記事一覧

相当遅れた「野党の形」 になっちゃったな・・

衆院選で自民党が圧勝し、11月1日の
特別国会を前に、野党の希望の党と
民進党がめちゃくちゃになっている・・。
個人的にはその事については両党とも
どうなっても良いんだけど(笑)、一番
悲しんでいるのはその2つに投票した
有権者達だろう・・(-_-;)

議員の「質」という点でも、民進党から
希望の党の「風」にすり寄って行ったくせに
選挙に負けたら「小池のせい」・・(笑)
さらに、特別国会の首相指名選挙への対応も
どちらも安倍首相に勝つつもりは全く無い
無責任さからもめている・・(笑)
もう、逆に時代から相当遅れた「野党の形」
になっちゃったな・・(-_-;)

こうしたプライドの欠片もない節操のなさに
民進党議員達の政治家としての薄っぺらさが
ハッキリとわかるし、若い人達程、自民党
支持だと聞く・・。
野党が自民党を批判しても、その批判した
内容を野党もやっていたりする「ブーメラン」
現象を中心に、ネットが情報源の現代の人達
には、野党のこうした体たらくは、何となく
見抜かれて伝わっているんだろうな・・。

いずれにしても、選挙というのは本当に怖い
ものですね・・選挙で一気に議員達の未来が
大きく変わってしまう・・。
あ、そそそそ、とはいえこの先、希望の党を
離党する議員がいたら、そいつの名前だけは
忘れてはいけない・・。
そいつこそが、当選するためだけに擦り寄る
薄っぺらい無能な議員だという事の証明
ですからね・・(笑)

マスコミの完全敗北(笑)

衆議院選挙・・予想通りの自民党圧勝
とはいえ、予想以上の議席獲得で正直
そこはビックリした・・(^-^;
さらにビックリしたのが、希望の党のお陰
で仕方なく出現した立憲民主党が健闘し、
民進党議員達の主張をハッキリと区別された
のはこの選挙の大きな功績・・。

毎日新聞などは、
***********************
揺れる日の丸、かき消される「アベやめろ」
(2017年10月22日)
 安倍首相は演説の最後に言った。「きょうは本当に、こんなにたくさんのみなさまにお集まりいただき、ありがとうございました! 勇気を与えていただきました」。この直後に聴衆の中で小さな「安倍やめろ」コールが起きた。が、すぐに支持者の大きな「安倍晋三」コールにかき消された。自分の言いたいことしか言わないリーダーに、支持者たちが熱狂する。直近の世論調査で内閣支持率を不支持率が上回る状況とは相当に異なった世界が現出していた。 そんなふうに遊説活動を締めくくった安倍首相は、異論に耳を傾け、謙虚な国政運営を望む有権者の期待に応えるのだろうか。
***********************
ともう、自民党圧勝に悔しくって悔しくって
しょうがない皮肉たっぷりの書き口であり
ながら、国民が自分たちの思い描いた通りに
洗脳されず行動しないのはなぜだ?と大きく
勘違いしている記事・・(笑)

朝日新聞に至っては、
***********************
選挙結果に怒り狂うクオリティペーパー朝日新聞の“不幸体質”の異常
公正中立を完全に放棄しています。
すべての記事は「宿敵安倍自民党政権の大勝利」への怒りが前提となっています。
こんな悪政政権が選挙に勝つなんて許せない。
まず与党がいけない。
なにがなんでもいけない。
そして野党もいけない。
あとルールもいけない。
もはや、さわるものみな傷つけるナイフのような不良ボウズ状態です。
なんたる“不幸体質”のメディアなのでしょう。
***********************
ともう、一面から最終面まで「安倍自民党
政権の大勝利」への怒りが収まらないのだ
そうだ・・(爆)●~*
面白くて個人的にはニマニマしながら
読んじゃいました・・(笑)

痛快なのは、マスコミが「モリトモ」と
「カケイ」をこれでもか!としつこく騒ぎ
立て「安倍一強にNO」と、あんなに書き
まくったのにそれに国民は見向きも
しなかった事・・。
どんなに悪口満載にしてがんばろうが
マスコミが想像している以上に世の中の
国民はきちんとしているんだよ・・。
そして世論を自分たちの欺瞞で誘導できると
思い込んでいるマスコミの完全な負け
なんだよ・・あぁ愉快だなぁ・・(笑)

選挙網終盤戦に突入!

選挙もあと4日ですね・・。
個人的には不在者投票を終えているので、
選挙は終わっている・・(笑)

「希望の党」も小池都知事の不出馬・・
という結末で事実上は終わっている所に、
民進党の曖昧さを結果、「希望の党」へ
行く者と「立憲民主党」に分かれた者とで
キッチリ分かれたので、野党票は完全に
分断されるのと、どちらかというと野党に
流れやすい無党派層は雨になると投票へ
行かない人が多くなる可能性が高いが、
雨でも台風でも必ず投票へ行く固い票を
持っている古くからの地盤のある者が
かなり有利になるだろう今回の選挙。

やはり報道通り、誰がどう見ても自民党の
圧勝だろうな・・。

しかし、消費税はもう未来の子供達の為に

「政争の具にしない」

として

「10%に上げる」

と決定しているのに、また「政争の具」に
している愚かさ・・(-_-;)

消費税の代わりになる財源がそんなにある
のだとするならば、10%に上げた上に、
さらにその財源を上乗せすれば、さらに
未来の子供達への負担が無くなるのだから、
どんどんとやればいいのにそういう展開には
絶対にならないんだよな・・。
原発だって無くなるなら無くなるに越した事
は無いけど、今や田舎では山々が切り刻まれ
メガソーラーがどんどんと設置されて、
設置された場所では山が防いでいた風が
直接、住民に吹き荒れ、山が保水していた
水が保水能力を低下させ、結果、緑の自然が
どんどんと無くなってゆくのが原発が稼働
するよりも素敵な事なのか?

ま、そんな論議もする暇も無く、適当な言葉
を並べた所には票が入らない・・それだけで
ある・・。

でも、若い人たちよ・・当日は台風の影響で
結構な雨が降りそうだけれども、選挙には
行こう・・。
入れる人や入れる政党が無くとも白票で
構わないから参加し、年代別投票率を
必ず上げてきてくれ!(>_<)
若い人達の投票率を上げるしか、今後、
若い人達の声が届く可能性は残念ながら
無いんだ・・。

正しい判断が出る事を信じたい

今回、衆議院解散決定後、大きな波となった
「希望の党」の事を書いている傍から状況が
変わってゆく・・(^-^;(笑)

今日にも小池氏の動き方によっては、大きく
流れが変わるが、新党「立憲民主党」ができ
事実上は野党が2つの勢力に分かれそうだ。
まぁ「立憲民主党」・・所詮は前原氏に解党
され、小池都知事に干された結果の結党・・
なんてレベルでしょうからどうでもよく、
日本を進化させる上で、個人的には邪魔な
勢力だと思っているので、民主党をきちんと
分断できたのでは良かったかもね・・(笑)

で、「希望の党」・・。
小池氏は「100%出馬はない」と断言している
が、若狭氏の示唆した

「国会が変わったら(変わる可能性が出てきたら)」

すなわち過半数の233議席分の候補者擁立数
が最低ラインで、落選する数も考えれば、
300前後の候補者擁立数が出せるようなら、
小池氏が出て来る可能性・・。

小泉進次郎議員の練馬・豊島園での演説で
「希望の党」その他の野党に対し、4つの
無責任を指摘していたが、実にその通りで、

1)小池氏に関して、衆院選に出ても出なく
 とも、代表なのに 「出馬をしない無責任」、
 仮に出馬をしても「都政を放り出す無責任」
 と 「無責任のジレンマ」に陥っている。
2)民進党出身者の選別を若狭氏がやって
 いるが、その際の選別要項のひとつである
 「安保法制」の国会での投票を若狭氏自身
 が「欠席している無責任」。
3)消費税増税の姿勢として前原氏は民進党
 代表戦で消費税の必要性を認めていて、
 消費税は良しとした前原氏を代表を選んだ
 民進党が「消費税凍結」という反対の事を
 言っている「希望の党と組む無責任」。
4)衆院解散に対して野党の皆さんは何で今
 解散するんだと怒っているが、解散という
 のは政権を交代するチャンスなのに、怒る
 という事は準備をしていないから・・。
 「いつでも政権を取るための準備をして
 いない無責任」。

いずれにしても、大まかに政策が一致して
いる「維新の会」さえ合流しないのに、
政策が真逆な「民進党」が合流するんだから、
この情けなさには怒りさえ覚える・・。

しかも小池氏が「希望の党」としてひとまず
言っている事にも別段新しいものはなく、
現在の政治を立ち止まる&リセット、消費税
凍結、原発ゼロは良いが、どれひとつとして
具体的な代替案は出してない・・。
誰だって、消費税なんて凍結したいよ・・。
でも、若い人達にできるだけ負債の負担を
かけさせない為に、みんなである程度平等に
負担する消費税にしているんじゃないか・・。
原発が無くなって、ソーラー発電みたいな
貧弱じゃないもので、安全なエネルギーが
原発以上に生み出される方法が、この狭い
日本の国土の中で出来るのなら、誰だって
その発電方法にしたいよ・・。
それが出来ると言うのだから「勢い」だけ
でなく、きちんと代替案を出してみろよ。

申し訳ないが、こんな「風」とか「ブーム」
みたいな茶番劇で政権交代が起こるのが、
今の日本なら残念ながら先がないよな・・。
だって、先の民主党が政権を取ってメチャ
メチャになった悪夢のような事例が何も教訓
になっていないって事ですからね・・。
正しい判断が出る事を信じたい・・。

有名無実な国際連合の情けなさ

北朝鮮問題・・。
この期に及んでも「国際連合(国連)」は
大した方向性を導き出せない・・。
いや、方向性を導き出せていても、中国と
ロシアが北朝鮮と見事につるんでいるので、
もはや国際連合は何の機能も果たしていない
有名無実という事になってしまっている。

今回のロシアを見れば良くわかる・・。
日本など北方領土をちらつかせ、曖昧にして
経済協力金を引き出せる国のレベル、北朝鮮
は、核を持った以上は認めるしか無いのと、
安価な労働力のメリットと、怒らせて核を
ぶっ放されたら困るから、絶対にぶっ放して
こない日本からの制裁要請は協力しねえよ!
と言い切った。

結果、もう北朝鮮の大勝利であるとしか
言いようが無いわな・・(-_-;)

「抑止力とはこういう事だ」

という事をきちんと教えてくれた。
そして、世界中で今から核兵器を持とうと
考えている国々には強烈なメッセージにも
なってしまった・・なぜなら、アメリカと
対立している国々(今回のケースなら中国
とロシア)と深く連携を持ち、

「手放そうかなぁ~どうしようかなぁ~」

と、のらりくらりしておけば6回も核実験を
許される、またいざ弾道ミサイルも飛ばして
みたら先っぽに核兵器を積まれたら困るから
と、大した圧力もかからずやらせてもらえる
事もわかったので、実はバンバンと無許可で
飛ばしまくっても、国連を中心に国際社会は
ちょっと制裁するだけで、その国を滅亡
させるような強固な制裁は決してしない事も
わかってしまった・・。

あとはその間に他国を脅かすレベルの核兵器
を開発できれば、みんな優しくしてくれる。
そして、核兵器を作り上げたあとは国際社会
に「核保有国」である事を認めさせれば
見事に「強国」の仲間入りである・・。

なぜなら第二次世界大戦後、核保有国同士の
戦争は起っていない・・。
見事に、互いの「核兵器という刃」を喉元に
突きつけながら交渉ができるからだ・・。
日本でいくら平和を叫ぼうとも、どんなに
綺麗ごとを叫ぼうとも、悲しいかな・・抑止
というのは「対等の力」か「それ以上の力」
を持ち、強い立場からひれ伏せさせるしか
均衡は保たれないのだ。

日本がどんなに国連にお金を出しても、
どんなに平和国家でも、常任理事国には
なれず、意見も通らずで、決して「正義」
にはなれないが、こうして、なんだかんだと
戦力がある側の意見はどんどんと「正義」
になる・・でも、これが残念ながら世界常識
なんだわ・・(-_-;)

72回目の終戦記念日

8月15日は日本において【終戦記念日】。
いつもは壮絶な暑さの中、感謝するの
だが、今年はまるで梅雨に戻ったかの
ような雨と蒸し暑さ・・。
でも、戦争中はこんな中、もちろん風呂
にも入れず、汗まみれで戦っていた時も
あったんだろうと思うと・・(ノД`)ウル

昨年は中国が8月に入って14日連続で
中国公船が沖縄県・尖閣諸島周辺の
領海外側にある接続水域で、日本への
挑発を続け、韓国は、国内向けの政治
パフォーマンスの為に8月15日に超党派
の議員10人がヘリを使って竹島に上陸
し、むしろ北朝鮮が一番おとなしかった
という展開だったが、今年は北朝鮮が
ミサイルを飛ばしまくって一番はしゃいで
いる・・(-_-;)
もう、日本の周りは困ったちゃんばかり
であるが、日本が戦争はイヤだ!平和に
いこうぜ!といくら声高に叫んでも、
こうやって1年の間に世界情勢・・特に
アジアのバカ3国はどんどん愚かな変化を
してゆく・・。

それを愚かだと高笑いし続けている訳には
いかない安倍政権は、粛々と日本国内に
おいて、その間に「集団的自衛権」を最低
レベルながら通し、テロ対策も万全では
ないが「共謀罪」としてそれなりのものの
法案を通した・・と、ひとまず国家として
最低のラインを保っている・・。
あとは北朝鮮のリアルミサイル問題なのだが
しつこく野党は北朝鮮のミサイル問題よりも
加計学園だとか森友学園だとか

「安倍政権を崩壊させるスローガン」

でも掲げているかのように、どんどんと
国会の時間をつかいまくる・・(-_-;)
恐らく本音としては、北朝鮮のミサイルは
日本に飛んで来る事は無いよ!と思って
いなければできない芸当だ・・。

平和ボケというのは恐ろしいものだ・・。

あっちゃいけない事だが、日本の国土の
どこかにミサイルが落ちるまで、この
平和ボケは続くんだろうな・・(-_-;)

そうは言いながらも、今、各国が協力して
北朝鮮への経済制裁を加えているが、
どうもその内容が日本が開戦する直前の
「ABCD包囲網」に似て来ている事である。
日本は「ABCD包囲網」により石油や鉄など
必要不可欠な物資が入らなくなり、早く開戦
しないとジリ貧になる!という強硬論が陸軍
を中心に出始め開戦へのキッカケのひとつ
だったと言われている・・。
そんな事は杞憂で、ただ北朝鮮の各国への

「撃たられたくなかったらなんかくれ戦法」

であってくれるといいが・・。

日本はやはり何も変わらない国なんですかね?

***********************************
「安倍離れ」女性顕著…支持率30ポイント下落
(読売新聞・2017.07.10)
 読売新聞社の全国世論調査では、性別や年代を問わず、「安倍離れ」が広がっている実態が浮き彫りとなった。
 内閣支持率は、今年に入り最も高かった2月の66%から約5か月間で30ポイント下落した。2回前の調査(5月調査)からの下落幅でみても25ポイントとなり、2008年10~12月に麻生内閣で46%から21%に下がったときと並ぶ急落ぶりだ。
 男女別にみると、女性で厳しい見方が顕著に表れた。女性の内閣支持率は、前回(6月調査)からマイナス18ポイントの28%に下落。専業主婦に限っても、マイナス18ポイントの27%とほぼ同様だった。男性はこれまで支持率が比較的高く、前回は支持53%が不支持40%を上回っていたが、今回は支持45%と不支持46%が拮抗した。
***********************************
文章だけ読むと分かりづらいが、要は、
男性の支持率が5月の66%から7月は
45%に、女性の支持率は5月の57%
から7月は28%に急激に下がっている
という結果が出たという・・。

こうした特に女性の支持率が落ちている
という現象の理由は簡単である・・。

ワイドショーの影響である・・。

ワイドショーは典型的な視聴率狙いの
番組である。通常、前日の分刻みで出る
視聴率のグラフで視聴率の高い部分の
話題を取り上げ続ける・・。

朝から夕方まで各局で流れ続けるワイド
ショーは、まるで判で押したかのように
悪い事だけを延々と「自民党&安倍憎し」
のように流すのだから、テレビを見る位
しかやる事の無い女性年配者の頭の中など、
こうした結果が出て来る・・(-_-;)

だから、恐らくは支持している28%以外
の女性は、日本の為に今までに安倍首相
がどれだけの功績を残しているか?を
尋ねたらひとつも答えられないはずで
ある。

そう・・垂れ流された上辺だけの内容で
判断するこうした「バランス」で物事を
考えられない人間達が多くの票を支配
している・・。
だから簡単に安倍内閣の支持率が全体で
35%なんて数字が出て来る・・。

マスコミってこの国をどうしたいのだろう?

マスコミのこういう政治の動かし方で、
多くの政治に詳しくない層の世論など
すぐに形成できる・・。

そうした事を考えると、日本ってちょっと
怖い国になって来ているかもしれない・・。
なぜなら、選挙で国民から選ばれた訳では
ないマスコミが「刷り込み」と「煽り」で、
こうして民意を誘導し、ボケ〜っとそれを
眺めている老人や女性はこうしてマスコミ
の意図する方向へ時間をかけてどんどんと
流されていく・・。

これってすごく恐ろしくありませんか?

今回の安倍政権では色々な方面で

「強気の改革」

ができるかと思ったんだけど・・これじゃ、
憲法改正など夢のまた夢ですな・・(-_-;)
悲しいかな・・日本はやはり何も
変わらない国なんですかね?_| ̄|○

戦争を怖がるだけの人達の宗教【後編】

【前編】からの続き・・(^^*)

また、そこを答えられないから「戦争を
怖がるだけの人達の宗教」では、例えば
北朝鮮がなぜ核兵器を持とうとするのか?
なぜミサイルを発射するのか?
なぜ中国は軍備を拡大しているのか?
いわゆる

「他国はどうして日本と違って軍備を拡大してゆくのか?」

について説明が出来ない。
そして、それらから我々が出来るだけ
身を守るためにどうすれば良いのか?を
語る事が出来ない・・。

だから本当ならば、
*************************
隣の怖い国が、怖い武器をたくさん作っているので、その怖い武器をたくさん使って日本を攻撃してくるかもしれません。
隣にいるお父さんやお母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃん、妹、弟、そして恋人など大切な人がその怖い武器を使う人たちに殺されるかもしれません。
だからといって私たちが何か武器を使って攻撃をやり返したらそれは「戦争」です。
「戦争」をしないと決めたのですからやり返してはいけないのです。
隣にいる大切な人がその怖い武器を使う人たちに殺されても、私たちは見守るしかできません。
その怖い武器を使う人たちが日本が欲しいというのならば、私たちは「どうぞ!」と差し上げれば良いのです。
だって私たちはその怖い武器を使う人たちの言うことを聞いて生きてゆけば、命を失わないで済むかもしれませんし、「戦争」をしなくて良いのですから。
私たちは未来を作り出すことができます。「戦争」をしない方法を選びとることも。
*************************
と結ばなければいけないのに、卑怯だから、
ココを隠すんだな・・凸(-""-)

今、日本で戦争したい人たちなど、まず
いないだろう・・。
昔、こうした頭の構造をした人達は学生運動
を巻き込み、日本とアメリカが同盟など
組んだら

「日本はアメリカの戦争に巻き込まれる」

と日米同盟の締結は恐ろしいものだと
世間を脅していた・・。
でも、あれから日米同盟を締結して50年
以上が過ぎ・・日本はアメリカの戦争に
巻き込まれたか?
むしろ、フィリピンから米軍が撤退した
途端、中国が南シナ海を占拠されたのを
見れば分かる通り、日本は日米同盟の
アナウンスだけで他国が攻めあぐんで
くれている・・。
そのお陰で、かろうじて日本は他国からの
侵略を食い止めているのが現状で、結果、
こんなにもお金をかけずに国を防衛できて
いるという結果論で、先進国の中で世界で
一番お金をかけないで国防できている国
だろう・・。

そして最初に書いたように、「戦争を怖がる
だけの人達の宗教」が非常に腹が立つのが、
世界の多くの国は日本国憲法の第9条に
ある「戦争放棄」を掲げていない

「戦争のできる国」

であるのに、ほとんどの国が戦争などして
いない・・。
それなのにこうした人たちは日本だけは
憲法から第9条にある「戦争放棄」を
なくしたらば

「戦争するに決まっている」

と決めつけ、同時に日本人をバカにして
貶めるだけでなく、日本国民の民度を
全く信用していないのである・・。
戦争放棄をしていない日本よりも民度が
低い国々ですら戦争をしていないという
レベルに日本人はなれないというのだ・・。
全く日本人をバカにするのもいいかげんに
しろっつうの!凸(-""-)

戦争を怖がるだけの人達の宗教【前編】

いやぁ、先日Facebookで流れてきた、
日本人を非常にバカにしている腹が立つ
嫌なアニメーションを見た・・。

「戦争のつくり方」

しかも、これが子供向けの絵本の内容
なのだという・・(-_-;)
見てもらえばわかるが、大枠では国家は
こうして戦争に突入し、今は日本において
その計画がヒシヒシと水面下で行われて
いて、今まさにそれを見極めるには

「憲法を書き換える」

という大人が目の前に現れたらば、
その人達はみんな

「戦争をしたい人なんですよ」

とでも子供達を洗脳したいのだろう・・。

そして重ねて「戦争を怖がるだけの人達の
宗教」が非常に困るのが、こういうアニメ
を作る人達の頭の中は日本が平和なのは
憲法の第9条で「戦争放棄」を掲げている
からだと頑なに信じきっている事だ。

もちろん、戦争は誰だってイヤだし、
誰だってやりたくなんかない・・。
そんな事はみんなわかっている・・。
でも、こうして「戦争を怖がるだけの人達
の宗教」で戦争を怖がるのは勝手だが
こうした人達の言い分は、いつも

「大切な部分」

が抜けている・・。
そして、その「大切な部分」については、
必ず「曖昧にする戦法」を用いてくるし、
その曖昧だという事に気付かれないように
する為、視点が必ずその「大切な部分」に
いかないように視点を逸らさせ、そもそも
「その部分は描かない」というズルい手法
を使ってくる・・。

その「大切な部分」とは何か?

それは

「戦争したい他国の人達が日本を、いや、我々の日常生活を侵略をしてきたらどうするのか?」

というところだ。
もっと簡単に例えるならば、

「日常生活を侵略されても、現実には我々を必ず守ってくれるウルトラマンはどこにもいないよ」
「ウルトラマンがいないのだからどうすればいいのかな?」

という部分は、絶対に描かない(教えない)
のである・・(笑)
だから「とにかく戦争はしちゃいけない!」
だけをわめき散らすのだ・・。

そして、そこに答えがないから、必ずこの
アニメのように

「日本が戦争をしようとしている」
「日本が戦争に行こうとしている」

という一方的な論点でしか物事を描く事が
できないのである・・。

【後編】に続く・・(^^*)

長島昭久氏・民進党離党

*************************************
【ブログ更新】
長島昭久 WeBLOG 『翔ぶが如く』を更新しました!
『長島昭久「独立宣言」―真の保守をめざして』
是非ご一読ください!
*************************************
個人的に民進党の中で一番評価していた
議員であり、考え方を知るにつれ、
どうして民進党に居続けるのか?不思議で
ならなかったのが長島昭久氏・・。
その長島氏が民進党を離党した・・。
その時の民進党離党会見での発言がブログ
にUPされた・・。

その長島氏のおっしゃる疑問点が国民が
民進党を選べない理由でもあり、その部分
を的確に述べている・・。
*************************************
 「党内ガバナンス」という魔法の言葉によって、一致結束して「アベ政治を許さない!」と叫ぶことを求められ、過去に自分たちが推進し、容認してきた消費税も、TPPも、ACSAも、秘密保護法制も、安保法制も、憲法改正論議も、共謀罪も、すべて反対、徹底抗戦、廃案路線で突き進む。行き詰まると、院外のデモ隊の中に飛び込んで、アジる、煽る、叫ぶ。そこには熟議も、建設的な提案もない。与野党の妥協も政策調整の余地もない。
*************************************
離党する理由も、これが全てだったのでは
ないか?と思える・・。
ただひとつだけ引っかかるのが、長島氏は
実は「比例選出」で、「独立」を宣言する
ならば、まずは同時に議員辞職をして
民進党に議席を返すべきではない?と
個人的には思う・・。

どのみち、今年中に総選挙があるのは
間違いないでしょうから、ここは潔く
辞職して、民意を問うべきだと思うなぁ・。
そこだけはちょっと残念!(>_<)

芸人真っ青の民進党のブーメラン芸

************************************
民進・辻元清美氏に新たな「3つの疑惑」 民進党「拡散やめて」メディアに忖度要求
(産経新聞・2017.03.28)
 学校法人「森友学園」(大阪市)の国有地払い下げ問題をめぐり、民進党の辻元清美元国土交通副大臣に関する「3つの疑惑」が新たな争点に浮上し、日本維新の会などが追及姿勢を示している。学園の籠池泰典氏の妻、諄子氏が、安倍晋三首相の昭恵夫人とのメールのやりとりで、辻元氏に複数回言及したからだ。民進党は誤った内容だとメディアに情報を広めないよう「忖度(そんたく)」を求めるが、籠池氏の発言に依拠して首相らを追及しながら、都合の悪い妻の言葉は封じようとする矛盾に陥っている。
************************************
おもしろいなぁ!(爆)●~*
今となっては、作業員は安倍支持者だとか、
確認が取れていない!デマだ!と悪意を
込めるならば、報道機関への「恫喝」・・
優しく言うならば、これこそが産経新聞が
表現している「忖度」・・と、民進党って
どうしてこうやってこちらが想像もしない

「おもしろいブーメラン芸」

をやるんだろう?(笑)

もうこの件で籠池夫妻は国会で取り上げる
必要はない

「頭のおかしな夫婦」

と認定するんでいいでしょうよ・・(-_-;)
やるとするならば、その時に関わった官僚を
問いつめて何も出て来なかった訳ですから、
今後こうした密室の決めごとに何らかの形で
証拠なりをきちんと残す方法、それができて
いない場合はその案件は出された後でも、
いつでも国会で撤回ができる方法(法律)
などを決めて行く所だけを立法府の国会で
やればいい・・。
そもそも安倍首相夫妻は寄付をしていたと
しても法的には何も悪い事はしていない。
その中、ココを追い込んでも収賄で追い込む
事はできない事はわかっているのだから・・。

それ以前に国会では他に重要な事が山積み
にもかかわらず、民進党・小西ひろゆき議員
の3月27日のTwitterの発言
ファイル 2733-2.jpg
************************************
「参院予算審議が終了。森友学園の追及で安倍総理はおろか閣僚一人も辞任に追い込めなかった。政権の支持率も非常に高い状況にある。予算委が終わると追及の場所が限られてしまうが、何とか打開したい。報道関係者からは民進党の質疑等への批判を頂いているが、党内で共有し残りの通常国会の糧としたい」
************************************
などに代表される様に、低能すぎる野党の
目的は勘違いも甚だしい選挙を意識し

「与党の誰かを辞任させる!」
「政権の支持率を下げる!」

などガッカリ感満載で、まだこの件を
籠池夫妻の様にしつこく持ち出す無能さ
なんだよな・・(-_-;)

支持率がなんで上がらないのか?未だに
気付かないのだから始末に負えない・・。

でも、人に世話になる時は、しつこい位に
すり寄って来て、突き放された途端にキバ
を向く・・。
案件が政治的なので気付いていない方も
多いかもしれませんが、実はこの展開は
典型的な恋人同士だった2人が一方的に
振られて、その振られた側がストーカーに
なった構図と何ら変わらない・・。
しかも想像の域を出ない&立証する証拠すら
存在しない案件を国会で真面目に取り上げる
レベルでない事くらいは普通に考えたら
わかるだろう・・。

しかも、こうして辻元議員のような案件が
出てくると、安倍首相関連の疑惑に対する
籠池夫妻の言う事は本当で、辻元議員など
野党関連の疑惑に対する籠池夫妻の言う事
は嘘だ!・・ってバカバカしくて民進党は
本当に死んでくれ!と思う・・(-_-;)

でも、これだけ国会をかき回す力を持つ
籠池氏というインパクト!
良い悪いは別として、やはりそれなりに
人を引きつけている人間は話し方や声の
大きさ、ハッキリと断言する力・・と、
やはりパワーがありますね。
そこは凄く勉強になりましたです・・(笑)

色々確認して欲しいのに国会は・・(-_-;)

正直、これは驚いた・・。
北朝鮮の最高指導者である金正恩(キム・
ジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄
の金正男(キムジョンナム)氏(45)が
クアラルンプール国際空港で殺害された
事件・・。

先日、マレーシア警察は、金正男氏の遺体
から猛毒の「VX」を検出したと発表した。

いやいや、まるで「24」な展開・・(^-^;

正直、日本から200kmの所にミサイル
4発打ち込まれた事よりも、グッと北朝鮮
の恐ろしさが身近に来た感じがする・・。
なんとなく、目が向くところが

「北朝鮮=ミサイル&核兵器」

みたいな認識だったのが

「毒ガス系」があるという事は、間違いなく
ウイルスなどの「生物系」も持っている
だろうと予測できる・・。
例えば、ウイルスに感染させた人間を不特定
多数送り込む事も可能になる・・。
今回は金正男氏1人を狙った攻撃でしたが、
例えばミサイルに核弾頭をつけるのではなく、
「生物兵器」、もしくは「毒ガス」の容器を
装着し、着弾と同時にガスが拡散される様に
なっていれば、核兵器までの酷さは無くとも
被害は相当なものになる・・。

さらには、同様の犯行が日本を含む世界の
どこで起こってもおかしくない事になる・・。
でも、日本はどうだ?

日本から200kmの所までミサイル4発、VX
で暗殺が起っていても、国会では、虚言癖
のある理事長の幼稚園と小学校関連問題で
1ヶ月もグダグダしている・・。
そんなのは大阪の議会でやってくれよ!
それよりも、近々の話として、ミサイル4発
が、最悪、日本に届いた時はどういう対応
するんだよ?届く前にきちんと4発を同時に
撃ち落とせる対応になっているのかよ?
さらに防御不可能っぽい細菌化学兵器の
対応はどうなっているんだよ?

日本は打ち込まれてから右往左往するばかり
なので、今回などはハッキリと見直す良い
機会じゃないのか?
狂った国がこうして出て来ているんだからさ、
きちんと確認&議論してくれよ!凸(-""-)
国民だけでなく、国会議員すらも相当な平和
ボケと共に次の選挙の事しか考えていない
のが本当に恐ろしいのである・・。

小池都知事の豊洲問題の結論はもう決まっているよ

*****************************
豊洲市場 消費者の信頼得られず安心とは言えない 小池知事
(2017.03.14・NHK)
東京都議会の予算特別委員会が14日開かれ、小池知事は土壌汚染が明らかになった築地市場について、土壌がコンクリートで覆われているなどとして「安全安心だと宣言できる」と述べる一方、同じくコンクリートで覆われた豊洲市場については、安全性は確保されているものの、消費者の信頼は得られておらず安心だとは言えないとする認識を示しました。
*****************************
自分は東京都民ではないので、どうでも
いいっちゃどうでもいいんだけど(笑)

「消費者の信頼得られず」?

って不安を煽って問題にしたのは誰
なんですか?(爆)●~*

豊洲問題・・すなわち築地問題とも言える
訳ですが、色々な事が混ざり合って良く
わからなくなっていますが、この問題って、
実は新規に「豊洲移転」か?老朽化&高速
道路問題による「築地消滅」の二択しか
ないんだな・・。

もちろん豊洲に移転しても、既に大手は
独自にこんな市場を通さないルートを
築きあげているのと、今後、個人も独自に
生産者から直接買う産地直送ルートが
もっと発展するでしょうから、事実上は
もう何十年か後には遠からず消滅する
小規模店舗の集まり・・という斜陽産業
である・・。

築地の戦後米軍のドライクリーニング工場
があったため実は土壌汚染の恐れがある、
カラスやネズミの大量繁殖や排水管の経年
劣化の破損、建築物に大量に使われている
アスベストまみれのコンクリートが老朽化
でボロボロ・・。
それでも、小池都知事は築地に関しては

「コンクリートとアスファルトでカバーされている。汚染という観点もしくは法令上の問題はないという認識。」

とし、さらに

「築地市場は現に営業を行っている。多くの市場関係者が胸を張って日々働いていて、築地市場は法令上安全で、都民の絶大な信頼を得ているという2つの意味において安全・安心だと思う。」

としている・・。
本来、豊洲と同じ考え方をするならば、
築地もすぐさま営業停止をして調査を
しなければならない事になる・・。
すると、現在きちんと営業している築地
とこれから入る豊洲を一緒に考えては
いけない・・などという無茶苦茶な論理
がどこからか吹き出てくる・・(笑)

これは本当ににおかしいわ・・(-_-;)

築地が「コンクリートとアスファルトで
カバーされているから問題ない」というの
なら、豊洲はむき出しの地下水の所を
コンクリートで覆えば、もう全然問題の
無い事となる・・。
もう、今回のように築地は現在営業して
いるのだから「安全・安心」だが、豊洲は
「安全だが安心じゃない」という

【支離滅裂な答弁】

になって来てしまっているのですから、もう
すでに小池都知事が、

「豊洲はコンクリートで覆われてるから安全だ」

の一言を宣言したら終わり・・というところ
に来ている・・。

政治に限らず物事は、万人が納得する方法
などほぼ存在しない・・という事は、ベスト
があれば一番良いのですが、それが無いの
だとしたら、次なるベターを選ばなければ
ならないし、ベターすらも無ければ、より
良い方を選択しなければならない・・。
今は長引いてしまったが、そこの所を利用
した小池都知事のこの先の選挙を見据えた
「政治利用」の側面が完全に見えて来ている
のが、ちょっと残念!(>_<)

とはいえ、個人的には小池都知事は豊洲移転
しか道が無い事はすでに決まっているはず。
あとは豊洲移転にした正当性と都民をできる
だけ納得させられるスピーチを考えていると
思っていますけどね・・(笑)

韓国に伝わるにはあと何十年かかるのか?

前に書いていたけどUP忘れていた・・(^-^;
昨年末に韓国・釜山にある日本総領事館前の
歩道に、慰安婦を象徴する新たな少女像が
設置された・・。

個人的に感じる、

「50年は遅れた精神構造であるまともで無い国」

と価値観を一緒にするというのは本当に
大変ですね・・。

まぁ、この先100年位経っても韓国は、
恐らくアメリカと日本のような関係は到底
理解できないんだろうな・・(^-^;(笑)

でも、韓国を見ていると感じた事がある。
手法がストーカーの手法である。
兎に角、もう日本が気になって気になって
仕方無いんだよね・・(笑)
普通の感覚ですと「大人」とは、互いの
立場を尊重をして、前を向く姿の事を
指すんですが、韓国の姿はもうコッチを
振り向いて欲しくて色々な嫌がらせを
して来る・・すなわち大好きな人に見て
欲しくてイタズラをしてしまう小学生の
レベル・・(笑)

そのエネルギーを別な事に使えば良いのに、
こんな事に費やすから、国としては危機
状態・・(笑)

安倍首相に限らず、普通の感覚の人間なら、
韓国との合意に「破棄」を防ぐ保険的な
ものを付けておかなければダメな事は
わかっているでしょうから、そもそも

「不可逆的(可逆的でないもの、すなわち、元に戻ることができない性質をもつものを指す表現)」

という文言を今回は付けている事、その上で
形式的には

「アメリカを立会人にしている」

事からも、この位の事は計算づくで織り込み
済みでしょう・・(^^*)

韓国が守れば「不可逆的」で解決するし、
守らなければ韓国が国家間の約束すら
守れない三流の国だと、慰安婦は日本の
「外交カード」にする事ができる・・と、
どちらに転んでも日本の勝ちにしかならない
訳で、もちろん、韓国にも朴大統領が弾劾に
よって既に当事者能力を失なっている事も
ありますが、今、例えば北朝鮮が戦争を
仕掛けて来たら、恐らく国として責任を
果たすでしょうから、取り締まれない訳が
無いのである・・(笑)
だから、大統領が弾劾など言い訳にはならず、
ただ単純に慰安婦像に関しては、国の責任を
放棄をしたという事・・。

ま、韓国の理由はともあれ、日韓合意の破棄
&ウィーン条約違反なのですから、日本と
しては何らかの抗議があるべきなのだが、
従来の日本の抗議は多くが「遺憾に思う」程度
のゆるい抵抗のパターンがお決まりのところ、
今回は「アメリカを立会人にしている」バック
ボーン故、日米での調整はきちんと済ませて
の措置なんでしょうけど、
******************************
韓国・釜山の慰安婦像設置に政府が対抗措置 駐韓国日本大使ら一時帰国へ
(2017.1.6・産経新聞)
 菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、年末に韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置された国際法違反行為への当面の対抗措置として、(1)長嶺安政・駐韓日本大使と森本康敬・在釜山日本総領事の一時帰国(2)日韓通貨交換(スワップ)の取り決め協議の中断(3)日韓ハイレベル経済協議の延期(4)在釜山総領事館職員による釜山市関連行事への参加見合わせ-の4項目を発表した。
******************************
と、4つの措置を取った。
小学生的イタズラにも、安倍首相はきちんと
素早く対応!逆に韓国の異常さを内外に
認知させ、こんなにも強気に韓国への
立ち振いにビックリしている・・(^-^;
素晴らしいね!安倍首相!
個人的には予想外の対抗措置に拍手を
送りたい!!(^^*)
これが民進党政権だったらと思うと本当に
ゾッとする・・。

今回の慰安婦においての日韓合意は、韓国
国民だけでなく、日本国民も納得などして
いないので、もちろん両国100%の満足
する内容ではない・・。
でもそれに近づけるように知恵を絞り、
もうそんな過去の事でゴタゴタするのでは
なく、未来に差し迫る危機に一緒に対峙
しようという願いがこもっていると思う
のだが、韓国には伝わらない・・。
韓国が大人にさえなれば、本当は両国は
素晴らしい関係になれるんだけどな・・。
その事に気付くのにあと何十年かかるのか?
もうそこだけの話なんだけどな・・(^-^;

独裁政権ってやっぱバカだよな!

**********************************
ホテル書籍問題に関与せず=政府
(2017.01.25時事通信)
 萩生田光一官房副長官は25日の記者会見で、南京事件を否定する書籍を客室に置いているアパホテルの利用中止を中国政府が呼び掛けていることについて、「日本政府としては直接関与すべきではないと思っているので、特別対応は考えていない」と強調した。  萩生田氏は「中国からの観光客数に影響があるとは思いたくない。特に今年は日中国交正常化45周年の節目なので、中国からも例年以上に訪日客を迎えたい」と述べ、中国側に冷静な対応を促した。
**********************************
「当たり前!」日本人なら誰でもそう
思うだろう・・(笑)
しかも、日本は共産主義や独裁国家じゃ
ない・・民主主義且つ、言論の自由が
認められている国・・(^^*)(笑)

という事は、日本は政府が少しでも関与
した時点で憲法21条「言論の自由」の
違反ですから、本来は話題に挙がる事
自体がおかしいんだわ・・(-_-;)

日本で報道するから調子に乗るんで
あって、中国の人間がムカつくから
アパホテルに泊まらなくなろうが、
飛沫記事として報道しなきゃ良いだけ
の話・・。
その他国の事・・ましてや他国の民間に
対して中国が

「政府として口出しする」

って・・どんだけ恐ろしい言論弾圧の国
なんだよ・・(笑)

日本人からすれば、あんなアパホテル
レベルに対抗意識を燃やす中国政府の
レベル、そしてアパホテルのHPを使え
なくしてやったぜ!どうだい!と悦に
浸っている中国国民・・(爆)●~*

「独裁政権ってやっぱバカだよな」

と感じる事が出来る見本だよね・・(笑)

でも、そんなレベルの国に頼らなくては
ならない宿泊施設は、中国にどんどんと
媚びれば良いけど、中国人客で困って
いる宿泊施設は、どんどんこの本を
置けばいいじゃない?(爆)●~*

もっと言うなら、中国人がアパホテルに
宿泊しない事決定なら、中国人と同宿
したくなかった外国人は絶対に利用する
という事!
アパホテルによると、中国人の宿泊者割合
は「約5%」だそうで、その「5%」を損失
しても、これだけ世界的に報道してもらえ
た事を考えれば、それを気にしない人達の
宿泊人数が「5%」を超えれば、大成功で
あり、もしかしたら、アパホテルは今後は
大繁盛するかもしれないな・・(笑)

安倍首相の真珠湾演説で締めくくった外交力の高さ

*****************************
「反省」踏み込まず「未来志向」強調 首相の真珠湾演説
(2016年12月28日・朝日新聞)

安倍晋三首相による「和解の力」と題した真珠湾での演説は、歴史認識にも触れたこれまでの演説とは違い、先の大戦への反省などには踏み込まなかった。首相には、自らの世代で「戦後を終える」ことへのこだわりがうかがえる。日米同盟を育んだ「寛容」と「和解」を前面に掲げることで、「未来志向」の姿勢を強調したかったようだ。
*****************************
昨年は、安倍首相の外交力の高さが
素晴らしく発揮された一年だったなぁ。

そして、安倍首相の演説もオバマ大統領の
演説も格調高いもので、日本側においては、
日米同盟でほぼほぼ対等な立場で国際社会
を歩んでいるけれども、そもそもアメリカ
の助けがなければ私たち(日本)は生きて
いく事ができなかった・・という内容を
徹底して述べていた・・。
日本とアメリカにおいてはこの形で正解
だと思うし、やっと日米の英霊達も喜んで
おられるでしょう。。。

戦争結果における憎しみあいは、意味が
無く、虚しさと失うものばかりである事は、
実は両国民が心の中では分かっている・・。
ただ、許せないだけなんだと思う・・。
それを国として、こうして示しあえる様に
なったのだから、この意義は世界的に
みても大きい・・。

しかも、どちらのスピーチも

「特定のアジアの国々」

に向けて語っているようにも感じる
内容だが、この価値観を理解できない
「特定のアジアの国々」とは、どんな
スピーチをしようが、理解しようとは
しないだろうし、和解するなんて絶対に
できないんだろうなぁ・・とつくづく
感じるわ・・(-_-;)

でも、日本としては、あわてずこうして
できる事から、ひとつひとつ積み上げて
ゆく形で良いと思う・・(^^*)

以下、安倍首相の演説の全文
*****************************
安倍首相演説全文(2016年12月28日・JIJI.COM)

 オバマ大統領、ハリス(米太平洋軍)司令官、ご列席の皆さま、そして、全ての、米国民の皆さま。パールハーバー、真珠湾に、今私は、日本国総理大臣として立っています。
 耳を澄ますと、寄せては返す、波の音が聞こえてきます。降り注ぐ陽の、柔らかな光に照らされた、青い、静かな入り江。私の後ろ、海の上の、白い、アリゾナ・メモリアル。あの、慰霊の場を、オバマ大統領と共に訪れました。
 そこは、私に、沈黙を促す場所でした。亡くなった、軍人たちの名が、記されています。祖国を守る崇高な任務のため、カリフォルニア、ミシガン、ニューヨーク、テキサス、さまざまな地から来て、乗り組んでいた兵士たちが、あの日、爆撃が戦艦アリゾナを二つに切り裂いた時、紅蓮の炎の中で、死んでいった。
 75年がたった今も、海底に横たわるアリゾナには、数知れぬ兵士たちが眠っています。耳を澄まして心を研ぎ澄ますと、風と、波の音とともに、兵士たちの声が聞こえてきます。
 あの日、日曜の朝の、明るくくつろいだ、弾む会話の声。自分の未来を、そして夢を語り合う、若い兵士たちの声。最後の瞬間、愛する人の名を叫ぶ声。生まれてくる子の、幸せを祈る声。
 一人、ひとりの兵士に、その身を案じる母がいて、父がいた。愛する妻や、恋人がいた。成長を楽しみにしている、子どもたちがいたでしょう。それら、全ての思いが断たれてしまった。その厳粛な事実をかみしめる時、私は、言葉を失います。
 そのみ霊よ、安らかなれ-。思いを込め、私は日本国民を代表して、兵士たちが眠る海に、花を投じました。
 オバマ大統領、米国民の皆さん、世界の、さまざまな国の皆さま。私は日本国総理大臣として、この地で命を落とした人々のみ霊に、ここから始まった戦いが奪った、全ての勇者たちの命に、戦争の犠牲となった、数知れぬ、無辜(むこ)の民の魂に、永劫(えいごう)の、哀悼の誠をささげます。
 戦争の惨禍は、二度と、繰り返してはならない。私たちは、そう誓いました。そして戦後、自由で民主的な国を造り上げ、法の支配を重んじ、ひたすら、不戦の誓いを貫いてまいりました。戦後70年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たち日本人は、静かな誇りを感じながら、この不動の方針を、これからも貫いてまいります。
 この場で、戦艦アリゾナに眠る兵士たちに、米国民の皆さまに、世界の人々に、固い、その決意を、日本国総理大臣として、表明いたします。
 昨日、私は、カネオヘの海兵隊基地に、一人の日本帝国海軍士官の碑(いしぶみ)を訪れました。その人物とは、真珠湾攻撃中に被弾し、母艦に帰るのを諦め、引き返し、戦死した、戦闘機パイロット、飯田房太中佐です。
 彼の墜落地点に碑を建てたのは、日本人ではありません。攻撃を受けた側にいた、米軍の人々です。死者の、勇気をたたえ、石碑を建ててくれた。碑には、祖国のため命をささげた軍人への敬意を込め、「日本帝国海軍大尉(だいい)」と当時の階級を刻んであります。
 The brave respect the brave.
 「勇者は、勇者を敬う」。
 アンブローズ・ビアスの、詩は言います。戦い合った敵であっても、敬意を表する。憎しみ合った敵であっても、理解しようとする。そこにあるのは、米国民の、寛容の心です。
 戦争が終わり、日本が、見渡す限りの焼け野原、貧しさのどん底の中で苦しんでいた時、食べるもの、着るものを惜しみなく送ってくれたのは、米国であり、米国民でありました。皆さんが送ってくれたセーターで、ミルクで、日本人は、未来へと、命をつなぐことができました。
 そして米国は、日本が、戦後再び、国際社会へと復帰する道を開いてくれた。米国のリーダーシップの下、自由世界の一員として、私たちは、平和と繁栄を享受することができました。敵として熾烈(しれつ)に戦った、私たち日本人に差し伸べられた、こうした皆さんの善意と支援の手、その大いなる寛容の心は、祖父たち、母たちの胸に深く刻まれています。私たちも、覚えています。子や、孫たちも語り継ぎ、決して忘れることはないでしょう。
 オバマ大統領と共に訪れた、ワシントンのリンカーン・メモリアル。その壁に刻まれた言葉が、私の心に去来します。
 「誰に対しても、悪意を抱かず、慈悲の心で向き合う」。
 「永続する平和を、われわれ全ての間に打ち立て、大切に守る任務を、やり遂げる」。
 エイブラハム・リンカーン大統領の、言葉です。私は日本国民を代表し、米国が、世界が、日本に示してくれた寛容に、改めて、ここに、心からの感謝を申し上げます。
 あの「パールハーバー」から75年。歴史に残る激しい戦争を戦った日本と米国は、歴史にまれな、深く、強く結ばれた同盟国となりました。それは、今までにも増して、世界を覆う幾多の困難に、共に立ち向かう同盟です。あすを開く、「希望の同盟」です。
 私たちを結び付けたものは、寛容の心がもたらした、the power of reconciliation、「和解の力」です。
 私が、ここパールハーバーで、オバマ大統領と共に、世界の人々に対して訴えたいもの。それは、この、和解の力です。戦争の惨禍は、いまだに世界から消えない。憎悪が憎悪を招く連鎖は、なくなろうとしない。
 寛容の心、和解の力を、世界は今、今こそ、必要としています。憎悪を消し去り、共通の価値の下、友情と、信頼を育てた日米は、今、今こそ、寛容の大切さと、和解の力を、世界に向かって訴え続けていく、任務を帯びています。日本と米国の同盟は、だからこそ、「希望の同盟」なのです。
 私たちを見守ってくれている入り江は、どこまでも静かです。パールハーバー。真珠の輝きに満ちた、この美しい入り江こそ、寛容と、そして和解の象徴である。
 私たち日本人の子どもたち、そしてオバマ大統領、皆さん米国人の子どもたちが、またその子どもたち、孫たちが、そして世界中の人々が、パールハーバーを和解の象徴として記憶し続けてくれることを私は願います。そのための努力を、私たちはこれからも、惜しみなく続けていく。オバマ大統領とともに、ここに、固く、誓います。ありがとうございました。
*****************************

民進党って何なんだ?(・_・?)

マスコミと野党だけが大騒ぎしていた
「カジノ法案」は14日に参議院本会議で
野党の意向を含めた修正を経て可決、衆議院
に再び送られ、15日の衆議院本会議で可決、
成立した・・。

ただ、お客様と話しているとほぼ全員に
近い形で勘違いしていた・・。
今回、成立したカジノを含む「IR推進法」
は、あくまでも政府としてカジノを合法化
する事を実現させる為に、きちんと話し
合い「法案の整備を即す法律」であって、
日本のカジノの合法化を決定する法律
ではない・・。

ですから、カジノ導入に向けたもっと
進んだ内容の多くの審議事項が、この法の
施行後1年後を目途として整備される
「実施法案」へと、実は先送りになった事
を考えれば、一旦立ち止まって1年かけて
本当のカジノ合法化論議を始めましょう!
という入口に立った・・というだけの話。

そしたら、
****************************
蓮舫氏、カジノ法案可決に涙 参院議員総会で「悔しい」
(2016年12月14日・朝日新聞)

 カジノ解禁法案が可決された14日夜の参院本会議直後、民進党の蓮舫代表は参院議員総会で、「数があれば何でもできるということが当たり前になってきました。(民進党に)数がないことを本当にいま、悔しいと思っています」と目に涙を浮かべ、悔しさをにじませた。
****************************
と、なんですか?コイツは?
どうも民進党の蓮舫代表は泣いているらしい
のだが全く意味がわからない・・(・_・?)

なぜなら、今回の「IR推進法」は、実は
2010年の民主党政権時に、
****************************
国土交通省成長戦略
2~3年後の実現を目指すもの(2-14)
① ウィンターリゾート、医療観光等地域の特性に応じた観光拠点としての魅力の発掘を行う。医療観光に関しては、在留・訪日外国人の医療ニーズ等を踏まえつつ、院内対応の多言語化、関係医療機関との連携等による高度医療サービスの提供等について検討する。
また、カ ジノに関しては、導入による様々な負の副次的効果(青少年への悪影響、マネーロンダリング等)が懸念されることから、外国人に利用を限定する、クルーズ船 上でのカジノに限定して認めるといった条件も検討した上で、カジノを含めた総合リゾート開発(IR)として参入を希望する外資などがあれば、法的措置を講 ずることも含め慎重に検討する。また、その制度設計にあたっては、ライセンス供与による特別立法、利益の一部を公益的事業にあてる等公益性確保のための仕 組み、導入による負の副次的効果回避の仕組みについてあわせて検討する。地域の特性を活かして2~3年間で観光拠点としての魅力を向上できるポテンシャル のある地域を選定し、省庁横断的に集中して支援を行うプロジェクトの実施を検討する。
****************************
と、当時の行政刷新担当大臣の蓮舫代表が
「2~3年後の実現を目指す」という内容で
明記していた成長戦略のひとつだったものを
3年も遅れてやっと安倍政権が実現しようと
頑張って具体化したのに、民進党が反対する
意味がどう考えてもわからないし、蓮舫代表
がなぜ泣くのか?

「安倍総理・・実現してくれてありがとう!」

と泣いているならわかるが、悔しさを
にじませる意味がわからない・・(・_・?)

しかも、蓮舫代表は自分たちで推進して来た
にもかかわらず、安倍総理との党首討論にて

「カジノは負けた人の掛け金が収益になるから問題」

と、根底から批判をし、カジノ構想に
真っ向から反対した・・。

でもそこを言うなら、なぜ蓮舫代表は日本
4大ギャンブルのパチンコや競馬、競輪、
競艇を今まで野放しにして来たのか?の
整合性が全くつかない・・。
中でもパチンコは突出しており、19兆円
レベルの利権だと聞く・・。

まぁ、在日の利権になっているパチンコ業界
からの献金が民進党に流れていますから、
今まで見て見ぬ振りをしていたんでしょう
けど、ギャンブル依存症の問題だってすでに
日本4大ギャンブルのパチンコや競馬、競輪、
競艇で問題になっているんだから、まず、
こっちを無くしましょうよ(笑)

カジノは実際にはドレスコードがあったり、
ブラックリストの人達は入れないと聞く。
そこのセキュリティがあれば、ギャンブル
依存症の問題はある程度解決しますから、
そこを問題視するなら、日本4大ギャンブル
を徹底的に問題視して厳しく厳しくとても
厳しくしましょうよ!(^^*)
どれも行かない自分にとっては個人的には
大歓迎である・・。

いずれにしても、こんな国民をバカにして
いる党にも税金が使われている訳で、
つくづく日本の「2大政党制」なんて理想
は、まだまだ先だなぁ・・と絶望的に
悲しくなるのです・・(-_-;)

粛々と積み重ねるしか道はないと思うんだな

アメリカの大統領選で、共和党のドナルド・
トランプ氏(70)が勝利した・・。

やはり衝撃的だった・・(^-^;

今更ながら、日本人の平民が何かを考えた
所で、なるようにしかならないから仕方
ないんだけれども、トランプ氏選出で
騒がしいアメリカではなく、日本に目を
向けてみると、安倍首相の行動が本当に速い
事に気付く・・(^^*)
歴代、こんなに素早く、頻繁に動く総理は
まずいなかっただろう・・。

産経が伝えているが、
*******************************
安倍晋三首相が対トランプ外交で速攻
(産経新聞・11月11日)

 安倍首相は10日の初のトランプ氏との電話会談で、早速こう提案した。

 「私は近くアジア太平洋経済協力会議(APEC)に行く。その途中、17日だったらニューヨークでもそれ以外でも、あなたに会えるのだがどうか」

 トランプ氏は「グッド・アイデアだ。私はその日はニューヨークにいるので、会談でも食事でもオーケーだ」と即答した。この会談実現は、外務省は一切事前調整しておらず、2人がトップダウンで決めた。
*******************************
と、もう17日に会う約束を取り付ける。
この手法はロシアのプーチン大統領や
トルコのエルドアン大統領の時でも
お馴染みで、個人的に何度も会って腹を
割って話し合う事で、強固な関係を作る
という安倍首相の得意とする外交手法
である・・。
こんな時に民進党が政権などとっていたら
と思うとゾッとする・・。
とても真似できないスピードであろう・・。

しかも報道によると、今回のこの会談の
実現は外務省は一切事前調整していない
そうで、直接2人がトップダウンで決めた
というとても速いスピード・・。
裏を返せば、いきなりトップダウンで交渉
しなければならないほど日本政府はトランプ
周辺の人脈もなく人となりも解からなくて、
あたふたしてトタバタしているとも言える。

さらに日本の状況は先手先手を打つ・・。
TPP離脱を訴えるトランプ氏が大統領戦で
勝利したため共和党トップもオバマ政権下
での年内承認はないと明言している中、
11月10日午後の衆院本会議で自民党と
公明党、日本維新の会などの賛成多数で
TPPの承認案と関連法案が可決され参議院
に送られた・・。

恐らくTPPに関してはアメリカが離脱を
中心に再交渉になるだろう・・。
そこで日本はここで国会で通しておけば、
ひとまず、

「日本は国会を通しています(国民の総意です)からここからは一切譲れませんよ!」

という立場を強固にして、ある意味、法案を
通したことを防波堤にしながら強気の姿勢で
再交渉に臨むことができる・・。
政治の手法としては本当に手堅い手法である。
そして、今の日本にはこの手法しかアメリカ
をあわよくば追い込める方法は無いだろう・・。

民進党の蓮舫代表は記者会見で

「TPPは米国が参加しないと発効しない仕組みなのに、なぜわが国だけが批准を急ぐのか」

と批判した。
いつもはアメリカ追従の政治を嫌うクセに
この時だけアメリカを追従しろと言う・・(笑)
こんなんだから民進党に政権は任せられない
と本当に思う・・

とはいえトランプ氏の頭の中では恐らく

「黄色いサルが何を言ってんだよ・・(笑)」

ってレベルくらいでしか日本なんて眼中に
無いんだろうけどな・・(笑)

また逆に、こうやって下から積み重ねる方法
しかないという日本の手詰まり感も露呈して
いるとも言えるが、日本は日本がやるべき事
を粛々と積み重ねるしか道はないので、
個人的には安倍首相の「スピード感」に
大満足である・・(^^*)

落としどころは、どーすんだろね?

もう色々で、グチャグチャになっちゃって
いる豊洲市場問題・・(笑)

建物下の土地は土壌汚染、盛り土も無し、
豊洲の落札率が99%と談合の疑い・・
などなど、もうね官僚の掌の上で好き勝手
転がされている感は満載ですが、専門家
会議や技術会議は石原元都知事が設置し、
その上で地下空洞は石原元都知事の決裁が
あった・・という事は、建物に関しては
都民に説明があったか?無かったか?
くらいの問題であって、都の代表が
「きちんと」決めていた・・。

もっと言うなら、そもそも豊洲の建築物が
出来るまでに長い年月かけてる訳で、今頃
になって、共産党を中心に都議が騒いだり
調査したりしてますが、これだけ遅かった
というのは、申し訳ないが、都議や都議会
が無能であった証明である。

しかも普通に考えて、今更、豊洲市場の
建て直しはできないでしょうから、結果、
なんだかんだ言っても最終的に

「移転する」

という決断をしなければならない事には
変わりはないと思うんですよね・・(^-^;

どんなものでも新しいものには必ず問題点
はあり「ゼロリスク」・・すなわち
「100%完璧なもの」は作れる訳が無い。
その「絶対評価」で豊洲がこの状況なら
移転できないというのは、他にリスクの
全くない別の土地に移転できればもちろん
良いですが、それは不可能に近い・・と
いう事は、このまま築地継続か?新規に
豊洲移転か?の道は2つしかない・・。
この当たり前の事はハッキリと捉えて
おかないといけないところ・・。

そして、マスコミを先頭に、かなり
「ネガティヴ」な情報だらけの豊洲市場
に仕立て上げてしまった・・。
ま、覆水盆に返らずですから、もうそう
なってしまったのはしょうがないけど、
「移転する」という決断になるなら、
そろそろこうした「ネガティヴ情報」から
「安全情報」に切り替えないと、豊洲の
イメージダウンから脱出する方法が
ドンドンとなくなりますよね・・(^-^;

しかも、2つしか道が無いのであれば、
そろそろマスコミも豊洲の「絶対評価」
へのオンリー報道ではなく、

「築地と豊洲を比べてどうなのか?」

の比較情報を出して、そもそも論である

「築地がこんなにも危ないから豊洲にするんだ」

という方向に持っていかないとなぁ・・。
例えば「ベンゼン」なんて、築地は
市場内に車が入り込んで排気ガスが
あるため、車が入り込まない豊洲の
数倍もの濃度で今現在も「ベンゼン」が
存在する・・。

その「ベンゼン」まみれのものを、
長年、我々はすでに食べているじゃ
ないか・・(笑)
また、害虫のゴキブリ、ネズミ、ハエ・・
などもいるし、大雨になったりすると、
豊洲の地下水なんて比べ物にならない
レベルの「下水」が溢れて来る・・(笑)
その害虫のゴキブリ、ネズミ、ハエが
いて、「下水」が溢れて来る環境の中で
扱っているものを、長年、我々はすでに
食べているじゃないか・・(笑)
しかも、大地震やその他の影響を受ける
可能性のある建物の老朽化の問題・・。

豊洲の地下水が毒性が無い方が良いには
決まっているが、あったところで、その
地下水で色々なものを洗ったりする訳では
ない・・。
という事は、繰り返しになるが、地下空洞が
あるのは、石原都知事も許可していた訳です
から、東京都の責任と政治責任の部分とは
切り離し、盛り土が無かった事によって築地
と比べてどうなのか?安全なのか?だけの
論議に切り替え、先に結論を出さなければ、
ダメだと思うんだがな・・。

風評被害気味になって来た豊洲問題・・。
落としどころは、どーすんだろね?

蓮舫氏のどこが問題なのか?

もうね、今回、色々と国籍について勉強が
できて嬉しいですが、本質がぐちゃぐちゃ
になっていますね(笑)

まずね、当時、29歳の蓮舫氏は
***************************
「(私は)日本のことしか知らないし、日本語しか話せない。それが自分の中でコンプレックスになっていました。だから自分の国籍は台湾なんですが、父のいた大陸というものを一度、この目で見てみたい、言葉を覚えたいと考えていました」(平成9年・雑誌「CREA」)
***************************
とインタビューに答えているそうで、また、
***************************
蓮舫代表代行「18歳で日本人を選んだ」二重国籍疑惑を否定
(産経新聞・2016.9.3)
 民進党の蓮舫代表代行は3日午前の読売テレビ番組で、 司会者から台湾と日本との「二重国籍」を疑う指摘があることを問われ、 「台湾籍を抜いている」と述べ否定した。
 蓮舫氏は「私は生まれたときから日本人だ」と説明。 「高校3年で、18歳で日本人を選んだ」と述べた。 また、「今、そういううさわが流布されるのは正直悲しい」とも語った。
***************************
蓮舫・民進党代表代行 ぶれる釈明(産経新聞・2016.9.7)
 「31年前、17歳で未成年だったので、父と東京で台湾籍の放棄手続きをした。ただ、私は(当局とのやりとりに使った)台湾語が分からない。私は台湾籍放棄の手続きをしたと『父を信じて』今に至る」
***************************
と釈明している。
整理すると、まず

「自分の国籍は台湾」

と断言していたのに

「私は生まれたときから日本人だ」

から

「18歳で日本人を選び台湾籍を抜いた」

と釈明がどんどんと変わっている・・。

本当なら、最初に

「台湾籍が残っているかもしれないので、今から抜きます」

で、済んだ話が真実を言わず、ごまかそうと
した人の典型的なパターンとなり、ご自身も
今まで他人にはそこを厳しく指摘して追求
して来たのに、自分の事となると、途端に
同じレベルの曖昧な発言になる・・。

一番深刻なのは、「私は生まれたときから
日本人だ」という、この発言からリアルタイム
である民進党の代表選挙の期間中だという
事であり、その期間中に自分の国籍問題に
正しさを証拠も出せずに、二転三転する嘘を
重ねて、結果、経歴詐称になっている事・・。

実は、ココが問題なのだ。

よって本質は、二重国籍が問題なのではなく、
嘘をついた経歴詐称疑惑であり、結果、今後、
民進党の代表になるかもしれない身として
調べず、証拠も出さず、嘘をついて誤摩化した
事になるのと同時に、その危機管理の無さ・・
そこが問題なのだ・・(゚-゚)b

ページ移動