記事一覧

平等に裁かれない人間を野に放すな

「大阪府茨木市で2004年11月、車を暴走させて男女5人をはね、
 2人を 殺害したとして、殺人と同未遂の罪に問われた元新聞配達員
 の男(25)の判決が28日、大阪地裁であった。西田真基裁判長は
 【被告は当時、 心神喪失状態で罪にならない】として、無罪
 (求刑・無期懲役)を言い渡した。男は、自殺の道連れに通行人を
 殺害しようと、同月18日早朝、同市内の路上で自転車に乗っていた
 会社員村田忠治郎さん(当時61歳)と同米林和夫さん(同56歳)を
 乗用車ではねて殺害し、男女3人に重傷を負わせたとして起訴された。
 男は公判で【自殺の道連れではなく、 悪魔に命令されてやった】と
 供述し、精神鑑定では【責任能力がまったく失われていた】とされた。
 検察側は【心神耗弱状態だったが、心神喪失までには至っていない】
 としていた。」

もう、こんな言い訳は後からいくらでも作る事ができる。
今後、犯罪者が

【悪魔に命令された・・ここはどこ?私は誰?あなたは何者?
 あああああああ!】

とか騒ぎ、警察が来る前に裸になっておけば無罪になってしまう・・。
こうした無罪判決が出る度に、精神病である場合には医師が診断し、
人と同じように、他人に害なく生活ができる事を証明した【証明書】が
ないと、車を運転したり、1人で外を 歩いたりできないようにして
頂きたいと切に思う・・。
その【証明書】がない場合は普通の人間と同等に裁かれるという風にね・・。
少なくとも、平等に裁かれない人間を野に放してもらっては普通の人間
が困る。 それを【精神病差別】だと叫ぶのならば、精神病を減刑の手段
に使わないで頂きたい・・。

【序曲】とならなければいいが・・

「2005年6月、千葉県八千代市のジャスコ八千代緑が丘店2階の酒売り場
 付近を3歳だった女児が歩行中、通路が交差する場所で小走りの店員と衝突
 して転倒。顔に後遺障害があり、女児と両親がイオン(千葉市)を相手に
 約300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁・滝沢裁判長は
 20日、【従業員は、すぐに停止できる速さで移動する義務があった】 として、イオンの使用者責任を認め、治療費や慰謝料などとして50万円
 の損害を認定。しかし、一緒にいながら手をつないでいなかった両親の
 過失分として1割を減額し約45万円の支払いを命じた。」

なかなかこれだけでは状況がわからないが、ひとつは典型的な

【親が子供ほったらかし状態だったケース】

もうひとつは、

【従業員が急いでいて、店内を結構速く走っていたケース】

最後に

【両方とも同時に起こっているケース】

ただ怖いのが【ケース】よりも、こんな事で【訴訟が起こる】という事だ。
イオンの従業員の謝罪の態度が悪かったか?当たり屋のようなよくいる不条理母親だったか?なかなか空想の域を出ない。

しかし、ファミレスなどでスープやコーヒーなど熱い料理をもった
従業員と子供がぶつかって、子供の顔とかにかかってヤケドさせたり
失明させたりしたら、責任問題はどうなるのだろう?
と、ファミレスで子供が走り回っている姿を見かける度に感じる。
先日も、何かで読んだが、いわゆる企業の【サポートセンター】の方の
話が載っていた。その中で、気になったのが

【誠意をみせろ!】

という言葉・・。
昔はヤクザか総会屋などだけが使うだけだったそうだ。
しかし、今や、どこのサポートセンターでも、普通の素人の方々が
二言目にはすぐに使うのだそうだ。
そうやって、昔は限られた人間達の事だったものが、素人の方まで
降りてくると【乱用】されてしまう。
今回の事件も、その【序曲】とならなければいいが・・。

【不二家】やっぱり食中毒も・・

「1月16日、1995年6月23〜28日の間、同工場で1日1万5000個以上が
 製造されていた、カスタードクリームをスポンジケーキで包んだ生菓子
 の【ペコちゃんのほっぺ】を食べた同府守口、吹田両市や京都市の計9人
 が嘔吐(おうと)や下痢、腹痛の症状を訴えて、地元保健所に通報が あった。いずれも軽症だったが、うち3人の嘔吐物からブドウ球菌(エン
 テロトキシンA型)を検出。工場に保存されていたこの洋菓子からも
 同じ菌が検出され、大阪府泉佐野保健所が泉佐野工場で製造した
 【ペコちゃんのほっぺ】が原因の食中毒と断定した。同工場は2日間の 営業停止処分を受けたが、不二家は発症の事実を公表しなかった。
 同社は、当時の対応の誤りを認め、【今後、もし同じ事があった場合
 は自主的に公表したい】と話している事がわかった。」

やっぱりなぁ・・。昨日あたりのニュースでも、工場における

【3秒ルール】

なんてものが存在している事が発覚していた。
製品が地面に落ちても、3秒以内に拾ったものは

【セーフ】

なのだそうだ・・・ヾ(ーー )ォィ
【慣れ】というのは恐ろしいもので 【落ちた物は、落ちたもの】という
感覚すらマヒしてしまうんでしょうね・・。
自分で落として自分の責任で食べるならともかく、製品で出荷しちゃ
まずいでしょう・・。
それ以前に、この体制でありながら食中毒が出ていないなんてありえない
と思っていた・・。
だから、【雪印】よりは食中毒が出ていなかったので、幾分マシかと
思っていたが、これで、【雪印】と同等になっちゃったなぁ・・。
同等と言いながらも【不二家】は【雪印】という例を見ておきながら、
この体たらくな姿勢を続けている事にはかなりビックリする。
先日発覚している

【牛乳が今までに余った事がない】

という事も、普通に考えてどう考えたって【不思議】だという事も
感じない・・(笑) 
販売店の方々の涙を見ると、かなりかわいそうだが、もう【営業停止】
は免れないだろうし、自力再建も無理になる気がする・・。
やはり【同族会社】ゆえの【おごり】ですね。
さらに、再建するとしても【藤井一族】から切り離して【同族会社】を
解体して出直さない限り不二家再生を許しちゃいけない・・。
いやいや、個人的には、もうあの衝撃的な【渋谷バラバラ遺体事件】の
【歌織】の事がぶっ飛んじゃいました。(笑)

雪印の教訓は全くいかされていない

「シュークリームに消費期限切れの牛乳を使用していた問題で11日、
 会見した菓子メーカー大手、不二家の藤井林太郎社長は、食品衛生法
 の規定の10倍、社内基準の100倍の細菌が検出された
 洋菓子「シューロール」を出荷していたことを明らかにした。
 同社は「発覚すれば(解体的出直しを迫られた)雪印乳業の二の舞い
 は避けられない」との内部文書を作成しており、問題を隠し続けよう
 とした形跡もある。不二家によると、昨年6月8日に埼玉工場(埼玉県
 新座市)で製造したシューロールで基準を超える細菌が検出されたが、
 そのまま113本を出荷した。消費期限を社内基準より1日長くした
 プリンの出荷も判明した。また、同工場では04年に1カ月で50匹の
 ネズミを捕獲、06年夏以降も2匹捕獲しており、衛生上も問題が
 あった。 」

雪印事件でどこの食品メーカーも気合いを入れ直したと思ったが
やはり人間は

【のど元過ぎれば熱さ忘れる】

というという生き物なのか?
今の所、発覚したのがニュースや新聞などによると、

■不二家の社内外の構造改革チーム調査で明らかになった問題■

○シュークリーム (期限1日切れの牛乳使用→約16000個)→出荷
○アップルパイ (期限最大4日切れのリンゴ加工品使用→約500個)
         →出荷
○シューロール (社内基準100倍の細菌検出→113個)→出荷
○プリン (消費期限を社内基準より1日長く表示→数十個)→出荷

と、どれも出荷してしまう所がもう雪印とそっくりである・・。
報告書には現場の声も記載されており、

【使い切れなかったらにおいをかいで、品質的に問題がないと
 判断したら使っていた。】
【11月7日期限分のを11月8日に使った。捨てたら怒られるし。】

という赤裸々に語られるとさらに恐ろしさが増す・・。
社内規定では環境に配慮し、牛乳を捨ててはいけない事に
なっているそうだ。
では、もし牛乳が余った時にはどうする規定になって いたのか?
すると、その規定は【無い】のだそうだ。驚くべきその理由は、

【今までに余った事がなかったから】

だそうだ・・(-_-;)
100年やっていて、1日も牛乳が余らなかった事がないほど、
絶妙な数の仕入れをしたというのか?(◎_◎;(笑)
そんな事はありえる訳がない。という事は、少なくとも数十年前から
この姿勢だった事の裏付けでもある。とんでもない会社だ。
で、1カ月で50匹のネズミ・・レストランを始め、食品工場の裏を
見たら食べられないというが、本当にそうなんだろうなぁ・・と思う。

さらに不二家はパロマ同様、

【同族会社】

である。展開もパロマそっくりの、批判に耳を貸さない、心地よい
意見しか聞かない、周りの人間も反対意見などいえない環境だった
事が推測される。
昨年の11月にこの件が発覚したにもかかわらず、隠蔽したのは
クリスマスケーキの利益は頂き、正月から雛祭りまでケーキの
需要が冷え込む時を計画的狙って発表したのが今・・。
消費者うんぬんでなく、人間の最後は自分達の事しか考えない
という姿勢を地でいった露骨さ・・。

ペコちゃんという強力なキャラクターがいるので、雪印と違って
復活もありえるかもしれない・・しかし、今後しばらくは消費者の
ケーキ全体の買い控えが始まるだろうね。
ケーキ業界に与えたダメージは大きそうだ・・。
不二家の株価は一昨日が22円安、昨日も19円安と暴落中だが、
土日の報道によっては、月曜日の株価はストップ安かもしれない。
その他の食品メーカーの株価にも今後ちょっと影響がありそうだな・・。

介護という名の下のマネーゲーム 

「東証1部上場の人材派遣業「グッドウィル・グループ(GWG)」の
 中核企業で訪問介護最大手の「コムスン」(東京都港区)が組織的に
 介護報酬を過大請求していた疑いがあるとして、東京都は介護保険法
 に基づき、都内にある同社の事業所約50か所を一斉に立ち入り検査
 (監査)した。都は過大請求分の返還を求めるほか、同社に業務改善
 を勧告することを検討している。」

そもそも【コムスン】は、ディスコの【ジュリアナ東京】や
【ヴェルファーレ】を立ち上げた事で知られる折口雅博氏が、
次に株価に波及できるものは何か?といって始まった会社。
折口雅博氏が会長を務める【グッドウィル・グループ(GWG)】
の公開株が高値を付けたのは、介護ビジネスで【コムスン】が
成長するとの見方が、投資家にもあった為であり、折口氏は
自らの欲望実現の為に【コムスン】を利用したにすぎない。
8月下旬の決算報告では97億7700万円の最終赤字・・。
結局は介護という名の下のマネーゲームなんだよな。
「来年4月に月次経常損益の黒字転換を目指す」と語っていたが
黒字にする方法が

【介護報酬を過大請求】

なんだから、こういう会社は【返還】だけでなく、返還金の
100倍くらいの罰金と共にとっとと認可を取り消せばいい。
そうじゃなきゃ、介護保険なんていくらあっても足りないし、
また、次の【コムスン】が出てくる。
それが出てこさせない為にも徹底的に見せしめする必要がある
と思うのだが?

笑い事ではない【夕張市の破綻】

本当に笑い事ではない【夕張市の破綻】・・
炭坑閉鎖により観光事業への転換を図るも、その時はバブル時代・・。
銀行ですら、先が見通せなかった時代に、夕張市が見通せる訳がない。
夕張市が出資する第三セクター「石炭の歴史村観光」と「夕張観光
開発」が、1980年に作られた「石炭博物館」を皮切りに「SL館」
「炭鉱生活館」「アドベンチャーファミリー(遊園地)」「ロボット
大科学館」などなど、22もの観光施設で作った赤字が昨年までで、

【360億円!】(◎_◎;

それを隠すための自転車操業の結果、

【632億円!】┐('〜`;)┌

の多額の負債をかかえ破綻した「夕張市」・・。

今の財政状況のままでは、総務省からの地方債の発行の許可がでない。
来年の借金を許可してもらう為には【自主再建案】を出さないと
いけない・・その再建計画の策定にあたって来年度以降、第三セクター
の赤字を一般会計から補てんしない方針を決めたため、「石炭の
歴史村観光」は施設の採算が見込めない中で収入源が断たれ、
11月29日、札幌地裁に自己破産を申請した。
それは織り込み済みなので、問題はないが、大変なのは叩き台として出された【自主再建案】だ。再建期間は約20年かけて行う。
内容を報道されているのだけ見ても、結構厳しいね・・(^-^;

○市民税 6%→6.5%(低所得帯は1.4%→1.45%)
○下水道使用料(10立方m)1470円→2440円
○軽自動車税 現行の1.5倍
○保育料 年間12万6000円増
○入湯税 無し→150円
○公共施設使用料 50%引き上げ
○家庭用ゴミ収集 有料化
○市の職員 人員 270人を半分以下に削減
      給料 一般職で30%カット、
     退職金 最終的には1/4まで削減
○小学校 7校→2010年度までに1校に統廃合
○中学校 3校→2009年度までに1校に統廃合
○市営図書館 2007年度廃止 
○市営美術館 2007年度廃止 
○市営老人ホーム 2008年度廃止 
○夕張市民球場 2007年度廃止
○市営運動場 2007年度廃止
○市営テニスコート 2007年度廃止
○市営プール 2007年度廃止
○公衆トイレ 市内7カ所→2007年度廃止

いやぁ、すごい。これでも、国は【甘い】と言っている。
でも、このくらいしなければ借金は無くせないのだ。
こうなる前に、どうにかならなかったのか?と思うが、やはり上に
立つ者が自分たちの時だけ問題なく終われば責任がないから、
借金を隠し続けた。

個人的には、この「叩き台」を出す以前に、まず、この時に
かかわった市長を始め、役職を持っていた人間達にまず、
その時代に、結果、役に立っていないのだから、一般職レベルの
給料分、一般職レベルの退職金分は生活して行くためには仕方ない
として差し引き、差額の役職の上乗せ手当分&役職の上乗せ退職金は、
借金をしてでも、全て返還させる。
それだけでなく、それまでの一般職の人間達にも、そもそもボーナス
は余剰金があって払われるものですから、結局は勝手に市議会や
上層部で【ごまかして赤字】だったとはいえ、調べてみたら
夕張市自体がボーナスは出せる状況ではなかった訳ですから、
支払われていたボーナスは一般職も含め、公務員全ての人から
全額返還させる位の【身内に厳しい姿勢】でお金を戻した後、
どうしても足りないものに関しては市民に対して初めて【申し訳ない】
という事で、身内にまず痛みを背負ってもらってからのお願いでないと、
市民は到底納得できないだろう。なぜ、それができないのか?
法も、条例などで市民への負担の前に、公務員の役職手当&ボーナス、
退職金の一般額よりの上乗せ分は、後々、破綻や負債を招いた場合は

【返還しなければいけない】

と、各、地方自治体は義務付ければ良い。
市民は絶対に反対しないから!(笑)

そんな中、破綻した6月から11月までに夕張市の人口は289人減少
しているそうだ。
この【自主再建案】は保育費などを中心に、若い人ほど負担が
重いので、若い人達が逃げていくのは当然と言えば当然・・。
でも、引っ越さない夕張市民も大勢いるのだ。引っ越さないという
事は、自分の街が好きなはずだ。(もちろん諸事情で引っ越せない
だけという人もいるだろうが・・(笑))
そこにとどまろうとしている市民達は、覚悟を決めているのだから、
借金を作った人間達(夕張市)が仕切るのではなく、住民を中心に
話し合わせ、アイデアを募り、市と市民を一体化させて盛り上げる
方向性にすれば良いのに、そうした発想が出てこないのも、この期に
及んでも夕張市は

【まだ自分たちの事しか考えていない】

からなのである。その証拠に、先日の報道では、夕張市の公務員の
80%ちょっとが早期退職を考えているという。その理由も、退職金が
年々減ってゆくからである。┐('〜`;)┌
所詮、公務員というのは「安定」の名の下に選んだ職種であって、
「公僕」として尽くすためになった職種ではないから、不安定に
なったらこの様にさっさとケツをまくる事を考える・・。
これもまた、公務員は何かを背負う教育をされておらず、責任を取る
事には無縁の人間達なのだから当然と言えば当然。

しかし、こうなった責任は実は国にもある。
地方債(借金)を出す時に、国が補償するという事は、最終的には
国が補償する状況になったら、【財政再建団体】とう事で、

【あとは勝手にやらせませんよ!】

というしくみを持っている。どういう事かというと【自治体の破産】
とは我々個人のような【精算型の破産】はない。
必ず、市民を犠牲にして再建する。
という事は、地方債を引き受ける側(今回だと国)は取りっぱぐれが
ないという事・・よって国は、事前にその市がどんなハコモノを
作ろうが採算など考える必要がないのだ。
このしくみを変えないといつまでたってもこうした事はなくならない。
ただハッキリ言える事は、最後に犠牲になるのは平民なのだ・・。
それにしても、公務員の感覚がズレているというのは根本にある。
公務員だけは自分たちで借金を膨らませておいて、無能さを
さらけ出したにもかかわらず、なんと借金を膨らませた張本人が
返済計画を立てるのだ。
この非常識、国民は指摘し、住民が返済計画を立てるように変えて
いかなければいけないだろう・・。

(株)ひよこ vs (有)二鶴堂

ファイル 815-2.jpg

*************************
福岡市の老舗製菓会社「ひよ子」が製造する同名の鳥形和菓子の 立体商標登録を巡り、同種菓子を販売する同市の製菓会社 「二鶴(にかく)堂」が登録無効を訴えた訴訟で、知財高裁は29日、二鶴堂側勝訴の判決を言い渡した。中野哲弘裁判長は「鳥形菓子は 全国各地で製造されており、形状自体はありふれたもの」と認定。立体商標登録を有効とした特許庁の審決を取り消した。判決は 「ひよ子」について「形状だけで他の商品と識別できるほど全国的に著名ではない。消費者は形状ではなく、商品名が記載された包装紙などで商品を識別している」と指摘。形状のみを立体商標として登録することは認められないと判断した。判決によると「ひよ子」は大正時代から、二鶴堂の「二鶴の親子」は1966年から販売。2003年8月に「ひよ子」の立体商標登録が認められ、二鶴堂は無効審判を起こしたが、2005年7月に特許庁の審決で退けられた。これとは別に「ひよ子」社は2004年3月、立体商標権の侵害を理由に二鶴堂に賠償を求めて福岡地裁に提訴し係争中
*************************
最初は、確かに鳥形の和菓子がこれだけ
あるなら仕方ない判決かな?などと、
簡単に聞いていたが、知れば知るほど、
これは非常に株式会社「ひよこ」という
より、普通に考えてひどい判決である事
がわかる・・。

まず、各社の創業時期、各商品の
販売時期をみてみる。

■(株)ひよこ→1912年(大正元年)創業→その時から今の「ひよこ」を販売
■(有)二鶴(にかく)堂→1952年創業→1966年から 「二鶴の親子」を販売

と54年後に「ひよこ」そっくりの今回
裁判になった代物「二鶴の親子」を
作ったという事になる。

さらに、この両会社共々、

【福岡】

なのである・・。
となると「(有)二鶴堂」が「(株)ひよこ」
の【ひよこ】という商品を知らなかった
訳はないという事が子供でもわかる。

さらに検証したいのが、表の「包装紙」
である・・なんと、白地の背景に黄色
のシルエットを使い、単色のシルエット
の重ね合わせの手法という【ひよこ】
の包装紙とおなじ手法が使われて
いるのだ。

この3点をふまえただけでも、自分が
(株)ひよこの社長でも、この

【えげつなさ・節操の無さ】

に間違いなく怒って圧力をかけた
だろう・・。
両会社が【福岡】という事、54年後に、
中身や味までほとんど

【「ひよこ」そっくり】

の「二鶴の親子」を作ったという事、
表の包装紙の

【デザイン&手法】

まで一緒というのはどう考えても、
先に販売して人気があった【ひよこ】を

【真似た・盗作した】

事は、だれがみても明白。
実際には特許庁を訴える事はできない
ので、その矛先が「(株)ひよこ」に
向けられたという裁判なのだが、
類似の商品を作らないでくれと再三
お願いしても、やめない「二鶴堂」に
対し、裁判で勝つには、自分達の長年
やってきた事にたいしての「裏付け」を
欲しいという事で「立体商標登録」を
3年前に申請、特許庁に認められた。

結局は「(株)ひよこ」が負けたという
より、特許庁が負けたという事だが、
「(株)ひよこ」は、「立体商標登録」を
無効にされたうえ、大正元年から
守られてきたこの形を、今となっては
どこでも盗作して似たようなもの
作っちゃったから【みんなのもの】と
されては理不尽だ。

記者会見していた二鶴堂の橋本由紀子
社長の話でさらにむかついた。

「我が社の職人が自由に和菓子を作る事ができるという事でうれしい」

すなわち、

<自由に【真似る】事ができてうれしい>

と示唆した発言だと勘ぐりたくなる
恥じらいのない言葉・・。
悪いが、人間として二鶴堂の職人達は、
類似品を 作り続ける事に胸を張れる
のだろうか?
もっと職人なら職人の誇りをもって、

【我が社独自のオリジナル】

を作ろうと思わないのか?
それを思わないのだとしたら、職人を
名乗るべきではない・・。

振り込め詐欺・今年の被害額

先日、TVで振り込め詐欺の最新手口をやっていた。
それよりも驚いたのが、

【今年の被害額(1月〜9月)→179億7000万円(約1万4000件)】(◎_◎;

って・・まだ、こんなにひっかかっているのぉ?(^-^;
東京都においては9月だけの被害額でも

【8億7000万円】

とな・・不謹慎だが笑いたくなっちゃう額だ・・。
11月3日に発覚した巨額の振り込め詐欺事件は、息子を名乗る人物から、
「ギャンブルで知人に借金をしてしまった」という事で、68才の男性は、
老後のたくわえを、6月5日から10月27日までに10数回に渡り、総額

【6390万円】

を振り込み、その後、息子本人が男性宅を訪れ事件が発覚。
しかし、途中でおかしいと思わないのかね?(^-^;
まあ、お金持ちの所にしか、こうした詐欺はこないらしいから、
うちなどは安心ですが・・。(笑)

最新手口として、やっていたのが、

【リダイヤル詐欺】と【国税還付金詐欺】

の2つ。
確かに【リダイヤル詐欺】は年配の人ににはキツイ詐欺かもしれません。
手口としては、事前に携帯の番号が変わったと親などの携帯電話や
自宅電話の電話番号帳を書き換えさせ、数日後に、その電話番号で
電話がかかってくるために多くの人間が本人からの電話と疑わない。
そこであれこれ詐欺要求が来る。
【国税還付金詐欺】もサラリーマン家庭だと、なかなか国税局からの
還付金など普通は会社を通して返ってくるので、普通は縁がない
ですから、安易にATMの前に立ってしまう。
普通は自分の口座に振り込まれるので、家から出る必要はない。

いずれにしても、各家庭で子供も交え、以下の事を徹底すればよい。

○親子間、親族間において、「俺、俺」「私、私」という名乗らない
 電話の方法をやらない。必ず、「○○です」と親しき仲にも
 礼儀ありとしておく。
○【今すぐに払わなければならない金】など、この世にない。
 借金などでも病院でも全ての所で、利子は付くかもしれないが、
 後日まで待ってくれる。
○今後の手口で、どうしても今すぐに払わなければならないケースに
 なるようだったら必ず「私があなたの所まで持参します。」の
 一辺倒で交渉する事。
○【国税還付金詐欺】などのようにお金が戻るケースの場合は、
 郵便局や銀行の口座に振り込んでくれるので、ATMには行く事は
 絶対にありえない。という事は、戻る金は家でドンと構えて
 座っていろ!出向く必要は無し!

不安な時はひとまず、親しい誰かにワンクッションおいて話して
みると冷静になれると思う。とにかく、慌てない事だ。

イジメている人間たちと何も変わらない

「文部科学省は11月10日、いじめを苦にした自殺予告などの手紙が
 新たに5通届いた事を明らかにした。5通のうち2通は教員名などが
 記されており、差出人を特定。それぞれ学校に対応するよう指導した。
 うち1通は、いじめではない悩みを訴える内容だった。この2通に
 ついては、個人情報を理由に詳細を明らかにしなかった。
 5通はいずれも伊吹文明文科相宛で、3通は差出人を特定できる情報
 がなかった。消印は「尼崎北」「町田」 「成城」で、東京都教委、
 兵庫県教委などに調査するよう指示した。
 11月6日に届いた手紙に触発されたとみられ、「わたしも同じ考え
 です。気もちわかります」「11日に(6日の手紙の子どもが)自殺
 したらその子のあとに自殺します」などと書かれていた。」

この手紙自体がネタでない事を前提に書くが、この子供達はいじめられて
いる事を盾に、自分たちの要求を突きつけ、文科省を始め、大人達を弄
させている。豊島区などでは全小中学校で夜通し電気をつけて監視する
という。これは、いわゆる、こうしろ、ああしろと脅かして

「つかいっぱ」

をしてイジメている人間たちと何も変わらない事に気付いていない。

「自殺するよ!」

という言葉の暴力で大人達を脅しているのだ。いじめているのだ。
やはり、自分が強い優位な立場になった時、こうしてみても手紙を
出した子供は、自分がイジメているという事に気付かない。
同じ所まで墜ちている事にも気付かない。
でも同じ所に墜ちるのならば、イジメた人間達に牙を向ければ、
まだ良いのだが、やはり自分達も文科省など強い立場に出られない
「弱い人間」へ牙を向けている。
本当に助けて欲しければ自分の名前を書けば、「助けてほしい」のかと
感じるが、2通を除いて無記名との事ですから、やはり本当に見つけて
欲しいのではなく、大人達がオロオロするのを楽しんでいるイジメの
「ゲーム」にすら感じるのです・・。
でも、きっと本人達の頭の中は

「悲劇のヒロイン」

のつもりなのだ。このように、イジメている側とイジメられている側の
感覚の違いがイジメのギャップなのだ・・。
そして、それはいつの時代も一緒で、イジメている側はイジメていると
気付いていない・・人間、誰でも強い者には立ち向かえなくても、
弱い者に牙をむく事は簡単にできる。
今回の手法は、そのつもりでなかったにしても、結果、手に入れて
しまった夢のような「強い立場」・・まだまだ、この大人への「脅し」
は続くと個人的には予測する・・。
悪いが、所詮世の中は、どこへ行っても多かれ少なかれ「弱肉強食」。
その辺を「女王の教室」ではありませんが、きっちり知る事も大切
だと感じるのですが、今は、それを「強い者の理論」という事で
「偽善」という武器で叩かれてしまう。
実際にはそうである事はみんな気付いているのに・・。

目の前の壁を蹴散らす事だけが人生では無い

ファイル 789-1.jpg

「岐阜県瑞浪市の市立中学2年の女子生徒(14)が今月23日、いじめを
 ほのめかす遺書を残して自殺した問題で、いじめの有無を巡る学校側
 の説明が二転三転している。同校は少女の家族に対していじめを認めて
 いたが、その後、会見などで【原因は分からない】【広い意味での
 いじめはあった】と言い直しを繰り返し、30日には再び「現段階で
 いじめの事実は確認できていない」と話した。中学校では同日朝、
 緊急の全校集会が開かれたが、校長は自殺の原因には触れなかた。」

「岐阜県瑞浪市の市立瑞浪中学2年の女子生徒が自殺した問題で、
 同校の佐々木喜三夫校は31日夜、市役所で尾石和正同市教育長らと
 ともに、この日2度目の会見をし、【いじめが大きな心の痛みとなり、
 死に追い込む結果になった。原因は100%いじめだと思う】と述べた。
 校長らは会見に先立ち、女子生徒宅を訪れ、両親に最終見解として
 報告するとともに、改めて謝罪した。」

何が怖いって、やはり、今後、連鎖的に子供の自殺が起きる事が
非常に怖い。さらに、

「(イジメたとされる子供の親が)自分たちの子供が投げかけた
 言葉であるとか態度が、その子を苦しめたという事については、
 私達も確認しました。」

と学校が10月28日に謝罪し、学校が「イジメ」を認めておきながら、
またまた福岡と同じく、後日10月29日の学校側の会見では

「イジメにつながるような、そういう事実はなかった」

と「イジメ否定」をする事がだ・・。
同日の夜の保護者説明会では、遺族の前でイジメを認めた事について、
「必殺!てのひらがえし1号」を使い、

「(遺族側から)ワーッと言われたから誘導尋問になったため」
「長時間にわたったため、頭がもうろうとしていた」

という恐ろしい言い訳をして全面否定。
そして、今回は福岡以上に学校がひどいのは、

○10月23日 女子生徒(14)が【自分の誕生日】に自殺
○10月25日 告別式

だったのだが、実は女子生徒(14)の「遺書」というのは、この
告別式の時に、お父さんが読み上げる形で明らかになったそうだ。
という事は学校側はこの告別式が始まる前には遺書の存在を知らない
という事になる。しかし、なんと学校側は生徒達に

「告別式には参列しないように」

と学校が生徒達を告別式に参列するのを止めていた事が明らかになった。
恐らく、裏では何かあった事をきちんと学校は把握していたからこその
マスコミ対策として先手を打ったつもりなのだろう・・もう自分たち
の事しか考えてしない。
さらに、女子生徒(14)の自殺後、またまた学校側は生徒に作文を
書かせている。この学校も福岡と同じ

「記名方式」

で書かせているのだ。記名方式じゃ本当の事など書ける訳がない。
もう、意図的に

「イジメに関する事はひとつも出てきませんでした。」

と発表したいがための策略じゃないのか?と疑いたくなるバカさ加減
である。30日の保護者説明会も

「【うざい】とか言ったというそのものよりも、言われた本人が
 どう感じるか?」
「遺書に【いじめ】という言葉がない以上、【いじめ】はなかった」

と証明するには「死人」に聞いてみないとわからないので、
仕方ないでしょう!みたいな開き直り。
ご両親やその他の保護者が怒っているというのも、当たり前だ。
次は自分の子供かもしれませんからね・・。
全然、福岡の事件など教訓にもなっていなければ改善にもなっていない。
きっと、他校で起こった不幸な事件くらいにしか思っていないん
だろうなぁ・・。

という所に、遺書に書かれた4人の両親が訪れ、イジメを認め、
全面的に謝罪をした・・今回はやめていった下級生へのイジメを
かばい、今度は自分もターゲットになった。
このパターンを絶対に許してはいけない。
この4人は徹底的に親も含め猛省してもらうだけでなく、イジメが
どれだけつらいか、名前を公表するなど、世間からのイジメを
自ら受けるくらいの償いが必要だろう・・。
と話は逸れたが、すると、その事を知った学校はその後に
「必殺!てのひらがえし2号」を使い

「総合的に判断した結果、いじめが自殺の要因になったと
 断定するに至った」

と謝罪。記者会見も顔を上げずに用意したメモを読み上げただけ・・。
恐らく、その態度の裏には、

「なんで、(4人の両親は)誤るんだよ・・」

とか、

「教育委員会がそうしろっていったんだよ・・」

いう事に対する憤り、があったのだろうと予測される。
そうでもなければあんな心のこもっていない会見になるはずがない!
でも、本当はどうしてイジメになったのか?それをどう対策を
とればいいのか?
そこが改善されなければ、やはり今後も変わらないのである。

ただ、悔やまれるのが、クラスでは正義感が強く、リーダーシップが
あったという。
イジメられていたのがバスケ部内だけだったとしたならば、バスケ部を
やめるという方向性で自分を活かす事を、なぜ考えなかったのか?が
悔やまれる。
ご両親の話だと、何でも抱え込む子だったとの話だが、人生には必ず、
勝者もいれば敗者もいる。強い者もいれば弱い者もいる。
目の前の壁を蹴散らす事だけが人生では無い事も、その中から気付く
力も必要だと福岡の事件とは違って感じるのである。
いずれにしても、学校に頼っても無理なんだという事だけは
ハッキリしたという事である。

小諸市の小6年女児いなくなっちゃった事件

「長野県警が公開捜査していた長野県小諸市の市立小6年女児(12)は、
 25日未明、東京都内の無職男性(31)とともに神奈川県警小田原署を 訪れ、無事保護された。」

いやいや、同じ年の娘なので、人ごとではない・・。
小田原署によると、男性と女児は以前からインターネットを通じて
交流があったという。
あくまでも報道をふまえた上での推測ですが、お父さんが58才だか
59才だかの年齢らしい・・遅くできた子供でかわいくてしょうがない
らしいが、小学校から携帯電話など渡している点や、娘が簡単に
「友達の家に泊まる」と電話で簡単に片づけようとできる環境だとか、
「友人と買い物に行く」というのに、その場しのぎのウソだとしても、
その一緒に行く友人の名前をも把握していない点も含め、相当なる
親の甘さを感じる・・。
さらにネットで出会うために、パソコンもお父さんのものを使っていた
形跡があるそうで、タクシー運転手という夜働く仕事なのも災いした
形かもね・・。
でも自分だったら、娘が使った形跡なんて簡単にわかるけどなぁ・・(笑)
また、お父さんが小諸の駅まで送っているが、その後、改札は通らずに
別の場所に行ったのをお父さんの同僚のタクシー運転手が見ている
そうですから、所持金3000円なのもふまえると、連れ去られたのでは
なく、落ち合って車で移動したと考えた方が自然でしょう・・。
身長も159cm(うちも同じ年で161cm・・)でとても小学生には
見えないとの事だが、逆に高校生には見えないはずですから、
いずれにしても、今後、逮捕の無職男性(31)が

「未成年だとは知らなかった」もしくは「わからなかった」

という言い訳は、通用しないだろうな・・。
少なくとも、こんな事があったら、うちなら、完全に携帯電話は禁止、
へし折る!仮にその後持たせるにしても、携帯のメール&通話記録は
公開させるな・・。
それがイヤなら、携帯電話など持ってもらわなくて結構ですからね。
親としては・・(笑)
しかし、公開捜査にしてしまって、写真なども公開されちゃったのと、
男と出会い系サイトで出会って、学校休んで、男と遊んでいたという
事まで、今回は報道により公開されてしまっていますから、実際は
これからが大変だよね・・。
親も、これだけの人間を巻き込んだ事を、娘に猛省を促さないと・・。
でも、できるのかなぁ?・・この甘〜〜〜い親に・・(^-^;(笑)

病欠天国・奈良市

「奈良市の環境清美部収集課の男性職員(42)が、病気を理由に休暇、
 休職を繰り返し、2001〜2005年の5年間9ヶ月で8日しか出勤して
 いないことが分かった。今年は1日も出勤していないが、給与は満額
 受給。出勤した8日のうち3日は、別途手当が支給される年末や休日
 だった。このため、藤原昭市長は23日、この職員について、詳細が
 明らかになった段階で懲戒免職にする方針を明らかにした。国では
 今月13日、病気休暇が3年を超える職員を分限免職できるとした指針
 を公表している。」

奈良市は、診断書があれば、90日の「病気休暇」が取れ、その後も
病気の程度が思わしくない場合は、さらに3年の「病気休職」が
できるそうだ・・。(^-^;
これだけでもすごい・・公務員・・。(-_-;)
3年間も「病気休職」なんて、実社会でどこの会社に存在するだろうか?
公務員は税収が減ろうが減るまいが関係ないから、湯水のごとく、
ガンガンと税金を自分たちに使う・・。
足りなくなれば増税すればいいしね!(笑)
今回は、その特権を大いに使い、5年間9ヶ月で8日間の出勤で約2700万円
もの給料を貰ったという。
それでも、詳しい資料が残っているのがこの5年と9ヶ月だという
のであって、資料がないその前までさかのぼれば、この何倍か?
すらわからないという・・。
ここで許しがたいのが、この男性職員(42)だけは、日常的に特別
扱いで、管理職の人間すら、見て見ぬふりで、お咎め無しだったそうだ。
なぜなのか?こういう場合は決まって何か理由がある。やはり見て
見ぬふりをしなくてはならない立場の人間なのだ。この男性職員(42)は

「部落解放同盟・奈良県連合会 支部長」
「部落解放同盟・奈良市支部協議会 副議長」


という「やはりね・・」といった人物・・。(笑)
奈良市と部落解放同盟・奈良県連合会は毎年、交渉の席を設けていて、
この男性職員(42)は支部長として出席していた。
さらに、妻が代表者の建築会社の仕事を奈良市役所にポルシェの
オープンカーで毎日のように訪れ、部落解放同盟の立場を示唆して
様々な要求し、昨年度は妻の建築会社が、奈良市から36件、
総額約5000万円を受注しているとな・・。

日頃の要求を拒むと

「交渉で議題にする」

と圧力。奈良市側も

「部落解放同盟との交渉を円滑にするためには要求を呑まざる得なかった。」

という。「自分に利権をよこせ!」という、さながら一昔前の総会屋や
暴力団の交渉だ。(笑)
広島県では、部落解放同盟、日教組による「人権教育」により、
広島県の民間採用の小学校校長が自殺においやられてきた。
自分たちの都合で立場を利用し、利権をよこせ!と脅し、ある所では、
人権の平等を叫ぶ・・こんな偽善な奴らが「人権」を叫ぶのだから、
世の中がおかしくなる。
そして、こうした奴がいるから、本当に病気をした時に休むのが大変に
なってしまうのだ。「人権」を考える前に「人として」自分達の襟元を
正す事から考えて頂きたい。

犯罪集団か?>京都市職員

「京都府警山科署は17日、道交法違反(無免許運転)の疑いで、京都市
北区の同市保健福祉局職員松本志津子容疑者(36)を逮捕した。今年
4月以降、京都市職員の逮捕は14人目。10月に入って既に4人に上る」

なかなか、興味深い「京都市役所職員の逮捕数」は以下の通り。

<京都市役所職員・逮捕容疑>
■03月20日 男 環境局   道交法違反(酒気帯び運転)
■04月21日 男 環境局   児童売春・ポルノ禁止法違反
■05月08日 男 環境局   銃刀法違反
■06月02日 女 区役所   傷害
■06月03日 男 環境局   窃盗未遂
■07月13日 男 環境局   暴行(起訴猶予)
■07月24日 男 区役所   詐欺
■07月26日 女 環境局   覚醒剤取締法違反
■07月26日 女 環境局   覚醒剤取締法違反
■08月11日 男 環境局   覚醒剤取締法違反
■08月25日 男 土木事務所 暴行
■10月07日 男 区役所   道交法違反(飲酒運転)
■10月12日 女 保健福祉局 窃盗
■10月16日 男 環境局   道交法違反(無免許運転)
   *すでに9月7日に懲戒免職処分
■10月17日 女 保健福祉局 道交法違反(無免許運転)
覚醒剤取締法違反容疑

今年4月以降は14人だが、今年において、15人目とな・・(^-^;(笑)
この数は普通「犯罪集団」と言われてもおかしくない数字では
ないだろうか?さらに「環境局」などは9人と半分以上を占める・・。
この「環境局」とは何か?と調べてみたら「ゴミ・廃棄物」に
関する局・・覚醒剤打ちまくり、無免許で車を乗り回し、酒気帯びして、
刃物持ち歩き、暴行、窃盗、児童売春と起こった犯罪をつなげてみると、
なんだか恐ろしい集団に見えてくる・・(笑)
今回の10月17日逮捕の女性に関しては、中学生から道交法違反
(無免許運転)というとんでもない違反だけでなく、尿から覚醒剤反応
もあり、覚醒剤取締法違反の疑いもあるという、ただのバカ・・。
市長の「職員の不祥事に係る市長のお詫びと今後の決意について」
というお詫びも
http://www.city.kyoto.jp/koho/comment.html
8月21日から更新されず・・。
その決意も虚しく、その後も5件の逮捕・・(笑)
謝罪文の更新もアホらしいという事か・・(笑)
しかし、こんな奴らも、中には懲戒免職処分にもならず、部署が
変わるだけで、働く事ができるそうな・・。
さらには地方公務員法により、たとえ懲戒免職処分になっても、
2年経てば現場に復帰できるのだそうだ。
もう、厳しい第三者機関を導入しない限り、公務員の自浄作用は
期待できないな・・。

福岡いじめ自殺

「いじめが原因です。さようなら」との遺書を数通残して福岡県筑前町の
町立三輪中2年の男子生徒(13)が自殺した事件。

昨年(当時・1年生)の1学期に(自殺した)男子生徒の母親が

「息子が早退をして家でインターネットばかりしている」

と、当時の担任教師に相談。が、担任教師はその相談内容を無断で
他の生徒に明かし、バカにした「あだ名」を付け、何度もからかった
事が生徒らによる「いじめ」を誘発したというのが発端とされていたが、
やはり予想通り、小学生の頃からイジメられていた事を、男子生徒が
相談していた同級生2人が両親に伝えたとの事・・。
報道でもイヤになる位「相当酷い」という位置づけで報道されている、
先の相談事件の事を取り上げると、恐らくこの先生は、昔よくいた

「歯に衣着せぬ」

先生であったと思われる。この男子生徒はバレー部のキャプテン
だったのと、明るい生徒だったとの話なので、それを過信していた
のではないだろうか?
相談を明かしたのも、あくまでも自分の勝手な予測だが、

「こいつは、家でインターネットばかりしているんだよ!オタクだよ!
 オタク!(笑)」
(*あくまでも「オタク」というのは個人的仮説語です。)

みたいな流れだったと思われる・・。それは、その先生の口から

「からかいやすかった」

という言葉がでてきた事でも感じられる。
しかし、それをまわりの生徒は「オタク(個人的仮説語)」を合唱し
始めてしまったみたいな流れ・・しかし、小学校からイジメられていた
ため、イジメの加速が速くなってしまったと思われる。
やはり先生の発言がイジメを加速させた責任はある。
そして、ここで先生はミスを犯してしまう。それを先生は

「冗談&からかい」

としか、思っていなかったという事だ。
それをイジメと認識しなかった事だ・・実はここが「いじめられている
人間」と「いじめている人間」の「差」なのだ。
さらに言うならば、対等の関係の「からかい」は、「冗談&からかい」
だが、もう、上下関係がができた「からかい」は「イジメ」である。
それを認識する事から始めないと、スタートが違うのだから話し合い
にならない・・さらに、言うならば、そもそも、教師になる人間自体が、
学生時代においても、どちらかというと優秀で、いじめられた事も
なければ、いじめた事もない、恐らくクラスにイジメがあっても
見て見ぬふりをしてきた人間が多いと思うのだがどうだろう?
自分さえ良かった生き方をしてこなかっただろうか?
しかし、いざ先生になったら、それに対して、生徒から、親から、
社会から「解決」を求められる・・。
そして、解決できない人達が集っている社会なのに、上の文科省から
「イジメを減らすように」と言われるため、教育委員会も学校も
「イジメ」を認めない。まさに、まだまだ「臭い物に蓋」なのだ・・。

それにしても、一応は「仮病よばわり」位までは、この先生を
理解しようと思ったが、

「イチゴの品種で生徒を差別(「あまおう」「ジャム」
 「出荷できない」など)」

するだとか、

「偽善者にもなれない偽善者」

だとか、習字の授業中に、体格の良い女子生徒に対して

「<豚>と書くように指示」

だとか、やはり「からかい」からは「逸脱」し過ぎている発言は
理解できない・・それでも、個人的に先生をかばうならば、きっと
昔は、それで教室が盛り上がり「冗談」で通用していたのであろう。
もう今と昔では違ってきているのを先生自身が追いついていないのかも
しれない。

個人的には、先生に「イジメ」対策をお願いしても無理と思っている。
自分の子供がいじめられているとわかったら、できるだけ早く、
どんな方法でも良いので「録音」か「録画」を徹底的に行い、証拠を残す。
そして、毎日克明に名前入りでいじめられた行為をきっちりとメモを取る。
これは日にちが多ければ多いほど、後日、1〜2日で作ったものと
言われにくくなる。
さらに傷や青タンなどがあるならば撮影し、日記に添付。
教科書やノート体操着やランドセルなどへのイタズラ書きや破損も
必ず撮影、できたら証拠はそのまま保存しておく。
教育もイジメも最後は子供を守るのは親しかいないのだ。

ハワイ全面禁煙へ

ファイル 772-2.jpg

いやいや、ビックリの「ハワイ」の決断!(笑)
2006年11月16日からハワイ全域で公共の場所での喫煙を禁じる

「新禁煙法」

を施行すると発表された。
禁煙区域は、ショッピングセンター、公共交通機関、ホテルのロビーなど、
公共建築物などの出入り口から20フィート(約6m)の範囲も禁煙場所に指定、
原則としてビーチでの喫煙も制限されされるなど、屋内外問わず、厳しく制限される。
これでハワイにおいて喫煙可能な場所は「個人の住居内」や「ホテルの喫煙室」
民間もしくは半官半民の「老人ホーム」など、限られた場所だけとなった。
しかし、この「新禁煙法」そのホテルなど宿泊施設における喫煙室数の上限を
客室数全体の20%までと定めている。徹底して隅々までの厳しさを感じる。(^-^;
仮に自分の経営している店だから自分の都合で喫煙を可能にするという事もできない
のだそうだ。違反者は個人で最大50ドル(約5900円)、法人は最大500ドル
(約5万9000円)の罰金が科せられる。

喫煙をしない自分にとっては願ってもいない法律の制定で、非常にうれしい。(笑)
とは言うものの、昨年ハワイに行きましたが、タバコの煙を見つける事も
難しい状態ではありましたから、今のままでも充分な気もするけどね・・(^-^;

これで日本からの観光客が減るのでは?と予想されているらしいが、その点に
おいても、夏休みの飛行機がGW前からキャンセル待ちになる現状をみると、
少し和らいでくれるのなら、うれしい話だ。
しかし、タバコを吸う人は、相当つらいね・・ちょっとここまでくると気の毒・・(^-^;
ちなみに、フランスも来年の9月に公共の場所での喫煙を禁じるとの事・・。
日本も10年後くらいにはそうなるかもね・・。

とんでもない愚弄判決

「卒業式や入学式などで、日の丸に向かって起立し、君が代を斉唱する
 よう義務付けた東京都教委の通達は違憲違法だとして、都立学校の
 教職員ら401人が義務がないことの確認などを求めた訴訟で、東京
 地裁は21日、原告全面勝訴の判決を言い渡した。
 難波孝一裁判長は【通達は不当な強制に当たり、憲法が認める思想・
 良心の自由を侵し、教育基本法にも違反する】と指摘。教職員らに
 従う義務がないことを確認した
 うえ、通達違反を理由にした処分の禁止や1人当たり3万円の賠償も
 都と都教委に命じた。都側は控訴する方針。
 判決は、国旗国歌の生徒への指導が【式典で国旗を掲げ、国歌を斉唱
 することは有意義】【国旗・国歌を尊重する態度を育てる事は重要】
 と有意義であることを認めつつ、懲戒処分などを背景に教職員に強制
 するのは【行き過ぎた措置】と明確に断じ、教育現場での日の丸、
 君が代を巡る訴訟で初めて違憲判断を示した。処分の【事前差し止め】
 を認めた判決は異例。全国各地の同種訴訟に大きな影響を与えそうだ。
 争われたのは、都教委が2003年10月23日に都立の高校や盲・ろう
 ・養護学校長あてに出した【入学式、卒業式等における国旗掲揚
 及び国歌斉唱の実施について(通達)】。
 都教委は通達に基づき、教職員に式典での起立などを命じる職務命令
 を出すよう校長に指示した。
 判決はまず、日の丸、君が代について【第二次大戦までの間、皇国
 思想や軍国主義の精神的支柱として用いられ、現在も国民の間で
 宗教的、政治的に価値中立的なものと認められるまでには至って
 いない】と指摘。【国旗・国歌は強制ではなく、自然のうちに定着
 させるのがいい】【掲揚や斉唱に反対する教職員の思想・良心の
 自由も、他者の権利を侵害するなど公共の福祉に反しない限り、
 憲法上保護に値する】と位置づけた。通達については
 (1)斉唱などの具体的方法を詳細に指示し、校長に裁量を
    許していない
 (2)校長が出した職務命令違反を理由に、多くの教職員が
    懲戒処分などを受けた
 などと認定した。そのうえで【通達や都教委の指導、校長の職務命令
 は、教職員に一方的な一定の理論や観念を生徒に教え込むことを
 強制するに等しい】として、教育基本法10条1項で定めた【不当な
 支配】に当たり違法と判断。「公共の福祉の観点から許される制約
 の範囲を超えている」として、憲法19条の思想・良心の自由にも
 違反すると結論付けた。さらに、通達に違反したことを理由にした
 懲戒処分は「裁量権の乱用に当たる」として今後の処分を禁止。
 【教職員は、従う義務がないのに思想・良心に反して職務命令に
 従わされ、精神的苦痛を受けた】として、退職者も含めて慰謝料を
 認めた。」

この難波孝一裁判長はとんでもない判決を出した。
あまりにもひどい、めちゃくちゃである。

【式典で国旗を掲げ、国歌を斉唱することは有意義】
【国旗・国歌を尊重する態度を育てることは重要】

と有意義であることを認めているのに、

【第二次大戦までの間、皇国思想や軍国主義の精神的支柱として
 用いられ、現在も国民の間で宗教的、政治的に価値中立的なもの
 と認められるまでには至っていない】
【掲揚や斉唱に反対する教職員の思想・良心の自由も、他者の権利を
 侵害するなど公共の福祉に反しない限り、憲法上保護に値する】

と、いきなり極左な判決が導き出されている。
凄まじいまでの自らの無知な政治思想のみで法律を操作する
非道な裁判長の判決にはびっくりだ!
わかりにくいので、上記の判決を要約し簡単に書いてみると、

【日の丸・君が代は軍国主義の精神的支柱であり、これらは現在
 においても、日本で国旗・国歌として広く国民に中立的なものと
容認されていない。よって、これらを義務付けることは違憲である】

という事である。

「中立的なものと認められるまでには至っていない」

という根拠は何か?まさか、こうして「国旗・国歌」に対する裁判が
出てくる事自体が

「ほ〜ら、こんなに反対している人達がいるじゃないか!」

という事が、その根拠だ!とでも言いたいのか?
そして、この裁判長にとって「国旗・国歌」とは一体何なのか?
どうなったら「中立」なのか?>悪いが「中立」である証明など無理である。
その無理を判決に用いている悪質さ・・。
そして「軍国主義」とは何?
まさか、戦争をした時の日本だけをみて「軍国主義」と言いたいのか?
当時、世界中の列強国が軍事力にものを言わせて弱小国を侵略し植民地
とし収奪しており、食うか食われるかの弱肉強食の時代・・。
そもそも、日本は江戸時代の260年に及ぶ平和な時代を、アメリカの
黒船によって無理矢理「開国」させられ、弱肉強食の世界に無理矢理
引きずり込まれた・・そうなったからには、植民地になるか、独立国家
として自国が強くなって外的の侵略から誇りを持ち守るか、のどちら
かしかない・・そのために、富国強兵を目指した。
この日本のやむをえない歴史の、背景&必然を、この裁判長は「軍国
主義」と一言で断罪!歴史を知らない人間が、現在の価値観で過去を
否定する、一番愚かな思考である。

さらに判決の異常さはここでもあらわれる。

【国旗・国歌は強制ではなく、自然のうちに定着させるのがいい】
【掲揚や斉唱に反対する教職員の思想・良心の自由も、他者の権利を
 侵害するなど公共の福祉に反しない限り、憲法上保護に値する】

どうやら式典で国旗掲揚における起立や国歌斉唱を求める事を【強制】
と言うらしい。
世界でこんな事を言ったら頭がおかしいと思われるだろう・・。
式典で国旗に起立、国歌を斉唱するのは国際的にも、ごくごく自然で
あるというのが世界の価値観ではないのか?

今回、小泉首相が、

「法律以前の問題じゃないでしょうかね。人間として、国旗や国歌に
 敬意を表すというのは」

と述べた。その通りである。
普通はどの国でも、国旗、国歌に敬意を払う思想教育する事は、
世界的に考えても必要常識である・・という事は教育の場で国旗、
国歌に敬意を払う思想教育は当然出てくる。
そこに「個」の自由を求めるのは、どう考えてもおかしい。
それでは、この先生達は、式典で国旗、国歌の威厳を教えていかない
のだとしたら、どこでどうやって国旗、国歌への敬意を教えてゆくのだ?
今や、もう、誰も聞いていないあなた方の授業中にでも教えるのか?
そして、歌うも起立も自由として、卒業式も、入学式も、立っている奴も
いればふんぞり返って座っている奴もいて、式典でおしゃべりするも
しないも思想の自由という事で、成人式のようにガヤガヤして・・
それで生徒達の節目の節目の式典が終わるのか?
なんと悲しい、始まりと終わりになるのだろう・・。
その中から生徒達は何を学ぶのだろう?
【自由】と【勝手】をはき違える事しか学ばないのではないか?

それにしても、国歌斉唱と国旗掲揚が問題になっている国なんて、
世界中探しても日本以外にあるのか?素人には見つけられない位に
異常な事態だ。

先日、オリンピックの陸上・日本代表の為末選手が語っていた。

「オリンピックで他国の国旗が揚がるときに、日本人は平気で座っていて、
 他国から不敬だと言われる事がある。」
「愛国心がない人は、他国に対する敬意も示せないんじゃないでしょうか?」

さらには、前回のオリンピックでも、他国の国旗が揚がるときに帽子をかぶった
ままの日本人選手・・。世界を見ている人からみると、日本国民はこんなにも
おかしいのである。しかし、恐ろしいのはそれを日本人がおかしいと思わない
教育をされているという事なのだ。

今後、東京都は控訴を決定した。高裁・最高裁と徹底的に争ってもらわないと困る。
まあ、このようなあまりにもバカげた地裁の判決など覆るのは99%確実ですが・・。
悪いが、こんな極左思想を教えて頂く以前に、子供達に教えてもらいたい事は
他にたくさんある・・。

松本智津夫(麻原彰晃)被告、死刑が確定

個人的には、松本智津夫(麻原彰晃)被告が生きている内には判決が
出ないだろうと予測していた。それが一気に確定した。
それでも初公判から10年5か月・・。
こんなふざけた態度の人間を裁くのに10年とはキツイ・・。
謝罪がないだけでなく、解明もされず、説明すらない・・。
この判決を受けて、オウム真理教の上祐史浩代表が坂本堤弁護士一家
殺害事件や地下鉄サリン事件について

「発生直後から教団の犯行だと確信していた」

とカミングアウト。さらに、

「教団をつぶしたくないという気持ちがあってウソをついてしまった」

とも認めた。さらにサリンの製造、生物兵器の製造までもきちんと認めた。
そもそも、みんな信じてはいなかったが改めて相当なる悪質さだ・・。
改めて、場を設けて被害者には謝罪をすると明言していたが、こんな
キチガイ達に殺された、被害にあった事件の被害者はどこまでいっても、
傷は癒えない・・。

9.11の真実?

ファイル 758-1.jpg

靖国論争と共に、一方の報道がされないもののひとつに「911」がある。
「911」とは2001年9月11日にアメリカ合衆国で起きたアメリカ
同時多発テロ事件。この後、アメリカは対テロ戦争として、アメリカ
のアフガニスタン侵攻、イラク戦争を行う事となる。
この「911」、アメリカでは

「捏造説」「陰謀説」

が今だに根強い。「捏造説」「陰謀説」を唱える側に、確固たる証拠があるからなのと、
アメリカ政府がそれを取り合おうとしないからだが、日本のメディアはこれを伝えない。
疑問点だけをあげてもたくさんのものがある。

○ペンタゴン(米国防総省)の外壁が崩れ落ちる以前のビデオや写真が
 公表されていないのはなぜか?外壁は最初の衝突から35分間崩壊
 しなかった。
○ペンタゴンにボーイング機が激突したとされる直後に撮影された写真
 には、わずか3〜4メートルの穴が空いているだけなのはなぜ?
○米国国内に開示された写真とは裏腹に、なぜ事件から数分後の
 ペンタゴンの芝の上に飛行機の残骸が映っていないような証拠写真
 しかないのか? 旅客機はどこにある? 乗客には何が起こったのか?
○軽量のアルミニウムで作られたボーイング757が、9フィート(2.7m)
 にも及ぶ鉄筋コンクリートを本当に貫通できたのか? 
○そもそもツインタワーは、大型ジェット機のボーイング707が突入
 しても崩壊しないよう設計されていた。
○CNNやABCを含む5人のカメラマンがビデオに捉えた、ノース・タワー
 とサウス・タワーへ激突寸前のボーイング757の機体右側の閃光は
 何だったのだろう? 
○ビルが崩壊する以前に、世界貿易センターの内外で多くの爆弾や
 爆発が報告されていたのはなぜ?
○飛行機が追突しなかったWTC第7ビルがなぜ崩壊したのか?
○WTC南2号棟が崩壊するまで、世界中で火災で倒壊したビルはただの
 一件もなかった。しかも映像では鉄骨が粉々にちぎれて、盛大に
 飛び散っている。
○2度目の衝突を目撃したFOX Newsの社員が、民間のユナイテッド航空
 の175便に窓が見あたらないと報告したのはなぜだろう?
○175便の着陸装置から外部に膨らんだ突起物のようなものがありませんか?
 もし何かがあるとしたら、それはいつ・どこで取り付けられた
 のでしょう? どうやったら気づかれずに、民間の飛行場から
 離陸できたのでしょう? 追突時に何か役割があったのでしょうか?
○米国空軍のジェット機が航空機をなぜ迎撃しなかったのか?

さあ、今晩、日本でも多くの「911」の特集が組まれ、ニュース番組
でも「911」を扱うだろう・・しかし、それは「悲惨さ=アメリカの
正当性」や「テロ撲滅」の方向性ばかりであろう・・。
今、その資料は日本でもきちんと手に入る。そうしたものと共に、
そのメディアの裏側を我々はもう少し疑った目で冷静に感じる
必要性がある・・。

光市母子殺害事件・高裁差し戻し

長い・・。7年でも長いというのに、

「山口県光市で1999年に母子を殺害したとして、殺人罪
 などに問われた当時18歳の元少年(現・25)の上告審で、
 最高裁は6月20日、死刑を求めた検察側の上告を認め、
 広島高裁の無期懲役判決を破棄し、審理を高裁に差し戻した。」

と、裁判所はこれだけひどい事件なのに、まだ遺族に我慢しろ
と言うのか?・・高裁に差し戻した事で、ほぼ「死刑」判決
が出るという・・そこは画期的な判決だそうだ。識者達は
口を揃えて

「予想通り」

との事だが、少なくとも、もう3年はかかるだろうというのが
大方の予想だ。
本村さんは、この日、

「無期懲役という判決が、最高裁が妥当と思わないのであれば、
 最高裁自ら死刑という判決を出して頂きたかった。」

と会見で述べた。全くその通りだ。さらに、

「人を2人も殺した人間が反省しない事の方が、私はおかしい
 と思います。」

「加害少年が自分の罪を少しずつ理解し反省してゆく事は
 当然ですし、そうでなければ困ります。」

「少年が反省するという事と、犯した罪に対する罰を受ける
 事は、全く別の問題だと考えております。ですから反省
 すれば罪が軽くなるとなれば、全ての罪が許されてしまい
 ますので、私はそうでないと思っています。」

とも会見で述べていた。全てにおいて「共感」する。今までも、

「殺意、殺してやるという、それを必死に理性で抑えている、
 それが被害者にとっての裁判です。」

「国家が被害者から刑罰権を独占している今、裁判が復習の
 場でなければ、我々被害者遺族の怒りの矛先は、どこに
 向ければいいのか?」

「私達、遺族は彼に損害賠償なんて求めていないんですよ。
 <死んでくれ>と言っているんです。」

「何度も司法に裏切られても、最後には必ず遺族などが
 求める刑が出る事を信じてこの日までがんばって
 来ましたが、結局は最後の最後まで司法に裏切られました。」

「遺族だって回復しないといけないんです被害から。
 人を恨む、憎む、そういう気持ちを乗り越えて、また、
 優しさを取り戻すためには死ぬほどの努力をしないと
 いけないんです。」

と、今までの数多くの本村さんの言葉のうちの抜粋だが、
どれも「過激」でありながら「冷静」で、繰り返しになるが、
本村さんの全ての言葉に「共感」する。
自分が同じ立場なら感情的にならずに、カンペも見ないで、
こんなに「冷静」な事が言えるだろうか?
自分よりも若いのに、自分よりも数段「大人」だと感じる・・。

第3回公判(1999年11月)に本村さんは法廷内に
妻・弥生さんと娘・夕夏ちゃんの「遺影」を持ち込もう
とすると裁判所側がこれを拒否。

「自分の妻と娘の裁判なのに遺影を持ち込めない。
 こんな不条理はない。」

と述べた。遺族としたら当然の主張だ。
でも、裁判所は拒否した。
しかし、この本村さんの行動から、法廷内に遺影を持ち込む
ことが一般化したという。

少年法に詳しい児玉勇二弁護士がテレビで言っていた。

「社会治安の視点から見ていて、元少年の更生の可能性が
 軽視されている。元少年が具体的に反省して、立ち直って、
 被害者に対して謝罪するような、具体的な更正、可能性の
 システムを実践する事が重要」

というが、この事件においてそんなシステムは必要ない。
というより、

「人を殺した人間は大人であろうと、少年であろうと
 自分の死をもってしか償う道はない」

という「厳罰」こそが、少なくとも

「殺してしまったら、例え謝っても反省しても許され
 ないんだよ」

というメッセージと共に、未成年への抑止力&社会治安
の安定への道だろう・・ましては、殺しただけでなく、
死んだ奥さんを強姦し、赤ちゃんをも殺した人間が
戻る所など、例え「牢屋」であっても存在してはならない。

現在の元少年の弁護をする安田弁護士は「死刑廃止論者」
だが、仮に自分の娘が結婚して同じように若くして殺され、
犯され、産まれたばかりの孫を殺されても、同じ事が
言えるのだろうか? 
そして、仮に、死刑が回避され無期懲役になったとして、
殺された自分の娘と孫の墓前で

「<まあ、しゃあないですわ今更。被害者さんの事です
 やろ?知ってま。ありゃーちょーしづいてるとボクもね、
 思うとりました。う〜ん無期はもうほぼ決まりでして
 7年そこそこで地上に芽を出す>

とか言ってるけど、死刑が回避された事が、私はうれしくて
うれしくてしかたないよ!
私は死刑廃止論者だからね!お前も、そう思うだろう?
7年後は少年は出所して、友達と遊び回り、結婚もして子供も
作って楽しく幸せにおもしろおかしく暮らしていくけど、
お前はもう死んでしまっているし、私はそんな事も決して
妬まず、恨まず、憎まず、ニコニコして少年の更生を喜ぶ
から、お前も天国で無期懲役の判決を喜んでくれ!」

と笑顔で報告できるのか?
もう、誰か「死刑廃止論者」という詭弁者達を抹殺してくれ!

恐怖のエレベーター・シンドラー

個人的に、エレベーターって、乗り物の中でも

「非常に安全なもの」

という認識。
しかし、驚異の「シンドラーエレベーター」のとんでもない数の
トラブルをみると背筋がゾッとする・・。
実は個人的には「シンドラーエレベーター」って知らなかったです・・(^-^;
私は、エレベーターの中で暇だと会社名を見る事が多いのですが、
「シンドラー」というのは見た事がなかった。ほとんどは「日立」「三菱」
「東芝」だった気がする。
で、何で見た事がなかったのかな?と思ったら「シンドラー」は公共施設、
市営住宅、都営住宅がほとんどなのね。
個人的には、一番身近で行く回数が多い公共施設は区役所かぁ!と
思ったんですが、都筑区役所は、住民票や印鑑証明など、ほとんどの事は
1〜2Fで終わるので、2Fへはアクセスが便利なエスカレーターにしか
乗らないし、実は、3Fも固定資産税の書類提出など税務提出関連でたまに
行きますが、エレベーターを待つより、階段で上がった方が断然速く、
乗った事がない。
あとは横浜市営地下鉄がなんとなく「シンドラー」っぽいが、エレベーター
に乗ってもすぐにホームにつくのでメーカー名を見た事がなかったなぁ・。
今度の火曜日に見てきます。(笑)

で、話を戻そう。(^-^;
シンドラーエレベーターは日本国内のシェアはわずかに1%だそうだ。
にもかかわらず、東京都の都営住宅などは

「344(シンドラー製)/2930(都営住宅全てのエレベーター)=約12%」

と10倍以上にのシェアになるそうだ。いわゆる「入札方式」の所は安さで
勝負できるので、日本のエレベーターメーカーよりも確実に2〜3割安かった
シンドラー社に決まる事が多かったという。
その圧倒的な安さがあって、不具合などが耳に入っていなくて、

「世界シュア・第2位!」

という後押しがあって、日本人の外国製品崇拝気質を考えれば、

「機械式時計で有名なスイス製!→精密機械レベル高そう・・うっとり・・」

って事で、シンドラー社に決めちゃうよなぁ・・普通・・。(^-^;
でも、アジアのシンドラーエレベーターを作っているのは中国だそうで、
実際には「中国製」・・(笑)

そのスイス・シンドラーエレベーターに

「エレベーターのトラブルが1999年から今月にかけ、軽微なものも含め
 23都道府県で少なくとも計300件以上起きていた」
「都営住宅だけのトラブルでも2005年4月〜2006年2月で届け出が
 あるだけでも約140件」

という凄まじい不具合回数なのだから驚きだ。(^-^;

で、ハーバート・ウィリアム・ハインリッヒの論文に「ハインリッヒの法則」
というものが書かれている。その「ハインリッヒの法則」の一部分に

「<災害>について現れた数値は<1:29:300>であった。その内訳として、
 <重傷>以上の災害が1件あったら、その背後には、29件の<軽傷>を
 伴う災害が起こり、300件もの<ヒヤリ・ハット(hiyari-hatto cases)>
 した(危うく大惨事になる)傷害のない災害が起きていた」

というもの。まさに不思議と今回のシンドラー事件はこれにあてはまる。
さらに、世界に目を向けると、アメリカ、カナダ、中国でも死亡事故が
起こっており4人が死んでいるという。
という事は「ハインリッヒの法則」に当てはめると世界では300×4という
事で1200件以上は「危うく大惨事になる傷害のない災害」が起こっていた
のではないか?と予測される。さらにアメリカでは130件の訴訟が
起こっている事も露呈すると、

「尋常でない」

とんでもない会社である事をひしひしと感じてくる。

シンドラーのプレスリリースには

「シンドラーはエレベータ業界で世界第2位であり、世界100カ国以上で製品を
 販売しております。世界で、シンドラーの製品を毎日7億5000万人の方が
 利用されています。シンドラーの製品が業界の高い基準にて設計されています。
 シンドラーの製品が安全で信頼できる製品であることを理解していただ
 けるよう、できるだけ早期に事実解明して、皆さんにお伝えいたします。」

と、私達の会社はすごいんだぞ!と勝手に自負して胸を張って頂くのは結構だ。
しかし、今は胸を張る時じゃないだろう!凸(-""-)
それだけ自信があるくせに、今、日本のどこにシンドラーエレベーターが
あるのかマスコミが教えて欲しいというと、全面的に拒むとういう
おかしな会社。
自力で調べるにしても、普通、乗る側としてはエレベーターのメーカー名は、
中に乗らないと見られない事だ。怖いよそんなの・・・(^-^;
という事は一覧を新聞などに発表して頂かないと困る。

さらに、今回の港区・竹芝のマンションの件については

「エレベーターの設計や設備によるものでなく、(シンドラーの
 メンテナンスから変えた)管理会社とその管理会社を選んだ
 港区の責任」

と責任は全くない!とでも言いたげな説明。
確かに、竹芝のマンションのエレベーター保守点検会社は

1998年4月〜2005年3月まで→シンドラーエレベーター
2005年4月〜2066年3月まで→日本電力サービス
2006年4月〜現在まで→SECエレベーター

と保守点検会社が変わっているそうだ。
契約更新の際は入札方式だったらしく、シンドラーは400万ちょっと、
日本電力が150万ちょっとで入札、日本電力となった。
しかし、あまりにも故障が多いため、その値段ではやれないという事で、
次の入札時には日本電力が400万、SECが115万で落札、SECとなった
そうだ。そうなると、実際にはどのくらいのメンテがされていたのか?
やはり安いというのは怖いという結果がでるのか?
今後の警察や国交省の調査待ちですね・・・。
しかし、住民によると、その管理会社に変更してからも、シンドラー社は
きちんと点検に立ち会いに来ていたという。そのシンドラー社の立ち会い
のもと点検中に、エレベーターを呼んでもエレベーターがこないなどの
不具合も発生しており、シンドラー社は

「数々の不具合をわかっていた」

と考えられる。結局はシンドラー社の詭弁という事になる。
さらに、その事が港区には報告が行っていないという事も発覚。
そして、今回の竹芝の事件も、被害者を助けたら、そのエレベーターは
一気に上がって天井に「ガーン」とぶつかる音がしたそうだ。
聞いているだけでもゾッとする。
広島の呉の市営住宅での閉じこめられた事故も6月3日に起こっているのに、
その報告は6月7日という対応の悪さ・・。
しかも、竹芝のマンションは「管理しているのが自分たちじゃないから
知らねえよ!」と言っているが、広島の事件は管理しているのがシンドラー社
なのだ。そう考えると、ソフトだか配電盤だか知らないが、総合して
「製品が悪い」としか考えられないだろう。
ドンドンと酷い対応と共に、製品の悪さまでが露呈している。

メディアで有名になった東工大のシンドラーエレベーターの状態を
載せているmixiのコミュニティ

「J2棟のエレベーターがおもしろい」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=341668

のメイントビ「J2エレベーター、今日の出来事」なんか、マジとんでもない
状況だ。
これができて6ヶ月内の出来事なのだから驚きを通り越して唖然とする。

それでも、シンドラーホールディングスのアルフレッド・シンドラー社長は

「製品は悪くない」

の一点張り。

「認めない!」
「私は悪くない!」
「悪いのは○○だ!」
「謝罪しない!」
「知らなかった!」

と、こうしてみると、日本人には「耐震偽装問題」とそっくりである事を
感じてくる。
確かに、訴訟社会である欧米は、裁判が不利になるために、すんなりと
自分の責任を認める事はしない。しかし、日本はまず謝罪をする。
それからテーブルに着くという美学が普通なので、シンドラー社の対応は
日本人の心を逆撫でする。
でもこんな事で驚いてはいけない。ニューヨークで死亡した男性の妻が
語るには、2年前の事件だが、シンドラー社は未だに謝罪をしていないという。
今回の竹芝のマンションでの市川大輔君(16)が死亡した事故も、管理会社
と港区のせいにしている以上、シンドラー社は謝罪するつもりはなさそうだ。
謝罪するつもりがないのなら、国を挙げて、こんなメーカーは入札禁止
&使用禁止にすべきである。