記事一覧

恥ずかしい日本文化がまたひとつ増えてしまったな

「トリック・オア・トリート!」と言って
子供達が店に飛び込んで来た・・(笑)
そんな事、考えちゃいなかったから、
ハロウィンの用意なんてしておらず
困った困った(笑)

でも、仮装もしていない子供達だった
ので、

「ハロウィンって何だか知ってるの?」

と聞いたら、誰も分かっていませんでした。
その上、店に1度でも来た事のある子供、
近所の顔見知りの子供ならともかく、
見た事も無い子供達が飛び込んで来ても

「なんで俺が、ハロウィンを理解していないこいつらにお菓子を無料で渡さなきゃいけないの?」

と思うだけで、単純におもしろくも
なんともないイベントだな・・(-_-;)

と、同時にハロウィンを理解していない、
ただ調子に乗った奴らが、年々

「ただハメをはずす場」

になりつつある「渋谷のハロウィン」。
仮装においても

「何で仮装するのか?」

を理解していないから、メチャクチャだし
今年は軽トラックが横転させられるなどの
騒動にまで展開、商店街などは、勝手に
トイレに入って来る、ガラスを割る、店内を
荒らすなどひどい状態になるため、安全策の
ために通常より早く閉店し、あれだけの人出
があるにもかかわらず、売上は半減すると
いうバカバカしさ・・。
なんで毎年加速してあたかも海外の暴動とか
見て影響されてるような形になるのか?
さっぱりわからん・・┐('~`;)┌
成人式で暴れるアホと同じレベルでガッカリ
する・・。

ああいう奴らの周りにはこうした事が

「恥ずかしい事だ」

と教えてくれる大人はいないのか?
同時にこれが「日本式ハロウィン」として
世界に流れているのかと思うと、同じ日本人
として残念というのを通り越して、早めに
どこぞのゴルゴ13のような人が、ああいう
奴らは遠くから射殺してくれないかとすら
思うわ・・(-_-;)

とはいえ、マスコミが率先して仮装の出来映え
を煽り、ニュースにできる騒ぎを探している
今の姿勢から、ハロウィンとは何なのか?を
きちんと伝えていく事から変わっていかないと
この恥ずかしい「日本式ハロウィン」は、際限
なく広がってゆく・・。

成人式とハロウィン・・恥ずかしい日本文化が
またひとつ増えてしまったな・・(-_-;)

山口氏も最低だがマスコミも最低だわ

「高校生へのわいせつ事件」で、あれよ
あれよとジャニーズ事務所との契約解除
にまで発展した、今や「元TOKIO」と
なってしまった山口氏・・。

事情で入院、その後、退院してすぐに番組
共演の女子高校生に連絡、連絡先を交換
できただけで嬉しいところ、本当の自宅まで
も教えてもらえて行く事ができるだけでなく
入って遊ぶ事ができるステータスをもらえた
なんて事になったら、自分が女子高生でも
ノコノコ行っちゃうよな・・(^-^;

という事は、今まで山口氏、きっとこの手口
で何回もうまくいっていたんだろうなぁ・・
と下衆の勘ぐりもしちゃうよな・・(笑)
しかも、母親も激怒している・・という事は
恐らく「キス」レベルでは終っていないから
「わいせつ事件」と称されているんだろう
なぁ・・と大人側の「発表内容」の事情も
勘ぐっちゃう訳で・・(笑)

また、そもそも論として46歳という年齢を
考えて、酒の量も1日で「焼酎1本」って・・
なかなか凄い・・。(^-^;
自分も酒には強い方だが若い時ならまだしも
今の数時間で「焼酎1本」は飲めないなぁ・・。
でもそんな中、きちんと女子高生の電話番号
を携帯電話の電話帳で確認して、ヘタしたら
その場で正確に自宅の場所まで教えている事
を考えていると、女子高生に電話した時には
酩酊状態だった・・というのはちょっと
信じがたいかなぁ・・。

となると、どこまでが本当の話なのか?は
もちろん当事者しかわからない訳ですから、
これ以上の詮索は個人的にはもうどうでも
よく、それよりもどうしても気に食わない
のは、記憶にも新しい先日のテレビ朝日の
記者への福田元事務次官のセクハラ事件・・。

「放送すると個人が特定され二次被害につながるから」

と自分達の事は守りますが、その舌の根も
乾かないうちに、今回の山口氏のわいせつ
事件の被害者は、

「NHK〇〇出演の女子高生」

と個人が特定され二次被害に繋がる情報を
マスコミはいとも簡単に流す・・凸(-""-)
もうそうなれば、出演者の女子高生がSNS
のアカウントを抹消したり迅速に閉鎖とか
した人間が被害者では・・?と特定される
動きになり、どんどんと本当か?嘘か?が
わからない女子高生達の名前が出回る・・。
こうした「二次被害」になる事をまだ想像
できないのか?とマスコミの下衆さ加減には
本当に辟易する訳で・・(-_-;)
それに限らず、日常でも事件を起こした犯人
の両親や家族構成がわかれば、成人している
場合は犯人本人の責任なのですから、両親や
家族は関係ないのに、その人達をその日から
「気持ちを聞かせろ!」「育てた責任は!」
と追いかけ回し、日常を180度変える
「二次被害」を続ける・・(-_-;)

また、その時の被害者の両親や家族までをも
追いかけ回し、「二次被害」を続けるだけで
なく、どちらの時においても、路上や家の前
に集結して、歩行者や近隣の生活の邪魔は
する、タバコは吸う、それを路上や排水溝に
捨てる、ペットボトルやその他ゴミは持ち
帰らない輩がいる・・と「三次被害」まで
起こしている事を改善しろよ・・凸(-""-)

結果、女性の職域が狭まるだけだよな・・

テレビ朝日の社員の女性記者セクハラ事件。
突っ込みどころ満載で「さすが朝日!」と
頷く所ばかりで呆れる・・(-_-;)

そもそもテレビ朝日はこの女性記者への
セクハラ被害を自社で報じなかった理由を

「放送すると個人が特定され二次被害につながるから」

と説明・・。

この言葉・・全然響かないわ・・(-_-;)

テレビ朝日に限らず、マスコミ各社、家族の
反対があっても被害者の顔も実名も出して
二次被害を起こしまくっているクセに、
自社の記者がセクハラされたら、二次被害の
可能性があるから出さないというダブル
スタンダード・・(笑)

重ねて、セクハラがあると分かっていながら
この女性記者が「独自判断」で1対1の会食
(取材)をしていて、今回の盗聴を行って
いたのならば、完全に「色仕掛け」である。
逆に1年半も前からこの女性記者からセクハラ
の相談、もしくは担当を男性に変えて欲しい
と相談されていたのに、上司、もしくは会社
から「強制的」に1対1の会食(取材)を
させられていたとしたならば、テレビ朝日に
よるパワハラ&セクハラ案件な訳で、どちら
にせよ、悪いのは1年半放置したテレビ朝日。

もっとわからないのは、1年半の間に男性記者
に替えず、この女性記者に頑張らせたのに
テレビ朝日として週刊新潮に盗聴データなど
を流した点・・。
普通、記者魂として頑張って明らかなセクハラ
ネタを証拠も含めて掴んでいたのですから、

「次官、これ週刊誌に出たら、一生棒にふっちゃいますよ」

じゃないが、ある意味ネタを引っ張り放題に
できただろうと推測できるのに、この女性
記者自身は「記者として」一番何の意味も
無くなる道を選んだ事・・。

となると、今回の事件は誰も感じていると
思うが、タイミングが良すぎるんだわ・・。

1年半も前からの案件を表沙汰にするのが、
なんで今なんだよ・・というこのタイミング
の良さを考えると、モリカケ問題の事があり、
今現在、財務省が混乱している最中に、一斉
攻撃を仕掛ける為に週刊新潮がこの女性記者
を使って、今回の事例を起こしたのならば、
もっとタチが悪い・・(-_-;)

さらにもっと勘ぐるならば、立派な盗聴で
あったため、自社に火の粉がかからない
ようにテレビ朝日が他社に持ち込ませた・・
というのならば、「さすが朝日!」となり
相当なる下衆行為・・。
なぜなら本来ならセクハラがあれば、テレビ
朝日として、表沙汰にせず裏で抗議すれば
良いだけの話ですからね・・。
だから今回の記者会見も従業員のセクハラ
被害を1年以上にわたって黙殺し、業務を
継続させてたら、週刊誌に持ち込まれて
慌てて記者会見して保身、なんとかセーフ
扱いにせねば・・という姿勢をひしひしと
感じちゃうんだわ・・(笑)

この姿勢からも「さすが朝日!」な訳で・・(笑)

いずれにせよ、まだ本当かどうかの真実が
明らかになっていない状態の段階で、今回
のような相手の承諾無しの盗聴テープを
勝手に雑誌に流し、一方的に「セクハラ」
と大騒ぎし、まだセクハラ認定された訳では
ないのに職を失う・・という男性にとって
恐ろしい事例が出てしまったのと、今の
「セクハラ」の基準が、やられた女性側が
イケメンからなら「ウットリ」するから
「セクハラ」でなくて、ブサメンからは
同じ行為も「セクハラ」・・などという
曖昧な基準である以上、今後、どんな
仕事でも

「女性を避ける」

男性が多々出てくるであろうと推測すると、
大騒ぎすれば大騒ぎする程、残念ながら
女性記者に限らず女性の職域自体が
どんどん狭まっちゃう訳で・・。

もちろん無くす努力は必要だけど、いじめが
無くならないのと一緒で、男女が存在する
以上、個人的には残念ながら「セクハラ」は
無くならないと思っている・・(^-^;
どううまくつきあっていくか?なんだと
思うんだけどね・・。

ひき逃げ犯と何ら変わらんでしょう?

2週間という随分とご無沙汰してしまったが
成人式の例の話・・(^-^;
成人の日である1月8日当日、着物の販売や
レンタルなどを手がける「はれのひ」(本部
・横浜市中区)が、突然閉店し、予約をして
いた新成人客に振り袖が届かない被害・・。

とんでもない衝撃だった・・。

3年前に娘の成人式をやって振り袖を着せて
いる立場として、いきなりどん底に突き
落とされるその悲痛は堪え難い事だったと
心が痛む・・(-_-;)

単純に素人考えとしては、着物の世界で
結婚式と成人式の放棄はどんな事があっても
やってはいけない事だと思うのだが、それが
現実に起きてしまった・・(ノД`)ウル

その後の非道なる人間・篠崎陽一郎社長の
記者会見では成人式当日について、

「知人宅にいた。そこで【待機】をしていた」

という人としてありえないふざけた事を
平然と言えるのだから、人間なんて最終的
には保身しかなく、自己破産の手続き中だ
そうですから、我々がやらなければいけない
事は、この鬼畜のような事を平然とやって
のけた人間が社会復帰をした時には、その
会社を中心に速攻暴き出し世間的に抹殺
しなきゃいけないよな・・。

とはいえ、例えば車で人をひいてそのまま
逃げたとする・・それって負傷者を救護
しなかったという事で「ひき逃げ」という
犯罪になり、罪はさらに重くなる・・。
しかし、なんだな・・こういう事件ってさ、
成人式の当日トンズラかますという事故を
起こし、怖くて友人宅に逃げていた訳で、
形としてはひき逃げ犯と同じ形なのに、
こっちはそこについては何も裁かれない。
ココさ、もっと厳罰化する改正をした方が
良いと思うんだよな・・。

ただ、着物業界・・自分の娘の成人式の時
にもビックリしたのが、1年半も前なのに
「全額先払い」なんだよな・・・。
リフォームなどでも、まず最初に工事前に
「着手金」工事完了後に「残金」を支払う
というのが当たり前なのに、成人式だけは
世間の常識とかけ離れていて非常にビックリ
した覚えがある・・。

そして「1年半後までに、この会社が倒産
しない保証があるのか?」と質問してみると
「信じてもらうしかありません」という、
嫌なら契約してくれなくても結構ですよ!
的な契約する側が弱い立場にあるのが
成人式なのだ・・。
なぜなら、いくつも回っているうちに、
どんどんと着物の種類がなくなり、良い
時間の着付けと髪型のセットの予約が
取れなくなってしまうからだ・・(-_-;)

でも考えてみれば、消費者側には何の
「担保」も無く何十万ものお金を先取り
されてしまう訳で、着物業界は信頼を得る
為にはこの辺を早く改善、少なくとも、
業界として「全額先払い禁止」くらいの
大鉈を振るわないと、着物なんて二度と
この先、買ったり借りたりしないよな・・
って話・・。

そこを考えると、これで「全額先払い」が
いままで当たり前のようにまかり通って
いた契約はできなくなるだろうから、やっと
常識的な世界に戻るのかもしれませんが、
今回の犠牲になった人達の成人式はも
二度と戻って来ない事にはかわりはない。

そして、鬼畜・篠崎陽一郎社長への処罰は
見せしめで構わないので、法律に基づいた
以上の厳罰を求めたい・・。

景品が取れない「クレーンゲーム機」事件を考える

「クレーンゲーム機」景品が取れない設定
にし、客から料金をだまし取ったとして、
大阪市内のゲームセンター運営会社
「アミューズメントトラスト」を摘発、社長
の大平剛史容疑者と社員ら計6人を逮捕
するという事件になったクレーンゲーム
詐欺問題・・。

問題のクレーンゲームはアームの方に刃
が付いていて景品の紐を切るゲーム
だったそうだ・・。
見本で店員がやってみせる時だけ設定を
変え確実に取れる事を見せ、客にやらせる
時には絶対に紐のところで刃が止まらない
設定になっていたそうだ・・(゚.゚)
しかも、諦めて帰ろうとした客には、捕れた
時にはiPadなど高価なモノをさらに一緒に
プレゼントされると言われ、やり続けて
しまったそうで、客のここまできたら今更
やめられないという気持ちが邪魔する事は
共感する・・(笑)

ま、テレビとかでは、騙す手口がこのように
巧みだったなどの方向性で報道されている
が、自分はひねくれているので違った目線
で見てゆきたい・・。

クレーンゲーム機がスポンサーだったりする
のか?理由はわからないのだが、そもそも、
このクレーンゲーム機が、

「絶対に捕れない設定(詐欺をする設定)」

がなければ、この方法は思いつかなかった
訳である・・。
何が言いたいか?というと、このクレーン
ゲーム機を作っている会社自体が詐欺を
出来る仕組みにして出荷をしているという事
であるから、これは詐欺未遂事件というか
クレーンゲーム機の製作元、販売元も
この事件に加担した

「詐欺教唆、もしくは詐欺幇助事件」

なんじゃないの?って話。
そう、そんなゲーム機をそもそも製作して
販売する事は違法じゃないの?って話。
なら、もうこういう設定があると分かった
以上、これは全国で詐欺事件が行われて
いる可能性が高い訳ですから、この製作
している会社、販売している会社、納品して
いるゲームセンターなどを家宅捜索する位に
警察が動いてもいいんじゃないですかね?
ただし、そこを突っ込むと、恐らくはパチンコ
まで波及しそうなので、警察もマスコミも
突っ込まないのかなぁと勘ぐったり・・(笑)

とはいえ、客側も例え1回1万もするやつだと
しても、4~5回やってダメなものは取れない
設定だと気付こうよ・・(笑)

ストーカーってどうすればいいんだろう?

千葉・我孫子市に住む42歳の女が11月5日
から7日の間に、顔見知りの20代男性に

「好きだ」
「愛している」
「子供をつくりたい」

など83通のメールを送る、ストーカー行為
を行った疑いで逮捕された・・という気持ち
の悪いパターンのストーカー事件・・(^-^;
一方、昨年2月には札幌市で元夫が元妻の
胸など数カ所を刃物で刺し殺した・・と
いう狂気的なストーカー事件なども記憶に
新しい・・。

こうしてストーカー事件を聞く度に、本当に
ストーカーってどうすればいいんだろう?

前者の詳しい事はまだ分からないが、後者の
事件に関しては、殺される事前に3回警察に
相談に行っていたそうだ・・。
しかも、事件当日も警察に相談、警察も
元夫に

「これ以上やるとストーカーになる」

と電話で注意、その時は応じる様子を
見せていたというが、同日夜に事件は
発生した・・。

こうしたケースのストーカーというより、
そもそも正攻法が通じないストーカーは
どうやって防いだらよいのだろう・・?

個人的にはやはり方法はひとつしか思い
つかないかな・・。
ひとつは、ストーカーをしている人間より
も怖い(強い)人間が現れるしかない・・。
もしくは、そうした人間にやられている以上
のストーカーをさせる・・くらいしか思い
浮かばないかな・・(^-^;

その理由として、人間は基本、

「自分より弱い人間しか手を出さない」

からだ・・。
例えば、ストーカーやっている所に、数人の
怖い人間が「これ以上やるなら〇〇するぞ」
的な展開・・(笑)
ま、こうした人間程、そういう時にこそ録音
しておいて「脅かされた」と警察などを頼る
クズだからその辺は気をつけないといけない
けどね・・(^-^;(笑)

またストーカーする側はストーカーされると
どれだけ困るか?が実は分かっていない、
もしくはその行為をストーカーと思って
いないらしい・・。
という事は、まずそれをわからせるように、
やはり相手よりも強い人間で同じような、
もしくはそれ以上のストーカーを徹底的に
する事をしないといけないんだろうな・・。

で、これまた「これ以上やるならもっと
激しいストーカーをするぞ」的な展開(笑)
こちらもまた、その証拠を集めて警察に
逃げ込む可能性があるから気をつけないと
いけないけどね・・(^-^;(笑)

いずれにしても、それ以前にストーカー
されない、ある程度怖いオーラを持つ人間
になるしかないんだろうけど・・(^-^;

911から16年・・

今回は急遽、9月11日なのに北朝鮮問題
を考えてしまうほど、個人の中でも風化
しつつある2001年9月11日の

【アメリカ同時多発テロ】

あれからもう16年とは本当に時間が経つ
のが早い・・。
最近では日本のテレビでもこの問題が取り
上げられる事もなくなって来た・・(-_-;)

毎度、同じ事を書いているが、個人的には
大まかな部分では

【アメリカ自作自演説派】

である・・なぜならば、アメリカ政府が
資料を公開すれば一気にこの問題は片づく
のに、未だに、

【アメリカ政府が資料を公開しない】

から・・。
例えば、ペンタゴンに【ボーイング757】
という大型旅客機が突っ込むお馴染みの
監視カメラの映像なのだが、我々に見せ
られた映像には【ボーイング757】が
突っ込む瞬間は映っておらず急に炎上する
爆発のシーンだけなのである・・。
アメリカの中枢【ペンタゴン】なのだから、
何百、へたしたら何千もの防犯カメラが
あるでしょうから、別角度のカメラでの
完全に機体が突っ込んでいる映像を公開
すればいいのに公開されない・・。

ファイル 2783-2.jpg

さらに【ペンタゴン】の写真。
右上が【ペンタゴン】の消火後、右下が
その現場の画像に【ボーイング757】が
突っ込むなら、この大きさであるという
【ボーイング757】のCGを重ねたもの
である・・。

【爆薬か何かで爆破されただけでボーイング757は突っ込んでいない】

という説を個人的には支持するが、別に
【ボーイング757】が突っ込んだという
のなら突っ込んだでいい・・。
では、この幅広い

【ボーイング757の羽がどこへいっちゃったのか?】

をきちんと証明するべく、消火を始めた
ばかりとかに撮影をしているだろう飛行機
の痕跡が残っている写真が必ずあるはずで、
アメリカ政府はそれをきちんと何枚も公開
すればいい・・。
でも、公開されている画像は上記のもの
ばかりで、とても飛行機の羽が小さく折り
たたまれでもしない限り、時速500km/h
以上で突っ込んだ事も加味すれば、あの
崩壊範囲で済む訳がない事に対して、

【ボーイング757の羽によるペンタゴンの損傷部分がどこへいっちゃったのか?】
【ボーイング757の羽がどこへいっちゃったのか?】

をきちんと説明されていないんだよな・・。

さらに左上の画像が、日本人は知らない人が
多いワールドトレードセンター(以後WTC)
の【第7ビル】の崩壊の画像である。
飛行機がそれぞれ突っ込んだWTCのツイン
タワーでなく、ツインタワーから離れた場所
でありながら、致命的な火災も飛行機も
突っ込んだ訳でもないだけでなく、さらには、
その【第7ビル】のまわりのビルは、どこも
ビクともしていないのに、なぜかWTCの
【第7ビル】だけは、なんと10秒もかからず
に綺麗に完全崩壊しているのだそうだ・・(笑)
怪しいのはそこだけでなく、この【第7ビル】
は、実はCIAやFBIなどが入っているビルで、
なんと、このビルだけは3日前に

【警備上の都合】

という事で、全ての人がビルから退避させ
られていたそうだ・・。

さらに飛行機がそれぞれ突っ込んだWTCの
ツインタワーはすでに【築30年】を超えて
おり、ランニングコストがめちゃくちゃ
かかり、全面にアスベストが使われており、
近隣の【アスベスト補償】を考えると壊すに
壊せないお荷物ビルとされていた。
しかし、そんなビルにテロの約6週間前に

【約35億ドル】

で【テロ保険】に加入しているのだ。
普通に考えて、テロ以外に対する保険なら
ともかく、そんな起こる確率が相当低い
テロだけの対策のために多額の保険に、
あなたなら築30年を超えているビルを
わざわざ入れるだろうか?
しかし、なんとすごい偶然で、その6週間後
の9月11日に【同時多発テロ】が起こる。
そのテロで、なんと

【約46億ドル】

の保険金が手に入って11億ドルを儲けただけ
でなく、近隣の【アスベスト補償】をする事
もなく、これまた偶然にもお荷物ビルを綺麗
に掃除する事ができてしまったのである。
こんな素晴らしいシナリオである。

そして、左下の画像が、第2ビルに2回目に
突っ込んだ【ボーイング767】と言われて
いるが、腹の所に10m程の物体があるよう
に見える・・これが【爆弾】ではないのか?
という疑惑・・。

仮にそれが【爆弾】の系列のものならば、
飛行機1機で、ビルがあんなにも見事に
崩壊する事もわからんでもないし、さらに、
ビルに接触する時には飛行機の先頭から閃光
が出ている事もハッキリしているのだが、
それがミサイルだったりするならば、飛行機
が1辺に8本の鉄骨が縦に組まれている強靱な
ビルにまるで

【豆腐の中に入って行くかのように綺麗に突入していった】


事も納得できたりする・・。

また、今現在は、911の映像が、なんと
【機密】扱いで普通に分析するために入手
できないのだそうだ・・。

あれ?テロリストがやったんですよね?

ならば、マスコミに徹底的に公開して、
どんどんと分析させて真実をひとつでも
追跡するべきだと思うのですが、それは
させないというこれまた理解に苦しむ
アメリカ政府の姿・・と、本当に911は
おかしい事だらけなのである・・。

でも、どんどんと911も風化する・・。
一応は、これをキッカケにビンラディン氏
を処理できた訳ですから、あとは記憶の
彼方に送り込めば時が解決してくれる。

現に自分も北朝鮮問題で風化しちゃって
いるしね・・(^-^;
いずれにしても、理由はどうであれ911で
犠牲になられた全ての方々に哀悼の意を
表します。

「歩きスマホ」に当たり屋の件

で、以前書いた「歩きスマホ」に体当たりで
注意喚起のパターンの他にもこんなのが
ある訳で・・
***************************************
自らぶつかって修理代請求…「スマホ当たり屋」にご用心
(産経新聞・2017.7.30)
 スマートフォンの利用が普及する中、スマホを見ながら歩いている人を目がけて体当たりする暴力行為や、故意にぶつかって自分のスマホを落として修理代を請求する「スマホ当たり屋」と呼ばれる新手の犯罪が全国で相次いでいる。
***************************************
ま、こういう輩は、獲物として狙われたら
間違いなくぶつかってくる手はずになって
いるだろうから、恐らく防ぎようがないん
だろうな・・(^-^;

自分も形は違うんだけれども、友人が似た形
で巻き込まれた事があるので、その際の対応
も含めてちょっと書いてみたい・・。
その時はトイレから帰って来たら、友人が
そんなような事で揉めていた。
どうも出会い頭でぶつかったみたいで、
相手のスマホ画面が見事に割れている。

でも、その際に手放した時に、友人の胸に
当たってワンクッション隔てて、床に落ちた
ようなのだが、胸に当たった際に、スマホ
画面が表を向いていて、すでに画面が割れて
いたスマホだった事は友人は分かっていた
らしい・・(笑)

「落ちる時にこのスマホ、表を向いていて、
 確認していますけど、最初から、この
 スマホの画面割れていましたよね?」

と、ぶつかってきた相手に質問。
以外と冷静だった・・(^-^;(笑)

ひとまずまず冷静に考えて、歩行者同士が
互いにぶつかったのですから、責任は

「50%:50%」

ですから、友人は冷静に迷わず警察に電話。
その時点で、ぶつかってきた男はスキをみて
逃走・・(笑)

テレビで出演していた弁護士によると、
こうした際は、警察を堂々と呼ぶ!という事
が、まず最初で、警察に電話した時点で、
向こうは逃げる可能性がかなりの確率で
高いそうだ!(^^*)
中には、警察を恐れない輩もいるそうで、
その間もそうした輩はどんどんと調子に
乗ってくるそうなので、警察などの第三者
がいない間に住所&電話番号や職場など
の連絡先の交換をするとか、支払いに
ついて決めてしまう事だけはやっては
いけないそうだ・・自戒したい・・。

「歩きスマホ」に注意喚起の件

***************************************
歩きスマホの女性に体当たり 傷害容疑で作家兼ミュージシャンの男逮捕
(神戸新聞・2017.07.22)
歩きながらスマートフォンを操作していた女性に体当たりをして重傷を負わせたとして、兵庫県警葺合署は22日までに、傷害の疑いで、神戸市内の自称作家兼ミュージシャンの男(63)を逮捕、送検した。
***************************************
ま、他の報道ソースでも他の駅や路上でも
何回も同じような行為を行って警察沙汰に
なっているらしいところをみると、いわゆる
ちまたで噂の

「歩きスマホが危ない事を身をもって注意喚起してやっている」

という日常的に常に正しい行動しかして
いらっしゃらない非常に正義感溢れるお方
のようだな・・(笑)

でもこのお方、63歳にもなって無防備な
人間に体当たりすると転倒の際に大変な事
になるかもしれない事は理解していない
ところは幼稚だな・・(笑)

とはいえ、嘘か本当か知らないが、ちまた
では結構、歩きスマホの皆様が体当たりの
刑に処されていらっしゃるみたいで、
その事にはちょっとビックリした。

個人的に、歩きながらマップを見たり、
ポケモンGOをチラッと見たりはするから
実際には歩きスマホをやっている側の
1人になるかと思うんですが、体当たり
された事は無いなぁ・・(゚.゚)

つうか、自分に体当たりなんかして
きやがったら、またそいつの前に回って
歩きスマホの格好でしつこく出て、
「歩きスマホしててすみません!」と
言いながら、謝罪するまでそいつの
歩行を徹底的に妨害して進めなくして
やりますがね・・(笑)

ま、自分のようにこんだけ体デカくて、
怪しげな格好の人間には、そうした
チキンな奴らはそもそも近づいて
来ないんですけどね・・(笑)

でもこういう奴らって、実は女性だとか
反撃して来なそうな男性とか

「弱い人間」

にしか、こうした事はやらないんだよね。
腕に入墨してるチンピラみたいな人だとか、
ヤクザみたいな人、レスラーや格闘技系の
ちょっといかつい兄ちゃん達が歩きスマホ
をしていても、その時は体当たりなどせず、
恐らくササっと避けてあげて、道を譲る
ような奴らなんだよな・・(笑)

所詮はいじめの構図と一緒で、弱い人間を
吟味しカモとして「注意喚起」という名の下
に、自己の欲求不満の解消を無理矢理正当化
をして勘違いしているだけで、「注意喚起」
なんて崇高なレベルに実は追いついても
いないんだよな・・(笑)

ま、釈放されたら、今度は歩きスマホを
している奴なんて小さな悪でなく、もっと
巨悪に体当たりして成敗してくれよな!
作家兼ミュージシャンの男さんよ!
頼むぜ!(゚-゚)b

今の自分は多くの大人達が色々我慢してくれたお陰

夏休みが始まり、この辺でも子供の定番の
「ラジオ体操」が始まっている。
先日、何かの番組で、その「ラジオ体操」の
音楽の音や集合した際の会話がうるさいと
いう苦情を取り上げていて、今やラジオ体操
の音以外にも、盆踊りの音がうるさい、除夜
の鐘がうるさい、幼稚園や保育園の子供の声
がうるさい、中学校の部活動の掛け声が
うるさい・・などなど、多くの人間たちが

「自分を中心とした我慢をしない主張」

をするようになってきた・・。
でもそのどれもが当然だが

「自分が参加していない(関係のない)」

事例に対して「うるさい」という主張をする。

でも、どの事例も自分の家の横でその事例が
あったら確かにうるさいかもなぁ・・なんて
思いながら、自分の子供の頃を思い出して
いた・・。

自分の子供の時代は夏休みは毎日、すなわち
40日全部ラジオ体操があったし、もちろん
幼稚園でも公園でも小さな声で遊びなさい
など言われた事などなかったから、友達と
周りの事など気にせず大きな声で遊んでいた。
もちろん中学、高校と野球部だったから声出し
なんて当たり前!それがうるさいなんて本当に
驚く・・そもそもそんな事を1回たりとも
考えた事もなかった・・。

でも考えてみれば自分の時代は今以上に
うるさかったんだろうな・・(笑)

しかも、そうした「音」という形だけでなく、
例えば自分の自宅は住宅でしたので、横一列に
両隣合計で10件ほどの家があるのだが、その
自宅の前の広場で野球をやっていて、ガラスを
割っていない家などない・・(^-^;(笑)
さらに自宅以外も、人の家の壁にボールを
当てる、失敗してその壁の向こうの植木鉢を
割る事も少なくはなかった・・(^-^;(笑)
さらには缶蹴りやかくれんぼなどをやる時には
人の家の庭に遠慮なく入って隠れたり、通り
抜けたりしていた。
それでも大人たちは注意することもなく
子供のやる事だからと温かい目で見守って
くれていた。

こうして過去を振り返ってみれば自分の時代は
多くの大人達が、色々な事を我慢してくれて
子供を育ててきてくれたんだと、こうした問題
が取り上げられる度に、今改めて感謝したい
気持ちになる・・ <(_ _)>

「ホタル族」問題かぁ・・

正直、30年前には、こんなにも「禁煙」が
進んだ時代が来るとは想像もできなかった。
それを考えれば今のこの禁煙環境は個人的
にはかなり評価している・・。
とはいえ、人間というのはどんどんと欲が
出て来るもので(笑)やはり現在では食事
をする所や、大量に空気の入れ替えが瞬時
に行えない室内は完全喫煙にして欲しいと
思うかな・・(^-^;

で、先日テレビを見ていたら、マンション
やアパートなど集合住宅において、自宅内
において家族に吸わせてもらえないから、
ベランダで吸う「ホタル族」の問題を
やっていた・・。

ベランダという事は、外なのに何が問題
なんだ?と興味深く見ていると、ベランダ
で喫煙をするとタバコの煙が隣や上の階に
流れてしまい、洗濯物などに煙の匂いが
移ってしまったり、受動喫煙の恐れがある
として問題視されているという・・。
中には吸い殻をベランダに放置し、常に
ベランダからタバコの匂いがするケースも
あるらしい・・(-_-;)

なるほどそれはイヤだわ・・(^-^;

喫煙者からすると、こんなレベルの事は
隣人と相談して調整すべきで、法律や
マンションの規約などで全面禁止する程
の事では無い!とか、どこでも喫煙を
できないないようにするのはよくない!
吸う権利もある!のような事を言うが、
結局は、相手に気を遣わない自分勝手な
輩の行動の積み重ねが、吸う権利に対し
「禁止」という大きな圧力(声)に変わって
ゆく・・という悪循環・・(^-^;

でもさ、本当はさ、屁理屈にはなるが、
タバコって吸うだけならそんなに問題に
ならないんだよね・・。
要は「煙を吐く」から問題になる・・。
大切な煙なんだから、一息たりとも外に
出さないで吸い続ければいいのに・・
っていつも思う・・(笑)

なんて、幼稚な屁理屈はここまでにして、
この件に関しては、悪いがベランダで
吸って他人へ迷惑をかけるのでなく、
自宅の中で思う存分に吸って、犠牲に
するなら自分の妻と子供にしてくれ!と
いう話になる・・(^-^;

いずれにしても、マンションとかアパート
などの共同生活でなくてよかったわ(笑)

早急に痴漢逮捕の基準を変えてくれよ!

6月2日、深夜0時過ぎの総武線・平井駅
での痴漢騒動・・。
4人の中国人女性が痴漢をされたと平井駅
で降りてホームにある「非常停止ボタン」
を押して列車を止め通報、周囲の数人の
乗客が男性が無実である事を主張した
ものの、到着した警察は男性を電車から
下ろし連行され、事実上「冤罪だった」
という事で釈放された・・。

今回のこの事件、実はとんでもない恐ろしさ
である・・なぜなら、痴漢をしたとされる
男性は片手にスマートフォン、もう一方の
手は吊皮を掴んで両手がふさがった状態
という完璧な

「痴漢と間違われない為の基本姿勢」

の状況下で、カバンの先が被害者とされる
中国人女に当たっていた事を勘違いされた
もの・・。

なんで、こんな冤罪が起るのか?

もう、問題点はハッキリしている。
現在では「痴漢された」と言い出した女性側
は証拠を一切用意しなくても良く、痴漢を
されたと名指しされたこちら側だけが
「やっていない証拠」を証明しなければ
いけないという、まさに「悪魔の証明」方式
がまかり通っているのが痴漢事件・・。

先日最終回を迎えたドラマ「小さな巨人」
で香川照之氏演じる小野田捜査一課課長
の台詞で有名になった、

「適当な証拠だけで疑う事など許されない」
「100%の証拠でも足りない!200%の覚悟というものが必要だ!」

と、犯人を逮捕するには、犯人である

「確実な100%の証拠」

が無ければ逮捕できないのに、痴漢は
何の証拠も無く逮捕されてしまう。

身近なもので考えるならば「万引き」。
「万引き」は後から防犯カメラに写って
いるので捕まえてくれ!は通用されず
「現行犯逮捕」のみ・・。
しかも「現行犯の定義」として、バッグや
ポケットなどに入れた時を確認、そして
店から出た時でないと逮捕できない。
せめて、その場で女性側の下着や服の繊維
が男性側の指に確認されたとか、女性の
皮脂や体液の成分が確認されたとかの
きちんとした「証拠」がなければ逮捕
できないようにして欲しいよな・・。
痴漢を疑われた人が線路に逃げる
事件が多発しているが、これじゃ、

「そりゃ線路にも逃げたくなる」

って話・・。
冤罪で釈放されても、ヘタしたら人生が
180度変わってしまうかもしれないのが、
痴漢冤罪事件・・。
早急に痴漢逮捕の基準を変えてくれ!
頼むよ・・(T_T)

少し「光」が見えたかな・・【後編】

【前編】からの続き・・(^^*)

しかし今回、「光」が見えた事がある・・。
もちろん誰かの知恵なんだろうけど、ご両親
は5月29日の月曜日、文科省に第三者委員会
の調査中止と解散を申し入れに行く・・。

すると文科省は素早かった。

すぐに取手市教育委員会を指導する。
すると取手市教育委員会は5月30日に
「いじめによる重大事態に該当せず」を
即座に撤回し「いじめがあった」と認め、
31日には両親へ謝罪に出向く・・という
必殺「上から言われて掌返し」の流れ・・。

今回のご両親の対応を見てくると、実名を
公表する、自分達で生徒達に聞き取り調査
をする、文科省へ直接出向くなどなど、
果たして自分だったらこんな発想が出来、
行動できただろうか?と感じる位の流れ
である・・。
それ以前に、教育委員会をすっ飛ばして
文科省に直接申し入れをしていいんだと
いう事を自分は今回初めて知った・・。
これは多くのいじめられているお子さん
がいらっしゃる親御さん達に本当に強い
「光」になるんじゃないかな・・。

それと同時に、やはりいじめられている
子供達も、残念ながら「それなりの証拠」
を残してくれないと両親は闘えないと
いう事が今回の事でも良くわかる・・。
いじめられていただろう証拠や証言が
こんなにあっても、文科省の力が無ければ、
こんなにもご両親は無力なのだ・・。

先に書いたように、人がそれぞれに「個」
があり「考え方が違う」故に、大人同士、
いや先生同士ですら、いじめがあるの
だから、この世からいじめはなくならない。
いじめられていると感じる感受性の違いは
個々にあるように、加害側の感覚だって、

「いじめていると思っている」
「いじめていると思っていない」

の境界線も大きく違う訳ですから、時代が
進んでも非常に難しい問題だと思う・・。
個人的にはいじめは出来るならば、闘う
よりは、逃げて新しい生活を始めた方が
得策だと思っていますがね・・(^-^;

少し「光」が見えたかな・・【前編】

********************************************
取手いじめ自殺 教育長が両親に謝罪 調査の見直し検討
(東京新聞・2017年6月1日)
 二〇一五年十一月に「いじめられたくない」と日記に書き残して茨城県取手市立中学三年の中島菜保子さん=当時(15)=が自殺した問題で、市教育委員会は三十一日、いじめがあったと認めて、調査の見直しを検討すると明らかにした。
********************************************
個人的には、多くの人間がいる以上は
必ず「好き嫌いがある」し、それを
「はっきり言う人間と言わない人間がいる」
ように、がそれぞれに「個」があり
「考え方が違う」以上は、時代が進んでも

「いじめはなくならない・・」

と思っている・・(^-^;

ましてやいじめられていると感じる感受性
の違いなどは個々にある訳ですから、正直、
永遠に解決しない難しい問題だと思う・・。
その上で、いじめは「逃げる」か「圧力」か
の2つで対処するしか、途中いじめられる
ターゲットが代わる事例でも無い限り、
基本終わる事は無いというのが持論・・。

今回「いじめられていた」とされる
「根拠の資料」として、日記に残された
「嫌がらせの耳打ちの内容」、「くさや」
と書かれたメモ、「うざーい」などと
傷つける言葉が書かれた「寄せ書き」
などを両親が取手市教育委員会に提出、
昨年12月に取手市教育委員会は生徒に
対して聞き取り調査やアンケート調査をし
「いじめの証言」はなかったという事で、
取手市教育委員会は今回のケースは

「いじめによる重大事態に該当せず」

という結論を出した。

ここで出て来た「いじめによる重大事態」
というのはどういったものなのか?
これは「いじめ防止対策推進法第28条」
に定められており

「いじめにより生命、心身または財産に重大な被害が生じた疑いがあると認める事態」

とあり、もう「いじめの疑い」があった
時点でいじめの「重大事態」として認定
しなければいけないのであり、そもそも
教育委員会がいじめがあったかどうかを
決める事ではないのである。

その後、ご両親は、そんな結果は納得
できないという事で、ご両親が独自に
同級生たちに根強く時間をかけて話を
聞くなどしたところ、いじめを裏付ける
証言が続々と集まったと言う・・。
それとは裏腹に取手市教育委員会は
「いじめではなかった」という前提の元、
第三者委員会を設置・・。

案の定、第三者委員会のご両親への聞き取り
は家族関係やピアノの悩みの質問ばかりで
いじめへの質問はなかったという。
要は「いじめはなかった」という前提なので
家族の中に問題を探しているようにご両親
には受け取れたという。
そこで両親は何とかしなければいけないと
いう事で今年の3月に娘さんの実名を公表
する・・。
しかし、取手市教育委員会は動く事は
なかった・・と、今回の取手市の経緯を
みても、過去諸々のいじめ事件をみても、
残念ながら死んだら、ほぼ死んだ側の味方は
してくれず、加害者であれ、生き残っている
側を守る・・というのも残念ながらいつも
のパターン・・(-_-;)

【後編】に続く・・(^^*)

「予約の取れない店」が3年で閉店に追い込まれた・・か。【後編】

【前編】からの続き・・(^^*)

前回、店からお客様がいなくなる理由って、
実はひとつしかなく、

「お客様がその店へ行く理由が無いから」

ただそれだけ・・だという話をしました。

その上で、ブログ主が忙しいように人々も
それほど暇じゃない・・その毎日の中で、
今や、色々な所から、次々と新しい店の情報
が入って来るしね・・。
すると「行く理由」が明確に無いと人間って
そのうち「忘れてしまう」んですね。(笑)
だって、今までに行った飲み屋を全て思い
出して下さい・・と言われて正確にスラスラ
思い出せる人ってほぼいませんでしょ?(笑)
でも「相当にビックリした!」「インパクト
があった!」「もう一度食べたい!」の様な

【衝撃を受けた場合】

には深く脳裏に刻まれているのでかろうじて
思い出してもらえるかもしれない・・。
普通、人間はそんなレベルなんです(笑)

閉めてしまった店は「予約の取れない店」
だったという・・。
それだけのパワーがある店だったのに、
3年後にお客様がいなくなるという事は、
お客様がその店に行く理由は

「他の店よりこの店の〇〇が凄い!他の店には絶対に無いから来た!」

ではなく、間違いなく

「予約が取れなかった店を予約が取れたというステータス」

だったんだろうなぁ・・と思う訳です。
そして、予約が取れなかった時には恐らく

「あ~、この店予約取れないんだよね~予約取れたなんてすごぉぉぃ~♡」

みたいに思われるところが価値だった・・。
でも、そのうち暇になって来て予約が楽々
取れるようになって、店に行ってもお客様
がいなくて殺伐としているようになったら、
予約が取れなかった時代に来ていた人間達
にしてみたら

「この店もすっかりお客さんがいなくなっちゃったよね・・」

となる・・で、予約を取った所で、もう普通に
取れるから全然ステータスでもないし・・。
で、衝撃的な特色があるのでしたら、その
魅力でお客様は来続けますので、心配は
いらないのですが、それが無かった場合には

「ところで、俺たちなんでこの店に来ているんだけ?」

みたいな心境に陥る・・。
だから、そこに気付かれる前に

「忘れられない対策を取る」
「この店に来なければいけない理由を作る」

のが有能な経営者だったりする訳です。
その方向を見誤れば、やはりその店に豊富な
資金力でも無ければ間違いなく潰れるし、
今やSNSの時代ですから、和民のように
ブラック企業だった・・なんて事が判明する
だけでも、客足がグンと落ちる時代・・。

昔、あるラーメン漫画にあったセリフの様に

「奴らはラーメンを食ってるんではない、情報を食ってるんだ」

その言葉通り、その情報が操作されて
いようが、操作されていなかろうが、
正しかろうが、間違っていようが、その
情報を信じるか?信じないか?で人が
大きく動いてしまう時代がやってきた・・。
同時にそこの対策をしっかりしていないと、
負ける時代になってきた・・。
でも、悔しいのはわかるけど、どんな理由が
あっても、それをお客様のせいにしちゃ
いかんよなぁ・・(笑)

とはいえ、そうした事を全部ひっくるめて、

「まぁ、1度行ってみる価値はあるけど、通うほどの価値は無いかなぁ・・」

ってレベルに自分がならない為にも色々と
「自戒」させられ「自分を再度見つめ直す」
内容のブログでした。
ありがとうございました。 <(_ _)>

「予約の取れない店」が3年で閉店に追い込まれた・・か。【前編】

*****************************************
「予約の取れない店」が3年で閉店に追い込まれる理由
(cakes・5月25日)
●知人のバーが閉店することになって

いらっしゃいませ。
bar bossaにようこそ。

知人のバーが、閉店することになりました。それで、色んなお世話になった方達に連絡をして、ちょっとした閉店パーティみたいなものを開いたそうなんです ね。その僕の知人としては、「これからまた何か新しいことを始めるつもりなので、その時はよろしく」という気持ちのパーティだったそうなのですが、ほとんどの人にこう言われたそうです。

「すごく良いお店なのにどうしてやめちゃうの?」

バー経営者として言わせていただきますと、お店を閉める理由はただひとつです。お店にお客さまが来なくなって、売り上げが少なくなって、経営に行き詰まったからです。もちろん「立ち退きで移転」や、「店主が高齢で引退」という場合もありますが、そういう場合はその理由をまず一番最初に説明します。そういった事情がなければ、お店が儲かっているのに閉める人はまずいません。お店を閉める理由は、これ以上続けても赤字だからです。

彼いわく、そのパーティで、「良いお店なのにどうしてやめちゃうんですか?」って言われるたびに、途中から「あなたがお店に来てくれなくなったからです」と言いたくなったということです。

僕は経営者としていつもいつも思うことがあります。

「老舗の○○がついに閉店」とかいう報道があると、必ずツイッターやフェイスブックで「え? すごく残念!あの名店がなくなるなんて!」なんて言う人が出てくるんですね。

そういう人たちを見ると、「それはあなたがそのお店に行かないからです」といつも伝えたくなります。本当にそのお店が魅力的なお店で、みんなが普通に利用していたら、そのお店は閉店するはずがないんです。
*****************************************
随分前に、Twitterで流れてきて知った
ブログ・・その時は、この先の全文が
読めましたが、それは一時的で実際には
お金をとって読ませているブログみたい
ですね・・ですから、続きはお金を払って
読んで頂いて・・(^^*)

商売をやっている人間だったら、題名だけで
思い切り読みたくなりますよね~(笑)
で、タイトルを見て「予約の取れない店」と
あるので、すげえお客様がたくさん来ていて
予約が取れないほど混んでいる店が3年で
閉店する話・・すなわち思い切り調子こいた
店が調子に乗り過ぎて潰れた話かと思いきや、
全然違った・・(^-^;(笑)

ま、飲食店は本当か嘘か知らないけど、一応、
経済産業省が発表した「中小企業白書」に
よれば、起業1年目の廃業率が40%、2年目
が15%、3年目が10%、さらに10年目と
なると廃業率は93%・・と3年で70%、
10年で90%が潰れるという・・。
という事は、このブログに出て来る店は
70%側の店だった訳だ・・。

かなり上から目線で、僭越ながら言わせて
もらうと、ブログ主がおっしゃっている
ように、身体的、物理的な理由がなければ、
店を閉める理由はただひとつで

「お店にお客さまが来なくなって、売り上げが少なくなって、経営に行き詰まったから」

でもそこはわかっていても、どうして店
からお客様がいなくなってしまうのか?
その理由を知っている経営者は実は
結構少なかったりする・・(^-^;

店からお客様がいなくなる理由って、実は
ひとつなんですよ。

「お客様がその店へ行く理由が無いから」

ただそれだけ・・。
店の経営はそこに気付いているか?いないか?
そこに対策が取られているか?いないか?
で大きく変わる・・。
このブログ主も店へ行く理由をきちんと述べて
いらっしゃる・・。

「僕は飲食店経営者として、新しくて話題のお店ができると、なるべく時間を作ってそのお店に行ってみることにしてるんですね。でも正直に言って、2回目ってまず行かないんです。他にもチェックしなきゃいけないお店はたくさんあるし、まあ1回行けば大体そのお店の雰囲気はわかるし、といった理由です」

と、そうなんです・・ブログ主はこれが
「店に行く理由」なんです・・。
同業だから、始めから常連になる気など
無い、チェックしに行くだけだから・・と。

その他には「安いから来ている」「近い
から来ている」「居心地が良いから来て
いる」「凄く美味しいから来ている」
などなど・・何の理由も無くお客様と
いうのは通わないのです・・。

【後編】に続く・・(^^*)

次はどう厳しくしてくれるのかな?(笑)

********************************
路上喫煙「逃げ得」横行 後日納付の7割滞納
(朝日新聞・4月18日)
 全国初の罰則つき路上禁煙条例を施行して15年になる東京都千代田区で、処分件数がここ数年で増えている。路上喫煙者に科される2千円の過料を支払わない「逃げ得」も横行している。
********************************
2015年度の処分件数7207件のうち
違反者の約75%がその場で納付したが、
後日納付を選んだ 人のうち7割近くが
期限内に支払わず、未納件数は1044件
になるそうだ・・。
区では督促状を送るなど努力はしているが、
そもそも運転免許のような確実な身分証を
提示してもらっている訳ではないため、
住所や氏名はあくまで本人申告だそうで、
徴収に限界がある・・って話らしい・・。

ま、こうした記事が出るだけで「後日納付」
だと、事実上、支払わなくて良い形になる
なら、みんなその場でもっと払わなくなる
よね・・(笑)
駐車違反をした時に、警察に出頭しちゃうと
違反したのが本人だと認めてしまう為に
反則金だけでなく免許の点数までもが
引かれちゃうけど、後日、送られて来る
納付書で払うだけにすると、駐車していた人
は不明のため車の持ち主に反則金請求が
いくので、免許の点数は引かれず反則金だけ
で済むのと一緒だ・・。

でも、個人的にはこのまま「逃げ得」の手法
が続けばいいんじゃないかと思っている。
喫煙者って、こうした事も含めて、自分たち
の何が嫌われているのか?わからない人達が
周りを見渡してみるだけでも多いんだよね。
で、結果、ルールを守らない&マナーの悪い
行為を重ねていくから、どんどんと世論も
厳しくなり、法律も厳しくなり、結果、
凄いスピードで肩身が狭くなってゆく・・。

そもそも喫煙者のほとんどがハッキリ言えば
【ニコチン中毒】ですから、覚醒剤中毒患者
に「覚醒剤やめなさい」と口で言ってもダメ
なのと同じで、ダメな人は何を言っても
吸いたいんだからダメ、だから結果、自然と
規則が厳しくなる訳ですから、個人的には
ここまで禁煙になった事だけでも感謝して
いますから、これ以上もっと厳しくなる事に
関しては

「本当にありがたい!」

という領域なので、どちらかというと
高見の見物なんだな・・(笑)
さあ、次はどう厳しくしてくれるのかな?
非常に楽しみである・・(^^*)

色々な意味で罪深い事件

********************************
<千葉女児殺害>遺棄容疑者 不明当日、見守り活動参加せず
(毎日新聞・2017年4月14日)
 千葉県松戸市立六実(むつみ)第二小3年だったベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が遺体で見つかった殺人・死体遺棄事件で、同県警捜査本部は14日、リンさんの自宅近くに住み、同小の保護者会会長を務める自称不動産賃貸業、渋谷恭正(やすまさ)容疑者(46)=同市六実4=を死体遺棄 容疑で逮捕した。捜査本部によると、渋谷容疑者は黙秘している。
********************************
いやいや・・かなり衝撃を受けた・・(-_-;)
未だ黙秘のままなので、今の所、やったと
決めつけはできないのだが、仮に渋谷容疑者
の犯行だったとして、あくまでも報道ベース
の内容とはいえ、自分の子供通っている学校
で、保護者会会長を務め、見守り活動をして、
リンさんとハイタッチするくらいに顔見知り
なのに殺した・・という事が事実だったと
すれば、とんでもない衝撃である。

もう、この事件は殺した本人が罪を償えば
いい・・というレベルをはるかに超越して
いる・・(-_-;)

日本全国で同じような活動をしている方々
にとっては大変重い事件だ・・。
そもそも論として、この先

「自分は子供達にとって大丈夫な人間だ」

という事を保護者達にどうやって信じて
もらえばいいのか?途方に暮れてしまう
だろう・・。

保護者側に立てば、四六時中子供を見張る
事は残念ながらどの保護者も出来ない・・。
という事は、

「誰かを信じてお願いしなければならない」

という前提は崩せないので、悩んだところ
で仕方が無い話ではあるのだが、

【信頼感がある人間】

以前にむしろ立場的には

【一番信頼感がある人間】

が、今回犯行を起こした可能性となると、
本当に罪深すぎるのだ・・_| ̄|○

ユナイテッド航空の乗客降ろしの件

ユナイテッド航空が、自社パイロットと
客室乗務員の4人を乗せるため機内から
乗客が引きずり出された事件・・。
それだけでなく、定員以上の乗客の予約を
受け付ける「オーバーブッキング」という
のは飛行機の世界では当たり前の事だと
いうのも、こうした世界を詳しく知らない者
としては大変ビックリした・・(^-^;

その理由は、どんな航空会社でも実際には
一定の比率で直前にキャンセルする乗客が
出るためだそうで、この行為自体は航空会社
の利益確保のために認められており、約款
などにもきちんと書かれており、法律的にも
違法ではない合法的な対応なのだそうで、
どの航空会社もきちんとその条件が決まって
いて、これまた非常にビックリした・・(^-^;

今回のユナイテッド航空の場合も報道に
よれば、機内で

「800ドルのクーポン+翌日の航空券+ホテル1泊」

という条件で、翌日の便に変更する乗客を
募ったという事なのだが、それだけの条件
を提示してまで、「オーバーブッキング」
をしてメリットがあるんだろうか?と素人的
には感じるが、これまた個人的にビックリ
なのが、航空会社の「利益率」というのを
調べてみると、ココのランキングに出て
いた8社での単純計算で「平均の利益率」は
なんと「約2%」・・(◎_◎;
その上で「空席が出る確率」も平均で5%、
多いと15%近くになるそうで、座席の数
ピッタリの予約では、これらの空席を残して
飛ぶ事になる訳で「オーバーブッキング」を
禁止すると、航空運賃がハネ上がってしまう
ことになる・・(^-^;

なるほど・・。

これはある程度「オーバーブッキング」を
容認してもらわないと航空会社の経営が
成り立たない・・という実情が背景にある。

一緒にしちゃいけませんが、我々の業界でも
予約のドタキャンは非常に深刻な問題・・
実際に「オーバーブッキング」をし続けたら
逆に深刻な店の評判になるが、航空会社の
ように、「オーバーブッキング」が全ての
サロンでの当たり前の常識になるのだと
したら、もしかしたら凄い武器になるかも
しれないなぁ・・(笑)

と話を戻すが、今回の事件の計算外だった事
は、普通は搭乗前にカウンターでこの手の
交渉は行われるそうなのだが、今回は全員が
搭乗してしまっていた事と、この状況を他の
乗客がスマホで撮影してネットにUP、拡散
してしまった事で、「オーバーブッキング」
について、自分の様に全然知らない人間
までもが知る所になってしまって、違った
展開になってしまった事だろう・・。

いずれにしても、高額なファーストクラスや
ビジネスクラスレベルのお客様はこうした
追い出される事例の中には入らないだろう
から、そうした事を考えると、エコノミーと
いうのは色々なリスクがあるんだなぁ・・
と大変勉強になった事件でした。 <(_ _)>

小金井市ストーカー事件判決

**************************
小金井ストーカー判決
(毎日新聞・2017年2月28日)
 東京都小金井市で昨年5月、芸能活動をしていた大学生の冨田真由さん(21)を刃物で刺して殺害しようとしたとして、殺人未遂罪などに問われた群馬県伊勢崎市、無職、岩埼(いわざき)友宏被告(28)に対する裁判員裁判で、東京地裁立川支部(阿部浩巳裁判長)は28日、懲役14年6月(求刑・懲役17年)を言い渡した。
**************************
まだ刑の確定はしていませんが、正直、
人が死んでないと、このレベルの判決に
なってしまうのか・・と第三者ながら
無力感を感じる・・(-_-;)

じゃ、検察の求刑通りの17年なら良い
のか?というと、やはりそれでも誰も
満足はしないんだろうなぁ・・。
もちろん司法は感情的になってはいけない
のだけれども、個人的には、こうした

「疑惑の事件」

とかでなく、ほぼ

「冤罪の可能性がない事件」

しかも、こういう殺人に等しい人の一生を
奪うような悪質な事件は例外であっても
「死刑」・・いや、被害者だけが一生を
奪われる結末だけでなく、

「こいつの一生も奪われる判決」

にして欲しいわ・・(-_-;)

つうか、もうこのレベルの事件を起こした
人間に「再生の道」はいらんでしょう・・。
悪いが多くのみんなが「死刑」でいいと
思っているはずだ・・。

ま、感情論はここまでにして、正直、この
事件、最後まで本当に難しいと感じる・・。
先に書いた感情論のように被害者の感情に
寄り添う事だけに意見が偏りがちだが、
裁判というのは被告人側の事情も考慮しない
といけない・・。

報道によると、まず「謝罪の言葉がある」
事、そして「前科が無い」事、そして
「父親が監督を約束した」事、さらに
「200万円の被害弁償を申し出ている」事
などが考慮されての判決らしい・・。
その割には今回の事件の量刑は実は結構
考えられていて、普通、判決としては求刑
の7~8掛け、しかも殺人事件ですら、
5年~死刑と実は幅広いので、それから
考えると、今回の事件は殺人ではない割
には量刑は重めなのである・・。
とはいえ、もし確定しても模範囚であれば
刑期の3分の2つまり約9年位で仮釈放が
認められ出て来られるらしい・・(-_-;)

しかしそうは言っても、この裁判で悪意
を持って言うならば、14年の刑期が怖く
なければ、30何カ所も刺す事が可能だと
いうことも証明されてしまった・・。
自分の人生を棒に振って相手の人生を
狂わせたいたら今後真似してやる人が
出てくるかもしれない訳だ・・。

個人的には真似したら大変な事になる、
例えば強姦での判決なら局部切断&性欲
を起こさない薬を強制的に一生打たれる
とか、今回のような事件は同じ回数刺さ
れるとか、復習を考えているかもしれ
ませんから、ナイフは使えないように
両手切断とか・・。
そんな警告的な判例が何か欲しい気がする
のだが・・。

裁判とは本当に難しいな・・(-_-;)

ページ移動