付いたら女の子が死んでいた。」
 
「悪魔」というのは実に都合がよい。みんな「悪魔」のせいに
すればよい。本当に卑怯だ。

「自分は女の子を殺すつもりは全然ありませんでした。自分では
 なくて悪魔が自分の中に入ってきて女の子を殺したのです。
 今までやっていないというふうに否認していたけれども、それも
 悪魔が言った事だ。」
 
いやぁ、本当に「悪魔」という言葉は都合がよい。
しかも、本人も「悪魔」の被害者だとでも言いたい内容だ。
「悪魔」のせいであり、このトルコ人自身は悪くないと
思っているのだから、当然、謝罪すらない。
こんなもの(悪魔)で精神病につき情状酌量になるという
愚弄だけは絶対にやってはいけない。
そうなったら、次々と「魔王」だの「恐怖の大王」だのと
出てくるようになる。
まったく、ただでさえ、トルコ人に殺されたというだけでも
女の子の親は我慢ならない心境の上「悪魔の仕業」なんて
ほざいているのだから同じ「悪魔の仕業」としてこの世から
抹殺したいところだろう。
そろそろ「大人」のカッコつけはこちらに置いておいて
合法的に犯罪者を同じレベルまでの仕返しする事は
許されるという「法」でも制定して欲しい。
こんな人間には「仕返し死刑」で十分だ。

イーホームズ・藤田東吾社長のメール

最近、ヒューザーの小嶋進社長と犬山専務があらゆる
番組で釈明をしている。
その発言を素直に受け取っている人は少ないだろう。

反面、民間の指定確認検査機関「イーホームズ」は
姿を見せないままだ。
とその前に今回の耐震強度偽装問題は「イーホームズ」
の独自の監査で発覚した。
その「イーホームズ」は10/26に早速、国交省に
偽造問題について報告を終え、その次の日の10/27に
「イーホームズ」「ヒューザー」「エスエスエー」
「スペースワン」「下河辺建築設計事務所」「森田
建築設計事務所」の建設会社4社と「姉歯建築士」に
よる約2時間の密室の会合が開かれている。
この時「イーホームズ」は前日に国交省へ報告した
事は、あえて隠してこの会合に出席したという。
で、今朝の<みのもんたの「朝ズバ」>。
「朝ズバ」に2005年11月27日・19:21付で
「イーホームズ」の藤田東吾社長からEメールが届いた
という。その内容が番組で全て明かにされていた。
その中に10/27の密室の会合の状況が克明に記されていた。
その内容に「やっぱりな」と、予想通りのやりとりが
行われていた。

「2時間にも渡る打ち合わせの席では繰り返し繰り返し、
 いかにして隠蔽する必要があるのか、その方法とか
 お金の話とか、ばかりが小嶋社長の口から出た次第
 でした。」

という藤田東吾社長がうんざりした様子が手に取るよう
にわかる・・そこに出てくるヒューザー小嶋社長の
セリフの数々は本当にすごい!

「イーホームズが見抜いたからといって正義感を
 通して何の意味がある。」
「もし公表するなら、イーホームズだけが見抜けなかった
 として徹底的にたたく」
「ヒューザーは年間売上が120億で、利益は20億ある。
 私は金はある。何人も弁護士を使ってたたく」
「客から問われればイーホームズが不適法な審査を
 行ったからと申す。3年間見過ごしてきたんだから
 公表を遅らせる事もできるはず。」
「倒壊してから調査をした結果、構造上の耐力が
 少なかったかもしれないと言えば良い。その方が
 役所も都合が良いのでは?お願いします。」
「もし公表するにしてもアローアンス(猶予期間)を
 くれないか。」
「2月に竣工し3月に引き渡す予定の船橋の2物件に
 ついては、せめて引き渡し入金回収後に公表してくれ。」
「正義を遠そうとすると売るに売れない。」

と、これを読まなくても誰もが気付いていると思うが、
ヒューザーの小嶋社長は相当の「狸」である。
しかも、今回のイーホームズの藤田社長のメール内容が
正しければ、「客が死のうが倒壊してから考える」
というとんでもないセリフを発言した事になる。
さらに、今現在、メディアでヒューザーが名指しして
たたいているのは明らかに「イーホームズ」である。
そこをみても、このメールは真実味を帯びる。
以前にも小嶋社長は住民説明会で

「皆さん、私が倒れたらあなたがたに何の保証も
 できなくなるんですよ」

という脅しともとれる発言をしていた事は有名だ。
さらにテレビでも

「阪神淡路大震災の時にもたくさんのビルが倒れた
 じゃないですか!あの中にはいいかげんなビルも
 あったはずだ。なのになぜ私だけを君らは悪者に
 してたたくんですか!」

と、携帯電話を電車の中で使っているのを注意したら
「使っているのはオレだけじゃないじゃないか!なのに
どうしてオレだけ注意するんだよ!」という中高校生
レベルのの逆ギレと一緒であるところからも、頭の
程度は大したこと無い。
さらに小嶋社長とパーティ券(2万円)を50枚購入
して献金癒着している伊藤公介元国土庁長官が、
小嶋社長を11/15に国交省幹部に紹介している。
なぜ、議員を介して国交省の幹部と会わないと
いけないのか?
すでにイーホームズが国交省に報告しているのだから、
報告をしにいったのではない事は確かで、そうなると
「配慮してくれ!」とお願いしたとしか理由は
みつからない。
さらに、姉歯さんとは「今回が初めて」というが
10/27の密談で

「姉歯は木村建設が池上の時に連れてきたんだよな」

と言っていたという。そうなると、今までメディア
で話してきた

「姉歯とは今回が初めて」

というのは全くのウソ。
さらにイーホームズのメール内容が本当なら、メディア
で流れている小嶋社長の釈明も全てウソとなる。
とんでもない話だ。
いずれにしても、10/27の密談ではヒューザーの恫喝
が続いていたという所からも、圧力をかけていたのは
ヒューザーであろう。
まあ、そのうち明らかになる事だろうけどね。

木村建設が破産

全く自分たちはどんなに苦しくても公的資金で生かしてもらえる
からって、今回の熊本ファミリー銀行は汚いな・・。

木村建設の取引銀行の熊本ファミリー銀行が「債権保全のため」
として、木村建設の当座預金と同銀行への債務を相殺したらしい。
下請けの為にも経営を立て直したくたって、運転資金を含む当座預金を
奪ったら不渡りになるのは当たり前だ。
余裕があるウハウハな会社ならともかく、今を必死にやっている会社で
当座預金を奪われて不渡りにならない会社なんてあるのか?
それに、自力再建が無理になった訳でもない、今の所、健全な会社から、
銀行だけが「債権保全」ができて、下請け業者は泣き寝入りしなくちゃ
ならないとしたら、これは銀行による無差別テロみたいなもので、
例え法に触れていなくても「犯罪」にすべきだ。
こうした法律に詳しくないので、何とも言えないが、常識的に考えて
いったん、当座にあった金額は元に戻すべきで、平等に分けられず銀行だけ
が「債権保全」の名の下にガメる事ができるのだったら法律はおかしい。
熊本ファミリー銀行は「相殺の事実はない」(経営管理部)としているが、
11/21という素晴らしいタイミングで当座預金を封鎖しておいて、だれが
そんな言い訳を信じるんだ?
でも、いつも思うのだが、建築業界ってなんで「手形」なんだろう?
いや、子供じゃないから一番の大本の会社がそうしたからだとか、どこか
大本の無能な会社がお金を待ってくれという一部の「無能さ」のために、
結局、連鎖してみんな「手形」になってしまっているのはそりゃぁわかる。
でも、普通に考えて、どう言い訳しようが、私ら消費者は、工事が終わった
段階で「全額」入金を行う。その一番大本の会社は、そうして工賃だけでなく、
利益まで含めて消費者からはお金を受け取っておいて、それを「他にまわした」
から今のお金がないという事だ。消費者で言うと、カードで買い物をして
その入金を1ヶ月先にのばして、1ヶ月に必死にお金の都合をつけている様と
何ら変わりはない。これは歴とした「自転車操業」である。
最初からそれを一気に下請けに払っていれば「手形」など必要はない。
と言うものの、結局は仕切っている奴が、都合良く木っ端の奴を取り扱う
道具である事は確かで、いつも末端の人間達がバカをみるのである。
末端の業者から「手形」を使い始めた訳じゃないのに・・・。

耐震強度偽装 

一躍、有名になってしまった「姉歯(あねは)建築設計事務所」と
民間の指定確認検査機関「イーホームズ」。

前者は全てを認めているが、後者は「当社に過失はない」と責任を
否定と対照的。誰がどう考えたって耐震強度偽装建築物21棟中20棟を
この「認検査機関・イーホームズ」が見過ごしたのに過失が無い訳
ないだろう・・。
しかし、不謹慎を承知で言わせてもらえば、耐震強度偽装されていた
とはいえ、実際には震度5弱あたりまでは耐えうるという構造であれば、
ちまたの一軒家の「欠陥住宅」よりはまだマシだ。
いや、勘違いして欲しくないのは、今回の事件を容認するという事
ではなく「程度」の表現の方だ。
ちまたの「欠陥住宅」の方は、タダ住んでいるだけで壊れそうなもの
がいくつもある。ほとんど、業者も倒産して消えていたり、販売会社
が責任を負って建て直しをしたりなどはしない。せいぜい、補修を
繰り返す程度で、あとは買い主のローンが消える訳でも減る訳でも
ないし、市営住宅を補助してくれる訳でもない。他の物件を買える
余裕のない人間は、その欠陥住宅で一生怯え続けるしかないのだ。
施工業者&売り主側は最低限の事を話せば良い。例え隠していた
としてもあとで「ごめんね」で済む。せいぜい宅建の資格が無くなる
位だろうが、また別な宅建所持者を雇えば良い。
そして、例え全面的に欠陥住宅を作っても裁判では建て直しを命じる
事ができない事を良く知っている。確信犯なのだ。
未だに生涯の一番高い買い物をするのに「買ったお前が、買う時に
不勉強だったお前がいけない」という圧倒的な力関係で買い主が
弱い立場なのが現在の施工業者&売り主と買い主の関係だ。
今回の耐震強度偽装事件はこうした「欠陥住宅&欠陥マンション」
を徹底的に排除すべき方向へ向かってくれる事を願いたい。
少なくとも、あるレベルの場合、施工会社、販売会社、設計会社など
含めて、財産を没収してまでも建て直しを命じる位に強い罰則にでも
しないと、この業界の一部悪質な業者は変わっていかないのではない
だろうか?とても自浄作用のある業界とは思えない。
今回も、建築主も検査機関も施工業者も販売業者も、みんな「プロ」
なのに「プロ」の自覚がない。さらに、全員が全員、他人に責任転嫁
合戦。絶対にみんな手を抜いた事は知っているクセに・・・とTVを
観ている誰もが気付いているのに、見苦しい姿をさらす・・・。
仮にみんなが知らなかったとするならば、看板を下げるべきだ。
構造計算書のデータも各メディアで検証していたが、鉄筋の本数など、
建築をかじっていれば簡単にわかる所が手を抜かれているのだそうだ。
しかし、簡単に審査が通っている。さらに、施工業者も施工していて
鉄筋の部分など絶対に気付いているレベルのものだという。
もうこれだけでも今回の業者に限ってみても各社「誇り」など
どこにもないのだろう。
車業界を見てみろ。三菱みたいな会社もあったが、基本的には車
としての部分はほとんどが安心で、その付加価値のデザインや
性能で選べる。少なくとも、このレベルにして欲しい。
やはり造る側が注意された事だけを守ればそれでいい!という甘えた
気持ちを捨て、自分の携わった物件に誇りを持たない事には、今回の
事件も「焼け石に水」なだけで、今後も変わる事はないだろう・・。

愛・地球博、外国人失踪

自分は行かなかったが、報道を観る限りではなかなかの盛り上がりを
みせていた「愛・地球博」だが、やはり「陰」の部分が露呈した。

「愛・地球博」に参加した国の人達の中で、現時点でわかっているだけでも
各国合わせて33人が失踪。中でも大量に失踪しているのが、インドネシアの
ダンサー26人中20人が失踪・・。
その背景には、普通はインドネシアから日本へ来る場合、ビザの取得だけ
でも日本での身元保証人や、帰って来るためのお金の残高証明書など、
色々なものを提出しなければならず、日本へ来るというのは、かなり
ハードルが高いのだそうだ。
しかし、今回の「愛・地球博」に参加するための目的ならば、「愛・地球博
の特別ビザ」という事でサインをするだけで大丈夫なビザが発行されたため
に簡単に出国できたという事があったという。インドネシア政府によると、
実際にはそのビザは100人以上に発行されているらしく今回の「愛・地球博」
に参加したインドネシアの方々の人数を大幅に上回って発行されているらしい。
今や、日本での引受人達とも連絡が取れない状態だそうで、どう考えても
最初から不法労働目的のための入国だったんだろうね。
実際、インドネシアはスマトラ地震とかで地域によってはどんな事をしても
お金が欲しいと思う人が多いのは当たり前の事だし、ふと現れたブローカーに
「愛・地球博ビザ」を使えば日本に簡単に入国でき、向こうでダンサーの仕事
(実際には夜の風俗業だろう)があるから大丈夫だ。しかも手にはいるのは
日本円とくれば、そうした事情が背景としてある人間なら誰でも心は揺らぐ
だろう・・・気持ちはわかるが日本での外国人犯罪の多くは不法滞在者である
のも否めない事実だ。日本人側からすれば日本が良くなることではなく、
悪くなる可能性の方がはるかに高いという事はやはり「迷惑」である。

次世紀ファーム研究所

岐阜県恵那市の自然食品研究所「次世紀ファーム研究所」代表の「堀洋八郎」。
次から次へと疑問が出てくる怪しげな所&人物・・・(^-^;(笑) 
ワイドショーを見ているだけでこっちも「プッ!」と思わず笑ってしまう。
もう、ワイドショーの格好のネタですな・・・(笑)

まず何がともあれ「次世紀ファーム研究所」という名前>怪しすぎる・・(笑)
彼のプロフィールの「中央大学卒、薬学博士」というのも、中央大学の
薬学博士ではなく、中央大学はただ卒業しただけで「薬学博士」を
とったのは「オーシャンウエスト大学」との事。でも、アメリカに
問い合わせても、そんな大学存在しないのだそうだ>ますます
怪しすぎる・・(笑)
そうしたら、次の日には「パシフィックウエスト大学」であると釈明したが、
大学の名前を覚えていないレベルでなく、もらった証書が「薬学博士」で
あるかわからないという。それで堂々と「薬学博士」を語るのだからすごい。
で、ワイドショーが大学に問い合わせたら「薬学博士」ということではなく、
専門分野で実績を残した人を対象に与えられる「名誉学位」だそうだ。
論文もいらず、学校へ通う必要もなく50万円ほどのお金を積めばもらえる
レベルのもので、それは日本の「博士号」とは全然違うものだそうだ。
本人は「薬学博士」をもらったと思い込んでいる>すごく怪しすぎる・・(笑)
さらに、彼が代表取締役の「万貴株式会社(http://www.sk-manki.jp/)」の
出している「真光元」という茶色い粉。これは皮膚に浸透するのだそうだ。
皮膚に浸透して無くなるならば分子量的に「粉」ではいられないだろう?
それ以前に、本当に浸透するならこすらずにそのまま皮膚の上にのせておけば
自然にしみこんでゆきますから、TVカメラの前で証明すれば良いのに・・(笑)
こすったら四方八方に散らすというトリックにしか見えてこない。
せめてマジックらしくなっているならがんばっているな!とも思うけど
マジックにもなっていないぞ!堀ちゃん。>ホント怪しすぎる・・(笑)
その健康食品でのセミナーでも「病気が治るとは言ってはいけません。病が
消えて無くなると言って下さい」だとか「糖尿病も消えて無くなる」だとか
雄弁をふるっているビデオが公開されていた。薬事法を意識したあたかも
薬であるかのような講釈。>マジ怪しすぎる・・(笑)
その「真光元」のパッケージにある「日本薬草医学会推奨」の文字。
そもそも「日本薬草医学会」というのも怪しいが(笑)本当に存在している
団体で、その「日本薬草医学会」では「真光元」推奨をしていない事がすでに
判明している。勝手に書いちゃうとは・・>非常に怪しすぎる・・(笑)
彼の言う「光合堀菌」。TVでキャスターに「形はどんな形なんですか?」と
聞かれてかなり躊躇して2〜3秒固まっていた(笑)固まりから動き始めたと
思ったら「マリモに似たような形」との事>ひどく怪しすぎる・・(笑)
この「光合堀菌」水に入れておくと2年経っても腐らないらしい。なんなら
保健所でも何でも水を調べてくれて構わないと言って説明するくせに、水を
持ち帰って鑑定されるのはやっぱイヤだと>どう考えても怪しすぎる・・(笑)
女子中学生病死の件も「環境がいいから保養に来ないかと女子生徒の母親に
勧めただけで、特別な治療等はしていない。」「「女子生徒は糖尿病だったと
聞いている。研究所に来たときはすでに顔色が悪く、滞在中も熱があった。」
「インシュリンを持ってきていなかった。」と発言しており、重度の糖尿病に
「インシュリン」がなかったらどうなるのか?それがわからない、疑問を
感じない「薬学博士」がこの世にいるだろうか?>最高に怪しすぎる・・(笑)
と、今現在、発覚した事だけでも何から何まで怪しすぎる・・・(笑)
しかし、そこには12歳の中学生が死んだ事に「申し訳ない」などとは
これっぽちも思っておらず、逆に「いい迷惑だ!」とでも心の中で思って
いるような「醜い顔」しか写っていないのである。

JR福知山線・脱線衝突事故

JR福知山線の快速電車脱線衝突事故・・すごいですね。

ただ写真や映像を見るだけじゃ、一体どのようにして衝突したのか?が
ちょっとわからない位にひどい有様だね・・。テレビで見る限りでは、
1両目はマンションの鉄骨を折って1階の駐車&駐輪場に潜り込んで、
2両目はマンションに巻き付いている・・・。すごい・・・(^-^;
車内には約580人いて、うち死者70人を超え、470人以上が負傷。
それ以前に、あの事故で大丈夫な人が30人もいる事自体が不思議だ。
運転手が23歳で免許を取得11ヶ月のせいではないか?みたいな報道も
あるが、同じ23歳で免許を取得して11ヶ月でも、きちんと運転している
人もいるのでしょうから、試運転での事故ならともかく、前線に送り込まれ、
金を払った乗客を乗せたからには、それは言い訳にはならない・・。
JR西日本の話によると、伊丹駅で8mオーバーランをして「1分半」遅れたそうだ。
それが2つ先の塚口駅の通過時には1分の遅れとなり30秒を取り戻したという。
店がヒマだったのも手伝って(笑)色々とジョルダンで調べてみた。
伊丹駅→塚口駅だと「各停」しか出てこないので「快速」の速度を調べるべく
伊丹駅→尼崎駅を調べてみた。距離は5.8km、「快速」での走行時間は5分で
着くと出てきた。ちょっと計算してみた。「5.8km÷5分=約70km」という事で
平均約70kmで走行、実際には5分の中に停車&発進&徐行があるから、事実上は
最高時速の時は約80km〜90kmで走っていたのではないかと思われる。(正常時)
で、伊丹駅→塚口駅の距離を調べてみたら3.3km。この距離を「快速」なので、
駅に止まらずに通過という事で、この3.3kmを平均80kmで走ったとする。
すると「3.3km÷80km=約2分半」となる。この2分半を正常時とすると、
今回の運転手はそれを30秒取り戻して走ったわけだから、2分で走った事になる。
となると「3.3km÷2分=約100km」の速度という事になる。
さらに疑ってかかる事にしてみる。「快速」なのでもう少し速かったとして、
伊丹駅→塚口駅を平均90kmで正常時に走っていたとしよう。
すると、「3.3km÷90km=約2分10秒」となる。それを30秒取り戻して走った
わけだから、1分40秒ほどで走った事となる。それを計算してみると、なんと
「3.3km÷1分40秒=約120km」という恐ろしい数字になる・・・。
この「快速」電車の最高速度は120kmと発表されているから、そうだとしたら
フルスロットルで走っていた事になる・・・(^-^;
運行の遅延に関しては厳しい罰則があったと一部報道で言われている。
その厳しさについてまでは言及していなかったが、それにおびえる新人・運転手
という構図、また、現場付近の線路に、白い粉のようなものがあったとの報告も
あり、置き石の可能性もあるそうだ。奇しくも「伊丹駅での8mオーバーラン」、
「運行の遅延における厳しい罰則」「速度超過には反応しない旧式のATS」、
「置き石の可能性」など一気に全てが重なった感の事故だが、事故をする時
なんて、どんな事故でも現実は、いくつもの要素が同時に一気に絡み合って
起こるんだよね・・・。(´ヘ`;)ハァ