記事一覧

日本サッカー・W杯本大会出場おめでとう!(^^*)

来年、ロシアで開催されるサッカー・
ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の
オーストラリア戦が8月31日に行われた。

この試合で勝てば日本のW杯の本大会出場が
決まるという事だったが、日本は昨年9月の
最終予選初戦でUAEに敗れる・・。
自分は知らなかったが、初戦で負けた国が
W杯の本大会出場を得たことがないという
黒歴史のジンクスがあったという事と、
今までにW杯の本大会&予選を通じて1度も
勝った事が無い・・という事で、押され気味
で守りながら、カウンターとかの突発的な
感じで、数少ないチャンスで頑張るような
プレーを観戦する事になるのかな?という
試合前の自分の想像を遥かに凌駕し、

【2―0】

という文句無いスコアで

「オーストラリアに初勝利」

した上で、今までに歴史の無い

「初戦黒星スタートでW杯の本大会出場」

を決めたという試合を

「若手」

が塗り替えたという素晴らしさ・・(^^*)

またアジアというレベルの低さもあるので、
一緒にしちゃいけないだろうが、1930年の
W杯第1回大会から21大会連続出場中という
ブラジルが圧倒的な第1位に君臨、で、第2位
が1950年大会の初出場から6大会連続出場を
しているイングランドが第2位なのだそうだが
なんと今回の出場決定で、日本も初出場した
1998年大会からなんと6大会連続出場なのだ
そうで

「W杯初出場からの連続出場記録」

も2位タイになるというこちらの記録の達成
も素晴らしい!(^^*)

ただ、初出場からの連続出場記録でなければ、
アジアでは韓国が

「8大会連続出場(今回決めれば9大会連続)」

という記録だそうで、単純に12年の遅れが
あるのはキッチリ実力で埋めて欲しいな・・。
いずれにしても、日本、W杯本大会出場
おめでとうございます!(^^*)

リオ・オリンピック閉会

8月22日に「リオ・オリンピック」が
閉会した・・。
選手が分からないも手伝って、

「あんまり見ねえだろうなぁ・・」

と思っていましたが、今回も何日かは
なんだかんだ朝近くまで見てしまい
ましたね・・(^-^;
中でもバドミントンの女子ダブルスは
筋書きの無いドラマのようで、本当に
面白かった・・(^^*)

メダルも金12、銀8、銅21の計41個で
史上最高の個数で全体で7位という事で、
選手の皆様、お疲れさまでした! <(_ _)>

そして、おめでとうございます!(^^*)

中でも、柔道のメダル数が12個、競泳と
レスリングが7個という事で、柔道と
競泳、レスリングが惨敗すれば、日本は
途端にメダル数は15個となっていた訳
で、「全般にメダル」というよりも「偏った
部分のメダル」である事がハッキリとして
いるのが次回の東京五輪への課題・・。

その反面、自分じゃ絶対に実現できない
クセに、上から目線で

「なんだよ・・また銅メダルかよ・・」

と、正直思ってしまっている人間的に残念な
自分がいて、こういう考え方の人間がいる
から、金メダルを取れなかった選手達から

「ごめんなさい」

とかの言葉出て来る訳で・・(^-^;

でも、個人的にオリンピックに対して、
今回こそは、仏のような心になろうと
改心しようと思っても、表向きは

「銅メダルでもすごいよ!」

言いながらも、やっぱり心の中で

「なんだよ・・また銅メダルかよ・・」

と、思ってしまうという自己嫌悪満載の
ルーティンに陥るので、オリンピックを
やはりあまり見たくなくなったりする訳
なんですわ・・(-_-;)(笑)

自由の代償と責任

***********************************
東京のスキー客が死亡=コース外の立ち木に衝突
(2016年2月20日・時事通信)
 20日正午ごろ、北海道ニセコ町ニセコのスキー場「ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ」で、コース外でスキーをしていた東京都府中市若松町の飲食店従業員茂木潤さん(47)が立ち木に衝突し、病院に搬送されたが、間もなく死亡した。骨盤骨折による失血死とみられる。
***********************************
不謹慎ではあるが、コース外滑走をして
いる輩を見るにつけ、

「死ねばいいのに・・」

悪いがいつも、そう思っていた・・。
でも、新雪は誰もが滑りたいんだよね・・。

そこを考えると、亡くなった茂木氏も、その
自由な志の元、自己責任でこうした結末
というのはやろうと思ってもなかなか
出来ない・・。
それが実現してワクワクして滑っていた
のだろうから、実に本望な人生の終わり方
で、裏を返せば幸せだったと思う・・。

文中には、

【バックカントリースキー】

とか、なんだかカッコ良く書いてるから
なんでだろうな?と思ったら、どうも
ニセコは

「コース外滑走禁止」

なのではなく

「スキー場管理区域外」

という事らしい・・。
どういう事かと言うと「スキー場は一切の
責任を持ちません」という事なだけで、
自由に自己責任で滑走が出来るみたい
だな・・。

でも、自分が昔行ったカナダのウイスラー
もそんな感じでしたので、日本の管理
し過ぎがやっとグローバルになってきた
という事なのかもね。。

ま、自分もカナダで逆に自由だとその先
に何があるか?わからなかったので、
怖くて滑らなかった事を考えると、
自由は自由でいいのかも・・(^^*)
そして、どこのスキー場でも、外国人の
コース外滑走は日常茶飯事状態らしい
から、むしろ認めてしまう形の方が簡単
なんじゃないかな・・。

で、全スキー場を自由にして、リフト券に
スキー場で保険を付けられるとか、自分で
最初から年契約の損保系スキー保険とかに
入っておき、もしもの捜索の時などは補償
してもらえる形になれば、スキー場に
保険会社の広告などが掲げられるように
なって来るだろうし、リフト券に広告が
入ってきたりする事になるだろうから、
今や風前の灯状態のスキー場にも広告収入
が入って来るようになるれば、少し起爆剤
となるかもしれない訳で、一石二鳥かも
しれませんね!(゚-゚)b

余談だが、いざコース外滑走での遭難事故
の際の多額の請求額に、日本人は支払いを
逃げる卑怯者な輩が多いそうだが、その点、
外国の方は、スキー場は自己責任という
文化があるからか「自己責任」という事を
良く理解していて、きちんと払ってくれる
そうだ・・。

まだまだ日本人は「自由の代償の責任」に
おいては、世界から何十年も遅れている
みたいだわ・・ホント情けないな・・。

衝撃は交通事故並みだったはず・・

***********************************
スキー授業の小6女児、スノボ男性と衝突し死亡
(2016年02月03日・読売新聞)
 2日午前11時45分頃、広島県北広島町中祖の「芸北国際スキー場」で、町立芸北小学校のスキー授業で滑っていた同小6年近藤江里菜さん(12)(北広島町奥中原)と、スノーボードをしていた長崎県佐世保市、飲食店経営の男性(38)が衝突。
 2人は、ドクターヘリなどで病院に運ばれたが、近藤さんは約2時間後に死亡が確認され、男性も脊髄損傷などの重傷を負った。
***********************************
これって、スキーなどを経験している人は、
死ぬ事はなくとも、

「ぶつかる」
「接触する」

というのは1回は経験あるのではない
だろうか?

恥ずかしながらスキーが大好きだった
自分などは何回も経験しているし、
中には本当にガッツリと衝突した事も
あるだけに、ケガや死亡事故に
ならなかっただけ、そこは本当に
ツイていたなと感じる・・。

報道ベースでは、顔同士がぶつかり、
亡くなった近藤さんは、その時に胸を
強く打って大動脈が破裂、血液が心臓
を圧迫、外傷性大動脈解離による
心タンポナーデと発表されている。
スノーボードの男性は脊髄損傷、首を
骨折し、手足がマヒし重傷・・と、
凄まじい・・(^-^;
正直、どんなぶつかり方をすれば
こんな状態になるのか?

ここからはあくまでも自分の仮説だが、
スノーボーダーの男性が脊髄損傷をして
いる事を考えると、その男性の背後から
スキーヤーの近藤さんが激突したと
考えるのが自然だ・・となると、スノー
ボーダーの男性が近藤さんと同じ速度
くらいで滑っており、やや男性が1~3m
先にいる形だったのではないか?と思う。

そして、スノーボーダーには、必ず意識
をしないと見えない背面に隠れてしまう
死角ゾーンが出来るという致命的な部分
がある・・初心者だったら、そのゾーン
はもっと広くなる・・。

恐らく男性は初心者で、近藤さんに背を
向けた状態でその死角の中で、近藤さん
の姿を見失い、近藤さんの進路を塞ぐ
ように背面側のターンをして来た・・。
そこに近藤さんが真っすぐ男性に激突、
小6とはいえ、アルペンの選手で初心者
だった訳ではなく、きちんとヘルメット
をかぶっていた為に、男性の脊髄には
恐らく、顔とヘルメットの部分が激突!
それでも、近藤さんの直進する力は
防げないでしょうから、不幸が重なる
なら、その男性に乗りかかる形で、前へ
突っ込むはずで、男性の首に近藤さん
の胸を中心にぶつかりながら、胴体が
乗っかる形になり、男性の首が骨折・・。

しかも、例え初心者コースであっても、
その先にゴンドラ乗り場や、高速ロング
リフトなど「長い距離」を網羅する系
のリフトなどがある場合、心理として、
緩斜面故に、乗り場までにたどりつく
までにできるだけ停まりたくない
(停まると歩かないといけない)ので
余計に加速するのが普通の考え方である。

となると2人共にそれなりの結構な速度
だったと想定できる・・。

スキーもスノーボードも、凄い初心者
でも時速10km位は出る。
今回のようにアルペンの選手なら、小学生
であっても、最低でも時速30~40kmは
出ているはずだ・・。
スノーボードの男性も同じくらいの速度で
滑走していたらしいので、仮に上記の通り
にぶつかっていたとするならば、近藤さん
が30km位、男性はターンをしたので、
20km位になったとしても、互いにくる
衝撃は50km、もっと出ていたとしたら、
近藤さん40km、男性が30kmにもなって
いたとすれば、互いにくる衝撃は70km・・
とどっちにしろ、歩いていた歩行者に70km
の車が突っ込んで来た交通事故の衝撃と同じ
レベルですから、打ち所によっては死ぬ
のは当然ですよね・・(-_-;)

今後、この男性の人生がどうなるのか?
気にはなるが、今は男性の回復と、近藤
さんに哀悼の意を表します・・。

U-23日本代表・劇的な優勝!

2016年1月30日・・U-23日本代表は
「AFC・U-23アジア選手権」の決勝戦
で韓国と対戦して3-2の勝利を収めた。

とはいえ、正直、この年代の試合は、
この試合が初めて観たりなんかしている
訳で選手すらわからない・・(^-^;(笑)
でも、試合前に韓国サッカー協会が

「日本は我々の『優勝自販機』だ!」

韓国語で「自販」は「ジャパン」と読む
為に、それにかけた挑発的なスローガン
だったそうだが、日本人には、

「自動的に優勝できる」

というスローガンに聞こえるわ・・。
という事で、そんなに日本は弱いのか?
という事で、決勝だけは観てみよう!と
観始めるが、前半は、韓国に押され続け、
全然おもしろくないし、後半も2点目を
とられ、なんとか2失点でとどめたけど、
展開を考えればもっと取られていても
おかしくなかったとも言える

「実につまらない試合!ヽ(`Д´)ノ」

という感じで、正直、

「韓国のスローガン通りじゃんかよ!」

とガッカリしていた。
しかし、浅野選手の1点目のゴールで、

「え?こんな決め方できる選手が日本にいるの?」

という感じでとてもビックリし、同じ
浅野選手の3点目も、

「日本選手ってこういうキーパーとの1対1っていつも決まらないのに・・」

というシーンを鮮やかに決めてみせて
かなり感動した!w(゜o゜)w

しかも、結果、続いていた韓国の五輪最終
予選の無敗記録が34でストップしたという
のだから、大変素敵!(^^*)(笑)

ただ、浅野選手のストーリーは「速攻」の
形だったので、仮に韓国が2点を守ろうと
守備的に固めるようにしていたら、日本は
もしかしたら矢島選手のヘディングの1点
くらいで、浅野選手の2点は難しかった
かもしれない・・。

まぁ、選手がよくわからないながらも、
ここにオーバーエイジで3人入ってくる
みたいですから、ちょっとリオ五輪が
楽しみになって来ました・・(^^*)(笑)

プロテニスの嫌な側面

最近、巷の動き通りに錦織選手の試合を
見たくて、テニスの試合を観る事が多く
なった・・。

でも、ひとつだけ気に入らないシーンが
いつも出て来る・・そう・・テニス選手
が試合中にイライラした時にラケットを
地面に叩き付けたり、足で無理矢理、
感情のままに折る映像・・。
折らなくとも粗雑に扱う映像・・。

自分は野球だったのですが、プロ野球でも
ベンチに帰ってグローブを投げつけたり、
打者が打ち損じて、バットを叩き折るのも
一緒に大嫌いである・・。

という事を、お客様と話していたら、
そのお客様がテニスの選手だったそうで、
「なるほど~」という回答を頂いた・・(^^*)

良いか?悪いか?の線引きに限らず、
高いか?安いか?の線引きなど、我々は
多かれ少なかれ

【自分の価値観】

が軸となり決定される・・。
お客様曰く、日本人は基本的に道具を
良くも悪くも大切にするという・・。
もちろん、自分もその価値観であって、

「道具を粗末にする奴はスポーツをやる資格はない!」

とまで言い切ってしまう価値観だ・・(笑)
しかし国によっては、その価値観が違う
そうだ・・(^-^;

西洋人などは、相手に勝てない道具は
すなわち役に立たない道具・・例えば弾の
出ない鉄砲を持っていても仕方が無い・・
という考え方・・ならばそんな鉄砲は
捨てて、新しい鉄砲に替えた方がいい・・。
要は、真剣である為の行動・・。
そんな感覚だという・・(-_-;)

でも百歩譲って、ラケットに重大な欠陥
があっての事なら、その理屈も分かるが、
そのラケットは単なる道具であって、
生かすも殺すも結局は選手次第・・。
だって、自分が例え優勝した時の選手の
ラケットを使っても勝つ事はできない訳
ですからね・・。

という事は、選手のコンディションや、
相手の攻め方によって、そのラケットが
役に立たない道具になった・・という事
であり、イコール、やはり選手自体の
能力であり、道具に責任転嫁するのは
やはりプロとしておかしい・・。

西洋の考え方を理解しても、やはり
そこは納得のいかない&個人的に
大嫌いなプロテニス選手の行為でした。

本庄第一高校サッカー部・ソウルで集団万引き

************************************
親善試合の高校生22人、ソウルで集団万引き
(読売新聞・2015年4月10日)
サッカーの親善試合のため訪韓していた日本の高校生22人が、集団万引きをしたとして韓国警察の事情聴取を受けていたことが、ソウル中部署への取材でわかった。
************************************
そもそも「万引き」なんて名称で、
言葉が軽すぎるからいけない・・。
早く「窃盗」とマスコミも統一しろ!
しかも、今回は22人による

【集団窃盗】

という非常に悪質なレベル・・。
しかも、海外での事件の為、事実上は
とても恥ずかしい国際問題である・・。

しかも、盗んだ量もハンパない!
9店舗からベルトや財布など70点
余りを盗んだ・・って本当に情け
容赦ないという凄さ・・(◎_◎;

それだけでない・・。

なんと、実は韓国土産屋で1回目の
「窃盗」をして、店主に捕まっているのだ。
でも、「ごめんなさい」連発したために、
許してもらっていた・・。

しかし、店主が許した直後に、また
別の店で「窃盗」してるのを目撃され、
店主が警察へ届けて今回発覚している
という相当なクズ集団なのである。

海外でコレだけの度胸ですから、
恐らくは日本でも相当の回数の
「窃盗」を重ねているはずだ・・。

捕まっても捕まっても、許して
もらえる限り、「窃盗」を繰り返した
その理由も、

「友人らへの韓国土産にしたかった」

って、実にくだらないもの・・。
「窃盗」したモノをお土産で
渡された方の身にもなってみろ!
っつうの!凸(-""-)

その上、防犯カメラがあるのに、
チームのジャージを着て「窃盗」・・
しかも、3年生のサッカー部員
35名のうち22名が犯行に及んで
いた・・って、どんだけこいつら
バカなんだよ・・_| ̄|○

日本の恥とはまさにこのこと・・。

副校長の記者会見が放送されて
いたが、

「流れでやってしまったところはある」

という説明だったが、一体、どういう
流れがあれば、22人ものバカどもが、
その流れに誘導されて、海外で70点
もの商品をきちんとお土産に適した
物を見繕って窃盗できるんだよ?

窃盗した物を見るだけでも、全てに
おいて常習者の手口である

「商品を見定めた計画的犯行」

に決まっているだろ!凸(-""-)
で、生徒も生徒なら、学校も学校で、
記者会見に校長が出て来ないだけでなく、
学校全体の空気が、常に「窃盗」の対応を
していて慣れているんだろうな、

「たかが、万引き・・今回は運悪く
 彼らは捕まってしまった」

という「たかが未成年の窃盗じゃん・・」
レベル考え方(方針)なのがひしひしと
伝わる・・。

しかし、こいつらは、スポーツを通して、
何を学んでいるんだ?
選手宣誓でお決まりの

「正々堂々と闘う事を誓う・・」

という言葉も、私生活が後ろめたいんじゃ、
虚しい言葉だわな・・。

新雪はさ、みんな滑りたいのよ!凸(-""-)

ファイル 2376-2.jpg

***********************************
スノボ遭難の男女3人救助、コース外を滑り迷う
(2015年01月05日・読売新聞)l
 新潟県湯沢町の「かぐらスキー場」にスノーボードに出かけて連絡が取れなくなっていた東京都の男女3人は4日、スキー場とは反対側の斜面を歩いているところを新潟県警のヘリが発見、救助された。
 発見されたのはスキー場から約2キロ離れた場所で、3人は手足に軽い凍傷のような症状はあるが、命に別条はない。3人は新雪を求めてスキー場のコース外を滑っていて道に迷ったという。
 救助されたのは東京都世田谷区、デザイナー練子広寿さん(45)と妻真美さん(44)、夫婦の友人で杉並区の会社員山本亜紀さん(40)。
 3人は2日午前11時頃、スキー場のある山の山頂・神楽ヶ峰 (2029メートル)付近でリフトを降り、コースの外の新雪を滑っているうちに戻れなくなった。
***********************************
全くね・・新雪はさ、スノーボーダーだけでなく、
我々スキーヤーだって滑りたいのよ・・。
でも多くの人はその欲望をこらえてルールを守って
コース内にいるのよ・・。
しかも、その蹴散らした新雪が元で、雪崩が起きる
かもしれない訳で、色々な要素があるから禁止な
訳よ・・。

「ダメでしょう!コース外滑走なんかしたら!
 こっちだって命がけなんだよ!何考えてるんだ!」

「こっちだって命がけ」・・無謀なスノーボーダー達
をそう叱責したのは新潟県警航空隊・村山和博警部補。
ホントよ・・その言葉通りで、助ける側にも大切な
家族がいる・・。
冬山は変化が激しい時には、恐ろしい程、天候が
めまぐるしく変わる・・(-_-;)
ヘリコプターだっていつ落下するかもしれない訳だ・・。

救助する隊員側の家族は、

「今日も生きて帰って来てくれ!」

と毎日思っているんだわ・・。
こうしたバカどもの事件は、御嶽山の噴火や、東日本
大震災など【自然災害】で救われるのとは、全く意味
が違うのよ・・。
涙ながらに記者会見していたけどさ、10代、20代の
若者ならともかくとして、40歳も過ぎて、大人として
見本にならなくちゃいけない年齢なのが今回のこの
体たらく・・非常に残念だわ・・。

自分など、コース外滑走している大勢のスノーボーダー
やスキーヤーを見ると、

「死ねばいいのに・・」

といつも思っていた。
実際には係員や警備員に捕まっても、リフト券の
取りあげ位で済む為に、後を絶たないんだな・・。
悪いけど、今回のこの3人が死んでくれれば、何らか
の厳しいアクションが世論とマスコミ共に巻き起こり、
今以上に、もっとコース外滑走への刑罰が厳しく
なればいいのに・・と不謹慎ながら思っていた・・。

とはいえ、逆にカナダに行った時に感じたが、カナダは
コース外滑走が禁止ではない・・。
よって、リフト券購入と共に保険に入る訳だが、日本も
そのシステムにすれば、救助する側にもきちんとお金が
入るし、スキー場に保険の広告が出て来るでしょうから、
困窮しているスキー場財政にも渡りに船かもしれない。

これを機に、日本もなんでも【提供する側の責任】に
せず、【自己責任】という考え方が出て来ると日本人
も成長する気もするのだが・・(^-^;

日本のバスケットボールにみるリーダーのいない世界の顛末

*********************************************
バスケット:「早い解除が我々の使命」丸尾会長代行が謝罪
(毎日新聞・2014年11月27日)
 バスケットボールの国内男子リーグを統一できずに国際連盟(FIBA)から無期限の資格停止処分を受けた日本協会(JBA)は27日、東京都内で記者会 見し、丸尾充会長代行が「選手や関係者におわびしたい。早い(制裁)解除が我々に与えられた使命と思っている」と謝罪した。
*********************************************
個人的にあまり良く知らなかった
日本のバスケットボール事情・・。
今回のゴタゴタで、日本には【NBL】
という

「企業チーム(事業団) +プロチーム」

を含めた全12チームで形としては
【アマチュア】。
もうひとつは【bjリーグ】という

「地域密着型(独立採算)とプロチーム」

を含めた全22チームで形としては【プロ】。
という2つの独立リーグがある事を
知った・・(^-^;
で、これを機によくよく調べてみると、
いわゆる【NBL】が

「日本のプロ野球方式」

で、【bjリーグ】が

「日本のサッカーのJリーグ方式」

の様な感じの違い方みたいなですな・・。

でも、やっかいなのは、そこではなく、
この2つのリーグの【立場】・・なんと、
日本のバスケ界を統括する「JBA」が
正式なリーグと認めているのは
【NBL】の方なのである・・(^-^;

その理由も、構想がありながらも
企業チームの反対で、なかなか
プロ化を進められなかった「JBA」の
体たらくに見切りをつけた形で、
発足したプロリーグの【bjリーグ】が、
実際には「独立リーグ扱い」なのだ
そうだ・・。

しかし、それを実現した者たちを

「裏切り者!」

とした「JBA」は、【bjリーグ】関係者
との接触を一切禁止にしたり、
ある名門大学では、【bjリーグ】の
トライアウトを受けた学生を除籍処分
にするなどという通達まで出される
など、大人達のしがらみに、未来ある
若者たちが巻き込まれてゆく・・。

よって、日本代表チームの選出も、
長い間【NBL】だけからだったため
【bjリーグ】に行ってしまうと日本代表
選考から外されるうえに、学校を
裏切った形となり、バスケ界では
後ろめたい形となるため、有力選手
たちは【NBL】を選ぶようになってしまう
という暗黒の時代のため「プロ」である
【bjリーグ】よりも「アマチュア」の【NBL】
の方が実力は上だが、観客動員は、
【bjリーグ】の方が【NBL】の倍で
人気がある・・というおかしな状況に
なってしまったという・・(-_-;)

こりゃ、もめるわ・・(^-^;(笑)

そんな事を書いていたら、ニュースが
飛び込んできた!
*********************************************
バスケ改革に川淵氏 全権チームのトップ
(2014年12月18日・日刊スポーツ)
 国際バスケットボール連盟(FIBA)が設立するタスクフォース(特別チーム)に、日本サッカー協会最高顧問の川淵三郎氏(78)が入ることが 17日、分かった。事実上のトップとしてFIBAから無期限の国際試合禁止処分を受けた日本協会の運営を指導していく。この日、来日中のFIBAのパト リック・バウマン事務総長(47)から要請を受けた。プロサッカーのJリーグを設立するなどしたリーダーシップと手腕で改革に乗り出す。
*********************************************
しがらみがなくて、改革力があって、
財界にも力があるという良い人選では
ないでしょうか・・。
ただ、川淵氏が進めるとしたら、企業
チーム・・すなわち【NBL】はアウトで、
ほぼJリーグ方式であり、完全プロリーグ化
の【bjリーグ】な方向にいくんだろうな・・。

でも、個人的には、日本の風土というか、
日本のスポーツビジネスはやはり

「日本のプロ野球方式」

が正解なんじゃないかな・・と思っている。
大きな会場で大人数が動員できない
スポーツは入場料収益があてにならない
訳ですから尚の事、企業がバックに
つかないと巨大なお金は、やはり
捻出できないよ・・。

ただし、日本のバスケットボールは
競技人口が、かなり多いと聞く・・。

という事は、そこから吸い上げる
上納金的な資金が損失を埋めて
余裕で余る程度の額になれば、
なんとかなるかもしれませんけどね・・(^-^;

ひとまずの目的は閉め出された
国際大会への参加するための統一・・
でも同時にそれはきちんとした【プロ化】
にするという事だとすれば、やる事は
多すぎる・・。
強力なリーダーがいないとその世界は
「勝手」が蔓延る典型的なパターン・・。
最後の砦になりそうな川淵氏の手腕に
期待したい・・。

富田選手・・厳しいなぁ・・(^-^;

************************************
競泳冨田選手、潔白主張も真意見えず=再捜査、処分撤回求めず
(時事通信・11月6日)
 仁川アジア大会の閉幕から1カ月以上がたち、突然の弁明記者会見に臨んだ冨田選手。全体的に淡々と無実を訴えたが、主張の根拠を明確に示すことはできなかった。
 窃盗行為があったとされる時間帯には「アリバイがある」と主張したが、この時刻は韓国側の発表と異なると報道陣から指摘された。取り調べに対して否認しなかった理由も曖昧なまま。苦しい立場が覆った印象はない。
 日本選手団の本部役員はカメラをバッグに入れる防犯カメラの映像を確認したと言明しており、同選手の主張とは真っ向から食い違う。日本オリンピック委員会(JOC)関係者は、「冨田選手を守るため現地では全力を尽くしたつもり。きょうの発言には驚いている」と不快感を表した。本人が現地でのJOC役員の 対応を批判的に語り、取り調べの際の通訳の能力の低さを指摘した点に対しても、「残念に思う」と顔をしかめた。 
************************************
富田選手の主張を信じるならば、
認めれば刑が軽くなり、大事に
ならないと言われ事情聴取で
容疑を認めた・・という、いささか
痴漢での冤罪逮捕と似てきた・・。

とはいえ、う~ん、韓国での出来事
なのと、確かに冤罪の可能性が
プンプンするので、信じてあげたい
んだけど、富田選手の記者会見は
納得できるだけの一貫性がなく、
不自然なところが多すぎる・・(>_<)

一番の不自然な点・・。
これは自分がというより、誰もがそう
思っているであろう富田選手がカメラ
をカバンに入れられた・・と主張する点。

詳細としてはまず、緑色のズボンを
はいた怪しいアジア系の男性が、
左手首を掴んで「ニヤっ」と笑って、
富田選手のカバンに何か黒い物体を
入れたという・・。
富田選手はカバンの中にレース用の
帽子とゴーグルが入っていたので、
それを取り返すことが先決で、
入れられた物は「ゴミと勘違い」して
いたため、その場で中身を確認を
しなかったという・・(-_-;)

いやぁ~怪しい人に、しかも「ニヤっ」
と笑った奴が入れた物をその場で
確認しないなんて「かなり」おかし
すぎる・・。
普通この状況下なら、10人いたら
10人が確認する選択を取ると
思うんだな・・。

その発言の後に、その後、中に
入れられたのは「危険物」かも
しれなかったのに確認しなかった
のか?問いには、「国際大会では
バッジとかそういうのを渡されたり
する事もあるので、勘違いしました」
と、変わってしまう・・(-_-;)
なんと、始めは

【ゴミと勘違いした】

だったのが

【バッチだとかと勘違いした】

・・に勘違いの中身が変わって
しまうのだ・・(-_-;)

さらに、ゴミとして捨てるはずの
黒い物体を選手村の自室まで
持ち帰り、

「部屋が狭く、通路に置くと同室の
 先輩の邪魔になる」

からという事で、開いた状態の
富田選手自身のトランクの中に
置いていた・・という明らかな
不自然さ・・(-_-;)

と、ここまでは富田選手の怪しい
ところなのだが、韓国警察とJOC
(日本オリンピック委員会)などの
外野も怪しいのがこの事件の
わかんない事・・(-_-;)

日本水泳連盟の泉正文専務理事は、
冨田選手が、9月29日夜の
略式起訴後に盗んでいないと
関係者に伝えたとの発言につき

「その話は現地で略式起訴され本人
 が示談に合意した後に聞いた」

と話している・・となると、聞いたにも
かかわらず

「現地の警察はルールにのっとって
 捜査していたという報告を受けており、
 その事実に基づいて判断した」

と話した・・つまり冨田選手の言い分
を完全に無視して処分を下した事
になる・・。

これは怖い・・。

味方(日本水泳連盟)すらも、味方で
なかった訳で、現地で一人取り残される
怖さをこの前から感じていたという
富田選手の気持ちを裏付ける・・。

また、韓国地元警察は

「防犯カメラには日本のユニホームを
 着た選手がカメラを入れる映像が
 映っていたため日本の選手団に
 確認を要請。映像見たJOCの担当者
 が富田選手であると確認をした」

さらに、

「富田選手が主張するような
 第三者は写っていない」

という・・。
しかし富田選手は、そもそも

「防犯カメラをスマートフォンのカメラ
 で撮ったと思うんですけど。なので、
 ちゃんとした映像をパソコンから
 取り入れてスマートフォンに入れた
 とかじゃなくて、防犯カメラを
 スマートフォンで撮って見たので
 すごく見にくかったですし、ブレて
 いる感じも僕の中ではすごく印象
 を受けました」

と話している事から、韓国地元警察は
きちんと防犯カメラから直接である
正真正銘の鮮明な映像ではなく、

「防犯カメラをスマートフォンで撮った」

などという画像で確認を求めている・・
という考えられない手法。

この件に関しては、韓国地元警察は

「上部組織から指示があった場合
 映像を公開する」

と言っているので、さ、これはきちんと
公開してもらわないといけない
でしょうな!(^^*)

それと、ある記事では、

「日本選手団のウエアであることを
 組織委員会に確認し、日本選手団
 の関係者に映像を見せたところ、
 日本オリンピック委員会(JOC)役員
 の柳谷直哉氏がすぐに男性を
 冨田選手だと特定した」

と伝えられているが、この役員の
柳谷直哉氏は未だに説明を
行わないんですよね・・この人が
全てのカギを握っているのだが、
卑怯にも沈黙を押し通している・・。

柳谷氏が出てくれば、かなりの部分
で真実に近づく・・。
富田選手のために出て来られない
のだとしたら、こいつは【クズ】である。
でも逆に、出て来れないと言う事は、
富田選手が盗んでいない事は
真実っぽいな・・。

ただ、富田選手も、かなりの部分で
認めているからいまさら覆るかどうか?
はJOCの頑張りでしょうな・・。
若者の未来がありますから、本人が

「盗んでいない!」

と言っているのですから、覆らない
にしても、一応は、きちんとした形で、
盗んでいるのなら、盗んでいるで、
富田選手がうむも言えない決定的な
映像を公開して欲しいし、柳谷氏が
真実をとっとと話せ!凸(-""-)

・・にしても富田選手・・厳しいなぁ・・(^-^;

あぁ・・どんより(笑)

***********************
日本ドロー 決勝T進出へ望み残すが…
(デイリースポーツ・6月20日)

「ブラジルW杯・C組、日本0‐0ギリシャ」(19日、ナタル)

 日本(FIFAランク46位)はギリシャ(同12位)と0‐0で引き分けた。2戦を終えて1分け1敗で勝ち点1の日本は決勝トーナメント進出の可能性を残したものの、24日(日本時間25日)のコロンビア戦に勝つことが最低条件となる。
 前半38分、ギリシャ主将のMFカツラニスが、この試合2枚目のイエローカードを受けて退場となった。数的優位に立った日本は後半に遠藤、香川を投入。何度もギリシャのゴールに迫ったが、得点を奪うことはできなかった。 
 19日の試合で、同組のコロンビアがコートジボワールを2‐1下し、2連勝で勝ち点6として決勝トーナメント進出を決めた。コートジボワールは勝ち点3のままで24日(同)に勝ち点1のギリシャと対戦する。
***********************
朝7時からのギリシャ戦・・そんなに期待しては
いなかったとはいえ、この結果はやはり「どんより」
するものだね・・(笑)

コートジボワール戦では、もうここ数年見て来た
日本チームとは別次元でビックリした・・。
もうワールドカップに出ている事自体がとても
恥ずかしいレベルのチームに変貌して絶望感すら
感じていた・・それでも、こちらも、気持ちを
切り替えてのギリシャ戦・・(笑)

今回の試合は、前半はなんとなく期待感が
あった・・でも後半はボールを奪ってからも、
日本が引いて守るチームには本当にダメダメ
になる典型的なパターンのペナルティエリア
の外まではボールを持てるが、その先は
決められない・・という決定力不足の露呈・・。
そして「無駄なタッチ」でプレーを遅くするだけ
でなく、ギリシャの選手がレッドカードでの退場
をして、数的有利になっても、全く有利に
見えない、勝てる気にもならない・・という
恐ろしい程の絶望感・・(^-^;

もう究極に「どんより」・・(笑)

コロンビアはイエローをもらっている選手、ケガを
しては困る選手は間違いなく外れ、今までベンチを
温めて来た選手が中心となり、戦力を落として来る
という誰もが感じる予測・・(笑)

勝ってもコロンビアの2軍レベルに勝ったという
事で「どんより」・・(笑)
引き分けも負けても日本サッカーへの影響は
甚大だろうなぁ・・という「どんより」・・(笑)

「どんより」していても水曜日には最終戦である・・。

賞賛されているが自国を見渡せばまだまだ・・_| ̄|○

****************************************
日本のサポーターがW杯で見せた精神、試合後に雨の中をゴミ集め・・「民度の高い国は尊敬に値する」「さすがはアジア最強国」―中国ネット
(XINHUA.JP・6月16日)
中国・鳳凰体育は16日、「日本のサポーターがW杯で見せた精神、試合後に雨の中をゴミ集め」と題した記事を掲載した。
日 本に行ったことのある人は誰もがこの国の清潔さに舌を巻く。日本のサポーターがこの清潔好きの精神をサッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の会場 でも発揮した。日本代表がコートジボワール代表に敗れた後、ゴミを集めてからその場を立ち去る日本のサポーターたちの姿に多くのサッカーファンが敬服した。
****************************************
自分はサポーターになった事がある訳でないので、
メディアを通じてしか、この件に関しては知らないが、
今回のブラジルW杯は、このゴミ袋は水色で、試合中
は、膨らませて日本の応援に振り回して使っている
そうですね!そして応援した後はゴミ袋として使う・・。

なんと素晴らしいアイデア!(^^*)

そして、それが他国から賞賛されるのは本当に
嬉しい限りですね!(^^*)
しかも、これはいつもやっている

【当たり前のこと】

なのが、重ねて嬉しい! (^^*)

そうした姿をサポーターと呼ぶのならば、それとは
裏腹に、渋谷のスクランブル交差点に集い、交通を
止め、周りに迷惑をかけまくり、今や警察が場を
収めないと、自分たちからの自浄作用すら無い、

【サポーターもどきのゴミのような輩】

は本当に恥ずかしいね・・凸(-""-)
それこそ、ブラジルでのサポーターを真似して、
みんなでゴミ袋を持って集まって、渋谷の街の
ゴミを拾ってきれいにして帰れ!つうの!

それと同時に、本当に腹が立つのはタバコを捨てる
人間達・・吸うのは百歩譲ってまだ良しとしよう・・。
しかし、車の中から平気で吸い殻を捨てる・・バイク
でくわえタバコをしていたものを道路やその辺に
捨てる・・また歩きタバコも道路やその辺に捨てる・・。
だから朝、店の前を掃除をしても、夜、店を閉める
時に掃除すると、こうして吸い殻が落ちている・・。

ファイル 2275-2.jpg

自分で携帯用灰皿を持ってくれればいいだけなのに、
上記で言う【サポーターもどきのゴミのような輩】
と同じように、多くの愛煙者達に自浄作用がない・・。
そう考え、良く見渡してみると、まだまだ記事の
ような賞賛を受けるには値しない恥ずかしい国で
ある事がわかってしまう・・残念だ・・_| ̄|○

上村愛子の不遇なモーグル人生【後編】

【前編】からの続き・・!

ここからは難しい話になるが、自分も気に入らない
板をスライドしながら接雪時間を長くする姑息な
【スライドターン】を使う欧米選手と違って、
上村選手はスキーのエッジで確実に雪面をとらえる
【カービングターン】の技術を貫き通した・・。

でも、女子のターンといえど、技術が進化すれば
嫌でもやがて男子のターンへ近づくに決まっている
訳で、いつまでもスキーを横に滑らせごまかした
滑りで、速度が遅いままの【スライドターン】全盛
のままのはずが無い・・。
いずれは必ず現在の男子のような滑りになる・・。
そう考えると、今、男子で【スライドターン】など
使っている選手は皆無ですから、事情はともあれ、
本当は上村選手の【カービングターン】は最大評価
をされないとおかしいのだ・・。

その想いは上村選手と一緒で間違っていない・・。
でも、前編で書いた通り、審査というのは審判が
気に入るか?気に入らないか?実はココだけの
判断なのである・・。
繰り返しになるが、なぜなら、このターンが完璧
とか、ここからこの角度で入り、出る時はこの角度
で、スキーの描く弧はこの半径○○のアールで
作られたターンが満点!とかいう基準が無いからだ・・。

そこを譲らず妥協せず、

【自分の目指し築き上げた美しいと思う滑り】

を貫き通し、オリンピックの審判の判定に負けた
上村選手・・。

でも、個人的には本当に素晴らしいと思うんだ。
それは自分も今や女子では世界No.1のターンを
するのは上村選手だと思うし、こうしたルールは
さておき、本当に上手なターンをする女子選手は
誰だ?と聞いたら、スキーを知っている人間は
恐らく上村選手だと答える事がわかるからだ・・。

過去に戻るが、2002年には今まで左右の方向への
【エア技】しかダメだったのが、前後の方向が解禁
され、文字通り前後左右の

【3Dエア】

が解禁される。モーグルの採点は

【エア】25%、【ターン】50%、【スピード】25%

なので、日本代表チームは、所詮、【エア】はどんなに
がんばっても25%・・ならば【ターン】&【スピード】
の75%で十分カバーでき、従来の【エア技】で失敗
しなければ、きちんと得点がつくはず!という方向性
で進む事となる・・。

しかし、蓋を開けてみると、他国の選手は予想以上に

【3Dエア】

で望んできたというよりも完成させてきた・・。

すると、配点のパーセンテージは変わっていない
はずなのに、

【エア】50%、【ターン】25%、【スピード】25%

みたいな【エア】重視の配点になりがちの状況に採点の
ベクトルが変わってしまった・・そこで、上村選手は
【3Dエア技】習得へ出遅れた形で挑戦しなければ
ならなくなった・・ここでもルールに泣かされた・・。

しかし、ここでも、上村選手は自分を貫く・・。
トリノオリンピック前後の当時の日本代表テクニカル・
コーチのドミニク・ゴーチェ氏は、女子選手でも比較的
マスターしやすく、飛んで着地した時にスタートと
同じ姿勢に戻れて、すぐさま【ターン】を開始できる

【バックフリップ(後ろへ1回転する)】

を上村選手に薦める・・しかし最初に書いたように、
上村選手は自他共に認める【小心者】・・(笑)

【後ろに倒れる感覚が、一瞬コースが見えなくなるのが怖い】

という事で、それを頑なに拒み、トリノオリンピックで
見せた、ドリルのように回転し、視線は常にコースから
外れない

【コークスクリュー720(ドリルのように3回転する)】

に挑戦する事になる・・。
しかし、着地が斜めになる
ため難しいこの技、【ターン】の
練習量を減らして
マスターする事になってしまったそうだ。

日本代表の【3Dエア技】への取り組みの遅れ、
採点方法の
あやふやさ、エアの過渡期、小心者の
マイナス面が重なり、
持ち前の【ターン】の練習量
までもが減る形になった・・
という悪循環だった時代
が2006年トリノオリンピックの時・・。

「いったいどうしたらメダルが取れるんだろうというのが、
 ナゾですね」

と話していたが、【アイアンクロス・バックフリップ】
をやる事を決断すると、【スライドターン】は減点で
【カービングターン】が評価されていた2009年は、
上村選手の全盛の時となり、日本人で初めて
世界選手権において、

【モーグル優勝(種目別年間王者)】

という快挙を達成する・・。

しかし、2010年のバンクーバーの時から、今度は、
どちらかというと、コブからコブに飛ぶ形である
【カービングターン】が評価されなくなり、接雪を
しっかりとする【スライドターン】が減点されなく
なる時代が来る・・。

急に上村選手の滑りが評価されなくなったのである。

そして、今回の2014年ソチオリンピックでは先に
書いた通りである・・。
そうした意味では、上村選手は本当に審判に嫌われ、
ルール改正に泣かされた、

【不遇なモーグル人生】

だったが、自分の【美】を突き通した素晴らしい
選手だった事は本当にありがとうと言いたい・・。

上村選手・・お疲れさまでした・・。

上村愛子の不遇なモーグル人生【前編】

ファイル 2218-2.jpg

*******************************
モーグル・上村4位の採点に疑問の声続出「なぜカーニーより下?」
(2014年2月9日・デイリースポーツ)
http://www.daily.co.jp/newsflash/olympic/sochi/2014/02/09/0006697211.shtml
 ソチ五輪・スキーフリースタイル・女子モーグル決勝(9日)で、5大会連続五輪出場の上村愛子(北野建設)は4位となり、悲願のメダル獲得はならなかった。
  6人が残った決勝の1番滑走者の上村は20・66点をマーク。最終滑走者のハナ・カーニー(米国)の競技前まで3位につけ、銅メダル獲得の可能性を残し た。しかし、最後に、途中でバランスを崩したかに見えたカーニーに抜かれ4位となり、競技終了後は「3位にこれたかなとは思いましたが、達成感はいっぱい です」と笑顔で語った。
 上村のタイムは6人中1位だったが、モーグルは審判員の採点によって順位が決まる。テレビ中継を見て、「どうして上村の方が(3位の選手より)採点が低 いのか?」という疑問を抱いた視聴者は少なくなく、判定への不満などを表す気持ちを、多くの人がネットの書き込みなどに投稿していた。
*******************************
この件に対しては男子モーグルを見てから書こうと
思っていた・・。

<金>ジャスティン・デュフォーラポイント(カナダ)
【ターン】4.1 4.0 4.1 4.0 4.0(12.1)
【エア】4.92 4.92(4.92)
【タイム】31.56(5.42)
【計】74.80%(22.44)

<銀>クロエ・デュフォーラポイント(カナダ)
【ターン】4.1 4.1 4.0 4.0 4.0(12.1) 
【エア】4.20 4.20(4.20)
【タイム】31.71(5.36)
【計】72.20%(21.66)

<銅>ハナ・カーニー
【ターン】3.9 3.7 3.6 3.6 3.8(11.1) 
【エア】4.88 4.640(4.76)
【タイム】31.04(5.63)
【計】71.63%(21.49)
--------------------------------------------------
上村愛子
【ターン】3.5 3.6 3.5 3.5 3.6(10.6) 
【エア】4.20 4.20(4.20)
【タイム】30.46(5.86)
【計】68.86%(20.66)

さあ、恐らく世界の誰もが「???」だった3位に
なったハナ・カーニーのテレビ上でわかっている
だけでも大きく3つミスがあった滑り・・。

ファイル 2218-3.jpg

これがミス無しで滑った上村選手のターン点よりも
上なのか?という不可解・・。

表現が難しいのだが、誤解を恐れずに言うならば、
実は審判というのは、目の前に表れた技術だけで
点をつけているのではない・・。

どういう事か?というと、今回、上村選手はどんなに
素晴らしい滑りをしても、満点になる事は無いと
いう事だ・・。

そして、順番も予選成績が悪い選手から滑る・・。
という事は、一番最初に滑った人・・いや、もっと
言うならば予選3位とかで滑ったとしても、満点が
出る事は絶対にないのである・・。
なぜならば、予選2位の選手と予選1位の選手が
それ以上の滑りをしたら点数の差が無くなって
しまうからである・・。

そこで、上村選手が以前、言っていた【ベース点】
というものの存在だ・・。
そう・・もうオリンピック前から大まかな順位は
決まっているのである・・。
要は、ワールドカップなどを通して年間見ていれば、
オリンピックの時だけ、別次元の滑りをする訳が無い。
ましてや、選手の滑りやクセなども大きく変わる事も
無い・・。

でも、今回の上村選手の滑りがどうなったら満点が
つく滑りになるのか?
例えば、あと数センチ接雪すれば良いとか、頭が
あと数センチ動かなければ良いとか、そんなのは
審判の誰にも分からないのである。
だから、優勝したジャスティン・デュフォーラ
ポイント選手の滑りがどうなったら満点になるのか?
それも審判も含め誰も分からないのである。

だから、シーズンを通して見た結果の基準を設け、
あなたの滑りは審判が決めた気に入られた滑りに
なっている・・いやいや、この滑りは審判が気に入った
滑りじゃない・・と【ベース点】を設け、その【ベース点】
から減点するルールに変えたという事である。

「去年の夏くらいに、ジャッジクリニックがあって自分の
 ベース点を定められました。それをシーズン中には
 知っていたのですが、私のベース点がすごく低いんです」

上村選手本人も、わかっていたが、代弁するなら、

【自分の目指し築き上げた美しいと思う滑り】

でなく、審判が気に入った滑りに切り替える事は、
もうできないではなく、やりたくなかった上村選手の
モーグル人生をかけた抵抗・・だったと自分は考える・・。

【後編】に続く・・!

ソチオリンピックに絶望感が漂う日本を救ったメダル

ファイル 2215-2.jpg

ソチオリンピック・・日本の有力選手がことごとく
メダルに届かず、ソチオリンピックに軽い絶望感が
漂っていたところの男子ハーフパイプ・・。

15歳の平野歩夢選手の銀メダル、18歳の平岡卓
選手の銅メダルを獲得!
一気に華やかなオリンピックに変わる・・(笑)
本当におめでとう!素晴らしかった!(^^*)
リアルタイムでジャンプ女子ノーマルヒルの
高梨沙羅選手と共に4時半くらいまで見ちゃい
ましたよ・・(^-^;(笑)

モーグルのように自分がやっていたからという事も
あって、理解してるものは、細かい所がわかって、
おもしろいのだが、素人が見たらモーグルは、差も
わからず、コブをピョンピョンかわして、なんか
2回のジャンプでクルクル回ったりして成功したの、
しないの位しかわからない・・みたいな次元である
と思うが、自分のハーフパイプを見る目は全く
養われていないので(笑)何回転とかがわからず、
みんな同じに見えてしまう自分の感覚がかなり
残念・・(笑)
それがわかっている種目で日本人がメダルを取ったら
本当に楽しさは何倍も大きいんだろうなぁ・・と思う。

でも、ハーフパイプって、それがオリンピックの
正式な規定の大きさの物か?はわかりませんが、
昔、自分もスキーで挑戦した事がある・・。
できるとかできないとか以前に、あの直角に近い
角度だけで、まずビビって滑り出せない・・(^-^;
で、いざ、覚悟を決めて滑り出してみても、反対側
に上がった途端、スキージャンプのように飛び出して
しまい、落下・・(爆)●~*
まあ、慣れ・・なんでしょうけども・・(^-^;

また、ノルディックスキー複合では、渡部暁選手が
銀メダル!これはリアルタイムでは見ていません
でしたが、1994年リレハンメル大会の団体・金
(阿部雅司選手、荻原健司選手、河野孝典選手)、
個人では、河野孝典選手の銀以来、5大会&20年ぶり
の快挙だそうで、キング・オブ・スキーと評される
ように、本当に大変なんだろうなぁ・・と素人目にも
感じる・・。

なんたって、一歩間違えば大けがするかもしれない
という、どこまでも遠くを目指す【空中(シャンプ)】
と、勾配を下るだけでなく、アップダウンの激しい
【地上(クロスカントリー)】を制しなければいけない
訳ですからね・・(笑)
自分だって、スキーが好きだけれども、その中でも
唯一やりたくないのは、坂をスキーで登る事・・(笑)
その個人的にスキーで一番大変だと思う事を2つも
制しなければならない・・と、これだけでも凄いと
思うし、さらに凄いと思うのが、チキンハートな
自分からすれば、数あるスキーの種目の中から、
あえて一番苦しそうなコレを選ぶというのも凄いと
思う訳です・・(^-^;(笑)

ノルディックやスキージャンプの裏には、仙台市泉区
根白石にある【ガリウム】という会社の存在を忘れては
ならない・・。
【ガリウム】という会社・・LED基板やパワー半導体の
素材のひとつレアメタル「ガリウム」を世界に先駆けて
ウインタースポーツ用のワックスに配合、すると、

○揮発性が高い
○雪への抵抗が少ない
○静電気を起こさない

という特徴を現すという・・。
その上で、スキーヤーの感触を頼りに1シーズンでなんと
300種類以上つくり上げるそうだ・・。
しかも、驚きなのが、使用コースに合わせ、競技日の
天候はもちろん、【何時何分何秒の雪】にピンポイント
で力を発揮するワックスを調合するというのだから驚き
である・・。

スキーやスノーボード競技では、滑走面に塗るワックスが
結果を大きく左右する・・こうした隠れた力にもぜひ、
結果が欲しいところ・・。

がんばれ日本!\( ̄0 ̄)/

東京オリッピックを韓国がボイッコットしたい件

****************************************
「東京五輪」決定に沸く日本に韓国紙が警告、「歴史を無視し続けるなら多くの国がボイコットすることになる」―中国紙
(2013年9月9日・XINHUA.JP)
中国紙・環球時報は9日、2020年夏季五輪・パラリンピックの開催地が東京に決定したことを受け、韓国メディアが「日本が歴史を無視し続けるなら、ボイコットも辞さない」構えをみせていると報じた。

韓国紙・ソウル経済は社説を発表し、五輪開催決定で日本の右傾化がさらに露骨となり、隣国に苦痛をもたらした歴史を無視し続け、福島原発の放射能汚染水漏れ問題をごまかし続けるのなら、東京五輪は周辺の多くの国がボイコットする「1人遊びの場」になる、と警告した。

2020年五輪開催地の招致合戦で、東京はどのようにして「最も致命的」と言われた汚染水問題を「世界中の同情をひく対象」に変えたのか。西側メディアは「政治や経済面でリスクのあるイスタンブールやマドリードより、東京という“安全”な選択をした」と指摘した。

東京五輪開催の決定で日本中が歓喜に包まれている。その経済波及効果は3兆円に上ると試算されている。五輪開催で日本経済は本当に難局から脱することができるのか?日本メディアは一部を除き楽観的な見方を示している。

(編集翻訳 小豆沢紀子)
****************************************
オリンピックが東京で開催する!と同時に、なんて
素敵なお知らせなのでしょう! (゚ー゚☆キラッ
韓国メディアが

「日本が歴史を無視し続けるなら、ボイコットも辞さない」

構えをみせているそうだ!
いやいや本当に素晴らしいニュースである。
それにしても、オリンピックというか公のスポーツの場に
また政治を絡めてきたというなんという民度の低さ・・(-_-;)

何度言われてもスポーツに政治を持ち込む愚国・韓国など、
いない方が、むしろ素晴らしい平和の祭典になる。
早く、公式にボイコットを発表して欲しいねぇ・・(笑)

そもそも、韓国が日本など必要ないと強気の外交戦術
を取るように、韓国を日本はどの分野でも必要がない
昨今・・(笑)
この期に及んで、韓国のボイコットが脅しになると
まだ思ってるような国だから韓国という国の評価が
低いのだという事にも気付いていない・・(爆)●~*

【1人遊びの場になる】

という部分も大変おもしろい!
韓国に世界一の国際的な力があってもそんな事はできない。
羨ましさから来る腹いせに、そうした事を書く事自体、
民度が低い事がまだ分からない国・・(笑)
ま、2020年の東京オリンピックのご心配より、2018年の
冬期韓国(平昌)オリンッピックの心配をしなさいよ(笑)
平昌(ピョンチャン)は多く雪が降る時でも40cmと
言われている場所・・暖冬なら雪が積もらない時もある
という・・(笑)>人工降雪機での雪になるらしい・・。
ほとんど人口雪じゃ、選手は本当に大変だろうなぁ・・と
今から選手が気の毒である・・。

それよりもさぁ、過去に2002年のサッカーワールドカップ
を慌てて強引に合同開催に持ち込んだ韓国だが、スタジアム
の建設費が捻出できず、日本政府からの融資(輸銀融資30億ドル)
を受けて、韓国でのスタジアム建設しているレベル・・。
自国で何も出来ない、日本の力を借りてやっと国のメンツを
保っているんだから、それなりの対応があるだろうが、東京
オリンピックのボイッコットをロビー活動で続けているそうだ。

ああ、韓国と日本が友好を保たなくてはいけない理由を
誰か教えてくれませんかね?(・_・?)

2020年夏期オリンピンク・東京開催決定!

ファイル 2137-2.jpg

http://www.mainichi.co.jp/pdf/130908tokyogorin1.pdf
************************
2020年五輪、東京開催が決定 56年ぶり~アジア初の2度目~
(2013年9月8日・日本経済新聞)
 【ブエノスアイレス=江口博文】2020年夏季五輪の開催都市を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会がブエノスアイレスで開かれ、 IOC委員の投票で7日(日本時間8日)、東京が選ばれた。1964年以来56年ぶりで、2回目の開催はアジアで初めてとなる。大会運営能力の高さや財政 力、治安の良さなどが評価され、3都市による戦いを制した。
 20年五輪には東京のほか、マドリード(スペイン)、イスタンブール(トルコ)が立候補。1回目の投票で東京は1位通過し、イスタンブールとの決選投票で過半数を獲得した。7日午後5時(日本時間8日午前5時)すぎからIOCのジャック・ロゲ会長が発表した。
 72年札幌、98年長野の冬季大会を含めると日本で4回目の五輪となる。障害者スポーツのパラリンピック大会の東京開催も決まった。
************************
正直、ビックリした・・(笑)
なぜなら、東京は絶対に無理・・間違いなく福島原発
の汚染水問題と、国際オリンピック委員会(IOC)の
行動規範として【ほかの立候補都市との比較】を
禁じているルールの中、猪瀬都知事がニューヨーク・
タイムズのインタビューで

「イスラム諸国で人々が共有しているのは唯一、
 アラーだけで、互いにけんかばかりしている」

という他国を貶める内容の発言をしたという二つの
【巨大汚点】があったからね・・(^-^;(笑)

自分的には間違いなくスペインのマドリードだと
思っていた理由は、すでに、過去には2012年と
2016年大会の招致活動を行っていた現実があり、
すでに会場となるスタジアムのほとんどは建設が
終わっているのと、必要なインフラ設備も、すでに
整っているという点だ・・。
唯一の日本の汚染水に匹敵するような懸念としては、
ユーロ問題により、長期に渡って危機に晒されていた
スペインの経済状況がどう判断されるか?
オリンピック後はどの国も不況に陥ると言われる中、
大丈夫とみなされるのか?

・・なんて一丁前に分析なんてしていたが、蓋を開けて
みたら、なんと最下位がスペインのマドリードで、
最初に落選!だというのだから、本当に政治というのは
わかりませんな・・(^-^;(笑)
************************
最終プレゼンが勝因=IOC委員の評価―2020年五輪招致
(2013年9月8日・時事通信)
 東京が開催を決めた20年夏季五輪招致で、国際オリンピック委員会(IOC)委員の多くが東京の最終プレゼンを勝因の一つに挙げた。懸念された東京電力福島第1原発の汚染水漏れ問題に対する安倍晋三首相の明確な説明も評価された。
 最終プレゼンでの質疑応答で汚染水問題について質問したハイベルク委員(ノルウェー)は「風評が耳に入っており、誰かが聞かなくてはならなかった。首相は問題をきちんと理解し、答えは的確で、危険がないことが伝わった」と話した。
 コーツ理事(オーストラリア)も汚染水問題に対する説明に納得し、「マドリードは経済危機、イスタンブールには政情不安がある。IOCは安心して開催できる都市を選んだ」と分析した。
 パウンド委員(カナダ)は「東京が1回目の投票で勝つとさえ思っていたから驚きはないが、(60票を取った2回目の)大差にはびっくりした」と言う。ま た、失敗した16年五輪招致と比較し、「厳しい質問にも明確な英語で返していたし、あれほど感情に訴えた日本のプレゼンを見るのは初めてだった。勝利に値 する」と、前回からの成長ぶりをたたえた。
 次期会長選の有力候補になっているバッハ副会長(ドイツ)は「東京は開催の提案を実現できることをきちんと示した」と評価した。 
************************
と、確かに、Mr.サンデーで抜き取りではあるが、
スピーチを紹介していたのを観た・・。
どの人も表現豊かでこれまたビックリした!(◎_◎;
やはり後ろにはそれを指導してたイギリス人の方がいた。

だろうな・・(笑)

かなりの猛特訓を積んだらしい・・。

今まで色々な番組で偉そうに話していたエコノミスト達
の分析って何だったんだろうな?(爆)●~*
トルコの不安定情勢を考えたら、汚染水問題だけの
日本は、トルコの内線で殺す殺されるかもしれない
レベルを考えたらかわいいものである・・(笑)
ま、トルコと比べたら圧倒的多数での東京の開催決定
は当然だろう・・。

とはいえ、そもそももう一度、この日本で夏期オリンピック
・・なんて今までに考えた事も無かったから、まだ判断
できる頭のうちにそれが体験できるというのは正直
嬉しいね!(^^*)

ただ、たった二週間のオリンピックに使われるお金は
3000億円越えと言われている・・。
それは全部【税金】な訳だが、あくまでも個人的な
予想だが、そもそも【税金】に3000億円のゆとりなど
ありませんから、恐らくなんとか色々な抜け道を作って
【消費税】や【復興税】が結局は使われるように
なるんだろうし、同時に、計画されていた地方の
色々な事などが一時的に先送りになるか中止&見直し
が迫られるだろうな・・。

それでも、1984年のロサンゼルスオリンピックでの

【ユベロス商法】

に匹敵するような事が露骨にでなく日本もできれば、
黒字・・かもしれないが、あの流線型のスタジアムとか、
電力とか色々な部分をみても、黒字化できるようには
ちょっと思えないが、経済波及効果は3兆円だそうですから
それらに期待したいですな・・(笑)

そして、こうした事も含めて【消費税】の導入は決定的
になった事もハッキリした形な訳だ・・(笑)
さあ、2020年までに、そんな不安を笑い飛ばせるような
高景気に満ちあふれてでもいる「ミラクル日本」にでも
変わっていたら心配はいらないけどな・・(爆)●~*

歴史を忘れた民族に未来はない・・という自己紹介をした変な国(笑)

ソウルで7月28日に行われたサッカー東アジア杯
【日本 vs 韓国】・・サッカーの内容もなんだか
ロングパスの出し合いで、つまらない試合だった・・。
こんな試合、ヨーロッパや南米の国の人たちが
見たら小学生のサッカーとでも勘違いしたのでは
ないだろうか?(-_-;)

しかも国内組だけ・・すなわち2軍としても、
日本は終始押しこまれ、劣勢、普通に見て
恐らくあのふたつしかなかったチャンスを、
ふたつ共に決めたから勝ったようなもの・・(-_-;)

まあ、じつは今回、そこはどうでもいい・・。
韓国のホームとはいえ、日本から精神構造が
50年くらいは遅れているスポーツをやる資格の
無い国の姿が鮮明になり不快極まりない試合
になってしまった。

それがこれだ!
ファイル 2116-4.jpg
ファイル 2116-2.jpg
*************************************
「歴史忘れた民族に未来ない」日韓戦で横断幕
(2013年7月29日・読売新聞)
 【ソウル=吉田敏行】ソウルで28日に行われたサッカー東アジア杯の日韓戦では、観客席に「歴史を忘れた民族に未来はない」との横断幕が掲げられた。
 試合開始前後には、韓国では抗日の英雄とされる朝鮮独立運動家・安重根アンジュングンの顔を描いた垂れ幕も。韓国留学中の男性サポーター(44)は「試合開始前から残念な気持ちになった。歴史問題をスポーツに持ち込んでほしくなかった」と話していた。
 東アジア杯では、21日に行われた女子の韓国対北朝鮮戦で、「祖国は一つ」と書かれたプラカードや、過去の国際競技で南北が統一チームを構成した際に用いた「統一旗」を掲げた観客がいて、主催者側が下ろさせたが、日韓戦では政治的なメッセージ色の強い掲示物を黙認した格好だ。今回の横断幕は、前半終了後、取り外された。
 サッカーの日韓戦では、昨年8月のロンドン五輪の男子3位決定戦で、観客席から受け取った「独島(竹島の韓国名)は我が領土」と書かれたプラカードを試合終了後に掲げた選手について、国際サッカー連盟(FIFA)が代表戦2試合の出場停止処分を下す騒ぎもあった。
(2013年7月29日08時48分  読売新聞)
*************************************
ロンドン五輪で懲りてはいなかったという・・。
本当にバカな国だよなぁ・・。

でもFIFA(国際サッカー連盟)も悪い・・。

以前、ここでも書いているが、
FIFAは、ロンドン五輪の事件の際に、
ファイル 2116-3.jpg
【2試合の国際試合出場停止処分
  &
 3500スイスフラン(約31万円)の 罰金】

と発表した。

これは個人的にはすごい裁定が出たと思っている。
今後のオリンピックや、先のブラジルワールド
カップは処分されても困らないようなどうでもいい
【木っ端の選手】を政治主張させる役として、
試合の最後にピッチに入れ、客席にあらかじめ
メッセージボードを用意させ、ピッチに投げ入れ
させてそれを拾って掲げる手法を用いれば、

【前もって計画されたものとはみられない】

という事になり、政治主張が可能になった事を
お墨付きにした
・・。
言い換えれば、今回は主軸のMFの選手だったが、
どうでもいい【木っ端の選手】を用意すれば、
どの国もチームの戦力に障害無く、政治主張を
できるようになった
・・。

さらに、ベンチ入り人数は、ワールドカップや
欧州選手権、アジアカップ等は23人、17歳以下
20歳以下のワールドカップは21人、オリンピック
は18人であるから、最低人数のオリンピックの
ベンチ入り人数18人で割れば1人当たり

【約1万8千円】

の政治主張イベントの参加費となる・・。
旅行先のコンパニオン代くらいだ・・(爆)●~*

さらに、ワールドカップの人数で割れば

【約1万4千円】

である・・(爆)●~*
ここにコーチや監督、マネージャーまで入れたら、
1万円を切ってしまうかも・・(笑)

しかし、恐ろしいのは、これで、世界へ放送発信
している国際舞台で、堂々と国威発揚ができる
訳ですから、政治主張したい国としてみれば、
凄い格安な主張価格である・・(-_-;)

さらに、今回の東アジア杯の韓国の姿を見れば、
ロンドン五輪の政治的スローガンを掲げた事件
から上記のように学び、さらに、

【掲げた選手が代表戦2試合の出場停止処分だが、
 観客席で、客が政治的プラカードを掲げていた
 事に対しては、全くお咎め無し】

だった・・という、ある意味【国際的基準】を
FIFAが発表した・・と、韓国が受け止めた
と判断できる・・という事は、裏を返せば、

【選手が掲げず、客が掲げるならば問題無し】

と、客は責任を負わなかった・・という解釈も
出来る訳だ・・。

さあ、FIFAよ・・こうして完全に韓国になめられた
訳だが、どうするよ?(笑)

個人的にはFIFAが韓国を

【ブラジルW杯を出場停止、国際大会を2年間禁じる】

くらいのレベルの裁定でも下さないと、この
バカ国家・韓国にはわからない
と思うがな・・(笑)

しかしまあ、2枚目のスローガンは随分自虐的な
韓国という自国の自己紹介の横断幕を掲げる
なんておかしな民族だよなぁ・・(゚.゚)
(笑)
本当に自分たちでお望みの通り、スポーツを
純粋に楽しめないこんな国は、世界で圧力でも
かけて未来を無くして欲しいな・・(爆)●~*

ねえ・・横断幕を掲げてまで、世界の皆さんに
懇願しているのですから・・(爆)●~*

全柔連・第三者が入らなければもう改革は無理でしょう

******************************************
全柔連・福田理事、わいせつ問題で都連盟会長辞任
(2013.5.25・産経新聞)
 全日本柔道連盟(全柔連)の現職理事がわいせつ行為をしたとされる問題で、関係者の女性から被害を訴えられた福田二朗理事(76)が25日、東京 都文京区の講道館で開かれた東京都連盟の評議員会で同連盟の会長職を辞任した。全柔連の理事についても辞意を表明しており、全柔連は特別調査チームが週明 けに聞き取り調査を行った上で、6月11日の理事会に処分案をはかる予定。
 福田理事は評議員会後、「(今回の問題を)深く考えていなかった。柔道関係者に多大な迷惑をかけたことを深くおわびしたい。女性に対しても謝罪の気持ちがある」と語った。
 福田理事は一昨年12月、都内の地下鉄駅構内のエレベーターの中で関係者の女性に抱きつくなどのわいせつ行為をしたという。被害女性から相談を受けた元五輪銀メダリストの溝口紀子氏が23日のシンポジウムで公表して発覚した。
******************************************
柔道をやっていた自分としては今や、柔道が
スポーツとしてでなく【悪態】としての報道が
続く事に辟易している・・。
今回も、もうどうしようもないな、全柔連・・(-_-;)
第三者が入らなければもう改革は無理でしょう・・。
あの記憶に新しい、柴氏の教え子SEX事件で
逮捕される、されないとやっていた最中に、
福田二朗理事は立場を利用して強制わいせつ行為を
していたという人間として最低のクズ
!凸(-""-)

被害女性の代理人境田正樹弁護士によると、強制
わいせつ行為は2011年の12月に起ったという。
被害女性と福田理事と柔道連盟関係者の3人で
寿司店で飲食後、帰宅途中の地下鉄のエレベーター
で福田理事と2人きりになった時に、被害者の女性
の唇に嫌がっているのに無理やり福田理事の唇を
ずっと1分以上押し付けられて、同時に体を触られる・・。

これだけでも充分におぞましいのに、すごいのは
ここから・・(-_-;)

その後、被害女性は逃げるようにエレベーターを
降りて地下鉄に飛び乗ったが、後を追ってきた
福田理事も同じ地下鉄に乗車、次の駅でダッシュで
降りて女子トイレに逃げ込み、ここまでは追って
こないだろうと思ったら、福田理事が

「まてー!」

と言って追いかけてきて、そのまま福田理事も
なんと女子トイレに入り、

「おーい出てこい!」

とトイレのドアを叩く・・。

もうキチガイである・・┐('~`;)┌

その後、トイレ内から友人に携帯で助けを呼び、
トイレを飛び出し、被害女性は今度は駅を出て
タクシーに乗った・・これで今度こそ逃げられる!
と思ったら、なんと福田理事もタクシーに乗って
追いかけてきた・・(◎_◎;
そのため被害女性は駅から100メートルほど離れた
交番の前でタクシーを止めた。
すると福田理事はタクシーを降り被害女性が乗った
車のドアを開け

「外に出ろ!」

と福田理事は被害女性を車から無理矢理引きずり
出そうとした・・。
大騒ぎになってそこに警察官がやってきて

「何をやっているんですか?」

という事になったのだが、福田理事はなんと

「介抱していただけ」

と言って逃げる ・・という、もう、ターミネーター
の世界
である・・これ・・想像するだけで恐ろしい・・。
なんたって、全柔連の76歳のおじいさんが全速力で
あらゆる手を使って、シュワちゃんのように追いかけて
来るのだから・・ ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

この件について福田理事は

「警察官からタクシーに乗せてくれたので
 もう大丈夫だと思って帰った」


そうだ・・ヽ(`Д´)ノ

で、どちらか正しいのか?と福田理事に問うと、

「まぁ、酔っ払っているんだからわからないけどね。
 彼女が言っているのが正解じゃないですか」

と、福田理事はキスを強要し体を触るという強制わいせつ
をして、その後も執拗に追い回したということを認めた。

で、このクズ福田理事は、職場で

「おい!悪かったな!」

という感じで通りすがりに謝罪したそうだ。
で、この謝罪で被害女性が謝罪を受け入れたとの
認識でいたため、問題が突然、表面化 した事に

「今になって、なぜだか不思議(うまく揉み消せた
 筈だったのに・・ちぇ!)。」

と話していたが・・バカかこいつは?
あれからずっと強制わいせつされた時の恐怖に
苦しんでいるって話なのに、この何とも思って
いない平然さ・・。
出来心というよりも立場を利用して、今までに
何回もやっているに違いない程に

【慣れている】

と感じるのは自分だけだろうか?

こういう始末におけない人間に一番あげては
いけない物が【権力】である。
その証拠に被害女性は、全柔連に一度訴えたが
取り合ってもらえず、今回の発覚の1~2カ月前
には口止めのための圧力を受けていたそうだ・・。

そもそも、普通にわいせつ罪で逮捕のところ、
加害者がこんな認識でいる時点で、反省を全く
してなかったという事で、会見もやれと言われた
からやっただけで、全然納得がいってないかった
証拠に、被害女性に謝罪の言葉をしない事が
このクズの最大の反抗だったんだろう・・・。

もう・・相当悪質である・・。

これは、絶対に強制わいせつで刑事事件にした方が
良い・・本人もこの気が狂っていた自分をきちんと
認めているのだから、きちんとした刑に処するべき
である。

ただ、警視庁OBが多い柔道界は警察とズブズブの
関係である事、理事自体がこの有様だった・・と
いう事を考えると、やはり自浄作用はもう無理で
あろう・・繰り返しになるが、第三者機関を
入なければダメだ・・。

こんな事件と同時に、エベレスト登頂を成功させた
三浦雄一郎氏(80)のニュースが流れている・・。
このクズ(76)との差が大きすぎるよ・・_| ̄|○

レイピスト内柴正人の懲役5年は少ない【後編】

【前編】からの続き・・!

日本でも、性犯罪の場合、ヨーロッパで行われて
いるという

【レイピストの去勢】

・・いわゆる局部切り取り・・は残忍にしても(笑)
ドイツなどで採用されている薬物による

【化学的去勢】

・・いわゆる性的な事を考える事がなくなる薬を
一生投与・・と懲役刑後に別な処置が必要だと
個人的には思っている・・。

日本でも真剣に考えてくれないかな?

とはいえ、第三者の立場である自分は、一応は、
やられちゃっている3人の生徒同士、内柴氏を
取り合った末の

【妬みからくる捏造の供述】

の線を実は疑っていたのだが、判決内容に含まれる

【被害女性は本件、性行為の後、直ちに親しい部員らに、
 その被害を涙ながらに訴えている】
【その後も深く落ち込み、その後一切柔道部の練習に
 参加することなく柔道部及び大学を去っており、
 これは到底演技ではできない】
【被害者は事件のことなどを夢に見て眠れなくなり、
 精神科を受診するなどするほどの被害】
【被害者には虚偽の事実を述べてまで被告人を陥れよう
 とする動機は存在しない】

という部分をだけを考えただけでも、やはり信憑性は
女子部員に軍配が上がる・・。
控訴するとは言っているが、恐らく新しい新事実でも
出て来ない限り、

【控訴棄却】

になるんじゃないかな?(・_・?)

さあ、すでに、2011年12月8日には熊本県は内柴容疑者
の逮捕を受け、県民栄誉賞の「取り消し」を発表して
いる中、今回の判決を受け、全日本柔道連盟(全柔連)は
会員登録の抹消を含む処分を検討することを示唆・・。
全柔連の登録抹消となれば、選手としてはおろか指導者
としても大会参加などができなくなる。
さらに、講道館の会員資格剥奪となれば、講道館が認定
している内柴容疑者の黒帯「5段」という段位も消える
ことになる・・。
また、内柴容疑者は、紫綬褒章も04年と08年に受けており、
内閣府として「勲章ち奪令」とし、これまた返納させられる
ようだ・・。
そして、オリンピック憲章の根本原則(お手本となる人間性)
にも大きく違反する事となり、【金メダル】も剥奪される
可能性らしい・・。

徹底的に内柴氏は柔道関連は【永久追放】となる可能性が
出て来た・・。

残された道は最高裁まで裁判をし続け【無罪】を勝ち取る
事だが、仮に【無罪】を勝ち取ったにしても、それは
【合意があったか?無かったか?】の【準強姦罪】の部分
であり、未成年者への淫行、未成年者への飲酒、教育者
という権力を乱用した非人間である事は変わりはない・・。

いずれにしても、この内柴正人という

【レイピスト】

が、決して今後許される場があってはいけない・・。

(*判決内容は全て要約)

ページ移動