記事一覧

とんでもない愚弄判決

「卒業式や入学式などで、日の丸に向かって起立し、君が代を斉唱する
 よう義務付けた東京都教委の通達は違憲違法だとして、都立学校の
 教職員ら401人が義務がないことの確認などを求めた訴訟で、東京
 地裁は21日、原告全面勝訴の判決を言い渡した。
 難波孝一裁判長は【通達は不当な強制に当たり、憲法が認める思想・
 良心の自由を侵し、教育基本法にも違反する】と指摘。教職員らに
 従う義務がないことを確認した
 うえ、通達違反を理由にした処分の禁止や1人当たり3万円の賠償も
 都と都教委に命じた。都側は控訴する方針。
 判決は、国旗国歌の生徒への指導が【式典で国旗を掲げ、国歌を斉唱
 することは有意義】【国旗・国歌を尊重する態度を育てる事は重要】
 と有意義であることを認めつつ、懲戒処分などを背景に教職員に強制
 するのは【行き過ぎた措置】と明確に断じ、教育現場での日の丸、
 君が代を巡る訴訟で初めて違憲判断を示した。処分の【事前差し止め】
 を認めた判決は異例。全国各地の同種訴訟に大きな影響を与えそうだ。
 争われたのは、都教委が2003年10月23日に都立の高校や盲・ろう
 ・養護学校長あてに出した【入学式、卒業式等における国旗掲揚
 及び国歌斉唱の実施について(通達)】。
 都教委は通達に基づき、教職員に式典での起立などを命じる職務命令
 を出すよう校長に指示した。
 判決はまず、日の丸、君が代について【第二次大戦までの間、皇国
 思想や軍国主義の精神的支柱として用いられ、現在も国民の間で
 宗教的、政治的に価値中立的なものと認められるまでには至って
 いない】と指摘。【国旗・国歌は強制ではなく、自然のうちに定着
 させるのがいい】【掲揚や斉唱に反対する教職員の思想・良心の
 自由も、他者の権利を侵害するなど公共の福祉に反しない限り、
 憲法上保護に値する】と位置づけた。通達については
 (1)斉唱などの具体的方法を詳細に指示し、校長に裁量を
    許していない
 (2)校長が出した職務命令違反を理由に、多くの教職員が
    懲戒処分などを受けた
 などと認定した。そのうえで【通達や都教委の指導、校長の職務命令
 は、教職員に一方的な一定の理論や観念を生徒に教え込むことを
 強制するに等しい】として、教育基本法10条1項で定めた【不当な
 支配】に当たり違法と判断。「公共の福祉の観点から許される制約
 の範囲を超えている」として、憲法19条の思想・良心の自由にも
 違反すると結論付けた。さらに、通達に違反したことを理由にした
 懲戒処分は「裁量権の乱用に当たる」として今後の処分を禁止。
 【教職員は、従う義務がないのに思想・良心に反して職務命令に
 従わされ、精神的苦痛を受けた】として、退職者も含めて慰謝料を
 認めた。」

この難波孝一裁判長はとんでもない判決を出した。
あまりにもひどい、めちゃくちゃである。

【式典で国旗を掲げ、国歌を斉唱することは有意義】
【国旗・国歌を尊重する態度を育てることは重要】

と有意義であることを認めているのに、

【第二次大戦までの間、皇国思想や軍国主義の精神的支柱として
 用いられ、現在も国民の間で宗教的、政治的に価値中立的なもの
 と認められるまでには至っていない】
【掲揚や斉唱に反対する教職員の思想・良心の自由も、他者の権利を
 侵害するなど公共の福祉に反しない限り、憲法上保護に値する】

と、いきなり極左な判決が導き出されている。
凄まじいまでの自らの無知な政治思想のみで法律を操作する
非道な裁判長の判決にはびっくりだ!
わかりにくいので、上記の判決を要約し簡単に書いてみると、

【日の丸・君が代は軍国主義の精神的支柱であり、これらは現在
 においても、日本で国旗・国歌として広く国民に中立的なものと
容認されていない。よって、これらを義務付けることは違憲である】

という事である。

「中立的なものと認められるまでには至っていない」

という根拠は何か?まさか、こうして「国旗・国歌」に対する裁判が
出てくる事自体が

「ほ〜ら、こんなに反対している人達がいるじゃないか!」

という事が、その根拠だ!とでも言いたいのか?
そして、この裁判長にとって「国旗・国歌」とは一体何なのか?
どうなったら「中立」なのか?>悪いが「中立」である証明など無理である。
その無理を判決に用いている悪質さ・・。
そして「軍国主義」とは何?
まさか、戦争をした時の日本だけをみて「軍国主義」と言いたいのか?
当時、世界中の列強国が軍事力にものを言わせて弱小国を侵略し植民地
とし収奪しており、食うか食われるかの弱肉強食の時代・・。
そもそも、日本は江戸時代の260年に及ぶ平和な時代を、アメリカの
黒船によって無理矢理「開国」させられ、弱肉強食の世界に無理矢理
引きずり込まれた・・そうなったからには、植民地になるか、独立国家
として自国が強くなって外的の侵略から誇りを持ち守るか、のどちら
かしかない・・そのために、富国強兵を目指した。
この日本のやむをえない歴史の、背景&必然を、この裁判長は「軍国
主義」と一言で断罪!歴史を知らない人間が、現在の価値観で過去を
否定する、一番愚かな思考である。

さらに判決の異常さはここでもあらわれる。

【国旗・国歌は強制ではなく、自然のうちに定着させるのがいい】
【掲揚や斉唱に反対する教職員の思想・良心の自由も、他者の権利を
 侵害するなど公共の福祉に反しない限り、憲法上保護に値する】

どうやら式典で国旗掲揚における起立や国歌斉唱を求める事を【強制】
と言うらしい。
世界でこんな事を言ったら頭がおかしいと思われるだろう・・。
式典で国旗に起立、国歌を斉唱するのは国際的にも、ごくごく自然で
あるというのが世界の価値観ではないのか?

今回、小泉首相が、

「法律以前の問題じゃないでしょうかね。人間として、国旗や国歌に
 敬意を表すというのは」

と述べた。その通りである。
普通はどの国でも、国旗、国歌に敬意を払う思想教育する事は、
世界的に考えても必要常識である・・という事は教育の場で国旗、
国歌に敬意を払う思想教育は当然出てくる。
そこに「個」の自由を求めるのは、どう考えてもおかしい。
それでは、この先生達は、式典で国旗、国歌の威厳を教えていかない
のだとしたら、どこでどうやって国旗、国歌への敬意を教えてゆくのだ?
今や、もう、誰も聞いていないあなた方の授業中にでも教えるのか?
そして、歌うも起立も自由として、卒業式も、入学式も、立っている奴も
いればふんぞり返って座っている奴もいて、式典でおしゃべりするも
しないも思想の自由という事で、成人式のようにガヤガヤして・・
それで生徒達の節目の節目の式典が終わるのか?
なんと悲しい、始まりと終わりになるのだろう・・。
その中から生徒達は何を学ぶのだろう?
【自由】と【勝手】をはき違える事しか学ばないのではないか?

それにしても、国歌斉唱と国旗掲揚が問題になっている国なんて、
世界中探しても日本以外にあるのか?素人には見つけられない位に
異常な事態だ。

先日、オリンピックの陸上・日本代表の為末選手が語っていた。

「オリンピックで他国の国旗が揚がるときに、日本人は平気で座っていて、
 他国から不敬だと言われる事がある。」
「愛国心がない人は、他国に対する敬意も示せないんじゃないでしょうか?」

さらには、前回のオリンピックでも、他国の国旗が揚がるときに帽子をかぶった
ままの日本人選手・・。世界を見ている人からみると、日本国民はこんなにも
おかしいのである。しかし、恐ろしいのはそれを日本人がおかしいと思わない
教育をされているという事なのだ。

今後、東京都は控訴を決定した。高裁・最高裁と徹底的に争ってもらわないと困る。
まあ、このようなあまりにもバカげた地裁の判決など覆るのは99%確実ですが・・。
悪いが、こんな極左思想を教えて頂く以前に、子供達に教えてもらいたい事は
他にたくさんある・・。

松本智津夫(麻原彰晃)被告、死刑が確定

個人的には、松本智津夫(麻原彰晃)被告が生きている内には判決が
出ないだろうと予測していた。それが一気に確定した。
それでも初公判から10年5か月・・。
こんなふざけた態度の人間を裁くのに10年とはキツイ・・。
謝罪がないだけでなく、解明もされず、説明すらない・・。
この判決を受けて、オウム真理教の上祐史浩代表が坂本堤弁護士一家
殺害事件や地下鉄サリン事件について

「発生直後から教団の犯行だと確信していた」

とカミングアウト。さらに、

「教団をつぶしたくないという気持ちがあってウソをついてしまった」

とも認めた。さらにサリンの製造、生物兵器の製造までもきちんと認めた。
そもそも、みんな信じてはいなかったが改めて相当なる悪質さだ・・。
改めて、場を設けて被害者には謝罪をすると明言していたが、こんな
キチガイ達に殺された、被害にあった事件の被害者はどこまでいっても、
傷は癒えない・・。

9.11の真実?

ファイル 758-1.jpg

靖国論争と共に、一方の報道がされないもののひとつに「911」がある。
「911」とは2001年9月11日にアメリカ合衆国で起きたアメリカ
同時多発テロ事件。この後、アメリカは対テロ戦争として、アメリカ
のアフガニスタン侵攻、イラク戦争を行う事となる。
この「911」、アメリカでは

「捏造説」「陰謀説」

が今だに根強い。「捏造説」「陰謀説」を唱える側に、確固たる証拠があるからなのと、
アメリカ政府がそれを取り合おうとしないからだが、日本のメディアはこれを伝えない。
疑問点だけをあげてもたくさんのものがある。

○ペンタゴン(米国防総省)の外壁が崩れ落ちる以前のビデオや写真が
 公表されていないのはなぜか?外壁は最初の衝突から35分間崩壊
 しなかった。
○ペンタゴンにボーイング機が激突したとされる直後に撮影された写真
 には、わずか3〜4メートルの穴が空いているだけなのはなぜ?
○米国国内に開示された写真とは裏腹に、なぜ事件から数分後の
 ペンタゴンの芝の上に飛行機の残骸が映っていないような証拠写真
 しかないのか? 旅客機はどこにある? 乗客には何が起こったのか?
○軽量のアルミニウムで作られたボーイング757が、9フィート(2.7m)
 にも及ぶ鉄筋コンクリートを本当に貫通できたのか? 
○そもそもツインタワーは、大型ジェット機のボーイング707が突入
 しても崩壊しないよう設計されていた。
○CNNやABCを含む5人のカメラマンがビデオに捉えた、ノース・タワー
 とサウス・タワーへ激突寸前のボーイング757の機体右側の閃光は
 何だったのだろう? 
○ビルが崩壊する以前に、世界貿易センターの内外で多くの爆弾や
 爆発が報告されていたのはなぜ?
○飛行機が追突しなかったWTC第7ビルがなぜ崩壊したのか?
○WTC南2号棟が崩壊するまで、世界中で火災で倒壊したビルはただの
 一件もなかった。しかも映像では鉄骨が粉々にちぎれて、盛大に
 飛び散っている。
○2度目の衝突を目撃したFOX Newsの社員が、民間のユナイテッド航空
 の175便に窓が見あたらないと報告したのはなぜだろう?
○175便の着陸装置から外部に膨らんだ突起物のようなものがありませんか?
 もし何かがあるとしたら、それはいつ・どこで取り付けられた
 のでしょう? どうやったら気づかれずに、民間の飛行場から
 離陸できたのでしょう? 追突時に何か役割があったのでしょうか?
○米国空軍のジェット機が航空機をなぜ迎撃しなかったのか?

さあ、今晩、日本でも多くの「911」の特集が組まれ、ニュース番組
でも「911」を扱うだろう・・しかし、それは「悲惨さ=アメリカの
正当性」や「テロ撲滅」の方向性ばかりであろう・・。
今、その資料は日本でもきちんと手に入る。そうしたものと共に、
そのメディアの裏側を我々はもう少し疑った目で冷静に感じる
必要性がある・・。

光市母子殺害事件・高裁差し戻し

長い・・。7年でも長いというのに、

「山口県光市で1999年に母子を殺害したとして、殺人罪
 などに問われた当時18歳の元少年(現・25)の上告審で、
 最高裁は6月20日、死刑を求めた検察側の上告を認め、
 広島高裁の無期懲役判決を破棄し、審理を高裁に差し戻した。」

と、裁判所はこれだけひどい事件なのに、まだ遺族に我慢しろ
と言うのか?・・高裁に差し戻した事で、ほぼ「死刑」判決
が出るという・・そこは画期的な判決だそうだ。識者達は
口を揃えて

「予想通り」

との事だが、少なくとも、もう3年はかかるだろうというのが
大方の予想だ。
本村さんは、この日、

「無期懲役という判決が、最高裁が妥当と思わないのであれば、
 最高裁自ら死刑という判決を出して頂きたかった。」

と会見で述べた。全くその通りだ。さらに、

「人を2人も殺した人間が反省しない事の方が、私はおかしい
 と思います。」

「加害少年が自分の罪を少しずつ理解し反省してゆく事は
 当然ですし、そうでなければ困ります。」

「少年が反省するという事と、犯した罪に対する罰を受ける
 事は、全く別の問題だと考えております。ですから反省
 すれば罪が軽くなるとなれば、全ての罪が許されてしまい
 ますので、私はそうでないと思っています。」

とも会見で述べていた。全てにおいて「共感」する。今までも、

「殺意、殺してやるという、それを必死に理性で抑えている、
 それが被害者にとっての裁判です。」

「国家が被害者から刑罰権を独占している今、裁判が復習の
 場でなければ、我々被害者遺族の怒りの矛先は、どこに
 向ければいいのか?」

「私達、遺族は彼に損害賠償なんて求めていないんですよ。
 <死んでくれ>と言っているんです。」

「何度も司法に裏切られても、最後には必ず遺族などが
 求める刑が出る事を信じてこの日までがんばって
 来ましたが、結局は最後の最後まで司法に裏切られました。」

「遺族だって回復しないといけないんです被害から。
 人を恨む、憎む、そういう気持ちを乗り越えて、また、
 優しさを取り戻すためには死ぬほどの努力をしないと
 いけないんです。」

と、今までの数多くの本村さんの言葉のうちの抜粋だが、
どれも「過激」でありながら「冷静」で、繰り返しになるが、
本村さんの全ての言葉に「共感」する。
自分が同じ立場なら感情的にならずに、カンペも見ないで、
こんなに「冷静」な事が言えるだろうか?
自分よりも若いのに、自分よりも数段「大人」だと感じる・・。

第3回公判(1999年11月)に本村さんは法廷内に
妻・弥生さんと娘・夕夏ちゃんの「遺影」を持ち込もう
とすると裁判所側がこれを拒否。

「自分の妻と娘の裁判なのに遺影を持ち込めない。
 こんな不条理はない。」

と述べた。遺族としたら当然の主張だ。
でも、裁判所は拒否した。
しかし、この本村さんの行動から、法廷内に遺影を持ち込む
ことが一般化したという。

少年法に詳しい児玉勇二弁護士がテレビで言っていた。

「社会治安の視点から見ていて、元少年の更生の可能性が
 軽視されている。元少年が具体的に反省して、立ち直って、
 被害者に対して謝罪するような、具体的な更正、可能性の
 システムを実践する事が重要」

というが、この事件においてそんなシステムは必要ない。
というより、

「人を殺した人間は大人であろうと、少年であろうと
 自分の死をもってしか償う道はない」

という「厳罰」こそが、少なくとも

「殺してしまったら、例え謝っても反省しても許され
 ないんだよ」

というメッセージと共に、未成年への抑止力&社会治安
の安定への道だろう・・ましては、殺しただけでなく、
死んだ奥さんを強姦し、赤ちゃんをも殺した人間が
戻る所など、例え「牢屋」であっても存在してはならない。

現在の元少年の弁護をする安田弁護士は「死刑廃止論者」
だが、仮に自分の娘が結婚して同じように若くして殺され、
犯され、産まれたばかりの孫を殺されても、同じ事が
言えるのだろうか? 
そして、仮に、死刑が回避され無期懲役になったとして、
殺された自分の娘と孫の墓前で

「<まあ、しゃあないですわ今更。被害者さんの事です
 やろ?知ってま。ありゃーちょーしづいてるとボクもね、
 思うとりました。う〜ん無期はもうほぼ決まりでして
 7年そこそこで地上に芽を出す>

とか言ってるけど、死刑が回避された事が、私はうれしくて
うれしくてしかたないよ!
私は死刑廃止論者だからね!お前も、そう思うだろう?
7年後は少年は出所して、友達と遊び回り、結婚もして子供も
作って楽しく幸せにおもしろおかしく暮らしていくけど、
お前はもう死んでしまっているし、私はそんな事も決して
妬まず、恨まず、憎まず、ニコニコして少年の更生を喜ぶ
から、お前も天国で無期懲役の判決を喜んでくれ!」

と笑顔で報告できるのか?
もう、誰か「死刑廃止論者」という詭弁者達を抹殺してくれ!

恐怖のエレベーター・シンドラー

個人的に、エレベーターって、乗り物の中でも

「非常に安全なもの」

という認識。
しかし、驚異の「シンドラーエレベーター」のとんでもない数の
トラブルをみると背筋がゾッとする・・。
実は個人的には「シンドラーエレベーター」って知らなかったです・・(^-^;
私は、エレベーターの中で暇だと会社名を見る事が多いのですが、
「シンドラー」というのは見た事がなかった。ほとんどは「日立」「三菱」
「東芝」だった気がする。
で、何で見た事がなかったのかな?と思ったら「シンドラー」は公共施設、
市営住宅、都営住宅がほとんどなのね。
個人的には、一番身近で行く回数が多い公共施設は区役所かぁ!と
思ったんですが、都筑区役所は、住民票や印鑑証明など、ほとんどの事は
1〜2Fで終わるので、2Fへはアクセスが便利なエスカレーターにしか
乗らないし、実は、3Fも固定資産税の書類提出など税務提出関連でたまに
行きますが、エレベーターを待つより、階段で上がった方が断然速く、
乗った事がない。
あとは横浜市営地下鉄がなんとなく「シンドラー」っぽいが、エレベーター
に乗ってもすぐにホームにつくのでメーカー名を見た事がなかったなぁ・。
今度の火曜日に見てきます。(笑)

で、話を戻そう。(^-^;
シンドラーエレベーターは日本国内のシェアはわずかに1%だそうだ。
にもかかわらず、東京都の都営住宅などは

「344(シンドラー製)/2930(都営住宅全てのエレベーター)=約12%」

と10倍以上にのシェアになるそうだ。いわゆる「入札方式」の所は安さで
勝負できるので、日本のエレベーターメーカーよりも確実に2〜3割安かった
シンドラー社に決まる事が多かったという。
その圧倒的な安さがあって、不具合などが耳に入っていなくて、

「世界シュア・第2位!」

という後押しがあって、日本人の外国製品崇拝気質を考えれば、

「機械式時計で有名なスイス製!→精密機械レベル高そう・・うっとり・・」

って事で、シンドラー社に決めちゃうよなぁ・・普通・・。(^-^;
でも、アジアのシンドラーエレベーターを作っているのは中国だそうで、
実際には「中国製」・・(笑)

そのスイス・シンドラーエレベーターに

「エレベーターのトラブルが1999年から今月にかけ、軽微なものも含め
 23都道府県で少なくとも計300件以上起きていた」
「都営住宅だけのトラブルでも2005年4月〜2006年2月で届け出が
 あるだけでも約140件」

という凄まじい不具合回数なのだから驚きだ。(^-^;

で、ハーバート・ウィリアム・ハインリッヒの論文に「ハインリッヒの法則」
というものが書かれている。その「ハインリッヒの法則」の一部分に

「<災害>について現れた数値は<1:29:300>であった。その内訳として、
 <重傷>以上の災害が1件あったら、その背後には、29件の<軽傷>を
 伴う災害が起こり、300件もの<ヒヤリ・ハット(hiyari-hatto cases)>
 した(危うく大惨事になる)傷害のない災害が起きていた」

というもの。まさに不思議と今回のシンドラー事件はこれにあてはまる。
さらに、世界に目を向けると、アメリカ、カナダ、中国でも死亡事故が
起こっており4人が死んでいるという。
という事は「ハインリッヒの法則」に当てはめると世界では300×4という
事で1200件以上は「危うく大惨事になる傷害のない災害」が起こっていた
のではないか?と予測される。さらにアメリカでは130件の訴訟が
起こっている事も露呈すると、

「尋常でない」

とんでもない会社である事をひしひしと感じてくる。

シンドラーのプレスリリースには

「シンドラーはエレベータ業界で世界第2位であり、世界100カ国以上で製品を
 販売しております。世界で、シンドラーの製品を毎日7億5000万人の方が
 利用されています。シンドラーの製品が業界の高い基準にて設計されています。
 シンドラーの製品が安全で信頼できる製品であることを理解していただ
 けるよう、できるだけ早期に事実解明して、皆さんにお伝えいたします。」

と、私達の会社はすごいんだぞ!と勝手に自負して胸を張って頂くのは結構だ。
しかし、今は胸を張る時じゃないだろう!凸(-""-)
それだけ自信があるくせに、今、日本のどこにシンドラーエレベーターが
あるのかマスコミが教えて欲しいというと、全面的に拒むとういう
おかしな会社。
自力で調べるにしても、普通、乗る側としてはエレベーターのメーカー名は、
中に乗らないと見られない事だ。怖いよそんなの・・・(^-^;
という事は一覧を新聞などに発表して頂かないと困る。

さらに、今回の港区・竹芝のマンションの件については

「エレベーターの設計や設備によるものでなく、(シンドラーの
 メンテナンスから変えた)管理会社とその管理会社を選んだ
 港区の責任」

と責任は全くない!とでも言いたげな説明。
確かに、竹芝のマンションのエレベーター保守点検会社は

1998年4月〜2005年3月まで→シンドラーエレベーター
2005年4月〜2066年3月まで→日本電力サービス
2006年4月〜現在まで→SECエレベーター

と保守点検会社が変わっているそうだ。
契約更新の際は入札方式だったらしく、シンドラーは400万ちょっと、
日本電力が150万ちょっとで入札、日本電力となった。
しかし、あまりにも故障が多いため、その値段ではやれないという事で、
次の入札時には日本電力が400万、SECが115万で落札、SECとなった
そうだ。そうなると、実際にはどのくらいのメンテがされていたのか?
やはり安いというのは怖いという結果がでるのか?
今後の警察や国交省の調査待ちですね・・・。
しかし、住民によると、その管理会社に変更してからも、シンドラー社は
きちんと点検に立ち会いに来ていたという。そのシンドラー社の立ち会い
のもと点検中に、エレベーターを呼んでもエレベーターがこないなどの
不具合も発生しており、シンドラー社は

「数々の不具合をわかっていた」

と考えられる。結局はシンドラー社の詭弁という事になる。
さらに、その事が港区には報告が行っていないという事も発覚。
そして、今回の竹芝の事件も、被害者を助けたら、そのエレベーターは
一気に上がって天井に「ガーン」とぶつかる音がしたそうだ。
聞いているだけでもゾッとする。
広島の呉の市営住宅での閉じこめられた事故も6月3日に起こっているのに、
その報告は6月7日という対応の悪さ・・。
しかも、竹芝のマンションは「管理しているのが自分たちじゃないから
知らねえよ!」と言っているが、広島の事件は管理しているのがシンドラー社
なのだ。そう考えると、ソフトだか配電盤だか知らないが、総合して
「製品が悪い」としか考えられないだろう。
ドンドンと酷い対応と共に、製品の悪さまでが露呈している。

メディアで有名になった東工大のシンドラーエレベーターの状態を
載せているmixiのコミュニティ

「J2棟のエレベーターがおもしろい」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=341668

のメイントビ「J2エレベーター、今日の出来事」なんか、マジとんでもない
状況だ。
これができて6ヶ月内の出来事なのだから驚きを通り越して唖然とする。

それでも、シンドラーホールディングスのアルフレッド・シンドラー社長は

「製品は悪くない」

の一点張り。

「認めない!」
「私は悪くない!」
「悪いのは○○だ!」
「謝罪しない!」
「知らなかった!」

と、こうしてみると、日本人には「耐震偽装問題」とそっくりである事を
感じてくる。
確かに、訴訟社会である欧米は、裁判が不利になるために、すんなりと
自分の責任を認める事はしない。しかし、日本はまず謝罪をする。
それからテーブルに着くという美学が普通なので、シンドラー社の対応は
日本人の心を逆撫でする。
でもこんな事で驚いてはいけない。ニューヨークで死亡した男性の妻が
語るには、2年前の事件だが、シンドラー社は未だに謝罪をしていないという。
今回の竹芝のマンションでの市川大輔君(16)が死亡した事故も、管理会社
と港区のせいにしている以上、シンドラー社は謝罪するつもりはなさそうだ。
謝罪するつもりがないのなら、国を挙げて、こんなメーカーは入札禁止
&使用禁止にすべきである。

彩香ちゃんお母さん逮捕

いやいや、今まで言いたくても、ちょっとハッキリ言えず
我慢してきたマスコミが逮捕と同時に、堰を切ったように、
続々と話が出てくるね。(^-^;(笑)

「デリヘル嬢だった」
「友達という友達はいなかった」
「子供の世話はあまりしていなかった」
「家事はしなかった」
「保険外交員をしていた時があり彩香ちゃんに多額の保険金をかけていた」
「自己破産していた」
「生活保護だった」
「米山さんの家とは仲良くなかった」
「共犯者がいる」

しかし、早々と「お母さん犯人説」が噴出していましたが、いずれにしても、
あらためて新聞やテレビの発表をみると、実はゴロゴロと「物証」だらけ
だったんですね・・・。(^-^;

「犯人の髪の毛」
「軽自動車のスタッドレスタイヤの跡」
「靴跡」
「黒い繊維」

は、初めから公開された「物証」、で、その他、逮捕されてからのものは

「うさぎの毛」
「豪憲君を警察犬にかがせると、何度やっても畠山容疑者の自宅に行く」
「豪憲君は発見時、出血&失禁状態で、畠山容疑者の車から血液と尿検出」

さらには、

「白い軽自動車の目撃証言」
「畠山容疑者本人を犯行現場付近での目撃証言」

と目撃証言もゴロゴロと・・・(^-^;

警察でも当初から犯人はほぼ畠山容疑者に断定されていたと言うが、こりゃ、
誰がどう考えても「断定」されちゃうよね。結局の所、やはり

「火のないところに煙は立たない」

という事か・・・。

村上氏がインサイダー取引認める

本日というか連日、でかいニュースが駆けめぐった。

「村上氏がインサイダー取引認める」
「彩香ちゃんお母さん逮捕」

個人的には前回6月2日の村上氏の「インサイダー取引の疑い!」って
だけで下がったのに今日は「村上氏がインサイダー取引認める」と
株取引前に発覚したのと、ヒルズ族関連事件というイメージと、
NYの下落も含め、今日は

「うお!、村上銘柄と投信系、新興系は軒並み暴落か!」

とビビって9時を迎えたが、やっぱ、新興はよくわからないな・・(^-^;(笑)
村上氏が「膿」だったのか?と思う位に、元々、業績が良かった
有名どころ銘柄は、どこも1株で1万〜5万レベルで、昨日と同じく
メチャクチャ高騰!陽線続出!(^-^; 
日経平均も下落の中、今日はストップ高銘柄も・・という自分の予測と
は全く逆のメチャクチャうれしい展開。(笑)
でもさ、新興の一気吹き上げはやめてほしいなぁ・・・。
どうせ、大きく戻すんだからさぁ。
さらに、上がらなくちゃおかしい時には上がらないで、下がりそうな
時には上がったりする。ジワジワと礎を築きながら、しっかりとした
チャート形成をお願いしたい・・・。
でも、隠れて首くくった人間が何人いただろう・・という位に、まるで

「個人投資家あぶりだし!」

的に新興は業績の良い銘柄も、底はどこまで深いの??と下げに下げ
まくっていたから、傷跡が埋まるまでには、まだまだなんですけどね。

「2日の急落過程でロスカットや追い証売りなどが前倒しで出てきて
 いるとみられ、日経平均は2日安値で底をつけたとみている。」

との証券会社の話。
鵜呑みにするつもりはないが、その通りであってほしい・・。

で、村上氏は会見で

「ライブドアが大量取得する事を知ってやったわけじゃないが、
 知ってしまった。私は証券市場の中で<プロ中のプロ>と自認して
 いるが、ミステイクはある。認識が甘かった。」

と語った。なんか、まるで「自分は意図的ではなく、事故にでも
あった!」ような会見だったが、知るまでは別に違法性はない。
しかし、<プロ中のプロ>と自負しているのならば、その時の
<プロ中のプロ>対応は、その聞いてしまった関連銘柄とは
全く違うものを買えば良いだけの話だ。
先にニッポン放送を買っていても、それを聞いてから、さらに大量に
買い増している以上、これはミステイクではなく、どこをどうみても、
完全に<インサイダー取引>だよね。

いずれにしても「村上ショック」が大した事なくて良かった。

おしゃぶりであご変形

「おしゃぶりを3歳まで使い続け、あごが変形するなど深刻な障害が
 残ったとして、横浜市の少女(6)と母親が、おしゃぶりを販売した
 大手ベビー用品会社コンビ(東京)に約1000万円の損害賠償を求める
 訴訟を5月31日東京地裁に起こした。」

なんでこういうアメリカをマネした

「悪意のこもったテロ訴訟」

を起こすのかね?まあ、悪意を持った人間の入れ知恵だろうけどさ・・・。

「少女は生後2カ月ごろから1歳まで1日約15時間使用。その後も
 3歳10カ月で歯科医に止めるよう言われるまで、就寝中に使った
 結果、あごが変形したほか、歯並びが悪くなった。」

と言うが、普通、そこまで使わないでしょう。
この母親、どう考えたって常識を逸脱している。だって、

「就寝中に使ってあごが変形したほか、歯並びが悪くなった」
「1日約15時間使用」

って・・・この母親「○○」じゃないの?ヽ(`Д´)ノ 
例え、就寝中に使っても、子供が寝たらはずすでしょ普通!

「そんな事どこにも注意書きが書かれていなかった!」

という所もアメリカをマネた悪意ある主張。
電子レンジでネコを乾かして死んだ際に、動物を乾かしてはいけないと
書いていなかった!というのと同じレベルだ。(-_-;)
人間なんだから頭で色々な「恐れ」を考えろよ!
一から十まで注意書きがないと気付かないのかよ!

裁判所は、日本ではこうした裁判は通用しない事を、ぜひ、見事に
表現して欲しい。そして、こうした常識を逸脱した母親が考える事も
せずに、おしゃぶりを「無責任」に与え続けた「親としての管理責任」
も厳しく追及して欲しいと思う。

絶対にアメリカのような判決を出してはいけない。

和田義彦氏・盗作疑惑

************************
「今春の芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した洋画家の和田義彦氏(66)が、主な受賞理由となった昨年の展覧会に出展していた作品 「盗作」を多数指摘する匿名の投書が4月に社団法人日本美術家連盟にあり、今月半ばには同庁にも寄せられたことから調査を開始。現時点では十数点が似ていると判断している。」
************************
あまり気にしていなかったが、
テレビで観てビックリした。(^-^;
盗作されたと主張するローマ在住
のイタリア人画家アルベルト・スギ氏
(77)の作品と芸術選奨文部科学
大臣賞を受賞した和田義彦氏の
作品を並べてみるとこれは素人目
にみても

「かなり似ている、というよりそっくり!」

でしょう!(笑)
構図などが似ている、ある群像画
では、踊る人の手足の形など
細かい姿勢が一致。背景以外が
酷似した人物画や抽象的な描線
まで似た作品が十数点あるという
のだから、どう考えても

「意図的」

でしょうね。和田氏は「似た作品」の
存在は認めながら

「スギ氏とは交流があり留学中に影響を受けた。酷似しているのは一緒にデッサンしたり同じモチーフで制作したもので、盗作ではない」

「1970年代にイタリアに留学して以来、スギ氏とは長い付き合いで、留学当時は一緒に習作やデッサンをして芸術的な影響も受けたが、盗作ではない」

さらに和田氏は、

「はめられていますよね完全に。無差別テロに。絵描きの専門家が私の絵とスギさんの絵を見たら、そんなの明らかに違いますし、そんな事はですね、絶対にタブーなんです。盗作というのは!」

と強気な主張している。
共作だとしても、下記の画像の絵は、
向かって左がスギ氏の「妻と夫」で
1976年発表、右が和田氏の
「宴の後」2005年発表と、和田氏は
共作作品を30年も後に発表して
きた事になる(笑)

ファイル 677-1.jpg

一方、スギ氏は

「コピーであり、やりすぎだ。あり得ない話」
「彼の作品は私の作品から盗作したものです。恥知らずのやり方で盗んだんだ。」
「2人の共同作業は一切なかった。彼(が来た時に)は私のアトリエで写真を撮って帰っただけだ」

と、和田氏は、以前にスギ氏の所へ
行くとスギ氏の作品を写真で1枚1枚
撮影していたと主張。
しかし、スギ氏によると、その強気な
和田氏だが、実は5月にローマの
スギ氏宅を訪問し、泣きながら謝罪
したという。
その時に、スギ氏に

「ただひとつお願いがあります。私を訴えないで下さい。肺の重い病気で先も長くない。」

と訴えたという。それを聞いたスギ氏は

「ここで、泣きながら謝る、病気で死にそうだとそういう人に、似た絵を描いてどうしてくれる?と言えますか?私は何も言えませんでした。とにかく、訴えたりしないと言いました。」

すると、和田氏からスギ氏宛に
後日、FAXが届いたという。それは

「1つだけお願いがあります。あなたが何度も約束してくれた事を、書面で保証してもらえないでしょうか?つまり私を訴えないと・・」

という内容だった。
ずいぶんと自分の保身しか考えない
「むしのいい話」だよなぁ・・(^-^;
盗作疑惑に強気なのも、スギ氏から
訴えないという確約をもらっていたから?
という部分を、素人目にも強く感じる。

しかし、余計なお世話ですが、こうして
スギ氏や色々なマスコミによって、
外堀を埋められてしまっては、もう、
先に記者会見をしても疑惑を払拭
するのは難しいんじゃないかな?

いずれにしても、今となっては、
全ての面で、和田氏とスギ氏双方
の言い分が違う・・とは言うが、
それ以前に、啓蒙されただの感化
されただのはわかるが、和田氏
自身は自分の感性があって自分の
絵を描いているんでしょうから、
何もあとからこうして指摘される
ようなマネをする必要は無いと思う。

自分の感性で描けば良かった。

でも実は芸術家というのは、その
自分の感性が無い場合には新しい
アイデアというのはすぐになくなり、
何も浮かんでこなくなったあかつき
には「盗作」に走ると言われている。

あとは、知らず知らずのうちに自分
の地位が上がってしまい、自分の
感性ではそれを守れない感性に
廃れてしまったが、今の自分の
地位をどうしても守らなくては
ならない!って時にも、やはり「盗作」
してしまうと言われている・・。

和田氏はそのどちらにも合致して
いるように思う。

でも、簡単に書いたが、感性を
研ぎ澄まさせ続けるというのは
大変な事であり、同時に、その位、
芸術界で生き残るのはすごく
大変なんでしょうね・・。(^-^;

美術評論家の瀬木慎一氏は

「ほかの作家の作品を使う行為は多くの巨匠もしているが、これは全然違う次元の問題だ。」

と話している。

 文化庁芸術文化課は「絵が似て
いるのは事実。両者の意見を
確認し、どう見るかの判断を
専門家にしてもらったうえで
対応したい」と話している。

さらにスギ氏から盗作の正式な
指摘が出れば、芸術選奨を選考
した審査員に諮る方針だという。

そして5月31日、和田氏が
2002年に「安田火災(現損保ジャパン)
東郷青児美術館大賞」を受けた
作品も、スギ氏に同様の構図の
作品があることが分かった。

盗作と認定されれば、授賞取り消し
も検討するそうだが、スギ氏にも
謝罪もしていて、これだけ似ていりゃ
仕方ないだろう。(^-^;

駐車違反取り締まり改正

本日(6/1)より、駐車違反の取り締まりが改正される。

トラブル防止のために、2人1組で行う。持参の携帯端末
はカメラはもちろんの事、図面などを入力する事も
できるようになっている。

しかし、「駐車監視員」の業務は結構時間がかかるそうだ。

1.運転手がいない事を確認
2.証拠の写真を撮影
3.ナンバープレートデータを入力
4.どの位置に駐車違反しているかをメジャーで実測
5.携帯端末へデータ入力
6.駐車違反シールが出てくる→車に貼る

と、この作業に個人差が大きいそうで、速くて5分、
遅い人だと10分以上かかるそうだ。
でも、慣れてくればもっと速くなるでしょうから、
今の所は5分なら駐車しておける感じだが
その後は2〜3分でその作業を終わらせる人
も出てくるでしょうから、駐車は難しくなるのかも・・。

で、運転席にいない事を確認した時点で駐車違反
になると言われているが、実際はこの「駐車違反
シール」を貼られた時点で駐車違反となり、貼る前
に戻ってきた場合は厳重注意になるとの事。
また、今までの「駐車違反の黄色い輪っか」は警察
でないとはずしてはいけなかったが、今回のこの
シールはきれいにはがれるので自分で勝手に
剥がして良いのだそうだ。

しかし、今までは罰金を払わずに逃げると逃げ得
だったらしい>年間約20%いるそうな。
今度はその辺が強化してあるそうだ。

<運転者未出頭の場合>
使用者責任への追及。放置違反金(反則金と同額)の
納付が命ぜられます。(持ち主が乗っていなくても持ち主
への責任。まあ、連帯保証人的な感じ)

<常習者の場合>→車両使用制限。
<それでも支払い無しの場合>→車検通さず。
銀行口座差し押さえ。

とは言うものの、おかしな点がないでもない。
「駐車違反シール」を貼られ、

○出頭すると
 <運転者>対し反則金の納付命令・15000円(普通車)
 ・違反点数<1点>
○出頭しないと
 <車の持ち主(車検上の使用者)>対し反則金の
 納付命令・15000円(普通車)
 違反点数<なし>

という「???」な部分も・・。
普通は<運転者>で<車の持ち主(車検上の使用者)>
というこのパターンである人がほとんどだと思う。
その場合、出頭をしない方が違反点数を引かれない
というメリットがでてしまう。(^-^;
ただ、放置違反金納付命令を繰り返し受けた常習違反者
には、一定期間、車両の使用が制限されますけどね・・・(笑)

しばらくの間は駐車違反を取り締まる所は警察のHPなど
できちんと公開されるそうだ。
もめる前に仕事前や観光前にはHPのチェックという事
ですな(笑)
でも、個人的にはそんな柔らかくでなく、明治通りだとか
大きな通りの左車線の大量駐車違反などは毎日のように
ガンガン取り締まってもらいたいとは思いますがね。

苫小牧・桜井市長は**?

おもしろいなぁ・・(笑)「妻同伴わいせつ釈明記者会見」で
一躍有名になった北海道苫小牧の桜井忠市長(52)。
なんと一昨日の5/25に

「きちんと主張すべき所は主張したいと思います。」

と再度、記者会見を開いた苫小牧・桜井市長・・。
市長、いや、公職の人間が、これだけリアルに<下の話>を話すのは
前代未聞だろう・・(笑)

「午前2時頃(被害を訴えている)女性が、酔って私の隣のカウンター
 にうつぶせになって眠ってしまったため、しばらくして私が抱いて
 (お姫様だっこして)ボックスシートに連れて行って寝かせ、
 (女性が)ミニのチャイナドレスを着ていたため、下着が
 見えないよう私の上着をかけてやりました。」

と導入部は「真摯」なのか「下心」なのか理解に苦しむ・・(^-^; 
さらに、

「私はカラオケのテレビ画面を見ながら、斜め後ろにある(被害を
 訴えている)女性の<おしり>を撫でながら歌っていました。」

いやいや、この恥じらいもなく胸を張った堂々さはどこから
来るんだ???(・。・?(笑)
この場面を想像するだけでも、通常の関係ではないわな。
少なくとも普通のスナック&パブではありえない光景だ。

「その際、かなり酔っていたため詳しくは覚えていませんが
 <前の部分>にも触ったかもしれません。」

うお!公の場ですごいカミングアウト!(爆)●〜*
しかも、市長の話では、ちゃんと下着の中のおしりを撫でていた
そうですから「前の部分」って・・(^-^; これじゃほぼ

「ピンサロ」

状態じゃん!・・(爆)●〜* 
でもさ、悪いが、やった行為がわからない程に酔っていたら、
カウンターで自分の隣で寝てしまった女性を、後ろのボックス席まで
お姫様だっこで抱きかかえて歩くなんてできないぞ・・普通・・(笑)
で、さらに続く桜井市長!

「私はこの女性と<大変親密なつきあい>をしてきており、この店で
 (被害を訴えている)女性とチークダンスを踊ったり、カウンター
 の隣に座ったりした際、女性の<下腹部>を触ってるのを彼女も
 許してきた事から、この日も許される範囲だと思ってしまった
 のだと思います。」

どうも、桜井市長・・前回と同じ<大変親密なつきあい>を再度、強調!
しかも、いつもチークの時やカウンターで隣り合わせの時は<下腹部>を
触っている!とまでカミングアウトしたんだから、いっその事

「愛人だ!」

って発表しちゃえばいいのに・・(笑)
って、いくら愛人でもさ、サルじゃないんだから、それ以前に、
普通、店内でそこまでするなよ・・(^-^;(笑)
しかし、男側からすると、いつも「下腹部」を触らせて頂いている
間柄なら、世の中の男性100人に聞いても100人が

「今回も大丈夫」

と確かに思うな。(゚-゜)\バキ(笑)
そうなると男性心理的には、桜井市長の言う

「今回だけ、お・あ・ず・け!」

は確かにツライ!そこは理解できるぞ!(爆)●〜* 
しかし、ここまで赤裸々に話すのは、この時点で「セクハラ」には
ならないのか?裁判でそこを突かれたらどうするんだ?
どうも自分で罪を重くしているような・・(^-^;

で、記者から

「なぜ触った部分だけ記憶がない?」

という質問がとんだ。そりゃそうだ。
そこだけは「かなり酔っていてわからない」と言葉を濁すが、
その他はきちんと状況説明できる程覚えているんだから・・(笑)
で、桜井市長、

「ですから、触っていた事は触っていたんですよ、見て触って
 いるんじゃなくて・・こう・・歌いながら、こう・・あの・・
 <おしり>を撫でてずっと触っておりましたから、そういう中で、
 脚・・おしり・・触ったかもしれません。」

「把握しないというか、触っていましたから、色々あったかと
 思いますけれど・・」

と、本当はそれ以上の事をやっちゃったんだよぉぉ!とハッキリ
言いたいけど言えないもどかしさの中での答弁みたい・・(笑)
でもなんだか、ここまでカミングアウトすると、

「もしかしてネタ?」

とすら思ってしまう。(笑)が、きっと本当は桜井市長はこの女性に

「未練タラタラ」

なんだと思う。こういうパターンって、若い時にあまり女性にもてない、
恋愛してきてない(市長がそうだという事でなく)人が、こうやって
年をとってから<恋>をすると抜けられないと良く言われている。
なんだか、その典型的なパターンな気もする。(^-^;
で、この桜井市長・・5/31で辞任が決定している。
余計なお世話だが、今後の奥さんと子供達の行く末が気になってしまう・・。
こんな夫、こんな父親・・不憫だ・・_| ̄|○

いざという時に警察は動いてくれるのだろうか?

また警察の心ない言葉や忙しくてやりたくなかったのか?
わからないが、秋田県藤里町の小学校1年米山豪憲君(7)が
殺害され事件で、2軒隣の4月に水死した同じ小学校に通っていた
小学校4年畠山彩香ちゃん(9)が死亡した経緯についての警察の
ひどさが徐々に浮き彫りになってきている。

畠山彩香ちゃんのお母さんは当時から

「事故じゃない。捜査を!」

と警察に訴えていたという。その事故とは思えない理由は、

1)本当に河に転落をしたのか?

警察は自宅から約500mの所の河原に彩香ちゃんが足を滑らせた
らしき跡があった事から「事故」と判断。しかし、お母さんの話だと

「彩香ちゃんは水が嫌いだったので川に近寄る事は考えられない。
 普段川に行かない事はそれは私との約束の一つでした 」

という。また地元の人は、

「足を滑らせたといわれる場所は勾配もなく転落するとは考えられない」

のに、警察はどうしてもそこだと譲らなかったそうだ。

2)彩香ちゃんの遺体が下流まで流れる事は可能か?

彩香ちゃんが足を滑らせたとされる場所から、遺体発見場所まで
約7kmあるという。その間に「2カ所」に

「止水せき」

という「水をせき止める所」があり、川底に沈んで転がっている
ものをそこでせき止め、上澄みの水のみ流れるようになっている。
監察医の方によると、遺体というのは

「浮いているのではなく、川底を回転して流れてゆく」

のだそうだ。という事はその2カ所の「止水せき」を、川底を回転して
流れている遺体が超えてゆく事は事実上不可能という事になる。
でも警察にはその事が不思議ではないらしい。

3)彩香ちゃんの遺体が無傷なのはなぜ?

再び、お母さんの話では

「無傷だったし・・あれだけゴツゴツした岩とか浅瀬があった所を
 流れてきたのに着ていた衣服にかぎ裂もひとつもなく、靴も
 ちょっと大きめの靴を履いていたのにちゃんと履いたままと
 いうのはおかしいんじゃないかと・・・。」

という。その話の通り、川の途中には、川幅いっぱいにブロックが
敷き詰められておろし金のようになっている所がある。
そこを川底を転がっている遺体が無傷のまま、さらには、衣服までも
無傷なまま、通り抜けるのはちょっと不可能だろう。
しかし、これらがあきらかになっても、警察からは「コップ一杯の
水も飲んでいない」と説明されたうえで「水死だった」と言われ
「事故」を譲らなかったという。
さらに、彩香ちゃんのお母さんは警察から信じられない言葉を
耳にする。

「お母さんだって行動を全部分かっているわけではないでしょ」
「事件よりも事故の方がお母さんも救われるでしょ!」

いやいや、こうして今までの色々な事件の警察の姿を見ていると、
いざ我が身の時には、果たして警察というのは動いてくれるのだろうか?
一番の不安である・・・(-_-;)

苫小牧市長・わいせつ行為で辞意

「北海道苫小牧市の桜井忠市長(52)が5月5日未明、市内の飲食店で
 酒に酔って、店内でうたた寝をしていたその店の経営者の40歳代の
 女性の下着に手を入れ下腹部などを触ったという<わいせつ行為>を
 した問題で、女性にした行為そのものは大筋で認め<市長の資格は
 ない>と辞意を表明した。」

とまあ、これだけみると、辞任は当然だろう。
しかし、昨日(5/18)の桜井市長の記者会見はちょっと違った。なんと、

「<下半身系事件の釈明記者会見>に奥さんが同席」

という驚きの会見だった。(笑)で、その席で奥さんは、

「ずっと、思っていた事を少し話させて頂きたいと思います」
「お店から帰って来た時にワイシャツにファンデーションや口紅を
 付けていたので、そういう事は付けないで帰って来て欲しいと
 (市長に)何度も言っておりました所でした。」
「ひどい時は(市長の)ワイシャツに(女性が)ボールペンで
 <ルミコ>と名前を大きく書かれる事が2度あった」
「(市長の)靴底に(女性が)ホワイトマーカーで自分の名前を大きく
 書かれた事もありました」
「なんか私に当てつけがましい事(いやがらせ)を感じた」
「主人が、この3年間大変な思いをしていた時に、話し相手になって
 頂き、癒して頂いた相手には感謝しています」

と愚痴なのか、感謝なのか、罵りなのか、皮肉なのか、妻として
夫を管理不十分だったと謝っているのか、よくわからない
「奥さんの同席」・(^-^; 
で、会見の中で、桜井市長は奥さんの前で

「私と彼女は今まで<とても親密なお付き合い>をしてまいりました。
 私の選挙活動なども積極的に応援してくれましたし、毎日のように
 メールのやりとりもしてました。」

で、以前にも同様の事は

「例えばね、お店の中で<タッチ>をするとかね、そういう事は何回
 かありました」

と体に触るのは普段は大丈夫だったと女性との関係を、堂々と、しかも、
赤裸々に<とても親密なお付き合い>話すという一幕も・・(^-^; と
いってもそれ以上の行為があっても会見じゃ、さらには奥さんの前じゃ
話す事はできないでしょうけど(笑)でも、下衆の勘繰りですが、

「彼女は今までとても親密なお付き合いをしてまいりました」
「毎日のようにメールのやりとりもしてました」
「普段、体に触るのはOKだった」
「店内でうたた寝していた女性の下着に手を入れ下腹部などを触った」

と、普通、お客様がいる所で「うたた寝」はしないでしょうし、
この会見で話されたこの4つの話だけでも、女性との関係が安易に
想像できちゃうよね(笑)
また、桜井市長の代理人弁護士によると

「女性側からは、即金で500万円をイベントへの寄付の形で支払うよう
 要求があった。示談金として即金で用意できるのは100〜200万円と
 提示した」

と話している。女性はこの交渉の中で態度を硬化させたという。
という事は、どっちもどっちだが、結局の所、愛人との金欲しさの

「痴話ゲンカ」

じゃん!(笑)
となると、結局、奥さん何のためにいたのだろう・・(・。・?(爆)●〜*

出産ができない?

非常に深刻らしい・・・。各地で子供を「産む」所が無くなっている。
これでは、少子化に歯止めをかけるなんてレベルでなく、もっと
基本的な部分が原因で子供を産まなくなる環境になっていく危惧がある。

日本産科婦人科学会の検討委員会の調査報告によると

「全国の大学病院と関連病院で常勤の産婦人科医師の数は2年余りで
 約8%減少し、出産を取り扱う関連病院も約9%減った」

との事。全体の医師数は増加しているが、産婦人科医師数は2003年4月が
5151人だったのに対し、2005年7月は4739人と約8%減少。
さらにこの間の出産を取り扱う関連病院の数は、1009施設から914施設と
約9%減ったというのが現実の数字だそうだ。
パーセンテージだと素人目に大した事がなさそうだが、現実の数字をみると、
ちょっとすごい減り方だ。(^-^;
産婦人科医師、小児科医師、脳神経外科医師の3つの減り方がすごいとは
聞いている。どの科も昼夜問わない

「昼夜問わない過酷な勤務」
「多い訴訟」

さらに、産婦人科は

「夜間も当直をしているか自宅で待機していて、気の休まる時がない」
「出産年齢が高くなっていることや不妊治療による多胎妊娠の増加で、母子に
 危険を伴う妊娠・出産の例が増えている」
「妊娠中毒症、糖尿病、高齢など、異変が起こる可能性が高い妊産婦(ハイリスク
 妊産婦)をみる大学や病院では、産科医の仕事はさらに激務になる」

という素人目にみても「怖い仕事」と感じる。それと同時に、今後の見通しのたたない

「少子化」

を考えると、出産する人&子供が大きく減ってくる。
という事は、今後、確実に患者(お客様)がいなくなるという事ですから、


「昼夜問わない過酷な勤務」
「同時に休養が取れない」
「多い訴訟」
「リスクが高い」
「少子化による患者減少」

と、どんどんと項目が増える事になる。この目に見える現状をふまえれば、
どう考えても自然に産婦人科医師が増える事はあり得ないだろう。

この神奈川県でも産婦人科医院の閉鎖が相次ぎ、少なくとも1000人の妊婦が
1時間以上かけて東京の病院に通院しなくてはならないとも以前報じられた。

もはや、医学界だけに任せるのではなく、国の政策として,正面から取り組まないと
いけない大問題である。産婦人科、小児科は医者になるためには必ずやらなくては
いけない!「必須」じゃないが強制的にやらせるという荒改革がふと頭をよぎったが
産婦人科、小児科が「必須」なので仕方なくやってるんだよ!みたいに、

「イヤイヤ」

やられるのも大迷惑だし困るもんなぁ・・。
当座、金で釣るんじゃないけど、保険点数などを大きく見直して、一番多い科の
保険点数を大きく下げ、産婦人科、小児科の保険点数を大きく上げるというのは
いかがでしょう?(^-^;>邪道ですが、一番効果的な気がするのですが・・・。
あ、でも、出産は保険がきかないんだった・・・_| ̄|○

隣人トラブル

千葉・浦安市の理容店経営の志田京介容疑者(42)の姿に同じ職業
として悲しかった。さらに、チョキちゃんのステッカーが貼ってあり、
Sマークの認定店という店で、悲しさがさらに増した・・。(;_;)
商売をやっている人間が普通やるかな?という疑問はあるが、現実に
起こっている事ですから受け止めなくてはいけない。

「前の居酒屋&中華料理屋の客の路上駐車」
「カラオケの騒音」

が、約3年半前からのトラブルの始まりと言う。しかし、志田容疑者は
2003年にその中華料理屋さんの家族に暴行、逮捕されている。

<2003年>
02月→今回の被害者・中華料理屋さんの家族が志田容疑者に
    暴行を受け、被害届提出
11月→一審判決「懲役10ヶ月」と出たが志田容疑者が不服として控訴

<2004年>
04月→二審判決「懲役1年・執行猶予4年」と出たが志田容疑者が上告
09月→最高裁で棄却。よって志田容疑者の刑が確定

<*ここから嫌がらせがエスカレートする>

「屋根に何十回も石を投げる」
「風呂に入るとこれまた何十回も石を投げる」
「店の前で棒を持って仁王立ちする」
「家を覗く」
「罵声を浴びせられる」

と、12月に入り、中華料理屋さんの家族が嫌がらせにたまりかね引っ越す。
しかし、すぐに引っ越し先を探し当てられてしまう。

12月24日のクリスマスイブより、志田容疑者が偽注文を開始する。
4ヶ月に渡り行った「偽注文」はすごい!

<出前>
アダルトグッズ
アダルトビデオ
寿司
そば

ピザ
布団

<業者>
葬儀屋
ペット葬儀
クーラー修理
ハウスクリーニング
鍵修理
タクシー
デリバリーヘルス
パソコン
引っ越し
不動産
便利屋
マッサージ
リサイクルショップ
水道工事

とその他にもう無いんじゃないかと思う位に多岐に渡る。
その数、3ヶ月ちょっとで164件とな・・・(^-^;
30日で割っても1日あたり1.8件となる。
ほぼ1日に2回の偽注文があった計算になる・・。すごい・・(-_-;)
業者の方は本当に困る。本当に水漏れなどで水道工事をして欲しくても

「またあそこか!」

と言われてしまうよなぁ・・。これ、当事者は困るな・・・。
もういわゆるブラックリストに載っている状態だろうしなぁ・・。
そして、5月8日に寿司屋に電話し上寿司7人前(1万2千円相当)を
注文し、寿司屋の業務を妨害したということで「威力業務妨害」の
疑いで逮捕。

でも、近隣関係の憎悪や、単純な憎悪は「ストーカー禁止法」の対象に
ならないのだそうだ。やられた方がノイローゼになるとかでないと
立件は難しいらしい・・。あのすごい奈良の「騒音おばさん」ですら、
傷害と暴行の罪があったから「懲役1年」と出たが、今回の「威力業務妨害」
では「懲役3年以下、50万円以下の罰金」でしかないらしい。
ただし、今回は志田容疑者が執行猶予中の事件なので、懲役刑は免れない
そうだが・・・。でも、出てきてからあそこで志田容疑者は理容業は
できないだろうからこういう根に持って行動を起こすタイプは、
より迫力を増した

「ストーカー化」

しそうだなぁ・・。でも中華料理屋さんのそばの店というのは確かに
風の向きなどによっては調理の臭いや、カラオケならば換気扇からの
音洩れというのはどちらもすごいんだよね。それが深夜の1時や2時まで
続き、さらに路駐で家の入り口をふさがれたりしていたら確かに文句は
言いたくなるかもしれないので、志田容疑者のトラブルの始まりは
個人的には理解できる。
それ以降は行き過ぎだとしても、こうなるまでに中華料理屋さんの方の
対応も、路駐にならないように駐車場を借りる努力をするだとか、
カラオケはやめるなり、やるにしても近隣と話し合い「*時まではいい」
みたいな許可を取り付けるだとか、防音対策きっちり行うだとか、
近隣に対して「誠実」じゃなかったんじゃないかな?と推測する。

いやいや、近所づきあいは難しいね。

イースタン・チャレンジャー号・沈没

午前5時27分にイースタン・チャレンジャー号から海上保安庁に
SOS、衝突から6時間半、午後0時7分に沈没・・・。
凄まじかったですね!
映画でなく完璧に沈むシーンを見たのは初めての人がほとんど
であろう・・。
横っ腹から海水が侵入し、だんだんと船底に貯まり、そのまま
沈んでいくものかと思っていたが、不謹慎ながら、船首を
下に向け、あんなに見事に沈んでゆくのかと変な所に興味を
覚えた。(^-^;
とはいうものの、船のようにそれほど速度の無いものなのに、
あんなに見事にぶつかるものなのか?

「事故当時、濃霧で視程150m」

と発表されている。となると150m前で初めて壁のように
大きな物体が見えた事になる・・さらにぶつかった「津軽丸」
は気付くのが遅れたと話しているそうですので、実際には
旋回までに100mなかったのかもしれない。
さらに、船の速度が出ており、余力で進んでしまっている訳
ですから、素人考えでも、イースタン・チャレンジャー号
の幅の「壁」が見えて気付くのが遅れてぶつかるまでに
100m切っていたら旋回は難しいだろう・・。
さらに、知らなかったが、事故の起こった時間の午前5時半頃
は、東京湾への入港船の数は実はピークの時なのだそうだ。
東京湾の一番狭い「浦賀水道」は、ただでさえ多いときには

「800隻」

が通るという超難所で、狭さも700m×2コース(上下それぞれ
1コース)しかないのだそうだ。いやいや、船の世界も
すごいのね・・(^-^;

さらに、沈んだフィリピンの貨物船

「イースタン・チャレンジャー号(6182トン)」

は、以前に「武器密輸」が発覚していたり、一方の

「津軽丸(498トン)」

は、昨年6月北海道沖で衝突事故を起こしているなど、
どちらも何らかの

「やんちゃ船」

な「オチ」がついているそうな・・・。(笑)

ロッテワールド

ロッテワールドの話、以前書いておいたけど載せるの忘れていた・・(^-^;

「3月26日の朝、ソウルのロッテワールドは3月6日に乗り物に乗っていた客が
 墜落して死亡した事件に関連し、謝罪の意味を込めて、無料開場し、10万人
 の来場者が一気に押し寄せ、数十人が倒れてケガをするという事故が発生した。」

午前9時に入場が始まってから、わずか40分で受容限度の2万人を超えてしまったという。
ダメと言ってもどんどんと入ろうとする群衆、最終的にはロッテワールドの道という
道には人だらけ・・(笑)>国民性なのか?自分勝手なのか?幼稚なのか?

韓国では人気No.1の場所らしいから、日本で言うと、

「ディズニーランドが無料開放」

つうのと似たような感じか・・・。でも、日本なら、2万人しか入れない所に
10万人もいたら、多くの人達は帰っちゃうだろう。
だって、どう考えたってアトラクションにの所だって同じように混む訳だから、
仮に入場できてもおもしろくないだろうと普通は考える。(笑)

しかし、ロッテワールド側もロッテワールド側だ。
韓国では人気No.1の場所という「自負」はあっただろうから、

「無料はまずいでしょう!(゚-゚)b」

実際、その「無料」の裏側には無料招待客を呼び込んで、混み合っているが
喜んでいる園内のお客様を写し、それをTVのニュースなどで放送してもらって、
先日の乗り物墜落事故で失墜したイメージや事故後、減り続けていたという
入場客の減少を挽回できるという

「安易な商魂」

がなかったといえば「ウソ」になるだろう。
さらに、韓国人気No.1の場所を無料開放したらどんな事になるのか?
それを予測できなかったロッテワールド幹部はちょっと「無能」だ。
それにしても、10万人も集結してよく「大惨事」にならなかったと思う・・。
それだけが幸いだ。

栃木リンチ事件・警察捜査怠慢認定

先日の沖田さんの民事訴訟と正反対のひさびさに、胸のすく判決だ。

「栃木県上三川町の会社員須藤正和さん(当時19歳)が1999年12月、
 少年グループにリンチを受けた末に殺害された事件を巡り、遺族が
 県警の捜査の不手際などを問題として、国家賠償法に基づいて県などに
 約1億5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、宇都宮地裁で
 あった。柴田秀裁判長は『警察権を行使しなかった事で、殺害行為の招来を
 防止できず死亡に至ったと言える。警察権の不行使は国家賠償法の違法な
 公権力の行使に該当する』と判断。県と加害者に計約1億1200万円の支払いを
 命じた。このうち約9600万円について県に連帯して賠償責任があると認めた。」

お父さんが同じ理容師という事もあって、実は身近に感じていた。
この6年半の間に、妻・洋子さん、主任弁護士が相次いで亡くなるなど
自分のまわりからどんどんと人がいなくなるのだから、裁判以上に
精神面で大変苦しかったと思う・・。

しかし、明らかになれば明らかになる程、栃木・石橋署の「ずさんさ」
はすごい。9回にわたり両親は栃木・石橋署に足を運ぶが捜査は実現せず、
その中でも栃木・石橋署の対応がひどいのが、

1999年10月19日

父「何か犯罪に巻き込まれたのではないか?」と捜索願を出す。
警察「警察は事件が起こらないと動かないんだよ!」

1999年10月22日

父「監禁か軟禁状態にあるようだが」
警察「憶測に過ぎない。麻薬でもやっているんだろう。」

1999年11月30日

父「防犯カメラの調査を要請」するも、
警察「裁判所の許可が必要」と取り合ってもらえず放置。
その要請中に正和さんから電話が入る。そこで父は「友人に替わるから」と
転機をきかせ、石橋署の警察官に替わる。そこで電話に出た警察官は
なんと「石橋の警察だ!」とあっさり身分を明かしてしまう。

1999年12月2日

正和さんは山中に埋められ殺害される。発見時は全身の皮膚の80%にヤケドが
あったという。正和さんの最後の言葉、

「生きたまま埋められるのかな。残酷だな」

という言葉が裏付けるように、犯人の3少年の供述によると、2ヶ月間にわたり、
激しい暴行を繰り返し、熱湯のシャワーを顔や身体にかけ、吹き出る殺虫剤に
ライターで火を付け火炎放射、ヤケドをした箇所を靴べらで叩き続ける・・
消費者金融から約700万円借りさせるという目の覆いたくなるような内容だ・・。
その700万円の件も両親は調べてわかっており、栃木・石橋署に相談しているが

父「借金を強制されているようだ」
警察「お金を借りているのは、あんたのせがれだよ。仲間に金を分け与えて
   おもしろおかしく遊んでいるんじゃないの?」

と取り合ってもらえなかったという。常識的に言って700万円を消費者金融から
「遊ぶ金」として借りる奴はいないだろう。

銀行側からの防犯カメラの映像もどんどん顔が膨れあがていて、酷さを物語る・・。
少年3人は遺体発見されたその日に逮捕、刑事裁判で無期懲役を最高に実刑判決が
出ている。

正和さんの両親は

「警察の捜査ミスが息子の死を招いた」

として民事訴訟を起こした。当然だ。事前の刑事裁判では

「この電話(「石橋の警察だ!」とあっさり身分を明かした電話)で犯人グループが
 警察の捜査を察知し、殺害を決意した」

と認定。さらに、栃木県警は民事訴訟前の2000年5月に

「不適切な対応と捜査の怠慢があった。」

と謝罪会見し、警察だと名乗った事が犯行のきっかけのひとつとなった事に
ついてもきちんと謝罪していた。しかし、民事訴訟が始まると栃木県警は一転、

「須藤さんの母親が『金なんかあるか、でれすけ野郎』と怒鳴ったため、
 電話が切れました」

と主張を変えてきた。警察の主張が正しいのか?両親の主張が正しいのか?
裁判は平行線だった。警察と両親しか知り得ない情報なのだから当然だ。
しかし、「須藤さんの両親が言う事が正しい」と証言し、平行線を覆したのはなんと

「犯人の3少年のうちのひとりのお母さん」

だった。同時に警察の「偽証」を証明した裁判でもあった。

判決について、栃木県警の込山晴康首席監察官は

「大変厳しい判決で、主張が認められず非常に残念。今後、判決文を見て内容を検討して
 対応したい。改めて亡くなられた被害者のご冥福(めいふく)をお祈りします」

と話したというが、どこが「大変厳しい判決」なんだ?
しかも、まだ争う気なのか?ここまでの不適切な対応、怠慢、裁判偽証と続けて、
まだ自分たちに正しい所があるというのか?
そうでなければ「真摯に判決を受け止め、今後気を付ける」と社交辞令でも言うだろう。
やはり、栃木県警は何から何までおかしい。

埼玉・桶川ストーカー殺人事件の被害者の遺族、猪野京子さんの一言が重かった。

「当たり前の判決が当たり前に出ただけです。」

それほど、裁判とは警察主導で行われ常識が通じないという事なのだ。
明日は我が身かもしれない・・・。

隠れたばこでボヤ校長・書類送検

「3月23日午前10時40分ごろ、川崎市多摩区布田の市立下布田小学校の
 火災報知機が作動。1階校長室のごみ箱から火が出ているのを教頭らが
 見つけ、すぐに消火器で消し止め、机の一部を焦がした程度で済んだ。」

というアホな事件。市教委によると、鈴木幹男校長(60)が吸った

「たばこの不始末が原因」

との事。バカかこの校長は!こんな奴が校長なんだから学校が
良くなる訳がない。この鈴木校長、

「吸い殻を紙にくるんで捨てたが、火が完全に消えていなかった。
 規則を破って喫煙した上、騒ぎを起こしてしまい大変申し訳ない」

とそこまでして吸わないといけない程に自分は我慢できない「ニコチン中毒者」
だという事を釈明しっているのと一緒。
まったくトイレで吸っている中学生と同じレベル・・・(-_-;)
でも、悪いが「申し訳ない」なんて心からは思っていないはず。

「発覚したから謝った」

というだけだろう。なぜなら同校の敷地内は

「全面禁煙」

となっている。校長室にタバコがある事自体おかしいのだ。
あるはずのないそこにタバコがあるのだから、校長室喫煙常用者だったのだ。
喫煙が我慢できない人間というのは「ニコチン中毒者」である。
校長はその「ニコチン中毒者」なのだから、そこにタバコがあれば
吸いたくなるのは当然の事。

「その時だけ1本だけ吸った」

なんて弁明を誰が信じるんだ?(笑)

校長室で吸ったという事は、隠れて吸っている訳ではない。
なぜなら隠れて吸うには部屋では吸わないでしょう。
タバコの吸わない人間は隣の部屋のタバコの臭いまですぐにわかるし、
校長室に入ったらタバコの臭いはしているはずだし、例え、換気扇の
下で吸ったって、わからないと思っているのは喫煙者だけ。
吸わない人間にはすぐにわかる。(笑)
となると、きっとこの学校ではこの「校長の喫煙」は日常だったはずだ。
でも、恐らくこの校長は、部下の先生の立場では自分にはモノが言えない
という自分の立場を利用して有無も言わせず

「喫煙を暗黙の了解」

にしていたのだろう。

神奈川県警多摩署は4月11日、3月末に定年退職したこの校長を失火容疑で
川崎区検に書類送検した。同署は校長という立場を重視して送検に
踏み切ったそうだ。
当然だ。それくらいの見せしめは必要であろう。

しかし、なぜ校長を喫煙のしない人間から選べないんだ?
教育をする者が子供達に「害」を与えるものを常用して「ニコチン中毒者」
であるにもかかわらず「嗜好」の名の下に正当化できる事自体首を傾げる。
校長は当然の事、先生も喫煙をする人間など採用をやめれば、喫煙室も
必要ないし、灰皿も必要なくなる。
吸えない事へのイライラなど考えなくても良いから仕事もはかどるし、
仕事中に数分、どこかへ失敬して行う喫煙の時間だって延べにしたら
年間何時間となる訳で、その間も給料が出ている。という事は喫煙者を
雇わなければ税金も無駄にしないで済む。
さらに、壁も汚れなければ、学校の中だけでも

「タバコを吸う」

という姿を子供に見せないで済むのだ。
悪いがこの世からタバコを吸うシーンが抹殺されたら、ほとんどタバコを
吸う人間はいなくなるだろう。なぜならきっかけはほとんどの人が、

●好奇心
●カッコイイ
●大人っぽさへの憧れ

この3つ位に集約されるからだ。
せめてさ、教育をし子供達の模範となる人間は喫煙をやめてくれよ。
子供の将来を担う教育者達よ!!ほんとお願いしますよ!!

痴漢賠償請求訴訟

東京都国立市の沖田光男さん(63)が1999年9月2日午後11時ごろ、
JR中央線の電車内で20歳代の女性に携帯電話の通話をずっと話して
いるのを注意したところ、

「女性に股間を腰に押しつけ、離れて下さいと(沖田さんの)胸に
 肘鉄をし押し返したが(沖田さんが)さらに続けた」

という事で、都迷惑防止条例違反の「痴漢」の現行犯で逮捕された。
その後、立川署に21日間拘置され、同署や東京地検八王子支部で
取り調べを受けたが、一貫して容疑を否認、同年12月に嫌疑不十分で

「刑事裁判」は「不起訴」

になった。いわゆる、痴漢行為はなかったので裁判をする必要はない
という事だ。しかし、不起訴になった沖田さんは

「女性に携帯電話の通話を注意したところ、痴漢だと言われ不当に
 逮捕された」

などとして、国と都、被害を申告した女性を相手取りに、慰謝料など
約1100万円を求めた損害賠償民事訴訟を起こした。当然であろう。
その注目すべき訴訟の判決が4月10日、東京地裁八王子支部であった。
そこで、驚くべき判決が出た。東京地裁・松丸伸一郎裁判長はなんと

「痴漢行為があった」

と認定、請求をいずれも棄却した。「刑事裁判」で起訴された訳でも
ないのにだ。女性の申告しか、目撃証言も証拠もないのに、

「女性の証言は具体的で信用できる」

しかし、顔を出してまで無実を表現している沖田さんの証言の

「痴漢行為をしていない」

という信用性は全く認められないというとんでもない結末だ。
これは世の男はちょっと納得できないであろう。
この先も、見知らぬ女が

「あいつ、むかつく!」

という事で「痴漢されました!」と痴漢されたその手をつかんで犯人を
捕まえたというでもなく、ただ女性の申告だけで、逮捕され裁判で
負けるのだ。

しかも警察は、目撃者を捜す事はしていないという。

当時、その中央線は混雑していなかったそうだ。実際、その女性と
沖田さんは2〜3m離れており、沖田さんは携帯電話の注意のために
女性に近づいただけだそうだ。
で、その女性の言い分だと、その時に股間を腰にグリグリと押しつけて
きたという。

女性の言い分を検証してみるために、実際、男性が腰の当たりに股間を

「グリグリ」

と押しつける姿をやってみて欲しい。みなさんもやってみればわかる。
イナバウワーのような柔らかさでのけぞり股間だけ押しつけるなら別だが、
普通に立っている人間に対し、股間だけ押しつけるだけでも相当に異常な
程に接近する。通勤時間のように殺人的に混んでいるならそれも可能だ。
しかしだ、混雑していない車内であれば、やられている女性もそのまま
「カモン!」みたいに「仁王立ち」している訳がない。
身体を曲げて避けるだろう。そこに股間を押しつけ続けるなどというのは

「事実上不可能」

である。その中、股間をグリグリ押しつけていたら、これもやってみれば
わかるが相当「滑稽な姿」になっている。(笑)
としたら、車内でもかなりの騒ぎになっているはずで、

「相当数な目撃者」

がいるだろう。さらに、女性は170cmの長身でしかも、事件当時7.5cmの
ハイヒールを履いていたそうだ。そのヒールを履いた時の女性の腰の最上部
で106.4cmもあり、身長が164.5cmの沖田さんの股間までの高さが75cm
なので、女性の腰までは届くわけがない。
女性はその点を弁護士に追及されると、

「腰」から「大腿」へ証言を変えてきた。

さらに

「(沖田さんの)胸に肘鉄を食らわした」

という証言も、沖田さんと女性の身長差からすると、女性の肘鉄は沖田さんの
アゴを直撃する高さで、胸に肘鉄は喰らわせられないそうだ。

さらに、携帯電話の「通話記録」を調べてみれば電車の中で
どの位話していたのか?もわかるはずだ。
それと電車のダイヤと照らし合わせてずっと話していたようだったら、
その騒ぎの中で普通、携帯電話を話し続ける事はできないはずだ。
そうなると、沖田さんの証言がほぼ正しいであろう。
それだけでも、調べればわかるはずなのに、警察はやっていないそうだ。

弁護団長の鈴木弁護士は

「もし女性の言い分がおかしいとなると、警察や検察に加え拘置決定した
 裁判所にも責任問題が出てくる。それが障害となり、配慮があったのでは
 ないか」

と推測。沖田さんは控訴するという。当然だろう。
しかし「痴漢をしていない」事実を探すのは事実上不可能に近いだろう。
その中で、この先の沖田さんはどう「痴漢をしていない」事実を探すのか?
この先も、この裁判を見逃す事はできない。
この事件、形は全然違うが昔あった裁判所や警察によるひどい冤罪事件の
「御殿場事件」を思い出す。

「御殿場事件」はこちら
    ↓
http://f13.aaa.livedoor.jp/~hiroppe/gotenba/gotenba.htm

沖田さんが、この二の舞にならないと良いが・・・。