記事一覧

【70D】でちょこっとな!<25>彼岸花

そんな季節だったから・・またまた彼岸花と
アゲハのコラボ!(^^*)

ファイル 2788-2.jpg

ちょっと被写体が遠くだったので、前に
撮ったような
背景のボケが出せなかった為、
ちょっと背景が騒がしいのと、時間的に逆光に
なっていた時間帯だったのが、個人的にちょっと
残念・・(>_<)
それでも何とかしようと、後ろの茎がクロス
して、その手前の茎が中心に来るように
バランスをちょっと頑張った!(^^*)(爆)●~*

【70D】でちょこっとな!<24>ひまわり

最近、ポケモンGOが色々と忙しくて、
サボっちゃっていたカメラ・・(^-^;(笑)

で、先日、夏の終わりに近所に咲いて
いる正式名称は知らない周囲の花びらが
長い「ひまわり」・・(^-^;(笑)

ファイル 2784-2.jpg

「ひまわり」って、今まで意識した事が
なかったんだけど、太陽に背を向けて
いるんですね・・(^-^;
今まで、太陽の方を向いているんだと
ばかり・・(笑)
で、きっと外来種なんだろうな・・(笑)

【70D】でちょこっとな!<23>主役は私・・

季節も梅雨が近づき、千鳥ヶ淵以降の
カメラ内の写真を整理できないほどに
忙しく、今頃になった今年の桜の個人的な
ベストショット!(笑)

ファイル 2751-2.jpg

桜の撮影は毎年、難しいと感じる・・。

「何かと桜」

という形にどうしても頼りがちなのだが、
今回は、沢山の桜の花の中にキラっと主張
するような、

「主役は私・・」

そんな写真を撮影したいと考えていまして、
そんな写真が撮れたかな・・と(笑)
今まで表現できなかった世界がちょっと
個人的に表現できたかな〜満足!(^^*)

レンズフィルターに守られた日

先日、夜桜を撮影する為、色々な事を
確認していた際に、手が滑って愛機の
カメラ【70D】を店の床に落として
しまいました・・(>_<)(悲)

しかも、床にはガラスが飛び散って、
もう絶望感しか感じず・・_| ̄|○

恐る恐る拾い上げてみると割れたのは
レンズフィルターの部分・・!

ファイル 2740-2.jpg

レンズ本体&【70D】本体はなんと
無事でした!(*^^*)

しかし、安堵したのも束の間・・。
割れたレンズフィルターを外そうと
したのですが、なんとその衝撃で
レンズフィルターが手で回しても
外れない!(>_<)
輪ゴムをかましてみても、瓶の蓋を
開ける為の滑らないゴムみたいなので
試みるも外れない!(T_T)

どうしよう・・と思っていたら、昔、
プロカメラマンのお客様が

「ニッパでレンズの金属部分をブチ切ったらはずせるよ」

と言っていた事を思い出し、ニッパを
用意!

ファイル 2740-3.jpg

何事も経験だ!という事で攻めて
みました(爆)●~*

レンズ本体にネジ装着されていて、尚且つ
ネジ部分は恐らく食い込んでいると仮定
されるので、どこまでがレンズフィルターで
どこからがレンズ本体なのか?それだけを
見極めながらレンズフィルターの枠だと
思われる部分を少しずつニッパで切断して
ゆきますが、いや~こりゃさすがに怖い
仕事でした・・(^-^;(笑)

でも、レンズフィルターのガラスが装着
されていた枠を切断したら、

ファイル 2740-4.jpg

ネジになっている部分はそのままでいとも
簡単にはずれました!\(^O^)/
レンズフィルターに守られた・・とはいえ、
77mm口径レンズだったんでフィルターと
言えど、実は安いモノでも5000円くらい
するんですよね・・(^-^;
いずれにしても・・ああ・・_| ̄|○(泣)

【70D】でちょこっとな!<22>千鳥ヶ淵の桜

実は前の週に都内10カ所桜バスツアーに
参加したんですが、1分咲きにもなって
いない状況でガッカリでしたが、今週こそは
大丈夫だろう・・という事で、千鳥ヶ淵の
夜桜に挑戦!(*^^*)

場所取りも必要だったらイヤなので、15時頃
にひとまず到着しましたが、ありゃりゃりゃ
の5~6分咲きくらい・・(^-^;
靖国神社の標準木は確かに満開なんですけど、
そこから数百メートル離れた千鳥ヶ淵は迫力
に欠ける感じでした・・。

ファイル 2734-2.jpg
ファイル 2734-3.jpg

ま、それ以前に、ひとまず一往復しましたが
凄い人なので、夜桜は一番の撮影ポイントを
撮影したらそれでいいや・・との決断で、
マジックアワーの千鳥ヶ淵!(*^^*)

ファイル 2734-4.jpg
ファイル 2734-5.jpg

来年はタイミングが合ったら三渓園でも挑戦
したいなぁ・・(゚.゚)

【70D】でちょこっとな!<21>美しかったセミの羽化

先日、恥ずかしながらこの歳になって
生まれて初めてセミの羽化を見た!
見つけた時には、あまりにも美しく、
このチャンスを逃すまい!とカメラを
取りに家に帰った程・・(笑)
当たり前だが時間をかけてゆっくりと
羽化してゆくので、撮影しながらも、
随分と見とれてしまった・・(^-^;

土の中から、モソモソと木を登ってゆき、
まるでカメラアングルの地面から1m
くらいの所に陣取る・・。
しばらくすると、幼虫(さなぎ?)の背中
がパカっと割れ、中からもちろんセミが
出て来るのだが、どう考えても、それ
以上の容量の物体が出て来る・・(笑)

ファイル 2655-2.jpg

どれだけコンパクトにまとまっていた
のかと・・(爆)●~*
それからイナバウワー並にのけぞる訳だが、
ここからどう持ち直すのか?と思ったが、
腹筋をするかのように、上体を上げ、お尻
を出した!(^^*)

ファイル 2655-3.jpg

くしゃくしゃだった羽も、パラシュートが
開くかのように徐々にアイロンをかけたか
のように綺麗に伸びてゆき、綺麗な薄緑の
縁を残しながら白く透明感のある姿を披露
する・・。
少し黒ずんできたところまで見ましたが、
さすがに飛び立つ所までは、時間の関係上
つきあえませんでした・・(^-^;(笑)

最後は一眼ならではの「球ボケ背景」の
羽化です!(^^*)

ファイル 2655-4.jpg

【70D】でちょこっとな!<20>【長岡まつり大花火大会】

「日本三大花火」として、

○秋田県大仙市「全国花火競技大会 (大曲の花火)」
○茨城県土浦市「土浦 全国花火競技大会」
○新潟県長岡市「長岡まつり大花火大会」

その中でも現在では日本最大と言われるのが
「長岡まつり大花火大会」だそうだ・・。
なので、前から見たいと思っていたのだが、
ありがたい事に「長岡まつり大花火大会」は
8月2日、3日と日にちが固定されているので、
いずれ定休日の火曜日に当たるのを待って
いました!
で、今回ピッタリ重なりました!(^^*)

ファイル 2652-2.jpg
ファイル 2652-3.jpg
ファイル 2652-4.jpg
ファイル 2652-5.jpg

いやいや、いつも見ている横浜の花火大会が
霞むほどでした・・(^-^;
ぜひ、また行きたいです!(^^*)

【70D】でちょこっとな!<19>【目黒川】

先日、今までに行った事の無い場所へ、
桜を求めてブラブラと・・(^^*)
まず、六本木の【東京ミッドタウン】へ!
そして、その後は乗り換え地点でもあり、
通り道でもある中目黒駅で降りて目黒川へ!
ファイル 2597-2.jpg
なめていました。。平日の火曜日の夜だと
いうのに、凄い人・・w(゜o゜)w
でも、細かく橋が架けられている川なので
その橋ごとに桜の表情が違う・・(^^*)
ファイル 2597-3.jpg
ファイル 2597-4.jpg
で、同じ場所で縦に撮影してみると、
またまた表情が違う・・(^^*)
ファイル 2597-5.jpg
写真的には満喫できたんだけど、この人ごみ
は、1度来ればいいかな・・(^-^;(笑)

【70D】でちょこっとな!<18>【東京ミッドタウン】

先日、今までに行った事の無い場所へ、
桜を求めてブラブラと・・(^^*)
そして六本木の【東京ミッドタウン】へ!
ファイル 2596-2.jpg
そして、【東京ミッドタウン】お馴染み
のベタな構図・・(笑)
ファイル 2596-3.jpg
少し道路の方へ行ってみると、橋からの
見降ろした構図・・。
ファイル 2596-4.jpg
道路の高さに降り立ってみると、東京
タワーが見えましたよ!
ファイル 2596-5.jpg

満喫できました! (゚ー゚☆キラッ

【70D】でちょこっとな!<17>【みなとみらいコスモワールド】

写真連チャンすみません・・(^-^;(笑)

横浜みなとみらいには「コスモワールド」
という遊園地があります。
ココが非常にカメラマンにありがたいのは、
入場料がいらない事です!(゚-゚)b

長時間露光の勉強をするには最適!(^^*)
夜のアトラクション撮影が構図によっては
非常に面白いのです!
ファイル 2556-2.jpg
ファイル 2556-3.jpg
ファイル 2556-4.jpg
ファイル 2556-5.jpg
いかがです?
ちょっと撮影してみたくなりませんか?(笑)

【70D】でちょこっとな!<16>【みなとみらいTOWERS Millight(タワーズ ミライト)】

昨年の12月24日のクリスマスイヴは、
横浜みなとみらい毎年恒例の、
ファイル 2555-2.jpg
【みなとみらいTOWERS Millight(タワーズ ミライト)】

で、全館ライトアップでした!(^^*)
好意で点けて頂いているのでしょうから、
あまり文句は言いたくないけど、今回は
ちょっと虫食いな感じで点灯していない
部屋もあって、ちょっと不満足・・(-_-;)

今回、ライトの印象が違っていたのは、
今までは額縁のように飾られた
ファイル 2555-3.jpg
ファイル 2555-4.jpg
【ナビオス横浜】

のイルミネーション・・なんか、全然
そそられない装飾になっていた・・。
という事で、この定番の2カ所は即座に
飽きた(笑)
それよりも、行くのが遅かったので、
全館ライトアップが終了しちゃう前に、
今度はコスモワールドへ移動して、
アトラクション撮影に徹しました。
一応、全館ライトアップが終了しちゃう
前に撮影できたやつ!
ファイル 2555-5.jpg

全館ライトアップが終了しちゃってからの
やつもなかなか良かったので、それは
スペースの都合上、次回!(^^*)

あと5年で・・(^-^;

*******************************************
キヤノンの展示会に見る2020年のカメラ
 キヤノンは、5年に1度開催しているプライベートショー「Canon EXPO 2015 Tokyo」を2015年11月4日~6日の日程で開催した。キヤノンのさまざまな最新製品や最新技術を一堂にお披露目する展示会で、今回のテーマは「2020年の東京」。2020年には広く実用化されているであろう先進的な技術を盛り込んだ展示が多く見られた。入場できるのは招待者のみで一般には非公開となっている。
*******************************************
あと「5年後」のキャノンの世界・・。
いやいやこの記事はビックリした・・。
「フルサイズ」ではなく「APS-H」の
CMOSセンサーではありますが、
EOS-5Dの装着された

「1億2000万画素」

の実機・・。
参考出展ではあるものの「APS-H」の

「2億5000万画素」

の世界・・。
最近「EOS 5Ds/5Ds R」で、

「5060万画素」

の「フルサイズ」のCMOSセンサー機
を出したばかりだが、少なくとも、
数年後には「1億2000万画素」の実機
が登場、5年後には「2億5000万画素」
の「APS-H」の実機が登場する事に
なりそうだ・・。

ところで、フルサイズでないキャノン
機で通常搭載されている「APS-C」
ではなく、聞き慣れない「APS-H」・・。
なんじゃらほい?という事で調べて
みると「フルサイズ」と「APS-C」の
間で、「APS-C」がフルサイズ機の
「1.5~1.6倍の焦点距離」なのだが、
「APS-H」はフルサイズ機の
「1.3倍の焦点距離」で、「APS-C」
より、高感度に強く、フルサイズより
連写がきくという事らしい・・。

ま、自分は2000万画素の今の70Dで
満足しているので、買い替える時が
来るとしたら、壊れてしまった時か、
連写や高感度が今の倍くらいになる時
かだろうなぁ・・。

ただし、その推測も撃沈しそうなのが、
この記事の後半に出て来る「8K動画」
である・・。
もちろん、動画はそんなに興味が無い
ので、どうでもいいっちゃどうでも
いいのだが、その「8K」で撮影した
動画から、1コマを写真として切り
離すと、なんと

「約3300万画素相当(7680×4320ドット)」

の画質になるという・・。
これは凄い!(◎_◎;

今自分が70Dで撮影している2000万
画素の写真よりも鮮明な写真が動画
から作成できるのだ・・(^-^;
実際には「L」から「A4」プリント
レベルなら、2000万画素もあれば
もう充分な画質である・・。
すでにパナソニックの「LUMIX」が
実現している「4K動画」から

「829万画素(3840×2160ドット)」

の画質・・1000万画素があれば、
「L」プリントは充分と言われている
レベルは実現されている。
その4倍に変わるのだから、5年後には
決定的な瞬間の写真が当たり前のように

「素人から生み出される」

という事が起って来る・・。
非常に楽しみだが、自分はどんどん目が
見えなくなって来るんだろうなぁ・・。
欲を言えば、もうちょっと早く実現して
欲しいなぁ・・(>_<)(爆)●~*

【70D】でちょこっとな!<15>【入間航空祭(各種機)】

11月3日の文化の日は、ず~っと撮影
してみたかった【ブルーインパルス】
主体で撮影した訳ですが、その他の
飛行機系を備忘録代わりに・・。
ファイル 2522-2.jpg
【ブルーインパルス】に50周年塗装の
救難用ヘリコプター【UH-60J】、そして
音速戦闘機の【F-15】(^^*)
ファイル 2522-3.jpg
で、このカッコいい迷彩柄の超音速戦闘機
の【F-2】で、帰投の姿を撮影できた!(^^*)
ファイル 2522-4.jpg
で、整列していたのが、音速ジェット機の
【T−4】!
ファイル 2522-5.jpg
で、上から輸送機の【C-1】多用途支援機
の【U-4】、輸送ヘリコプター【CH-47J】、
潜水艦や艦船を探知・攻撃する哨戒機である
【P-3C】水色の救難捜索機【U-125A】、
軽輸送機の【C-12】と、もうちょっとあった
気がするが、全部撮ったつもりが、全部撮影
しきれていなかったみたい・・(爆)●~*
そんなに興味がある訳ではなかったのに、
素直に童心に帰れた時間だった・・(^^*)(笑)

【70D】でちょこっとな!<14>【入間航空祭(ブルーインパルス)】

11月3日の文化の日は、ず〜っと撮影
してみたかった【ブルーインパルス】を
撮影して参りました! (゚ー゚☆キラッ
ファイル 2521-2.jpg
ファイル 2521-3.jpg
ファイル 2521-4.jpg
ファイル 2521-5.jpg
いやいや、この大迫力!
でも、肉眼では思っていたよりも遠く、
どちらかというとカメラの望遠を通して
ファインダー越しの方が迫力があった
気がしました!
もう、満足でっす!!(^^*)

【70D】でちょこっとな!<13>【日光・竜頭の滝&湯滝】

「中禅寺湖&華厳の滝」からの続き!

明智平展望台を1時間半くらいで後に
して、続いて【竜頭の滝】へ!
まだ早かったので普通に駐車場は空いて
いました!(^^*)
てくてくと歩いてゆくと茶屋さんがあり
展望バルコニーみたいな所があり、
そこにカメラの人達が集結しており、
すぐにわかる・・。
ファイル 2516-2.jpg
迫力ありますね~素敵です!(^^*)
ファイル 2516-3.jpg
そのまま上に移動しての側面からの姿も
なかなかの迫力となかなかの色合い!

で、そのまま【湯滝】へ移動します。
ファイル 2516-4.jpg
【竜頭の滝】も凄かったですが【湯滝】は
かなりの迫力です!w(゜o゜)w

上まで登れる道があり、せっかくなので、
これまた軽く登山・・(笑)
すると、湯ノ湖からの【湯滝】の「起点」
が見られます!
ファイル 2516-5.jpg
湯ノ湖の紅葉はイマイチの色彩でしたが、
【竜頭の滝】と【湯滝】はウワサ通り!
個人的にちょっと残念だったのは、
PLフィルターしか持っていなくて、
NDフィルターを持っていないので、
PLフィルターレベルでしか滝を滑らかに
できなかった事・・(^-^;
でも、ほぼ満足しました!(^^*)

【70D】でちょこっとな!<12>【日光・中禅寺湖&華厳の滝】

先日、写真がお好きなお客様が自分の
火曜日の休みに合わせてくれて下さった
ので、紅葉が見頃!というテレビの報道
を見て、急遽、小学校6年生の修学旅行
以来の日光へ!(笑)

朝5時半に出発した平日にもかかわらず、
一番で狙っていた9時から動く明智平
ロープウェイにちょうど間に合いそう
だったので、15分前に到着するも、
駐車場はほぼ満車!(◎_◎;
しかも、ロープウェイに乗るのに、長蛇
の列・・(^-^;(笑)
ファイル 2515-3.jpg
京都が凄い事は聞いていたが、日光も
凄いんですね・・(◎_◎;(笑)

でも並びながらも、そこから見える景色に
ウットリする・・(笑)
ファイル 2515-2.jpg
で、30分位で乗れ、明智平展望台へ!
ファイル 2515-4.jpg
ファイル 2515-5.jpg

紅葉もテレビでやっていた通り見頃で
空も雲ひとつなく素晴らしい展望!
満足です!(^^*)

カメラグリップ【エツミ・マーティン】

それなりに重い一眼レフを持ち歩くと、
どうしても首から下げるストラップでは
ブラブラして邪魔くさいのと、では
肩からかけると安定しない・・(^-^;
結局は右側のでっぱりの部分を手で
持っている事が多くなるという事で、
【カメラグリップ】が1500円前後で
売られていたので、皮っぽい質感の

ファイル 2514-2.jpg
【カメラグリップ(エツミ・マーティン)】

を買ってみました!(^^*)
自分のCanon70Dに早速取り付けて
みると、こんな感じ!
ファイル 2514-5.jpg
やはり良く出来ているもので、カメラの
三脚ネジ穴に取り付けるけど、きちんと
三脚ネジ穴もフォローしてあるし、その
部分をズラす事もできるので、電池交換
の時の蓋へのアクセスもきちんと考え
られている・・。
ファイル 2514-3.jpg
今まで使っていたストラップも縦型に
なるけれども、これまたきちんと使える
ように設計されている!(゚-゚)b
ファイル 2514-4.jpg

で、早速撮影してみると、

「ほ~」

確かに握りが非常に安定し、縦でも
横でも手ブレしにくくなるし、落とす
心配もなくなりますね!w(゜o゜)w

ただ、ここでひとつ問題が!(^-^;

ベルトの締め付ける具合が難しい!
安定度や持ち歩きを考えると、やや
キツ目のしっかりとしたホールドが
ベストなのだが、Canonの70Dでは、
親指操作の諸ボタン達が押しにくく
なるので、ちょっと何回か使っての
慣れが必要だ・・(^-^;

でも慣れてくると、それをわかっていて
の指運びになるので、カメラの安定度まで
考えれば個人的にはこのカメラグリップ
には満足しています!(^^*)

【70D】でちょこっとな!<11>【千畳敷カール】

写真続き!(^^*)
今まで雨に祟られていた自分達の旅も、
今回の9月下旬の【千畳敷カール】は
非常によい天気に恵まれました!(^^*)

しかも、今年は紅葉も一週間くらい早い
らしく、色合いもベストタイミングに
近い形だったようで、写真もなかなか
素晴らしい色合いで撮影が出来ました!
ファイル 2508-2.jpg
ファイル 2508-3.jpg
ファイル 2508-4.jpg
ファイル 2508-5.jpg
余談だが、今回の【千畳敷カール】は
クラブツーリズムで連れて行って
もらった・・。
しかし、ロープウェイも季節柄混雑して
おり、1時間半位の見学時間で、しかも、
再びロープウェイで下山してココで集合
する・・というには写真を撮影する自分
にとってはかなりの強行軍だった・・。
しかし、添乗員さんが、状況に合わせて
見学時間をギリギリの2時間半まで
引き延ばして下さったお陰で、ゆっくり
と写真も撮れ非常に良い旅になった。

高山さんありがとうございました! <(_ _)>

【70D】でちょこっとな!<10>【彼岸花】

先日、お彼岸という事で、墓参りの後、
近くに彼岸花の所があるという事で、
ちょっと場所の名前は、聞くのを忘れて
しまいましたが、撮りたかった写真を
撮る事が出来ました! (゚ー゚☆キラッ

で、どうしても欲しかった

ファイル 2507-2.jpg
【EF70-200mm F2.8L IS II USM】

を買って、今回初おろしして、使って
みましたが、やはりとんでもないオバケ
レンズでした・・(^-^;

彼岸花にはアゲハが舞っており、コラボ
が偶然にも撮影できました! (゚ー゚☆キラッ

ファイル 2507-3.jpg
ファイル 2507-4.jpg
ファイル 2507-5.jpg

(  ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄)フフフ・・・満足でっす!

THE NORTH FACE【TELLUS PHOTO 40】

カメラだけのバックパックは沢山
存在するのだが

「旅行用の荷物も入る」

となると途端に少なくなる・・。
そんな中、重宝しているのが、

ファイル 2506-2.jpg
【TELLUS PHOTO 40】

1泊旅行くらいなら、一眼レフカメラ
と交換レンズ数本と三脚が収納できる。
上部はこのように、

ファイル 2506-3.jpg

軽い宿泊セットが入るようになって
おり、カメラセットと共に軽い宿泊
セットが持ち歩ける自分の愛用して
いるバックパック・・。

あえて大きな特徴を挙げるならば、
両サイドから、カメラとレンズに
アクセスできるのは大変便利で
使い勝手が良いです。

ファイル 2506-4.jpg

ちなみにCanonの70DにSIGMA
の17-50mm装着のまま右に格納。
左にはCanonの100mmのLマクロ
(長さ15cm)くらいまでのレンズ
ならば、太さにもよりますが3~4本
格納できます!(^^*)

両サイドにポケットもついていて、
NDやPLレンズ、SDカードや交換用
バッテリー、クリーナ-類などが
収納できる・・。

また、カメラ収納部分は結構ハードな
ケースで覆われていて、普通の人が
体当たりする・・他人のカバンや
リュックがゴツゴツ当たる・・謝って
リュックを下に落とした・・くらいの
衝撃なら、まず問題の無いレベルの
安心感のあるシェルケースです・・。

もちろん、仕切板2枚があり、両サイド
はマジックテープで固定するお馴染み
の仕組みなのでレンズや自分の用途に
合わせて簡単なカスタマイズはできる。
自分はさらに仕切板をひとつ他から
持って来て、画像のように4つのレンズ
部屋を作っています。

三脚は、両サイドの開閉を邪魔しない
形で、背面中央に三脚を固定でき、
下部には収納可能な受け袋が付いて
います。

ファイル 2506-5.jpg

さらに、ちゃんとレインカバーまで装備
してあるんですよん♪

大きなレンズや長いレンズはどうする
のよ?という事ですが、例えばキャノン
の70-200mmのLレンズなどは、
自分はレンズに付随するケースに入れ、
一番下部にダウンジャケットやレイン
ジャケットやタオルなどを格納する場所
があるので、それらで下の衝撃から守る
ようにしてさらにレンズケースで守る
形で持ってゆきます!
ま、それだけはいざという時の取り出し
がちょっと不自由ですが、これだけの
他のメリットの中、70-200mmの
Lレンズが正規のやり方でないにしろ、
工夫をすればサイドオープニングで
アクセスできる格納ができるだけでも
個人的には充分満足です!(^^*)

ページ移動